キュウリの浅漬けでなぜ食中毒? 原料の汚染もある: ずくなしの冷や水

2014年08月14日

キュウリの浅漬けでなぜ食中毒? 原料の汚染もある

静岡新聞2014/8/6
冷やしキュウリを提供した同市駿河区の男性(38)は露店を2店出し、約千本を完売した。従業員6人で当日夕方以降に車内で仕込みを行った後、露店で浅漬けにし、串に刺して販売したという。

静岡新聞SBS 2014/8/7
静岡市で開かれた安倍川花火大会で露店の冷やしキュウリを食べた客が食中毒症状を訴え、腸管出血性大腸菌O157が検出された問題で、静岡市は6日、市内の女児(6)が腎不全などを伴う合併症「溶血性尿毒症症候群(HUS)」を発症、人工透析を受けていると発表した。市によると合併症を伴う重症者の確認は、今回の食中毒で初めて。

読売2014年08月08日 10時40分
静岡市の安倍川花火大会で販売された「冷やしキュウリ」による集団食中毒で、静岡市保健所は7日、今回の冷やしキュウリは、キュウリの皮やヘタをむき、浅漬け用の液体に漬け込んでから割り箸を刺して販売する。今月2日の業者への聞き取りで調理法が判明し、鈴木忍・食品衛生課長は「届け出があっても許可が下りない商品だった」と説明した。

静岡新聞2014/8/8
静岡市で開かれた安倍川花火大会で露店の冷やしキュウリを食べた客が食中毒症状を訴え、腸管出血性大腸菌O157が検出された問題で、提供者の男性が加入している県中部街商協同組合の曽根崇之専務理事らが8日、静岡市役所で会見し、販売当時の状況などを説明した。問題の発生以降、関係者が公の場で説明するのは初めて。
 曽根専務理事と男性の代理人を務める河村正史弁護士によると、男性ら作業に関わった6人は大会当日の7月26日午後1時すぎから、露店から約500メートル離れた場所に駐車したワゴン車内で仕込みを始め、いずれもキュウリを素手で触らず、ゴム手袋を着用して調理、販売した。
 男性は昨年の大会でも冷やしキュウリを販売していて、今年も同じ包丁やまな板などを使ったが、調理前に洗ってアルコール消毒し、水は同月中旬に量販店で購入したペットボトル入りの飲料水以外は使わなかったという。
 6人はいずれも食中毒症状を訴えておらず、曽根専務理事も露店の見回りをした同日午後6時ごろ、冷やしキュウリを1本食べたが、現時点で食中毒症状はないと話した。河村弁護士は「男性は多くの人々に迷惑を掛けた責任を口にしているが、現時点ではっきりとした感染原因は分からない。静岡市の調査に全面的に協力したい」と述べた。

スポニチ2014年8月10日 05:30 ]
7月26日に静岡市葵区の花火大会の露店で売られた冷やしキュウリによる集団食中毒で、市保健所は9日、発症者が速報値で449人になったと発表した。

不可解な事件だ。また原因不明で終わるか?

静岡新聞 8月12日(火)14時36分配信
 静岡市の田辺信宏市長は12日の定例会見で、安倍川花火大会で露店の冷やしキュウリを食べた客が食中毒症状を訴え、腸管出血性大腸菌O157が検出された問題について、「感染経路の特定は難しいと言わざるを得ない」との見解を示した。
 これまでに、露店で使用された調理器具などの拭き取り検査や従業員の検便を行ったが、感染経路の特定には至っていない。販売された冷やしキュウリ約千本が完売して残っていないことや、開催日から時間がたっていることを経路特定が困難な理由に挙げた。

調理器具に汚染がないなら、原料が汚染されていたことになる。野菜は、良く調べれば大腸菌が付着していることがよくある。きゅうりは地面に接しないが、収穫カゴや運搬コンテナなどが汚染されていることもあるかもしれない。特に有機栽培で家畜のふんを堆肥にして使用している場合はリスクがある。生野菜のサラダなどは食卓を飾るのには良いが、衛生面では気をつけないといけない。浅漬けも市販の漬物汁はアミノ酸が入っていたりする。細菌には、好適な環境かもしれない。
posted by ZUKUNASHI at 15:14| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。