ずくなしの冷や水

2022年11月27日

US 'military biological activities' a threat to the world – Russia

US 'military biological activities' a threat to the world – Russia
Washington admits the “dual-use nature” of its biological research but resists international oversight, Moscow claims
Russia is concerned about large scale American biological research programs, both at home and abroad, especially given Washington has admitted their “dual-use nature." That's according to the commander of Russia’s Nuclear Biological and Chemical Defense Troops, Lieutenant General Igor Kirillov, who was speaking during a briefing on Saturday.

He demanded broader international oversight of such programs.

“The military biological activities of the Pentagon in various regions of the world” are among the sources of risk threatening the whole international community, Kirillov warned.

The US seeks to “enhance its military biological potential,” as well as “expand its global control over the biological situation in the world,” he noted, citing the US’ own strategic documents.

The US National Biodefense Strategy, adopted in October 2022, does say that the nation “recognizes the dual-use nature of the life sciences and biotechnology” while also stating that Washington “seeks to prevent the misuse of science and technology.” It adds that biological risk management “requires… taking steps to mitigate those risks, regardless of whether they originate in the United States or abroad,” pointing to the need to “evolve” the country’s “biodefense capabilities.”

The US Defense Threat Reduction Agency – a Pentagon body mostly focused on countering threats posed by weapons of mass destruction (WMD) – goes even further in its strategy for the years 2022-2027. It openly identifies expanding the US’ ability to “identify, characterize and exploit adversary WMD vulnerabilities” as one of its goals. Another of its aims is to recognize “potential WMD warfighting obstacles” and find “solutions” to help the US and its allies “win during the conflict.”

Washington's stated intention of strengthening the implementation of the Biological Weapons Convention (BWC) has been met with doubt from Moscow. Russia has “repeatedly raised the issue of the real goal of the Pentagon’s research programs at various international sites,” Kirillov stated on Saturday, adding that these questions “remain unanswered to date.” 

In late October, Russia filed an official complaint claiming that US-backed biological activities are taking place in Ukraine and requested a UN probe into the matter. The UN Security Council rejected Moscow’s proposal, with the US, UK, and France voting against it.

Kirillov’s statement was made ahead of the upcoming BWC review conference scheduled to take place in Geneva over late November and early December. Held every five years, the event is aimed at ensuring that the convention remains relevant and up-to-date amid the changes in science and technology, as well as in the global security landscape.
posted by ZUKUNASHI at 21:58| Comment(0) | 国際・政治

子供の脳卒中


コビド、急性感染から数ヵ月後に健康な子供に脳卒中を発症させることが判明。
小児脳卒中の症例は、小児への大量感染が始まるとほぼ倍増することが判明
「コビド」は、軽度の感染から数ヶ月/1年後に成人の脳卒中の可能性を大幅に増加させることが既に示されている...
posted by ZUKUNASHI at 21:51| Comment(0) | Covid19

最近New York Times紙が連日ウクライナの真実を書いてる

posted by ZUKUNASHI at 21:12| Comment(0) | ウクライナ

ウルムチ 西側が仕掛けた抗議活動 上海で呼応


China Xinjiang: Urumqi rocked by Covid lockdown protests after deadly fire
Videos shared on social media in China have appeared to show fresh protests against Covid restrictions, after an apartment block fire killed 10 people.

People in Urumqi are seen confronting officials, breaking down a barrier and shouting "end the Covid lockdown".

Infections have hit new highs in China in spite of a tough zero-Covid policy.

Authorities in Urumqi have now promised to phase out restrictions - though deny that these stopped people escaping Thursday's fire.

Restrictions have been in place in the city - capital of the western Xinjiang region - since early August.

The BBC was told by one resident in the aftermath of the incident that people living in the fire-hit compound had been largely prevented from leaving their homes.

That has been disputed by Chinese state media. However, Urumqi authorities did issue an unusual apology late on Friday - vowing to punish anyone who had deserted their duty.

Footage shared on Friday night showed residents, many of them in face masks, gathering after dark on the city streets.

They were seen chanting, pumping their firsts and arguing with officials. The location was verified by the Reuters news agency.

One demonstrator shouts through a megaphone, and in another clip, a crowd breaks through a barrier policed by city workers wearing protective gear.

Live streams monitored by the BBC on Friday night also appeared to show protesters gathered on the steps of a city government building.
中国のソーシャル・メディアで共有されている動画は、団地火災で10人が死亡した後、Covid制限に対する新たな抗議行動を示しているようです。

ウルムチの人々が役人に立ち向かい、障壁を壊し、「Covidロックダウンを終わらせろ」と叫んでいるのが映っている。

中国では、Covidゼロという厳しい政策にもかかわらず、感染症は過去最高を記録しています。

ウルムチの当局は現在、規制を段階的に撤廃すると約束している。しかし、木曜日の火災から逃れるために人々を止めたことは否定している。

新疆ウイグル自治区の首都である同市では、8月上旬から規制が行われている。

BBCは事件後、ある住民から、火災に見舞われた敷地に住む人々が家から出るのをほぼ阻止されたと聞いた。

この点について、中国国営メディアは反論している。しかし、ウルムチ市当局は金曜日遅くに異例の謝罪を発表し、職務を放棄した者を罰することを約束した。

金曜日の夜に公開された映像は、日没後にフェイスマスクをつけた多くの住民が市街地に集まっている様子を映し出していた。

彼らは声を上げ、拳(?)を上げ、役人と口論する姿が映っていた。この場所はロイター通信によって確認された。

あるデモ参加者はメガホンで叫び、別の映像では、防護服を着た市職員が取り締まるバリアーを群衆が突破している。

BBCが金曜の夜にモニターしたライブストリームでは、市庁舎の階段に集まったデモ隊も映っていたようだ。

・・・海外メディアが一斉に報道しています。


上海での抗議活動がツイッターで話題になっているようです‍♀️抗議活動は新疆での火災に関するもので、突然 4427 km 離れた上海で米国領事館からわずか 500 メートルの場所で抗議活動が行われています
その上、彼らはWulumuqiという名前の通りで抗議しています...
2. ウルムチのつづりができないプラカードがあり、道路標識があるにもかかわらず気の文字の書き方を知らず、英語のスローガンに加えて、齐の書き方も知りませんか?其のような試みでもなく、そのままピンイン?それは6つのブラシストロークのようなものです



posted by ZUKUNASHI at 21:00| Comment(0) | 国際・政治

アスタナで抗議運動


警察によって鎮圧されました。
posted by ZUKUNASHI at 20:00| Comment(0) | 国際・政治

地方で感染者急増中

介護施設で感染者が急増しています。
一時帰宅の人が施設に帰って感染発覚、ショートステイで滞在した人の感染発覚など。

北海道は2022/8のピークを越えて増加中。
夏のピーク越えは
岩手県、山形県、長野県
ピークに並んだところ
秋田県、福島県

寒さ到来で暖房使用開始は要因の一つでしょうが。北海道や東北がとても多いです。

次は船橋市 休日の影響で金曜、土曜に増え、日曜も増えています。


2022/11/25、全国人口動態の9月分が出ました。死亡数は8月より減りましたが高水準。

出生数がかなり心配な状況です。今年の半ばまで前年比で大きく低下しています。器質的なものが原因だとすると、回復は望みがたいでしょう。

posted by ZUKUNASHI at 18:46| Comment(0) | Covid19

コロナ後遺症の対策はいろいろあるが



感染者が増え、後遺症の方も増えているようです。

今の感染者の症状の経過を見ると、人によって大きく異なります。ワクチン接種の有無、日ごろの健康・免疫・体力の状況。

他の方の事例も様々で参考にするのが難しくなっています。

海外では、子供の深刻なバクテリア感染事例も報じられています。

おそらくこのまま混とん状態に突入していくでしょう。運が良ければ残れるということだけです。

家族内で全員感染という例が増えています。そしてその中から後遺症の出る人がいるというパターンでしょうか。




発熱でコロナ感染を疑い、イベルメクチンを呑んだ方に発熱状況が一日の間にも上下する例が見られます。降下する一方ということでもないようです。解熱剤との関連があるかもしれません。発熱は、解熱剤は控え、耐えられる範囲で耐えたという方もおられます。
posted by ZUKUNASHI at 16:10| Comment(0) | Covid19

エボラがイスラエルに続き英国に 米国も




・・・Colchesterは、ESSEX大学のあるところです。ロンドンから電車で2時間。



CDCは複数のエボラ出血熱患者を追跡している模様:「止めるふりをするのを諦める段階」にまだ達していないのか?

posted by ZUKUNASHI at 15:48| Comment(0) | 健康・病気

オミクロンはどう進化


私たちが尋ねるかもしれないいくつかの質問:

1) 「Pi」または「Rho」と見なされるものは、まだ進化する可能性がありますか?もしそうなら、どのように?
2) 「オミクロン」はほぼ進化している?進化のスペースを使い果たしますか?
posted by ZUKUNASHI at 15:27| Comment(0) | Covid19

またコロナでさまようクルーズ船


巨大なクルーズ船は、Covid-19 がなくても悪夢になりますが、Covid-19 があれば本当に耐えられません。

・・・まだクルーズ船に乗る人がいるんですね。Chris Turnbull-Mast氏の記述が極めて辛らつになっています。
posted by ZUKUNASHI at 12:20| Comment(2) | Covid19

子供の深刻な症状は無視できない

3年間の継続的な感染の後、covidがこれらの子供たちの免疫システムを変化させているのではないかと強く疑っています...
最初の 2 つのケースが隔離されることを望んでいましたが、離陸し始めています。これが世界的な災害にならないことを願っています..
posted by ZUKUNASHI at 11:05| Comment(0) | Covid19

台湾の与党が選挙で敗北

Taiwan’s ruling party suffers election defeat
President Tsai Ing-wen framed local elections as a referendum on her battle for Taiwan’s “freedom and democracy”
Taiwanese president Tsai Ing-wen has assumed all “responsibility” and stepped down as the head of the ruling Democratic Progressive Party (DPP) following a series of election defeats to the opposition candidates, who focused their campaign on local issues and maintaining peace without being overly confrontational with Beijing.

On Saturday, the residents of Taiwan went to the polls to pick mayors in nine cities, as well as city council members and other local leaders all across the island. In a major defeat to the ruling party, the opposition Kuomintang (KMT) won key mayoral races in the capital city of Taipei, Taoyuan and Keelung, in addition to a string of other victories, leaving the DPP in control of only five out of the 21 local government offices, according to preliminary results.

“The results failed our expectations. We humbly accept the results and accept the Taiwanese people's decision,” Tsai told reporters at party headquarters on Saturday evening, announcing her resignation as the DPP head, which she also did after a similarly poor showing in 2018.

Beijing welcomed the results as proof that the people of Taiwan overwhelmingly support peace, stability and “a good life,” with China's Taiwan Affairs Office promising to continue its work to promote peaceful relations and to oppose foreign interference and calls for Taiwan independence.

Despite a largely symbolic resignation, Tsai is set to remain the island’s leader until the end of her second term 2024. She won by a landslide in 2020 on promises to stand up to Beijing, but won’t be able to run again because of term limits.

Ahead of the Saturday’s vote, Tsai repeatedly described local elections as yet another “chance to show the international community Taiwan's persistence and resolve to defend freedom and democracy,” and urged undecided voters to “please cast this vote for me, for candidates I am recommending.”

The opposition KMT also voiced its commitment to protecting the island’s freedom and democracy, but without being as confrontational with Beijing as the DPP.

While Tsai had repeatedly raised the issue of “opposing China and defending Taiwan” during the campaign, the opposition as well as her own party’s candidates focused instead on local problems such as air pollution, traffic issues and the island’s handling of the Covid-19 pandemic.

Taiwan has governed itself since nationalist forces led by Chiang Kai-shek fled to the island in 1949, after they lost a civil war to the Communists. Beijing’s position is that Taiwan is an integral part of China – the so-called ‘One China’ policy – and that China “will inevitably be reunified.”

The 20th National Congress of the Communist Party last month enshrined the opposition to Taiwanese separatism in the patry’s constitution, after re-electing Chinese leader Xi Jinping for a third term. The Chinese president said that while Beijing seeks “peaceful reunification” with the island, he could not “promise to give up the use of force” and reserves the option “to take all necessary measures.” 

蔡英文総統は、地方選挙を台湾の "自由と民主主義 "の戦いに対する国民投票と位置づけていた。
台湾の蔡英文総統は、北京と過度に対立することなく平和を維持し、地元の問題に焦点を当てた野党候補に選挙で敗北したことを受け、すべての「責任」を取り、与党民進党の代表を退任した。

土曜日、台湾の住民は、9つの都市の市長、市議会議員、その他の地方のリーダーを選ぶために投票に行った。与党に大敗し、野党国民党は首都台北、桃園、基隆の重要な市長選で勝利したほか、他の都市でも相次いで勝利し、民進党が支配するのは21地方政府機関のうちわずか5機関という結果になった(予備的な発表では)。

"結果は我々の期待を裏切った。我々は謙虚に結果を受け入れ、台湾の人々の決定を受け入れる」と蔡英文は土曜日夜、党本部で記者団に語り、2018年にも同様に劣勢だった民進党代表の辞任を表明した。

北京はこの結果を、台湾の人々が圧倒的に平和と安定、そして「良い生活」を支持していることの証明として歓迎し、中国の台湾事務局は、平和的関係を促進し、外国の干渉や台湾独立を求める声に反対する活動を継続すると約束した。

ほぼ象徴的な辞任ではあるが、蔡英文は2024年の2期目終了まで台湾の指導者であり続けることが決まっている。彼女は北京に立ち向かうという公約で2020年に地滑り的に勝利したが、任期制限のために再出馬することはできない。

土曜日の投票に先立ち、蔡英文は地方選挙を「自由と民主主義を守る台湾の執念と決意を国際社会に示すチャンス」と繰り返し述べ、未決定の有権者に「どうか私に、私が推薦する候補者にこの票を投じてほしい」と呼び掛けた。

野党の国民党も、島の自由と民主主義を守ることを表明したが、民進党ほどには北京と対立することはなかった。

蔡英文は選挙戦で「中国に対抗し、台湾を守る」ことを繰り返し訴えていたが、野党や自民党の候補者は、大気汚染、交通問題、コビド19の大流行への対応など、地元の問題に焦点を当てた。

台湾は、1949年に蒋介石率いる民族主義勢力が内戦で共産党に敗れ、島に逃れて以来、自力で統治してきた。北京の立場は、台湾は中国の不可欠な一部であり、いわゆる「一つの中国」政策であり、中国は "必然的に統一される "とするものである。

先月行われた共産党第20回全国大会では、中国の指導者である習近平が3期目の再選を果たした後、台湾の分離主義への反対を憲法に明記した。中国国家主席は、北京が台湾との「平和的統一」を求める一方で、「武力行使を放棄することは約束できない」と述べ、「必要なすべての措置を取る」選択肢を留保している。
posted by ZUKUNASHI at 10:13| Comment(0) | 国際・政治

英国の路上で発見された死体に「潜在的に危険な物質」が付着していた可能性


Major health alert after body is found ‘covered in hazardous substances’
A dead body found on the street in Wigan may have been covered in ‘potentially hazardous substances’.

Greater Manchester Police has urged anyone who had direct contact with it to get in touch or seek immediate medical advice.

Emergency crews were called to Kilburn Drive in Shevington at around 7pm on Thursday to reports of a deceased body.

Work to identify them is ongoing and officers are out speaking to residents who may have seen or heard something.

GMP said in a statement: ‘The scene is contained, and it is believed there is no wider risk to the surrounding area.

‘We will keep the public updated when we have more information.’

They urged anyone with information about the incident to contact the force.

Members of the public can pass information to police via LiveChat or by calling 101 quoting incident number 000910 of 25/11/2022.
ウィガンの路上で発見された死体には、「潜在的に危険な物質」が付着していた可能性があります。

グレーター・マンチェスター警察は、死体と直接接触した人は連絡を取るか、直ちに医師の診断を受けるよう呼びかけている。

木曜日午後7時頃、シェヴィントンのキルバーン・ドライブに死体があるとの通報があり、救急隊が駆けつけました。

遺体の身元確認作業は進行中で、警官は何かを見たり聞いたりした可能性のある住民に話を聞きに行っている。

GMPは声明で、「現場は収拾され、周辺に広範な危険はないと考えられる。

詳しい情報が分かり次第、市民にお知らせします」と述べている。

彼らは、この事件に関する情報を持っている人は、警察に連絡するように促した。

一般市民は、ライブチャットで警察に情報を伝えるか、101に電話し、2022年11月25日の事件番号000910を伝えてください。
posted by ZUKUNASHI at 10:00| Comment(0) | 国際・政治

Ukrainian torture chamber

posted by ZUKUNASHI at 09:58| Comment(0) | 国際・政治

EU countries have sold weapons to Ukraina

posted by ZUKUNASHI at 09:55| Comment(0) | ウクライナ

蘭州市






中国でCOVIDの厳しい規制をめぐる抗議活動が再び勃発
中国中北部の蘭州市で暴動が発生した。膨大な数の人々が街頭に出て、反COVID対策に関連するインフラを破壊している。
posted by ZUKUNASHI at 09:49| Comment(0) | 国際・政治