ずくなしの冷や水

2022年11月11日

ウィルス量の多い患者なら飛沫一つで感染する?




・・・会食が危険なことがよくわかります。
posted by ZUKUNASHI at 21:34| Comment(0) | Covid19

プーチン広報官ペスコフの発言

posted by ZUKUNASHI at 21:14| Comment(0) | ウクライナ

孫にやって見せたいが おもちゃ買わずに済む

posted by ZUKUNASHI at 20:58| Comment(0) | 日記

英国では救急車のサイレンが鳴りっぱなし


今日も...昨日も...一昨日も...実はここ数週間、サイレンが鳴りっぱなしなんだ。

Scarborough A&Eの外では、14台以上の救急車が患者の引き渡しを待っている様子です。

6時間以上ここにいる患者もいて、救急車の後部で治療を受けているため、隊員はこれ以上999の呼び出しに応じることができません

#救急隊員の皆さん、お疲れ様です。


posted by ZUKUNASHI at 20:43| Comment(0) | Covid19

韓国にウクライナ特需

米韓が極秘取引、共同でウクライナに致死性の兵器を供与へ=米紙
2022年11月11日, 07:45 (更新: 2022年11月11日, 13:14)
韓国は史上初めて米国に榴弾を売却する。これらの榴弾は米国経由でウクライナに供与される見通し。米紙ウォールストリート・ジャーナルが匿名で取材に応じた政府消息筋を引用して報じた。
報道によると、これは米韓の極秘取引で、その期間については明らかにされていない。

韓国によるウクライナへの兵器供与決定に露大統領が警告、「二国間関係を破壊する」

RTも報じています。
posted by ZUKUNASHI at 20:35| Comment(0) | ウクライナ

イラクで米、カナダ人が暗殺されているようだ 米軍が報復か




posted by ZUKUNASHI at 20:31| Comment(0) | 国際・政治

ケルソンを除いた和平 ウクライナ戦争の進め方に議論が始まった


ケルソンはウクライナに返還するが、クリミア半島とドンバスの併合は認めるという密約が交わされたという噂が絶えない。
私はこの可能性は低いと思うが、もし本当なら、戦争は極めて犠牲が多くて引き合わないロシアの勝利で終わるだろう。
ロシアはウクライナをゴミ箱にすることに成功し、貴重な領土を獲得し、ウクライナの東縁の喪失を認めさせただろうが、ケルソンを併合した後に放棄したことは説明できない汚点となるだろう。



・・・・

ケルソンからのロシア軍の撤退をめぐりいろいろな推測が出ています。多くの犠牲を出してここまでウクライナ軍を追い込んできて、無条件降伏を手に入れずに終わることは考えにくいです。ケルソンはロシア領に編入済です。すでにウクライナとの戦いではなく、NATO、西側との戦いになっている。ウクライナは信用できる交渉相手ではないし、なんの力も持っていない。



ロシア軍は撤退の際にアントノフスキー橋を破壊し、その少し上流にある鉄道橋も破壊しています。ドニプロ川を渡るには上流のノーバヤカホフカ橋、ダムのあるところでウクライナ側がロケット攻撃を加えているところを通らなければなりません。



上のような噂が出るということは、ウクライナの和平条件である可能性があります。ゼレンスキーももはやクリミヤやドンバスを取り戻すことは無理と考えているのでしよう。
posted by ZUKUNASHI at 20:28| Comment(0) | ウクライナ

#Israelの Dimona 原子炉の近くで大規模な火災

posted by ZUKUNASHI at 19:31| Comment(0) | 福島原発事故

コロナ補助金不適切受給病院への返還命令額

posted by ZUKUNASHI at 18:12| Comment(0) | Covid19

Woodworking Ceiling Mounted Dust Filter - How to Make

posted by ZUKUNASHI at 18:00| Comment(0) | Covid19

日本の子供のコロナ脳症が海外から注目されている


Japanese doctor warns of potentially fatal COVID-related brain damage in children
4月下旬に10歳未満の女児が「急性脳症」で死亡し、5月中旬には重い症状を発症した5歳未満の女児が全身にまひを残すなど、相次いでいる。日本小児神経学会は、全国でコロナウイルス感染症に伴う急性脳症の事例を調査する構えだ。

栃木県と自治医科大学によると、死亡した女児は当初、コロナウイルスの陽性反応が出た後、発熱などの軽い症状で自宅で療養していた。しかし、容態が急変したため、救急車で病院に搬送されました。集中治療室で治療を受けましたが、その後、死亡が確認されました。女児に持病はなかった。担当した自治医科大学小児科の村松和弘准教授によると、COVID-19による急性脳症で10歳未満の子供が死亡したのは全国初とみられるという。

一方、5歳未満の女児は、自宅で激しい痙攣と高熱、意識障害を起こし、その後病院でコロナウイルスの陽性反応が出た。一命は取り留めたものの、全身に麻痺が残りました。この女の子も基礎疾患はありませんでした。

急性脳症とは、ウイルスや細菌感染などにより、脳が急に腫れてしまう病気です。
posted by ZUKUNASHI at 12:25| Comment(0) | Covid19

空間線量率観察記録

2022/11初めの台湾が起源とみられる空間線量率の高め推移は収まったようですが、2022/11/11、前日正午来で高い値の出ているところがあります。
新潟県

静岡県、愛知県
posted by ZUKUNASHI at 10:52| Comment(0) | 福島原発事故

コロナ後遺症でアレルギー

健康な10代の子供がコビドに感染した数週間後に、子供が新たに重篤な、生命を脅かすアレルギー反応を起こしたと両親が報告:ウイルスは新たに重篤なアレルギー反応を誘発することが知られていると研究者は述べている。
「私の14歳の子供は、チーズピザのポケットを食べた後、重度のアナフィラキシーに陥りました.彼らがその日最初に食べたもの。水で。今まで何に対してもアレルギー反応を起こしたことはありませんでした....
...これは、新型コロナウイルスから回復してから 1 週間半後のことです。私たちの家族は全員が予防接種を受けています。
彼らが言うには。
彼らは続けます:
「食べ物とは何の関係もない自然発生的な免疫異常やマスト細胞によるものなのか疑問に思っています.彼女を回復させるのに3回のエピショットが必要でした....
……血圧が異様に低かった。病院は、入院後1日半まで解放されませんでした。彼らは何が原因なのかわかりません。
ここでわかるように、これは Long Covid の調査で一般的に報告されています。
https://covidcaregroup.org/blog/post-covi

・・・・

以下、ヘアダイで発疹が出る例などが述べられています。
posted by ZUKUNASHI at 09:45| Comment(0) | Covid19

countries in danger of default

posted by ZUKUNASHI at 08:38| Comment(0) | 国際・政治

世界の金融市場大荒れ続く 11/8過ぎはさらに荒れる?

Dollar outpaces euro in global payments
Investors prefer the greenback for transactions amid the EU’s economic crisis, according to SWIFT
The dollar widened its lead over the euro as the world’s top currency for payments last month, according to a report by the Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunications (SWIFT) released this week.

The share of total euro payment transactions slumped to 34.5% in August, falling to the lowest level since 2020. The decline by a full percentage point from July comes amid the strengthening of the US dollar and the euro’s drop of more than 12% against the greenback this year, according to SWIFT data.

As the EU struggles with record-high inflation and a looming energy crisis, investors are switching away from the euro to a more secure currency. The report shows that euro usage has been falling for three months in a row, while the US dollar has been increasing its share as the currency of choice since May, holding the lead for the 15th consecutive month.

The greenback’s share of total transactions rose to 42.6% in August, broadening the gap between payments in the two currencies to the widest since 2020. According to the report, the spread in dollar versus euro payments increased from 1% in February to more than 8% in August.

The report also pointed out that the share of the Chinese yuan in transactions rose to 2.3% despite the country’s economic slowdown, while the Japanese yen, which fell to the lowest rate since 1998 in early September, accounted for only 2.7% of all global payments.

The US dollar has been largely predominant in transactions since 2013, according to SWIFT.

2022/9/26の金融市場は、ユーロが下落傾向を持続。日本株は日経平均が2%、550円程度の下落になっています。

9/26の10時少し前にユーロが急落、対ドルで0.955をつけています。ポンドの急落が影響したようです。日経平均は10時過ぎに620円ほど下げました。


9/26の日経平均は、722円、2.66%の下落。米国ダウは330ドル、1.1%の下落。英国ポンドが昨日来上下に大きく振れています。ユーロ、円は対ドルで下落継続。ロシア株式が一時10%、引けは8.62%の下落。

9/28、また相場が動きました。日経平均が午前11時20分現在630円の下落。時間外の米国株式の下落が影響しているようです。ドル円は横ばいですが、ユーロドルはじりじりと下げて0.955。

ノルドストリーム1、2の破壊は米国軍によることが確実になりました。ドイツがどう出るか。ロシアと米国の対立が一層強まります。金融市場が安定することは当分見込めませんね。特にユーロの動向は懸念されます。

2022/9/28の米国市場時間に米国長期金利が低下、米ドル高が修正されてユーロドルは0.955から0.975へと大きく戻しました。株式はダウが550ドルの上昇。英国で中央銀行による国債買い入れが行われることとなり、他の国にも波及するとの見方が出ているようです。

9/29、9/30とユーロ、ポンドの買戻しが続いています。9/29、米ダウは一転458ドルの下落、9/30の日本株は前日の上げを帳消しにする下落になっています。

年末まで残すところ3か月、欧州のガス供給事情はさらに悪化。欧州はどうやって冬を越すんでしょう。工場が操業停止になるのにドイツ株はまだ2020/1の底よりも高い水準をキープしています。

9/30の日経平均は、26000円を割り込んで引けましたが、10/3の日経平均はさらに250円ほど下落して始まり、10時ころから上昇しています。午前の終わりでは前日比174円高。なぜこんなに乱高下するのかわかりませんが、時間外のCFDダウと動きを同じにしています。CFDダウが日本株に追随しているのか、それとも逆なのか。どうも流れは米国株に徹底追随ということのようです。ユーロドルは、小動きですが前日よりも少し高く堅調推移です。

この方のツイートは、ウクライナ情報を得るためにフォローしていましたが、本業は投資助言なんですね。世界情勢を知らなければ助言もできません。

10/3の米国市場では、債券が買われて金利が低下、株価が急伸、ダウは765ドルも上げました。欧州市場も各国上昇。トルコは6.7%の上昇。
10/4の日本株は日経平均が550円ほど上げています。先日600円ほども下げていますから、それほど特異な上げではないと言えるでしょうか。ユーロドルは高値水準で推移。

10/4の米国株式は、ダウ825ドルの上昇。すごい勢いで上げていますが、長期的に見れば3万ドルを少し超えたところで底に近い水準。10/5の日本株は、高く始まりましたが、上げ幅を縮めています。

10/4はドル高が修正され、ユーロドルはパリティまで戻しました。
10/7、雇用統計が発表されて、為替がドル高に振れました。ドル円は145円前後。次のツイートは、来週の日本円の崩落を予想しています。国債価格も金利が上がれば暴落です。金融当局とヘッジファンドの勝負が展開されるでしょうか。海外勢は国債を大量に売り込んでいるとされています。
10/10(月)は日本は休日ですが為替市場は開いています。

2022/10/7の米国株式は、ダウが630ドルの下落。1週間で築いた山を下ってしまいました。為替はドル高、ドル円は145円を少し超えたところ。上のツイートのように円が崩壊するとなると、1ドル150円もありうるということでしょうか。少し長い期間ではさらに下落することも考えておかないといけないでしょうか。

2022/10/10の米国株式は、序盤で前日終値付近での攻防になっています。ドル高が少し進んでユーロが下げています。円安も進んで145円台半ば。ダウは93ドルの下落。

2022/10/11連休明けの日本株は、400円ほどの下落で始まり、途中少し戻したものの11時前ころに米国の長期金利が0.1弱上昇。日本株が再度下落しました。為替はドル高が進行、円安、ユーロ安となっています。世界的に債券が値下がりです。時間外の長期金利の上昇の背景は、英金利上昇が波及したものとされています。

日本株は、午前に日経平均が635円下落です。この日は700円程度の下落となりました。

2022/10139.9時半に米国の9月CPIが公表され、予想を上回ったことから為替のドル高進行、ドル円は瞬間的に147.5円を付けました。ダウ先物はダウが750ドルも下落。

ところがいったん下落した後、すかさず反発。ダウは前日比827ドルの上昇、ユーロドルは0.963から0.980まで上昇、ドル円は上下に大きくブレました。8.2%の消費者物価指数の上昇がピークではないかとの見方が出たのだそうです。物価上昇が落ち着けば、金利を引き上げる必要はなくなる。

2022/10/14の日本株は、午前に日経平均が900円上昇。米国の時間外先物もさらに上げています。引けは853円高。もう景気悪化が止まったとは思えませんが。午後4時半、ドル円は147円台後半。当局の介入は見送り?

2022/10/14の米国株ダウは400ドルの下落。10/13の上げの半分下げました。日本の日経平均の先物は日中の上昇853円に対して515円下落です。ドル円は148.75円。政府日銀は追い込まれています。

この先寒さが増すと石油などの値上がり必至です。灯油が20リットル3000円になりますかね。

2022/10/16、越冬用品を購入してきました。玄関に下げる断熱用のカーテンなど。皆値上がりしています。日を追ってさらに上がるでしょう。私の買うものはほとんどが中国製ですから輸入品。円安になれば当然値上がりします。

ウクライナ情勢は、情報が錯綜しています。ロシアは国内でのウクライナによるテロ行為に対して報復をするでしょう。ドル円は上昇傾向持続。政府は介入するのか、それともできないか。来週の市場は荒れそうに感じます。

Top Wall Street banker makes recession prediction
Europe is already in recession, and the US could soon follow, Jamie Dimon says

The US economy could plunge into recession in the next six to nine months, JPMorgan Chase CEO Jamie Dimon told CNBC this week.

According to Dimon, the economy is “actually still doing well,” though soaring inflation, higher-than-expected interest rate hikes, and the situation in Ukraine are a “very serious” combination that could lead to recession.

“You can’t talk about the economy without talking about stuff in the future – and this is serious stuff… These are very, very serious things which I think are likely to push the US and the world – I mean, Europe is already in recession – and they’re likely to put the US in some kind of recession six to nine months from now,” he said.

The US Federal Reserve raised interest rates by 75 basis points last month, the third consecutive increase of that amount. Officials also signaled that they could continue to hike the rates if the situation with consumer prices does not improve.

The JPMorgan Chase CEO said that the Fed “waited too long and did too little” to tackle inflation, which recently jumped to a 40-year high, though he noted that he is not criticizing the Fed’s current approach.

“From here, let’s all wish [the Fed] success and keep our fingers crossed that they manage to slow down the economy enough so that whatever it is, is mild – and it is possible.”

Dimon said he cannot predict how lengthy the recession might be.

“It can go from very mild to quite hard and a lot will be reliant on what happens with [the conflict in Ukraine]. So, I think to guess is hard; be prepared.”

He added that the only guaranteed outcome of the situation will be high market volatility.

10/16から2週間経過しました。この間、日本株は小幅な動きが続きましたが、10/28の時間外で米国株上昇にけん引されて日経平均先物が430円の上昇。

一方、為替は10/21から日本政府の介入があり大きく変動しています。

10/29、米国株式は、中間選挙までの1週間堅調を保ちそうです。米国政府は、ウクライナでロシアとの直接対決も辞さない構えなのに、金融界、投資家は第三次世界大戦などは頭にないようです。

米国時間2022/11/2(日本時間11/3午前3時)FOMCの結果が発表され、為替が大きく動きました。ドル安に振れた後ドル高に戻り、日本時間11/3昼過ぎから各通貨に対するドル高が進んでいます。午後8時前の時点では円は対ドルで148円台半ばまで安くなっています。ユーロドルは0.973まで下げています。11/2のダウは500ドルほど下げ、11/3の欧州株式は1%以上下げているところが出ています。日本の日経平均先物は350円程度の下落。


米国株式は、11/8までは堅調推移でしたが、11/9にはダウが650ドルの下落。暗号通貨が混乱です。ビットコインにも影響が出て大きく下落。

2022/11/10、米国市場の始まる前に公表された10月分のCPIが予想を下回ったためインフレはピークを越えたの見方が強まり、各通貨に対してドルが下落、ドル円は141円台半ばまで下落。株式市場は上昇してダウは1200ドル上がりました。


posted by ZUKUNASHI at 08:30| Comment(0) | 国際・政治