ずくなしの冷や水

2022年11月19日

日本のインフレ率は1982年以来最高

Inflation in Japan highest since 1982
A weak yen has been pushing up the cost of imported commodities
Japan’s consumer price growth accelerated to a 40-year high in October, driven by a weak national currency and imported cost pressures, government data showed on Friday.

According to the report, the nationwide core consumer price index (CPI) was up by 3.6% from a year earlier, showing the fastest pace of growth since 1982. Last month’s jump exceeded the 3.5% rise expected by economists and the 3% gain seen in September.

The rise in the index, which excludes volatile fresh food prices but includes oil products, confirmed that inflation remained above the 2% goal of the Bank of Japan (BOJ) for a seventh consecutive month.

The report indicated that foreign supply constraints have driven up the prices of imported food, industrial commodities and manufacturing parts. A fall in the national currency yen, which in dollar terms is down by more than 20% this year, has added to the woes.

Of the 522 items composing the CPI, 406 were more expensive in October than a year earlier. In September, the figure was 385.

Energy costs in the country soared by 15.2%, while food – excluding perishables – was up by 5.9%, the fastest rise in four decades.

Among food items, 88% were more costly than a year before, led by alcoholic drinks, such as beer and sake. Prices of household durable goods surged by 11.8%, their biggest rise since March 1975.

The BOJ has forecast average prices for the fiscal year to March 2023 will be 3% higher than in 2021-22 but that the rise for 2023-24 will be only half as great.

On Thursday, the regulator pledged to maintain monetary stimulus to achieve wage growth and sustainable and stable inflation. It will keep long-term interest rates around zero and short-term rates at minus 0.1%.

円安が輸入商品のコストを押し上げている
日本の消費者物価の上昇は、通貨安と輸入物価の上昇圧力により、10月には40年ぶりの高さにまで加速したことが、金曜日に発表された政府のデータで明らかになった。

それによると、全国の消費者物価指数(CPI)は前年比3.6%上昇し、1982年以来最も速いペースで伸びていることが明らかになった。先月の上昇は、エコノミストが予想した3.5%の上昇と9月の3%の上昇を上回った。

生鮮食品は除くが石油製品は含まれるこの指数の上昇は、インフレ率が7ヶ月連続で日本銀行(BOJ)の目標である2%を上回っていることを確認した。

海外からの供給制約により、輸入食料品、工業製品、製造部品の価格が上昇したことが指摘されている。ドル建てで今年20%以上下落している自国通貨円の下落が、苦境に拍車をかけている。

消費者物価指数を構成する522品目のうち、10月は406品目が前年より高くなった。9月は385であった。

国内のエネルギーコストは15.2%上昇し、生鮮食品を除く食品は5.9%上昇し、過去40年で最も速い上昇率だった。

食料品のうち、ビールや日本酒などのアルコール飲料を筆頭に、88%が前年より高くなった。家庭用耐久財の価格は11.8%上昇し、1975年3月以来最大の上昇率となった。

日銀は、2023年3月までの年度の平均物価は2021-22年度よりも3%高くなるが、2023-24年度の上昇率は半分にとどまると予想している。

木曜日、日銀は賃金上昇と持続可能で安定したインフレを達成するために、金融刺激策を維持することを約束した。長期金利をゼロ付近、短期金利をマイナス0.1%に維持するとしている。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 22:01| Comment(0) | 社会・経済

ウクライナ政府は一日も早く倒したほうが国民のためだ





posted by ZUKUNASHI at 21:51| Comment(1) | ウクライナ

ウクライナがロシア軍捕虜を殺害


上の画像情報についてロシア国防省が反応しました。和平交渉はさらに難しくなりました。
Moscow accuses Ukrainian soldiers of killing captives
Earlier, a video surfaced on social media showing what appear to be Kiev’s troops and executed Russian servicemen
The Russian Defense Ministry has accused Ukrainian forces of committing a war crime after a video that surfaced on social media on Friday appears to show captured Russian servicemen having been killed.

The footage depicts soldiers dressed in Russian uniforms first surrender to troops in uniforms bearing Ukrainian insignia before being shown lying on the ground, presumably dead.

The ministry described the video as evidence of “a deliberate and methodical murder” of over ten Russian servicemen at the hands of the Ukrainian Armed Forces, who “shot them straight in their heads.” Such actions prove the “barbaric nature” of the government in Kiev led by President Vladimir Zelensky, as well as “all those, who defend and support it,” the ministry said.
The Ukrainian soldiers who surrendered to Russian troops this week are being treated in accordance with all of the relevant Geneva conventions, the ministry insisted.
ロシア国防省は、金曜日にソーシャルメディアに公開された、捕虜となったロシア軍兵士が殺害されたように見える映像を受け、ウクライナ軍が戦争犯罪を犯していると非難した。

映像では、ロシアの制服を着た兵士が、ウクライナの記章が付いた制服を着た部隊に降伏した後、地面に横たわり、死んでいると思われる様子が描かれている。

同省はこの映像について、ウクライナ軍の手によって10人以上のロシア軍人が「意図的かつ計画的に殺害された」証拠であり、彼らは「頭をまっすぐ撃った」のだと説明している。このような行為は、ウラジーミル・ゼレンスキー大統領率いるキエフ政府と、それを擁護し支持するすべての人々の「野蛮な性質」を証明していると、同省は述べている。
今週ロシア軍に投降したウクライナ兵は、関連するすべてのジュネーブ条約に従って治療を受けていると、同省は主張している。


・・・ロシア人の怒りは収まりそうないです。投稿が続いています。
posted by ZUKUNASHI at 17:28| Comment(0) | ウクライナ

助けてと言える勇気は凄い事


posted by ZUKUNASHI at 09:57| Comment(0) | 社会・経済

バルト海でのエストニア号の沈没事故1994年 NATO潜水艦の仕業


https://twitter.com/bidetmarxman/status/1593635146649186304
posted by ZUKUNASHI at 09:39| Comment(0) | 国際・政治