ずくなしの冷や水

2022年11月16日

アフリカの先祖がされたこと





posted by ZUKUNASHI at 22:27| Comment(0) | 国際・政治

Iran retaliated ?

posted by ZUKUNASHI at 22:24| Comment(0) | 国際・政治

今日の放射能備忘録 199



German nuclear plant suffers leak
While the failure poses no danger, operations at the plant will have to be suspended, the environment ministry said
A reactor leak has been detected at the Isar 2 nuclear power plant in the southern German state of Bavaria, the environment ministry said on Monday, citing the plant’s operator. The malfunction apparently poses no risk to the public, but could compromise the government’s plan to alleviate the energy shortage, triggered mainly by the Ukraine conflict.

According to the ministry, maintenance work will be carried out in October, and it will take at least a least a week to fix the problem. During that period, all operations at the plant, which is run by E.ON subsidiary PreussenElektra, will have to be completely suspended, the ministry said.

Initially, the nuclear power plant was slated to go offline in late 2022 as part of Germany’s efforts to phase out atomic energy. However, the current energy crisis has forced Berlin to put the facility on standby until April 2023 as a reserve source of power, which could be tapped if the situation worsens.





東海村 放射性物質検出 会社側“損傷排水管 点検記録なし”
東海村にある医薬品の研究支援などを行う民間企業「積水メディカル」の施設では今月4日、第1実験棟の床下にある放射性物質を含む廃液を流す排水管が損傷しているのが見つかり、床下の土の表面から通常の値を超えるトリチウムなどの放射性物質が検出されました。
第1実験棟は昭和40年からおととしまで使われていて、排水管に残っていた廃液が漏れ出たとみられていますが、従業員の被ばくは確認されておらず、環境への影響はないとみられるということです。




2022/8/8、20時、稚内で+0.02μSv/h超、函館で+0.03μSv/h超の空間線量率上昇。稚内は泊原発の影響ですが、函館は青森県内からの影響でしょうか。ともに降雨があります。



2022/8/4、岐阜県恵那市で空間線量率が大きく上昇。

核融合研究所からの漏洩が疑われます。







朝日2022/7/19
関西電力は19日、定期検査中の高浜原発3号機(福井県高浜町)について、26日から発送電を再開すると発表した。3月から定期検査を始めたが同月末に伝熱管の損傷が見つかり、再開時期を未定としていた。調査と対策が進んだため、再開するという。



共同2022年7月14日 18:22 JST 更新日時 2022年7月14日 19:23 JST
最大9基の原発稼働へ、冬の電力を安定確保−岸田首相が表明
萩原ゆき
日本全体の電力消費量の1割に相当、国も前面に立って協力得る
安全性を前提にした上で原子力規制委も審査を効率化
岸田文雄首相は14日、冬の電力の安定確保のため、最大9基の原発稼働を進めるよう経済産業相に指示したと述べた。記者会見で語った。




2022/7/8、夜になって中国四国と中京で降雨、空間線量率が少し上がっています。


・・・陸路での漁獲物の輸送が困難だったから他の地域に運ぶにしても、長島港は三重県の尾鷲に近いです。




France investigating nuclear ‘cover-ups’
The probe comes after the country was forced to shut down half of its reactors amid a mounting international energy crisis
The French government is investigating whistleblower allegations that a state-run utility agency attempted to conceal safety issues at a nuclear power plant. Prosecutors confirm they are following up on complaints filed late last year.

Officials in Marseille launched an investigation into the alleged safety problems last month after an anonymous whistleblower said conditions at the Tricastin nuclear plant in southern France were “endangering the lives of others,” French newspaper Le Monde reported on Wednesday.
フランス紙ルモンドが水曜日に報じたところによると、南フランスのトリカスタン原子力発電所の状況が「他人の生命を危険にさらしている」と匿名の内部告発者が述べた後、マルセイユの当局は先月、安全問題の疑いについて調査を開始した。
An engineer at the facility, the whistleblower also accused officials at the plant of “harassment,” as well as “violations of the criminal code, the environmental code, the labor code and the regulations relating to nuclear installations.” Though incidents continued – including a mysterious power surge at one reactor in 2017 and a flood at the same station one year later – no action was taken.
トリカスタン原発の技術者である内部告発者は、原発の職員が「ハラスメント」を行い、「刑法、環境法、労働法、原子力施設に関する規則に違反している」とも訴えた。2017年に1つの原子炉で謎の電力サージが発生し、その1年後に同じ発電所で洪水が発生するなど、事件は続いていたものの、何の対策もとられなかった。
The largely state-run firm which operates the plant, Electricite de France (EDF), confirmed the ongoing investigation to the Wall Street Journal, saying the probe would help to “shed all necessary light on the alleged facts and thereby show the truth.”

Speaking to Reuters on Thursday, a lawyer for the whistleblower, William Bourdon, said the complaint was initially filed in November, but noted that the subsequent investigation does not target EDF directly. Instead, a probe “against X” has been launched, allowing prosecutors to look into the actions of multiple different parties.

The new investigation marks another blow for the French utility, which has recently taken half of the country’s nuclear reactors offline due to scheduled maintenance and refueling, and even outages caused by corrosion and damage. The spate of shutdowns coincided with soaring energy prices across Europe and elsewhere, driven in part by the conflict in Ukraine, as well as Western sanctions on Russian gas and oil exports.
この新しい捜査は、フランスの電力会社にとって新たな打撃となる。同社は最近、定期保守点検や燃料補給、さらには腐食や損傷による停止で、国内の原子炉の半分を停止させているのである。一連の停止は、ウクライナ紛争やロシアのガスや石油の輸出に対する欧米の制裁もあり、欧州やその他の地域でエネルギー価格が高騰していた時期と重なった。
The cost of inspecting and repairing the French nuclear plants could exceed €4.5 billion ($4.8 billion), according to recent EDF estimates, well beyond previous expectations. France derives around 70% of its electricity from nuclear power, and has seen a jump in prices throughout 2022.

Prior to the whistleblower filing, the Tricastin nuclear site had encountered some safety issues, including two separate uranium leaks within a matter of days in July 2008 which contaminated 100 employees at the plant and led to a ban on using local water for drinking, swimming, and agriculture.



福島第一原発、汚染配管撤去作業がまた中断 「数時間被ばくで死亡」レベルの高線量検出で
2022年5月27日 21時23分
東京電力が約2カ月ぶりに再開した福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)1、2号機間にある高濃度の放射性物質で汚染された配管の撤去作業が、また中断した。23日に初めて切断した配管で毎時3シーベルト(3000ミリシーベルト)と極めて高い放射線量が検出され、26日に予定した2回目の切断を中止。東電は切断方法や作業員の被ばく抑制策の再検討に時間をかける。
 毎時3シーベルトは人が数時間被ばくすれば死亡するレベルの高線量。東電によると、配管の切断面内部の線量を測定した作業員の被ばく線量は最大0.41ミリシーベルトで、事前に計画していた被ばく限度は超えなかった。





2022/5/21、11時40分、東京都足立区の空間線量率が0.061μSv/hと平常より0.032μSv/h程上がっています。都内は、局地的に強い雨です。



説明なく再利用 重大
山下氏 放射性廃棄物めぐり
 日本共産党の山下芳生議員は4月26日の参院環境委員会理事懇談会で、東電福島第1原発事故による放射能汚染土壌の最終処分に向けた進捗(しんちょく)状況の報告を受け、放射性廃棄物200万トンが民間業者によって道路建設などに再利用されていた問題を追及しました。
 山下氏は、避難区域とされた地域の廃棄物は「国が処理する」と放射性物質汚染対処特措法にあると指摘。「現に汚染された“土壌”は道路建設への再利用の実証事業が行われようとしたが、住民の反対でとん挫した。しかしコンクリート片などの“廃棄物”は民間業者が勝手に再利用している。なぜこのような事態になったのか」とただしました。
 環境省担当者は「土壌以外は再利用すれば廃棄物でなくなる扱いとした」と答弁。山下氏が「特措法のどこに根拠規定があるのか」とただすと「特措法でなく政府で解釈した」と説明しました。
 山下氏は「脱法行為だ」と批判し、「廃棄物がどこでどう再利用されているか、住民は知らされているのか」と追及。同省担当者は「業者が取りに来て汚染濃度を確認して持って行く。行き先は把握していない。住民説明会は行われていない」と述べました。



2022/4/29、近畿から東北の広い範囲で降雨。日本海側で空間線量率上昇。

2022/4/26、全国的に雨ですが、夜になって島根県浜田市で空間線量率が上がっています。

鳥取でも上がっているところがあります。
岩手県滝沢市も上昇。

秋田県由利本荘市 0.02μSv/h程度の上昇
気流を見てもどこが放出源なのかわかりかねています。
posted by ZUKUNASHI at 21:19| Comment(0) | 福島原発事故

British colonial genocide







posted by ZUKUNASHI at 21:09| Comment(0) | 国際・政治

北朝鮮が日本に警告

North Korea sends warning to Japan
The firing of an intermediate-range ballistic missile earlier this month was a message to “enemies,” Pyongyang says
Tokyo will “pay a high price” if alleged persecution of Korean nationals living in Japan continues, North Korea has warned its neighbor.

Pyongyang views the “oppression” of North Koreans in Japan as a challenge to its dignity and sovereignty, the state-run Korean Central News Agency (KCNA) pointed out on Wednesday.

According to South Korean news outlet Yonhap, the statement apparently referred to reports of an increase in hate crimes against students at schools across Japan for ethnic Koreans.

“We've solemnly stated that the October 4 firing of a new type of a ground-to-ground intermediate-range ballistic missile is a warning to our enemies,” KCNA said.

“Whether this warning will lead to actual results will depend on the attitudes of hostile forces, including Japan,” it pointed out, adding that Tokyo will “pay a high price” for actions aimed against North Korea.

On October 4, Pyongyang carried out yet another of its tests this year of banned missile technology, firing its Hwasong-12 ballistic missile into the Pacific Ocean. The projectile flew over Japan, prompting a warning for residents to seek shelter, and ended up covering 4,500 kilometers, which appears to be the farthest to date that any of North Korea’s missiles has traveled.

It was also the first time in five years that Pyongyang sent a missile over Japan, with Tokyo, Seoul and Washington condemning the move.

The leaders of Japan, South Korea and the US met on the sidelines of the East Asia Summit in Cambodia on Sunday, vowing a unified and coordinated response to North Korea’s nuclear and ballistic missile programs.

US President Joe Biden insisted that partnership between the three nations was “even more important than it's ever been,” in view of what he described as a stepping-up of provocations by Pyongyang .
今月上旬の中距離弾道ミサイルの発射は「敵」へのメッセージだったと平壌は言う。
在日朝鮮人に対する迫害が続けば、東京は「高い代償を払うことになる」と、北朝鮮は隣国に警告を発した。

国営の朝鮮中央通信(KCNA)は2日、平壌が在日北朝鮮人の「抑圧」を自国の尊厳と主権への挑戦と見なしていると指摘した。

韓国の報道機関「聯合ニュース」によると、声明は、日本各地の学校で生徒に対する朝鮮民族のヘイトクライムが増加しているとの報道に言及したようだ。

KCNAは、「10月4日の新型地対地中距離弾道ミサイルの発射は、敵への警告であることを厳粛に表明した」と述べた。

「この警告が実際の結果につながるかどうかは、日本を含む敵対勢力の態度次第だ」と指摘し、東京は北朝鮮に向けた行動に対して「高い代償を払う」ことになると付け加えた。

10月4日、北朝鮮は今年に入ってから禁止されているミサイル技術の実験を再び行い、弾道ミサイル「華城12号」を太平洋に向けて発射した。日本上空を通過したため、住民に避難勧告が出されるほどであった。

また、平壌が日本上空にミサイルを飛ばしたのは5年ぶりであり、東京、ソウル、ワシントンはこの動きを非難した。

日本、韓国、アメリカの首脳は日曜日、カンボジアで開催された東アジアサミットの傍らで会談し、北朝鮮の核・弾道ミサイル開発計画に対して統一的かつ協調的に対応することを誓った。

ジョー・バイデン米大統領は、平壌による挑発が強化されていることから、3カ国間のパートナーシップは「これまで以上に重要」であると主張した。
posted by ZUKUNASHI at 19:08| Comment(0) | 国際・政治

ウクライナやポーランドの防空施設網は機能していない


S-300は、いくつか機種があり、現在も使われているものとそうでないものかあるようです。ウクライナの持つものは旧式でロシアでは現在使われていないとされています。最新鋭はS-500で、S-400は外国に販売されています。ウクライナの発射したS-300は少なくともポーランド領内に逸れたものは、まったく当たらなかったことになります。

ポーランドの東部には、米国製のパトリオットミサイルが配備されていたようですが、これも役立たなかった。

S-400に対する海外からの引き合いが多いのはその性能の違いによるものです。
posted by ZUKUNASHI at 18:51| Comment(0) | ウクライナ

ポーランドへのミサイル落下は仕掛け?



・・・S-300の破片が確認されています。ウクライナが使っているものとされています。ウクライナがポーランドへのロシアの攻撃を偽装し、NATOを引き込もうとしています。






Przewodów


NATO consultations possible after Poland ‘missile strike’
Warsaw is putting troops on alert and may decide to invoke NATO Article 4


ウクライナのミサイルが 2 人のポーランド人の村人を殺した可能性が最も高いこと、そしてゼレンスキーと彼の支援者がこれを利用して第 3 次世界大戦を始めようとしていることに、まったくぞっとします。
posted by ZUKUNASHI at 13:34| Comment(0) | ウクライナ

G20 参加首脳に陽性者が発生


バイデンが風邪? 習がマスクなしでバイデンと会っている。


速報−バイデンとのバリ ASEAN サミットの後、カンボジア大統領のテスト#COVID19が陽性。しかし、 @CDCgov
は、バイデンは密接な接触者ではなかったと、ばかげて主張しています。一体どこで CDC はこれらの恣意的なルールを発明するのでしょうか?!
HT @seungminkim

・・・カンボジア大統領(陽性)、バイデン(体調悪化?)、習(バイデンとマスクなしで会談 ?)

posted by ZUKUNASHI at 13:20| Comment(0) | 国際・政治

感染するとウイルスが体内に残り続ける可能性



ウィルスが体内に残っている状態ならイベルメクチンが効くことがあるというのは理解できます。


多系統炎症症候群(Mis-C)の小児の剖検で複数の臓器にウイルスが残存していることを著者らは次のように指摘している。
SARS-COV-2の残存は、これまでに報告されたMIS-C患者のすべての剖検例における特徴であり、病因に関与していることが示唆された。
posted by ZUKUNASHI at 13:06| Comment(0) | Covid19

リビアのカダフィが惨殺されてから10年 NATOがやりました




posted by ZUKUNASHI at 09:56| Comment(0) | 国際・政治

イスタンブールで爆発 トルコは米国大使館の哀悼の意を受け入れない

posted by ZUKUNASHI at 09:31| Comment(0) | 国際・政治

ロシアと米国がアンカラで秘密会談

Russia and US holding secret talks in Ankara – Kommersant
Moscow is reportedly represented by the country’s top spy at the negotiations
There are reports in Russian media about secret US-Russian talks being hosted by Türkiye. The Kremlin would neither confirm nor deny the claim.

The undeclared meeting is allegedly being held on Monday in the Turkish capital Ankara, the business daily Kommersant reported. Its source said that Moscow is represented by Sergey Naryshkin, the director of Russia’s Foreign Intelligence Service, or SVR, but would not offer any other details, the outlet said.

When asked about the purported talks, Kremlin spokesman Dmitry Peskov said: “I cannot either confirm or deny it.”

Earlier this month, Western media reported that top Russian and US officials were engaging in undeclared contacts. According to the Wall Street Journal, US national-security adviser Jake Sullivan has been engaged with Yury Ushakov, a senior foreign policy aide to President Vladimir Putin, and with Nikolay Patrushev, Sullivan’s counterpart in the Russian government.

The White House did not deny the talks, with spokesperson Karine Jean-Pierre telling journalists that the contacts focused on “risk reduction.” Meanwhile, Peskov told the WSJ at the time that the British and American press tended to print “hoaxes.”

Türkiye emerged as a principal mediator during the Ukraine crisis. In late March, it hosted Russia-Ukraine talks, during which the two parties made significant progress towards settling on a peace agreement.

The negotiations were reportedly torpedoed by the UK, when then-Prime Minister Boris Johnson traveled to Kiev in April. According to Ukrainian media, he told President Vladimir Zelensky that Western nations would not support the proposed security pact that was discussed with Russia.

Ankara also helped the UN to launch the Black Sea Initiative, an arrangement that allows Ukraine to export its grain via commercial ships. The agreement, which was signed in July, expires on Friday. Moscow has repeatedly stated that it may not agree to a renewal, unless the UN delivers on its promise to facilitate Moscow’s export of Russian grain and fertilizers, which was part of the deal.
ロシアと米国がアンカラで秘密会談を開く – コメルサント
伝えられるところによると、モスクワは交渉で国の最高のスパイによって代表されています
トルキエが主催する秘密の米露会談について、ロシアのメディアで報道されている。クレムリンは、この主張を肯定も否定もしませんでした。

宣言されていない会議は、月曜日にトルコの首都アンカラで開催されるとされている、と経済日刊紙コメルサントは報じた。その情報筋は、ロシアの対外情報局(SVR)の局長であるセルゲイ・ナリシュキンがモスクワを代表していると述べたが、それ以外の詳細は明らかにしなかった、とアウトレットは述べた。

クレムリンのスポークスマンであるドミトリー・ペスコフは、会談とされるものについて尋ねられたとき、「私はそれを確認することも否定することもできない」と述べた.

今月初め、西側メディアは、ロシアと米国の高官が未申告の接触に関与していると報じた。ウォール・ストリート・ジャーナルによると、米国の国家安全保障担当補佐官ジェイク・サリバンは、ウラジーミル・プーチン大統領の上級外交政策補佐官であるユーリー・ウシャコフと、ロシア政府でサリバンのカウンターパートであるニコライ・パトルシェフと関わっている。

ホワイトハウスは会談を否定せず、スポークスパーソンのカリーヌ・ジャン・ピエールはジャーナリストに、接触は「リスク削減」に焦点を当てていたと語った.一方、ペスコフ氏は当時、英国と米国のマスコミは「デマ」を掲載する傾向があると WSJ に語った。

テュルキエは、ウクライナ危機の際の主要な調停者として登場しました。 3 月下旬には、ロシアとウクライナの会談が開催され、その間、両国は和平合意に向けて大きな前進を遂げました。

当時のボリス・ジョンソン首相が4月にキエフを訪れたとき、交渉は英国によって水を差されたと言われている。。ウクライナのメディアによると、彼はウラジミール・ゼレンスキー大統領に、西側諸国はロシアと協議され、提案された安全保障協定を支持しないだろうと語った.

アンカラはまた、国連が黒海イニシアチブを開始するのを支援しました。これは、ウクライナが商業船を介して穀物を輸出できるようにする取り決めです。 7月に調印されたこの合意は、金曜日に期限が切れます。モスクワは、協定の一部であったロシアの穀物と肥料のモスクワの輸出を促進するという約束を国連が履行しない限り、更新に同意しないかもしれないと繰り返し述べてきた。
Washington reveals details of high-profile US-Russia talks
Top spies from both sides met to discuss avoiding “miscalculations,” US National Security Council spokesman said
The recent unannounced meeting of top Russian and US spies in Ankara was meant to maintain dialogue between two powers, US National Security Council spokesman John Kirby told US media on Tuesday.

Speaking to Bloomberg, Kirby was asked to comment on the talks in Türkiye’s capital, which involved Sergey Naryshkin, director of Russia’s Foreign Intelligence Service (SVR), and CIA Director Bill Burns.

“This was really about keeping the channels of communication with Russia open on issues that affect both our security’s futures,” the official said, adding that Burns’ sit-down with Naryshkin was “all about routine channels of communication” that Washington has with Moscow at various levels.

Kirby noted that in recent weeks US Secretary of Defense Lloyd Austin and the Chairman of the Joint Chiefs of Staff Mark Milley spoke with their respective Russian counterparts. By doing so, the US is “making sure that… there won’t be any miscalculations,” the official said.

At the same time, Kirby didn’t say whether the parties discussed US citizens that are currently in Russian custody, noting that he was not present at the meeting. “The main purpose was to talk about issues around strategic stability,” he said.

Previously, the White House said that the Ankara talks didn’t have anything to do with the Ukraine conflict and revolved around nuclear weapons and US citizens that had been detained in Russia. Meanwhile, Moscow confirmed that the talks had indeed taken place, but refused to provide any more details.

Earlier this month, The Wall Street Journal reported that US National Security Advisor Jake Sullivan held behind-the-scenes negotiations with top Russian officials to decrease the chances of a broader conflict over Ukraine. At the time, Kremlin Press Secretary Dmitry Peskov said Russia had nothing to say about the report, adding that “Anglo-Saxon newspapers release a lot of hoax stories.”
ワシントン、注目の米露会談の詳細を明らかに
双方のトップスパイが「誤算」の回避を議論するために会談したと、米国家安全保障会議報道官が述べた。
米国国家安全保障会議のジョン・カービー報道官は、最近アンカラで行われたロシアと米国のトップスパイによる抜き打ちの会談は、2つの大国間の対話を維持するためのものだったと、火曜日に米国メディアに語った。

ブルームバーグの取材に応じたカービー氏は、ロシアの対外情報庁(SVR)長官セルゲイ・ナリシキン氏とCIA長官ビル・バーンズ氏が参加したトルコの首都での会談について、コメントを求められた。

「これは、両国の安全保障の将来に影響を与える問題について、ロシアとのコミュニケーションチャンネルをオープンにしておくためのものだ」と同長官は述べ、バーンズ氏とナリシキン氏の会談は、ワシントンがモスクワと様々なレベルで持っている「日常のコミュニケーションチャンネルについてのすべて」であったと付け加えた。

カービー氏は、ここ数週間、ロイド・オースティン米国防長官とマーク・ミルリー統合参謀本部議長が、それぞれロシアのカウンターパートと話をしたことを指摘した。そうすることで、米国は「誤算がないことを確認している」と同高官は述べた。

同時に、カービー氏は、現在ロシアに拘束されている米国人について話し合ったかどうかについては言及せず、会談に同席していないことを明らかにした。"主な目的は、戦略的安定をめぐる問題について話すことだった "と述べた。

以前、ホワイトハウスは、アンカラでの会談はウクライナ紛争とは関係なく、核兵器とロシアに拘束されている米国人を中心に行われたと発表していた。一方、モスクワは会談が実際に行われたことを確認したが、それ以上の詳細については明らかにすることを拒否した。

今月初め、ウォールストリート・ジャーナル紙は、ジェイク・サリバン米国家安全保障顧問がロシア高官と水面下で交渉を行い、ウクライナ紛争が拡大する可能性を減少させたと報じた。当時、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、ロシアはこの報道について何も言うことはないと述べ、"アングロサクソンの新聞は多くのデマ記事を発表している "と付け加えた。
posted by ZUKUNASHI at 08:59| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナの国境付近のポーランドにミサイルが落下

Poland calls emergency security meeting after claim about missiles
There are conflicting reports about whether the reported explosion was caused by Russian or Ukrainian rockets
Polish Prime Minister Mateusz Morawiecki has called an emergency meeting of the government’s national security and defense committee amid reports of a deadly strike near the nation’s border with Ukraine.

Poland is understood to have scrambled fighter jets in the wake of the reports that two people had been killed in an “explosion” allegedly caused by a missile strike. The Polish military and prosecutors have arrived at the scene of the blast, Visegrad 24 reports.

Russia's Mash Telegram channel has published a photo of what it said is a fragment from an S-300 defence system missile. This Soviet-era equipment is used by Ukraine.

Meanwhile, other sources have pointed the finger at Russia. Moscow fired dozens of missiles at Ukraine earlier on Wednesday

Earlier, Polish media reported blasts had rocked the town of Przewodow, which is located in the Lublin region, not far from the border with Ukraine. A grain drier facility was reportedly hit, killing at least two people, local media said.

“The reasons for this incident are not known at the moment,” local fire service spokesman, Senior Captain Marcin Lebiedowicz, told Radio Lublin. He confirmed that there had been casualties and said his agency had received “a report of an explosion.”

The Polish government spokesman Piotr Mueller also called on the media and the public “not to publish unconfirmed information.”

AP reported, citing a “senior US intelligence official,” that Russian missiles had crossed into Poland, killing two people. Mueller did not comment on the reports, only referring to the incident as a “crisis situation.”

Neither Kiev nor Moscow have commented on the incident so far.
ポーランドのマテウシュ・モラヴィエツキ首相は、ウクライナとの国境付近で死者が出たとの報道を受け、政府の国家安全保障・防衛委員会の緊急会議を招集した。

ポーランドは、ミサイル攻撃による「爆発」で2人が死亡したとの報道を受け、戦闘機を緊急発進させたと見られる。ポーランド軍と検察は爆発現場に到着したとVisegrad 24は報じている。

ロシアのMashテレグラムチャンネルは、S-300防衛システムミサイルの破片とされる写真を公開した。このソ連時代の装備はウクライナが使用している。

一方、他の情報源はロシアに矛先を向けている。モスクワは水曜日未明、ウクライナに向けて数十発のミサイルを発射した。

ポーランドのメディアは、ウクライナとの国境にほど近いルブリン地方のプルシュトフという町で爆発が発生したと報じた。地元メディアは、穀物乾燥機が攻撃され、少なくとも2人が死亡したと伝えた。

地元消防署のスポークスマンであるマルチン・レビエドヴィッチ上級大尉はラジオ・ルブリンに、「この事件の理由は今のところわかっていない」と述べた。彼は死傷者が出たことを確認し、「爆発の報告」を受けたと述べた。

ポーランド政府のピョートル・ミューラー報道官もメディアと国民に "未確認の情報を公表しないように "と呼びかけた。

AP通信は、"米国情報機関の高官 "を引用し、ロシアのミサイルがポーランドに渡り、2名が死亡したと報じた。ミューラーはこの報道についてコメントせず、事件を "危機的状況 "とだけ言及した。

キエフもモスクワも、今のところこの事件に関してコメントしていない。

Russia denies striking Poland with missiles
Moscow insists a reported explosion near the Ukrainian border is not related to its military operation
Russia has not carried out any strikes against targets near the Polish-Ukrainian border, the defense ministry in Moscow said on Tuesday, following reports of a missile striking the village of Przewodow and killing two civilians.

Some Western media outlets and politicians have claimed that Russia is responsible for the incident. However, no evidence has been provided to support such assertions.

Missile fragments, photos of which were published by Polish media outlets on the scene, “have nothing to do with Russian weapons,” the Russian Defense Ministry said.

Statements by the Polish media and officials about the alleged ‘Russian’ missiles falling in the area of the village of Przewodow are “a deliberate provocation in order to escalate the situation,” the Russian military added.

Poland convened an emergency meeting of its national security council on Tuesday evening, after reports that at least two civilians were killed when one or more missiles struck the village in the Lublin region, just across the border with Ukraine.

While the AP reported that Russian missiles had crossed into Poland, citing an unnamed “senior US intelligence official,” the Pentagon declined to corroborate the claim.

“I can tell you that we don't have any information at this time to corroborate those reports and are looking into this further,” Air Force Brigadier General Patrick Ryder told reporters, when asked about the Przewodow incident.

Polish government spokesman Piotr Mueller called on the media and the public “not to publish unconfirmed information.”

Officials from the Baltic states blamed Russia and claimed that Poland should invoke NATO’s Article 5 in retaliation. Meanwhile, Ukrainian President Vladimir Zelensky accused Russia of “terrorism” and said NATO needed to “act” against this “attack on collective security.”
ロシア、ポーランドへのミサイル攻撃を否定
モスクワは、ウクライナ国境付近で報告された爆発は、その軍事作戦とは無関係であると主張している。
ロシアはポーランドとウクライナの国境付近の目標に対していかなる攻撃も行っていないと、モスクワの国防省は25日、ミサイルがプリズトゥストフ村を襲い、2人の民間人が死亡したとの報道を受け、発表した。

一部の西側メディアや政治家は、ロシアに責任があると主張している。しかし、そのような主張を裏付ける証拠は提供されていない。

ポーランドのメディアが現場で公開したミサイルの破片の写真は、「ロシアの兵器とは関係がない」とロシア国防省は述べている。

ポーランドのメディアや当局者による、プリシュトフ村周辺に落下した「ロシアの」ミサイルとされるものについての発言は、「状況をエスカレートさせるための意図的な挑発である」とロシア軍は付け加えている。

ポーランドは火曜日夜、ウクライナとの国境を越えたルブリン地域の村に1発以上のミサイルが落ち、少なくとも2人の民間人が死亡したとの報告を受け、国家安全保障会議の緊急会議を招集した。

AP通信は、無名の「米国情報機関高官」の話として、ロシアのミサイルがポーランドに侵入したと報じたが、国防総省はこの主張の裏付けを取ることを拒否している。

空軍のパトリック・ライダー准将は記者団に対し、プルシュトフ事件について尋ねられた際、「現時点でこれらの報告を裏付けるような情報はなく、さらに調査しているところだ」と述べた。

ポーランド政府のピョートル・ミューラー報道官は、メディアと国民に対し、「未確認の情報を公表しないよう」呼びかけた。

バルト三国の政府関係者はロシアを非難し、ポーランドは報復としてNATOの第5条を発動すべきであると主張した。一方、ウクライナのウラジミール・ゼレンスキー大統領は、ロシアを「テロ」と非難し、この「集団安全保障への攻撃」に対してNATOは「行動」する必要があると述べた。

Ukraine blames Russia for alleged ‘missile strike’ on Poland
President Vladimir Zelensky called the incident that reportedly saw two people killed a strike against NATO’s collective security
NATO “needs to act,” Ukrainian President Vladimir Zelensky said on Tuesday as he laid the blame for an explosion in Poland not far from the Ukrainian border on Russia. Earlier, Polish media reported that at least two people died in what was described as a “stray missile” strike.

“This is a Russian missile strike on collective security!” Zelensky said in a statement, calling it “a very serious escalation.” He also urged western nations to put Russia “in its place” and branded the country as “terrorist."

“The longer Russia feels impunity the higher is the threat for anyone within the reach of Russian missiles,” the Ukrainian president warned, thought he did not provide evidence proving it was Russian missiles that struck Poland.

Earlier on Tuesday, the Polish government convened an emergency meeting over the incident. The Polish authorities did not provide any details about the nature of what they called a “crisis situation.” A government spokesman, Piotr Mueller, called on the media and the public “not to publish unconfirmed information.”
NATOは「行動する必要がある」と、ウクライナのウラジミール・ゼレンスキー大統領は火曜日、ウクライナ国境から遠くないポーランドでの爆発事故の責任をロシアに押し付けるように言った。これに先立ち、ポーランドのメディアは、「流れ弾」とされる攻撃で少なくとも2人が死亡したと報じた。

"これは集団安全保障に対するロシアのミサイル攻撃だ!" ゼレンスキーは声明で、"非常に深刻なエスカレーション "と呼んだ。また、西側諸国に対して、ロシアを「その場に置く」よう促し、同国を「テロリスト」と烙印を押した。

ウクライナ大統領は、ポーランドを攻撃したのがロシアのミサイルであることを証明する証拠を提供しなかったが、「ロシアが免罪符を感じれば感じるほど、ロシアのミサイルの届く範囲にいる人にとって脅威は高くなる」と警告した。

ポーランド政府は火曜日、この事件に関する緊急会議を招集した。ポーランド当局は、"危機的状況 "と呼ばれるものの性質について、詳細を説明しなかった。政府のピョートル・ミューラー報道官はメディアと国民に "未確認の情報を公表しないように "と呼びかけた。
posted by ZUKUNASHI at 08:46| Comment(0) | ウクライナ

急性心筋炎 (または無症候性) で10 年間で 50% の人が死亡

これは、今後 5 年間に留意すべき表です。
急性心筋炎 (または無症候性) では、10 年間で 50% の人が死亡します。
しかし、これらの 80% は統計的に 6 年以内に死亡します。
したがって、今後5年間で大虐殺になります。

元論文はこちらです。
Long-Term Outcome of Fulminant Myocarditis as Compared with Acute (Nonfulminant) Myocarditis

上のグラフの見出しは「臨床病理学的分類による無移植生存率の未調整値」とあります。

論文をよく読まないと、母数の定義が確認できません。
posted by ZUKUNASHI at 01:12| Comment(0) | Covid19