ずくなしの冷や水

2022年11月29日

不妊治療で卵子も精子もいないと言われました



冒頭のご夫婦のような例が多いとすると、ワクチン2回目、3回目接種から1年経ちますから、新生児の誕生が極端に落ちることになります。あとは統計で影響のほどを調べるしかないです。





posted by ZUKUNASHI at 22:37| Comment(0) | Covid19

中国で反ロックダウンデモが発生

Anti-lockdown protests break out in China (VIDEOS)
Footage shows demonstrators in Shanghai, Wuhan and other cities demanding an end to harsh zero-Covid policies
Protests broke out in China this weekend, with demonstrators in Shanghai, Wuhan, Beijing and other locations demanding an end to the government’s stringent Covid restrictions. Videos shared on social media purportedly show some protesters calling for the downfall of the Chinese Communist Party.

Crowds in Shanghai voiced their anger for the second day in a row on Sunday, chanting anti-government slogans as ranks of masked police looked on. According to one Twitter account tracking the protests, the crowd shouted “Communist Party step down, Xi Jinping step down!”

Shanghai city officials imposed a two-month lockdown in March, confining more than 20 million people to their homes amid an uptick in coronavirus cases. Parts of the city went back into lockdown in late October, with residents ordered to remain at home until they could show a negative Covid-19 test result.

While the lockdowns have led to confrontations between citizens and police, mass demonstrations are rarely observed in China. The latest protests are believed to have started after an apartment block in Urumqi burned down, killing at least 10 people according to Western media reports. The city has been under lockdown since August, and the protestors have blamed Covid restrictions for hampering rescue efforts. City officials said on Saturday that they would roll back some of the restrictions.

Students in Beijing and Nanjing reportedly held vigils and demonstrations on Sunday, while video footage reportedly shows thousands of people demonstrating in Wuhan, the original epicenter of the virus. Like Shanghai, in late October it also returned to lockdown.

One video, purportedly shot in Wuhan on Sunday, shows demonstrators kicking down barriers erected to maintain social distance.

By nightfall, video showed Shanghai police arresting protesters. It is unknown how many were detained, or whether similar arrests were made in other cities.

Xi’s government has been pursuing a strict zero-Covid policy since the coronavirus first emerged in Wuhan in late 2019, although local authorities have been given some latitude in how strictly measures like testing and school closures are enforced. Despite these policies, China recorded its highest ever number of daily Covid-19 infections on Wednesday, registering 31,444 new cases.

上海、武漢などの都市で、厳しいゼロコビト政策の中止を求めるデモの映像が流れる
今週末、中国でデモが発生し、上海、武漢、北京などで、政府の厳しいCovid規制の中止を求めるデモが行われた。ソーシャルメディアでは、中国共産党の崩壊を求めるデモ参加者の映像が公開されています。

上海の群衆は日曜日に2日連続で怒りの声を上げ、覆面警官の隊列が見守る中、反政府のスローガンを唱えた。デモを追跡しているあるツイッターアカウントによると、群衆は "共産党は退陣しろ、習近平は退陣しろ!"と叫んだという。

上海市は3月、コロナウイルスの感染者が増加する中、2ヶ月間の封鎖を実施し、2000万人以上を自宅に閉じ込めた。10月下旬には再び封鎖が行われ、住民はCovid-19の検査結果が陰性であることを示すまで自宅にとどまるよう命じられた。

封鎖は市民と警察の対立を招いたが、中国では大規模なデモはめったに見られない。欧米メディアの報道によると、今回の抗議行動は、ウルムチのアパートが全焼し、少なくとも10人が死亡した後に始まったとみられている。同市は8月から封鎖されており、抗議者たちは、コビド規制が救助活動を妨げていると非難している。市当局は土曜日に、制限の一部を撤廃すると発表した。

北京と南京の学生たちは、日曜日に警戒とデモを行ったと伝えられており、ビデオ映像では、ウイルスの最初の震源地である武漢で数千人がデモを行っていると伝えられています。上海と同様、10月下旬には封鎖状態に戻りました。

武漢で撮影されたとされるビデオには、社会的距離を保つために設けられた障壁を蹴破るデモ参加者の姿が映っている。

日暮れには、上海の警察がデモ参加者を逮捕している映像が流れた。何人が拘束されたのか、他の都市で同様の逮捕が行われたのかは不明である。

習近平政権は、2019年末に武漢でコロナウイルスが初めて出現して以来、厳格なゼロコビド政策を推進しているが、検査や学校閉鎖などの措置をどれだけ厳格に実施するかについては、地方当局にある程度の自由裁量が与えられている。こうした政策にもかかわらず、中国は水曜日に1日のコビッド19感染者数が過去最高を記録し、新たに31,444人の感染者を登録しました。

・・・・・

中国のデモで "共産党は退陣しろ、習近平は退陣しろ!"と叫ぶようなことは大変珍しいのだそうです。

海外にまで及んでいます。


中国のデモ参加者は、顔認識システムで個人が特定されているとの指摘もあります。

ロックダウン反対でタブーに踏み込むこれほどの騒ぎになるのかという印象ですが。

ゼロコロナ政策が緩められると感染者激増で社会が混乱するでしょう。





北京の精華大学での抗議行動のようです。


・・・中国の様子ですが、場所がわかりません。
posted by ZUKUNASHI at 22:04| Comment(3) | Covid19

モスクワ、原油価格の上限設定に伴うリスクを警告

Moscow warns of risks arising from oil-price cap
Russia has a principled pro-market stance, while Western restrictions will cause underinvestment in the sector, a deputy PM said
A price cap on Russian oil could cause shortages and disrupt investment in the energy sector, Deputy Prime Minister Aleksandr Novak has warned. Moscow will strictly observe its commitment to market principles in international trade, he added.

“Our position is pretty rigid here, and I have voiced it on many occasions. Regardless of what level is picked for the price cap, even if it is high, it will be unacceptable in principle in terms of signing contracts. We will work under market conditions,” Novak told a business forum on Tuesday, according to Russian media.

The deputy prime minister blasted the US and its allies for trying to impose various restrictions on Russia’s energy industry, blocking its access to technologies and stifling Russian international trade. Such actions “come with great risks” and may cause deficits and underinvestment, he said.

“This would be true for any commodity that Western nations may want to impose their rules on in the future,” Novak predicted.

G7 nations agreed to impose a price cap on Russian crude in September, with enforcement set to begin on December 5. The EU is negotiating its own version of similar restrictions, with Poland reportedly standing in the way of an agreement by pushing for a lower cap level. Shipments of Russian crude that don’t comply would be denied insurance and other services by companies in Western jurisdictions, according to the plan.

Western officials believe Russia will still sell under the new terms, but would be denied windfall profits amid the global energy-price hike. However, Novak and other top Russian officials have said the country will not accept any cap.

Novak’s remarks came during the Russian-Chinese Energy Business Forum, an event organized by the governments of the two nations every year since 2018. Chinese Vice Premier of the State Council Han Zheng read a statement from President Xi Jinping during the event, in which the Chinese leader described energy as a “cornerstone of practical cooperation” between the two nations.

“China intends to build closer partnership with Russia in the energy sphere, foster development of clean and ‘green’ sources of energy, jointly defend international energy security and stability of supply chains, and contribute to the long-term reliability of the international energy market,” the message read.

Russia became the biggest supplier of oil to China after EU nations chose to cut trade with Moscow as a form of punishment for its role in the Ukraine conflict. Beijing disapproved of Moscow’s decision to send troops into its neighboring country in February, but blamed the US and the expansion of NATO in Europe for triggering the hostilities in the first place.

ロシアは原則的に市場原理を推進するスタンスだが、欧米の規制は同分野への投資不足を招くと副首相が述べた。
アレクサンドル・ノヴァク副首相は、ロシアの石油価格の上限設定により、エネルギー不足が生じ、エネルギー部門への投資に支障をきたす可能性があると警告している。モスクワは、国際貿易における市場原理へのコミットメントを厳格に遵守すると、彼は付け加えた。

「我々の立場はかなり厳格であり、何度もそれを表明してきた。価格上限がどの程度に設定されるかにかかわらず、たとえそれが高くても、契約締結という点では原則的に受け入れられないだろう。ロシアメディアによると、ノバク副首相は2日、ビジネスフォーラムで「我々は市場条件のもとで仕事をする」と語ったという。

副首相は、米国とその同盟国がロシアのエネルギー産業に様々な制限を課し、技術へのアクセスを妨げ、ロシアの国際貿易を阻害しようとしていることを非難した。このような行為は「大きなリスクを伴う」ものであり、赤字や投資不足を引き起こす可能性があるという。

「欧米諸国が今後、自分たちのルールを押し付けようとする商品にも当てはまるだろう」とノヴァックは予測した。

G7諸国は9月にロシア産原油に価格上限を設けることで合意し、12月5日から実施することになった。EUも同様の規制を交渉中で、ポーランドが上限額の引き下げを要求し、合意への妨げになっているとされる。この計画によると、ロシア産原油の出荷を拒否した場合、西側管轄の企業による保険やその他のサービスが拒否されることになる。

欧米諸国は、ロシアは新条件でも販売するが、世界的なエネルギー価格高騰の中で大きな利益を得ることはできないだろうと考えている。しかし、ノバク氏や他のロシア高官は、ロシアはいかなる上限も受け入れないと発言している。

ノバク氏の発言は、2018年から毎年両国政府が開催しているイベント「ロシア・中国エネルギービジネスフォーラム」の中で行われた。中国の韓正国務院副総理はイベント中に習近平国家主席の声明を読み上げ、その中で中国の指導者はエネルギーを両国の「実務協力の礎」と表現した。

中国はロシアとエネルギー分野でより緊密なパートナーシップを築き、クリーンで「グリーン」なエネルギー源の開発を促進し、国際的なエネルギー安全保障とサプライチェーンの安定性を共同で守り、国際エネルギー市場の長期的信頼性に貢献するつもりだ」とメッセージを読み上げました。

EU諸国がウクライナ紛争におけるモスクワの役割に対する懲罰として、モスクワとの貿易を削減することを選択した後、ロシアは中国への最大の石油供給国になった。北京は、モスクワが2月に隣国に軍隊を派遣したことを不服としているが、そもそも敵対行為を引き起こしたのは米国と欧州におけるNATOの拡大であると非難している。

・・・少しわからないところがありますが、精査していません。
posted by ZUKUNASHI at 21:26| Comment(0) | 国際・政治

ロシアと中国、SWIFTを迂回-副首相

Russia and China bypassing SWIFT – deputy PM
The trade partners have been boosting transactions in national currencies, Aleksandr Novak says
Moscow and Beijing are developing a system of settlements which could allow cross-border transactions without using the Western financial messaging system, SWIFT, Deputy Prime Minister Aleksandr Novak revealed on Tuesday.

The two countries have reportedly accelerated efforts to move away from the US dollar and the euro, towards settlements using domestic currencies.

“In gas contracts we are already switching to settlements in national currencies – in rubles and in yuan – on a parity basis. Supplies of oil and oil products, as well as coal, are also being switched to payment in national currencies,” he explained.

According to Novak, this could help avoid financial risks and facilitate the transformation of the ruble and yuan into world reserve currencies. “In this regard, the Central Bank of Russia and the People’s Bank of China are working on the possibility of opening accounts for Russian companies in China and vice versa, creating a settlement system without using SWIFT,” Novak said.

Russian President Vladimir Putin had earlier called for new independent financial platforms for international settlements, stressing that the global economy should be more open and unbiased.

Moscow has been promoting its own domestic payment system as a reliable alternative to SWIFT since many of the country’s banks were disconnected from the Western financial network earlier this year.

Russia’s SPFS interbank messaging system was created in 2014, and has similar functionality to SWIFT. It ensures secure transfer of financial messages between banks both inside and outside the country.

In April, Russian Central Bank Governor Elvira Nabiullina said most Russian lenders and 52 foreign organizations from 12 countries had received access to SPFS. The regulator added it would keep the identity of the payment system’s members secret to protect them from possibly falling under secondary sanctions from the US and its Western allies.
Moscow and Beijing are developing a system of settlements which could allow cross-border transactions without using the Western financial messaging system, SWIFT, Deputy Prime Minister Aleksandr Novak revealed on Tuesday.

The two countries have reportedly accelerated efforts to move away from the US dollar and the euro, towards settlements using domestic currencies.

“In gas contracts we are already switching to settlements in national currencies – in rubles and in yuan – on a parity basis. Supplies of oil and oil products, as well as coal, are also being switched to payment in national currencies,” he explained.

According to Novak, this could help avoid financial risks and facilitate the transformation of the ruble and yuan into world reserve currencies. “In this regard, the Central Bank of Russia and the People’s Bank of China are working on the possibility of opening accounts for Russian companies in China and vice versa, creating a settlement system without using SWIFT,” Novak said.

Russian President Vladimir Putin had earlier called for new independent financial platforms for international settlements, stressing that the global economy should be more open and unbiased.

Moscow has been promoting its own domestic payment system as a reliable alternative to SWIFT since many of the country’s banks were disconnected from the Western financial network earlier this year.

Russia’s SPFS interbank messaging system was created in 2014, and has similar functionality to SWIFT. It ensures secure transfer of financial messages between banks both inside and outside the country.

In April, Russian Central Bank Governor Elvira Nabiullina said most Russian lenders and 52 foreign organizations from 12 countries had received access to SPFS. The regulator added it would keep the identity of the payment system’s members secret to protect them from possibly falling under secondary sanctions from the US and its Western allies.
貿易相手国は自国通貨での取引を強化している、とアレクサンドル・ノヴァク副首相
モスクワと北京は、西側の金融メッセージングシステムであるSWIFTを使用せずに国境を越えた取引を可能にする決済システムを開発していると、アレクサンドル・ノヴァク副首相が火曜日に明らかにしました。

両国は、米ドルやユーロから、国内通貨を使った決済に移行する取り組みを加速させていると報じられている。

「ガス契約では、すでにルーブルと人民元の平価ベースの自国通貨建て決済に切り替えている。石油や石油製品、石炭などの供給も、自国通貨建てに切り替えている」と説明した。

ノバクによると、これは金融リスクを回避し、ルーブルと人民元の世界基軸通貨への転換を促進することにつながるという。「この点について、ロシア中央銀行と中国人民銀行は、ロシア企業の中国での口座開設とその逆の、SWIFTを使用しない決済システムの構築の可能性に取り組んでいる」とノバクは述べた。

ロシアのプーチン大統領は以前、国際決済のための新しい独立した金融プラットフォームを求め、世界経済はよりオープンで公平であるべきだと強調していた。

モスクワは、今年初めに国内の多くの銀行が西側金融ネットワークから切り離されて以来、SWIFTに代わる信頼できる決済システムとして、独自の国内決済システムを推進してきた。

ロシアのSPFS銀行間メッセージングシステムは2014年に誕生し、SWIFTと同様の機能を備えている。内外の銀行間の金融メッセージの安全な転送を保証している。

4月、ロシア中央銀行のエルビラ・ナビウリナ総裁は、ロシアのほとんどの金融機関と12カ国の52の外国組織がSPFSへのアクセス権を得たと述べた。ロシア中央銀行は、米国とその西側同盟国からの二次的制裁を受けないように、決済システムのメンバーの身元を秘密にしておくと付け加えた。
posted by ZUKUNASHI at 21:22| Comment(0) | 国際・政治

ロシア・ラオス合同演習「Laros-2022」の開会式

posted by ZUKUNASHI at 20:35| Comment(0) | 国際・政治

イラン、ロシアの自動車市場に参入を検討

Iran looks to enter Russian car market
Automakers plan to supply vehicles to Moscow after the exodus of foreign brands
Moscow and Tehran have signed a memorandum of understanding for Iranian car exports to Russia valued at $300 million, the head of the country's association of auto parts manufacturers, Mohammadreza Najafi-Manesh, said on Monday.

Iran Khodro, the largest carmaker in the Middle East, is eyeing the Russian market following the exodus of European, American, and Japanese brands.

Many foreign car manufacturers found it difficult to continue operations in the country after deliveries of cars and spare parts to Russia were stopped due to Western sanctions. 

The Iranian carmaker assembles revamped models of Chinese Haima and Dongfeng brands. Last year, the country launched the Tara sedan based on the Peugeot 301, while other new models using the Peugeot and Citroen as prototypes are coming.
READ MORE: Chinese car brands conducting major expansion in Russia – report

According to data from Russia’s Autostat agency, there were 10,400 Iran Khodro cars in Russia as of July 2022, which are represented by the Samand model (a Class C sedan), a car based on the Peugeot 405. 

Iran, which has been under Western sanctions for decades, has managed to develop its own automotive industry that caters to domestic demand. The country has also been forced to cut reliance on foreign car imports after parts and supplies were stopped when the US reimposed sanctions on the Islamic Republic in 2018.
イラン、ロシアの自動車市場に参入を検討
自動車メーカーは、外国ブランドの流出後にモスクワに車両を供給することを計画
モスクワとテヘランは、3億ドル相当のイラン車のロシアへの輸出に関する覚書に署名したと、同国の自動車部品メーカー協会のモハマドレザ・ナジャフィ・マネシュ代表が月曜日に述べた。

中東最大の自動車メーカーであるイラン・ホドロは、ヨーロッパ、アメリカ、日本のブランドが撤退した後、ロシア市場に目を向けている。

欧米の制裁によりロシアへの自動車やスペアパーツの納入が停止された後、多くの外国自動車メーカーが同国での事業継続を困難にしている。

イランの自動車メーカーは、中国のHaimaとDongfengのブランドの改良モデルを組み立てている。昨年はプジョー301をベースにしたセダン「タラ」を発売し、他にもプジョーやシトロエンをプロトタイプにした新型車が登場する予定だ。

ロシアのオートスタット社のデータによると、2022年7月現在、ロシアには10,400台のイラン・ホドロ車があり、その代表がプジョー405をベースにしたサマンドモデル(Cクラスセダン)である。

数十年にわたり欧米の制裁下にあるイランは、内需に対応する独自の自動車産業を発展させることに成功した。また、2018年に米国がイスラム共和国に制裁を再開した際に部品や供給がストップしたため、外国製自動車の輸入への依存度を下げることを余儀なくされている。
posted by ZUKUNASHI at 20:31| Comment(0) | 国際・政治

機長が離陸直後に死亡 副操縦士は着陸に成功したが








posted by ZUKUNASHI at 19:07| Comment(0) | Covid19

ウクライナで殺害されたポーランド人、「アメリカ式」埋葬へ-メディア

Poles killed in Ukraine to get ‘American’ burial – media
A news outlet suggests the grim reason for the sudden concern with efficiency
The controversial decision by municipal authorities in Olsztyn to create an “American-style” cemetery is due to the large number of military burials for the 1,200 Poles who have died fighting in Ukraine, according to the news outlet Niezalezny Dziennik Polityczny.

Olsztyn, in the Warmia-Masuria province, is home to Poland’s 16th Mechanized Infantry Division. Many of its current and former soldiers heeded the calls from President Andrzej Duda and Defense Minister Mariusz Blaszczak and enlisted in Ukraine, where over 1,200 Polish citizens have been killed in action so far, according to NDP. Thousands more have been injured or disabled, the outlet reported, citing publicly available sources.

The outlet says that almost “daily” burials at the Olsztyn cemetery – including the volleys fired by the honor guard – have “irritated” the local residents and led to many inconvenient questions being asked of the city’s authorities. NDP suggested this was the true motive behind the announcement of an “American” cemetery earlier this month.

The proposal calls for 1,700 plots for urns with cremated remains, with “standardized tombstones” along the line of American war cemeteries, according to municipal graveyard director Zbigniew Kot. 

Kot told Gazeta Olsztynska that there was “enough motley” in Polish cemeteries already, and that the new design aimed for a more orderly cemetery, along the minimalist lines seen in Germany and some Scandinavian countries. It is also supposed to help with the rising cost of burials, he added.

The Polish public has reacted poorly to Kot’s design, which envisions rows of 60-centimeter-square headstones surrounded by turf, with no trees, benches, or flower beds common in the mostly-Catholic nation. 

NDP called the design a “disgraceful end to mercenaries who died in Ukraine,” and suggested the number of planned plots means many more are expected to perish.

Specific casualty numbers from the conflict have been hard to come by. In June, officials in Kiev admitted to losing 1,000 or more men per day in the heavy fighting. In September, the Russian Defense Ministry put the number of Ukrainian casualties at 61,000 dead and more than 49,000 wounded, including over 2,000 foreign mercenaries.

あるニュースメディアは、突然効率にこだわるようになった厳しい理由を示唆しています。
ニュースメディア「Niezalezny Dziennik Polityczny」によると、オルシュティンの市当局が「アメリカ式」墓地を作るという物議を醸したのは、ウクライナで戦って死んだ1200人のポーランド人の軍葬が大量にあるためだという。

ウォルミア=マズリア州にあるオルシュティンは、ポーランドの第16機械化歩兵師団の本拠地である。NDPによると、同師団の現役および元兵士の多くが、アンドレイ・ドゥダ大統領とマリウシュ・ブラシュチャク国防相の呼びかけに応えてウクライナに入隊し、これまでに1200人を超えるポーランド人が戦死している。さらに数千人が負傷したり障害を負ったりしていると、公開されている情報源を引用して同誌は報じている。

オルツィン墓地でのほぼ「毎日」の埋葬は、儀仗兵による砲撃も含め、地元住民を「苛立たせ」、市当局に多くの不都合な質問をさせることになったと同誌は述べている。NDPは、これが今月初めに発表された「アメリカ人」墓地の真の動機であることを示唆した。

市営墓地の責任者であるズビグニエフ・コット氏によれば、この提案では、火葬した遺骨を納める骨壺のための1700区画を、アメリカの戦争墓地の線に沿って「標準的な墓石」で整備するとしている。

コト氏はガゼタ・オルスティンスカ紙に、ポーランドの墓地はすでに「十分雑多」であり、新しいデザインは、ドイツや北欧のいくつかの国で見られるミニマリストの線に沿って、より整然とした墓地を目指している、と語った。また、埋葬の費用が高騰しているため、その対策にもなるという。

このデザインは、60センチ角の墓石が芝生に囲まれ、カトリックの国であるポーランドでは一般的な樹木やベンチ、花壇がないもので、ポーランド国民の反応は芳しくない。

NDPは、このデザインを「ウクライナで死んだ傭兵たちの不名誉な最後」と呼び、計画されている区画の数は、さらに多くの人が死ぬことを意味していると指摘した。

紛争による具体的な死傷者数はなかなか出てこない。6月、キエフの当局者は激しい戦闘で1日あたり1000人以上の兵士を失ったと認めた。9月にはロシア国防省が、ウクライナ人の死者は6万1000人、負傷者は4万9000人以上と発表し、その中には2000人以上の外国人傭兵が含まれている。
posted by ZUKUNASHI at 15:23| Comment(0) | ウクライナ

コロナ感染による川崎病類似の疾患は初期から見られた








2020年05月06日
ベルガモの野戦病院

2020年03月29日
悲劇のベルガモの街
posted by ZUKUNASHI at 14:47| Comment(0) | Covid19

US worried about unintended consequence of arming Ukraine – WSJ

US worried about unintended consequence of arming Ukraine – WSJ
Newspaper claims that Washington is worried military aid to Kiev can hurt Taiwan
The US government's policy of arming Ukraine is exacerbating delays of weapon shipments to Taiwan, the Wall Street Journal reported on Sunday, citing congressional and government officials familiar with the matter.

The US has spent more than $18.2 billion on security aid for Kiev, including long-range artillery and missile systems, since Russia launched its military operation in the neighboring state in late February, according to the Pentagon. At the same time, the backlog of deliveries to Taipei has reportedly grown from more than $14 billion to $18.7 billion since last December.

It was said that the promised but not yet delivered arms include 208 Javelin anti-tank weapons and 215 anti-air shoulder-fired missile systems, both ordered by Taiwan in 2015. The Taiwanese government did not comment on the report, but its Defense Ministry acknowledged earlier this year that the US may not deliver certain orders on schedule “due to changes in the international situation.” 

In a statement to the Wall Street Journal, Pentagon spokeswoman Sabrina Singh said the US would “continue to diligently work to provide capabilities to Taiwan as fast as possible while also making sure Ukraine can defend itself against Russian aggression.” 


posted by ZUKUNASHI at 13:13| Comment(0) | 国際・政治

ロシア主導の自由貿易圏、BRICSと共同決済システムを模索

Russia-led free trade bloc seeks joint payment system with BRICS
Such a move could help cut dependence on Western financial infrastructure, Izvestia reports
The Eurasian Economic Union (EEU) is interested in setting up a common payment system with BRICS nations, the newspaper Izvestia reported on Monday. The Russia-led free trade bloc aims to cut reliance on the Western monetary system.

The EEU was founded as the Customs Union of Russia, Kazakhstan, and Belarus. It was established in 2015, and was later joined by Armenia and Kyrgyzstan. In 2016, Vietnam became a free trade partner with the EEU. The union is designed to ensure the free movement of goods, services, capital and workers between member countries.

According to the report, citing the EEU’s regulatory body, the plan also envisages the issuance of a single payment card within the two trade blocs. That would unite the national payment systems of its member states, including Russia’s Mir, China’s Union Pay, India’s RuPay, Brasil’s Elo and others.

Vladimir Kovalyov, an adviser to the chairman of the Eurasian Economic Commission, said the EEU is currently focused on establishing a joint financial market, with priority on developing a common “exchange space.”

“We’ve made substantial progress and now the work is focused on such sectors as banking, insurance and the stock market,” Kovalyov was quoted as saying by Izvestia.

According to the official, a regulatory body for the proposed joint financial system of the EEU and BRICS would also be established as part of the new infrastructure.

The EEU, which brings together countries in the post-Soviet space, has been increasingly looking for ways to deepen cooperation with the BRICS group of emerging economies. That bloc consists of Brazil, Russia, India, China, and South Africa, accounting for more than 40% of the world’s population and nearly a quarter of global GDP. Efforts have already been made among some BRICS members to trade in local currencies in order to reduce dependence on the US dollar and euro.
posted by ZUKUNASHI at 13:08| Comment(0) | 国際・政治

秘密のファウチ隠蔽文書からの別の爆発的な電子メール





posted by ZUKUNASHI at 11:39| Comment(0) | Covid19

ロシア軍のウクライナ軍への攻撃は、前線で実を結び始めている

うわあ ドネツクのロシア語圏の勢力が2014年にウクライナ人に奪われた地域をすべてロシア人が奪還。繰り返しになるが、ウクライナ人がこれらの地域の支配権を失ったのは2014年以来初めてである。ドネツク共和国代表のデニス・プシーリン氏によると、ロシア軍はドンバス地域のすべての前線で前進しており、非常に困難な状況下で戦いながらも、領土を奪取し続けているとのことです。ロシア軍のウクライナ軍への攻撃は、前線で実を結び始めている。補給路の遮断、修理基地への攻撃、兵器工場、研究所、通信センター、西部兵器庫、エネルギー基盤などへの攻撃は、すべて「兵站、追跡・通信能力などに大きな影響を与えている」という。ロシアに圧力をかけ続けるよう促した。


地元住民や地方当局からの報告によると、クリヴォログの主要な鉄道ハブは、ロシアの巡航ミサイルによって複数回攻撃されました。
「今日のストライキの後、Krivoy Rog の鉄道は長期間機能しなくなります。」・OVA主任シトニチェンコ

ウクライナのエネルギーインフラはほぼ壊滅状態であり、今後数週間は燃料、鉄道、場合によっては橋梁へのシフトが進むと思われます。
バフムトの周辺が大変なことになっているようです。
posted by ZUKUNASHI at 11:08| Comment(0) | ウクライナ

時間差ワクチン後遺症のひどいものが死亡


超過死亡はワクチンによるものだけでなく感染によるものもあろうが、上の考え方は合理性はある。
posted by ZUKUNASHI at 11:01| Comment(0) | Covid19

世界経済は今後「激しい」衝撃を受けることになる - エコノミスト

Global economy in for ‘violent’ shocks ahead – economist
The coming recession will lead to a profound structural shift, Mohamed El-Erian says
There’s a tendency to see economic challenges as temporary and quickly reversible, but this time the world is headed for a profound economic and financial shift rather than just another recession, Mohamed El-Erian has warned.

El-Erian is the chief economic adviser at Allianz, and former CEO of the influential bond market player PIMCO.

The economist wrote in a commentary for Foreign Affairs magazine that a combination of pressures on supply, central bank tightening, and market “fragility” were all likely to weigh on growth.

“Three new trends in particular hint at such a transformation and are likely to play an important role in shaping economic outcomes over the next few years: the shift from insufficient demand to insufficient supply as a major multi-year drag on growth, the end of boundless liquidity from central banks, and the increasing fragility of financial markets,” El-Erian wrote.

“These shifts help explain many of the unusual economic developments of the last few years, and they are likely to drive even more uncertainty in the future as shocks grow more frequent and more violent,” he believes.

The changes will affect individuals, companies, and governments – economically, socially, and politically, the economist warned.

El-Erian criticized the US Federal Reserve in particular for being too slow to recognize inflation’s destructive impact on the economy, and then for its steep rate hikes to make up for lost time.

He also said that markets have been trained to expect easy money from central banks, and the “perverse effect” of that has been for “a significant chunk of global financial activity” to flood into asset management, private equity and hedge funds, among other less-regulated entities.
来るべき景気後退は深刻な構造転換をもたらすとモハメド・エルエリアン氏
経済的な課題は一時的なもので、すぐに元に戻ると考える傾向があるが、今回、世界は単なる不況ではなく、経済と金融の重大な転換に向かっていると、モハメド・エルエリアン氏は警告している。

エル・イリアンはアリアンツのチーフエコノミックアドバイザーであり、債券市場に影響力を持つPIMCOの元CEOである。

このエコノミストは、フォーリン・アフェアーズ誌の論評で、供給圧力、中央銀行の引き締め、市場の「脆弱性」の組み合わせが、すべて成長の重荷になりそうだと書いている。

「特に、3つの新しいトレンドがこのような変化を示唆し、今後数年間の経済的な成果を形成する上で重要な役割を果たすと思われる。それは、成長の足を引っ張る主要な数年間の需要不足から供給不足へのシフト、中央銀行による無限の流動性の終焉、金融市場の脆弱化の拡大である」とEl-Erianは記している。

「これらの変化は、ここ数年の異常な経済発展の多くを説明するのに役立ち、ショックがより頻繁に、より激しくなるにつれて、将来的にさらに不確実性を高める可能性がある」と同氏は考えている。

この変化は、個人、企業、そして政府に、経済的、社会的、政治的に影響を与えるだろう、と同氏は警告している。

エル・エリアン氏は、特に米連邦準備制度理事会について、インフレが経済に与える破壊的な影響を認識するのがあまりにも遅く、その後、失われた時間を取り戻すために急な利上げを行ったと批判している。

さらに、市場は中央銀行による金融緩和を期待するように訓練されており、その「逆効果」によって、「世界の金融活動のかなりの部分」が資産運用、プライベートエクイティ、ヘッジファンドなど規制の緩い組織に流れ込んでいると指摘した。

posted by ZUKUNASHI at 10:50| Comment(0) | 国際・政治

暗号通貨の下落続く

ビットコイン、2022/11/13の午前10時半に233万円でしたが11/14の10時半では226万円です。7万円ほど下がっています。13時半223万円。2022/11/15午前0時232万円

暗号通貨は、基本的にポンジスキーム、ねずみ講だと管理人は見ています。切手収集と同じようなものでは? まったく知識がなかったので、記事を読んでも理解が難しかったです。

暗号通貨関係の記事には初歩的な間違いがあるかもしれません。

これだけ下がっても特にニュースが流れないのは、暗号通貨の市場規模は小さいということでしょうか。機関投資家で保有しているところがあっても、金額的にはわずかでしょう。

Failed crypto exchange was money laundering op – report
FTX allegedly took in millions in crypto donations through Ukraine and may have laundered much greater sums


ブロックファイは暗号資産(仮想通貨)貸付業者でこの夏ころから経営問題があったようです。
ウクライナは、暗号スキャンダルが勃発する数日前に、FTX とのパートナーシップを隠蔽し始めました
ウクライナ-FTX イニシアチブは、キエフのために 6,000 万ドルを調達したと主張していますが、そのお金はどこに行ったのでしょうか?
@KitKlarenberg 西側援助物語の最新章について:

暗号通貨が広く下落しています。2022/11/21、午前11時過ぎのビットコインの相場は224万円。11/14の10時半では226万円でしたからそれよりも下落しています。

Traders fleeing crypto markets – Bloomberg
The collapse of the FTX exchange has dented investor confidence in cryptocurrencies
Traders are abandoning online crypto-trading platforms in a bid to safeguard their assets in the wake of the FTX bankruptcy, Bloomberg reported on Monday, citing experts.

The “wild-west days” of crypto markets are back again as the large trading houses that once thrived on arbitraging price gaps pull back, according to the media.

Prices for identical assets are reportedly diverging on various platforms. The gap between the funding rates of identical Bitcoin futures on Binance and OKEx has been as wide as an annualized 101 percentage points and remained at least 10%, compared to mostly single-digit gaps last month.

“Everybody is heading for the hills,” chief executive officer at Pythagoras Investments, Mitchell Dong, told the media outlet, specifying that the return of some price spreads shows “things that were previously arbed out are not so arbed out.” 

Dong said his firm is writing off its 1% and 7% exposures to FTX in its market-neutral and trend-following funds respectively.

Meanwhile, Fasanara Digital lending fund, which manages about $100 million, has reportedly dialed down its risk exposure to nearly zero.

Traders now have to decide whether to write off their exposure to FTX or create a so-called sidepocket that separates those assets from the main fund, explained Barnali Biswal, chief investment officer at Atitlan Asset Management, which runs a fund that allocates to different quant managers.

“The age-old arbitrage strategies are more and more lucrative,” the former Goldman Sachs managing director said. “However, contagion risk is elevated. So, we are being conservative in our approach,” he added.

According to Chris Taylor, who runs crypto strategies at GSA Capital, the downfall of what was once a trusted exchange will make professional traders seek ways to avoid putting up collateral on any centralized platforms, for instance by using prime brokerages instead. In short, they will want crypto to look more like Wall Street, if the exchanges allow it, he explained.

“There was a lot more trust in FTX than there was in Terra/Luna,” Taylor said. “You are now seeing some of the big players pull back not completely but try to have less collateral on centralized exchanges and think more about counterparty risk.”
暗号市場から逃げ出すトレーダーたち - Bloomberg
FTX取引所の破綻は、暗号通貨に対する投資家の信頼を低下させました。
・・・この記事の本文はまったく理解できませんでした。

2022/11/28、暗号通貨が値下がりしています。

ブロックファイ、会社更生手続き申請と流れています。11/16には暗号資産のジェネシス、資金調達失敗なら破産申請と伝えられました。11/15には、仮想通貨取引所のAAXが全取引を一時停止。


Bleak future projected for crypto industry
Most cryptocurrency companies will probably fold in the wake of the FTX collapse, the BlackRock boss says
FTX取引所の崩壊は、より多くの暗号通貨企業を転覆させる恐れがあると、ブラックロック最高経営責任者のラリー・フィンク氏は、ニューヨークタイムズのDealBookサミットで警告しました。

世界最大の資産運用会社であるブラックロックは、バハマに拠点を置く暗号取引所の破綻によって影響を受けた金融会社の1つです。Fink氏の会社は、巨大な年金基金から富裕層の個人に至るまで、顧客に代わって10兆ドルの資産を管理しています。

「私は実際に、ほとんどの会社が存在しないことになると信じています」と、暗号通貨に長年懐疑的だった彼は述べています。Fink氏はまた、同社がFTXにおよそ2400万ドルを投資していたことを明らかにした。

"我々は惑わされた可能性があるのか?"と彼は尋ねた。"もっと事実を知るまで、私は憶測をしません。"

実業家によると、FTXでは「大きな結果の不品行」がありましたが、彼はすべての問題にもかかわらず、暗号の基礎となる技術にまだ可能性を見ています。

FTX取引所の崩壊は、暗号通貨市場の信頼の危機を引き起こし、連鎖反応を引き起こしました。今週、FTXと財政的に絡んでいた大手暗号通貨貸し手BlockFiが破産を申請しました。不振にあえぐ証券会社ジェネシスは現在、同じ運命を避けようとしている。大手取引所のクラーケンは2日、FTXとの「重要なエクスポージャーがない」にもかかわらず、1100人の従業員を解雇すると発表した。ブルームバーグによると、130以上のFTX関連企業がすでに倒産している。




posted by ZUKUNASHI at 10:47| Comment(0) | 社会・経済

ドイツ車の補修部品が手に入らない?




ドイツ車を持っている知人は、小さな部品を入手するのに3か月かかるとか言っています。円安で補修パーツが高くなり、かつ入手が困難になるのはたまりません。
posted by ZUKUNASHI at 09:41| Comment(0) | 国際・政治

コロナは蔓延当初から子供を殺していた

子供の健康の悪名高い敵 Peado Russell Viner の秘密の電子メールは、Covid が最初の波の開始時に子供を殺していたことを十分に知っていたことを明らかにしています: 彼の 1 つの懸念は? Covidが蔓延しているデストラップスクールに対する一般の人々の信頼を維持することを確認します。


posted by ZUKUNASHI at 09:37| Comment(0) | Covid19

中国が米国並みのコロナ被害者を出すと

posted by ZUKUNASHI at 00:42| Comment(0) | 国際・政治

米外交官、スパイ長官会談の内容を明かす

US diplomat reveals contents of spy chief talks
Washington’s charge d’affaires in Moscow says the heads of the CIA and Russian intelligence had met to manage nuclear risks
The heads of American and Russian intelligence agencies have discussed the risk of a potential nuclear confrontation between the two countries, Washington’s Charge d'Affaires in Moscow, Elizabeth Rood, has told RIA Novosti. The diplomat noted that the ongoing Ukraine conflict was not on the officials’ agenda.

In an interview with the Russian media outlet published on Monday, Rood said: “The US and the Russian Federation have [communication] channels for risk management, especially in terms of nuclear risks, and precisely this issue was the goal of CIA Director [William] Burns’ meeting with his Russian counterpart.” She pointed out that the two spy chiefs had not, however, discussed the situation in Ukraine or ways to end hostilities there.

The American diplomat added that Washington and Moscow could hold consultations in a similar fashion down the road, if necessary.

“For now, as far as I know, nothing is being planned,” Rood noted.

The high-level meeting in Türkiye’s capital, Ankara, was first reported by Russia’s Kommersant newspaper in mid-November. It is believed to have been the first in-person contact between top US and Russian officials since Moscow launched its military campaign in Ukraine in late February.

Kremlin spokesman, Dmitry Peskov, confirmed that a high-level meeting had taken place in Ankara on November 14, stopping short, however, of revealing any details regarding the participants or the topics discussed there.

“It was the American side’s initiative,” he explained.

Recent comments by Rood about Ukraine not being on the agenda of the meeting between Sergei Naryshkin, chief of Russia’s SVR foreign intelligence service, and Burns echoed those made earlier by an unnamed White House official cited by Reuters.

That source was also quoted as saying that the two spy chiefs had touched on the issue of American citizens in Russian custody and Russian nationals held in US prisons, and the possibility of a swap deal.

Earlier this month, US President Joe Biden expressed hope that his Russian counterpart, Vladimir Putin, would be willing to discuss such an exchange, which would involve US basketball star Brittney Griner, who is serving nine years in a Russian prison for drug offenses.

According to media reports, in exchange, the US could release Viktor Bout, a Russian national and alleged arms dealer, who is serving a 25-year jail term in America.
ワシントンのモスクワ駐在員事務所が、CIAとロシア諜報機関のトップが核リスク管理について会談していたことを明らかにした。
アメリカとロシアの情報機関のトップが、両国間の潜在的な核対立のリスクについて議論したと、ワシントンのモスクワ駐在代理大使エリザベス・ルード氏がRIAノーボスチ紙に語った。同外交官は、現在進行中のウクライナ紛争は関係者の議題には上らなかったと指摘した。

月曜日に公開されたロシアのメディアとのインタビューで、ルード氏は次のように述べている。"米国とロシア連邦は、リスク管理、特に核のリスクに関して(コミュニケーション)チャンネルを持っており、まさにこの問題がCIA長官(ウィリアム・バーンズ)とロシア側との会談の目的だった "と述べた。彼女は、2人のスパイチーフは、しかし、ウクライナの状況やそこでの敵対行為を終わらせる方法について議論していないと指摘した。

アメリカの外交官は、ワシントンとモスクワは、必要であれば、将来的に同じような方法で協議を行うことができると付け加えた。

「今のところ、私が知る限りでは、何も計画されていない」とルード氏は指摘した。

トルコの首都アンカラで行われたハイレベル会合は、11月中旬にロシアのコメルサント紙が最初に報じた。モスクワが2月下旬にウクライナで軍事作戦を開始して以来、米露のトップが直接接触するのは初めてだったとみられる。

クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、11月14日にアンカラで高官級会合が行われたことを確認したが、参加者やそこで話し合われたテーマに関する詳細は明らかにしなかった。

「アメリカ側の主導で行われた」と説明した。

ロシア対外情報庁(SVR)長官セルゲイ・ナリシキン氏とバーンズ氏の会談ではウクライナは議題にならなかったというルード氏の最近の発言は、ロイターが引用したホワイトハウスの無名の関係者が先に述べたものと同じものである。

また、この情報源は、2人のスパイチーフが、ロシアに拘束されているアメリカ人とアメリカの刑務所に収容されているロシア人の問題や、スワップ取引の可能性についても触れたと引用している。

今月初め、ジョー・バイデン米大統領は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、薬物犯罪でロシアの刑務所に9年間服役している米国のバスケットボール選手ブリットニー・グライナーについて、そうした交換について話し合うことに前向きであるとの希望を表明している。

報道によると、米国は、それと引き換えに、ロシア人で武器商人とされ、米国で25年の懲役刑に服しているビクトール・バウトを釈放する可能性があるとのことである。
posted by ZUKUNASHI at 00:02| Comment(0) | 国際・政治