ずくなしの冷や水

2022年11月22日

ポーランドへのミサイル着弾を報じたAPの記者が解雇される

AP fires journalist behind ‘Russian missile’ story – media
The agency sacked James LaPorta over an erroneous news alert, the Daily Beast and Washington Post reported
The Associated Press has fired the journalist behind its since-retracted story, which claimed that the missile that hit NATO member Poland last week had been launched by Russia, a number of US media outlets have reported.

The news that the agency had terminated its contract with investigative reporter James LaPorta after a brief internal probe was broken by the Daily Beast on Monday. The sacking was later confirmed to the Washington Post by “people at the news organization.”

Last Tuesday, AP issued a news alert citing “a senior US intelligence official,” who claimed that “Russian missiles crossed into NATO member Poland, killing two people.” 

Such an event would constitute a major escalation of the conflict in Ukraine, given that an attack on one NATO member is supposed to trigger a response from the entire US-led military bloc. The story was quickly picked up by numerous other media outlets and made international headlines.

Russia denied carrying out any strikes near the Ukrainian-Polish border at the time of the incident in the village of Przewodow, while officials from Poland, the US and EU soon said there was only one missile involved and it was most likely fired by Ukraine.

AP later took the story authored by LaPorta down and published an editor’s note admitting that the single source used in the report was incorrect and that “subsequent reporting showed that the missiles were Russian-made and most likely fired by Ukraine in defense against a Russian attack.”

According to the agency’s policy, a story requires at least two sources to be published, with a single source only allowed when it is “an authoritative figure who provides information so detailed that there is no question of its accuracy.” 

An unnamed AP employee told the Post that LaPorta misinformed his editors that a senior manager had already vetted his source, leaving them “with the impression that the story’s sourcing had been approved.”

AP spokesperson Lauren Easton declined to officially identify LaPorta as the author of the controversial news alert, but told the paper that when the agency’s “standards are violated,” it must act to protect its integrity and does not “make these decisions lightly.”
AP通信は、先週NATO加盟国のポーランドを襲ったミサイルはロシアによって発射されたとする、撤回された記事の記者を解雇したと、多くの米国メディアが報じている。

調査報道記者James LaPortaとの契約を短期間の内部調査の後に打ち切ったというニュースは、月曜日にDaily Beastによって報じられた。その後、"報道機関の関係者 "からワシントン・ポストに解雇の事実が確認された。

先週火曜日、AP通信は "米国情報機関の高官 "を引用して、"ロシアのミサイルがNATO加盟国のポーランドに渡り、2人が死亡した "とするニュースアラートを発表した。

NATO加盟国への攻撃は、米国主導の軍事圏全体からの反応を引き起こすことになっているため、このような出来事はウクライナでの紛争の大きなエスカレーションを構成することになる。この記事はすぐに他の多くのメディアにも取り上げられ、国際的なヘッドラインを飾った。

ロシアはウクライナとポーランドの国境付近での攻撃を否定し、ポーランド、米国、EUの当局者は、ミサイルは1発だけで、ウクライナによって発射された可能性が高いと述べた。

AP通信はその後、ラポルタが執筆した記事を取り下げ、レポートに使用された単一のソースが正しくなく、"その後の報道で、ミサイルはロシア製で、ロシアの攻撃に対する防衛のためにウクライナが発射した可能性が高い "と認める編集注釈を発表した。

同局の方針によると、記事を掲載するには少なくとも2つの情報源が必要で、1つの情報源は "その正確さに疑問の余地がないほど詳細な情報を提供する権威ある人物 "の場合にのみ許されるとのこと。

APの無名の職員がポスト紙に語ったところによると、ラポルタは、シニアマネージャーがすでに情報源を吟味したと編集者に誤って伝え、「記事の情報源が承認されたような印象を与えた」そうである。

APのローレン・イーストン報道官は、物議を醸したニュースアラートの著者としてラポルタを正式に特定することを拒否したが、同紙の取材に対し、同機関の「基準に違反した場合」、その誠実さを守るために行動しなければならず、「こうした決定を軽々に行うことはない」と述べた。

・・・・・

この件に関しては、事件発生早々に現地の誰かがミサイル破片を撮影し、SNSにアップしたことから、ロシア発ではなくウクライナから飛ばされたものであることが明らかとなり、急速に鎮静化しました。



画像の撮影者が誰かは不明ですが、2022/11/16、午前6時半に上のツイートがありますから、2022/11/15の夜には画像が出回っていました。

今は、SNSによって示される情報で誤報がすぐに判明してしまう、ジャーナリストにとってはやりにくい時代になっています。

注:グライヴィッツ事件は、1939年8月31日の夜にナチスドイツがグライヴィッツ(当時のドイツ、現在のポーランド・グリヴィツェ)のラジオ局Sender Gleiwitzに対して行った偽旗攻撃
posted by ZUKUNASHI at 19:30| Comment(0) | ウクライナ

ニュースが加速度的に増加

コロナ、ウクライナ、世界情勢の変化、欧州などの経済情勢などを拾っていますが、ニュースが多いです。それだけ大きく動いています。生活に影響を与えそうなものをできるだけ早く察知し、対策が打てる物は打ちたいのですが。
暗号通貨については、赤信号点灯中です。
EU nation’s property market slump deepens
Soaring power costs have been pushing Sweden’s house prices lower
Germany's LNG terminals to be twice as expensive – Reuters
The estimated cost of the project will exceed €6 billion, the news outlet reports, citing economy ministry
US household debt skyrockets – Federal Reserve
The total jumped by $351 billion in the third quarter, mostly due to mortgages and credit card usage, the regulator reports
Tehran retaliates against damning UN watchdog resolution – media
Enrichment of uranium at Fordow site has been boosted, Iranian media have reported
テヘラン、国連監視団の不利な決議案に報復-メディア
フォルドー施設でのウラン濃縮が促進されたとイランメディアが報じた。

Russia threatens to cut gas exports due to Ukraine’s theft
Gazprom has accused Kiev of siphoning off transit supplies destined for Moldova
Russia’s energy giant Gazprom said on Tuesday that Ukraine was diverting natural gas supplies transiting to Moldova, and the company has threatened to curtail deliveries through a key pipeline in response.

“The volume of gas supplied by Gazprom to the ‘Sudzha’ gas measuring station (GMS) for transit to Moldova via Ukraine exceeds the physical volume transmitted at the border of Ukraine with Moldova,” Gazprom’s statement read.

Moldova paid for some November gas supplies on Monday, according to Gazprom, which said that Kiev had kept 52.52 million cubic meters of gas meant for Moldova on its territory.

The Russian energy company further warned that if the transit imbalance persists then it would begin slashing gas supply to the Sudzha GMS for transit via Ukraine from 10 am (7am GMT) on November 28, “in the amount of the daily underderlivery.”

The Sudzha transit line through Ukraine remains the only route to supply Russian gas to western and central European countries after the Nord Stream network was damaged by a suspicious explosion in September.
ロシアの巨大エネルギー企業ガスプロムは、火曜日、ウクライナがモルドバに通過する天然ガスの供給を迂回していると発表し、同社はこれに対し、主要パイプラインを通じた配送を抑制すると脅した。

ガスプロムがウクライナ経由でモルドバに輸送するために「スジャ」ガス測定所(GMS)に供給したガスの量は、ウクライナとモルドバの国境で輸送された物理的な量を超えています」とガスプロムの声明は読み上げました。

ガスプロムによると、モルドバは月曜日に11月のガス供給の一部を支払ったが、キエフはモルドバ向けの5252万立方メートルのガスを自国領土に留めたという。

ロシアのエネルギー会社はさらに、もし通過の不均衡が続くなら、11月28日の午前10時(GMT7時)からウクライナ経由のスジャGMSへのガス供給を削減し始めると警告しています。

ウクライナ経由のスジャ輸送ラインは、9月の不審な爆発でノルドストリームネットワークが損傷した後、西ヨーロッパおよび中央ヨーロッパ諸国へロシアのガスを供給する唯一のルートとして残っている。
Polish president shares stance on war with Russia during prank call
Andrzej Duda was tricked into thinking that he was speaking to his French counterpart Emmanuel Macron
“Trust me, I’m very careful. I’m not accusing the Russians. Emmanuel, this is war. I think both sides will be blaming each other in this war,” Duda told the fake Macron in an audio recording, released by Vovan and Lexus on their show on the Russian platform RuTube.

An escalation between NATO and Russia wasn’t in the interest of Poland or the whole US-led military alliance, he insisted.

“Emmanuel, you think I need a war with Russia? No, I don’t want that. I don’t want a war with Russia. And I’m extremely careful. Trust me, I’m extremely careful,” the Polish leader said.

Duda’s office later admitted on Twitter that he had fallen victim to the pair of pranksters. The president realized there may have been “an attempted hoax” during the call due to the “unusual way” the person was conducting the conversation, it said, adding that he then ended the call.
"私を信じてください、私はとても慎重です。ロシアを非難しているのではないのです。エマニュエル、これは戦争だ。この戦争では、双方がお互いを非難することになると思う」ドゥダは、ロシアのプラットフォームRuTubeの番組でVovanとLexusが公開した音声録音の中で、偽マクロンにそう言ったのだ。

NATOとロシアの間でエスカレートすることは、ポーランドや米国主導の軍事同盟全体の利益にはならない、と彼は主張した。

「エマニュエル、君は私がロシアとの戦争を必要としていると思うか?いや、そんなことは望んでいない。私はロシアとの戦争は望んでいない。それに私は極めて慎重だ。信じてくれ、私は極めて慎重だ」とポーランドの指導者は述べた。

ドゥダの事務所はその後、ツイッターで2人組の悪ふざけの被害に遭ったことを認めた。大統領は通話中、相手の「普通ではない」会話の進め方から「デマが企てられた」可能性があることに気づき、その後通話を終了したという。
Russia reinforcing border with Ukraine
‘Large scale’ work is underway, the governor of Belgorod Region has announced
ウクライナとロシア西部のベルゴロド州との国境に新たな防衛線が作られることを、ヴャチェスラフ・グラドコフ知事が月曜日の記者会見で明らかにした。

グラドコフ知事は、国境での緊張が高まっていることに対応したものだと述べたが、建設に関する詳細は明らかにせず、自身の発言が "敵に注意深く聞かれている "と警告している。

"簡単に述べると、大規模な工事が行われている。4月以降、権限の範囲内で、国境線の強化に積極的に取り組んでいる」とグラドコフは述べた。

グラドコフ氏は、いわゆる「ワグネルライン」(ロシアの民間軍事組織「ワグネルグループ」がドンバス地方に建設した対戦車構造物のシステム)のことかと尋ねられ、他の「尊敬すべき人々」についてのコメントは避け、ベルゴロドのいわゆる「ザセチナヤライン」に注目したい、と答えた。

ザセチナヤ線とは、10世紀から18世紀にかけてロシアが敵の襲撃から守るために使用した、伐採した木でできた防衛線のことである。
Key OPEC members deny output hike reports
Kuwait, Saudi Arabia and the United Arab Emirates say the alliance aims for stability on the oil market
The Kuwaiti oil minister on Tuesday denied reports that there have been discussions to increase oil production at the next OPEC+ meeting.

The KUNA news agency cited Bader Al Mulla as saying Kuwait is keen to maintain stability and balance on the oil market.

The response comes after Saudi Arabia and United Arab Emirates also denied a Wall Street Journal report claiming an output increase of 500,000 barrels per day was under discussion for the next OPEC+ meeting on December 4. The report, which cited unidentified OPEC delegates, pointed out that the move would come a day before the European Union is set to impose an embargo on Russian oil, and the Group of Seven (G7) nations’ planned price cap on Russian crude sales.

“It is well-known that OPEC+ does not discuss any decisions ahead of the meeting,” Saudi Energy Minister Prince Abdulaziz bin Salman was quoted as saying by state news agency SPA.

Riyadh confirmed that OPEC+, which includes Russia, was sticking with oil output cuts and could slash output further.

Last month, OPEC+ unexpectedly decided to cut production targets by two million barrels a day in an effort to stabilize falling prices.

Crude oil prices dropped 5% after the Wall Street Journal report, and then pared those losses after the Saudi response. On Tuesday, Brent crude was trading up 1.4% at over $88 a barrel, while US benchmark WTI was also above $81 per barrel.
クウェートの石油相は火曜日、次回のOPEC+総会で石油の増産が議論されているとの報道を否定した。

KUNA 通信は、Bader Al Mulla 氏の発言として、クウェートは石油市場の安定と均衡を維持することに熱心であると伝えた。

この回答は、サウジアラビアとアラブ首長国連邦が、12月4日の次回OPEC+総会で日量50万バレルの増産が検討されているとするウォールストリート・ジャーナルの報道を否定したことによる。同報道は、OPECの未確認者を引用し、欧州連合(EU)がロシアの原油禁輸を発動する前日であり、G7諸国がロシアの原油販売に価格上限を設ける予定であることを指摘したものであった。

サウジアラビアのアブドゥルアジーズ・ビン・サルマンエネルギー相は、国営通信社SPAの報道を引用し、「OPEC+が会合前にいかなる決定も議論しないことはよく知られている」と述べた。

リヤドは、ロシアを含むOPEC+が原油の減産に固執しており、さらに減産する可能性があることを確認した。

先月、OPEC+は下落する価格を安定させるため、予想外に日量200万バレルの生産目標を削減することを決定した。

ウォール・ストリート・ジャーナルの報道後、原油価格は5%下落し、その後サウジの回答を受けてその下落幅を縮小させた。火曜日には、ブレント原油は1.4%上昇して1バレル88ドルを超え、米国の指標であるWTIも81ドルを超えて取引されている。
Orban angers neighboring countries with ‘irredentist’ scarf
The prime minister was filmed wearing a piece of clothing featuring a pre-partition map of Greater Hungary
Prime Minister Viktor Orban has been seen wearing a football scarf featuring the shape of Greater Hungary, the historical territory that existed before the country ceded lands to neighbors after ending up on the losing side in World War I. He downplayed the implied territorial claim, after some nations took issue with the accessory.

“Football is not politics. Let’s not see what is not there,” he said on his Facebook page on Tuesday, reacting to the outcry. Hungary’s national team belongs to all Hungarians, regardless of where they live, he added.

Greater Hungary refers to historical Hungarian lands, many of which Budapest lost under the 1920 Treaty of Trianon. Parts of the former Kingdom of Hungary now belong to Romania, Serbia, Ukraine, Croatia and Slovakia. Critics say the idea of Greater Hungary is inherently irredentist, but supporters say it is about historical roots of ethnic Hungarians.

Orban wore the scarf bearing the controversial map on Sunday when he met the national football team ahead of its friendly match against Greece in Budapest. Footage of the meeting was posted on the premier’s social media. Some foreign officials condemned Orban for what they saw as a provocation.

German MEP Daniel Freund drew public attention to the symbol in a tweet on Monday, remarking sarcastically that the map would be “reassuring” for Hungary’s neighbors.

A fellow EU lawmaker from Romania, Alin Mituta, stated that Orban had sent an “unacceptable message” that was a throwback to the “Nazi period.” Both Hungary and Romania were Axis powers during World War II.

“Orban must be held accountable for such actions that are incompatible with the membership of the family of liberal democrats,” the politician wrote on social media.

The Romanian Foreign Ministry said it had conveyed “strong disapproval” to the Hungarian ambassador in Bucharest. The scarf stunt contrasted with an “atmosphere of openness” during the visit that Minister Bogdan Lucian made to Budapest last week, the statement added. 

During his trip to Budapest, the top diplomat met Orban and complained to him that some Hungarian officials had been going to Romania in a private capacity and making “inappropriate statements” there, the Romanian Ministry said at the time.

Ukraine, another nation whose current territory includes parts that used to belong to the Kingdom of Hungary, said it too intended to lodge a formal complaint.

“The promotion of revisionist ideas in Hungary does not contribute to the development of Ukrainian-Hungarian relations,” Foreign Ministry spokesperson Oleg Nikolenko said on Tuesday. His department will summon the Hungarian ambassador and expects an apology, he added.
ヴィクトール・オルバン首相は、第一次世界大戦で敗れたハンガリーが近隣諸国に土地を割譲する前に存在した歴史的領土である大ハンガリーの形をしたサッカースカーフを身に着けているところを目撃されている。

「サッカーは政治ではない。そこにないものを見るのはやめよう」と、火曜日、自身のFacebookページで発言し、反響に反応した。ハンガリーのナショナルチームは、どこに住んでいるかにかかわらず、すべてのハンガリー人のものだと彼は付け加えた。

大ハンガリーとは、1920年のトリアノン条約でブダペストが失った歴史的なハンガリーの土地のことを指す。旧ハンガリー王国の一部は現在、ルーマニア、セルビア、ウクライナ、クロアチア、スロバキアに属している。大ハンガリー構想は本質的に非民族主義的であると批判されるが、支持者はハンガリー民族の歴史的ルーツに関わるものであると言う。

オルバン氏は日曜日、ブダペストでギリシャとの親善試合を控えたサッカー代表チームと会談した際、物議を醸した地図の入ったスカーフを着用した。会談の映像は同首相のソーシャルメディアに投稿された。一部の外国政府関係者は、挑発行為と見てオルバン氏を非難した。

ドイツの欧州議会議員ダニエル・フロイントは、月曜日のツイートで、この地図はハンガリーの近隣諸国にとって「安心材料」になるだろうと皮肉り、このシンボルに世間の注意を促した。

ルーマニアの同じEU議員であるアリン・ミツタ氏は、オルバン氏が "ナチス時代 "に逆戻りしたような「受け入れがたいメッセージ」を送ったと述べた。ハンガリーとルーマニアはともに第二次世界大戦中の枢軸国であった。

この政治家はソーシャルメディアに、「オルバンは、自由民主主義国家の一員とは相容れないこのような行為について責任を負わなければならない」と書き込んだ。

ルーマニア外務省は、ブカレストのハンガリー大使に「強い不快感」を伝えたという。このスカーフの演出は、先週ボグダン・ルチアン公使がブダペストを訪問した際の「開放的な雰囲気」とは対照的だったと、同声明は付け加えた。

ブダペスト訪問の際、外交官トップはオルバンに会い、一部のハンガリー政府関係者が私的な資格でルーマニアに行き、そこで「不適切な発言」をしていると訴えたと、ルーマニア省は当時述べている。

ウクライナも、かつてハンガリー王国に属していた部分を現在の領土に持つ国であり、こちらも正式に苦情を申し立てるつもりだという。

「ハンガリーにおける修正主義的な考えの促進は、ウクライナとハンガリーの関係の発展に寄与しない」と、外務省のオレグ・ニコレンコ報道官は12日に述べた。外務省はハンガリー大使を召還し、謝罪を求めるという。
注:襟巻はscarfなんですね。
posted by ZUKUNASHI at 17:15| Comment(0) | 国際・政治

ワクチンが原因とみられるがんの増加がすさまじい

posted by ZUKUNASHI at 16:09| Comment(0) | Covid19

今のコロナ患者

posted by ZUKUNASHI at 15:58| Comment(0) | Covid19

英国でレストランや接客業の倒産が加速している


 
・・・・

日本の外食産業の売り上げを見ると、特に落ちてはいないようですが。
posted by ZUKUNASHI at 15:41| Comment(0) | 社会・経済

物流が止まると食糧危機になる

地元のスーパーマーケットでの食糧不足と世界的な食糧危機に関する私のスレッドに多くのツイートが返信され、多くの人が自分のスーパーマーケットには問題がないと言っています。それは素晴らしいことです!興味があり、状況を理解している人にお知らせするために書いています

・・・・

欧州でスーパーマーケットの棚ががら空きという例が出ています。品物によっては、生産が止まっているものもあるのでしょうが、多くは物流面の障害だとみられます。

コロナで従業員が不足し、これまでのような供給ができないということだと思います。

日本では目下感染者が増加中です。具合の悪い人が多くなれば支障が出ることはあるでしょう。

中国では、感染者が増加しアイフォンの工場に公務員を動員するような例が出ています。

posted by ZUKUNASHI at 15:02| Comment(0) | 生活防衛

テルミット焼夷ロケット弾

テルミット焼夷ロケット弾 動画の音声注意!

posted by ZUKUNASHI at 14:27| Comment(0) | ウクライナ

2024年には欧米の銀行融資が焦げ付く見込み

posted by ZUKUNASHI at 12:59| Comment(0) | 国際・政治

コロナ療養7日目を終えても他者に感染可能性





posted by ZUKUNASHI at 12:50| Comment(0) | Covid19

Russia wants to ensure that Niger's uranium mines remain out of France's hands

posted by ZUKUNASHI at 12:21| Comment(0) | 国際・政治

ウクライナで臓器売買?



posted by ZUKUNASHI at 11:32| Comment(0) | ウクライナ

TSMCの創業者がバンコクAPECで習氏と言葉を交わす

Taiwanese envoy explains why he congratulated China’s Xi
TSMC founder Morris Chang raised eyebrows by warmly greeting the Chinese president during a rare face-to-face encounter
Taiwanese billionaire Morris Chang has dismissed speculation that the Taipei government orchestrated his encounter with Xi Jinping at last week’s Asia-Pacific Economic Cooperation (APEC) summit in Bangkok, saying it was his own idea to warmly greet and congratulate the Chinese president when their paths crossed.

“Taiwan’s Presidential Office told me beforehand that if there was an opportunity, there was no need to avoid meeting or greeting him,” Morris said on Monday at a press briefing in Taipei. “That was the only instruction.”

Chang, the founder of semiconductor giant TSMC, represented Taiwan as a special envoy at APEC. His chance meeting with Xi on Friday was a rare face-to-face encounter for a Taiwanese official, as Beijing cut off formal communication with Taiwan’s government after President Tsai Ing-wen came to power in Taipei in 2016.

The meeting raised eyebrows not only because it came amid heightened tensions between China and Taiwan, but also because Chang congratulated Xi on the Chinese Communist Party’s 20th National Congress last month in Beijing. Xi spoke boldly of China’s sovereignty over Taiwan at the twice-a-decade congress, saying reunification with the self-governing island “must be realized.”

“I later congratulated Xi on the success of the 20th party congress and talked about my own health condition, which were all my personal ideas,” Morris told reporters. Tsai respected the envoy’s decision and his interactions with Xi, said Hsu Szu-chien, deputy secretary-general of Taiwan’s National Security Council.

Chang, 91, was born in Ningbo, one of mainland China’s oldest cities, in 1931, before the civil war that ended with the retreat of Chiang Kai-shek’s Nationalist forces to Taiwan in 1949. Chang left China to study in the US, where he earned engineering degrees from MIT and Stanford University. He founded TSMC in 1987 and built what became Asia’s largest publicly traded company by market value.

As the world’s dominant maker of advanced computer chips, TSMC is a key battleground in the US effort to block China’s access to high-end semiconductor technology. Just last month, the company suspended its work with a Chinese chipmaker to ensure compliance with new US regulations.

TSMC is building a chip plant in Arizona and will host the US commerce secretary when it holds a “tool-in” ceremony on December 6. Chang told reporters that he would attend the event and that TSMC had invited US President Joe Biden.
台湾の特使が中国の習氏に祝辞を述べた理由を説明
TSMCの創業者であるMorris Chang氏は、中国国家主席との珍しい対面の際に温かく挨拶し、人々を驚かせた。
台湾の大富豪Morris Chang氏は、先週バンコクで開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で習近平氏と対面した際、台北政府が画策したとの憶測を否定し、両者が対面した際に温かく挨拶し祝福したのは自身のアイデアだったと述べた。

「台湾総統府は事前に、もし機会があれば、会ったり挨拶したりするのを避ける必要はないと言っていた」と、モリスは月曜日に台北での記者会見で述べた。「それが唯一の指示だった。」

半導体大手TSMCの創業者である張氏は、APECの特使として台湾を代表して参加した。2016年に蔡英文総統が台北で政権を取った後、北京は台湾政府との正式な通信を遮断したため、金曜日に彼が習氏と偶然会ったことは、台湾の高官にとって珍しい対面であった。

この会談が人々を驚かせたのは、中国と台湾の緊張が高まる中で行われたからだけでなく、張氏が先月北京で行われた中国共産党第20回全国代表大会について習氏に祝辞を述べたからでもある。習近平は10年に2度の大会で台湾に対する中国の主権を大胆に発言し、自治権を持つ島との統一を "実現しなければならない "と述べた。

「その後、習氏に第20回党大会の成功を祝ったり、自分の健康状態について話したりしたが、それらはすべて私の個人的な考えだ」とモリスは記者団に語った。蔡英文総統は特使の決断と習氏との交流を尊重したと、台湾の国家安全会議副秘書長である許斯憲氏は述べた。

張氏は、中国本土で最も古い都市の一つである寧波に1931年に生まれた。内戦は1949年に蒋介石の国民党軍が台湾に撤退したことで終結した。中国から米国に留学し、マサチューセッツ工科大学とスタンフォード大学で工学博士号を取得した。1987年にTSMCを設立し、時価総額でアジア最大の上場企業を築き上げた。

先進的なコンピューター・チップの世界的メーカーであるTSMCは、中国のハイエンド半導体技術へのアクセスを阻止しようとする米国の努力の中で重要な戦場となっている。先月、同社は米国の新たな規制への準拠を確認するため、中国のチップメーカーとの取引を一時停止したばかりだ。

TSMCはアリゾナ州にチップ工場を建設中で、12月6日に「ツールイン」式典を開催し、米商務長官を迎える予定だ。チャン氏は記者団に対し、このイベントに出席し、TSMCがジョー・バイデン米大統領を招待したことを明らかにした。

・・・・・

台湾側にとってMorris Chang氏は中国中枢とのホットラインになりうるわけで、ラインを温存しているように見えます。Morris Chang氏が自身の健康問題を話したそうですから、習氏とは旧知の近い中のはずです。
posted by ZUKUNASHI at 08:45| Comment(0) | 国際・政治

ロシアはキエフでの「政権交代」を求めていない-クレムリン

Russia isn’t seeking a ‘change of power’ in Kiev – Kremlin
President Vladimir Putin’s spokesman, Dmitry Peskov, has assured journalists that Moscow will achieve its goals in Ukraine
Russia is not seeking to depose the current Ukrainian government, Kremlin spokesperson Dmitry Peskov has revealed. He has also expressed confidence that Moscow will achieve its goals in the country, without specifying what they are.  

When asked by Russian journalists on Monday whether the Kremlin sees a regime change in Kiev as one of its military campaign’s objectives, Peskov replied “No, the president has already spoken about that.” 

The official went on to stress that Russia was determined to achieve its goals in Ukraine, which can be done “by various methods and in various formats.” 

He also assured reporters that it was not a question of ‘if’ but ‘when’. 

Earlier, in an interview to AIF newspaper, Vice Speaker of the Federation Council Konstantin Kosachev theorized that relations between Moscow and Kiev could only normalize after a change of leadership in Ukraine. He claimed that the current government in Kiev lacked flexibility and was bound by its previous actions and ideology. 
ロシアはキエフでの「政権交代」を求めていない-クレムリン
ウラジーミル・プーチン大統領のドミトリー・ペスコフ報道官は、モスクワがウクライナで目標を達成するとジャーナリストに断言した。
ロシアはウクライナの現政権を退陣させることを目指していないことを、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官が明らかにした。また、同報道官は、モスクワが同国における目標を達成することに自信を示しているが、それが何であるかは明示していない。

月曜日にロシアのジャーナリストから、クレムリンはキエフの政権交代を軍事作戦の目的のひとつと考えているのかと尋ねられたとき、ペスコフは "いいえ、大統領はすでにそれについて話しています "と答えた。

さらに、ロシアはウクライナでの目標を達成することを決意しており、それは "様々な方法、様々な形式で "可能であると強調した。

また、「もし」ではなく「いつ」の問題であると記者団に断言した。

これに先立ち、連邦評議会のコンスタンティン・コサチョフ副議長はAIF紙のインタビューで、モスクワとキエフの関係が正常化するのはウクライナの指導者が交代した後だと理論的に説明した。彼は、キエフの現政権は柔軟性に欠け、これまでの行動やイデオロギーに縛られていると主張した。

・・・・・

ロシアは、停戦までは今の政権が続いたほうが良い。停戦に向けた交渉でも厳しい態度が取れますし、停戦合意の正統性の論議か出てこない。

しかし、停戦後は政権交代を望むでしょう。すでにウクライナの元議員などでロシアに避難している人は多い。野党指導者も捕虜交換でロシアが受け入れています。
posted by ZUKUNASHI at 08:03| Comment(0) | ウクライナ

チタ市の市長がウクライナで戦うために辞任

The mayor of the Russian city of Chita, Alexander Sapozhnikov, claimed that he resigned of his own free will to volunteer for military duty in Ukraine.
ロシアのチタ市のアレクサンドル・サポジニコフ市長は、ウクライナでの兵役に志願するため、自らの自由意志で辞任したと主張した。

次の方のようです。

RTが大きく扱っています。
Russian mayor resigns to go to frontline
The leader of an east Siberian city, who is also a veteran airborne trooper, has volunteered to fight in Ukraine
The mayor of the Russian city of Chita has announced his resignation, stating that he intends to sign up for military service in Ukraine as a volunteer.

“As an airborne trooper with combat experience and a citizen, I cannot stay away from the momentous fight that our homeland is fighting for its future,” Aleksandr Sapozhnikov wrote in a social media post on Monday.

Sapozhnikov has served as mayor of Chita, located around 350km southeast of Lake Baikal, since November 2019, when the local legislature elected him. Rumors that he was due to quit on Monday had been swirling in the local media since last week.

According to the official bio of the mayor, who is in his 40s, he served with the Russian airborne troops as a conscript between 1994 and 1996. During that time he fought in the North Caucasus conflict and was wounded. Later, he continued military service as a career officer, but resigned in 2009, citing health issues. He has held various public posts since 2014.
posted by ZUKUNASHI at 07:49| Comment(0) | ウクライナ

米国との防衛協議後、アジアの国は中立性を強調

Asian country stresses neutrality after US defense talks
Indonesia’s military chief has pointed out that the Southeast Asian nation seeks to maintain good relations with all major powers
The US and Indonesian defense chiefs came away from their meeting on Monday with apparently differing understandings of how closely the two countries are militarily aligned.

Appearing at a press briefing in Jakarta after talks with his Indonesian counterpart, US Secretary of Defense Lloyd Austin spoke of deepening defense ties and increasing the “interoperability” of the two countries’ weaponry. Indonesian Defense Minister Prabowo Subianto repeatedly defended his country’s strong relations with America’s two biggest adversaries, Russia and China.

“The United States is proud to partner with you as we work together to advance our shared vision of a free and open Indo-Pacific,” Austin said. But Subianto reminded the press of Jakarta’s neutral geopolitical stance, saying, “I like to emphasize that Indonesia always takes the position of trying to maintain the best relationships with all nations, especially all the major powers.”

The talks came amid rising tensions between the US and China, which have clashed increasingly over Washington’s alleged meddling in Beijing’s relationship with Taiwan. China cut off defense and climate ties with the US in August, after House Speaker Nancy Pelosi defied warnings against visiting Taiwan, a self-governing island over which Beijing claims sovereignty.

Indonesia participated in joint military drills with the US in August and agreed last week to resume joint military exercises and training with China. Jakarta also buys Chinese and Russian weaponry.

Asked about Western pressure to cut off those defense procurements, Subianto said, “We have a longstanding relationship with Russia and China. We have relationships with Russia for many, many years. Our military uses Russian equipment . . . We value our relationship with China. As an independent and sovereign country, we reserve the right to use and acquire equipment from many, many countries.”

The talks came on the same day that US Vice President Kamala Harris traveled to the Palawan island chain in the Philippines to demonstrate Washington’s support for Southeast Asian allies in their territorial disputes with China. “We are meeting as the world is grappling with assaults on the rules-based international order, especially Russia’s unprovoked invasion against Ukraine,” Austin said.
READ MORE: G20 host urges West to soften anti-Russia rhetoric – Politico

Subianto said Indonesia sees China as a friendly nation and expects to resolve overlapping territorial claims through negotiation. “However, we do emphasize that Indonesia will defend its sovereignty and we will defend our independence.”

インドネシア軍最高責任者は、東南アジアの国家はすべての主要国と良好な関係を維持することを求めていると指摘した。
米国とインドネシアの国防長官が月曜日に行った会談では、両国が軍事的にどの程度緊密に連携しているかについての理解が異なっていたようである。

ロイド・オースティン米国防長官はインドネシア側との会談後、ジャカルタで記者会見し、国防関係の深化と両国の兵器の「相互運用性」を高めると述べた。インドネシアのプラボウォ・スビアント国防相は、アメリカの2大敵国であるロシアと中国との強力な関係を繰り返し擁護した。

「米国は、自由で開かれたインド太平洋という共通のビジョンを推進するために、あなたとパートナーになれることを誇りに思います」とオースティンは言った。しかしスビアント氏は、ジャカルタの地政学的な中立性を報道陣に念押しし、「インドネシアは常に、すべての国、特にすべての大国と最高の関係を維持しようとする立場を取っていることを強調したい」と述べた。

今回の会談は、米国と中国の緊張が高まる中で行われた。米国と中国は、北京と台湾の関係に対するワシントンの干渉の疑いでますます衝突を深めている。中国は8月、ナンシー・ペロシ下院議長が、北京が主権を主張する自治領である台湾を訪問しないよう警告を無視した後、米国との防衛および気候関連の関係を断絶した。

インドネシアは8月に米国との合同軍事訓練に参加し、先週、中国との合同軍事演習・訓練の再開に合意した。ジャカルタは中国やロシアの武器も買っている。

これらの防衛調達を断ち切ろうとする欧米の圧力について尋ねられたスビアント氏は、「我々はロシアや中国と長年の関係を持っている」と答えた。ロシアとは何年も何年も関係がある。我が軍はロシアの装備を使っている. . . 中国との関係も大切にしている。独立した主権国家として、我々は多くの国からの装備を使用し、取得する権利を留保している "と述べた。

この会談は、アメリカのカマラ・ハリス副大統領が、中国との領土問題で東南アジアの同盟国に対するワシントンの支持を示すために、フィリピンのパラワン諸島を訪問したのと同じ日に行われた。「私たちは、世界がルールに基づく国際秩序に対する攻撃、特にロシアのウクライナに対するいわれのない侵略に取り組んでいるときに会談している」とオースティンは言った。
続きを読む G20主催者、欧米に反ロシアのレトリックを和らげるよう要請 - Politico

また、中国を友好国と見なし、重複する領有権の主張を交渉で解決することを期待していると述べた。「しかし、我々は、インドネシアがその主権を守ること、我々は独立を守ることを強調する。」

・・・オースチンの面目がないです。少々驚きます。
posted by ZUKUNASHI at 07:27| Comment(0) | 国際・政治

ウクライナの電気がなくなれば市民が欧州に流出する




・・・欧州は受け入れない? いずれにしても難題が生じます。

ロシアがウクライナの重要なインフラを破壊し続ければ、慢性的な食料、水、通信、エネルギーの不足により、国としてのウクライナが崩壊する変曲点に達するでしょう。また、戦争を続けることもできなくなります。

・・・NATOを対ロシア戦争に引き込もうとするウクライナの策謀がとん挫し、ウクライナは手がなくなりました。あとは、ウクライナのインフラが消滅するのを待つだけです。

Power boss urges Ukrainians to leave the country
Moving abroad for “another three or four months” would help the energy system amid Russian attacks, DTEK CEO Maksim Timchenko says
Ukrainians should consider leaving the country to reduce the burden on the damaged power grid, Maksim Timchenko, the head of largest private power utility, DTEK Holding, has said. He made the remarks in an interview with the BBC aired Saturday. 

“If they can find an alternative place to stay for another three or four months, it will be very helpful to the system,” Timchenko stated.

He also urged his compatriots to consume less electricity, explaining that a surplus is needed for critical infrastructure facilities and hospitals. Over the past few weeks, Ukraine’s energy system has been repeatedly targeted by the Russian military, prompting rolling and emergency blackouts. 

“If you consume less, then hospitals with injured soldiers will have guaranteed power supply. This is how it can be explained that by consuming less or leaving, they also contribute to other people,” Timchenko said.

The remarks were apparently deemed to be too alarming for the general population. The Energy Ministry stepped in to assure people that the situation with the power supply is still under control and that there is no need to flee the country.

“Denying the panicky statements spread by social networks and online media, we assure you that the situation with the energy supply is difficult, but under control,” the Energy Ministry said in a statement.

DTEK also downplayed the remarks by the CEO. The company denied that Timchenko had called for people to leave the country, publishing a carefully cropped excerpt from his interview with the BBC to support their claim.

ウクライナ最大の民間電力会社DTEKホールディングの代表マクシム・ティムチェンコ氏は、損傷した電力網への負担を軽減するために、ウクライナ人は国外に出ることを検討すべきであると発言した。土曜日に放映されたBBCのインタビューで語った。

ティムチェンコは、「もし彼らがあと3、4カ月滞在できる別の場所を見つけることができれば、それはシステムにとって非常に有益なことだ」と述べた。

また、重要なインフラ施設や病院には余剰電力が必要だと説明し、同国民に電力消費を抑えるよう促した。過去数週間、ウクライナのエネルギーシステムはロシア軍に何度も狙われ、計画停電や緊急停電を余儀なくされています。

「消費量を減らせば、負傷した兵士がいる病院への電力供給が保証される。このように、消費を減らす、あるいは離れることで、他の人たちにも貢献することが説明できるのです」とティムチェンコは語った。

この発言は、一般の人々にとってあまりにも心配なことだと判断されたようだ。エネルギー省は、電力供給の状況はまだコントロール下にあり、国外に逃げる必要はない、と人々に保証するために介入した。

エネルギー省は声明で、「ソーシャルネットワークやオンラインメディアによって拡散されたパニック的な発言を否定し、エネルギー供給の状況は困難ではあるが、コントロール下にあることを保証する」と述べた。

DTEKもCEOの発言を軽視した。同社は、ティムチェンコ氏が国外退去を呼びかけたことを否定し、BBCとのインタビューから慎重に切り取った抜粋を掲載し、その主張を裏付けている。

At least two million Ukrainians will migrate in winter – WHO
The ongoing conflict is also taking a heavy toll on the mental health of Ukrainians, a senior WHO official says
This winter may be a “life-threatening” experience for “millions” of Ukrainians, Hans Kluge, the World Health Organization (WHO) regional director for Europe, has warned. Up to three million Ukrainians are expected to migrate “in search of warmth and safety,” Kluge said on Monday during a press conference in Kiev.

“We expect 2–3 million more people to leave their homes in search of warmth and safety. They will face unique health challenges, including respiratory infections such as Covid-19, pneumonia and influenza, and the serious risk of diphtheria and measles in under-vaccinated populations,” Kluge stated.

Those who remain at home will likely be forced to opt for “alternative heating methods,” the official said, warning that doing things “like burning charcoal or wood, or using generators fueled by diesel, or electric heaters” carry health risks as well.
世界保健機関(WHO)の欧州地域局長であるハンス・クルージ氏は、今年の冬は「数百万人」のウクライナ人にとって「生命を脅かす」体験になるかもしれないと警告した。クルージ氏は月曜日、キエフでの記者会見で、「暖かさと安全を求めて」最大300万人のウクライナ人が移住すると予想される、と述べた。

「暖かさと安全を求めて、さらに2〜300万人が家を離れると予想されます。彼らは、Covid-19、肺炎、インフルエンザなどの呼吸器感染症や、ワクチン接種が不十分な人々におけるジフテリアや麻疹の深刻なリスクなど、独自の健康問題に直面するでしょう」と、Klugeは述べました。

また、「炭や木を燃やす、ディーゼル燃料の発電機や電気ストーブを使うなど」することも健康上のリスクがあると警告している。
posted by ZUKUNASHI at 07:02| Comment(0) | ウクライナ

韓国、ロシアと中国に協力要請

South Korea asks for Russia and China’s help
Seoul has requested ‘active cooperation’ to halt North Korea’s missile tests
South Korea has turned to Russia and China for help in shutting down rival North Korea’s missile testing program, arguing that Pyongyang is threatening peace and stability across Northeast Asia and beyond.

Nuclear envoy Kim Gunn held a telephone call on Monday morning with the Russian and Chinese ambassadors to Seoul, Andrey Kulik and Xing Haiming, asking for “active cooperation” in persuading Pyongyang to refrain from “further provocations” and return to dialogue, the South Korean Foreign Ministry said in a statement. Kim argued that North Korea’s launch of an intercontinental ballistic missile (ICBM) on Friday violated UN Security Council resolutions and marked yet another dangerous saber-rattling incident from President Kim Jong-un’s regime.

Seoul made its appeal for help as its envoys prepared to lobby the UN Security Council for action at an emergency meeting on Monday in response to North Korea’s latest ICBM test. The South Korean diplomat “emphasized the need for the international community, including the United States, to unite and promptly take decisive countermeasures,” the ministry said.

As permanent members of the Security Council, Russia and China have the power to veto any resolutions that would punish North Korea for its strategic weapons tests. Russia has called in the past for de-escalation on the Korean Peninsula by both sides, meaning Pyongyang would halt nuclear-related tests and the US and South Korea would suspend their joint military exercises in the region. US officials have called that idea “insulting.”

Kulik warned last year that only diplomacy would bring peace to the peninsula. “We are convinced that step-by-step activities based on the principles of equality and a gradual and synchronized approach will make it possible to ensure the denuclearization of the Korean Peninsula and lay the foundation for a solid system of peace and security here,” the ambassador told TASS in an interview last December.

UN secretary-general Antonio Guterres issued a statement on Friday condemning North Korea for its latest ICBM launch. North Korean Foreign Minister Choe Son-hui responded on Monday by calling Guterres a “puppet of the US.” She defended North Korea’s weapons tests as a “legitimate and just exercise of the right to self-defense,” saying they came in response to “provocative nuclear war rehearsals” by the US and its allies.

ソウルは、北朝鮮のミサイル実験を停止するための「積極的な協力」を要請した。
韓国は、ロシアと中国に、北朝鮮のミサイル実験計画を停止させるための協力を要請し、平壌が北東アジアとそれ以外の地域の平和と安定を脅かしていると主張した。

韓国外務省の発表によると、キム・ガン核特使は月曜日の朝、ロシアと中国のアンドレイ・クーリック、シン・ハイミン両駐ソウル大使と電話で会談し、平壌が「さらなる挑発」を控え、対話に戻るよう説得するための「積極的な協力」を要請したとのことである。金正恩は、北朝鮮が金曜日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射したことは国連安全保障理事会の決議に違反しており、金正恩政権がまた危険な妨害行動を起こしたと主張した。

ソウルは、北朝鮮の最新のICBM実験に対応するため、月曜日の緊急会合で国連安全保障理事会に行動を働きかける準備をしながら、助けを求めるアピールをした。韓国の外交官は、「米国を含む国際社会が団結し、速やかに決定的な対抗措置を取る必要性を強調した」と同省は述べた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

安全保障理事会の常任理事国として、ロシアと中国は、北朝鮮の戦略兵器実験を罰する決議を拒否する権限を持っています。ロシアは過去に双方から朝鮮半島の緊張緩和を求められており、これは北朝鮮が核関連の実験を中止し、米国と韓国がこの地域での共同軍事演習を中止することを意味する.米国当局者は、その考えを「侮辱的」と呼んでいます。

クリクは昨年、半島に平和をもたらすのは外交だけだと警告した。 「平等の原則と段階的かつ同期的なアプローチに基づく段階的な活動により、朝鮮半島の非核化を確実にし、平和と安全の強固なシステムの基礎を築くことが可能になると確信しています。」大使は昨年 12 月のインタビューで TASS に語った。

国連のアントニオ・グテーレス事務総長は金曜日、最新の大陸間弾道ミサイルの発射について北朝鮮を非難する声明を発表した。北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外相は月曜日、グテーレス氏を「米国の傀儡」と呼んだ。彼女は、北朝鮮の核兵器実験を「自衛権の正当かつ公正な行使」であると擁護し、米国とその同盟国による「挑発的な核戦争のリハーサル」に対応して行われたと述べた。

Googleによる翻訳
posted by ZUKUNASHI at 06:48| Comment(0) | 国際・政治

縁起でもないのだが カタールの大会で何人死ぬ?

カタールでのワールドカップが順調に進んでいます。突然死と心停止は何人になるでしょうか? 私たちはすでに 1 人のサドンデスを経験しています: 不正行為は禁止です: 「1」を選んで勝ったと言うことはできません!
posted by ZUKUNASHI at 06:33| Comment(0) | Covid19