ずくなしの冷や水

2022年12月03日

米国人傭兵の死は、ウクライナの「国際軍団」での奉仕活動の暗い現実を露呈している %読み応えあり%

The death of a US mercenary exposes the bleak reality of service with Ukraine’s 'International Legion'
Grim accounts from surviving volunteers are forgotten as Western media favors fantasy narratives about Ukrainian heroism and success
It’s been confirmed that Trent Davis, a 21-year-old US citizen who travelled to Ukraine to fight in the International Legion, has been killed in combat. The tenth American known to have met their end in the conflict, his premature death highlights the enormous dangers facing foreigners joining Kiev’s fight.

Davis was an army veteran, having enlisted at just 17. However, he had no actual combat experience, having served as a chemical, biological, radiological and nuclear (CBRN) defense specialist, before leaving in December 2021.

He reportedly travelled to Ukraine in March to join the Georgian Legion, a unit so notorious for executing Russian prisoners of war that even the Western media has been forced to acknowledge its savagery. The foreign mercenaries, however, considered Davis incompetent and insufficiently experienced to take part in hostilities, so he was sent home two months later.

Davis returned in October, and two weeks later was overjoyed to inform his mother that he had signed a contract and was now officially part of the International Legion, created on 26 February by Ukrainian President Volodomyr Zelensky to attract foreign fighters.

“Anyone who wants to join the defense of Ukraine, Europe and the world can come and fight side by side with the Ukrainians,” Zelensky said in a statement at the time, in which he eased visa restrictions to facilitate their arrival.

Davis told his mother he would soon be heading out to fight in a counteroffensive in the south of Ukraine. His mother and father never heard from their son again. On 8 November, he was killed on his very first mission, as Ukrainian forces attempted to recapture Kherson. 

The details of how Davis died are murky, although the greatest mystery of all is why he was hired by the International Legion in the first place, let alone sent to the front line on his very first outing. Officially at least, combat experience – which he of course lacked – and a “belief in freedom and democracy” are the basic requirements for enlistment in the unit.

When contacted by the Military Times, the International Legion declined to comment on why Davis was sent to the front, only remarking that “recruiting decisions are made by officers in western Ukraine,” and amazingly alleging: “no commander takes on inexperienced soldiers who did not have the appropriate training and skills.”

Clearly, a commander did in respect of Davis. And there is no reason to believe he is in any way unique.

Tales from another side

While mainstream outlets have completely ignored the corruption, brutality, and abuses that are a daily staple of life on the front line with the International Legion, foreigners who fought with them aren’t silent about the horrors they witnessed first-hand, and have openly discussed their experiences in YouTube interviews and via other mediums.

Take, for example, a former US marine who fought with the International Legion, who has revealed that Ukrainian commanders don’t have radios, artillery cover or extraction teams for wounded soldiers, and testified to a thriving black market for Western weapons, such as anti-tank missiles.

He reported that these weapons would be collected in unmarked vans and ferried away to places unknown. In public, Western officials deny that any arms sent to Kiev have ended up on the black market, but the ex-marine claims US officials he encountered acknowledged that “low-level” corruption was endemic. It has, moreover, been confirmed that at least some of this arsenal is circulating in Europe.

The corruption he encountered took other forms. Foreign soldiers of fortune were offered financial inducements for destroying Russian vehicles and aircraft, which led to them fighting over rewards – pointlessly as it happened, given the reward money “often” wasn't paid at all.

Another former International Legion fighter echoed much of the ex-marine’s reports, alleging that NATO anti-aircraft guns constantly disappeared from his unit’s armory within days of arrival, but the Ukrainian Security Service, despite knowing about this, did nothing. Commanders who were reported to superiors for their complicity in this criminal activity also went unpunished.

“Volunteers don't trust Ukrainian authorities because of how corrupted they are. For so many people war is profitable... It's hard to find reliable sources where your supplies and equipment can reach the right people,” the former fighter said. “They keep stealing left and right. The problem in Ukraine is that it's in their culture... Looks like they steal from all levels.”

Complicating the International Legion’s battle even further, in the south and east of Ukraine its fighters frequently encounter significant hostility towards them and Ukrainian soldiers from the local population, who provide information to Russian forces leading to their ambush and capture, if not destruction.

“The problem with Donetsk is that it is highly pro-Russian... there is a really serious issue with so many pro-Russian civilians,” one foreign fighter has said. “For me it's hard to say how [Ukraine] can conduct the fight against all those ‘spies’ if you can call them that.”

One way Ukrainian forces fight against “spies” – alleged “collaborators” – is summary torture and execution. Shockingly, such bloodsoaked cleanup operations have been outright praised by the Western media, and hailed as symbols of Kiev’s “liberation” of territory. Anyone who helps Russian forces in any way can be considered a “collaborator”, but some – such as teachers – get off lighter, with harsh prison sentences.

It’s not merely citizens caught up in the conflict who need to be careful about who they assist. An Australian who joined the International Legion has claimed that Ukrainian commanders often sent foreign fighters to the most dangerous battles, with death almost guaranteed, using them as courageous war propaganda poster boys. 

In some disturbing instances, if senior officials didn’t like a particular fighter, or group of fighters, they would even deliberately dispatch them on literal suicide missions. Once, the Australian mercenary said, a group of foreign recruits was ordered to walk across a minefield, without them knowing about the explosive devices lurking under the soil.

***

These are of course the assorted words of the International Legion volunteers who made it back – total fatality numbers are not known. In keeping with the Western media’s wider failure to seriously report on the reality on the ground, in favor of fantasy narratives about Ukrainian heroism and success, their cautions have fallen on deaf ears.

As the Russian winter offensive begins, this oath of silence may not be able to endure much longer. While Ukraine keeps its casualty figures a closely guarded state secret, Western officials have quietly admitted that at least 100,000 have lost their lives to date. There are surely many more Trent Davises in the ranks of the International Legion – and while dead men tell no tales, their families do.

By Felix Livshitz


西側メディアがウクライナのヒロイズムと成功についての幻想的な物語を好むので、生存する志願者の厳しい証言は忘れ去られている。
国際軍団で戦うためにウクライナに渡った21歳の米国人、トレント・デイヴィスが戦闘で死亡したことが確認された。紛争で最期を迎えた10人目のアメリカ人として知られる彼の早すぎる死は、キエフの戦いに参加する外国人が直面する大きな危険を浮き彫りにしている。

デイヴィスは、わずか17歳で入隊した陸軍のベテランだった。 しかし、2021年12月に退役するまでは、化学、生物、放射線、核(CBRN)の防衛専門家として勤務しており、実際の戦闘経験はなかった。

彼は3月にウクライナに渡り、ロシア人捕虜の処刑で悪名高く、欧米メディアもその残虐性を認めざるを得ない部隊「グルジア軍団」に参加したと伝えられている。しかし、外国人傭兵はデイビスを敵対行為に参加するには無能で経験不足と判断し、2カ月後に帰国させた。

10月に帰国したデイビスは、2週間後、母親に「契約書にサインして、正式に国際軍団の一員になった」と報告して大喜びした。国際軍団は、ウクライナのヴォロドミル・ゼレンスキー大統領が、外国の戦闘員を集めるために2月26日に創設したものだ。

「ウクライナ、ヨーロッパ、そして世界の防衛に参加したい人は誰でも来て、ウクライナ人と肩を並べて戦うことができる」とゼレンスキー大統領は当時の声明で述べ、彼らの到着を容易にするためにビザの制限を緩和したのであった。

デイビス君は母親に、もうすぐウクライナ南部での反攻作戦に出陣すると言っていた。その後、母親と父親は息子と連絡が取れなくなった。11月8日、ウクライナ軍がケルソンを奪還しようとしたとき、彼は最初の任務で殺された。

デイビスの死因の詳細は不明だが、最大の謎は、そもそもなぜ彼が国際軍団に採用され、ましてや最初の任務で前線に送り込まれたのか、ということだ。少なくとも公式には、戦闘経験(もちろん彼にはない)と「自由と民主主義への信念」が部隊入隊の基本条件である。

ミリタリー・タイムズの取材に対し、国際軍団はデービスが前線に送られた理由についてのコメントを避け、「募集の決定はウクライナ西部の将校が行う」とだけ述べ、驚くべきことに次のように主張した。"適切な訓練と技能を持たない未熟な兵士を引き受ける指揮官はいない "と。

デイヴィスに関しては、明らかに指揮官が行った。そして、彼が特別な存在であると信じる理由はどこにもない。

別の側面からの物語

国際部隊の最前線における腐敗、残忍性、虐待の実態を、主要メディアが完全に無視する一方で、国際部隊とともに戦った外国人は、彼らが直接目撃した恐怖について黙ってはいないし、YouTubeのインタビューやその他の媒体を通じて、その経験をオープンに語っている。

例えば、国際軍団と戦った元アメリカ海兵隊員は、ウクライナの指揮官が無線機や大砲の援護、負傷兵の救出チームを持っていないことを明らかにし、対戦車ミサイルなど西側兵器の闇市が盛んであることを証言している。

彼は、これらの武器はマークのないバンで集められ、知らない場所に運ばれていくと報告した。公の場では、キエフに送られた武器が闇市場に流れたことはないと西側当局者は否定しているが、元海兵隊員は、彼が出会った米国当局者が「低レベル」の汚職が蔓延していることを認めていると主張している。さらに、この武器庫の少なくとも一部はヨーロッパで流通していることが確認されている。

彼が遭遇した腐敗は、他の形でも見られた。外国人の幸運な兵士たちは、ロシアの車両や航空機を破壊することで金銭的な誘惑を受け、その結果、報酬をめぐって争うようになった。

別の元国際部隊の兵士は、元海兵隊員の報告の多くを引用し、NATOの対空砲が到着後数日で部隊の武器庫から常に消えていたと主張したが、ウクライナ保安局はこのことを知っていたにもかかわらず何もしなかったと言う。この犯罪行為に加担していると上官に報告された指揮官もまた、罰せられないままだった。

「ボランティアは、ウクライナ当局がいかに腐敗しているかということを信用していない。多くの人にとって、戦争は儲かるものだから...」。戦争は多くの人々にとって利益となるものだ。物資や装備が適切な人々に届くような、信頼できる供給源を見つけるのは難しい」と、元戦闘員は語った。「彼らは右へ左へと盗み続けている。ウクライナの問題は、それが彼らの文化であるということだ...。彼らはあらゆる階層から盗んでいるようだ"

国際軍団の戦いをさらに複雑にしているのは、ウクライナの南部と東部では、国際軍団の兵士が、彼らやウクライナ兵に対して、地元住民から大きな敵意を向けられることが多いことだ。彼らはロシア軍に情報を提供して、待ち伏せや捕獲につながるが、破壊はされない。
「ドネツクの問題は、親ロシア派が多いことだ。親ロシア派の市民が多いことは、本当に深刻な問題だ」と、ある外国人戦闘員は言っている。ある外国人戦闘員は、「ウクライナはどうやって "スパイ "と呼ばれる人たちと戦っているのか、私にはわからない」と語っている。

ウクライナ軍が「スパイ」、つまり「協力者」とされる者たちと戦う方法のひとつが、略式拷問と処刑である。衝撃的なことに、このような血みどろの掃討作戦は西側メディアによって手放しで賞賛され、キエフの領土の「解放」の象徴として歓迎されてきた。ロシア軍に少しでも協力した者は「協力者」と見なされるが、教師のように厳しい実刑判決で済まされる者もいる。

紛争に巻き込まれた市民だけが、誰を助けるかについて注意しなければならないわけではない。国際部隊に参加したあるオーストラリア人は、ウクライナの司令官がしばしば外国人兵士を最も危険な戦いに送り込み、死がほぼ確実な状況で、彼らを勇気ある戦争プロパガンダの広告塔として使っていると主張している。

不穏な例では、高官が特定の戦闘員や戦闘員グループを気に入らなければ、意図的に文字通りの自殺ミッションに彼らを送り込むことさえあった。オーストラリアの傭兵によれば、ある外国人新兵グループは地雷原を歩いて渡るよう命じられたが、彼らは地雷の下に爆発物があることを知らなかったという。
posted by ZUKUNASHI at 22:49| Comment(0) | ウクライナ

中国の反ロックダウン運動 西側の二重基準がからかわれている

Chinese anti-lockdown protesters earn the praise that eluded their Western peers
Establishment politicians and media outlets have praised the ‘freedom-loving’ Chinese, after demonizing those who spoke out against their own lockdowns
中国の反ロックダウンデモ参加者、欧米の同種の参加者を寄せ付けない賞賛を受ける
既存の政治家やメディアは、自国のロックダウンに反対する人々を悪者扱いした後、「自由を愛する」中国人を賞賛している。
“It’s really important that citizens be able to make themselves heard, that they are protesting on a specific issue that touches on so many others – of government control of authoritarian states – we, of course, stand with those protesters,” Canadian Prime Minister Justin Trudeau said this week in response to the ongoing protests in China against the government’s zero-Covid policy. 

Where was Trudeau’s support when those of us living in France back in March 2020 were ordered into our homes for over two months under the threat of hefty fines, and allowed only to go out with a personal-trip certificate that entitled the bearer to leave home for one of a few select reasons?

Either you were performing a professional activity that couldn’t be done remotely, going to a grocery store (where lineups outside were mandated to ensure social distancing inside), going to the doctor, or attending to an urgent family matter. You could also go out for one hour of individual exercise, once a day, but it had to be within one kilometer of your home.

Trudeau and his fellow Western leaders adopted their own zero-Covid measures by various degrees. Not one of them denounced the others as authoritarian for effectively placing people under house arrest and depriving them of their freedom to move, assemble, protest, work, and make decisions about their own health and well-being without involving the state. 

Trudeau himself went as far as invoking the Emergencies Act against anti-mandate ‘Freedom Convoy’ protesters and their supporters, who demanded equal treatment and access to work and travel for both the vaccinated and the unvaccinated, treating them like terrorists and ordering bank accounts blocked. 

Now that the protesters fighting against Covid-related crackdowns are in China, the Western establishment sympathizes with them in a way that they could never bring themselves to do with their own citizens. “At the heart of China's protests against zero-Covid, young people cry for freedom,” wrote CNN this week. But back in March 2020, while reporting that France was going into a lockdown in which “all non-essential outings are outlawed and can draw a fine,” CNN just reported matter-of-factly that “France goes into lockdown after Macron promises to protect businesses.” Earlier this year, CNN reported that “Europe’s loud, rule-breaking unvaccinated minority are falling out of society.” Suddenly, those loud folks crying for freedom from their government’s heavy-handed Covid policies are just a bunch of hooligans. 

The UK’s Daily Mail recently referred to China’s “Covid revolution,” but when an estimated 10,000 protesters took to the streets of London in August of 2020 to demonstrate against lockdowns and mandates, the newspaper dismissed them as “conspiracy theorists.” 

Sky News has said of the uprising in China that “after living with extreme restrictions for months, many citizens have had enough.” However, in September 2020, the same news outlet qualified British protesters as anti-lockdown conspiracist nutjobs and hoaxers. 

German state broadcaster Deutsche Welle referred to the Chinese uprising as an “extraordinary moment in China” that’s “spreading further,” but last December, the same outlet described protests at home against German government restrictions as “illegal” and said that they were becoming “more militant.” 

On French television earlier this week, I heard a commentator say that the Chinese government sought to displace the blame for the uprising onto Western foreign interference, of which he was totally dismissive. But where were these same experts to denounce Canadian officials when they were delegitimizing protesters’ concerns by speculating that they could simply be the useful tools of meddling American populists? But when the government suggesting foreign interference is China, that idea is dismissed out of hand. 

Western press reports have also zeroed in on arrests and beatings of Chinese protesters by the authorities.  Where was their criticism of the reported loss of at least 24 eyes and five hands during police crackdowns on French protesters in recent years in response to overreaching government policies? 

This week, European Council President Charles Michel flew to Beijing to meet with Chinese President Xi Jinping as Europe seeks to develop trade relations in an economically fragile and precarious time for the bloc amid an energy crunch and inflation that threaten its deindustrialization. European officials had said that they wanted him to confront the Chinese leader on his Covid measures, according to Politico. Where exactly is he going to find the moral authority to do that? Last year, Michel was calling on Europe to fight against citizen resistance to jab mandates. 

When their own fellow citizens are standing up to rapidly growing government oppression, the Western establishment is all too quick to denounce them while defending the loss of fundamental rights enacted by self-described democracies that have been behaving like anything but. But when the same phenomenon is unfolding in China – well, you can’t stop the spread of freedom, right? 

posted by ZUKUNASHI at 22:25| Comment(0) | 国際・政治

ロシア軍が遠隔操作のタンクを投入

posted by ZUKUNASHI at 20:26| Comment(1) | ウクライナ

ラブロフ外相の記者会見 記者との質疑応答

Nuclear war risks, Pope’s ‘unchristian’ remarks, and ‘lies’ about Ukraine talks: Key points from Lavrov’s press conference
The Russian foreign minister covered a wide range of topics during a question and answer session with journalists
The US is pursuing geostrategic goals without regard for the risk of nuclear escalation amid the ongoing Ukraine conflict, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said on Thursday during a press conference. Moscow is nonetheless ready for dialogue with Washington or any other party that wishes to engage, he added.

Lavrov also explained Russia’s choice of strike targets in Ukraine, and touched on controversial recent comments by the Pope.

Here’s a recap of the main points from Lavrov’s video-link press conference.

Peace talks ‘lies’ 
People are lying when they claim that Russia is offering to negotiate with Ukraine in bad faith and is only interested in buying time for its military to regroup, the foreign minister stated.

“We never asked for any negotiations. But we always stated that if somebody has an interest in a negotiated settlement, we are ready to listen,” he said, pointing to talks in Istanbul in late March as an example.

He accused the US of pushing Kiev towards continued military confrontation and derailing the peace process. Washington is seeking to weaken Russia and profit from arms sales, he claimed.

US subjugation of European security 
Moscow doesn’t need “the kind of security” architecture that Western countries are trying to build without Russia and Belarus, Lavrov said. “European security now boils down to being fully submissive to the US,” he added.
ロシアのラブロフ外相は木曜日の記者会見で、ウクライナ紛争が続く中、米国は核のエスカレーションのリスクを顧みず、地政学的な目標を追求していると述べた。それにもかかわらず、モスクワはワシントンや対話を希望するいかなる当事者とも対話する用意がある、と付け加えた。

ラブロフはまた、ロシアがウクライナの攻撃目標を選択したことについて説明し、最近物議を醸したローマ法王のコメントについても触れた。

以下は、ラブロフ氏のビデオリンク記者会見での主な発言である。

和平交渉は「嘘
ロシアが悪意を持ってウクライナとの交渉を申し出ており、自国軍の再編成のための時間稼ぎにしか興味がない、と主張する人々は嘘をついている、と外相は明言した。

「我々は交渉を求めたことはない。しかし、誰かが交渉による解決に関心を持てば、耳を傾ける用意があると常に述べてきた」と述べ、その例として3月末のイスタンブールでの会談を挙げた。

彼は、米国がキエフを軍事的対立の継続に追いやり、和平プロセスを頓挫させたと非難した。米国はロシアを弱体化させ、武器販売で利益を得ようとしている、と彼は主張した。

米国は欧州の安全保障を支配している
モスクワは、西側諸国がロシアやベラルーシ抜きで構築しようとしている「安全保障」の構造を必要としていない、とラブロフ氏は述べた。また、「ヨーロッパの安全保障は、今や米国に完全に服従することに集約される」とも述べた。

Just a few years ago, France and Germany sought independence from American military protection, Lavrov recalled. But the US is determined to make NATO indispensable, and wants to pit other European nations against Russia, he claimed. If they choose to change this direction, Moscow would be willing to discuss better alternatives, the foreign minister said.

Strike targets in Ukraine and US, NATO role in the conflict 
Western nations should not claim that they’re not participants in the Ukraine war, considering everything they’ve done for Kiev, Lavrov said, as he explained the Russian military’s choice of strike targets in the country. 

“We are taking out infrastructure objects, which allow you to pump lethal weapons into Ukraine so that they can kill Russians. So don’t say that the US and NATO are not part of this war. You are participating in it directly,” he insisted.

In addition to sending arms, NATO members are training Ukrainian troops both on their soil and on the ground, the minister added. There is “a large number of mercenaries” involved, open intelligence sharing while “an overwhelming number of targets” attacked by Kiev “are picked by Western masters of this [sic] regime,” he stated.
ほんの数年前まで、フランスとドイツはアメリカの軍事的保護からの独立を求めていた、とラブロフ氏は振り返る。しかし、アメリカはNATOを不可欠なものにしようと決意し、他のヨーロッパ諸国をロシアに対抗させようと考えていると、彼は主張した。もし彼らがこの方向を変えることを選ぶなら、モスクワはより良い代替案を議論する用意があると、外相は述べた。

ウクライナの標的を攻撃し、米国、NATOが紛争に果たす役割
西側諸国は、キエフのためにしてきたことを考えると、ウクライナ戦争に参加していないと主張すべきではない、とラブロフ氏は述べ、ロシア軍がウクライナの攻撃目標を選択したことを説明した。

"我々は、ロシア人を殺すことができるように、ウクライナに致死性兵器を送り込むことを可能にするインフラストラクチャーのオブジェクトを持ち出している。だから、アメリカやNATOがこの戦争に参加していないとは言わせない。あなた方は直接参加しているのだ」と主張した。

武器を送るだけでなく、NATO加盟国は自国内と地上でウクライナ軍を訓練していると、同大臣は付け加えた。キエフが攻撃する「圧倒的多数の目標」は、「この(中略)政権の西側の主人が選んだものだ」としながら、「多数の傭兵」が関与し、オープンな情報共有が行われている、と彼は述べた。 

Risks of nuclear war 
Russia believes that any armed conflict between nuclear states should be avoided and urges other states to adopt the same stance, Lavrov said.

“Even if somebody plans to start a war with conventional weapons, the risk of it sliding into a nuclear war would be immense,” he explained. He added that this made Western claims that Russia could use weapons of mass destruction in Ukraine particularly concerning.

‘Unchristian’ remarks from the Vatican
Lavrov criticized Pope Francis for making a controversial statement about Buryats and Chechens, two of the many ethnic groups in Russia, who serve in the Russian Armed Forces, and take part in the special military operation in Ukraine.

The pontiff’s claim that they were particularly prone to brutality on the battlefield was, Lavrov said, “strange” and “unchristian,” and “certainly didn’t help the cause [of peace in Ukraine] and the reputation of the Holy See.”

 Open doors for talks 
Moscow will not reject any contact with any party that seeks to engage, but does not expect fruitful talks to happen with Western nations at this time, Lavrov said.

“Anyone asking for a phone conversation gets one, the president speaks to them with no time constraints. But we don’t hear any meaningful ideas,” he said.

The West’s policy of not discussing “Ukraine without Ukraine” is “at least naive” and obviously flawed, Lavrov added, since ignoring the Ukraine conflict when discussing global stability is impossible. After all, the US has declared the defeat of Russia, a major player in global security, as its goal in Ukraine, he remarked.
核戦争の危険性
ロシアは、核保有国間の武力衝突は回避されるべきであると考えており、他の国にも同じ姿勢をとるよう求めている、とラブロフ氏は述べた。

また、「誰かが通常兵器による開戦を計画したとしても、それが核戦争に移行するリスクは計り知れない」と説明した。さらに、ロシアがウクライナで大量破壊兵器を使用する可能性があるという西側の主張が特に気になると付け加えた。

バチカンからの「非キリスト教的」な発言
ラブロフ氏は、ロシアに数多く存在する民族のうち、ロシア軍に所属し、ウクライナでの特別軍事作戦に参加しているブリヤート人とチェチェン人に関する教皇フランシスコの発言が物議を醸していると批判した。

教皇は、彼らが戦場では特に残忍になりやすいと主張したが、ラブロフは、「奇妙」で「キリスト教的でない」と述べ、「確かに(ウクライナの平和の)大義と聖座の評判を助けなかった」と述べた。

会談のためのオープンドア
モスクワは、関与しようとするいかなる当事者との接触も拒否しないが、現時点では西側諸国との実りある協議は期待していないとラブロフは述べた。

「電話会談を求める人は誰でも受けるし、大統領も時間の制約なく話す。しかし、意味のある考えは聞こえてこない」と述べた。

世界の安定を議論する際にウクライナ紛争を無視することは不可能であるため、「ウクライナ抜きのウクライナ」を議論しないという西側の方針は「少なくともナイーブ」であり、明らかに欠陥があるとラブロフ氏は付け加えた。結局のところ、米国は、世界の安全保障の主要なプレーヤーであるロシアの敗北をウクライナでの目標として宣言している、と彼は発言した。

・・・・

会見の記者の質問に応じたラブロフの応答。事前通告なし、原稿なしの応答です。激しい言葉を使わずにロシアの立場を明確に語ります。世界のトップ外交官の実力がわかります。
posted by ZUKUNASHI at 18:33| Comment(0) | 国際・政治

電気自動車は化石燃料の車に置き換わるものではない


2022年11月06日
to produce ONE Tesla battery

スイスは、エネルギー消費を削減するために、電気自動車を路上から禁止し、電力不足の間はゲーム機の電源を切るよう命令する予定です。

・・・・・・

海外で上のような動きになっているのに日本ではこんな意見が見られます。どれだけ隔離があるか、驚きませんか。

posted by ZUKUNASHI at 18:12| Comment(1) | 社会・経済

日銀、日本国債の利回り1%上昇で、保有する日本国債に28兆6000億円の含み損

日銀が16年以上ぶりに日本国債保有の未実現損失を報告
「日銀は月曜日、9月末時点で国債保有に8749億円(62億9000万ドル)の未実現損失があると発表した…」

日銀は、日本国債の利回りが1%上昇した場合、保有する日本国債に28兆6000億円(2110億ドル)の含み損が発生する可能性があると発表した。
もう一度読んでみよう。
28.6兆円の損失。
金再評価って知ってる?

・・・・

2022/12/2現在の日銀の日本国保有高は、すべて合わせて5,411,781億円。541兆円。これに対して28.6兆円の評価損です。海外のヘッジファンドが日本国債のカラ売りを仕掛けているとされます。利回りが上がれば膨大な利益です。

日銀は売るに売れないので持ち続けるしかないですね。
posted by ZUKUNASHI at 17:05| Comment(0) | 社会・経済

めまい、空間識失調

隣の人が通りかかると...。
私:"皆さんお元気ですか?"
彼: 「私は病気です。ひどいもんだよ。めまいがするんだ。先週はキッチンで気分が悪くなり、30分ほどそこにいました。もう1ヶ月になります。仕事ができません。上も下も見れない。何日も吐き気がしていたのに 今度はこれだ。"
posted by ZUKUNASHI at 16:28| Comment(0) | Covid19

FBI がソーシャル メディア企業と協力して言論を検閲する上で大きな役割






posted by ZUKUNASHI at 15:44| Comment(0) | 国際・政治

コロナと他の感染症の急性の重複感染


**更新情報** 肉を食べる致命的な溶連菌で、これまでに少なくとも6人の子供が死亡している。サリー州のある感染した学校の保護者は、この感染で入院した子供たちもStrep Aに感染しており、検査の結果、彼らもCOVIDを持っていることが明らかになった。

子供たちは、症状だけに基づいて Strep A を持っていると GP によって診断され、学校で大規模なアウトブレイクが発生しているという事実: 彼らが Strep A を持っていることを確認するための検査は完了していません: 親のパートナーも症状が出ています.. .
...そしてGPにも行ったことがあります:Strep Aを診断し、抗生物質を投与しました:しかし、彼らは感染がStrep AよりもCovidに似ていると感じました:しかし、RATのテストは陰性のままでした...
注:GPはgeneral practitioner、一般開業医。RATは抗原検査

...私は、その親に、子供たちが溶連菌Aと一緒にコビドも持っているかどうか検査するよう提案しました。子供たちはコビド検査で陽性となり、学校でコビドが発生していることを確認しました。
...重複感染?サリー州で溶連菌感染症が流行している小学校に通う児童は、現在4回Covidに感染しており、今回が4回目の感染確認となります。

Covid は免疫系に損傷を与えます: これは私たち全員が今では知っています: しかし、急性の重複感染の可能性を見落としていました: Covid は免疫系を抑制するため、他の重複感染をより深刻にすることになります.






私の娘は、過去 4 か月間で猩紅熱を 2 回、膿痂疹を 1 回起こしました。ここで何か奇妙なことが起こっているように感じます。・・・Glasgowの方のようです。

注:scarlet fever しょう紅熱、impetigo 膿痂疹、とびひ

猩紅熱 → 急性咽頭炎に引き続き12から48時間後に、全身に赤い細かい点状の発疹が密生して出現し、「日焼け」した皮膚の様になります。 そして強いかゆみを伴います。 これを「猩紅熱」と言いますが、溶連菌が毒素を出すための症状です。
溶連菌感染症について | 太陽クリニック|東京都日野市の豊田 ...

感染症法ではA群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)として診断・治療を行うことがほとんど
ウィキペディア

Six children die with Strep A bacterial infection BBC
A群溶血性レンサ球菌による感染症は、通常、喉の痛みや皮膚の感染といった軽い症状で済みます。

この細菌は猩紅熱の原因にもなりますが、ほとんどの場合、抗生物質でうまく治療でき、完治することができます。

しかし、ごくまれに、A群溶血性レンサ球菌が肺や血流など体の奥深くに入り込み、侵襲性A群溶血性レンサ球菌(iGAS)と呼ばれる病気を引き起こすことがあり、これは治療が非常に難しい病気です。

UKHSAの副局長であるコリン・ブラウン博士によると、高熱、食欲不振、脱水、行動の変化、強い眠気など、侵襲性感染症の兆候となるさまざまな症状があるとのことです。

博士は、これらの兆候に注意し、「できるだけ早く医師の診察を受け、子供の治療を受け、感染症が深刻化するのを食い止める」よう、保護者に助言しています。

「猩紅熱、咽頭炎、呼吸器感染症にかかった後、お子さんに悪化の兆しがある場合は、必ず医療専門家に相談してください」とも述べています。
posted by ZUKUNASHI at 14:57| Comment(0) | Covid19

イスラエルはterror state こんなことを許していてはいけない 2











Palestinian militants say 100 rockets launched at Israel (VIDEOS)
Israel’s Iron Dome intercepted many, as IDF jets pounded Gaza
The Palestinian Islamic Jihad (PIJ) said on Friday that it had launched more than 100 rockets at Israel, warning that a wider offensive would follow. The assault was launched in response to an Israeli military operation that killed one of the PIJ’s most senior commanders and continued to rock Gaza overnight.

Israeli jets struck an apartment building in Gaza earlier on Friday, eliminating PIJ commander Taysir al-Jabari. The Israel Defense Forces (IDF) also targeted an additional 10-20 PIJ operatives with missiles and artillery, in a dramatic offensive it named ‘Operation Breaking Dawn’.

The PIJ immediately threatened to strike Tel Aviv with missiles in response, and within hours of al-Jabari’s death, air raid sirens could be heard across southern Israel. Video footage shot by RT Arabic correspondent Dalia Nammari showed some of these projectiles passing overhead near the Israel-Gaza border, with some intercepted by Israel’s Iron Dome missile defense batteries.
パレスチナ・イスラム聖戦(PIJ)は金曜日、イスラエルに向けて100発以上のロケット弾を発射したと発表し、その後、さらに大規模な攻撃が行われると警告した。この攻撃は、PIJの最高司令官の1人を殺害し、ガザを一晩中揺さぶり続けたイスラエルの軍事作戦に呼応して開始された。

イスラエル軍のジェット機は、金曜日未明にガザのアパートを攻撃し、PIJの司令官タイシール・アル・ジャバリを殺害した。イスラエル国防軍(IDF)は、「ブレイキング・ドーン」作戦と名付けた劇的な攻撃で、さらに10-20人のPIJ活動家をミサイルと大砲で標的にした。

PIJは直ちにテルアビブをミサイルで攻撃すると脅迫し、アルジャバリの死後数時間のうちに、イスラエル南部で空襲のサイレンが鳴り響いた。RTアラビア語特派員ダリア・ナマーリが撮影したビデオ映像では、イスラエルとガザの国境付近の頭上を通過するミサイルの一部が、イスラエルのミサイル防衛砲台「アイアンドーム」に迎撃される様子が映し出されています。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 11:10| Comment(0) | 国際・政治

Case study of one family caught in the Strep outbreak on











posted by ZUKUNASHI at 11:06| Comment(0) | 健康・病気

0000

posted by ZUKUNASHI at 01:02| Comment(0) | ウクライナ

This is Australia, not Iran

posted by ZUKUNASHI at 00:56| Comment(0) | 国際・政治

ドイツの小児医療も崩壊






・・・ドイツもひどい状況です。


友人の子供がひどい嘔吐と下痢で病院に運ばれた。多数の-ve RATがある。医師が検査し、Covidを確認したところ、同じ症状で多くの子供が来院しており、新型と推定されるとのことでした。このことを公にしないよう指示されたとのこと。このため、多くの「ミステリー・ウイルス」の嘘がある。
SAL Connacht (@mayodweller)氏はアイルランド居住です。
posted by ZUKUNASHI at 00:52| Comment(1) | Covid19