ずくなしの冷や水

2022年11月02日

英国の科学者が火遊び




posted by ZUKUNASHI at 17:54| Comment(0) | Covid19

西側先進国はエネルギー不足になる

エネルギーが急速に不足しているため、先進国全体がすぐにエネルギーを切望するでしょう、これを見てください.

posted by ZUKUNASHI at 15:33| Comment(0) | 国際・政治

モルドバ




・・・これは危険な展開。注意が必要です。


posted by ZUKUNASHI at 15:19| Comment(0) | 国際・政治

マルワオスマンがザハロバと会談


Marwa Osman氏はレバノンの方です。Journalist & TV Show Host for @PressTV です。モスクワでザハロバに会っています。取材、インタビューでしょうか。
ザハロバは大柄ですね。目下、寝る時間を削って働いているはずです。
posted by ZUKUNASHI at 14:17| Comment(0) | 国際・政治

コロナ感染で5年は老ける


Covidは本当に5年間の老化を誰にでも追加します. 筋肉減少症、小じわの増加。目に見えるのはそれだけです。

血栓や脳卒中、心臓発作の心配があるので、ベビーアスピリンを飲んでもいいか医師に聞きました。
彼女はイエスと言った。
私の心拍数は1分間に30回減少しました。
私は2年前から頻脈性です。
・・・2年前から頻脈になっていたのが、ベビーアスピリンを呑んで心拍数が1分間に30回減少したということのようです。


posted by ZUKUNASHI at 13:40| Comment(0) | Covid19

報道されませんが米国のコロナは大変な事態

posted by ZUKUNASHI at 13:12| Comment(0) | Covid19

ブラジル大統領選はルラが勝利 BRICSはどうなる


ルラが再びブラジルの大統領になると、それがBRICSにどのように影響するかを見るのは興味深いでしょう.
過去数年間、彼のレトリックはウラジーミル・プーチンに非常に似ています。多極化した世界、米ドルの使用が減る。

Lula defeats Bolsonaro in Brazilian election
The president-elect calls his political comeback a “victory of democracy”
Former president Luiz Inacio Lula da Silva has clinched victory over his right-wing rival Jair Bolsonaro in a tightly contested second round of Brazilian election on Sunday. The country’s election authority announced Lula’s victory with 50,90% of the vote to Bolsonaro’s 49.10%.


posted by ZUKUNASHI at 12:59| Comment(0) | 国際・政治

CIA とモサドが性的人身売買組織を運営?


速報 人気の分散型金融 (DeFi) ステーブルコイン発行会社「MakerDAO」のミシガン州共同創設者である Nicolai Arcadie が、プエルトリコのコンダドのビーチで死んでいるのが発見されたことが確認されました。彼が自分のアカウントに投稿した最後のツイートは、CIA とモサドが性的人身売買組織を運営していると非難しました。



posted by ZUKUNASHI at 12:47| Comment(0) | 国際・政治

ドイツで西ナイル熱感染者が前年比倍増

Dangerous tropical disease spreading in Germany – media
The number of new cases of West Nile fever in the country has doubled since last year
Twice as many people contracted West Nile fever in Germany this year than in 2021, Der Spiegel reported on Tuesday, citing data provided by the Robert Koch Institute (RKI), the national health watchdog.

The number of infections registered in Germany since the end of August has risen to ten, according to RKI. At least eight of them were proven to have been contracted within Germany, the agency’s spokeswoman told Der Spiegel.

At least four states have been affected by the spread of the disease, including the capital, Berlin, the eastern states of Saxony and Saxony-Anhalt, as well as North Rhine-Westphalia in the west, the RKI said, adding that further cases could still be discovered.

While the number of cases doubled in comparison to 2021, it is lower than in 2020, when a total of 30 cases were registered, Der Spiegel said. Infections in Germans who had not traveled abroad were first detected in 2019.

The RKI also said that it documented the virus being transmitted between birds and mosquitos in Germany back in 2018. It is now believed the pathogen can hibernate in mosquitoes in Germany.

The fever is usually asymptomatic, meaning most cases are unreported, according to the RKI. Every fifth person infected with the virus develops flu-like symptoms, including headaches or fever, as well as vomiting or rash.

One in 100, however, can become seriously ill as the disease can cause brain inflammation, such as encephalitis or meningitis, and can lead to seizures. The likelihood of death among seriously ill patients is about 10%. Recovery may take weeks or even months. Older people and those with chronic illnesses are considered to be at particular risk of serious infections.

According to the EU health agency (ECDC), a total of 950 cases of West Nile fever have been reported throughout the bloc this year, with 82 infection-related deaths. Southern European countries appear to be disproportionately affected. Italy alone registered more than 570 cases with another 280 reported in Greece.
ドイツで危険な熱帯病が蔓延-メディア
国内での西ナイル熱の新規感染者数は昨年から倍増している
ドイツで今年、西ナイル熱に感染した人の数が2021年の2倍になったと、デア・シュピーゲルが1日、国の健康監視機関であるロベルト・コッホ研究所(RKI)が提供したデータを引用して報じました。

RKIによると、8月末以降にドイツで登録された感染者数は10人に上った。そのうち少なくとも8人はドイツ国内で感染したことが証明されていると、同機関の広報担当者はデア・シュピーゲルに語った。

首都ベルリン、東部のザクセン州、ザクセン=アンハルト州、西部のノルトライン=ヴェストファーレン州など、少なくとも4つの州が感染拡大の影響を受けているとRKIは述べ、さらなる患者がまだ発見される可能性があるとも付け加えている。

2021年と比較すると感染者数は倍増しているが、合計30人の感染者が登録された2020年よりは少ないとDer Spiegelは述べている。海外渡航歴のないドイツ人の感染は、2019年に初めて発見された。

RKIはまた、2018年にドイツで鳥と蚊の間でウイルスが感染していることを記録したという。現在、病原体はドイツ国内の蚊の中で冬眠できると考えられています。

RKIによると、この熱は通常無症状であり、ほとんどの症例が報告されていないことを意味します。このウイルスに感染した人の5人に1人は、頭痛や発熱のほか、嘔吐や発疹など、インフルエンザに似た症状を発症します。

しかし、100人に1人は、脳炎や髄膜炎などの脳の炎症を引き起こし、発作を起こすこともあるため、重症化する可能性があります。重症化した患者さんが死亡する可能性は約10%です。回復には数週間から数ヶ月かかることもあります。高齢者や慢性疾患のある方は、特に重篤な感染症にかかるリスクが高いと考えられています。

EU保健機関(ECDC)によると、今年、EU全域で計950人の西ナイル熱の患者が報告され、82人が死亡している。南欧諸国が不当に影響を受けているようだ。イタリアだけでも570件以上、ギリシャでは280件が報告されている。
posted by ZUKUNASHI at 07:55| Comment(0) | 健康・病気

ウクライナに米軍駐留-メディア

US troops on the ground in Ukraine – media
The military personnel are reportedly inspecting Western weapons deliveries
American troops are on the ground in Ukraine, where they are monitoring NATO arms deliveries to the country, an anonymous Pentagon official told several US media outlets on Monday. It is unclear how many personnel are involved, or where they are located.

Speaking to the Associated Press, NBC News, and other members of the Pentagon press pool, the official said that the contingent of troops is led by Brigadier General Garrick Harmon, the US defense attache to Kiev.

“There have been several of these inspections,” the official told reporters, without revealing where the examinations have taken place. He added that the checks are not happening “close to the front lines,” but where security conditions allow.

The US inspected its arms shipments to Ukraine before Russia launched its military operation in February, but pulled its personnel out of the country days before it began. It is unclear how many troops have returned or when the checks restarted.

The Pentagon official would only say that a “small” number of troops are involved.

The US State Department announced last week that it would allocate “personnel to assist the government of Ukraine with handling…of US security assistance,” although it did not mention that these personnel would be drawn from the ranks of the military. The plan was announced after media reports, citing US intelligence agencies, claimed that Washington could not trace the weapons it sends to Ukraine.

One intelligence source told CNN in April that these weapons disappear “into a big black hole” once they enter the country. The anonymous Pentagon official told journalists that Kiev has been “transparent,” and has cooperated with inspectors thus far.

While Americans have fought and died in Ukraine of their own accord, Monday’s announcement marks the first time since February that Washington has acknowledged the presence of uniformed troops in Ukraine.

Russian President Vladimir Putin has cautioned the US and its NATO allies against getting involved in the conflict, and even before the announcement, he stated that the Kremlin views itself as fighting the “entire Western military machine” in Ukraine.

軍人は西側の武器納入を検査しているとされる
米国防総省の匿名職員が月曜日、複数の米メディアに語ったところによると、米軍はウクライナに駐留し、同国へのNATOの武器納入を監視しているとのことです。何人の隊員が関与しているのか、どこにいるのかは不明である。

AP通信やNBCニュース、その他の国防総省の報道陣によると、この部隊はキエフの米国国防省代表であるギャリック・ハーモン准将が率いているという。

「このような検査が何度か行われている」と、同高官は記者団に語ったが、検査が行われた場所は明らかにしなかった。また、検査は「前線の近く」ではなく、安全条件が許す場所で行われていると付け加えた。

米国は、ロシアが2月に軍事作戦を開始する前に、ウクライナへの武器輸送を点検したが、作戦開始の数日前に人員を引き揚げている。何人の部隊が戻ったのか、いつ点検が再開されたのかは不明である。

国防総省の担当者は、「少人数の」部隊が関与しているとしか言わない。

米国務省は先週、「ウクライナ政府を支援し、米国の安全保障支援の取り扱いを支援するための人員」を配置すると発表したが、この人員が軍から集められることには触れていない。この計画は、米国情報機関を引用して、米国がウクライナに送った兵器を追跡できないとするメディアの報道を受けて発表された。

ある情報筋は4月にCNNに、これらの兵器はウクライナに入ると「大きなブラックホールに」消えてしまうと語った。国防総省の匿名職員は、キエフは「透明性があり」、これまで査察団に協力してきたと記者に語った。

アメリカ人は自らの意思でウクライナで戦い、死んできたが、月曜日の発表は、2月以来、ワシントンがウクライナに制服組の部隊の存在を認めた初めてのことである。

ロシアのプーチン大統領は、米国とNATOの同盟国が紛争に巻き込まれることを警戒しており、発表前にも、クレムリンはウクライナで「西側の軍事組織全体」と戦っていると考えていると述べている。

posted by ZUKUNASHI at 07:48| Comment(0) | ウクライナ

第三次世界大戦はすでに事実上始まっている」-ヌリエル・ルビニ氏

‘WWIII has already effectively begun’ – Nouriel Roubini
According to the renowned economist, “everything will split in two”
A new world war is practically underway, “certainly in Ukraine and cyberspace,” economist Nouriel Roubini explained.

Last week, the New York University professor was interviewed by Der Spiegel and listed some of the world’s most acute problems.

Recalling a recent event hosted by the International Monetary Fund, he referred to historian Niall Ferguson who “said in a speech there that we would be lucky if we got an economic crisis like in the 1970s − and not a war like in the 1940s.”

When speaking about major global threats, Roubini mentioned the ongoing conflict between Russia and Ukraine, adding that Iran and Israel are “on a collision course” as well.

“I read that the Biden administration expects China to attack Taiwan sooner rather than later,” the economist said, summarizing that “World War III has already effectively begun.”

The rivalry between Washington and Beijing is driving tension to a large degree, Roubini noted, adding that the US has banned the export of certain semiconductors to China and is pressuring European nations into cutting trade ties with the country on national security grounds. He believes that a breakup of the globalized world is looming.

“Trade, finance, technology, internet: Everything will split in two,” he predicted.

It was not clear if non-allied nations would pick the US side in the confrontation, he said. “I asked the president of an African country why he gets 5G technology from China and not from the West. He told me, we are a small country, so someone will spy on us anyway. Then, I might as well take the Chinese technology, it’s cheaper,” the economist revealed to Der Spiegel.

The professor is concerned that the political systems in the US and Europe may not be able to deal with the problems, leading to a rise of right-wing governments.

Nouriel Roubini came to prominence for predicting the financial crisis of 2008-09 and was dubbed ‘Doctor Doom’ by Wall Street.
第三次世界大戦はすでに事実上始まっている」-ヌリエル・ルビニ氏
著名な経済学者によると、"すべてが2つに分かれる"
新たな世界大戦は事実上始まっており、「確実にウクライナとサイバースペースで起きている」と経済学者ヌリエル・ルービニ氏は説明した。

先週、ニューヨーク大学の教授はDer Spiegelのインタビューに応じ、世界で最も深刻な問題をいくつか挙げました。

彼は、国際通貨基金(IMF)が最近主催したイベントを思い出し、歴史家のニール・ファーガソンについて触れ、「その講演で、1970年代のような経済危機が起きれば幸運だ、1940年代のような戦争は起きない、と言った」と述べた。

世界の主要な脅威について語るとき、ルービニはロシアとウクライナの間で進行中の紛争に言及し、イランとイスラエルも「衝突する方向」にあると付け加えた。

「バイデン政権は中国が早晩台湾を攻撃すると予想していると読んだ。"第三次世界大戦はすでに事実上始まっている "と総括した。

ルービニ氏は、ワシントンと北京の対立が緊張を大きく促進していると指摘し、米国は中国への特定の半導体の輸出を禁止し、欧州諸国には国家安全保障を理由に中国との貿易関係を断つよう圧力をかけているという。ルービニ氏は、グローバル化した世界の崩壊が迫っていると考えている。

「貿易、金融、技術、インターネット。貿易、金融、技術、インターネット、すべてが二つに分かれるだろう」と予言した。

同盟国以外の国々が、この対立の中で米国側につくかどうかはわからないという。「あるアフリカの大統領に、なぜ5G技術を欧米からではなく中国から調達するのか尋ねたところ、「我々は小さな国だから、どうせ誰かがスパイするだろう。それなら中国の技術を採用した方がいい、その方が安い」と経済学者はシュピーゲルに明かした。

教授は、アメリカやヨーロッパの政治体制がこの問題に対処できず、右派政権の台頭を招くのではないかと懸念している。

ヌリエル・ルービニ氏は、2008年から2009年にかけての金融危機を予測し、ウォール街から「ドクター・ドゥーム」と呼ばれ、一躍脚光を浴びた。

posted by ZUKUNASHI at 00:25| Comment(0) | 国際・政治