ずくなしの冷や水

2022年11月26日

ゴールドマンが株式市場に警告を発した

Goldman issues stock market warning
The bear phase is not over yet, according to the investment bank
The current rally in global stocks is temporary, according to Goldman Sachs, which forecasts a market bottom in 2023. The Wall Street bank’s strategists cite “typically consistent” indicators when saying that the bear market phase is not over yet.

“We continue to think that the near-term path for equity markets is likely to be volatile and down before reaching a final trough in 2023,” they wrote in a note to clients.

The investment bank noted that while valuations had fallen this year, they had mostly done so in response to rising interest rates. Goldman added that investors haven’t yet priced-in earnings losses from a recession.

The strategists expect the S&P 500 index to end 2023 at 4,000 points, which is just 0.9% higher than Friday’s close. Europe’s benchmark Stoxx Europe 600 was projected to finish next year about 4% higher at 450 index points.

The projection follows a recent stock rally, driven by a softer US inflation reading and news of easing Covid restrictions in China. In the past month alone, the Dow Jones Industrial Average was up 10.6% and the S&P 500 has climbed 6.6%. The sharp rebound since mid-October followed a volatile year for global markets as central banks embarked on aggressive rate hikes to combat surging inflation.

Goldman’s analysts expect Asian stocks to outperform next year, with the MSCI Asia-Pacific excluding Japan ending the year 11% higher at 550 points.

投資銀行によると、弱気局面はまだ終わっていない
ゴールドマン・サックスは、2023年に市場の底打ちを予測し、世界株式の現在の上昇は一時的なものだという。ウォール街の銀行のストラテジストは、弱気相場の局面はまだ終わっていないと言う際に、「典型的な一貫した」指標を引用している。

「我々は、株式市場の短期的な経路は、2023年に最後の谷に到達する前に、不安定で下降する可能性が高いと考え続けている」と、彼らは顧客向けのメモに書いている。

同投資銀行は、今年バリュエーションが低下したとはいえ、そのほとんどは金利上昇に対応したものであったと指摘した。ゴールドマンは、投資家はまだ景気後退による利益の減少を織り込んでいないと付け加えた。

ストラテジストは、S&P500種指数が2023年に4,000ポイントで終わると予想しており、これは金曜日の終値より0.9%高いだけである。ヨーロッパのベンチマークであるストックス・ヨーロッパ600は、来年は約4%高い450ポイントで終わると予想された。

この予測は、米国のインフレ率が軟化したことや、中国でのコヴィッド規制が緩和されたというニュースを受け、最近の株価上昇を受けたものです。この1カ月間だけで、ダウ平均は10.6%、S&P500は6.6%上昇した。10月中旬からの急反発は、中央銀行が急増するインフレに対抗するために積極的な利上げに乗り出したため、世界市場にとって不安定な1年となったことを受けたものです。

ゴールドマンのアナリストは、来年はアジア株がアウトパフォームすると予想しており、MSCIアジア太平洋(日本を除く)は11%高の550ポイントで年を終えると予想しています。
posted by ZUKUNASHI at 23:50| Comment(0) | 国際・政治

Belarusian foreign minister dies

Belarusian foreign minister dies at age 64 – media
Vladimir Makey has died suddenly, Belta news agency reports
posted by ZUKUNASHI at 23:34| Comment(0) | 国際・政治

ウクライナで軍事クーデターか

posted by ZUKUNASHI at 22:55| Comment(0) | ウクライナ

コロナ対策 日本は基本的に間違えている ワクチンが感染源になっている

イランはイベルメクチンの臨床テストをやっていますから使っていたのですね。ワクチンも打っていますからロシア製か中国製。

イランは早くからコム市で感染者が多発し、手探りで市中消毒をやったり苦戦していました。最近は感染者の発生も止まっています。

韓国は感染拡大が遅く始まり一時は40万人をも記録しましたが、最近は日本を下回っています。日本がいつまでも感染者を出し続けているのは、対策に基本的な欠陥があるからです。

せっせとワクチン接種に励んでも感染者が続いています。意味がないのです。

2022/11/23、次のツイートを見ました。

「ワクチンでコロナに感染する」そうであればワクチン接種を継続する日本で感染者が絶えないことは当然です。
長尾医師の見解は尊重すべきと考えます。

コロナワクチンは、一回でも亡くなる方が出ました。数か月の間隔を置いて2回、3回とワクチン接種。そしてそのあとにはワクチンの後遺障害が増えました。

弱毒化したウィルスを使うワクチンでも何度も繰り返し接種すれば、感染して本格的な症状が出ることがあるでしょう。

長尾医師の見解は、しっかりと受け止めるべきです。

依然として介護施設での集団感染が発生していますが、もしかすると介護施設の従事者がワクチン接種を強いられてワクチンから感染している人が続いているからなのかもしれません。

東北から北日本で感染者が増加し、死亡者も増えています。ワクチン接種が感染者増大の原因であるならば、自治体がワクチン接種を推進すればするほど感染者が増えることになります。


posted by ZUKUNASHI at 20:57| Comment(2) | Covid19

今後数十年の間に心血管疾患の津波を見る

"私は間違っていることを神に願っています。人生でこれほど間違いであってほしいと思ったことはない...。最悪の場合...今後数十年の間に心血管疾患の津波を見ることになるだろう。"

・・・津波の高さがどれほどかはともかく、津波のように襲うことは確実です。
posted by ZUKUNASHI at 18:02| Comment(0) | Covid19

チェチェンの15歳になった男子の成人式



チェチェンの首長カディロフの息子ですので特に盛大ということなのでしょう。長老らしき人が多数集まり、儀式の途中にひげをしごく動作もあります。彼らのひげは生活文化と深い関わり合いがある。
ロシア人とは体格が違います。特に老人の背が高く感じます。
posted by ZUKUNASHI at 17:44| Comment(0) | 国際・政治

ロシアの石油減産で石油価格高騰

西側諸国は、ロシアの原油価格に上限を設けようとすれば、ロシアは1日あたり数百万バレルの生産を削減することができ、西側諸国の原油価格を単に維持できないレベルまで引き上げ、その過程で西側の金融システムを吹き飛ばす危険があることに気づいていない。
posted by ZUKUNASHI at 10:08| Comment(0) | 国際・政治

中国のイスラム教寺院

posted by ZUKUNASHI at 09:56| Comment(0) | 国際・政治

これは何だろう ツイッターが使えなくなる?


philip lewis@Phil_Lewis
右翼が大量通報キャンペーンで脱退させようとしている5000以上の「アンチファ・アカウント」のリストがある。
このリストに載っている名前の一部。Lil Nas X, Britney Spears, The Justice Department, The Onion, Sesame Street, Quinta Brunson, The New York Times.

Elm Fork JBGC@elmforkJBGC
右翼は、左翼のプラットフォームを縮小するための露骨な試みで、5000以上のTwitterアカウントの偽の大量報告キャンペーンを組織しています。

Eric Feigl-Ding@DrEricDing
私自身とCOVIDを教育する科学者の多くがこのヒットリストに載っていることが判明しました。皆さん、2ファクタ認証は必ずオンにしてください。できれば認証アプリを使いたいところですが、SMSを使う場合は最低限携帯電話会社のアカウントにピンを追加してください。

注1:「2ファクタ認証」は、「2要素認証」、「二段階認証」とも呼ばれます。
「携帯電話会社のアカウントにピンを追加」とは、スマホを使うときにPINコードを入力するようにするということでしょうか。
注2:ANTIFA(アンティーファ 英語: antifa)とは、「積極的にファシズムに反対している個人や集団」、または「反ファシスト運動」を指す言葉。
参考:Twitterアカウントを保護する
参考:Twitterの認証コードがSMSで届かない?原因から対処法まで解説!

右翼が5000以上の気に食わないアカウントをツイッターから脱退させようとしているためにアカウントを乗っ取られて退会手続きを取られてしまうことを警戒しているようです。大量の通報で脱退させるよりはるかに確実。
posted by ZUKUNASHI at 09:01| Comment(4) | 国際・政治

ガルージン氏 副大臣に

posted by ZUKUNASHI at 08:46| Comment(0) | 国際・政治

1960年代のスパイストーリー

The volunteer super-spy: How a German businessman stole the newest US missile for Moscow
In an effort to save his construction company from going under Manfred Ramminger volunteered to become a Soviet agent
Soviet intelligence officers were used to agents who were ideology-driven. Many super-spies obtained top secret information motivated by their political beliefs and, what they saw as, working for the good of mankind. Others were in it for the money.

One way or another, the life of a real spy has little in common with world-famous James Bond movies. Sometimes intelligence services recruit even the least likely candidates. Something like that happened in the late 1960s when Manfred Ramminger, a German architect, race car driver, and playboy, volunteered to steal the newest US missile for the USSR.

Even more incredible was that he shipped it over to the other side of the iron curtain via regular mail.
ソ連の諜報員は、イデオロギーに基づく諜報員には慣れていた。多くのスーパースパイは、政治的信念に基づき、人類のために働くと見なして、極秘情報を入手していた。また、金のために働くスパイもいた。

いずれにせよ、本物のスパイの生活は、世界的に有名なジェームズ・ボンドの映画とはほとんど共通点がない。諜報機関では、最も可能性の低い候補者でも採用することがある。1960年代後半、ドイツ人の建築家、レーシングカードライバー、プレイボーイのマンフレート・ランミンガーが、ソ連のために米国の最新ミサイルを盗むことを志願したとき、そのようなことが起こったのである。

さらに信じられないことに、彼はそのミサイルを普通郵便で鉄のカーテンの向こう側まで送ったのだ。

・・・・

posted by ZUKUNASHI at 00:04| Comment(0) | 国際・政治