ずくなしの冷や水

2022年12月01日

ダグラスマクレガーのウクライナ戦況解説



・・・ダグラスマクレガーの観察と今後の見通しはいつも的確です。私が集めている情報と食い違うところはありません。
年齢69歳、大変シャープです。ドイツ大使に指名されながらも議会の承認がとれなかったのは、民主党によく思われていないからでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 22:36| Comment(0) | ウクライナ

モルヌピラビル(MOV)使用の承認は、世界中で取り消されるべき




・・・イベルメクチンの安全性が際立ちます。



・・・薬局がなぜ確認してくる?



posted by ZUKUNASHI at 21:24| Comment(0) | Covid19

0000

posted by ZUKUNASHI at 21:23| Comment(0) | 国際・政治

ラブロフが核保有国の衝突は核戦争に発展すると警告

Russia warns of ‘huge’ risks of sliding into nuclear war
A non-nuclear clash between nuclear states may very likely escalate into an outright nuclear war, Sergey Lavrov has cautioned

Russian Foreign Minister Sergey Lavrov has warned that any conflict between nuclear states, even if it starts with conventional weapons, is likely to escalate into an all-out nuclear war, and thus should be avoided at all costs.

Speaking at a press conference on Thursday, the diplomat was asked about Moscow and Washington’s joint efforts to reduce their strategic capabilities. Lavrov responded by pointing out that in September 2021 the US had essentially frozen the bilateral talks on reaching an agreement on the limitation of strategic offensive arms, long before Russia launched its military operation in Ukraine.

“It’s not hard to figure out what their reasoning was,” Lavrov noted. He admitted, however, that Washington and Moscow’s responsibilities as the two largest nuclear powers in the world do not change, and recalled a joint statement made by Russian and American leaders that a nuclear war cannot be won by anyone and therefore must not be allowed to start.

The minister added that Russia was willing to take that statement further and stressed that any conflict between nuclear states is unacceptable, as even a conventional war has a “huge” risk of escalating into a nuclear altercation.

“This is also why we are so anxiously watching the rhetoric the West spews out accusing us of preparing some alleged provocations using weapons of mass destruction,” Lavrov said, noting that the West, including the USA, France and the UK, are doing everything to increase their almost direct participation in the conflict in Ukraine, where he says they are essentially waging war against Russia through the hands of the Ukrainians.

“This is a dangerous trend,” Lavrov warned.
ロシアのラブロフ外相は、核保有国間の紛争は、たとえ通常兵器で始まったとしても、全面的な核戦争にエスカレートする可能性が高く、したがって何としても避けるべきだと警告した。

木曜日の記者会見で、外交官は、モスクワとワシントンが共同で行っている戦略的能力の削減努力について質問された。ラブロフはこれに対し、ロシアがウクライナで軍事作戦を開始するずっと前の2021年9月に、米国が戦略的攻撃兵器の制限に関する合意を得るための二国間協議を実質的に凍結したことを指摘した。

「彼らの理由が何であったかを理解するのは難しいことではない」とラブロフは指摘した。しかし、世界の2大核保有国としてのワシントンとモスクワの責任は変わらないことを認め、核戦争は誰にも勝つことができないため、開始を許してはならないというロシアとアメリカの指導者の共同声明を思い起こした。

同大臣は、ロシアはこの声明をさらに推し進める意志があるとし、通常戦争でさえ核の口論にエスカレートする「巨大な」危険性があるため、核保有国間のいかなる紛争も容認できないと強調した。

「西側諸国が、大量破壊兵器を使用した挑発行為を準備していると非難するレトリックを心配そうに見ているのもこのためだ」とラブロフは言い、アメリカ、フランス、イギリスを含む西側諸国は、ウクライナの紛争にほぼ直接的に参加するためにあらゆることをしており、彼らは本質的にウクライナ人の手を通してロシアに対して戦争をしているのだと言う。

「これは危険な傾向だ」とラブロフは警告した。

US and NATO directly involved in Ukraine conflict – Lavrov
Washington not only supplies Kiev with weapons but is also training its troops, says the Russian Foreign Minister
The US and NATO are directly participating in the ongoing conflict in Ukraine, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov told a media conference on Thursday, accusing the West of seeking to completely destroy Russia.

Lavrov pointed out that Washington and its allies have essentially announced to the public that they are not just seeking Russia’s defeat on the battlefield but want it “destroyed altogether as a player.” There is even some discussion on how they could divide up Russian territories among themselves, the diplomat added. 

“Don’t say that the US and NATO are not participating in this war. You are directly involved,” Lavrov stated, noting that the West is not only supplying Kiev with weapons, whose sole purpose is to kill Russians but is also actively training the Ukrainian military in countries like the UK, Germany, and Italy. 

He added that aside from a significant number of mercenaries, there is also an ever-increasing number of Western instructors who are working directly on the ground in Ukraine and are showing troops how to fire the “trinkets” that are being supplied to the country.

According to a report by CNN, the Biden administration is currently considering a dramatic expansion of the training the US military provides Kiev. The plan could include instructing as many as 2,500 Ukrainian soldiers a month at a base in Germany, the channel claimed, citing multiple US officials.

Washington has already committed close to $20 billion in security assistance to Kiev since the beginning of the conflict in late February. 

Last month, Moscow summoned the British Ambassador to Russia over claims that the UK had provided training to Ukrainian forces that attacked Russia’s Black Sea Fleet in Crimea in late October. The British Defense Ministry, however, has denied the allegations.
米国とNATOはウクライナ紛争に直接関与している-ラブロフ氏
ワシントンはキエフに武器を供給するだけでなく、その軍隊を訓練しているとロシア外相が述べた。
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、木曜日のメディア会見で、アメリカとNATOは現在進行中のウクライナ紛争に直接参加しており、ロシアを完全に破壊しようとしている西側を非難した。

ラブロフ氏は、ワシントンとその同盟国は本質的に、戦場でのロシアの敗北を求めるだけでなく、「プレーヤーとしてのロシアの完全な破壊」を望んでいることを国民に表明していると指摘した。さらに、外交官は、ロシアの領土を自分たちの間で分割する方法について議論さえしていると付け加えた。

「米国とNATOがこの戦争に参加していないとは言わせない。西側諸国は、ロシア人を殺すことだけを目的とした武器をキエフに供給しているだけでなく、イギリス、ドイツ、イタリアといった国々でウクライナ軍を積極的に訓練していると、ラブロフは述べている。

さらに、相当数の傭兵のほかに、ウクライナの現場で直接働いている西側の教官の数も増え続けており、同国に供給されている「装身具」の撃ち方を部隊に教えているという。

CNNの報道によると、バイデン政権は現在、米軍がキエフに提供する訓練を劇的に拡大することを検討しているという。この計画には、ドイツの基地で月に2500人ものウクライナ兵を指導することも含まれると、同チャンネルは複数のアメリカ政府関係者の話を引用して主張している。

ワシントンは、2月下旬の紛争開始以来、キエフへの安全保障支援としてすでに200億ドル近くを約束している。

先月、モスクワは、10月下旬にクリミアのロシア黒海艦隊を攻撃したウクライナ軍に英国が訓練を提供したと主張して、駐ロシア英国大使を召還した。しかし、英国国防省はこの疑惑を否定している。
posted by ZUKUNASHI at 19:36| Comment(0) | 国際・政治

トルコがハサカの米軍基地を攻撃


Russia cautions Türkiye on military operation in Syria
Moscow’s envoy has asked Ankara to avoid using excessive force
Ankara should try to refrain from using “excessive” force in its military strikes on targets in Syria to avoid escalating the situation further, a top Russian official said on Tuesday.

Alexander Lavrentyev, the Russian president's special envoy on Syria, asked Türkiye to “show restraint in order to prevent an escalation of tensions, not only in the northern and northeastern regions of Syria, but throughout the entire territory,” according to RIA news agency.

He stressed the importance of finding a peaceful solution to the “Kurdish issue” and stated that Russia was willing to work with all interested parties. “We hope to convince our Turkish partners to refrain from using excessive force on Syrian territory,” he added.

The Russian envoy also noted that the “illegal” presence of US troops in Syria was significantly hindering stability in the region. He suggested that if Washington’s military contingent were to withdraw from the northeastern part of the country, it would help to calm the situation.

Laverentyev’s comments came after Turkish warplanes carried out a series of strikes destroying 89 targets in Syria and Iraq on Sunday, which were reportedly linked to the Kurdistan Workers Party (PKK) and the YPG. Ankara considers these groups to be terrorist organizations and blames them for the November 13 bomb attack in Istanbul, which claimed the lives of six people and wounded 81 more.

On Monday, the Turkish military announced that its artillery would also join so-called ‘Operation Claw-Sword’ after Kurdish militants reportedly shelled the southeastern Turkish city of Karkamis, killing three civilians. On Sunday, a Turkish border checkpoint in the southeastern Kilis Province also reportedly came under rocket artillery fire, wounding eight Turkish security personnel. 

Türkiye claims to have “neutralized” some 184 “terrorists” so far. The Kurdish Rojava Information Center reported 11 dead and nine injured civilians, along with three Kurdish fighters and “heavy casualties” among the Syrian Arab Army.

Aram Hanna, a spokesman for the US-backed Syrian Democratic Forces (SDF), has accused Türkiye of “war crimes” and said its air force had carried out “double-tap” strikes, targeting rescue workers arriving at the site of the initial attack.

While Ankara’s operation has yet to see Turkish troops cross the Syrian or Iraqi borders, Erdogan has stated that ‘Claw-Sword’ would not be limited to just airstrikes.
ロシア、シリアでの軍事行動でトルコに警告
モスクワの特使がアンカラに過剰な力の行使を避けるよう求めた
アンカラは、状況をさらにエスカレートさせないために、シリアの標的への軍事攻撃において「過剰な」力の使用を控えるよう努めるべきだと、ロシア政府高官が火曜日に述べた。

RIA通信によると、ロシア大統領のシリア特使であるアレクサンドル・ラヴレンチエフ氏は、「シリアの北部と北東部だけでなく、全領土で緊張がエスカレートするのを防ぐために自制する」ようトルコに求めたという。

彼は「クルド人問題」の平和的解決を見出すことの重要性を強調し、ロシアはすべての利害関係者と協力する意思があると述べた。また、「トルコのパートナーに、シリア領内での過剰な武力行使を控えるよう説得したい」とも述べた。

ロシア特使はまた、シリアにおける米軍の「違法な」駐留が地域の安定を著しく妨げていると指摘した。米軍がシリア北東部から撤退すれば、事態の沈静化につながるとの見方を示した。

ラベレンチエフのコメントは、トルコの戦闘機が日曜日にシリアとイラクで89の標的を破壊する一連の空爆を行った後に出たもので、それらはクルド労働者党(PKK)とYPGに関連していると伝えられているものである。アンカラはこれらのグループをテロ組織とみなし、6人の命と81人の負傷者を出した11月13日のイスタンブールでの爆弾テロを非難している。

月曜日には、クルド人武装勢力がトルコ南東部の都市カルカミスを砲撃し、3人の市民が死亡したと報じられたことから、トルコ軍はいわゆる「クローソード作戦」に大砲も参加すると発表した。日曜日には、南東部キリス県のトルコ国境検問所もロケット砲の攻撃を受け、トルコの治安要員8人が負傷したと報じられた。

トルコは、これまでに約184人の「テロリスト」を「無力化」したと主張している。クルドのロジャバ情報センターは、民間人11人の死亡と9人の負傷、クルド人戦闘員3人、シリア・アラブ軍に「多くの死傷者」が出たと報告した。

米国が支援するシリア民主軍(SDF)のスポークスマン、アラム・ハンナ氏は、トルコを「戦争犯罪」と非難し、空軍が最初の攻撃現場に到着した救助隊員をターゲットに「ダブルタップ」攻撃を行ったと述べた。

アンカラの作戦では、トルコ軍はまだシリアやイラクの国境を越えていないが、エルドアンは「クローソード」が空爆だけにとどまらないことを明言している。


posted by ZUKUNASHI at 15:21| Comment(0) | 国際・政治

ウクライナは欧州の労働力供給源になる

#Europeは、典型的な植民地主義者のメンタリティーを持っており、他のすべての外国人労働者が市場価格に適応しているため、今後何年にもわたって安価な#Ukrainian労働者がいることを喜んでいるでしょう。

これは、 #Ukraineをメンバーとして決して受け入れない#EUが次に行うことです。


posted by ZUKUNASHI at 13:42| Comment(0) | 国際・政治

N抗体保有率

posted by ZUKUNASHI at 13:31| Comment(0) | Covid19

はしかの流行

はしかの流行 − オハイオ州コロンバスの当局は、32 #measlesの症例を確認しました − コロンバスの 12 の保育所と学校で発見され、すべて子供。97%がワクチンを受けていません。 13 人の子供 (41 %)が入院しました。症例の 63% は 1 〜 2 歳の子供です!
posted by ZUKUNASHI at 13:06| Comment(0) | Covid19

英国では子供の免疫低下が顕著

園児26人中8人しか登園しなかったとあります。




posted by ZUKUNASHI at 13:05| Comment(0) | 国際・政治

ワルシャワ、ウクライナの一部併合を計画-ロシア・トップスパイ

Warsaw plans to annex parts of Ukraine – top Russian spy
The Polish president has sought an official pretext for the move, says Sergey Naryshkin
Warsaw is preparing to make an official claim on parts of Western Ukraine and President Andrzej Duda has already instructed the “relevant services” to come up with a justifiable basis for the move, according to the director of Russia’s Foreign Intelligence Service, Sergey Naryshkin.

In an interview with RIA Novosti published on Wednesday, the spy chief claimed Russia had received intel suggesting that Warsaw plans to submit weighty restitution demands to Kiev for the 1943 Volhynia massacres.

The brutal attacks saw some 100,000 Poles murdered by the Organization of Ukrainian Nationalists (OUN) and the Ukrainian Insurgent Army (UIA).

According to Naryshkin, Warsaw plans present the claim as an “initiative from below” by seeking out descendants of the people who suffered at the hands of Ukrainian nationalists living in Poland. The country’s leadership has also allegedly instructed Polish media outlets to “warm the public up” to the idea that here’s a need to “collect Polish lands,” the intelligence chief added.

“The Ukrainian leadership intends to act proactively and persistently out of fear that senior NATO partners will try to negotiate with Moscow in the coming winter months, ignoring the interests of not only the Ukrainians, but the Poles as well,” Naryshkin suggested. He noted that Warsaw believes it is due “generous compensation” for providing military assistance to Kiev in its ongoing conflict with Moscow. 

Furthermore, Naryshkin claims that Warsaw plans to draw on the “successful Russian experience of returning ancestral territories by holding referendums” to annex parts of Western Ukraine, primarily the regions of Lviv, Ivano-Frankovsk, and Ternopol. 

The Russian spy chief urged the Polish officials to carefully examine the country’s history of violent clashes with Ukrainian nationalists and avoid “stepping on the same rake again.”

Last month, the Polish Foreign Ministry released a list of reparations the nation is seeking from Berlin for the tangible and intangible losses it suffered at the hands of Nazi Germany during World War II. In its claim, Warsaw demanded a staggering €1.32 trillion as well as the return of cultural items and assets of Polish state banks confiscated by the Third Reich.

Germany has denied owing Poland any reparations and claimed that its financial commitments related to World War II had been settled with the reunification of the country under the 1990 Two Plus Four Treaty.

ポーランド大統領は公式な口実を求めているとセルゲイ・ナリシキン氏は言う。
ロシア対外情報庁のセルゲイ・ナリシキン長官によると、ワルシャワは西ウクライナの一部を公式に主張する準備を進めており、アンドレイ・ドゥダ大統領はすでに「関連サービス」に正当な根拠を打ち出すよう指示しているという。

水曜日に発表されたRIA Novostiとのインタビューで、スパイ主任は、ワルシャワが1943年のヴォルヒニアの大虐殺に対してキエフに多額の返還要求を提出する予定であることを示唆する情報をロシアが受け取ったと主張した。

この残忍な攻撃では、約10万人のポーランド人がウクライナ民族主義者組織(OUN)とウクライナ反乱軍(UIA)によって殺害された。

ナリシキン氏によると、ワルシャワは、ポーランドに住むウクライナ民族主義者の手によって被害を受けた人々の子孫を探し出し、この主張を「下からのイニシアチブ」として提示する計画だという。また、同国の指導部はポーランドのメディアに対し、「ポーランドの土地を集める」必要性がここにあるという考えに「国民を温める」よう指示したとされている、と情報部長は付け加えた。

ナリシキン氏は、「ウクライナ指導部は、NATOの上級パートナーたちが今後冬の数ヶ月の間に、ウクライナ人だけでなくポーランド人の利益も無視してモスクワと交渉しようとすることを恐れて、積極的かつ執拗に行動しようと考えている」と指摘した。ナリシキン氏は、モスクワとの対立が続くキエフに軍事支援を行ったことで、ワルシャワは「寛大な補償」を受けるべきと考えていると指摘した。

さらに、ワルシャワは「住民投票によって先祖代々の領土を返還したロシアの成功例」を参考に、リヴィウ、イワノフランコフスク、テルノポールといった西ウクライナの一部を併合する計画だとも主張している。

ロシアのスパイ長はポーランド政府関係者に対し、ウクライナの民族主義者との激しい衝突の歴史をよく調べ、"同じ熊手を再び踏む "ことを避けるよう促した。

先月、ポーランド外務省は、第二次世界大戦中にナチス・ドイツの手によって受けた有形無形の損失について、同国がベルリンに求めている賠償金のリストを発表した。その中で、ワルシャワは1兆3200億ユーロという途方もない額と、第三帝国によって没収された文化財やポーランド国営銀行の資産の返還を要求している。

ドイツはポーランドへの賠償を否定し、第二次世界大戦に関連する金銭的債務は1990年の2プラス4条約に基づく再統一で解決済みだと主張している。
posted by ZUKUNASHI at 08:46| Comment(0) | ウクライナ

EU chief’s assessment of Ukrainian casualties deleted

EU chief’s assessment of Ukrainian casualties deleted

・・・ウクライナは死者の数値公表を拒否しています。

Ursula von der Leyen had earlier said around 100,000 Kiev troops had been killed to date
A claim about the number of Ukrainian soldiers killed during the conflict with Russia has been removed from a speech by European Commission President Ursula von der Leyen on the executive’s official website.

“More than 100,000 Ukrainian military officers have been killed so far,” she declared during an address earlier on Wednesday, adding that around 20,000 civilians had also died in nine months of fighting. The source of this information was not provided.

However, her reference to Kiev's death toll soon disappeared from the text of the speech on the European Commission’s website. It was also cut from a video of the address on the website and on von der Leyen’s account on Twitter.

The editing was noticed by some media outlets and social media users, who compared the two versions of the statement online. The move was then officially confirmed by the European Commission.

The EU executive body’s spokeswoman Dana Spinant took to Twitter to thank those who had “pointed out the inaccuracy” in von der Leyen’s speech.

“The estimation used, from external sources, should have referred to casualties, i.e. both killed and injured, and was meant to show Russia’s brutality,” she wrote.
ウルスラ・フォン・デア・ライエンは以前、これまでに約10万人のキエフ軍兵士が殺害されたと述べていた
欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長の演説から、ロシアとの紛争中に死亡したウクライナ軍人の数に関する主張が、同委員会の公式ウェブサイト上で削除された。

彼女は水曜日未明の演説で、「これまでに10万人以上のウクライナ軍人が死亡した」と宣言し、9カ月に及ぶ戦闘で約2万人の民間人も死亡したと付け加えた。この情報の出所は明らかにされていない。

しかし、キエフの死者数に関する彼女の言及は、欧州委員会のウェブサイトに掲載された演説のテキストからすぐに消えてしまった。また、同サイトやツイッターのフォン・デル・ライエン氏のアカウントに掲載された演説の動画からもカットされていた。

この編集は一部のメディアやソーシャルメディアのユーザーによって注目され、ネット上で2つのバージョンの声明を比較した。その後、この動きは欧州委員会により公式に確認された。

EU執行機関の広報担当者であるダナ・スピナントはツイッターで、フォン・デル・ライエンの演説の「不正確さを指摘」した人たちに感謝の意を表した。

「外部情報源から得た推定値を用いたのは、死傷者の数、すなわち死者と負傷者の両方を指すべきであり、ロシアの残虐性を示すためのものだった」と彼女は書いている。

Ukraine objects to EU assessment of its casualties
The number of dead is “sensitive” and up to Kiev's top officials to release, a presidential spokesman insisted
Ukraine has reacted badly to a claim from European Commission President Ursula von der Leyen. that it has lost more than 100,000 personnel in the conflict with Russia.

Released via Twiitter, it was deleted from von der Leyen's account earlier on Wednesday. Kiev argued that it was up to President Vladimir Zelensky and top Ukrainian officials to voice such numbers.

However, officials did not deny the European Commission President's estimates.

Zelensky’s spokesman, Sergey Nikoforov, told Ukrainian media on Wednesday that such “sensitive” information should only be made public by the country’s top military commander General Valery Zaluzhny, Defense Minister Aleksey Reznikov, or the president himself.

Earlier in the day, the head of the EU executive branch cited an assessment that more than 100,000 Ukrainian troops and over 20,000 civilians have been killed in the conflict with Russia. The video statement has since been pulled from her Twitter account and replaced with a new version, which omits the figures. Von der Leyen did not identify the source of the assessment.

Earlier in the month, US General Mark Milley, who serves as the chairman of the Joint Chiefs of Staff, said that over 100,000 soldiers may have been killed and wounded on each side of the conflict, with 40,000 civilians killed as collateral damage.

Milley, speaking at the Economic Club of New York, said that the winter season would cause hostilities to go “static” and open “a window of opportunity” for negotiations. The call for diplomacy reportedly outraged officials in Kiev, who pledged to continue fighting against Russia until it fully regains pre-2014 positions.

In her Wednesday address, von der Leyen urged the UN to convene a special tribunal to try Russia for its alleged crimes against Ukraine.

The Commission chief also shared the EU’s plans to invest seized Russian national reserves and “oligarch” money for profit that would later be used to rebuild Ukraine. She estimated Ukraine’s damage at €600 billion ($621bn) so far, which dwarfs the €319 billion ($330bn) of Russian funds blocked by the EU. The assets would only be unfrozen after anti-Russia sanctions are lifted, to be paid in compensation to Ukraine, the official stated.

Top Russian officials, including President Vladimir Putin, have criticized the freezing of assets by the US and its allies, including the EU. At first, they devalued national reserves denominated in dollars and euros through inflation, and later “pawed and pocketed” them, Putin remarked in October.
ウクライナ、EUの死傷者数評価に異議を唱える
死者の数は「機密事項」であり、キエフのトップが発表することだと、大統領報道官は主張した。
ウクライナは、欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長が、ロシアとの紛争で10万人以上の兵士を失ったと主張したことにひどく反発している。

Twiitterを通じて公開されたこの声明は、フォン・デル・ライエン氏のアカウントから水曜日に削除された。キエフは、そのような数字を声に出すのはウラジミール・ゼレンスキー大統領とウクライナ政府高官次第だと主張した。

しかし、当局者は欧州委員会委員長の試算を否定しなかった。

ゼレンスキー大統領のセルゲイ・ニコフォロフ報道官は2日、ウクライナのメディアに対し、このような「機密」情報は、同国軍最高司令官のヴァレリー・ザルジニー将軍、アレクセイ・レズニコフ国防相、または大統領自身によってのみ公表されるべきものだと述べた。

これに先立ち、EU執行部のトップは、ロシアとの紛争でウクライナ軍10万人以上、民間人2万人以上が死亡したという評価を引用した。その後、動画の声明は彼女のツイッターアカウントから削除され、数字を省略した新しいバージョンに差し替えられた。フォン・デア・ライエンは、評価の出所を明らかにしていない。

今月初め、統合参謀本部議長を務めるマーク・ミリー米大将は、紛争の両側で10万人以上の兵士が死傷し、4万人の民間人が巻き添えで犠牲になった可能性があると述べた。

ニューヨークの経済クラブで講演したミリー氏は、冬の季節になると敵対行為が「静観」され、交渉のための「機会の窓」が開かれると述べた。外交を求める声は、2014年以前の地位を完全に取り戻すまでロシアとの戦闘を続けると誓ったキエフの当局者を激怒させたと伝えられている。

フォン・デル・ライエン委員長は水曜日の演説で、ロシアをウクライナに対する犯罪の容疑者として裁く特別法廷を招集するよう国連に要請した。

また、同委員長は、押収したロシアの国家備蓄と「オリガルヒ」の資金を投資して利益を上げ、後にウクライナの再建に役立てるというEUの計画も披露した。同委員長は、ウクライナの被害額をこれまでのところ6,000億ユーロ(約6,210億円)と推定しているが、これはEUがブロックしているロシアの資金3,190億ユーロ(約3,300億円)を凌ぐものである。資産の凍結解除は反ロシア制裁解除後に行い、ウクライナへの補償金として支払うとした。

プーチン大統領を含むロシアのトップは、米国とEUを含むその同盟国による資産凍結を批判している。最初はインフレでドルやユーロ建ての外貨準備を切り下げ、その後「ポーンとポケットに入れた」とプーチン大統領は10月に発言している。

posted by ZUKUNASHI at 08:18| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナは幅100キロの無人地帯で分断される?

posted by ZUKUNASHI at 00:03| Comment(0) | ウクライナ