ずくなしの冷や水

2022年11月28日

ドミトリー・トレニン プーチンの告白は、ウクライナ紛争が何年も続く可能性があることを示唆

Dmitry Trenin: A confession from Putin suggests that the Ukraine conflict could last for years
Most likely, the fighting will continue into 2023, and quite probably beyond, until either Moscow or Kiev is exhausted, or one side claims a decisive victory

Dmitry Trenin is a Research Professor at the Higher School of Economics and a Lead Research Fellow at the Institute of World Economy and International Relations. He is also a member of the Russian International Affairs Council.    
Last week, Russian President Vladimir Putin commented, during a meeting with soldiers’ mothers, that he now regards the Minsk agreements of 2014 and 2015 as a mistake. This concession was stark in the context of the possibility of peace negotiations to end the fighting in Ukraine.

It is worth remembering that in 2014, Putin acted on a mandate from the Russian parliament to use military force “in Ukraine,” not just in Crimea. In fact, Moscow did save the cities of Donetsk and Lugansk from being overrun by Kiev’s army, and defeated Ukraine's forces, but rather than clearing the whole region of Donbass, Russia stopped, and agreed to a cease-fire brokered in Minsk by Germany and France. 

Putin explained to the mothers that at the time, Moscow did not know for sure the sentiments of the Donbass population affected by the conflict, and hoped that Donetsk and Lugansk could somehow be reunited with Ukraine on the conditions laid down in Minsk. Putin might have added – and his own actions, as well as conversations with then-Ukrainian President Pyotr Poroshenko, confirm it – that he was prepared to give the new Kiev authorities a chance to settle the issue and rebuild a relationship with Moscow. Until rather late in the game, Putin also hoped that he could still work things out with the Germans and the French, and the US leadership. 

Admissions of mistakes are rare among incumbent leaders, but they are important as indicators of lessons they have learned. This experience has apparently made Putin decide not that the decision to launch the special military operation last February was wrong, but that eight years before, Moscow should not have put any faith in Kiev, Berlin, and Paris, and instead should have relied on its own military might to liberate the Russian-speaking regions of Ukraine.

In other words, agreeing to a Minsk-style ceasefire now would be another mistake which would allow Kiev and its backers to better prepare to resume fighting at the time of their choosing.

The Russian leader realizes, of course, that many nations in the non-West, those who refused to join the anti-Russian sanctions coalition and profess neutrality on Ukraine, have called for an end to hostilities. From China and India to Indonesia and Mexico, these countries, while generally friendly toward Russia, see their economic prospects being impaired by a conflict that pits Russia against the united West. The Western media also promote the message that global energy and food security is suffering because of Moscow’s actions. Russia’s arguments and protestations to the contrary have only limited impact, since Russian voices are rarely heard on Middle Eastern, Asian, African, or Latin American airwaves.

Be that as it may, Moscow cannot ignore the sentiments of the larger part of humanity, which is now increasingly referred to in Russian expert circles as the Global Majority. Hence, official Russian statements that Moscow is open for dialogue without preconditions. However, any Russian delegation to talks would have to take into account the recent amendments to the country’s Constitution, which name the four former Ukrainian regions of Donetsk, Lugansk, Kherson, and Zaporozhye as part of the Russian Federation. As Foreign Minister Sergey Lavrov has put it, Russia will only negotiate on the basis of existing geopolitical realities. It should be noted that the Kremlin has not retracted the objectives of the military operation, which include the demilitarization and denazification of Ukraine, which means ridding the state and society of ultra-nationalist, anti-Russian elements.    

As for Kiev, it has gone back and forth on the issue. Having nearly reached a peace agreement with Moscow in late March, it later reversed course to continue fighting (the Russians believe this was done on Western advice). Having achieved operational successes on the battlefield this past fall, Ukrainian President Vladimir Zelensky had all contacts with the Kremlin formally banned and formulated extreme demands which he addressed to Putin’s successors, whenever they may emerge. For the West, this was bad from the perspective of public relations, and Zelensky was asked to make it appear as if he was open for talks, but in reality, nothing changed.

The reality is that the principal parties involved in the conflict in Ukraine, namely Washington and Moscow, do not consider the present, or the near future, as a good time for negotiations. From the US perspective, despite the unprecedented sanctions imposed on Russia by the West and the recent setbacks that the Russian Army has experienced in Kharkov and Kherson, Moscow is far from being defeated on the battlefield or destabilized domestically. From the Kremlin’s perspective, any truce or peace that leaves Ukraine as an ‘anti-Russia’, hostile state, is tantamount to a defeat with highly negative consequences.

Instead, both sides believe they can win. The West, of course, has vastly superior resources in virtually every field that it can use in Ukraine. But Russia is working to mobilize its own substantial reserves in both manpower and the economy.

Where Moscow has an advantage is in escalatory dominance. For the US, Ukraine is a matter of principle; for the Kremlin, the matter is simply existential – the conflict with the West is not about Ukraine, but about the fate of Russia itself.

It looks as if the war will continue into 2023, and possibly beyond that. Talks will probably not start before either side is prepared to concede due to exhaustion, or because both parties have reached an impasse. In the meantime, the death toll will continue to mount, pointing to the essential tragedy of major power politics. In the fall of 1962, then-US President John F. Kennedy was ready to walk to the edge of the nuclear precipice in order to prevent the Soviet Union from turning Cuba into its missile base. Sixty years later, Russian President Vladimir Putin ordered a military action to make sure that Ukraine does not become an unsinkable aircraft carrier for America.

There is a lesson to be learned from this. Whatever Soviet leader Nikita Khrushchev thought about his right to counter US missiles pointed at Moscow from Turkey with weapons of his own targeting Washington and New York from Cuba (with Havana’s consent), and whatever successive US presidents thought about their right to expand the NATO military bloc to include Ukraine (at Kiev’s wish), there is always a horrendous price to pay for the failure to take into account the rival power’s security interests. Cuba went down in history as a narrow success for common sense. Ukraine is an ongoing story, with its outcome still hanging in the balance.
ドミトリー・トレニン プーチンの告白は、ウクライナ紛争が何年も続く可能性があることを示唆している。
モスクワとキエフのどちらかが疲弊するか、一方が決定的な勝利を収めるまで、戦闘は2023年まで、そしておそらくそれ以降も続くだろう。

ドミトリー・トレニンは、Higher School of Economicsの研究教授であり、Institute of World Economy and International Relationsの主任研究員である。ロシア国際問題評議会のメンバーでもある。
posted by ZUKUNASHI at 23:21| Comment(0) | ウクライナ

ジョージア前大統領の体からヒ素を検出

Arsenic found in body of jailed ex-Georgian president – lawyer
Mikhail Saakashvili’s health has reportedly seriously deteriorated while in custody
Nail clippings taken from jailed former Georgian President Mikhail Saakashvili have tested positive for arsenic, his lawyer has claimed ahead of a court hearing involving his client. The ex-leader’s supporters have maintained that he is gravely ill and has had toxic heavy metals in his body.

Shalva Khachapuridze, who represents Saakashvili, said on Monday that the results of the toxicology test of his client’s samples would be available later in the day. The presence of the poisonous element was confirmed to him in a phone call, he told journalists on Monday, according to the private television station Mtavari Arkhi.

Saakashvili sneaked into Georgia in 2021 ahead of municipal elections, despite the risk of being arrested and facing prosecution on various charges. At the time, he had already been sentenced in absentia based on some of the charges, while others were still pending. On Friday, he is set to appear before a court over the most recent alleged transgression – an illegal crossing of the national border, Khachapuridze said.

The attorney stated that his client would probably have to use a wheelchair to attend the proceedings because he can no longer walk properly.

Saakashvili’s supporters have previously claimed that his condition has significantly deteriorated in Georgian custody. He has reportedly been diagnosed with at least 17 ailments, including tuberculosis and dementia.

Earlier in November, a doctor from a Georgia-based NGO claimed that hair samples taken from Saakashvili had shown traces of mercury and two other heavy metals, which she assessed to be evidence of a possible poisoning.

The claim was supported by the politician’s mother, but Saakashvili himself stressed in a statement posted on social media that he was not making any allegations of foul play. The Georgian Justice Ministry reacted by asking the national forensic bureau to examine the high-profile inmate.

Saakashvili’s health is set to be mentioned in an upcoming report by the European Parliament (EP) on the progress made in the implementation of the 2014 Association Agreement with Georgia. The document may tie the country being given candidate status to the former president’s release, according to amendments adopted this month by the EP’s Committee on Foreign Affairs.

The country’s ruling party, Georgian Dream, downplayed the pressure from the EU. Tbilisi Mayor Kakha Kaladze, who also serves as the party’s secretary general, asserted that the draft report’s content was “worth nothing,” because it included wrong interpretations of what was happening in Georgian politics.

posted by ZUKUNASHI at 22:47| Comment(0) | 国際・政治

西側諸国が中国本土で共産党に攻撃を仕掛けて

西側諸国が中国本土で共産党政権を攻撃するデモを仕掛けたことで中国と西側諸国との対立は決定的になりました。

第三次大戦は、ロシア、イラン、中国の連帯となり、西側の勝ち目はほとんど消えました。



posted by ZUKUNASHI at 22:05| Comment(0) | 国際・政治

子宮頸がんワクチン その3



※ t_kaseki@t_kaseki
タイトルからしてヤバいんですけど・・・。何考えてんだ?

HPVワクチンの積極的勧奨再開を目指す議員連盟が発足 「政治が動かさなければ子どもたちの命や子宮が守れない」 https://buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/hpvv-giren?utm_source=dynamic&utm_campaign=bfsharetwitter @nonbeepandaさんから

※ nekomama@neko08221211氏の2019/12/26のツイート
子宮頚がんワクチンの被害者の多くが、病院に時間をかけて、受診しています
国の指定病院は近くにあっても受診はできません
副反応を認めない、副反応を診療したくないとしか思えない。
医療倫理はどこに?
いや人としての身心のカケラもない
被害を受け止めないかぎり、ワクチンは推進しないで
怒り(ムカッ)

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/1/8のツイート
「世界中で当たり前のようにうたれながら」←初耳ですね。世界でもあちこち問題ニュースで上がっていたよね。

※ kikumaco(2/1ビッグアップル)@kikumaco氏の午前10:56 ・ 2020年1月8日のツイート
厚労省がマスメディア不信をここまであけすけに語るのは珍しいかもしれない。厚労省の弱腰は非難されてしかるべきだけど、岩永さんも問題のあったメディア報道を「名指し非難」するべきなのでは|
HPVワクチン 厚労省はいつ積極的勧奨を再開するのですか?
・・・ははは、これにも非科学のお墨付きが付いた。

※ 高橋千鶴子@chiduko916氏の2015年5月13日のツイート
厚労委員会B副反応を訴える患者たちを、噂、思い込みだときめつけるHPVJAPAN。子宮頸がん制圧目指す専門家会議と連絡先も一緒だ。ワクチン二社から2年で7000万円寄付うけ、元GSK社でワクチンマーケティング部長に講師委託。透明性問われる製薬会社の規律違反では?局長「可能性あり」

※ Mr.S@MrS89715471氏の2020/1/26のツイート
YuHiさんのブログです。
峰宗太郎のバズフィードの記事の『嘘』を早速指摘しています。
このように、子宮頸がんワクチン推進派の連中は、ワクチンを打たせるためなら平気で『嘘』をつきます。
医者だからと信用してしまうと、地獄を見ますので、お気をつけください。

※ YuHiのブログ2020年01月26日
中国産HPVワクチン
先日、中国産のHPVワクチンが認可されたとのことで、ちょっと調べてみた。
調べたサイトは3ヶ所。(ref 省略)
カタログもダウンロードできた。(url 省略)
このワクチンのニュースを聞いた時、一番?だったのは、なぜHPVワクチンには9価まで出てきているのに、ここでまた2価に戻しているのだろうということだった。
調べていくうちにわかったが。
まず、中国本土でHPVワクチンを開始するに当たり、いきなり対象年齢を9〜45歳にしており、該当する女性が3億5400万人いるとのこと。
3億5400万人!
そりゃ、世界中のHPVワクチンが品薄になることでしょう。
で、中国産HPVワクチンだが
・中国のバイテク企業 Innovaxと、どっかの大学との共同研究の成果。
・Innovaxは グラクソスミスクラインとパートナーになっている。
なるほど、つまりCervarixの技術を再利用したということらしい。
だから2価なのだ。
そして、グラクソスミスクラインは、表には出ないが、ここで中国当局と利害関係を一致させた運命共同体になることに成功している。
(引用ここまで、以下はリンク先で)

※ sivad@sivad氏の2020/1/30のツイート
HPVワクチン問題に関心のある方は、ゴールドエイカーの「悪の製薬」おススメですよ。

※ sivad@sivad氏の2020/1/30のツイート
HPVワクチン副反応について、きちんと直接患者を診察し、研究を進めている医師や研究者の専門的見解を学ぶにはこちらがお勧めです。
http://kahyo.com/item/S201611-8

※ こりこ@korimaru0206
HPV vaccines has never been proven to prevent cervical cancer. Many girls and boys all over the world suffer from the side effects of HPV vaccines.

※ 黒崎 未知子@carolynkidman氏の2020/2/1のツイート
久々に
連日の下痢と腹痛に悩まされている
#HPVワクチン 副反応の娘
数日絶食状態です。
おしっこ状態の下痢に体力消耗しています。
かなり良くなっていたのに、
時々
すこーんとやられます。
#子宮頸がん ワクチン #腸内環境

※ t_kaseki@t_kaseki氏の2020/2/5のツイート
こういう扇情的、或いは宣伝っぽいタイトルの記事を書いて肩入れをしておいて全く疑われない思えるのなら鈍いとしか言いようがない。(疑う意味もなさげなので個人的にそういう方向では騒がんが。)
https://buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/hpvv-kankaku
https://buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/hpvv-giren
https://buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/sharonhanley-2
https://buzzfeed.com/jp/naokoiwanag

※ 岩永直子 Naoko Iwanaga@nonbeepanda氏の午前10:08 ・ 2020年2月5日のツイート
HPVワクチンの記事を書くと、「製薬会社から金をもらっているのだろう」と妄想を働かせる人は、なぜそんな発想になるのか不思議です。私は医療記者なのでそんなことはしません。厚労省の委員も、記事を自由に書きたいから謝金を受け取らずに引き受けています。なぜHPVワクチンでだけ言われるのだろう。
・・・ほんとに鈍いね。


※ NANA@omegazeus@nana7770214氏の2020/2/10のツイート
まず、深刻で重層的な副反応症状に長期間に渡って苦しんでいる少女や女性のことを、簡単に「体調不良を生じている子供」という表現に閉じ込めてしまうのは如何なものでしょうかと言わせていただきます。(→)
#HPVワクチン副反応 #深刻な副反応症状

※ ケリー@jpdrkk氏の2020/2/9のツイート
返信先: @nana7770214さん
ワクチン接種後の体調不良を生じている子供のセンセーショナルな映像に惑わされる事なく、未回復の方は接種者の0.005%であるという客観的数字も大切ですね。
画像

※ chriskyogetu@chriskyogetu1氏の2020/2/11のツイート
情報止めたというか、ワクチン被害者は接種費用以上にあてもない治療と援助のないまま高額な金を支払っている。それもこれも被害者はデマと隠蔽し続けた医者とWHOのせい。さっさと認めて改善していけば、今頃公費で打てたかもしれないのにね。子宮頸癌救えないのもみんな被害者無視した隠蔽のせい。

※ 右でも左でもある11.22@pbf8GLqCTLd9lb9氏の2020/2/11のツイート
日経新聞連載「がん社会を診る」で中川恵一氏が、『HPVワクチン 適切な対応を』として、子宮頸がんワクチン宣伝。
名古屋スタディーを肯定的に取り上げ、WHOの見解を出し、HPVワクチン推進に向けて力が入っている。
だが日本の事態を「大騒動」と呼ぶなど、被害者を貶める表現だ。
連載中止せよ。

※ レイジ@sinwanohate氏の2020/2/15のツイート
「厚労省が作成した医師向けのリーフレットの上にはHPVワクチン接種後の認知機能障害(記憶障害等)に関する記載があるにもかかわらず、接種を受けようとする女性やその保護者向けのリーフレットには、接種後の認知機能障害に関する情報が記載されていません。」ひどいな

共同2020/2/18 19:03 (JST)2/18 19:15 (JST)updated
接種勧奨中止で死者1万増と予測
子宮頸がんワクチン、北大
 北海道大などの研究グループは18日、日本での子宮頸がんワクチンの「積極的勧奨」の中止が続いて接種率が1%未満にとどまった場合、70%に維持された場合と比べ、今後50年で死者が1万人前後多いと予測する研究結果を発表した。積極的勧奨の再開を期待するとしている。
 子宮頸がんワクチンを巡っては、接種が原因で副作用が出たとして、接種を受けた女性が国と製薬会社に損害賠償を求める訴訟が各地で起こされている。関口正人弁護士は「副作用への対応をどうするかを無視し、過大な推計に基づいて積極的な勧奨の再開を期待するのは極めて無責任だ」と批判している。

※ sivad@sivad
アルミニウムアジュバントが神経や免疫に悪影響を及ぼす可能性があるというのは、以下のように多数の報告があるごくまともな学術情報です。アルミニウムが害をおよぼすわけない!というのは非科学的なデマなので注意しましょう。

Comparative safety of vaccine adjuvants: a summary of current evidence and future needs
Nikolai Petrovsky1,2
Author information Copyright and License information Disclaimer
The publisher's final edited version of this article is available at Drug Saf
See other articles in PMC that cite the published article.
Go to:
Abstract

Improved use of highly pure antigens to improve vaccine safety has led to reduced vaccine immunogenicity and efficacy. This has led to the need to use adjuvants to improve vaccine immunogenicity. The ideal adjuvant should maximize vaccine immunogenicity without compromising tolerability or safety or posing undue risk. Unfortunately, adjuvant research has lagged behind other vaccine areas such as antigen discovery, with the consequence that only a very limited number of adjuvants based on aluminum salts, monophosphoryl lipid A and oil emulsions are currently approved for human use. Recent strategic initiatives to support adjuvant development by the National Institutes of Health should translate into greater adjuvant choices in the future. Mechanistic studies have been valuable in better understanding adjuvant action but mechanisms of adjuvant toxicity are less well understood. The inflammatory or danger-signal model of adjuvant action implies that increased vaccine reactogenicity is the inevitable price for improved immunogenicity. Hence, adjuvant reactogenicity may be avoidable only if it is possible to separate inflammation from adjuvant action. The biggest remaining challenge in the adjuvant field is to decipher the potential relationship between adjuvants and rare vaccine adverse reactions such as narcolepsy, macrophagic myofasciitis or Alzheimer’s disease. While existing adjuvants based on aluminum salts have a strong safety record, there is an ongoing need for new adjuvants and for more intensive research into adjuvants and their effects.

※ yuuki@yuukim氏の午後0:01 ・ 2020年2月26日のツイート
ワイドスクランブル
村中璃子「新型コロナは初期は風邪と変わらない、なので4日は待っていい確実な期間、フライングして慌てて受診しなくていい」「今、インフルエンザより感染力低いんじゃないかと見られています、そうそう簡単に感染しない」
杉村太蔵「先生の話を聞いて安心した」
(゜-゜)?
・・・子宮頸がんワクチンでも新コロナウィルスでも嘘ばかりだ。人格的に問題ありでは?何でこんなのがテレビに出てくる。テレビも製薬会社からカネをもらっている? でもやればやるほど、嘘がばれていく、信用できないことがわかっていくと思う。エージェントのウソを集めて海外に発信、子宮頸がんワクチンの問題点を訴えていきましょう。

※ sivad@sivad氏の2020/2/29のツイート
WHOはワクチン忌避の理由として、”lack of confidence”、つまり信頼性の欠如を挙げています。副反応被害者や副反応研究者を誹謗する村中璃子氏らのような言動こそ「反ワクチン」ということですね。副反応を認めて信頼性の高い医療体制を作りましょう。

※ 内田@uchida_kawasaki氏の2020/3/4のツイート
村中璃子、本名で検索しても医師等資格確認サイトで、出てこないんだよね。ふっしぎ〜

※ くろやす@kuroyasu17
村中璃子がまともな医者で常識のある人間なら、カリフォルニア沖のクルーズ船に助言はしてもこうは言わないだろう。
こういう奴を、珍重してコメント求めたりするのは愚行だ。
引用ツイート
村中璃子 RIKO MURANAKA@rikomrnk ・ 3月6日
日本はベストを尽くしても世界から批判を浴びたクルーズ船対応だが、米CDCのお手並拝見。
https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukam

※ あぶどーら@gucci20191氏の2020/3/8のツイート
村中璃子(中村理子)氏は2009年の新型インフルエンザにも関与した宣伝屋(子宮頸がんワクチン)

村中璃子(中村理子)氏は2009年の新型インフルエンザにも関与した宣伝屋(子宮頸がんワクチン)
2016-03-26
中村理子氏は、新型インフルエンザの宣伝番組にも出演してました。
今見ると、ドキュメント番組に偽装した薬屋の宣伝番組です。
感染拡大 WHO女性監視官は見た 緊急特集 ドキュメンタリ宣言(2009.5.25)
・・・今はもう48歳くらい? そりゃ、もう恥ずかしいことなんかないよね。

※ Mustapha(ムスターファ)@kibounohoppe氏の2020/3/9のツイート
何故、こんな迷惑な人をテレビ局は平然と出してるの?
各局、人選を誤ってます
#村中璃子
1年前の2019年3月26日に東京地裁が出した原告の全面勝訴判決に出版社のウェッジ社と編集長の大江紀洋さんが従って賠償金を払い、謝罪広告を出したりしたことで、
(続く)

さくら通り法律事務所
2020-03-09
対「村中璃子」裁判が終結しました

※ はいほ☻ーる@syannyaroo氏の2020/3/10のツイート
被害者を診察もせずにクララ病、親をミュンヒハウゼン症候群と言い放った #村中璃子 がテレビに出る度に心をエグラレル様に傷ついている被害者が居る
それでもテレビは出演させ続ける
これはテレビによる被害者への虐待とも取れるのではないか
司法での判決も無視しているテレビ業界とは一体なんなのか



※ chriskyogetu@chriskyogetu1氏の2020/4/8のツイート
追記: あと京都大学大学院の医学系、理系にも確認取りましたが該当する人物はいないとのことです。授業はやってるはずだからそんなはずないのですが。

※ sivad@sivad氏の2020/4/8のツイート
返信先: @chriskyogetu1さん
村中璃子は医学系研究科 松田文彦教授が担当の「ゲノム科学と医療」という授業の中の「科学研究の成果をいかに伝えるか」という集中講義をやると2020年度シラバスにありますね

※ mko@trappedsoldier氏の2020/4/13のツイート
2010年子宮頸がんHPVワクチン・ガーダシルの副作用が欧米で問題になり、販売が困難に。ゲイツは国連に呼びかけ、HPVワクチンの世界での実施をキャンペーン。2012年、日本と新興国でワクチンが接種されたお蔭で、メレクの株は35%上昇。すでに問題になったワクチンを実施!
https://globalresearch.ca/big-pharma-and



※ ナカムラクリニック@nakamuraclinic8氏の2020/4/18のツイート
「メルク社がHPVワクチンを押しまくってた頃、米国では25歳以下で子宮頸癌で亡くなったのは合計8人だった。
一方、HPVワクチンの副作用で死亡または重篤な後遺症を患ったのは何人か?数万人である。
これははっきり犯罪であり、信じられないことに、いまだにこのワクチンは販売中である」
おー、怖
疲れた顔

※ 瀬川深 Segawa Shin@segawashin氏の2020/4/27のツイート
三浦瑠璃などもそうだけど、コロナ禍の初期から「PCRなんて無駄コロナなんて寝てれば治る。それに引き替えHPVは」と全然関係もなければ不要不急のワクチンを執拗に勧めてくるあたり、信念を持った馬鹿としか言いようがない。それにしてもHPVワクチン推進とPCRで医療崩壊クラスタ、綺麗に重なるよな…。

※ sivad@sivad氏の2020/4/27のツイート
HPVワクチン副反応を大したことないと思ってる人は是非読んで欲しい。『記憶障害,失語,性格の異常,視覚障害,意識障害など様々な脳機能の低下があり,長期間学校にも行けずに,地獄の苦しみと表現される症候に陥る患者が数多く存在する』
副反応対策も重要です。
https://jstage.jst.go.jp/article/jsnt/3

※ 善川チャーリ@GoodBye_Nuclear氏の2020/4/27のツイート
「肺炎に対する抗体」 #村中璃子 さんが発見したそうです。

※ Atsuko TAMADA@atsukotamada氏の2020/5/3のツイート
村中璃子は一橋の同級生。数年前からHPVワクチンの副反応被害者や支援者、専門の医師を『ウェッジ』というJR東海の雑誌で攻撃していたのを、私も被害者の側について批判をしてきたつもり。一橋が当時HQという同窓会誌で取り上げたことについても編集委員の先生に問題が大きいと伝えた。

BuzzFeed Japan 2020/5/20(水) 17:54配信
「9価ワクチン承認後は速やかに定期接種に」 自民党のHPV議連が訴える
子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)への感染を予防するHPVワクチン。日本では毎年約1万1000人が新たに発症し、3000人が死亡しているが、公費で受けられる定期接種となっているにも関わらず、積極的に勧めるのが差し控えられて約7年となる。この間、接種率は1%未満に落ち込んでいる。【BuzzFeed Japan Medical/岩永直子】
自民党の「HPVワクチンの積極的勧奨再開を目指す議員連盟」(細田博之会長)の役員会が5月20日に開かれ、9種類のHPVへの感染を防ぐ「9価ワクチン」承認後の速やかな定期接種化などを求めることで合意した。
終了後、呼びかけ人で子宮頸がんの経験がある参議院議員三原じゅん子氏は、「新型コロナウイルス対策で大変なこういう時だからこそ、みなさんにワクチンの重要性というものを改めて考えていただける機会にしていただきたい」と、ワクチンで病気を予防できることの大事さを訴えた。

※ mko@trappedsoldier氏の2020/5/23のツイート
アメリカでロビー活動に最も資金を出しているのが、メガ製薬会社。軍需産業より多額だと言われている。同じ金で、被害者を黙らせようとしている? 被害者を攻撃するなど、人間じゃない。村中璃子も!

※ こりこ@korimaru0206氏の2020/5/25のツイート
WHOのデータベースに登録されている人は氷山の一角で実際はこの10倍と言われている。
日本人が登録されているのかは不明。医療システムすらないアフリカや発展途上国からの報告はほとんどない。それでもHPVワクチン接種後報告はあっという間に10万人を超えてしまった。
#HPVワクチン薬害

※ こりこ@korimaru0206氏の2019年9月19日のツイート
WHO副反応データベースVigiAccessより
HPVワクチン
[目の障害 ]
視覚障害(1161)
かすみ目(1125)
視界不良(867)
視線麻痺(392)
眼球運動障害(350)
目の痛み(325)
複視(221)
失明(212)
散瞳(157)
視力低下(147)
まぶたの浮腫(132)
一時的な失明(96)
http://vigiaccess.org
午前7:24 ・ 2019年9月19日

※ sivad@sivad氏の2020/5/25のツイート
HPVワクチン問題に関心のある方は、ゴールドエイカーの「悪の製薬」おススメですよ。

悪の製薬: 製薬業界と新薬開発がわたしたちにしていること (日本語) 単行本 – 2015/5/25

※ こりこ@korimaru0206氏の2020/6/4のツイート
「3,000人が命を落とす子宮頸がんはHPVワクチンによって多くが予防可能」
本当でしょうか?
HPVワクチンが世に出て10年以上経ちますが、未だに、世界中で、子宮頸がん死を防いだというエビデンスは見当たりません。
死亡者3,000人の80%以上がワクチンではなく定期検診を推奨される中高齢者ですよね?

※ Change.org Japan@change_jpの2020/6/4のツイート
子宮頸がん予防ワクチン 無料接種年齢の拡大求める署名14,800を突破|http://Change.org Japan(チェンジ・ドット・オーグ) #note #オンライン署名 #HPVワクチン #子宮頸がん
https://note.com/change_jp/n/n5

※ はいほ☻ーる 鍵垢知らん人無理@syannyaroo氏の2020/6/5のツイート
返信先: @korimaru0206さん
そうですよね
10年ではデータ取れてないってことですね
なんも出てないでしょう発表とか
この署名の面々は発表なさらないのかしら
効果あると仰るなら発表されたらよろしいのに...

posted by ZUKUNASHI at 21:54| Comment(8) | 健康・病気

いろいろ動いています

@ 台湾の地方選挙で与党民進党が敗北。台湾と中国との武力衝突などに至る危険は当面遠のきました。

A 上海などでの反政府抗議行動は、外国勢力の支援があったことが明らかになっています。抗議行動は、元は厳しいコロナ政策に対する不満によるものでこれは尾を引くかもしれませんが、政府が鎮圧に乗り出して治まるでしよう。

B ウクライナ戦争の冬の陣が始まっています。ロシアは兵士を増強しましたが、ウクライナは兵士が枯渇。軍備も消耗して勝負になりません。数週間でウクライナが消えるという専門家の見立てです。

C ウクライナ戦争は、事実上すでにロシア軍とNATOとの戦いになっていますが、欧州もゼレンスキーの嘘に愛想を尽かせており、NATOがさらに兵力を投入して直接対決する流れにはありません。

米国は、中間選挙で共和党が下院を押さえましたが、ウクライナに対する支援についての方向性が出てきていません。ただ、これまで以上に支援が強まることはないでしょう。

D ウクライナ戦争終了後に世界の動きがどうなるかは見通せません。
ロシアに経済制裁を加えた欧州とロシアの関係が旧来のように戻ることは考え難く、欧州はエネルギ価格の高騰に苦しむでしょう。

エネルギー以外にも様々な物資が高騰しており、経済活動に負荷がかかっています。世界経済は西側を中心にリセッションが強まるだろうとみられています。

E 世界の多極化は進みます。ロシアなどはそれが世界の安定につながるとみており、ドルの覇権を切り崩し、新しい世界の通貨・決済体制作りが進むでしょう。

F 新コロナウィルスでは、今後出てくる変異株は毒性が強い可能性があるとの調査結果があります。

コロナ関連の後遺症が大きく、がんの多発のほか、免疫低下による既存の感染症が深刻化する例も出ています。心臓障害は年を追って津波のように押し寄せるとの警告を発している専門家もいます。

ゼロコロナ政策は、中国の例でも極めて困難な政策であり、先進国を中心に共存受け入れに動いています。

G この先、世界経済の混乱がどこまで波及してくるかという問題もありますが、最も懸念されるのがこれまでのワクチン接種や感染の結果がどう出てくるかですし、次々に変わっていく変異株から逃れる方途をどのように確かなものにしていくかです。

コロナ問題は、情報を得るにも海外からのものがほとんどで手間がかかります。でも、できる範囲でやっていくしかありません。
posted by ZUKUNASHI at 20:34| Comment(0) | 国際・政治

ジョッギングの人の1m以内を通過して感染者

!️屋外での感染 − ジョガーは公園で数十人に感染します−監視ビデオを介して、調査員は患者ゼロがマスクなしでジョギングしているときに患者ゼロの 1 メートル以内を通過した 256 人を特定しました − 13 (5 %)が感染し、さらに 20 人の公園訪問者。 85% 完全#COVID19のバリアントが患者 0 に一致!


・・・これには打ちのめされます。
posted by ZUKUNASHI at 17:10| Comment(0) | Covid19

次のCovidの亜種はより危険なものになる可能性

posted by ZUKUNASHI at 16:25| Comment(0) | Covid19

コロナで肋骨に損傷

フットボーラーはトレーニング中に肋骨を骨折し、マネージャーは「理由を理解していません」Covidが骨に損傷を与え、「軽度」を含む「重大な損失」を引き起こすことが示されているためです
H/T @RossWHarrington
「誰も説明できないタイプの怪我だ。なぜそれが起こったのか理解できない」とサントスは語った.
「これらの怪我が起こるのは普通のことですが、それがどのように起こったのか正確にはわかりませんでした。最初は、それが非常に深刻なものだとは考えていませんでした...

「彼が適切に呼吸しているかどうかを確認するためにいくつかの検査を行ったところ、明らかにそうでしたが、その後、より深刻であることがわかりました.私たちはそれをフォローアップしています。
フットボールLMAOの致命的なスポーツ
これをコンテキストに入れると、肋骨の骨折は、ボクシングのような激しい接触の本物のスポーツでさえあまり一般的ではありません.

posted by ZUKUNASHI at 12:21| Comment(0) | Covid19

ロシアの核攻撃防御システムの一部


周辺システム

ロシアの核攻撃防御システムの一部。核戦争の場合、ロシア全土の非公開の場所に分散されたミサイルサイロのネットワークが待機モードになり、キャンセル信号を待ちます。キャンセル信号は指揮所から送信されます。

そのような指揮所がすべて破壊された場合、キャンセル信号は送信されず、ミサイル サイロがアクティブになります。
まず、コマンドロケットが発射されます。彼らはロシア領上空を飛行し、核ミサイルサイロに発射信号を送ります。
次に、これらの核ミサイルは、事前に設定されたターゲットに対して発射されます。
これは相互確証破壊の最終兵器です。侵略者がロシアの軍隊をすべて破壊したとしても、それはまだ運命にある。
このシステムはデッドハンドとも呼ばれます。
ソビエト時代に作成されたペリメーター システムの存在は、公式には確認も否定もされていませんが、非公式の報告によると、まだ運用されている可能性があります。


posted by ZUKUNASHI at 11:30| Comment(0) | 福島原発事故

コロナ後遺症 歯が抜ける




・・・この一連のツイートにはなかなかすごいことが書いてあります。


私は 2020 年 2 月から 3 月に Covid に感染しました。同様の経験: 奇妙な、燃えるような咳と息切れがあり、数か月後に痛みを伴わずに 5 本の歯を失いました。最初の感染からほぼ 3 年後、過去数か月でさらに 2 本の歯が緩みました。 .ロングコビッドの陰気さ。
・・・日本の人で歯が抜けた人の話は見たことがないですが。
posted by ZUKUNASHI at 08:31| Comment(0) | Covid19

コロナの症状は千差万別



味覚障害は、亜鉛、ビタミンDが効果ありそうだ。
マグネシウム(にがり)、ビタミンCも。
ココアは、亜鉛が多いとされているので効果がありうる。

味覚障害は、長いと300日くらい続く。

posted by ZUKUNASHI at 08:16| Comment(0) | Covid19

Former Reagan official blasts Western hypocrisy over Ukraine

Former Reagan official blasts Western hypocrisy over Ukraine
Paul Craig Roberts, who served in the Treasury in the 1980s, claims the US is using the conflict as a tool to weaken Russia
Despite public statements to the contrary, the administration of US President Joe Biden is not at all concerned about the plight of Ukrainians and is prepared to sacrifice the nation on the altar of weakening Russia, an official who served under Ronald Reagan believes.

Paul Craig Roberts, who was assistant secretary of the Treasury for Economic Policy in the 1980s, also alleged that the Russian military had until recently been refraining from unleashing all of its might on Ukraine.

In a piece published on his website on Friday and titled ‘It Seems Russia Won’t Require a Winter Offensive to Win the War’, Roberts said that Moscow’s latest missile strikes targeting critical infrastructure across Ukraine are a sign that the Kremlin “finally realized that Russia is at war.”

According to the former official, for eight months since the start of its military campaign, Russia had been “protecting Ukraine from attack, thus helping Ukraine to conduct war against the Russian forces.”

Despite that alleged strategy now having been revised, Russia still does not want to “destroy everything unless the West and its puppet Ukraine government fail to come to their senses.”

The reason Moscow decided to spare its neighbor, Roberts argued, is that “Ukraine and the population there have been a part of Russia for centuries.”

Moreover, having a poverty-stricken, bombed-out country on its border is not in Russia’s own interest, the ex-Treasury official said.

However, “from Washington’s standpoint, the more Ukraine is destroyed the better,” Roberts alleged, explaining that such an outcome would end up being an “economic and financial drain on Russia.” He also insisted that the US leadership does not care about the price the Ukrainians would have to pay in such a scenario.

“It is unjust that it is Ukraine that is paying the cost of Western inhumanity and not Washington and the European capitals,” Roberts wrote.

He went on to lay into the “Western whore media,” accusing them of failing to report the true situation on the front lines. Reports of Russia’s heavy losses and imminent defeat are all totally misleading, he insisted.

He warned that “such absurd propaganda” and underestimation of Russia’s military capabilities could see the US and NATO becoming directly involved in the conflict, thus provoking World War III.

Since the start of Russia’s military operation in Ukraine, the West has been providing Kiev with massive assistance both in terms of weapons and money. Moscow has repeatedly warned that arms shipments will only prolong the conflict and increase the risk of a direct confrontation between Russia and NATO. A number of top Russian officials, including Foreign Minister Sergey Lavrov, have accused the bloc of waging war against Russia “by proxy,” while President Vladimir Putin has described his country as fighting “the entire Western military machine.”
posted by ZUKUNASHI at 07:21| Comment(0) | ウクライナ

欧州に「困難な時代」が待つ-NATO

‘Hard times’ ahead for Europe – NATO
Backing Ukraine is causing living costs to soar, the bloc's chief Jens Stoltenberg admitted
Europeans are about to face numerous hardships due to the Ukraine conflict, NATO Secretary General Jens Stoltenberg told Germany’s Welt an Sonntag newspaper on Sunday.

Nevertheless, he insisted that the members of the US-led military bloc and their allies should boost their efforts to bolster Ukrainian forces and keep the fighting going.

In his comments, Stoltenberg admitted that citizens of Western countries are being negatively affected by the conflict in Ukraine. “Rising food and energy bills mean hard times for many households in Europe,” he said, adding, however, that those affected “should remember that the people of Ukraine pay with their blood every day.”

The NATO chief also noted that the West could “strengthen Ukraine’s position at the negotiating table if we provide military support to the country.” “The best way to support peace is to support Ukraine,” he stated.

He praised Germany for the weapons it is sending to Kiev, claiming that they “save lives.”

According to Stoltenberg, Russia will try to use “winter as a weapon” against Ukraine. This statement echoes recent remarks in which he warned that the coming months would be difficult for Kiev.

Russia started targeting Ukrainian energy facilities in early October after accusing Kiev of attacking its critical infrastructure, including the strategic Crimean Bridge.

Western nations imposed new sweeping sanctions on Russia in the wake of Moscow having launched its military operation in Ukraine. The restrictions led to skyrocketing gas prices, thus fueling the burgeoning energy crisis in the EU. This also came as the bloc announced plans to wean itself off of Russian energy.

However, according to Kremlin spokesman Dmitry Peskov, these policies will lead to “very deplorable consequences” for the EU, with up to 20 years of deindustrialization ahead. In early October, he also noted that by relying on expensive energy from the US, the bloc is making its economy “less competitive.”

ウクライナへの支援は生活費の高騰を招いていると、欧州連合のイェンス・ストルテンベルグ長官が認めた。
NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、日曜日にドイツのWelt an Sonntag紙に、ウクライナ紛争のためにヨーロッパの人々は多くの苦難に直面しようとしている、と語った。

それでも、米国が主導する軍事ブロックのメンバーやその同盟国は、ウクライナ軍を強化し、戦闘を継続させるための努力を強化すべきだと主張した。

ストルテンベルグ氏はコメントの中で、西側諸国の市民がウクライナでの紛争によって悪影響を被っていることを認めた。「食料とエネルギー料金の高騰は、ヨーロッパの多くの家庭にとって厳しい状況を意味する」と述べ、しかし、影響を受けた人々は「ウクライナの人々が毎日、血で償っていることを忘れてはならない」とも付け加えた。

NATOの事務総長はまた、西側諸国が "ウクライナに軍事支援を行えば、交渉のテーブルでウクライナの立場を強化できる "と指摘した。"平和を支える最良の方法は、ウクライナを支えることだ "と述べました。

ドイツがキエフに送っている武器について、"命を救う "と主張し、称賛した。

ストルテンベルグによると、ロシアはウクライナに対して「冬を武器に」使おうとするだろうとのこと。この発言は、キエフにとって今後数カ月は困難な状況になると警告した最近の発言と重なる。

ロシアは10月初旬、キエフが戦略的なクリミア橋を含む重要インフラを攻撃したと非難した後、ウクライナのエネルギー施設を標的にし始めた。

欧米諸国は、モスクワがウクライナで軍事行動を開始したことを受けて、ロシアに対して新たな包括的制裁を課した。この制裁はガス価格の高騰を招き、EUのエネルギー危機を深刻化させた。また、EUはロシアのエネルギーから自らを切り離す計画を発表した。

しかし、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官によれば、こうした政策はEUにとって「非常に嘆かわしい結果」につながり、今後最大で20年間は産業が衰退することになるという。また、10月上旬には、米国からの高価なエネルギーに依存することで、EUは自国経済の "競争力を低下させている "と指摘している。


posted by ZUKUNASHI at 06:06| Comment(0) | 国際・政治

共和党、対ウクライナ支援削減を軽視

Republicans downplay talk of cutting US aid to Ukraine
Representatives Mike Turner and Michael McCaul have pledged continued support for Kiev while demanding stricter oversight
Two key Republican congressmen have dismissed suggestions that the new majority party in the US House of Representatives will cut military aid to Ukraine. They instead called for greater oversight over the billions of dollars’ worth of weaponry flowing to Kiev from Washington.

“I think the majorities on both sides of the aisle support this effort,” Rep. Michael McCaul said on Sunday in an ABC News interview. “I think everybody has a voice in Congress, and the fact is, we are going to provide more oversight, transparency and accountability. We're not going to write a blank check.”

The “blank check” reference echoed a term used by Rep. Kevin McCarthy, who’s likely to become speaker of the House in January following Republican victories in this month’s midterm congressional elections. However, while McCarthy seemed to suggest that aid bills might not be easily approved amid an economic slump, only a few conservative Republicans, such as Marjorie Taylor Greene, have actually opposed sending billions of dollars of aid to Ukraine.

McCaul, a Texan, was joined in the ABC News interview by fellow lawmaker Mike Turner of Ohio. Both are currently the ranking Republicans on the House Foreign Affairs Committee and the House Intelligence Committee, meaning they are likely to chair two of the panels most focused on national security when the new Congress convenes on January 3.

マイク・ターナー、マイケル・マッコール両議員は、キエフへの支援継続を約束する一方で、より厳しい監視を要求している。
共和党の2人の主要議員は、米国下院の新党がウクライナへの軍事援助を削減するとの見方を否定した。その代わりに、ワシントンからキエフに流れている数十億ドル相当の兵器に対する監視を強化するよう要求した。

マイケル・マッコール下院議員は日曜日にABCニュースのインタビューで、「通路の両側の多数派がこの取り組みを支持していると思う」と述べた。「そして事実、我々はより多くの監視、透明性、説明責任を提供するつもりだ。白紙委任をするつもりはない」。

この「白紙委任状」という言葉は、今月行われた中間選挙で共和党が勝利し、1月に下院議長に就任する可能性が高いケビン・マッカーシー議員が使った言葉と同じである。しかし、マッカーシー議員は経済が低迷する中、援助法案が簡単に承認されない可能性を示唆したようだが、実際にウクライナに数十億ドルの援助を送ることに反対したのはマージョリー・テイラー・グリーンなど一部の保守派共和党議員だけである。

ABCニュースのインタビューには、テキサス州選出のマッコールと、オハイオ州選出のマイク・ターナー議員が同席している。両氏は現在、下院外交委員会と下院情報委員会の共和党筆頭委員であり、1月3日の新議会召集時には、国家安全保障に最も焦点を当てた2つの委員会の委員長になる可能性がある。
posted by ZUKUNASHI at 05:58| Comment(0) | ウクライナ