ずくなしの冷や水

2022年11月06日

石油は衰退する-UAEエネルギー相

Oil in decline – energy minister
Crude will not be around forever despite high global demand, the UAE’s energy minister warned
Oil will not be here forever and is already in “decline mode,” Suhail Al-Mazrouei, the energy minister of the United Arab Emirates, a major crude exporter, has said.

Speaking at the ADIPEC energy conference in Abu Dhabi on Thursday, Al-Mazrouei warned against “wishful thinking” of assuming that oil “is going to be there forever.”

“No matter how much we defend it, it’s in decline mode,” the official added.

The remark comes as OPEC released its ‘World Oil Outlook’ earlier this week, which forecasts global oil demand continuing to rise until 2045 due to a focus on energy security even as the world moves toward renewable energy.

The report noted that oil is expected to retain the largest share in the global energy mix, accounting for 29% over the forecast period, and that the industry will require $12.1 trillion in investment by 2045 to meet demand.

Experts point out that OPEC’s outlook doesn’t match the forecasts issued by other major entities. For example, last week the International Energy Agency (IEA) said in its own world energy outlook that it expects fossil fuel consumption to peak or flatten in the early 2030s due to attempts to accelerate energy transition policies in light of the conflict in Ukraine.

世界的な需要の高さにもかかわらず、原油は永遠に存在することはない、とUAEのエネルギー相は警告した
原油の主要輸出国であるアラブ首長国連邦のスハイル・アルマズルーイ・エネルギー相は、原油は永遠に存在することはなく、すでに「衰退モード」に入っていると述べた。

アブダビで開催中のADIPECエネルギー会議で、アル・マズローエィ氏は、石油が「永遠に存在し続ける」とする「希望的観測」に警告を発した。

「どんなに防衛しても、石油は衰退の一途をたどっている」とも述べた。

この発言は、OPECが今週発表した「世界石油見通し」で、世界が再生可能エネルギーに移行しても、エネルギー安全保障に重点を置くため、世界の石油需要は2045年まで増加し続けるとの見通しを示したことを受けたものだ。

同報告書では、世界のエネルギーミックスにおいて、石油は予測期間中29%を占めて最大のシェアを維持する見込みであり、需要を満たすために2045年までに12兆1千億ドルの投資が必要になると指摘している。

専門家は、OPECの見通しが他の主要団体が発表した予測と一致しないことを指摘している。例えば、先週、国際エネルギー機関(IEA)は、独自の世界エネルギー見通しで、ウクライナ紛争を踏まえてエネルギー転換政策を加速させようとしているため、2030年代前半に化石燃料消費がピークに達するか横ばいになると予想していると述べた。
posted by ZUKUNASHI at 23:39| Comment(0) | 国際・政治

日本人に冬の電力使用量削減を要請する可能性-メディア

Japanese may be asked to cut winter power use – media
The curbs could reportedly help avert blackouts
The Japanese government plans to call on households and businesses to save electricity when possible, starting from December, NHK broadcaster reported this week, citing an “unpredictable” power supply situation.

According to the report, Tokyo says utilities are likely to secure a reserve power supply capacity rate of 3%, the minimum needed for a stable supply nationwide. However, procurement costs of liquefied natural gas remain high. Officials are reportedly blaming Russia’s military operation in Ukraine for the higher costs.

“The government will endorse on Tuesday a request for households and businesses to save power between December and March, without going out of their way to do so,” NHK reported, noting that a similar request had been made in the summer, when demand for power surged as temperatures went up.

The media outlet quoted the authorities as saying that if all households manage to cut energy consumption by 1%, enough electricity could be saved to power 15,000 convenience stores for a day. “The government will ask that people layer their clothes indoors and switch off lights that are not in use.”

Tokyo also believes that a 1% cut in electricity use by all offices would be enough to power some 100 thousand households, according to NHK. It reportedly plans to ask companies to reduce their use of lights and air conditioning when possible.

Russia accounts for around 10% of Japan’s LNG imports annually. The East Asian nation has drastically increased energy purchases from Moscow in recent months amid growing fears of a shortage, data shows.

停電を回避できる可能性があるとの報道
NHKが今週報じたところによると、日本政府は12月から家庭や企業に可能な限り節電するよう呼びかける方針で、その理由として電力供給の状況が「予測不可能」であることを挙げています。

それによると、東京電力は全国的に安定供給に必要な最低限の予備電源率である3%を確保する見込みだという。しかし、液化天然ガスの調達コストは高止まりしている。関係者は、ロシアのウクライナでの軍事作戦がコスト上昇の原因だと報じている。

NHKは、「政府は12月から3月にかけて、家庭や企業に無理な節電をしないよう求める要請を火曜日に承認する」と報じ、気温の上昇で電力需要が急増した夏にも同様の要請が行われたと指摘した。

同メディアは、全家庭で消費電力を1%削減できれば、コンビニエンスストア1万5千店の1日分の電力を節約できると当局が述べたことを引用している。「政府は、室内で衣服を重ね着し、使用していない照明のスイッチを切るよう要請する予定だ。

また、NHKによると、東京都は、すべてのオフィスの電気使用量を1%削減すれば、約10万世帯の電力をまかなうことができると考えている。また、企業に対しても、可能な限り照明やエアコンの使用を減らすよう要請する予定だという。

ロシアは日本のLNG輸入量の約1割を占めている。東アジアの国は、不足の懸念が高まる中、ここ数ヶ月、モスクワからのエネルギー購入を大幅に増やしていることがデータで示されている。

・・・何を伝えたいのか、よくわからない記事です。
posted by ZUKUNASHI at 23:29| Comment(0) | 社会・経済

キエフでダム2基破壊計画

Kiev may hatch double dam breach plot – Russian official
The attack would result in flooding that could potentially kill thousands of civilians, a senior member of the Zaporozhye administration warned
Ukrainian forces could cause catastrophic damage by blowing up two major dams on the Dnieper River. Any dam breaches would flood a massive region, including the town that hosts Europe’s largest nuclear power plant, a senior official in Russia’s Zaporozhye region has warned.

“I cannot rule out that they will try to combine two scenarios. First, they could blow up Dnieproges, and later the Kakhovka hydropower plant,” Vladimir Rogov told TASS on Monday.

Dnieproges, or the Dnieper Hydroelectric Power Plant, is located in the Kiev-controlled city of Zaporozhye. Downstream from it is the city of Energodar, which hosts the Zaporozhye Nuclear Power Plant (NPP). If the dam were breached, the city and the nuclear facility would be flooded, Rogov explained.

The Kakhovskaya hydroelectric dam is located further down the Dnieper River in Kherson Region and is crucial for the NPP to feed its cooling systems.

The hydropower plant has been the focus of mutual accusations by Moscow and Kiev officials. Last week Ukrainian President Vladimir Zelensky claimed that Russian forces had planted explosives and were preparing to blow it up and urged an international monitoring mission to visit the facility.

Russian officials accused Ukrainian troops of deliberately targeting the dam. Further down the Dnieper is the city of Kherson, which would be flooded, if the Kakhovskaya barrier was breached. The city is located on the Western bank of the river and may come under intensive Ukrainian fire as Kiev seeks to capture it from Russia, according to regional officials.

The mayor of Novaya Kakhovka, the city that hosts the hydropower plant, reported on Monday that at least three Ukrainian shells had hit the dam overnight.

“The situation is quite tense,” Vladimir Leontyev told TASS. “The number of rocket strikes is increasing”

Operators of the plant are reducing the water level in the reservoir held by the dam to reduce potential damage to communities downstream, the mayor added.

Vassily Nebenzia, Moscow’s representative to the UN, warned last week that thousands of civilians could be killed, if Ukraine were to destroy the Kakhovskaya dam, and urged other members of the UN Security Council to prevent that from happening.

Kherson and Zaporozhye Regions were declared part of Russia together with the People’s Republics of Donetsk and Lugansk earlier this month after voters in those territories overwhelmingly supported the move in referendums. Kiev rejected the votes as a “sham” and pledged to use military force to recapture lost territories.

攻撃により洪水が発生し、数千人の市民が死亡する可能性があるとZaporozhye行政の幹部が警告した
ウクライナ軍は、ドニエプル川の2つの主要なダムを爆破することにより、壊滅的な損害を引き起こす可能性がある。ダムの決壊があれば、ヨーロッパ最大の原子力発電所を抱える町を含む広大な地域が水没すると、ロシアのザポロジイエ地方の高官は警告した。

「私は、彼らが2つのシナリオを組み合わせようとする可能性を排除することはできません。まずドニエプルゲスを爆破し、その後カホフカ水力発電所を爆破する可能性がある」とウラジミール・ロゴフ氏は月曜にタス通信に語った。

ドニエプル水力発電所(Dnieproges)は、キエフの支配下にあるザポロジェ市にあります。下流にはザポロジェ原子力発電所を擁するエネルゴダール市がある。もしダムが決壊すれば、街も原子力発電所も水浸しになる、とロゴフ氏は説明する。

カホフスカヤ水力発電ダムは、ドニエプル川をさらに下ったケルソン州にあり、原子力発電所の冷却システムに供給するために重要な役割を担っている。

この水力発電所は、モスクワとキエフの当局者が相互に非難し合う焦点となっている。先週、ウラジーミル・ゼレンスキー大統領は、ロシア軍が爆発物を仕掛け、爆破の準備をしていると主張し、国際監視団にこの施設を視察するよう要請した。

ロシア当局は、ウクライナ軍が故意にダムを狙ったと非難している。ドニエプル川のさらに下流にはケルソン市があり、カホフスカヤの防壁が破られれば浸水することになる。ケルソン市は川の西岸に位置し、キエフがロシアから奪還しようとするため、ウクライナの集中砲火を浴びる可能性があると、同地域の当局者は述べている。

水力発電所を抱えるノバヤ・カホフカ市の市長は月曜日、少なくとも3発のウクライナの砲弾が一晩でダムを直撃したと報告した。

「状況はかなり緊迫している」とウラジミール・レオンティエフ氏はタス通信に語った。「ロケット弾の数が増えている」と語った。

発電所のオペレーターは、下流のコミュニティへの潜在的な被害を減らすために、ダムによって保持されている貯水池の水位を下げていると、市長は付け加えた。

モスクワの国連代表であるヴァシリー・ネベンジア氏は先週、ウクライナがカホフスカヤダムを破壊すれば、数千人の市民が犠牲になると警告し、国連安保理の他の理事国に対し、それを防ぐよう促した。

ケルソン州とザポロジェ州は今月初め、ドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国とともにロシアの一部であると宣言され、これらの地域の有権者が住民投票でこの動きを圧倒的に支持した。キエフは投票を「見せかけ」として拒否し、失われた領土を奪還するために軍事力を行使することを約束した。


カホフカ水力発電所への砲撃で、ウクライナ軍の砲弾がダムの水門を直撃
ウクライナ軍が HIMARS 複合体から Kakhovskaya HPP を砲撃、ロケット弾 1 発がダム水門を直撃、被害あり、ケルソン州緊急サービス担当者が記者団に語った。https://t.me/RVvoenkor/31231

「ウクライナ軍は、カホフスカヤ水力発電所のダムを破壊し、人道的大惨事の前提条件を作り出すという彼らの試みを放棄していません。今日の午前10時、6発のHIMARSミサイルが攻撃されました。5発のミサイルが防空部隊によって撃墜されました。 、 1つは破壊されたカホフスカヤダムのロックに当たりました。

ヘルソン地域では、地元の動物園から動物が避難しています
ロシアのジャーナリストが直接参加したクリミアサファリパーク「タイガン」、ヘルソン地域の長、クリミア共和国の長は、ヘルソン動物園から動物を避難させました。
・・・これはロシア的だと思います。人を避難させたら、続いて動物の避難。
posted by ZUKUNASHI at 22:02| Comment(0) | ウクライナ

イエメンで核が使用されたと疑われる事例







2016年10月08日
Mike Harris: Saudi Arabia Using Nuclear Bombs in Yemen サウジがイエメンで核爆弾を使用
posted by ZUKUNASHI at 21:42| Comment(0) | 国際・政治

BRICSの中央銀行が金を積み上げている 加盟希望国も同じ


次はベラルーシ


・・・各国の金現物備蓄積み上げのペースが速まっています。米ドルの暴落がありうるのですが、為替はどう動くかまったく予測がつきません。
posted by ZUKUNASHI at 21:18| Comment(0) | 国際・政治

Twice he grabs the grenade and throws it away

posted by ZUKUNASHI at 19:32| Comment(0) | ウクライナ

イラン、ウクライナ紛争前にロシアに無人機を提供したと発表

Iran says it supplied drones to Russia before Ukraine conflict
Tehran acknowledges it had provided Moscow with a “small number” of UAVs but denies ever supplying missiles
Iran has acknowledged for the first time it handed over military drones to Russia, claiming, however, that the shipments were completed before the Ukraine conflict broke out in late February.

Tehran also denied claims that it had provided Moscow with missiles.

Iranian state news agency, IRNA, cites Iranian Foreign Minister Hossein Amirabdollahian as saying “This fuss made by some Western countries, that Iran has provided missiles and drones to Russia to help the war in Ukraine - the missile part is completely wrong.”

The diplomat explained that the “drone part is true, and we provided Russia with a small number of drones months before the Ukraine war.”

Amirabdollahian also claimed that Tehran and Kiev had agreed two weeks ago to hold discussions on alleged instances of Russian troops using Iranian weapons. According to the minister, the Ukrainian delegation pulled out of the planned meeting at the last minute, however.

The diplomat also gave assurances that Tehran would “not remain indifferent” if evidence was presented that proves the Russian military is using Iranian drones in Ukraine.

Reuters reported that the Ukrainian Foreign Ministry had not immediately replied to a request for comment.

In early October, Russia launched a massive campaign of airstrikes targeting major Ukrainian cities, with particular emphasis on power plants and other critical infrastructure. These attacks involved missiles as well as so-called ‘kamikaze’ drones.

The Ukrainian government claims the Russian military has been increasingly relying on Iranian-made Shahed-136 UAVs to conduct such strikes – which Moscow denies.

Kiev was making similar allegations about Tehran’s alleged involvement as early as in September, with Ukraine downgrading its diplomatic relations with Iran later that month.

In mid-October, Foreign Minister Dmitry Kuleba proposed severing ties with the Islamic Republic altogether.

The EU and the UK were quick to side with Ukraine on the issue, and last month slapped additional punitive measures on the already heavily sanctioned Iran.
イラン、ウクライナ紛争前にロシアに無人機を提供したと発表
テヘランはモスクワに「少数」のUAVを提供したことを認めたが、ミサイルの提供は否定した。
イランは、ロシアに無人偵察機を渡したことを初めて認め、しかし、その出荷は2月下旬のウクライナ紛争勃発前に完了したと主張した。

また、テヘランはモスクワにミサイルを提供したという主張も否定した。

イラン国営通信IRNAは、イランのホセイン・アミラブドラヒアン外相の発言を引用し、「一部の西側諸国が行っている、イランがウクライナ戦争を助けるためにロシアにミサイルと無人機を提供したというこの騒ぎは、ミサイルの部分は完全に間違っている」と述べています。

外交官は、"無人機の部分は真実であり、我々はウクライナ戦争の数ヶ月前にロシアに少数の無人機を提供した "と説明しました。

また、テヘランとキエフは2週間前に、ロシア軍がイランの兵器を使用したとされる事例について話し合いを行うことで合意したと主張しました。しかし、同大臣によると、ウクライナの代表団は直前になって予定していた会談を取りやめたという。

同外交官はまた、ロシア軍がウクライナでイラン製無人機を使用していることを証明する証拠が示された場合、テヘランは「無関心ではいられない」と確約した。

ロイターは、ウクライナ外務省にコメントを求めたが、すぐには返答がなかったと報じた。

10月初旬、ロシアはウクライナの主要都市を標的とした大規模な空爆キャンペーンを開始し、特に発電所などの重要なインフラに重点を置いている。これらの攻撃には、ミサイルのほか、いわゆる「神風」ドローンが使用された。

ウクライナ政府は、ロシア軍がこのような攻撃を行うために、イラン製の無人偵察機Shahed-136にますます依存するようになっていると主張しているが、モスクワはこれを否定している。

キエフは9月の時点で、テヘランの関与が疑われるとして同様の主張をしており、ウクライナは同月末にイランとの外交関係を格下げしている。

10月中旬には、ドミトリー・クレバ外相がイスラム共和国との全面的な関係断絶を提案した。

EUと英国はこの問題でいち早くウクライナに同調し、先月にはすでに重い制裁を受けているイランにさらなる懲罰的措置を科した。

posted by ZUKUNASHI at 18:30| Comment(0) | ウクライナ

What’s the root cause of the US proxy war in Ukraine?

posted by ZUKUNASHI at 10:43| Comment(0) | 国際・政治

日本政府の情報が信頼できないから海外の情報を見ています 突然死

ラッパーのアーロン・カーターが、新型コロナウイルスの「本当にひどい」発作からわずか6か月後に突然亡くなりました。



・・・突然死は止まらない。
posted by ZUKUNASHI at 09:40| Comment(0) | Covid19

日本共産党がなぜウクライナを支援するのか 本当に不思議



Russian should become extinct in Ukraine – security chief
The language is part of Moscow’s propaganda, Defence Council boss claims
The Russian language should be eradicated in Ukraine as it is allegedly being used as a tool by Moscow to wield influence on Ukrainians, one of the country’s key security officials has claimed.

The Russian language is nothing but an “element of enemy propaganda and brainwashing of our people,” Alexey Danilov, the head of Ukraine’s National Security and Defense Council, said on the ‘Big Lviv Talks’ show on Friday.

The official also spoke in favor of Ukrainians learning English instead.

According to Danilov, the very idea that Ukrainians have to understand the Russian tongue is a “dangerous narrative.”

“Look, we don’t want anything from them [Russians]. Why don’t they leave us alone? Let them go to their swamps and croak in the Russian language,” he stated.

The senior official went on to criticize pundits and experts who speak Russian while appearing on Ukrainian TV.

According to the 2001 census, approximately 14.3 million Ukrainians (29% of the population) speak Russian as their first language. Some other estimates put that number even higher.

The language is particularly widespread in the eastern and southern regions of the country. Ever since the Maidan coup back in 2014, Moscow has been consistently accusing the Ukrainian government of systematically discriminating against Russian-speakers.

The perceived violations of the linguistic minority’s rights were also cited by the secessionist movements in the Donetsk and Lugansk Regions, parts of which went on to become the Donetsk and Lugansk People’s Republics, respectively.

Russian President Vladimir Putin recently cautioned his country against taking cues from those who engage in ‘cancel culture’. Speaking at a media conference in Astana, Kazakhstan, he noted that around three million Ukrainians permanently reside in Russia.

“How can we prohibit their language and culture? We don’t have anything of the kind on our minds,” Putin added.

Commenting on reports about a man who had been fined in Moscow for listening to Ukrainian music in his car, the president said that attempts to ban the Ukrainian language in Russia were “illegal in themselves.”
ロシア語はモスクワのプロパガンダの一部であると国防委員会のボスが主張
ロシア語は、モスクワがウクライナ人に影響力を行使するための道具として使われているとされるため、ウクライナでは根絶されるべきだと、同国の主要な治安当局者の一人が主張している。

ロシア語は「敵のプロパガンダと国民を洗脳する要素」に過ぎないと、ウクライナの国家安全保障・防衛評議会のトップであるアレクセイ・ダニロフ氏は、金曜日の「リヴィウ・トークス」番組で述べた。

この高官はまた、ウクライナ人が代わりに英語を学ぶことに賛成していると話しました。

ダニロフ氏によれば、ウクライナ人がロシア語を理解しなければならないという考えそのものが、"危険な物語 "なのだという。

「いいか、我々は彼ら(ロシア人)から何も望んでいない。なぜ彼らは私たちを放っておかないのでしょうか?沼地にでも行って、ロシア語でしゃべらせればいい」と述べた。

この高官はさらに、ウクライナのテレビに出演しているロシア語を話す評論家や専門家を批判した。

2001年の国勢調査によると、約1430万人(人口の29%)のウクライナ人がロシア語を母語としており、他の推計ではさらに多い。

特に東部や南部ではロシア語が広く使われている。2014年のマイダン・クーデター以来、モスクワは一貫して、ウクライナ政府がロシア語話者に対して組織的な差別を行っていると非難してきた。

言語的少数派の権利が侵害されているという認識は、ドネツク州やルガンスク州(その一部はそれぞれドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国になった)の分離主義運動でも引用された。

ロシアのプーチン大統領は最近、「キャンセル文化」に取り組む人々を見習うよう自国に注意を促した。カザフスタンのアスタナで開かれた記者会見で、プーチン大統領は、約300万人のウクライナ人がロシアに永住していることに触れ、「彼らの言葉を禁じることができるだろうか」と述べた。

「彼らの言語や文化をどうして禁止することができるのか。私たちはそのようなことは考えていない」と付け加えた。

また、モスクワでウクライナの音楽を車で聴いていた男性が罰金を科されたという報道について、大統領は、ロシアでウクライナ語を禁止しようとする試みは「それ自体が違法だ」と述べました。

posted by ZUKUNASHI at 00:17| Comment(0) | 国際・政治