ずくなしの冷や水

2022年11月21日

感染者急増 ワクチン接種者がより少ないウィルス曝露で感染しているのでは?

2022/11/5の国内新規感染者が74,170人だと伝えられています。把握されていない感染者も多いとすれば実際には1.5倍で11万人、2倍なら15万人。

友人の職場の同僚は、孫がすでに2回感染したと言っていたとのこと。


ワクチン接種者に感染が多いようです。ワクチンに感染防止効果はない。ワクチンを打ったから移らないと考えるのはとんでもない間違い。

管理人は、感染リスクが高いところにいたと思ったら、イベルメクチンを使います。



*新コロナウィルスで今の私の認識*に書きましたが、「ワクチンを接種した人のほうが感染しやすい」という傾向が出ています。ワクチン接種を複数回受けるとワクチンの持つ免疫抑制効果が優位になり、感染症にかかりやすくなるからだとされています。

ワクチン接種者の感染が増えているということは
@ ワクチン接種者の行動、感染防止措置が変わってきている。(社会的行動の活発化、感染防止措置の低下)
A ワクチン接種者がより少ないウィルス曝露で感染している。
マスクを外そうと働きかける向きもありますが、ワクチン接種者が大量に防護措置を弱めたとは考えにくいです。となると、Aが生じている可能性が強いことになります。
Aが生じた要因として、ワクチン接種者の免疫力の低下に加え、今流行中の変異株がより強い感染力を持つことも考えられます。

管理人は、ワクチン接種者が免疫力の低下でより少ないウィルス曝露で感染しているのではないかと考えています。
仮にそうだとすると、国内で急激に感染者が増えていることもあり、ワクチン接種者の感染はこれから急速に伸びる恐れがあります。

今流行中の変異株がより強い感染力を持つのであれば、ワクチン接種者、ワクチン非接種者ともにこれまでの防護措置をさらに強める必要があります。

海外の事例では、コロナに感染して症状が出ても10日間も陽性反応が出ない例があります。その人が無症状であれば、社会的な活動はそれまでと同様に継続する場合が多いでしょう。まさに「歩く凶器」です。

日本の研究者から県別の感染動向を踏まえた警告が出ています。


千葉県では、2022年9月26日から、市町村別の感染者数の公表を取りやめています。保健所を設置している船橋市は市内居住者の感染状況を公表しています。

老人介護施設、医療機関、中学校、小学校
老人介護施設でクラスター、集団感染が発生しています。これは施設職員がウィルスを持ち込んだものとみられますが、気を付けているはずなのになんでこんなに多い? 感染してウィルスを放出しているのに介護労働に従事しているということです。頻繁に感度の良い検査を受けられるようにしないと感染を知ることはできません。

介護施設入居老人は、ワクチン接種した方が大多数でしょう。感染者は増える、重症化しやすく亡くなる方も増えるということになります。


Hiroshi Makita Ph氏の上のツイートによれば、
新規感染者数の極大値3,000~10,000ppm/dayと見込まれています。10,000ppm/dayは一日当たり百万人につき1万人ですから100人に一人が感染することになります。3,000ppm/dayなら330人に一人です。

今流行中の株は、肺炎症状は弱いものの全身症状が出て発症数日で亡くなる方もおられます。子供の重症化の例も多い。

上の予想が現実になれば、12月中旬にはバタバタと人が死んでいく状況になりましょう。





2022/11/15の全国の感染者が10万人超え。ツイッターでも感染した人のツイートが急増しています。

東京駅は地方からの上京者とみられる人で新幹線乗り場周辺は大変混雑しているそうです。



日別の感染者数

介護施設や病院で集団感染の発生が続いています。
年代別には5歳から55歳までが多い。
posted by ZUKUNASHI at 19:08| Comment(3) | Covid19

第二次世界大戦以降の米国による爆撃の犠牲となった国家


posted by ZUKUNASHI at 14:10| Comment(0) | 国際・政治

松戸市議会議員選挙 公明党が多い



・・・・

こんな動向ですと、国政選挙も望み薄です。
posted by ZUKUNASHI at 13:52| Comment(0) | 社会・経済

水上艦艇が活動できる範囲は狭い


私は、すべての水上軍艦が現在、ミサイル攻撃に対して非常に脆弱であり、事実上時代遅れになっていると信じる傾向がますます高まっています.

戦争シナリオでは、米国の水上艦艇がバルト海、地中海、黒海、ペルシャ海、アラビア海、中国海で活動できるとは思えません。

・・・・

誘導可能なミサイル、ドローンで艦艇を攻撃するのは容易です。戦争は様変わりします。日本の保有する艦艇、戦闘機は役に立たないかもしれない。

航空母艦と戦闘機の時代は終わった。
posted by ZUKUNASHI at 12:42| Comment(1) | 国際・政治

英国で子供に「感染による集団免疫」

私は家族の同意を得て、彼のストーリーを共有することにしました。ジャックは以前は健康で、基礎的な健康問題はありませんでした。20年4月、9歳の時に典型的なCOVIDの症状が現れ、その後回復することはありませんでした。18ヶ月後、直立姿勢に耐えられなくなり、ついに体位性頻脈症候群と診断されました。
翌年、彼は NHS から多くの情報を得て、POTS の治療を受けましたが、それでも彼は学校で数時間しか過ごしていませんでした。
この夏 ( > 2 年間の身体障害の後)、私の支援を受けて、家族は貯蓄をかき集めてドイツに旅行しました。ジャックは、マイクロクロット、内皮損傷、血小板の過剰活性化を確認しました。彼は治療を開始した。 2週間以内に、彼は劇的に良くなりました。
彼は「スーパーレスポンダー」のようでした。これは彼のお母さんが私に送ったメッセージです。私たちは二人とも喜びで泣きました
彼は 2022 年 9 月にクラスの他の全員と一緒に高校を始めましたが、薬物療法と、走り回って荒々しく転倒するというジャックの新たな愛とのバランスを取ることは、家族にとって挑戦的でした.しかし、彼は本当にうまくやっていました。
その後、2022 年 10 月に彼は COVID に再感染しました。彼が通っている学校にはCOVID緩和策がなく、生徒と教師を「気分が良ければ」COVIDでクラスに戻しています。ジャックは、これまでのところ彼を再び床に置いている新しい症状で重度の再発を起こしました.
私はジャックのことをとても悲しく思っています。彼の精神は再び打ちのめされ、家族は何をすべきか、そして彼の将来について深刻な不安を抱えています。
これは彼のお母さんが金曜日に私に送ったメッセージです。
私たちの子供たちを守るべき人々が、脆弱な子供たちを気遣うと主張しながら、「免疫を構築する」手段として感染を促進していることに、どれほど腹を立てているかお伝え出来ないほどです。
同じ個人が、「学校は安全だ」と主張し、学校できれいな空気を促進せず、アンチマスクのように見え、< 12の子供たちに COVID の予防接種をしないことを支持するのです。
また、Vinay Prasad や Us4Them などの右翼ロビイストと寝ている人もいます。彼らは英国の政策に大きな影響力を持っています。
多くの人が知っているように、 @RCPCHtweets
は(被害)家族と会うという私たちの申し出を断り、子供のロングCOVIDに関する声明を発表しません.なぜですか?
私の娘が生きていける状態に戻れたことは、信じられないほど幸運です。しかし、再感染の脅威は常に懸念されています。彼女は HEPA を備えた教室にアクセスできます。ありがたいことに、彼女は窓を開けることを非常に意識しており、これまでのところ安全です。
私の娘の学校は素晴らしく、DIY フィルターの構築をサポートしていますが、誰もがこの幸運に恵まれているわけではありません。
ジャックのお母さんに引用を依頼したところ、彼女はこう言いました。
同じ小児科医が、ジャックの靴を履いて 1 日歩き、ソーシャル メディアで、COVID がどのように免疫を構築し、それを拡散させることが良いことであるかについて、同じナンセンスを吐き出すことができたらいいのにと思います。
停止する必要があります。
#LongCovidKidsをサポートしてくれた国際社会にただただ感謝しています。私は、世界的な研究努力を通じて、私たちの子供たちのために物事を変えることができると信じています.
英国が今いるのは悲しい場所です。
終わり
JCVI の「感染による集団免疫」は、少なくともサリドマイドやスクリーニングされていない血液製剤や BSE と同じくらい大きなスキャンダルを生み出すリスクを提唱しています。学校によって熱心に適用された、意図的に子供たちに感染させるという方針が、議論なしに課せられたというのは法外なことです。
posted by ZUKUNASHI at 04:56| Comment(0) | Covid19

ザポロジェ原子力発電所に再び攻撃

速報 少し前、ヨーロッパ最大のザポロジェ原子力発電所が再び攻撃されました。ロシア国防省は、ウクライナ軍が過去 24 時間に現場で 10 発以上の砲弾を発射したと述べています。
放射線が放出されている可能性があるという報告が出ているが、確認されていない。
Ukraine shelled radioactive waste storage – official
The Zaporozhye Nuclear Power Plant was heavily targeted two days in a row
Ukrainian troops have shelled Europe’s biggest nuclear power plant over the last two days, Renat Karchaa, an adviser at Russia’s state nuclear operator Rosenergoatom, claimed on Sunday.

Karchaa said the Zaporozhye Nuclear Power Plant was targeted earlier in the day, following a barrage fired at the facility on Saturday, when six projectiles hit the cooling system of one of the rectors and two struck the radioactive waste storage. He added that the employees were unharmed.

According to the Russian Defense Ministry, the plant was shelled twice on Sunday, while 11 “large-caliber artillery shells” were fired on Saturday. The ministry said that projectiles fell close to the reactors, and that the fire was also directed at power lines.

“It is impossible to assess the consequences of the shelling because there is a danger of new attacks,” Karchaa said. The plant had not been targeted that much since late September. according to the official.

The International Atomic Energy Agency (IAEA), whose team is monitoring the situation on the ground, said that “more than a dozen blasts were heard within a short period of time” on Sunday. It added that experts could see some of the explosions from their windows.
ウクライナ軍はここ2日間、ヨーロッパ最大の原子力発電所を砲撃したと、ロシアの国営原子力事業者ロスエネルゴートムの顧問であるRenat Karchaa氏が日曜日に主張した。

Karchaa氏によると、ザポロジエ原子力発電所は、土曜日に施設に向けて発射された弾丸のうち、6発が原子炉の1つの冷却装置に、2発が放射性廃棄物貯蔵所に命中したのに続き、その日のうちに標的にされたという。また、従業員は無傷であったと付け加えた。

ロシア国防省によると、同工場は日曜日に2回砲撃され、土曜日には11発の「大口径砲弾」が発射されたという。同省によると、砲弾は原子炉の近くに落下し、火は送電線にも向けられたという。

「新たな攻撃の危険性があるため、砲撃の結果を評価することは不可能だ」とカルチャ氏は述べた。同政府関係者によると、9月下旬以降、原発はそれほど狙われていなかった。

国際原子力機関(IAEA)のチームが現地の状況を監視しているが、日曜日には「短時間に十数回の爆発音が聞こえた」という。また、専門家は窓からいくつかの爆発を見ることができたと付け加えた。
posted by ZUKUNASHI at 04:03| Comment(0) | 福島原発事故

ロイド・オースティン氏、モスクワの巨大な軍事力はウクライナでの勝利に貢献していないと指摘

Russia has ‘impressive weapons’ – US defense secretary
Lloyd Austin says Moscow’s massive military has not helped it prevail in Ukraine

US Defense Secretary Lloyd Austin has lauded Russia’s armed forces and weaponry on Saturday – but added, however, that such military might has not enabled Moscow to achieve victory in the Ukraine conflict.

“You know, the Russians have a massive military and impressive weapons,” but this “hasn’t helped them prevail in a campaign of conquest and cruelty,” Austin claimed, speaking at the Halifax International Security Forum in Canada on Saturday.

According to the official, “it’s about the cause,” as well as “those who fight for it.”

The secretary of defense went on to praise President Joe Biden for rallying “nations of goodwill” against Russia’s attempts to “redraw borders by force.”

Austin also said the US will stand by Ukraine as long as the conflict lasts, insisting that the outcome will “determine the course of global security in this young century.”

He added, however, that NATO will not be dragged into what he described as the “worst crisis in [European] security since the end of the Second World War,” unless Moscow attacks one of its member states.

The defense secretary claimed that the military alliance is defensive in nature, while noting that Washington has brought the number of US troops stationed in Europe to more than 100,000.

Some of these forces have been deployed to Poland, representing the “first permanent US forces on NATO’s Eastern Flank,” Austin noted.

He concluded by saying that the “basic principles of democracy are under siege around the world,” and it was “US leadership” that helped shape the post-World War II rules-based international order, and Washington’s role remains “vital to sustain it.”

A number of senior Russian officials, including the former president and current deputy head of the nation’s Security Council, Dmitry Medvedev, have claimed in recent months that Russian forces in Ukraine are being confronted not only by Kiev’s military, but also the whole of “NATO and the Western world.”

Moscow has repeatedly argued that the West is only prolonging the conflict by providing Ukraine with weapons.

Before hostilities broke out in the eastern European country in late February, Russia presented NATO with a number of proposals intended to define a new European security architecture. The Western military alliance, however, rejected the measures out of hand.
ロイド・オースティン米国防長官は土曜日、ロシアの軍隊と武器を称賛した。しかし、そのような軍事力はウクライナ紛争でモスクワが勝利を収めることを可能にしなかったと付け加えた。

「オースティンは、土曜日にカナダで開催されたハリファックス国際安全保障フォーラムで、「ロシアは大規模な軍隊と印象的な武器を持っている」と主張した。

オースティンによれば、「大義名分と、そのために戦う人たちのこと」だという。

国防長官はさらに、ロシアの「力による国境線の引き直し」の試みに対して、ジョー・バイデン大統領が「善意の国々」を結集させたことを称賛した。

オースティン氏はまた、紛争が続く限り米国はウクライナの側に立つと述べ、その結果が「この若い世紀における世界の安全保障の行方を決定する」と主張した。

しかし、モスクワが加盟国を攻撃しない限り、NATOは「(欧州の)安全保障における第二次世界大戦後最悪の危機」に引きずり込まれることはないだろうとも付け加えた。

国防長官は、軍事同盟は防衛的な性格のものだと主張する一方で、ワシントンが欧州に駐留する米軍を10万人以上にまで増やしたことに言及した。

その一部はポーランドに配備され、「NATOの東側で初の米軍常駐」を意味するとオースティンは指摘した。

オースティンは最後に、「民主主義の基本原則は世界中で包囲されている」と述べ、第二次世界大戦後のルールベースの国際秩序を形成したのは「米国のリーダーシップ」であり、米国の役割は「それを維持するために不可欠」である、と締めくくった。

前大統領で現在は国の安全保障会議の副議長であるドミトリー・メドベージェフを含む多くのロシア高官はここ数ヶ月、ウクライナのロシア軍はキエフの軍隊だけでなく、"NATOと西側世界 "の全体と対峙していると主張してきた。

モスクワは、西側諸国はウクライナに武器を提供することで紛争を長引かせているだけだと繰り返し主張してきた。

2月下旬に東欧のウクライナで紛争が起こる前、ロシアはNATOに新しい欧州の安全保障構造を定義することを意図した数多くの提案を行った。しかし、西側軍事同盟はこれを即座に拒否した。
posted by ZUKUNASHI at 03:24| Comment(0) | ウクライナ