ずくなしの冷や水

2022年11月15日

キエフの交渉条件は「非現実的」-モスクワ

Kiev’s terms for talks ‘unrealistic’ – Moscow
The longer Ukraine rejects negotiations, the harder it’ll be to find common ground, the Russian FM has warned
Kiev’s conditions for the commencement of peace talks with Moscow are “unrealistic and inadequate,” Russian Foreign Minister Sergey Lavrov has told journalists at the G20 summit. Moscow is not refusing to negotiate, he added.

Lavrov, who is representing Russia at the high-profile gathering on the Indonesian island of Bali, said he had a brief conversation with French President Emmanuel Macron earlier on Tuesday. During this exchange, the French leader “confirmed his willingness to continue contacts with Russian President Vladimir Putin to find some agreements that would allow this whole situation to be settled, as he put it,” Lavrov said in a comment to RT’s correspondent.

“I reminded [Macron] that all the problems are on the Ukrainian side, which categorically refuses any talks and puts forward conditions that are invariably unrealistic and inadequate, considering the situation,” the foreign minister said.

Commenting on Ukrainian President Vladimir Zelensky’s video address to the G20 summit, Lavrov said it was full of “militant, Russophobic and aggressive rhetoric.”

“I’ve made only one conclusion from his speech: that he’s still not listening to any advice from the West,” the Russian diplomat said.

Lavrov was likely referring to recent reports that Washington has been privately pushing Kiev to drop its uncompromising rejection of the peace process with Moscow. Also, last week, the chairman of the US Joint Chiefs of Staff, General Mark Milley, suggested that a Ukrainian victory may not be achievable militarily and that winter could provide an opportunity to begin talks with Russia.

“We’ve repeatedly, through the statements of our president, confirmed that we don’t refuse negotiations, if anyone does so, it’s Ukraine. And the longer it refuses to talk, the more difficult it’ll be to find common ground,” Lavrov stated.

In his video address earlier on Tuesday, Zelensky told the G20 leaders that he was “convinced now is the time when the Russian destructive war must and can be stopped.”

While signaling Ukraine’s willingness to talk, he also stated that his country “shouldn’t be offered compromises with its sovereignty, territorial integrity and independence” to achieve peace.

Kremlin Press Secretary Dmitry Peskov said Zelensky’s address “absolutely confirms” the unwillingness of Kiev to look for a settlement of the conflict at the negotiating table.

ウクライナが交渉を拒否すればするほど、共通点を見つけるのが難しくなると、ロシア外相が警告した。
ロシアのラブロフ外相は、G20サミットで記者団に対し、モスクワとの和平交渉開始に関するキエフの条件は「非現実的で不十分」であると述べた。モスクワは交渉を拒否しているわけではない、と付け加えた。

インドネシアのバリ島で開催されている注目の集まりにロシアを代表して参加しているラブロフ氏は、火曜日の初めにフランスのエマニュエル・マクロン大統領と短い会話をしたと述べた。このやり取りの中で、フランスの指導者は「この状況全体を解決できるような何らかの合意を見つけるために、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領との接触を続ける彼の意志を確認した」と、ラブロフはRTの特派員へのコメントで述べている。

外相は、「私は、すべての問題は、いかなる協議も断固として拒否し、状況を考慮すると、常に非現実的で不十分な条件を提示するウクライナ側にあることを(マクロンに)思い出させた」と述べた。

ウラジーミル・ゼレンスキー大統領のG20サミットでのビデオ演説について、ラブロフ氏は、「過激でロシア嫌いの攻撃的なレトリックに満ちている」と指摘した。

「彼のスピーチから得た結論はただ一つ、彼はまだ西側からの助言に耳を傾けていないということだ」とロシアの外交官は述べた。

ラブロフは、ワシントンがキエフにモスクワとの和平プロセスに対する妥協のない拒否をやめるよう内々に働きかけているという最近の報道について言及したのだろう。また先週、アメリカ統合参謀本部議長のマーク・ミリー将軍は、ウクライナの勝利は軍事的には達成できないかもしれず、冬はロシアとの協議を始める機会になるかもしれない、と示唆した。

"我々は大統領の発言を通じて、交渉を拒否しないことを繰り返し確認してきた、もしそうする者がいるとすれば、それはウクライナだ。そして、話し合いを拒否する期間が長ければ長いほど、共通認識を見出すことが難しくなるだろう」とラブロフは述べた。

ゼレンスキーは、火曜日のビデオ演説で、G20の首脳に対し、"今こそロシアの破壊的な戦争を止めなければならないし、止めることができると確信している "と述べた。

ウクライナの対話の意思を示す一方で、平和を達成するために「主権、領土保全、独立に対する妥協を持ちかけるべきではない」とも述べている。

クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、ゼレンスキー氏の演説は、キエフが交渉の席で紛争の解決を模索する意思がないことを「絶対に確認する」ものだと述べた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 23:43| Comment(0) | ウクライナ

米国の目標はロシアを破壊すること-安全保障局長

US goal is to destroy Russia – security chief
Washington wants to use Ukraine to damage Russia, Nikolay Patrushev says
The US wants to weaken and destroy Russia, and is using Ukraine as a “battering ram” to achieve that goal, the secretary of Russia’s national Security Council has warned.

While Washington declares Russia “a source of instability”, it also fosters “anti-Russian alliances, builds up military strength, deploys NATO forces at our border,” Nikolay Patrushev said on Tuesday during a government meeting.

“The puppet Kiev regime, which took power through a coup that was supported by [the US and its closest allies], is being used as a battering ram against Russia,” Patrushev added, as quoted by TASS news agency. “The US goal is to weaken, disunite and ultimately destroy our nation.”

The official claimed Washington will stop at nothing to achieve its “selfish goals” aimed at global supremacy and is pushing the world “towards a global war” through policies that pit other nations against each other.

Patrushev made the remarks during a meeting on Russian domestic security, which he chaired in the city of Bryansk. He called for possible safety lapses at strategic sites to be fixed, and said Ukrainian saboteurs pose an increasing threat to Russia and its people.

“Attempts to infiltrate Russian territory by members of radical and extremist structures, who seek to conduct sabotage activities and terrorist attacks, have significantly increased,” he stated. Transport and energy sites are of particular interest for would-be plotters, he stressed.

Patrushev added that Russian law enforcement agencies have thwarted 28 terrorism-related crimes this year, including nine attempted acts of sabotage.

ワシントンはロシアにダメージを与えるためにウクライナを利用したい、とニコライ・パトルシェフ氏
米国はロシアの弱体化と破壊を望んでおり、その目標を達成するためにウクライナを「打撃棒」として利用していると、ロシア国家安全保障会議の書記が警告した。

ニコライ・パトルシェフ(Nikolay Patrushev)は火曜日、政府の会議で次のように述べた。「アメリカはロシアを『不安定要因』と宣言する一方で、『反ロシア同盟』を育て、軍事力を強化し、NATO軍を国境に配置している」。

「米国とその最も近い同盟国によって支援されたクーデターによって権力を得た傀儡キエフ政権は、ロシアに対する打撃として利用されている」と、タス通信が引用するようにパトルシェフ氏は付け加えた。「米国の目標は、我が国を弱体化させ、分裂させ、最終的に破壊することだ。

同高官は、米国は世界の覇権を目指す「利己的な目標」を達成するためには手段を選ばず、他国を互いに対立させる政策によって世界を「世界戦争」へと向かわせようとしていると主張した。

パトルシェフ氏は、ブリャンスク市で開かれたロシア国内の安全保障に関する会議で発言した。また、ウクライナの破壊工作員がロシアとその国民に脅威を与えていると述べた。

「破壊工作やテロ攻撃を目的とする過激派組織のメンバーによるロシア領土への侵入の試みは、著しく増加している」と述べた。特に交通機関やエネルギー関連施設への侵入が目立っている」と述べました。

パトルシェフは、ロシアの法執行機関は今年、9件の破壊工作未遂を含む28件のテロ関連犯罪を阻止したと付け加えた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 23:28| Comment(0) | ウクライナ

White House divided on pushing for peace in Ukraine – NYT

White House divided on pushing for peace in Ukraine – NYT
A top US general reportedly believes negotiations would allow Kiev to “cement gains” while other officials think it’s too soon for diplomacy
The US government is divided on whether to pressure Ukraine into initiating peace talks with Russia, with some officials arguing that it won’t get better terms in the future, the New York Times reported on Thursday, citing sources.

According to White House officials interviewed by the outlet, Gen. Mark Milley, who heads the US Joint Chiefs of Staff, stated during internal meetings that Kiev’s forces had achieved all that they may reasonably expect before winter sets in and “should try to cement their gains at the bargaining table” with Russia.

Milley was apparently referring to Moscow’s recent decision to withdraw its troops from the right bank of the Dnieper River, including the city of Kherson, a move made to preserve the lives of Russian soldiers.

However, other senior officials are said to oppose Milley’s line of thinking, arguing that neither Moscow nor Kiev is ready for talks now, while any lull in the fighting would allow Russia to regroup. Although they believe that the conflict will eventually be settled via diplomacy, the consensus is that the moment for talks “is not ripe,” and the US shouldn’t be seen as trying to hold Kiev back while it “has momentum.”

The report comes as US President Joe Biden said on Thursday that he does not “think that the conflict will be resolved until [Russian President Vladimir] Putin gets out of Ukraine."

The same day, US National Security Advisor Jake Sullivan maintained that Washington “is not pressuring Ukraine” into any talks with Russia, insisting that it is “consulting” Kiev as a partner and providing it with various forms of support.

Moscow has repeatedly stated that while it is not holding any talks with the US over Ukraine, it remains open to a diplomatic engagement with Kiev. However, Ukrainian President Vladimir Zelensky has set out conditions for any diplomatic engagement, which include the “restoration of [Ukraine’s] territorial integrity,” “compensation for all war damage” and “punishment of every war criminal.”

Zelensky earlier signed a decree prohibiting any negotiations with Putin, suggesting that Kiev would only talk to Russia when it has a different president.

ホワイトハウス、ウクライナの和平推進で意見が分かれる - NYT
米国トップの将軍は、交渉によってキエフが「利益を固める」ことができると考えていると伝えられているが、他の当局者は外交には時期尚早だと考えている。
米国政府は、ウクライナに圧力をかけてロシアとの和平交渉を開始させるかどうかで意見が分かれており、一部の当局者は将来的に良い条件を得られないと主張していると、ニューヨーク・タイムズ紙が情報筋の話を引用して20日に報じた。

同紙が取材したホワイトハウス関係者によると、米統合参謀本部を率いるマーク・ミリー元帥は内部会議で、キエフ軍は冬が来る前に合理的に期待できることはすべて達成したので、ロシアとの交渉のテーブルで得たものを「固めるよう試みるべき」と述べたという。

ミレーは、モスクワが最近、ケルソン市を含むドニエプル川右岸から軍を撤退させることを決定したことに言及しているようだ。

しかし、他の高官たちは、モスクワもキエフも今は話し合いの準備ができておらず、戦闘が小康状態になればロシアが再編成することができると、ミレー氏の考え方に反対していると言われている。彼らは、紛争は最終的に外交によって解決されると信じているが、会談のための瞬間は「熟していない」し、米国はキエフが「勢いがある」間に引き止めようとしていると見られるべきではない、というのがコンセンサスである。

この報告は、ジョー・バイデン米大統領が木曜日に、"(ロシアのウラジーミル)プーチン大統領がウクライナから退去するまで紛争は解決されないと思う "と述べたことによる。

同日、ジェイク・サリバン米国家安全保障顧問は、ワシントンがウクライナにロシアとの話し合いを「迫っていない」とし、キエフをパートナーとして「相談している」「様々な形で支援をしている」と主張した。

モスクワは、ウクライナをめぐる米国との協議は行わないが、キエフとの外交的関与には依然として前向きであると繰り返し表明している。しかし、ウクライナのゼレンスキー大統領は、外交的関与の条件として、「(ウクライナの)領土の完全性の回復」、「すべての戦争被害の補償」、「すべての戦争犯罪者の処罰」などを掲げている。

ゼレンスキーは先にプーチンとの交渉を禁止する法令に署名し、キエフは別の大統領になったときだけロシアと対話することを示唆した。

・・・・
@ ウクライナは将来的に良い条件を得られない。・・・これはその通りでしょう。
A キエフ軍は冬が来る前に合理的に期待できることはすべて達成した・・・やることはやったが、その結果が決定的な劣勢です。冬が来れば劣勢はさらに強まるでしょう。
B ロシアとの交渉のテーブルで得たものを「固めるよう試みるべき・・・ケルソンをウクライナ配下に戻すことを言っているようです。ですが、ロシアはケルソンを渡すつもりはありません。そんなことをしたらロシア国内とケルソンの住民から猛烈な批判が出ます。
C (和平交渉の開始で)戦闘が小康状態になればロシアが再編成することができる・・・ケルソンからの撤退も軍の再編成の一環です。追加動員の兵士が訓練を終えて配置されますから、ロシア軍の布陣はさらに強力になります。
D 米国はキエフが「勢いがある」間に引き止めようとしていると見られるべきではない・・・ウクライナと近いレベルになるほどウクライナがまだ戦うつもりなのに戦闘継続をあきらめさせることは難しいでしょう。協力してきたNATO同盟国がどう見るかという問題に加えてウクライナが有利な和平条件を求めて米軍に要求を出すでしょう。
E ゼレンスキー大統領は、外交的関与の条件として、「(ウクライナの)領土の完全性の回復」、「すべての戦争被害の補償」、「すべての戦争犯罪者の処罰」などを掲げている・・・こんな要求は論外でテーブルに上ることもありません。
F 中間選挙の結果がどうなろうと、ウクライナ戦争に対する米国の関与について米国内での論議が高まるのは必至。マーク・ミリー以下の論議はそれに備えたものでもあるでしょう。
G 米国が資金武器の支援を絞れば、ウクライナの軍は活動低下、縮小に追い込まれます。しかし、共和党が選挙に勝ってもすぐに思い切った措置をとることはできないでしょう。ウクライナ戦争は一貫して米国が仕掛けてきたものであり、ゼレンスキー政権はそれゆえに無理に無理を重ね、西側に知られてはならないことをやつてきました。

しかし、ロシアが戦闘で優位を占めており、それが揺るがない以上、どこかで戦争は終わりにしなければなりません。アフガニスタンのようにある時一晩で米兵がいなくなるようなことは、ウクライナではやれないでしょう。

Top US general’s comments on peace talks angered Ukraine – Politico
The chairman of the Joint Chiefs of Staff urged Kiev “to seize the moment” for diplomacy with Russia
The administration of US President Joe Biden is attempting to reassure Ukraine that it’s not pressing Kiev into any peace talks with Moscow after a top US general alluded to “a window” for a diplomatic solution to the conflict, Politico reported on Monday, citing sources. According to the outlet, his comments “angered” Ukrainian officials.

Washington is signaling to Kiev that any winter lull in fighting “doesn’t mean talks should happen imminently,” while vowing to continue supporting the country militarily, Ukrainian and US officials interviewed by Politico said.

Ukrainian concerns that the US could push Kiev into seeking a peace settlement with Moscow were fueled by recent comments by General Mark Milley, the chairman of the US Joint Chiefs of Staff, who said Ukraine could not achieve a military victory while noting that winter may present an opportunity for diplomatic engagement. “When there’s an opportunity to negotiate, when peace can be achieved, seize it. Seize the moment,” he stated.

Russia and the US held high-level talks in Ankara on Monday. The White House later insisted that any “settlement of the war in Ukraine” was not on the table, suggesting that negotiations revolved around nuclear weapons and US citizens in Russian custody, while Moscow has refused to disclose what the sides had talked about.

According to US officials, Washington's mixed messaging on a diplomatic solution to the Ukraine conflict is “straining… [the] relationship” between Washington and Kiev. This is further underscored by an emerging rift between US officials, with some reportedly arguing that it is too soon for peace talks while others believe winter presents a chance for diplomacy. Against this backdrop, Milley's comments are said to have “angered” Ukrainian officials.

The latter group has been pressing their counterparts in Washington to consider this opportunity “more seriously,” but they have so far failed to persuade US President Joe Biden and many members of his administration, the report says.

Moscow has repeatedly stated that it would not rule out talks with Kiev, accusing Ukraine of a lack of engagement. Ukrainian President Vladimir Zelensky has set out conditions for any negotiations with Russia, which include the “restoration of [Ukraine’s] territorial integrity,” “compensation for all war damage,” and “punishment of every war criminal.”

In October, he also signed a decree banning any negotiations with President Vladimir Putin.

In the early days of the conflict, Kiev had struck a different tone, sending a team of negotiators to Istanbul in March to discuss a settlement with Russia. Later, however, it abruptly withdrew from these talks, allegedly due to the efforts of former UK prime minister Boris Johnson. Last month, Kremlin Press Secretary Dmitry Peskov indicated that any future talks with Ukraine alone were unlikely to succeed, as any agreement between the two countries would be “instantly canceled upon orders” from the West.
和平交渉に関する米軍最高司令官の発言にウクライナは怒り心頭-ポリティコ
統合参謀本部議長は、ロシアとの外交のために「今をつかむ」ようキエフを促した。
バイデン米大統領政権は、米軍の最高司令官が紛争の外交的解決のための「窓」について言及した後、キエフにモスクワとの和平交渉を迫ることはないと、ウクライナを安心させようとしていると、ポリティコが情報筋を引用して月曜日に報じました。同誌によれば、将軍の発言はウクライナ政府を「怒らせた」。

ワシントンはキエフに、冬に戦闘が小康状態になったとしても「すぐに会談を行うべきという意味ではない」と合図する一方で、軍事的な支援を継続すると宣言したと、ポリティコがインタビューしたウクライナとアメリカの当局者は述べている。

米国がキエフにモスクワとの和解を求めるように仕向けるかもしれないというウクライナ側の懸念は、米国統合参謀本部議長のマーク・ミルリー将軍が最近述べた、ウクライナは軍事的勝利を収めることはできないとしながら、冬には外交的関与の機会があるかもしれないと指摘したことによって、さらに強まった。「交渉の機会があれば、平和を実現できるのであれば、それをつかめ。今をつかめ」と述べた。

ロシアと米国は月曜日、アンカラで高官級会談を行った。ホワイトハウスはその後、「ウクライナ戦争の解決」はテーブルの上にないと主張し、交渉は核兵器とロシアに拘束されている米国人を中心に展開されたことを示唆したが、モスクワは双方が何を話したかを明らかにすることを拒否している。

米国政府関係者によれば、ウクライナ紛争の外交的解決に関するワシントンの複雑なメッセージは、ワシントンとキエフの間の「緊張...(関係)」になっているという。このことは、米国政府高官の間で、和平交渉は時期尚早だと主張する者がいる一方で、冬は外交のチャンスだと考える者もいるという、新たな亀裂が生じつつあることでも強調された。このような背景から、ミルリー氏の発言はウクライナ政府関係者を「怒らせた」と言われている。

後者のグループは、この機会を「もっと真剣に」検討するよう、ワシントンのカウンターパートに圧力をかけているが、今のところジョー・バイデン米国大統領とその政権の多くのメンバーを説得することはできていない、と報告書は述べている。

モスクワは、キエフとの会談を排除しないと繰り返し表明し、ウクライナの関与の欠如を非難している。ウラジーミル・ゼレンスキー大統領は、ロシアとの交渉の条件として、「(ウクライナの)領土の完全性の回復」、「すべての戦争被害の補償」、「すべての戦争犯罪者の処罰」などを掲げている。

10月には、プーチン大統領との交渉を一切禁止する法令にも署名している。

紛争当初、キエフはロシアとの和解を協議するため、3月に交渉団をイスタンブールに派遣するなど、これまでとは異なる態度を示していた。しかしその後、ボリス・ジョンソン元英国首相の働きかけにより、この協議から突然離脱したとされる。先月、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、今後ウクライナとの協議だけでは成功する可能性は低く、両国間の合意は西側からの「命令によって即座に取り消される」と指摘した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 23:22| Comment(0) | ウクライナ

フランスの蛮行



posted by ZUKUNASHI at 22:58| Comment(0) | 国際・政治

what these military biologists are doing

posted by ZUKUNASHI at 21:08| Comment(0) | 国際・政治

ドンバスに中国人義勇兵 ウクライナで台湾の傭兵の葬式



・・・中国政府は関与していないというでしょうが、禁止していないわけですね。

posted by ZUKUNASHI at 20:38| Comment(0) | ウクライナ

サハリン2 右手で殴って左手で握手

サハリン2新会社への参画決定 商社2社、ガス権益維持
三井物産と三菱商事が、ロシア極東の石油・天然ガス開発事業「サハリン2」を巡り、ロシアが運営を移管した新会社に参画する方針を決めたことが25日分かった。両社は月内にも出資意向を通知する。液化天然ガス(LNG)の安定調達に向け、権益維持を要請していた日本政府と足並みをそろえる。今後は政府と連携してロシア側の条件を慎重に見極める。
 三菱商事は25日の取締役会で決議し「総合的な観点から判断した」とコメントした。三井物産は政府、パートナーと連携していると説明した。



NHK2022/7/19
サハリン2に関する今後の対応について萩生田大臣は「引き続き、ロシア側に説明を求めるなど情報収集を行っているところで、ロシア側が設立する新会社に参画する場合の条件などが明らかになってから判断することになる」と述べました。
・・・ロシアの新会社への資産移行の方針が出てから20日です。今なお、条件が明らかでないというのはおかしいです。すでに条件は示され、それを巡って交渉は始まっているが芳しくないというのが実態ではないでしょうか。



Japanese firms told to stick with Russian LNG project – media
Japanese authorities believe stakes in Sakhalin-2 will help ensure continued gas supplies
The Japanese government has called on Mitsubishi and Mitsui to keep their shares in the Sakhalin-2 Liquefied Natural Gas project after its transfer to a Russian operator, The Nikkei reported on Saturday.

“The companies have shares [in Sakhalin-2], so we agreed that they should hold them tight,” Japanese Minister of Economy, Trade and Industry Koichi Hagiuda told reporters after meeting with Prime Minister Fumio Kishida, as cited by the news outlet.

Sakhalin-2 produces 10 million tons of LNG per year, and about 60% of the project's output is exported to Japan. On June 30, Russian President Vladimir Putin signed a decree according to which Sakhalin-2 operator Sakhalin Energy Investment Company, in which Japan’s conglomerates Mitsui and Mitsubishi own 12.5% and 10%, respectively, becomes the property of a company that will be created by the Russian government.

According to The Nikkei, Tokyo can continue to buy gas without participating in the project under its new operator, as long as existing contracts are in place. However, there is a possibility of a disruption in supplies, and Japanese authorities believe that by retaining their stakes in the project, Mitsui and Mitsubishi could ensure the continued flow of Russian LNG to the country. At the same time, the newspaper notes that “there is no guarantee that the new operator will continue to reliably supply LNG to Japan,” even if Mitsubishi and Mitsui remain among the shareholders.

The current shareholders of Sakhalin Energy must agree within a month to receive a stake in a new LLC. If they refuse, the government will evaluate their shares and sell them to a Russian legal entity. In addition to Japanese companies, Sakhalin Energy's shareholders include Shell (around 27.5%) and Gazprom (around 50%). The latter will receive a share in the new operating company proportional to its current holdings. Shell, however, announced in February that it would withdraw from the project.

Mitsubishi and Mitsui said they will make a final decision regarding their participation in the project when Russia clarifies the terms, including the timing of the implementation of Putin’s decree, and investment conditions.

Earlier, the Russian president’s press secretary, Dmitry Peskov, said that there were no grounds for stopping LNG supplies to Japan in connection with Putin’s new decree on Sakhalin-2.
日本政府、サハリン2への出資でガス供給継続を確信
日本経済新聞は土曜日に、日本政府は三菱と三井に、ロシアの事業者に移管されたサハリン2液化天然ガスプロジェクトの株式を保持するよう要請したと報じた。

日本の萩生田光一経済産業大臣は、岸田文雄首相との会談後、「両社は(サハリン2の)株式を持っているので、しっかり持っておくべきだということで合意した」と述べた。

サハリン2は年間1,000万トンのLNGを生産し、プロジェクトの生産量の約60%が日本に輸出されている。6月30日、ロシアのプーチン大統領は、日本の財閥である三井と三菱がそれぞれ12.5%と10%を所有するサハリン2のオペレーター、サハリンエナジー投資会社が、ロシア政府が設立する会社の所有物となることを示す法令に署名した。

日本経済新聞によると、東京は既存の契約がある限り、新しい運営会社のもとでプロジェクトに参加せずにガスを買い続けることができる。しかし、供給が途絶える可能性もあり、日本当局は、三井と三菱がプロジェクトに参加し続けることで、ロシア産LNGの日本への継続的な供給を確保できると考えている。一方で、同紙は、三菱と三井が株主に残ったとしても、「新運営会社が日本へのLNG供給を確実に継続できる保証はない」とも指摘している。

サハリンエナジーの現株主は、新LLCへの出資を受けることに1ヶ月以内に同意しなければならない。もし拒否すれば、政府はその株式を評価し、ロシアの法人に売却する。サハリンエナジーの株主には、日本企業のほか、シェル(約27.5%)、ガスプロム(約50%)が含まれている。後者には、現在の保有比率に比例して新事業会社の株式が割り当てられる。しかし、シェルは2月にプロジェクトからの撤退を表明した。

三菱と三井は、プーチン大統領の政令の施行時期や投資条件など、ロシア側が条件を明確にした上で、参加するかどうかを最終的に判断するとしている。

これに先立ち、ロシアのドミトリー・ペスコフ大統領報道官は、サハリン2に関するプーチンの新政令に関連して、日本へのLNG供給を停止する根拠はないと述べた。
Deeplによる翻訳


インドネシアでG20外相会議が開催されていますが、日本の外相がこの機会をとらえてロシア外相と会談したという情報がまだ流れていません。

日本はもう投げている?






共同
電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は15日の定例記者会見で、ロシア極東での石油・天然ガス開発事業「サハリン2」を巡り、液化天然ガス(LNG)が調達できなくなる事態を前提に、計画を立てるべきだとの考えを示した。ロシア以外の調達先からの代替確保や、事業者の自家発電活用などを対策として挙げた。




posted by ZUKUNASHI at 19:55| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナ外交官、ロシア外相との会談の可能性についてコメント

Ukrainian top diplomat comments on possible meeting with Russian FM
President Vladimir Zelensky had earlier said Kiev would be ready to talk to “a different Russia”
Ukrainian Foreign Minister Dmitry Kuleba said he would “carefully consider” meeting his Russian counterpart Sergey Lavrov should the latter “ask” for such talks. The diplomat made the remarks to the media on the sidelines of the summit of the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN), currently ongoing in Cambodia.

“He did not ask for a meeting, as is customary in diplomacy. If he does so, we will carefully consider his request, taking into account all aspects and realities of the current situation,” Kuleba stated, without elaborating if Kiev would actually agree to hold such a meeting, should Moscow ever send a request.

Ukraine has repeatedly sent mixed signals about the prospects of negotiating with Russia in an attempt to put an end to the ongoing conflict between the two nations. President Vladimir Zelensky had earlier said Kiev had not “closed the door” for such talks, while reiterating his refusal to negotiate with his Russian counterpart, President Vladimir Putin.

“I said we would be ready to talk to Russia, but with a different Russia. One that is truly ready for peace. One that is ready to recognize that they are occupiers,” Zelensky told CNN.

Prior to that, Zelensky called on world leaders “to force Russia into real peace negotiations,” rolling out a list of conditions, ranging from the return of territory claimed by Kiev to financial reparations from Moscow. The Ukrainian president said previously that the only way to achieve such territorial goals may be to defeat Russia militarily.

The Russian stance on talks, however, remains unchanged, with Moscow repeatedly stating it is ready to negotiate without any preconditions. “We are still open to negotiations, we have never refused them, we are ready to conduct them,” Foreign Ministry spokeswoman Maria Zakharova said on Wednesday.

At the same time, Moscow suggested that Kiev is unable to act independently and thus lacks the ability to hold meaningful talks. On Friday, Russia’s Deputy Foreign Minister Sergey Ryabkov said that Kiev had severed all earlier negotiations “on command of its Western handlers,” referring to talks held in the early stages of the conflict. These efforts culminated in a meeting hosted by Türkiye in Istanbul but ultimately failed to yield any practical result.
ウクライナトップ外交官、ロシア外相との会談の可能性についてコメント
ウラジミール・ゼレンスキー大統領は以前、キエフは「別のロシア」と話す準備ができていると述べていた

「彼は、外交の慣例のように面会を求めませんでした。彼がそうするなら、現在の状況のすべての側面と現実を考慮して、彼の要求を慎重に検討する」

ウラジミール・ゼレンスキー大統領は以前、キエフは "異なるロシア "と話す用意があると述べていた。

「彼は、外交の慣例のように面会を求めませんでした。彼がそうするなら、現在の状況のすべての側面と現実を考慮して、彼の要求を慎重に検討する」現在カンボジアで開催中の東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議の傍らで、外交官がメディアに対して発言した。もしモスクワから会談の要請があった場合、キエフが実際に会談に応じるかどうかについては言及しなかった。

ウクライナは、現在進行中の両国間の紛争に終止符を打つべく、ロシアとの交渉の見通しについて、繰り返し複雑なシグナルを送ってきた。ウラジミール・ゼレンスキー大統領は以前、キエフはそのような会談の「ドアを閉めていない」と述べ、一方でロシアのウラジミール・プーチン大統領との交渉は拒否する姿勢を繰り返した。

「私は、ロシアと話す用意があると言ったが、異なるロシアとだ。しかし、異なるロシアとである。自分たちが占領者であることを認識する用意があるものだ」とゼレンスキーはCNNに語った。

これに先立ち、ゼレンスキー氏は世界の指導者たちに「ロシアに本当の和平交渉をさせる」よう呼びかけ、キエフが主張する領土の返還からモスクワからの金銭的賠償まで、さまざまな条件のリストを展開した。ウクライナ大統領は以前、「こうした領土問題を解決するには、ロシアを軍事的に打ち負かすしかないのかもしれない」と語っていた。

しかし、会談に対するロシアの姿勢は変わっておらず、モスクワは前提条件なしに交渉する用意があると繰り返し述べている。外務省のマリア・ザハロワ報道官は2日、「われわれは依然として交渉に前向きであり、決して拒否したことはないし、交渉する用意もある」と述べた。

同時に、モスクワはキエフが独自に行動することができないため、有意義な会談を行う能力に欠けていることを示唆した。金曜日にロシアのセルゲイ・リャブコフ外務副大臣は、キエフは「西側の仲介者の命令で」以前の交渉をすべて打ち切ったと述べ、紛争の初期段階で行われた協議に言及した。これらの努力は、イスタンブールでトルコが主催した会合で頂点に達したが、最終的にいかなる実用的な結果も得ることができなかった。

・・・・・・

日経2022/11/10
11日にASEAN首脳会議、13日にはASEAN加盟国に日本、中国、米国、ロシア、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、インドの8カ国を加えた東アジア首脳会議(EAS)が予定される。そのほか、様々な枠組みで会合が開かれる。
15〜16日にはインドネシア・バリ島で20カ国・地域首脳会議(G20サミット)、18〜19日にはタイの首都バンコクでアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が開かれる。
ウクライナ外相はEASに参加?

ラブロフがカンボジアに到着したところです。警戒が強化されています。

バリ島ではカンボジィアと異なりボディガードが傍につきませんでした。もう少しダンスを見ていてもよかったのではとの声が出ています。


posted by ZUKUNASHI at 18:40| Comment(0) | ウクライナ

カルト蔓延列島 3







5日から政府合同相談窓口 旧統一教会問題、30日まで














統一教会との関与が示された議員・知事ら121名一覧。現職閣僚から首相経験者まで






posted by ZUKUNASHI at 18:28| Comment(0) | 社会・経済

米国は景気後退期入り


https://twitter.com/EPBResearch/status/1592214870724050945
posted by ZUKUNASHI at 18:03| Comment(0) | 国際・政治

ウクライナ軍ニューカホフカからの民間人の避難を妨害



発電所。水門に並んで作られています。落差は小さくても水量が多いために十分な発電量が得られるのでしょうか。

ドニプロ川からダム、発電所を見ています。

ニューカホフカの側からドニプロ川を望んでいます。ここは高台で川岸の低いところに家が見えます。



ケルソンの報道規制が強まっています。

Damage to key dam from Ukrainian strikes revealed
It will take at least a year to repair the Kakhovskaya hydroelectric dam in Russia’s Kherson Region, a local official says
The Kakhovskaya hydroelectric dam in Russia’s Kherson Region suffered “colossal” damage during attacks by Ukrainian forces, a local official has said.

The key infrastructure, located on the Dnieper River upstream from the city of Kherson, can still be repaired, but it will require some time, Vladimir Leontyev, the mayor of Novaya Kakhovka, told TASS on Sunday.

“I think with the use of modern technologies it can be repaired quite quickly. ‘Quite quickly’ in universal terms. We’re not talking about a few months, of course. It’ll take a year or more,” Leontyev said, adding that it was up to the experts to set the exact terms.

In another interview with Rossiya 24 channel, Leontyev said the Kakhovskaya hydroelectric dam “keeps standing and even operating” despite the Ukrainian attacks. “But in such circumstances we would likely be forced to conserve it, to our huge regret,” he pointed out.

In recent weeks, Russia has blamed Ukraine for launching numerous strikes on the dam with the use of US-supplied HIMARS multiple rocket launch systems.

Moscow insisted that Kiev was attacking the facility in an attempt to cause major flooding in the Kherson area. The Ukrainian authorities have denied those accusations, claiming that Russia was itself planning to destroy the dam in a false-flag operation.
posted by ZUKUNASHI at 14:50| Comment(0) | ウクライナ

日本はコロナ感染による急死事例が少ない?

海外、特に米英からコロナに起因するとみられる突然死の事例情報が増えていますが、日本ではまだ事例情報が相対的に少ないです。

日本では、ワクチン接種に起因するとみられる急死事例に関心が集まっています。

これは、日本は諸外国に比べて、人口当たりの感染者数が相対的に少ないこと、その一方でワクチン接種率が高い(特にブースターに関して顕著)ことによるものとみられます。



米英で感染者が大きく増えたのは、2021年末。今から約1年前です。ここにきて死亡者が増えているとしたら、感染から約1年経過して亡くなる人が少なからず出てくるということになります。日本は、2022年の夏に感染者が大きく増えましたから来年の夏に向けてこれから亡くなる方が増える恐れがあります。

再感染、再々感染すると後遺症のリスクはぐーんと上がりますから、そういう方は1年の待たずに深刻な事態が起きる恐れがあります。

日本はワクチン接種率で先行しています。mRNAワクチンの副作用による死亡は、比較的短期間に起きるようですから今後ワクチン接種者が減っていけば副作用による死亡者の発生も減っていくことが期待されます。

コロナ感染による急死事例は、心臓障害によるものが圧倒的に多いとみられます。脳障害の発生も注目されていますが、まだ数は少ないようです。

海外の事例では、激しい運動をするアスリートの急死事例が見られます。

防止策については、特に情報を目にしていません。
posted by ZUKUNASHI at 14:07| Comment(0) | Covid19

2020年の秋にはコロナ感染突然死の懸念が出ていた




posted by ZUKUNASHI at 12:02| Comment(0) | Covid19

米国→ウクライナ→FTX→民主党 壮大なマネロン

民主党は戦争で金儲けをする、そういう体質が徹底しています。ばれるのを承知でやっています。

ウクライナ、アメリカからの「軍事援助」を暗号通貨「ftx」に投資!

https://halturnerradioshow.com/index.php/en/news-page/world/breaking-news-ukraine-military-aid-from-usa-was-invested-in-crypto-ftx-by-ukraine





The World Economic Forum 世界経済フォーラム

FTXは、世界の有力企業や個人と目を見張るようなコネクションを持っていたが、そのすべてが崩れ去ってしまった。

不思議なことに、ウクライナ政府は3月、FTXの支援を受けた暗号通貨寄付サイトを立ち上げました。

CoinDeskは3月に、「暗号取引所FTX、ステーキングプラットフォームEverstake、ウクライナのKuna取引所の支援を受けている『Aid for Ukraine』は、寄付された暗号をウクライナ国立銀行にルートすると、Everstakeの成長責任者のVlad Likhuta氏はCoinDeskに語った」と報告しています。ウクライナの暗号に精通したデジタル変革省も関与しています。"

Everstakeのプレスリリースには、「Aid For Ukraineは、受け取った暗号資金をフィアットに変換し、ウクライナ国立銀行に寄付金を送る暗号通貨取引所FTXと協力しています。これは、暗号通貨取引所が公的金融機関と直接協力し、暗号寄付のための導管を提供する初めての例となります。今月初め、FTXはすでに100万ドル相当のSOLを変換し、ウクライナ国立銀行に送金しています。"


・・・完全な詐欺のスキームです。
posted by ZUKUNASHI at 11:50| Comment(0) | ウクライナ

子供の通学を巡り夫婦で意見不一致で離婚へ


だから、子供を学校に直接行かせることで、妻と意見が合わないんだ。私はフルタイムの仕事と #ロングコビット があり、彼女は専業主婦なので、彼女が拒否すれば子供は学校に直接行くしかないのです。感染がほぼ確実なところまで来てしまったので、今離婚を考えています

・・・・

日本でも学校が感染の場になっていますが、ここまで考えている家庭はどれほどあるでしょう。

多くの保護者の認識が低く危険が高かった時期に子供に学校を休ませた家庭があることは知っています。今家庭の主婦の中には「マスクはずそう」と発信している人もかなりいるようです。

私のツイッタータイムラインには、新コロナウィルスに関する情報がほとんど流れなくなっています。コロナは終わった? とんでもないことです。

posted by ZUKUNASHI at 11:43| Comment(0) | Covid19

西側が食料品部門の対ロシア制裁を緩和


posted by ZUKUNASHI at 11:30| Comment(0) | 国際・政治

国際決済通貨の地位をめぐる争い

posted by ZUKUNASHI at 11:22| Comment(0) | 国際・政治

スコットリッター インタビュー 太陽のいびき氏による邦訳





posted by ZUKUNASHI at 11:01| Comment(0) | ウクライナ