ずくなしの冷や水

2022年11月14日

電気自動車は暴走する

posted by ZUKUNASHI at 22:30| Comment(1) | 社会・経済

米国の残虐行為

Marwa Osmanは、レバノンのジャーナリスト。三児の母です。






A #Thread for United States of America's "finest moments" in history.
Will add more everyday.




posted by ZUKUNASHI at 19:41| Comment(0) | 国際・政治

ファイザーとモデルナ、10代/若年成人のワクチンに起因する心筋炎を追跡するための臨床試験を開始

速報: ファイザーとモデルナは、10 代/若年成人のワクチンに起因する心筋炎を追跡するための臨床試験を開始しています。
私たちは、これらの実験的生物剤の危険性を暴露したことで検閲されました。
現在、「ワクチン」の作成者でさえ、真実を認めざるを得なくなっています。
posted by ZUKUNASHI at 17:49| Comment(0) | Covid19

Japan may host Australian nuclear subs – envoy

Japan may host Australian nuclear subs – envoy
Tokyo wants to cooperate with the AUKUS alliance between Australia, the US and the UK
Australia’s acquisition of nuclear submarines is critically important for regional security, and Japan is ready to offer its expertise and facilities, the country's ambassador to Canberra told the ‘Advancing AUKUS’ conference on Monday.

Shingo Yamagami called Australia Japan's most important military ally, beside the United States.

While not directly calling China a threat, the envoy said Tokyo was “a frontline state facing challenging circumstances in the dangerous neighborhood of Southeast Asia,” explaining to the audience at the National Press Club in Canberra why “AUKUS matters to us a lot.”

Back in 2021, the US, Australia, and the UK announced the creation of the so-called AUKUS security pact, which envisages providing Canberra with conventionally armed and nuclear-powered submarines, thus significantly boosting its naval capabilities.

Last month, Australia signed a separate agreement with Japan to deepen their security cooperation, including joint military training and intelligence sharing. “This makes Australia Japan's most important defense and security alliance... outside of the United States,” ambassador Yamagami said.



“In the future, Japan may also be playing host to Australian nuclear submarines,” the envoy said according to remarks he later shared on Twitter. “Japan for many years has played host to visits by US Navy nuclear submarines... So measures are already in place to receive them should they come.”

“Japan's co-operation with AUKUS holds great potential… Such submarines will increase regional deterrence,” he added.

China has repeatedly criticized the AUKUS alliance, arguing that its projects pose grave risks to regional stability and nuclear security. This view has to some extent been echoed by Russia. In August, Defense Minister Sergey Shoigu warned that AUKUS could “detonate” the entire Asia-Pacific region, since the pact has the makings of becoming “a military-political alliance.”

On Sunday, Russia’s Foreign Minister Sergey Lavrov brought up AUKUS as an example of Washington and its allies trying to militarize the Asia-Pacific region. Those actions are not just “obviously aimed at containing China” but also “resisting Russia’s interests in the Asia-Pacific,” the minister said.
posted by ZUKUNASHI at 15:45| Comment(0) | 福島原発事故

ヴァルダイ・クラブにおけプーチンの基調演説全訳

posted by ZUKUNASHI at 14:51| Comment(0) | 国際・政治

味覚と嗅覚の喪失はアルツハイマー病とパーキンソン病の最初の兆候

これまで何度も報告してきたように、味覚と嗅覚の喪失はアルツハイマー病とパーキンソン病の最初の兆候です。つまり、この味覚と嗅覚の破壊と一緒に暮らすことは、物事の壮大な計画の中で最も心配事が少ないということです.
posted by ZUKUNASHI at 14:23| Comment(0) | Covid19

毛政権下の中国




posted by ZUKUNASHI at 13:57| Comment(0) | 国際・政治

カレン・シルクウッド事件



高速道路での転落事故の前に何者かがアパートをプルトニウムで汚染したとあります。
posted by ZUKUNASHI at 09:56| Comment(0) | 福島原発事故

EUトップ外交官の「庭対ジャングル」世界観は、人種差別的であるだけでなく妄想的

The ‘garden versus jungle’ worldview of the EU’s top diplomat is not only racist, it’s delusional
Josep Borrell’s neocolonial comparison fails to notice the West’s decline, caused by elites like him
Josep Borrell, the European Union’s foreign policy and security chief, gave an important speech to the European Diplomatic Academy in Bruges, Belgium in mid-October.

Being amongst fellow members of the global elites, Borrell felt able to set out his views on the relationship between Europe and the West and other nations with an unusual degree of honesty and candour.

“Europe is a garden” declared Borrell. “We have built a garden. Everything works. It is the best combination of political freedom, economic prosperity and social cohesion that the humankind has been able to build – the three things together.”

But, warned Borrell ominously, “The rest of the world is not exactly a garden. Most of the rest of the world is a jungle, and the jungle could invade the garden.”

How then was this unwelcome prospect to be avoided?

The solution was simple, according to Borrell – EU ambassadors, who he designated as “gardeners,” had to “go to the jungle” and impose on it the ideological, political, and economic agendas of the globalised West.

The “garden” could not sit by idly and do nothing, cautioned Borrell. “A nice small garden surrounded by high walls in order to prevent the jungle from coming in is not going to be a solution. Because the jungle has a strong growth capacity, the wall will never be high enough in order to protect the garden,” Borrell explained.

“Europeans have to be much more engaged with the rest of the world otherwise the rest of the world will invade us by different ways and means,” Borrell advised.

Borrell’s speech was immediately criticised by a few left-wing politicians in Europe, as well as some non-European states, most notably the UAE, on the grounds that it was “racist” and “rooted in colonialism.”

Those criticisms are valid as far as they go, and Borrell grudgingly offered an apology of sorts – saying “I am sorry if some have felt offended.” Nevertheless, he stood by his basic metaphor, reiterating that “Regrettably, the world in which we live today looks more and more like a ‘jungle’ and less and less like a ‘garden’.”

But much more serious criticisms can be legitimately levelled at Borrell’s crass worldview – censures that go well beyond the obvious fact that it simply reeks of nineteenth century Euro-centric prejudices.

First, let us start with Borrell’s extraordinary Pollyanna-like assertion that in Europe and the West “everything works” and that the “garden” nations are havens of political, economic, and social stability.

This pronouncement will no doubt have come as a surprise to many citizens in Europe and the West.

Has Borrell not noticed the recent rise of powerful right-wing political movements in a number of European countries? Is he not aware of the recent election results in Italy and Sweden?

Have Borrell’s advisors not informed him of the political instability that has engulfed the United Kingdom in recent months, let alone the crisis in democracy that has crippled the United States for the past two years?

Has Borrell not noticed the dramatic recent rise in energy prices; rising inflation; rising interest rates; long-term wage stagnation; and the looming economic recession that is predicted to engulf many Western nations in the near future? Has Borrell not seen the tens of thousands of demonstrators marching in European capital cities in recent months? Is he unaware of the effects that EU austerity programs have had in many of the bloc’s member nations in recent years?

Does Borrell really believe that the “garden” nations will sail through the upcoming European winter unscathed?

Has Borrell never heard of the so-called ‘culture wars’? Has he not noticed the collapse of liberal institutions and values throughout the West in recent decades? Has the immigration crisis that has bedevilled Europe in recent years, and has recently engulfed the United Kingdom, not yet been brought to his attention?

Borrell, of course, pointedly fails to mention that all of the problems listed above have been severely exacerbated by the ongoing conflict in Ukraine.

In fact, Borrell does not seem to appreciate that the increasing political and economic instability within the “garden” nations makes it increasingly difficult – if not impossible – for them to pursue his misguided foreign policy agenda.

Obviously, the view from Bruges differs from that from, say, Athens.

Second, let us examine Borrell’s prescription for exporting Western “stability” to the “jungle” states that languish threateningly outside the gates of the EU Garden of Eden.

Borrell’s solution is deceptively simple: just let the EU “gardeners” impose Western hegemony on those unstable “jungle” nations – with, it almost goes without saying, the helpful assistance of the United States.

Readers will not be surprised to learn that Borrell is a keen supporter of the United States. Last year he stated “One thing is clear: close EU-US cooperation based on shared values is key for international peace, security and prosperity.” Even if his Bruges speech did not explicitly include the US in his imaginary "garden", he obviously does not think of it as part of "the rest of the world".

Borrell apparently has failed to notice that the US has spent the last few decades attempting to implement his foreign policy program in spades – for example, in Iraq, Afghanistan, and Syria. He seems unaware that these previous attempts to tame the “jungle” ended in chaos. Nor, of course, does he acknowledge that many of the problems that plague the “jungle” nations today were, in fact, caused by such misconceived interventions.

Borrell’s entire worldview is nothing more than a global elite fantasy – designed, in part, to camouflage the unpalatable fact that the Western “garden” nations are, in fact, becoming more and more like the non-Western “jungle” countries that he despises and fears.

Isn’t the political, economic and social instability that today afflicts almost all Western nations – in large part caused by the West’s mistaken foreign policy excursions – precisely the same instability that has beset some non-Western nations for decades? And, hasn’t this instability intensified dramatically in the West in recent years?

Test that proposition by way of a comparison relating to political stability.

Brazil has experienced chronic political instability for decades. Prior to the recent presidential election, President Jair Bolsonaro announced that he would not accept the election result if he lost.

In the United States, former President Trump refused to accept his election defeat in 2020, culminating in the January 6 capitol riots. Trump and dozens of candidates endorsed by him have since maintained their position that Joe Biden’s 2020 victory was illegitimate.

Bolsonaro narrowly lost the recent presidential election in Brazil – but, after his defeat, he did accept the result, even if his supporters staged mass protests in the streets.

Trump and many of his candidates are now refusing to accept the results of the US mid-term elections – let alone the 2020 result – and Trump intends to run again for president in 2024.

Looking at the two countries’ relative political stability, where does one put the "garden" fence?

Just this week two important events highlighted just how divorced from reality Borrell’s worldview actually is.

10月中旬、ベルギーのブルージュで開催された欧州外交アカデミーで、欧州連合(EU)の外交・安全保障担当のジョセップ・ボレル氏が重要な講演を行った。

ボレルは、世界のエリートの仲間として、欧州と欧米諸国との関係について、異常なまでの誠実さと率直さをもって、自らの見解を示したのである。

「ヨーロッパは庭だ」とボレルは言った。「私たちは庭を作った。すべてがうまくいっている。政治的自由、経済的繁栄、社会的団結、この3つが揃った人類が作り上げた最高の組み合わせだ」。

しかし、ボレルは不吉な警告を発した。「世界の他の地域は、正確には庭ではない。世界の大部分はジャングルで、ジャングルが庭に侵入してくるかもしれない "と。

では、どうすればこのような事態を避けることができるのだろうか。

ボレルが「庭師」と呼ぶEU大使は、「ジャングルに行き」、グローバル化した西欧のイデオロギー、政治、経済のアジェンダを押し付けなければならない。

ボレルは、「庭師」は何もしないで黙っているわけにはいかないと警告した。「ジャングルの侵入を防ぐために、高い塀に囲まれた小さな庭を作っても、それは解決策にならない。ジャングルは成長力が強いので、庭を守るための塀の高さが足りなくなるのです」とボレルは説明する。

「ヨーロッパはもっと世界と関わりを持たなければならない。そうでなければ、世界はさまざまな方法と手段で我々を侵略するだろう」と、ボレルは忠告した。

ボレルの演説は、欧州の一部の左翼政治家や、UAEをはじめとする欧州以外の国から、「人種差別的だ」「植民地主義に根ざしている」という批判をすぐに浴びました。

ボレルは、「不快に思われた方がいらっしゃるなら申し訳ありません」と、不本意ながら謝罪の言葉を述べた。それでも、彼は自分の基本的な比喩を守り、"遺憾ながら、今日、私たちの住む世界はますます「ジャングル」のように見え、「庭」のように見えなくなる "と繰り返したのです。

しかし、ボレルの無骨な世界観には、19世紀のヨーロッパ中心主義的偏見の臭いがするというだけでなく、もっと深刻な批判を正当に浴びせることが可能である。

まず、ヨーロッパと西洋では「すべてがうまくいっている」「『庭』諸国は政治、経済、社会の安住の地である」というボレルの異常なまでのポリアンナ的主張から見てみよう。

この発言は、欧米の多くの市民にとって驚きであったに違いない。

ボレルは、最近欧州の多くの国で強力な右翼政治運動が台頭していることに気づいていないのだろうか。 イタリアやスウェーデンの最近の選挙結果を知らないのだろうか。

ボレルのアドバイザーは、過去2年間米国を無力化した民主主義の危機は言うに及ばず、ここ数ヶ月英国を巻き込んだ政情不安について彼に知らせなかったのだろうか?

ボレルは、最近のエネルギー価格の劇的な上昇、インフレの進行、金利の上昇、賃金の長期停滞、そして近い将来多くの欧米諸国を巻き込むと予測されている迫り来る経済不況に気づいていないのだろうか?ボレルは、ここ数カ月、ヨーロッパの首都で行進する何万人ものデモ隊を見たことがないのだろうか?EUの緊縮財政が近年加盟国の多くに与えた影響を知らないのだろうか?

ボレルは、"庭 "の国々が来るヨーロッパの冬を無傷で過ごすと本当に信じているのだろうか?

ボレルはいわゆる「カルチャー・ウォーズ」を知らないのだろうか?ここ数十年の欧米諸国における自由主義的な制度や価値観の崩壊に気づかないのだろうか?近年ヨーロッパを苦しめ、最近ではイギリスを巻き込んでいる移民問題に、まだ目を向けていないのだろうか?

もちろん、ボレルは、上記のすべての問題が、現在進行中のウクライナ紛争によって深刻に悪化していることには触れていない。

実際、ボレルは、「庭」と呼ばれる国々で政治的・経済的な不安定さが増していることが、ボレルの見当違いの外交政策を追求することをますます困難にしていることを理解していないようである。

ブルージュからの視点とアテネからの視点は明らかに異なる。

次に、EUのエデンの園の門外不出のジャングル国家に欧米の「安定」を輸出するためのボレルの処方箋を検証してみよう。

ボレルの解決策は実に単純で、EUの「庭師」たちが西洋の覇権を不安定な「ジャングル」国家に押し付けるだけである。

ボレルが米国の熱心な支持者であることは、読者も驚かれないだろう。昨年、彼は「ひとつだけはっきりしていることは、共通の価値観に基づくEUと米国の緊密な協力が、国際平和、安全、繁栄の鍵になるということだ」と述べている。ブルージュでの演説では、彼の想像上の「庭」に米国が明確に含まれていなかったとしても、彼が米国を「世界の他の地域」の一部として考えていないことは明らかである。

ボレルはどうやら、米国が過去数十年をかけて、例えばイラク、アフガニスタン、シリアなどで、彼の外交政策プログラムを見事に実行しようとしてきたことに気づいていないようだ。ボレルは、「ジャングル」を手なずけようとしたこれらの過去の試みが、混乱に終わったことに気づいていないようだ。もちろん、今日「ジャングル」の国々を苦しめている問題の多くが、実はこのような誤った考えによる介入によって引き起こされたものであることも、彼は認めていない。

ボレルの世界観は、グローバル・エリートの幻想に過ぎない。欧米の「庭」諸国が、彼が軽蔑し恐れる非欧米の「ジャングル」諸国のようになりつつあるという嫌な事実をカモフラージュするために作られたものでもある。

今日、ほとんどすべての西洋諸国を苦しめている政治的、経済的、社会的不安定は、その大部分が西洋諸国の誤った外交政策の展開によって引き起こされているが、まさに非西洋諸国を数十年にわたって苦しめてきた不安定と同じではないだろうか?そして、この不安定さは、近年、欧米で劇的に強まっているのではないだろうか?

この命題を、政治的安定性に関連する比較によって検証してみよう。

ブラジルは数十年にわたり慢性的な政情不安を経験している。先の大統領選挙に先立ち、ジャイル・ボルソナロ大統領は「負けたら選挙結果を受け入れない」と表明した。

米国では、トランプ前大統領が2020年の選挙での敗北を受け入れず、1月6日の議事堂暴動に至った。トランプ氏と同氏が推薦する数十人の候補者はその後も、ジョー・バイデン氏の2020年の勝利は違法であるとの立場を維持している。

ボルソナロは先日のブラジル大統領選挙で僅差で敗れたが、敗戦後、彼の支持者が街頭で大規模な抗議行動を起こしても、その結果を受け入れることになった。

トランプとその候補者の多くは、現在、米国の中間選挙の結果--2020年の結果は言うに及ばず--を受け入れようとせず、トランプは2024年の大統領選に再出馬する意向である。

両国の相対的な政治的安定性を見て、「庭」の柵をどこに置くか?

今週は、ボレルの世界観がいかに現実離れしているかが、2つの重要な出来事によって浮き彫りにされた。

まず、エジプトで開催されたCOP27で、「ジャングル」は、気候変動によって自国が被った被害に対して何十億ドルもの「賠償金」の支払いを要求し、その自治権を主張した。

この要求は、ボレルの粗雑な参照枠から完全に外れており、おそらくもっと不穏なことに、EU自身の破滅的な気候変動イデオロギーによって完全に正当化されているようだ。 EUの「庭師」たちは、この冬のエネルギー代が払えないEU市民に対して、このような賠償をするのは難しいと考えているのではないだろうか。

第二に、バイデン政権はウクライナ紛争の解決に向けてウラジーミル・ゼレンスキーに圧力をかけているようだが、共和党が下院を支配することになれば、この圧力はさらに強まるだろう。ボレルやゼレンスキーのような熱烈で無批判な紛争支援者がどうなるかは、まだわからない。

ボレルは、ここ数十年のヨーロッパと西欧の政治的・経済的安定の衰退を盲目的かつ強欲に見守ってきたグローバルエリートの、かなり洗練されていない代表者にすぎないのだ。

というのも、かつてシリル・コノリーが予言したように、今や「西洋の庭は閉ざされつつある」のだ。
posted by ZUKUNASHI at 08:32| Comment(0) | 国際・政治

海外で自動車事故が増加

posted by ZUKUNASHI at 07:36| Comment(0) | Covid19

日本の暗号通貨投資家にやっと動き






・・・暗号通貨は、ビットコインも含めて2022/11/13も下がっています。

機関投資家、仮想通貨と永久に決別か−FTX危機がとどめに
・ 「機関投資家のアセットアロケーションに仮想通貨は適さない」
・ 「分散投資として仮想通貨に投資する議論は少し前に死んだ」
posted by ZUKUNASHI at 07:13| Comment(0) | 社会・経済

米国テキサスでの米軍機の空中衝突

posted by ZUKUNASHI at 00:10| Comment(0) | 国際・政治

ニカラグア大統領がロシアの軍事施設の設置許可

posted by ZUKUNASHI at 00:05| Comment(0) | 国際・政治