ずくなしの冷や水

2022年11月05日

イベルメクチンに関する追加情報 6







・・・がんが消えたなどの事例が伝えられていました。

COVID-19 に対する薬物治療の考え方 第 7 版
(2021年2月1日)

[東京 31日 ロイター] - 興和(名古屋市)は31日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として第3相臨床試験を行っている「イベルメクチン」について、北里大学との共同研究(非臨床試験)から、オミクロン株に対しても、デルタ株などの既存の変異株と同等の抗ウイルス効果があることを確認したと発表した。

二つ下にEric Feigl-Ding (@DrEricDing)のツイートを掲げていますが、彼の引用している研究は問題があるものです。最近NHKも否定的な立場から取り上げていましたが、日本国内のイベルメクチンを処方している複数の開業医の観察によれば、効果があることは間違いないです。家族が感染した方から情報が寄せられています。コメント欄にあります。



化学工業日報 2022/3/7
厚労省、コロナ薬支援で「イベルメクチン」選定
 厚生労働省は4日、新型コロナウイルス感染症治療薬実用化支援事業の対象として、新たに興和を選んだと発表した。同社の申請に基づいて具体的な額を決定し、補助金を交付する。
 支援対象となったのは興和が新型コロナ感染症治療薬として開発中の抗寄生虫薬「イベルメクチン」。現在、第3相臨床試験(P3)を行っている。今回、評価委員会における専門的・学術的観点、事業継続的観点からの評価を踏まえ、国庫補助の対象事業として採択した。
 厚労省は世界各国で開発が進んでいる同治療薬を日本で治験し、国内で早期に実用化する目的で支援事業を行っている。今回が3次公募で、応募は興和の1件だけだった。













SARS-CoV-2に対するイベルメクチンの作用機序−広範なレビュー











FLCCCの主要メンバーであるPierre Kory氏の論文で死亡率低下の計算に使われたデータに不備があったようです。イベルメクチンの処方に関連したものではないとされています。




Retraction Watch
Bad MATH+? Covid treatment paper by Pierre Kory retracted for flawed results





「抗ガン剤としてのイベルメクチン」に関しての数々の論文を知る





・・・SYさんのコメントにあったようにイベルメクチンの個人輸入が急激に増えると、個人輸入を制限する動きが出てくるかもしれません。





https://twitter.com/Tamama0306/status/1432977869697732617/photo/1



posted by ZUKUNASHI at 22:58| Comment(2) | Covid19

海藻を食べていますか 核戦争の接近を警戒する声が強まっている

キエフ政権が二コラエフでヨウ素剤を配りました。汚い爆弾では核反応は起きないのにヨウ素剤を配っていることは、核反応を伴う爆弾が使用される恐れを示します。ヨウ素は気体で放出されますから地球全体に広がります。
Nikolaevはロシア語表記、Mykolaivはウクライナ語表記



奇妙な外国人が集団で一晩中 #Mykolaiv を移動するとあります。


「米国と英国が#Nikolaevに原爆を発射すると私が考えるもう 1 つの理由 - すべてが一致しています。今日、市長は避難を命じましたが、この地域では#Ucrainaは何週間も 1 インチも進んでいません。 Blinken-Nulandギャングは必死です。」


・・・ロシア人がヨード剤を買い求めている。

・・・二コラエフの近くには原発はないです。

ここまで2022/10/29午前0時30分

2022/10/29朝の時点で続報を探しましたが、特に見当たりません。

・・・・・

元米軍大佐 Douglas Macgregorが、西ウクライナへの米軍の進駐は米ロの直接対決に近づくものとの見解を示しています。またすでに第三次大戦が始まったとする見解も出てきています。
2022年11月04日
多国籍の『有志連合』が最終的に西ウクライナに進出するという非常に危険な提案の先遣隊

西さんの情報では、ロシアは米国からの先制核攻撃に備え国内の核シェルターと防空壕の点検整備を始めたとのことです。

第三次世界大戦となり、核兵器が使われれば、日本もその標的になる可能性があります。攻撃を受ける場合、首都、米軍基地が目標となるでしょう。準備はよろしいでしょうか。

2022年10月28日
我々は核戦争の瀬戸際にいる

ここまで2022/11/5 午後9時30分
posted by ZUKUNASHI at 21:26| Comment(0) | 福島原発事故

フランスでマスク復活

フランス医学アカデミーは、高齢者、合併症のある人、弱者と接触する家族や医療従事者、妊婦など、すべての人に対し、密閉した公共空間でFFP2(N95)マスクを着用することを緊急に推奨しているワクチン接種済みでも!
2) さらに、フランス国立アカデミーは、「病院、診療所、ケアセンター、薬局、および混雑時の公共交通機関など公衆に開放された閉鎖空間ではサージカルマスクを着用する」ことを、それ以外の人にも推奨しています。
3)フランスNAMの理由
"フランス本土では、インフルエンザ様疾患の増加や散発例が確認され、2歳未満の小児の気管支炎が流行期に入ったことから、季節性インフルエンザの早期流行の見通しが明らかになりつつある。"
4)「2021-2022年シーズンは、2022年4月に遅いピークを迎え、9週間にわたって流行したインフルエンザが再流行した。インフルエンザ+Covid-19」の同時感染例が、規制実施前、あるいは対策解除後に世界中で多く報告された」...。
5) "したがって、この二重感染の可能性は、最も深刻な形態に弱い人々をさらし、病院サービスを飽和のリスクにさらすので、2022-2023年シーズンには考慮されなければならない..."。
6)「Covid-19に対するブースター注射とインフルエンザワクチン接種の併用を目的としたワクチン接種の推奨を強く印象づけるものである[6]。また、バリア対策の見直しも正当化される。
HT to @CecPhil

7) 一方、米国最高裁は、飛行機、列車、バスの乗客にマスクのルールを課す空港TSAの権利を支持し、訴訟を却下した。 問題は、TSAか@CDirectorが、それを実行するための行動を推奨するかどうか?
posted by ZUKUNASHI at 20:25| Comment(0) | Covid19

ワクチン2回接種後に亡くなった若い男性4人の報告 サイトカインストーム発生

posted by ZUKUNASHI at 19:06| Comment(0) | Covid19

UAV "Lancet" proved to be excellent not only on the ground

posted by ZUKUNASHI at 18:42| Comment(0) | ウクライナ

イールドカーブは米国のリセッションが迫っていることを示唆

Yield curve suggests imminent US recession
An important indicator from the bond market is flashing red, according to the Wall Street Journal
The spread between yields on the three-month US Treasury bill and the benchmark 10-year note has started going negative this week, signaling near-term recession risks, the Wall Street Journal has reported.

According to the publication on Wednesday, the spread between the rates inverted several times since Tuesday’s trading session. It finished the Wednesday session below zero for the first time since March 2, 2020, during the onset of the coronavirus pandemic. On Thursday, the spread ended the trading day at minus 11 basis points, the most negative level since February 28, 2020.

The US Treasury yield curve indicator has among the best track records in forecasting recessions across a range of economic variables. It has successfully called all recessions in recent decades without any false alarms. “Inversions have preceded both the 2008 financial crisis and the Covid-19 crash, and haven’t been seen since March 2020,” the WSJ wrote.

Until now, those who doubted the recession calls have been pointing to this spread, which managed to stay positive much of this year.

Meanwhile, a growing number of leading investors, executives and analysts have been sounding the alarm over what lies in store for the US economy. Many of them estimate there is a good chance of an economic recession within the next 12 to 18 months as soaring inflation remains a persistent problem for the economy.

This month’s survey of economists by the WSJ also found a 63% likelihood of recession within the year, pointing to the Federal Reserve’s interest rate hikes, which have come steep and fast after years with no activity. More than half of those surveyed suggested the central bank would keep increasing rates beyond what was healthy, eventually destabilizing the economy.
イールドカーブは米国のリセッションが迫っていることを示唆
Wall Street Journalによると、債券市場からの重要な指標が赤く点滅している。
Wall Street Journalは、米国債の3ヶ月物と10年債の利回りのスプレッドが今週マイナスになり始め、近い将来の景気後退リスクを示唆していると報じている。

同誌によると、3ヶ月物国債と10年物国債の利回りは、火曜日の取引から数回反転した。コロナウイルスの大流行が始まった2020年3月2日以来、初めてゼロ以下で水曜日のセッションを終えました。木曜日のスプレッドはマイナス11ベーシスポイントと、2020年2月28日以来のマイナス水準で取引きを終えました。

米国債のイールドカーブ指標は、様々な経済変動要因の中で景気後退を予測する上で最も優れた実績を持っている。ここ数十年の景気後退をすべて的中させており、誤報はない。「2008年の金融危機もコビド19の暴落も反転が先行しており、2020年3月以降は見られていない」とWSJは書いている。

これまで、リセッション・コールを疑う人たちは、今年の大半でプラスを維持することに成功したこのスプレッドを指摘してきた。

一方、有力な投資家、経営者、アナリストの間では、米国経済の先行きに警鐘を鳴らす人が増えている。その多くは、高騰するインフレが経済にとって根強い問題であることから、今後12ヶ月から18ヶ月の間に経済が後退する可能性が高いと見積もっています。

WSJが今月行ったエコノミストを対象とした調査でも、年内の景気後退の可能性は63%であった。これは、何年も動きがなかった後に急遽行われたFRBの利上げを指摘したものである。調査対象者の半数以上が、中央銀行が健全な水準を超えた利上げを続け、最終的には経済を不安定にするとの見方を示した。


世界をリードするヘッジファンドの 1 つが、世界が第二次世界大戦以来最悪の金融危機に向かっていると警告しています。
負債に埋もれているシステムから楽観主義で目をくらませてはいけません。
リセットの匂いがします。
posted by ZUKUNASHI at 18:26| Comment(0) | 国際・政治

共和党が勝てばウクライナへの援助はストップされる?



・・・中間選挙で共和党が勝てばウクライナへの援助はストップされる? すぐにストップされることはなくても額は減らされ、継続期間も怪しくなることはありうるでしょう。そうなったらゼレンスキー政権は持続不能。ウクライナの政権は、選挙干渉と非難されるので中間選挙について発信を止めています。中間選挙の結果が出始めたら逃亡する政府高官も出そうです。

ウクライナは大混乱の中で終戦処理を迎えることとなりましょうか。それとも欧州の援助で戦い続ける?
posted by ZUKUNASHI at 16:26| Comment(0) | ウクライナ

ロシアで家庭菜園は盛んだが栽培可能な期間は短い

posted by ZUKUNASHI at 15:58| Comment(0) | 食糧危機

パキスタン



Former Pakistani PM shot in ‘assassination attempt’
Imran Khan took a bullet to the leg during a speech in Gujranwala
Former Pakistani Prime Minister Imran Khan was shot and injured as he spoke during a protest march outside the town of Gujranwala on Thursday. Khan, who was rushed to the hospital after the incident, has been attempting to mount a political comeback after being ousted from power in April.

As Khan spoke to his supporters from the back of a truck, a gunman in the crowd opened fire. According to reports from different media outlets, the former PM was either hit in the foot or the leg.

Khan was rushed to a hospital in Lahore, around 100 kilometers (60 miles) away. One of Khan’s aides, Raoof Hasan, told AFP that the former leader is in “stable condition.”

“This was an attempt to kill him, to assassinate him,” Hasan added. A suspect has been arrested, Pakistan’s Geo TV reported shortly afterwards.

Khan is a former cricketer who served as Pakistan’s prime minister from 2018 until his removal from office through a no-confidence motion this April. Khan built economic and diplomatic relations with Russia and China, and claimed that his removal was orchestrated by the US with the goal of installing a more compliant leader.

Khan was charged with terror offenses in August for threatening to take “action” against allegedly corrupt police officials, although a court in Islamabad later dropped the charges. Last month, the Election Commission of Pakistan barred Khan from running in elections or serving as a member of parliament for five years, claiming that the ex-PM had failed to properly report gifts received while in office. Khan, who still leads the PTI party, insists he is being persecuted on political grounds.

Thursday’s shooting took place a week into a protest march led by Khan from Lahore to Islamabad. Stopping to hold rallies along the route, the PTI leader has been demanding fresh elections, buoyed by his party’s victories in six out of eight by-elections it contested last month.
パキスタンの前首相が「暗殺未遂」で撃たれた
イムラン・カーン氏、グジュランワラでの演説中に脚に銃弾を受ける
パキスタンのイムラン・カーン前首相は、木曜日にグジュランワラの町の外で抗議デモ行進中に演説し、撃たれて負傷した。事件後病院に運ばれたカーン氏は、4月に政権から追放された後、政治的なカムバックを試みている。

カーン氏がトラックの荷台から支持者に話しかけたとき、群衆の中にいた銃撃犯が発砲した。各メディアの報道によると、前首相は足か脚に被弾した。

カーン氏は約100キロ(60マイル)離れたラホールの病院に緊急搬送された。カーン氏の側近の1人、ラフ・ハサン氏はAFPに対し、元首相は「安定した状態」だと語った。

「これは彼を殺そうとした、暗殺しようとしたものだ」とハッサン氏は付け加えた。容疑者が逮捕されたと、パキスタンのGeo TVが直後に報じた。

カーン氏は元クリケット選手で、2018年から今年4月の不信任案による罷免までパキスタンの首相を務めた。カーン氏はロシアや中国と経済・外交関係を築き、自身の解任はより従順な指導者を据える目的で米国が仕組んだと主張していた。

カーンは8月、汚職疑惑のある警察官に対して「行動を起こす」と脅したとしてテロ容疑で起訴されたが、イスラマバードの裁判所は後にこの容疑を取り下げている。先月、パキスタン選挙管理委員会は、元首相が在任中に受け取った贈答品を適切に報告しなかったとして、カーン氏に選挙への出馬や国会議員としての活動を5年間禁止した。カーン氏は現在もPTI党を率いているが、政治的な理由で迫害されていると主張している。

木曜日の銃撃は、カーン氏が率いるラホールからイスラマバードへの抗議デモ行進の1週間後に行われた。行進の途中で立ち止まって集会を開き、PTI指導者は、先月行われた8つの予備選挙のうち6つで同党が勝利したことに後押しされて、再選挙を要求している。
posted by ZUKUNASHI at 15:41| Comment(0) | 国際・政治

欧州の金融規制が緩和を余儀なくされる


ニュース速報:

規制当局は、資本規制を緩和するための変更案が可決された場合、EU が世界的な金融危機の再発を防ぐために設計された世界的な銀行規制に違反する可能性があると警告している
完全なサーカスで、私たちは皆無料で参加できます。

「これまでで最も厳重な警告として、欧州中央銀行と欧州銀行監督局は、バーゼル III からの逸脱に反対した…」
ソース:

EU could fall foul of global banking rules, regulators warn
Summary

Regulators warn against weakening 'minimum safety net'
EU states, lawmakers set to approve easing of rules
Britain, United States yet to set out proposals
Banks say tougher capital rules could crimp lending

FRANKFURT/LONDON, Nov 4 (Reuters) - The European Union could fall foul of international banking standards designed to prevent a repeat of the global financial crisis if proposed changes to dilute the capital rules are passed, the EU's top banking regulators said on Friday.

EU states and the European Parliament are scrutinising proposals from the European Commission on the final leg of the Basel III accord, which aims to toughen global banking standards following the 2007-8 crisis but which has yet to be implemented.
まとめ

規制当局は「最低限のセーフティネット」の弱体化に警鐘を鳴らす
EU諸国と議会は規制緩和を承認する予定
英国、米国はまだ提案を示していない
銀行は、より厳しい資本規制が融資を抑制する可能性があると指摘

フランクフルト/ロンドン 4日 ロイター] - EUの銀行規制当局は4日、資本規制の緩和案が可決されれば、世界金融危機の再発を防止するために設けられた国際銀行規制に抵触する恐れがあると指摘した。

EU加盟国と欧州議会は、欧州委員会が提案するバーゼルIII協定の最終案を精査している。この協定は、2007-8年の金融危機以降、国際的な銀行業務基準を強化することを目的としているが、いまだ実施されていない。

・・・詳しい情報がありませんが、クレディスイスに関連がある?
posted by ZUKUNASHI at 15:17| Comment(0) | 国際・政治

1,300 Starlink satellites in Ukraine stopped working




スペースX、ウクライナ軍をスターリンク端末1,300台から不払いで切り離し

Ukraine suffered a comms outage when 1,300 SpaceX satellite units went offline over funding issues
ワシントン CNN
ウクライナ軍は、イーロン・マスクの重要なインターネットサービス「スターリンク」へのアクセスを失うかもしれないという懸念を、先週、軍の衛星ユニット1300台がオフラインになったことで深めていると、この停電に詳しい2人の関係者は語った。
マスク氏の民間ロケット会社スペースXが製造した小型で使いやすい衛星アンテナは、ウクライナ軍の通信手段を変えるものとして広く歓迎されている。ロシアとの戦争で携帯電話やインターネット網が破壊されても、戦闘やオンライン維持が可能になるからだ。 
しかし最近、資金調達に関する話し合いが明らかになり、前線近くで機能停止が報告されたため、SpaceX社の信頼性についての懸念が高まっている。 

・・・米軍が費用を負担する方向になったのではなかったでしょうか。イーロン・マスクは決して慈善事業でやっているわけではありません。
posted by ZUKUNASHI at 14:37| Comment(0) | ウクライナ

Ain Al-Assad US Military base was completely destroyed by Iran in January 2020

posted by ZUKUNASHI at 13:55| Comment(0) | 国際・政治

鳥インフルエンザ






posted by ZUKUNASHI at 13:27| Comment(0) | 健康・病気

眼科医は緊急手術が増えているらしい



管理人がフォローする眼科医が一日に3件の緊急手術と書いていました。
目は大事、おかしかったらすぐに診察を受けましょう。
posted by ZUKUNASHI at 11:39| Comment(0) | Covid19

介護施設の利用者が減っていきそうだ


過去30日間の人口100万人当たりの死亡数。沖縄県がトップです。経済活動優先となると感染はどうしても増えます。

東日本で急速に増えています。特に秋田の増加が急。秋田県の新規感染者数は増加しています。なぜ秋田で?
住民の油断もあるでしょうが、検査態勢が整っていない、そのため感染に気づかないまま動いている人が多いということでは?
以下のグラフ、データの出所:https://www.pref.akita.lg.jp/pages/68129



全国でみると、感染者数はまだ大きく伸びてはいませんが、コロナ関連とはされない死亡者が確実に増えていきそうに感じています。
posted by ZUKUNASHI at 10:22| Comment(0) | Covid19

「慰安婦」は'20年代から





https://twitter.com/D9bf0NRDYrL21Ba/status/1585497518216925185
posted by ZUKUNASHI at 00:12| Comment(0) | 社会・経済