ずくなしの冷や水

2022年11月01日

CENTRAL BANKS BOUGHT A RECORD 399 TONNES OF GOLD

posted by ZUKUNASHI at 23:22| Comment(0) | 国際・政治

ロングコビッドの10の兆候


1 You know you have had Covid
2 You suspect you may have had Covid
3 You have been alive during the last three years living on the earth
4 You never got better after having Covid
5 You have residual abdominal pain
6 You have altered sense of smell
7 You have an altered sense of taste
8 You have blurred or impaired vision
9 You have menstrual or period problems
10 You have anxiety
11 You have chest pain
12 You have difficulty thinking
13 You have a lingering cough
14 You have depression
15 You get dizziness
16 You have fatigue
17 You become easily fatigued
18 You have occasional fever
19 You have regular diarrhoea
20 You have unusual constipation
21 You have acid reflux
22 You have headaches
23 You have head ache
24 You have memory issues
25 You have joint pain
26 You have muscle pain
27 You have pain
28 You have nerve pain
29 You have new allergies
30 You get pins and needles
31 You get numbness
1 コビドにかかったことがある
2 コビドにかかったことがあると思われる
3 過去3年間、地球上で生きていたことがある
4 コビドにかかった後、一度も良くなったことがない
5 腹痛が残っている
6 嗅覚に異常がある
7 味覚に異常がある
8 目がかすむ、または見えにくい
9 月経または生理の問題がある
10 不安を感じる
11 胸痛がある
12 考えることが困難
13 長引く咳がある
14 うつ病になったことがある
15 めまいがする
16 疲労感がある
17 すぐ疲れる
18 ときどき熱が出る
19 下痢をすることが多い
20 いつもと違う便秘である
21 酸が逆流する
22 頭痛がする
23 頭痛がする
24 記憶に問題がある
25 関節痛がある
26 筋肉痛がある
27 痛みがある
28 神経痛がある
29 新しいアレルギーがある
30 (血行がさまたげられて起きる手足の)しびれがある
31 しびれがある











22 You have headaches
23 You have head ache
24 You have memory issues
25 You have joint pain
26 You have muscle pain
27 You have pain
28 You have nerve pain
29 You have new allergies
30 You get pins and needles
31 You get numbness
posted by ZUKUNASHI at 23:12| Comment(0) | コロナ・ワクチン後遺症

ダグラス・マクグレゴー大佐のインタビュー記事

太陽のいびき氏がダグラス・マクグレゴー大佐のインタビューを訳してくれました。
ダグラス・マクグレゴー大佐は、いろいろな情報を得ており、話は明快です。



長いスレッドですので、ポイントを何か所か掲げます。








posted by ZUKUNASHI at 22:22| Comment(0) | ウクライナ

モスクワは穀物取引停止に対する批判に対応

Moscow responds to criticism over grain deal suspension
Washington chose to ignore Ukraine’s assault on Russian ships involved in securing the safety of sea routes, a top diplomat said
Russia’s decision to suspend the grain deal with Ukraine was prompted by Kiev’s reckless actions, Moscow’s ambassador to Washington said on Sunday, while describing Western condemnation of the move as unwarranted.

Russia halted its compliance with the agreement, brokered by the UN and Türkiye, after Kiev conducted a major drone attack on ships of the Russian Black Sea Fleet involved in securing safe passage for agricultural cargo.

Speaking to reporters, Anatoly Antonov said: "Washington's reaction to the terrorist attack on the port of Sevastopol is truly outrageous,” adding that the US refrained from condemning “the reckless actions of the Kiev regime.”

Antonov noted the West’s “complete disregard” of Russia’s allegations that the bombing of Russian ships was organized with the involvement of the British military. The UK Ministry of Defence has denied the accusation.

Amid “attacks and provocations against Russian military and merchant vessels involved in the Black Sea Initiative”, Moscow cannot continue operations without paying attention to security issues, Antonov insisted.

The envoy also addressed “insinuations” that Russia is causing global starvation, saying Moscow has repeatedly highlighted the importance of supplying the poorest countries with agricultural goods.

“However, under the grain scheme, a good half of all dry-cargo carriers went to developed countries. At the same time, Somalia, Ethiopia, Yemen, Sudan and Afghanistan received only about 3% of agricultural products,” he noted.

On Saturday, Russia’s Defense Ministry announced that it was suspending the implementation of agreements on the export of agricultural products from Ukrainian ports, citing a Ukrainian “terror attack” against ships of the Black Sea Fleet and civilian vessels involved in ensuring the security of the grain corridor.

US President Joe Biden denounced Moscow’s decision as “purely outrageous,” claiming it would “increase starvation.” “There’s no merit to what they’re doing. The UN negotiated that deal and that should be the end of it,” he said.

Meanwhile, commenting on Russia’s decision to suspend the grain deal, Andrey Ermak, Ukrainian President Vladimir Zelensky’s chief of staff, accused Moscow of “blackmail.”

The breakthrough deal between Moscow and Kiev was reached in Istanbul in July with mediation by the UN and Türkiye. It aimed to unlock agricultural exports via the Black Sea from Russia and Ukraine, which had come to halt due to the conflict between the two nations. The deal was praised as critical for easing the global food crisis and helping the world’s poorest nations to avoid starvation.

Russian President Vladimir Putin, however, repeatedly accused Western nations of taking over grain exported from Ukraine, instead of allowing it to be delivered to developing countries. Moscow also warned that it could quit the grain deal if an agreement to ease restrictions on its food and fertilizer exports were not implemented.
日本語

ワシントンは、海路の安全確保に関与するロシア船に対するウクライナの攻撃を無視することを選択した、とトップ外交官は述べた
ロシアのウクライナとの穀物取引を停止するというロシアの決定は、キエフの無謀な行動に促された、とモスクワのワシントン駐在大使は日曜日に述べ、この動きに対する西側諸国の非難は不当であると述べた。

ロシアは、農業貨物の安全な通過を確保するためにキエフがロシアの黒海艦隊の船に大規模なドローン攻撃を行った後、国連とトルキエによって仲介された協定の遵守を停止しました。

記者団に対し、アナトリー・アントノフは、「セヴァストポリ港へのテロ攻撃に対するワシントンの反応は、本当に法外である」と述べ、米国は「キエフ政権の無謀な行動」を非難することを控えたと付け加えた。

アントノフは、ロシアの船の爆撃が英国軍の関与によって組織されたというロシアの主張に対する西側の「完全な無視」を指摘した。英国国防省はこの告発を否定している。

「黒海イニシアチブに関与するロシア軍および商船に対する攻撃と挑発」の中で、モスクワは安全保障問題に注意を払わずに作戦を続けることはできない、とアントノフは主張した。

特使はまた、ロシアが世界的な飢餓を引き起こしているという「ほのめかし」に言及し、モスクワは最貧国に農産物を供給することの重要性を繰り返し強調してきたと述べた。

「しかし、穀物スキームの下では、すべてのドライカーゴキャリアのかなりの半分が先進国に行きました.同時に、ソマリア、エチオピア、イエメン、スーダン、アフガニスタンは、農産物の約 3% しか受け取っていません」と彼は指摘しました。

土曜日、ロシアの国防省は、ウクライナの港からの農産物の輸出に関する協定の実施を一時停止すると発表した廊下。

米国のジョー・バイデン大統領は、モスクワの決定を「純粋に法外」であると非難し、「飢餓を増加させる」と主張した。 「彼らがしていることにメリットはありません。国連はその取引を交渉したので、それで終わりになるはずです」と彼は言いました。

一方、ウクライナのウラジーミル・ゼレンスキー大統領の首席補佐官であるアンドレイ・エルマク氏は、穀物取引を停止するというロシアの決定についてコメントし、モスクワを「恐喝」であると非難した。

モスクワとキエフの間の画期的な合意は、国連とトルコ共和国の仲介により、7 月にイスタンブールで成立した。両国間の紛争により停滞していたロシアとウクライナからの黒海経由の農産物輸出を開放することを目的としていた。この取引は、世界的な食糧危機を緩和し、世界の最貧国が飢餓を回避するのを助けるために重要であると称賛されました.

しかし、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、西側諸国がウクライナから輸出された穀物を発展途上国に届けることを許可する代わりに、それを乗っ取っていると繰り返し非難した。モスクワはまた、食料と肥料の輸出に対する制限を緩和する合意が実施されなければ、穀物協定を放棄する可能性があると警告した.



この問題でロシアの措置はアフリカに飢餓をもたらすとウクライナサイドが述べていますが、アフリカのサイドからは、grainはいらないとの声も出ており、ゼレンスキーの主張は足元を見られています。


gari:キャッサバ
フフ(fufu・foutoa)芋類を臼で破砕して湯で練ったもの。

Russia closes Black Sea ‘grain corridor’
Navigation through the route is currently impossible because Ukraine is using it for military operations, Moscow has claimed
The Russian military has shut the so-called “grain corridor” used to ship Ukrainian agriculture products through the Black Sea. The move was provoked by the actions of Kiev, which has used the route to launch attacks, the Russian Defense Ministry explained, on Monday.

The announcement follows a Ukrainian drone offensive, in the early hours of Saturday morning, which damaged some Russian ships used to police the Black Sea. Moscow has blamed the UK for the incident, near Sevastopol, and said a British Navy unit masterminded operations from the port of Ochakov. London has dismissed the accusation.

“Any navigation through the security corridor designated under the Black Sea [grain shipment] initiative will be halted until the situation around the Ukrainian … terrorist attack on the military and civilian vessels in Sevastopol is cleared up,” the Russian Defense Ministry outlined in a statement.

Officials also said that Kiev had specifically committed not to use the corridor for military purposes. At the same time, it maintained that Russia is not withdrawing from the deal but only suspending it for an indefinite period of time.

Earlier on Monday, Kremlin spokesman Dmitry Peskov said that Russia was ready to compensate for the missing Ukrainian grain exports to the poorer nations from its own stocks. He also warned that the grain deal has become “much more risky, dangerous” now since Russia cannot guarantee maritime security in the waters of the designated grain corridor.

Russia is “still in contact” with other parties, including the UN and Türkiye, Peskov said, adding, however, that Moscow was not ready to be talked into resuming its participation in the deal.

A dozen ships carrying Ukrainian grain were cleared to leave Turkish ports earlier on Monday. The Joint Coordination Centre (JCC) in Istanbul agreed on a plan to inspect a further 40 vessels, despite Moscow’s decision to suspend the deal. It is unclear whether it will follow up on its plan now.
ウクライナが軍事作戦に使用しているため、現在このルートの航行は不可能であると、モスクワは主張している。
ロシア軍は、ウクライナの農産物を黒海経由で輸送するためのいわゆる「穀物回廊」を閉鎖した。ロシア国防省は月曜日、このルートを使って攻撃を仕掛けてきたキエフの行動によって引き起こされたものだと説明している。

この発表は、土曜日の早朝にウクライナのドローンが攻撃し、黒海の警備に使用されていたロシアの船舶が損傷したことを受けたものです。モスクワは、セヴァストポリ付近で起きたこの事件で英国を非難し、英国海軍の部隊がオチャコフ港からの作戦を指揮したと述べた。ロンドンはこの非難を退けている。

ロシア国防省は声明で、「黒海(穀物輸送)構想で指定された安全回廊を通る航行は、セヴァストポリの軍・民間船舶に対するウクライナの...テロ攻撃を巡る状況が片付くまで停止される」と概要を明らかにした。

また、キエフは回廊を軍事目的に使用しないことを明確に約束したとも述べている。同時に、ロシアはこの協定から離脱するのではなく、無期限で停止するだけだとも主張している。

月曜日にクレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、ロシアは貧しい国々に輸出されるウクライナの穀物の不足分を自国の在庫から補う用意があると述べた。また、ロシアが穀物回廊の指定水域の海上安全を保証できないため、穀物取引は今や「はるかに危険で、危うい」ものになっていると警告した。

ロシアは国連やトルコを含む他の当事者と「まだ接触している」とペスコフ氏は述べ、しかし、モスクワは取引への参加を再開するように説得される準備ができていないと付け加えた。

ウクライナの穀物を積んだ12隻の船は、月曜日にトルコの港から出港することが許可された。イスタンブールの共同調整センター(JCC)は、モスクワが取引停止を決定したにもかかわらず、さらに40隻の船舶を検査する計画で合意した。現在、その計画を実行に移すかどうかは不明である。

Zelensky ‘nullified’ grain shipping deal – Russian Duma speaker
Vyacheslav Volodin says the agreement on Ukrainian grain exports can’t continue on the “old terms”
Ukrainian President Vladimir Zelensky has rendered the internationally brokered grain shipping agreement void by using the safe passage in the Black Sea to strike Russian warships, Vyacheslav Volodin, the speaker of the State Duma, the lower house of Russia’s parliament, said. Moscow claims that Kiev dispatched attack drones via the route designated for grain vessels.

“The resumption of the grain deal is impossible as long as the safe corridor is being used for terrorist attacks,” Volodin wrote on his Telegram channel on Tuesday. “With his actions, Zelensky has nullified all of the agreements that were brokered by Türkiye and the UN.”

The senior legislator said the use of the safe corridor for the attack on Russia’s Black Sea Fleet is “unacceptable” and that the grain agreement “cannot exist on the old terms.”

Under the deal struck in July, the sides agreed to unblock the export of grain and other agricultural products from Ukrainian ports. Ukraine, a major producer, is among the vital suppliers of wheat, corn, and barley.

On Saturday, Moscow accused Kiev of sending aerial and seaborne drones to strike warships in the city of Sevastopol in Crimea, which hosts a naval base. A minesweeper was damaged in the raid, according to the Russian Defense Ministry.

The ministry claimed that the drones moved along the corridor set up for grain ships, and that one device may have been launched from a civilian vessel hired to transport grain. Moscow also said that a British Navy unit masterminded the attack. London has dismissed the accusation. Russia subsequently announced the closure of the corridor on Monday.

Zelensky accused Russia of blackmail and “deliberately exacerbating the food crisis.”

Speaking to reporters on Monday, Russian President Vladimir Putin said that only 3-5% of grain that had been shipped through the safe corridor went to poorer countries.

The UN, however, reported last month that 27% of the ships went to “low and lower-middle income countries” such as Egypt, Kenya, and Bangladesh. It said that 26% went to “upper-middle income countries” such as Türkiye and China, while 47% went to “high-income” nations such as Spain and Italy.
ゼレンスキー氏、穀物輸送契約を「無効化」-ロシア下院議長
Vyacheslav Volodin氏は、ウクライナの穀物輸出に関する協定を "古い条件 "で継続することはできないと述べている。
ウラジーミル・ゼレンスキー・ウクライナ大統領は、黒海の安全航路を利用してロシア軍艦を攻撃することにより、国際的に仲介された穀物輸送協定を無効にしたと、ロシア議会の下院である国家ドゥーマの議長、ヴャチェスラフ・ボローディンが述べた。モスクワは、キエフが穀物船用の航路を使って攻撃用ドローンを派遣したと主張している。

「安全な通路がテロ攻撃に使われている限り、穀物取引の再開は不可能だ」とヴォロディンは火曜日、自身のテレグラムチャンネルに書き込んだ。"彼の行動で、ゼレンスキーは、トルコと国連が仲介した全ての合意を無効にしてしまった"

この上級議員は、ロシアの黒海艦隊への攻撃に安全な通路を使用することは "容認できない "と述べ、穀物協定は "古い条件では存在できない "とした。

7月に結ばれた協定では、ウクライナの港から穀物やその他の農産物の輸出をブロックしないことに合意した。主要生産国であるウクライナは、小麦、トウモロコシ、大麦の重要な供給国の一つである。

土曜日、モスクワは、キエフがクリミアのセヴァストポリにある軍艦を攻撃するために空と海上のドローンを送ったと非難した。ロシア国防省によると、この空襲で掃海艇が被害を受けたという。

同省は、無人機は穀物船のために設けられた回廊に沿って移動し、1つの装置は穀物輸送のために雇われた民間船から発射された可能性があると主張した。モスクワはまた、英国海軍の部隊が攻撃を首謀したと述べた。ロンドンはこの非難を退けている。ロシアはその後、月曜日に回廊の閉鎖を発表した。

ゼレンスキーは、ロシアについて、脅迫し"意図的に食糧危機を悪化させた "と非難した。

月曜日に記者会見したロシアのプーチン大統領は、安全な回廊を通じて出荷された穀物のうち、貧しい国々に渡ったのは3〜5%に過ぎないと述べた。

しかし、国連は先月、27%がエジプト、ケニア、バングラデシュなどの「低・中所得国」に送られたと報告した。26%がトルコや中国などの「高中所得国」に、47%がスペインやイタリアなどの「高所得国」に送られたと発表した。



posted by ZUKUNASHI at 21:32| Comment(0) | ウクライナ

バイデン 石油会社をやり玉に

Biden threatens new tax to end ‘war profiteering’
The record profits of the oil industry are the “windfall of war,” the US president has said
US President Joe Biden has vowed to impose new taxes to restrain the “excess profits” of American oil companies, insisting they must help lower prices for consumers, while accusing them of reaping undue benefits from the conflict in Ukraine.

The president took the oil industry to task during an address on Monday, speaking alongside Energy Secretary Jennifer Granholm and Treasury head Janet Yellen. He argued that companies have seen “profits so high it’s hard to believe” since fighting erupted in Eastern Europe earlier this year, and must start acting beyond their “narrow self-interest.”

“Oil companies’ record profits today are not because they’re doing something new or innovative. Their profits are a windfall of war – the windfall from the brutal conflict that’s ravaging Ukraine and hurting tens of millions of people around the globe,” he said, adding that they have “a responsibility to act in the interest of their consumers, their community, and their country.”
ジョー・バイデン米大統領は、米国の石油会社の「過剰利益」を抑制するために新たな税金を課すことを宣言し、消費者の価格引き下げに貢献しなければならないと主張する一方で、ウクライナ紛争から不当な利益を得ていると非難した。

大統領は月曜日の演説で、ジェニファー・グランホルム・エネルギー長官とジャネット・イエレン財務長官とともに、石油業界を非難した。大統領は、今年初めに東欧で紛争が勃発して以来、企業は「信じがたいほどの高収益」を得ており、「狭い自己利益」を超えた行動を開始しなければならないと主張した。

「石油会社が今日、記録的な利益を上げているのは、何か新しいことをしているからでも、革新的なことをしているからでもない。彼らの利益は戦争による風前の灯、つまりウクライナを荒廃させ、世界中の何千万人もの人々を傷つけている残酷な紛争によるものだ」と述べ、「消費者、地域、そして国の利益のために行動する責任がある」と付け加えた。
posted by ZUKUNASHI at 17:27| Comment(0) | ウクライナ

私たちは、西洋がその手段の範囲内で生活しなければならない、新しい世界秩序の誕生を目撃している

Sergey Karaganov: We are witnessing the birth of a new world order where West will have to live within its means
It’s time for the Global Majority to take their rightful place at the top table

By Professor Sergey Karaganov, honorary chairman of Russia’s Council on Foreign and Defense Policy, and academic supervisor at the School of International Economics and Foreign Affairs Higher School of Economics (HSE) in Moscow

At last week’s Valdai Forum, in Moscow I was invited to speak at a session entitled “The Crumbling World: Lessons for the Future from the Political-Military Crisis of 2022.” The event has become a leader in the international intellectual community in dealing with global affairs of the present and future. But the title of the session gave me doubts, even if I didn’t protest.

The crisis did not start in 2022, it started in the mid-1990s – just as the Second World War really began with the post-First World War Treaty of Versailles, which was unfair and laid the foundations for what later transpired.

Almost three decades ago, the West refused to strike a just arrangement with post-Soviet Russia. Instead, as it seemed to many at the time, it created a new domination system based on so-called “rules.”

Others later referred to it more accurately as global liberal imperialism. But it was built on sand. It contained a World War III landmine that would sooner or later explode. Veterans like me tend to store memories, often misremembered, but I have been on the record since 1996-1997 that a world based on NATO expansion and Western domination would lead to war.

US-led hegemony began to crumble in 1999 when, in a daze of impunity, the bloc violated Yugoslavia. The crumbling went further when, in euphoria, it went into Afghanistan, then into Iraq and lost, devaluing its then military superiority and moral leadership. At the same time two even more important processes were taking place. Russia became convinced – after Yugoslavia, Afghanistan, Iraq and the US withdrawal from the ABM Treaty – that it was impossible to build a just and lasting peace with the West, and began to restore its military might.

Thus, once again, as Moscow had done in the past, it began to kick at the foundations of Western domination in the global economic, political and cultural spheres, which was based on military superiority. This dominance lasted for 500 years and began to crumble in the 1960s. In the 1990s, because of the fall of the USSR, it seemed to have returned, but now Moscow has started to shake its foundations again.

At the same time, the West missed the rise of China. In parallel, an even more surprising mistake was made. In the late 2000s, it began to restrain both China and Russia simultaneously, pushing them towards a single political-military bloc that combined their core interests.

A manifestation of this was the 2008 economic crisis, which took place against the backdrop of the aforementioned processes and undermined confidence in the West's moral, economic and intellectual leadership.

Since the late 2000s the West has been creating the conditions for a Cold War. But there was still a window of opportunity to agree with Russia and China on the terms of the new world. It existed somewhere between 2008 and 2013. But it wasn’t used. Since 2014, the US-led bloc has intensified its active policy of containment of China and Russia, including promoting a coup d'état in Kiev to prepare proxies to try and undermine Moscow.

The West – losing military, political and moral ground and even its moral core (look at Western Europe’s move away from Christianity) – went on a hysterical counterattack. War was becoming inevitable, the question was where and when.

Covid was used as a substitute for two years. But once its effect had been diluted, a clash here or there became inevitable. Realizing this, Russia decided to strike first.

This operation had several aims: to prevent the West from creating a military offensive bridgehead on Russia's borders, which was rapidly taking shape, and to prepare the country for the long-term effects of conflict and rapid change. This requires a different model of society and economy – one of mobilisation.

The next goal is to purge the elites of pro-Western and “comprador” elements.

But perhaps the main thrust of the offensive from the perspective of world history, not just Russian history, is the struggle for the final liberation of the planet from the 500-year-old Western yoke, which has suppressed countries and civilizations and imposed unequal terms of engagement on them. First by simply plundering them, through colonialism, then neocolonialism, and later through the globalist imperialism of the last 30 years.

The conflict in Ukraine, like many events of the last decade, is not only about shattering the old world, it is also about creating a new, freer, fairer, more politically and culturally pluralistic and multi-colored world.

The global meaning of the fight in Ukraine is the return of freedom, dignity and autonomy to the non-West (and we propose to call it by another name – the Global Majority, which was previously suppressed, robbed and culturally humiliated). And, of course, a fair share of the world's wealth.

Russia cannot fail to win this war, although it will be difficult. Many of us had not counted on such a strong willingness on the part of the West to fight militarily, and on such a determination from some Ukrainians – who had been transformed into the likeness of the German Nazis previously set against Moscow – to fight desperately, and at their level of armaments. Probably, given the general global trends and the global balance of power, we should have struck earlier. But I don't know the level of readiness of our Armed Forces.

I think that in 2014 we definitely should have acted more decisively, abandoning hopes of an agreement.

We are living in a dangerous period, on the brink of a full-fledged third world war that could end humanity's existence. But if Russia wins, which is more than likely, and the hostilities do not escalate into a full-blown nuclear conflict, we should not look at the coming decades as a time of dangerous chaos (as most in the West are saying). We have been living in this period for a long time.

It will be, if we choose a world of constructive creation and the attainment of freedom, justice and dignity by peoples and nations.

The old system of institutions and regimes has already collapsed (freedom of trade and respect for private property). Meanwhile, institutions like the WTO, the World Bank the IMF, the OSCE and the EU are, I am afraid, reaching their last years.

New bodies are beginning to emerge to which the future belongs. They are the SCO, ASEAN+, the Organisation of African Unity and the Regional Comprehensive Economic Partnership (RCEP). The Asian Development Bank is already lending many times more than the World Bank. Not all new institutions will survive, and let us hope that a number of them will survive, especially in the UN system, which urgently needs reform to primarily represent the Global Majority in the secretariat, rather than the West.

The main thing is to prevent a losing West from stalling history or derailing it through a world war.

Not only Global Majority countries, but Western countries can live quite happily in this world. The West will simply lose the opportunity to plunder the rest of the planet and it will have to shrink a bit. They will have to live within their means.

I am afraid that this new world taking shape now will be created beyond my intellectual or physical life. But my young colleagues and certainly their children will see it.

But this beautiful vision has to be fought for, first of all by preventing a third world war, because of the attempted revenge of the West. Again, it was in Europe that the first two world wars were unleashed. Russia is now fighting, among other things, to ensure that the prerequisites for a third are not ripe. But conflicts will occur in an era of rapid change. So the struggle for peace should be one of the main themes of our intellectual community and the world at large.
以下はDEEPLによる翻訳
セルゲイ・カラガノフ:私たちは、西洋がその手段の範囲内で生活しなければならない、新しい世界秩序の誕生を目撃している。
グローバル・マジョリティがトップ・テーブルにつくべき時が来た。

セルゲイ・カラガノフ ロシア外交防衛政策会議名誉議長、モスクワ高等経済学院国際経済・外交学科教授

先週モスクワで開催されたValdai Forumで、私は「The Crumbling World」と題するセッションに招かれ、講演を行った。2022年の政治的・軍事的危機から得られる未来への教訓" というセッションに招かれた。このイベントは、現在と未来の世界情勢を扱う国際的な知的コミュニティーのリーダー的存在になっている。しかし、このセッションのタイトルには、抗議はしないまでも、疑問を感じた。

危機は2022年に始まったのではなく、1990年代半ばに始まったのだ。ちょうど第二次世界大戦が、不公平で、後に起こったことの基礎を作った第一次世界大戦後のヴェルサイユ条約から本当に始まったのと同じように。

約30年前、西側諸国はソビエト連邦後のロシアと公正な取り決めを結ぶことを拒否した。その代わりに、当時多くの人が感じたように、いわゆる「ルール」に基づいた新しい支配体制を作り上げたのである。

後に、それをより正確にグローバル・リベラル・インペリアリズムと呼ぶ者もいる。しかし、それは砂の上に築かれたものであった。それは、遅かれ早かれ爆発する第三次世界大戦の地雷を含んでいたのだ。私のような退役軍人は、しばしば間違って記憶してしまうが、1996年から1997年にかけて、NATOの拡大と欧米の支配に基づく世界は戦争につながると、私は記録してきた。

米国主導の覇権主義が崩れ始めたのは、1999年、朦朧とする意識の中でNATOがユーゴスラビアに暴力を振るったときである。その崩壊はさらに進み、陶酔のあまりアフガニスタン、イラクに侵攻して敗北し、当時の軍事的優位と道徳的指導力が損なわれた。同時に、さらに重要な2つのプロセスが起こっていた。ユーゴスラビア、アフガニスタン、イラク、そして米国のABM条約脱退を経て、ロシアは西側諸国との間に公正で持続的な平和を築くことは不可能であると確信し、その軍事力を回復し始めたのである。

こうして再び、モスクワは過去に行ったように、軍事的優位に基づく世界の経済、政治、文化領域における西側の支配の基盤を蹴り始めた。この支配は500年続き、1960年代には崩れ始めた。1990年代、ソ連の崩壊により、それは復活したかに見えたが、今、モスクワは再びその基盤を揺るがし始めている。

同時に、西側諸国は中国の台頭を見落とした。それと並行して、さらに驚くべき間違いが起こった。2000年代後半、中国とロシアを同時に抑制し始め、両者の核心的利益を結合させた単一の政治・軍事ブロックへと押しやったのである。

その表れが2008年の経済危機であり、前述のプロセスを背景に、西側の道徳的、経済的、知的リーダーシップに対する信頼が損なわれたのである。

2000年代後半以降、西側諸国は冷戦のための条件を整えつつあった。しかし、新しい世界の条件について、ロシアや中国と合意する機会の窓はまだあった。それは2008年から2013年にかけてのどこかに存在していた。しかし、それは使われなかった。2014年以降、米国主導のブロックは、モスクワを弱体化させようとする代理人を用意するためにキエフのクーデターを促進するなど、中国とロシアを封じ込める積極的な政策を強化してきた。

西側諸国は、軍事的、政治的、道徳的な基盤を失い、道徳的な核心(西ヨーロッパのキリスト教離れを見よ)さえも失い、ヒステリックな反撃に出たのだ。戦争は避けられなくなり、問題はいつどこで起こるかだった。

コビットは2年間、代用品として使われた。しかし、その効果が薄れると、あちこちで衝突が起こるのは必至であった。そこで、ロシアは先制攻撃に踏み切った。

この作戦には、西側諸国がロシアの国境に軍事攻勢の橋頭堡を築き、それが急速に形づくられていくのを防ぐことと、紛争と急激な変化がもたらす長期的影響に備えるという狙いがあった。そのためには、社会と経済の異なるモデル、すなわち動員のモデルが必要である。

次の目標は、エリートから親欧米派と「コンプラドール」派を一掃することである。

しかし、ロシアの歴史だけでなく、世界史の観点から見たこの攻防の主な目的は、国や文明を抑圧し、不平等な交戦条件を押し付けてきた500年にわたる西洋のくびきから地球を最終的に解放するための戦いであろう。最初は単に略奪することによって、植民地主義、新植民地主義、そして過去30年間のグローバリズムの帝国主義を通して。

この10年の多くの出来事と同様に、ウクライナでの紛争は、古い世界を打ち壊すだけでなく、新しい、より自由で公平な、政治的・文化的に多元的で多色的な世界を創造することでもあるのです。

ウクライナでの戦いの世界的な意味は、非西側(そして我々はそれを別の名前で呼ぶことを提案する-これまで抑圧され、奪われ、文化的に屈辱を受けたグローバル・マジョリティ)に自由、尊厳、自治を取り戻すことである。そしてもちろん、世界の富の公正な分配も。

ロシアは、困難ではあるが、この戦争に勝利しないわけにはいかない。私たちの多くは、西側の軍事的な戦いに対する強い意志と、一部のウクライナ人(以前モスクワに仕掛けられたドイツのナチスの似姿に変身していた)が必死に、そして彼らの軍備のレベルで戦うという決意をこれほどまでに期待していなかった。おそらく、世界の一般的な傾向や世界のパワーバランスを考えると、もっと早く攻撃すべきだったのだろう。しかし、我が国の軍隊の準備態勢がどの程度なのか、私にはわかりません。

2014年には、合意への希望を捨て、より断固とした行動をとるべきだったと思います。

私たちは今、人類の存亡をかけた本格的な第三次世界大戦の瀬戸際にいる危険な時代に生きているのです。しかし、もしロシアが勝利し(その可能性は高い)、敵対関係が本格的な核紛争に発展しなければ、(欧米の多くの人々が言っているように)今後数十年を危険な混沌の時代と見るべきではないだろう。私たちは長い間、この時代に生きてきたのだ。

建設的な創造と、人々と国家による自由、正義、尊厳の達成の世界を選択するならば、そうなるであろう。

古い制度や体制はすでに崩壊している(貿易の自由と私有財産の尊重)。一方、WTO、世界銀行、IMF、OSCE、EUなどの機関は、残念ながら晩年を迎えている。

これからは、新しい組織が登場することになる。SCO、ASEAN+、アフリカ統一機構、地域包括的経済連携(RCEP)などがそれである。アジア開発銀行は、すでに世界銀行の何倍もの融資を行っている。すべての新機関が生き残るわけではなく、特に国連システムにおいては、欧米ではなくグローバル・マジョリティを主に事務局で代表するための改革が急務であり、多くの新機関が生き残ることを期待したいところである。

要は、負けた西側が世界戦争によって歴史を停滞させたり、脱線させたりするのを防ぐことである。

グローバルマジョリティーの国だけでなく、欧米諸国もこの世界では結構幸せに暮らせるのです。西側諸国は、単に地球の他の地域を略奪する機会を失い、少し縮小せざるを得ないだろう。彼らは身の丈にあった生活をしなければならないでしょう。

私は、今まさに形作られつつあるこの新しい世界が、私の知的・物理的な人生を超えて生み出されることを恐れている。しかし、私の若い同僚やその子供たちは、必ずそれを目にすることになるでしょう。

しかし、この美しいビジョンのために戦わなければなりません。まず第一に、西洋の復讐が試みられたために、第三次世界大戦を防ぐことです。繰り返しになりますが、最初の2つの世界大戦が解き放たれたのは、ヨーロッパでした。ロシアは今、第三次世界大戦の前提条件が熟さないようにすることなどを目的に戦っている。しかし、変化の激しい時代には紛争が起こる。だから、平和のための闘いは、私たちの知的コミュニティと世界全体の主要なテーマの一つであるべきだ。

・・・・・

この著者の見解は、いまのロシアの世界観を的確に表しています。そして世界的には西側の諸国を除いてこれを首肯する国、識者が多いでしょう。

変化はとても急速です。「今まさに形作られつつあるこの新しい世界が、私の知的・物理的な人生を超えて生み出されることを恐れている」。同感です。見届けてから死にたいです。

英語から翻訳-セルゲイ・アレクサンドロヴィッチ・カラガノフは、ロシアの政治学者であり、ヴィタリー・シュリコフによって設立された安全保障分析機関である外交・防衛政策評議会を率いています。彼はまた、モスクワの高等経済学校の世界経済・国際問題学部の学部長でもあります。 ウィキペディア(英語)
原文を見る
出生地: ロシア モスクワ
生年月日: 1952年9月12日 (年齢 70歳)
posted by ZUKUNASHI at 15:11| Comment(0) | 国際・政治

西側諸国は10年以内にコロナウイルスからの長期障害で労働力の大半を失う



・・・西側諸国が今後10年もかからずに労働力の多くを失うことはありうるでしょう。日本も例外ではない。亡くなる人も出る。障害で働けない人も出る。

今、「マスクはずそう」などと言っている人は、将来、どう生計を立てていくか考えていないでしょう。そういう人たちを個人が支えることはできない。

そういう「コロナは風邪」の人たちがいる間は、自衛あるのみです。

このブログをご覧の方はお気づきでしょうが、国際情勢に関する分析では中国の研究者、ジャーナリストの中に、傾聴すべき知見を持つ人が増えています。日本人の専門家といわれる人が、メディアに登場してデマを撒き散らしているのと大違いです。日本人の中でも若い人に期待される人も増えていますが、まだ少ないし、公に発言する機会も与えられない。

生産活動・経済活動だけでなく、言論や学術分野でも中国の発展は目覚ましいです。彼我の差を認めないで反中に凝り固まっているのは、さらに差を広げるだけです。
posted by ZUKUNASHI at 14:48| Comment(0) | Covid19

米政府はビッグテックと連携し、ソーシャルメディアを検閲していた - Intercept

US government worked with Big Tech to censor social media – Intercept
Documents show how Homeland Security sought to dodge the First Amendment ban on censorship
The US government worked hand in glove with social media platforms to censor online “misinformation” – such as the factually true Hunter Biden laptop story – The Intercept revealed on Monday, citing internal Department of Homeland Security documents obtained through leaks and public records requests. Moreover, the DHS plans to continue censoring opinions about Covid-19, “racial justice,” and US support for Ukraine going forward.

“Behind closed doors, and through pressure on private platforms, the US government has used its power to try to shape online discourse,” Lee Fang and Ken Klippenstein write in Monday’s report.

One of their major revelations is that tech companies – including Twitter, Facebook, Reddit, Discord, Wikipedia, Microsoft and LinkedIn – met with the FBI and other government agencies every month, before and since the 2020 election. Facebook even set up a special portal for “takedowns” that requires a law enforcement email to access.

The process is also outlined in emails between DHS officials, Twitter, and the NGO Center for Internet Security, while meeting notes show that the government called on tech platforms to “process reports and provide timely responses, to include the removal of reported misinformation from the platform where possible.”

Many of the documents surfaced due to the lawsuit by Missouri Attorney General Eric Schmitt, a Republican currently running for the US Senate. Among them was the revelation that two FBI officials were involved in high-level communications with Facebook to suppress the Hunter Biden laptop story: Laura Dehmlow, the section chief of the FBI’s Foreign Influence Task Force (FITF) and Elvis Chan, a special agent in the San Francisco field office.

The factually true story published in October 2020 was denounced as “Russian disinformation” by Democrat Joe Biden and most corporate outlets, and the New York Post was suppressed on both Facebook and Twitter.

Another document from March shows Dehmlow telling Twitter executives that subversive information on social media could undermine support for the US government.

Created in 2019 in response to claims by Democrats that “Russian influence” on social media somehow got Donald Trump elected in 2016, the FBI’s FITF would later expand its purview to “disinformation analysis” about Covid-19.

A draft of the Quadrennial Homeland Security Review – a strategy document leaked to the Intercept – shows the DHS intends to target “inaccurate information” on topics including “the origins of the [Covid]-19 pandemic and the efficacy of [Covid]-19 vaccines, racial justice, US withdrawal from Afghanistan, and the nature of US support to Ukraine.”

Jen Easterly, a Biden nominee heading the DHS’ Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA), texted a Microsoft employee in February, saying she was “trying to get us in a place where Fed can work with platforms to better understand mis/dis trends so relevant agencies can try to prebunk/debunk as useful.”

At a conference in November 2021, Easterly argued that “the most critical infrastructure is our cognitive infrastructure, so building that resilience to misinformation and disinformation, I think, is incredibly important.”

CISA meeting minutes also show Election Security Initiative director Geoff Hale urging the use of third-party nonprofits as a “clearing house for trust information to avoid the appearance of government propaganda.”

The Biden administration has sought to dismiss Schmitt’s lawsuit as lacking standing and argued that social media voluntarily removed posts without any “coercive” influence from the government – which would be prohibited under the First Amendment.

“If a foreign authoritarian government sent these messages, there is no doubt we would call it censorship,” Nadine Strossen, former president of the American Civil Liberties Union (ACLU), told The Intercept.
米政府はビッグテックと連携し、ソーシャルメディアを検閲していた - Intercept
国土安全保障省が憲法修正第一条の検閲禁止をどのようにかわそうとしたかを示す文書
米国政府は、ソーシャルメディアのプラットフォームと手を組んで、オンラインの「誤報」-例えば、事実無根のハンター・バイデンのノートパソコンの話-を検閲していたことが、リークや公文書請求によって入手した国土安全保障省の内部文書を引用して、The Intercept が月曜日に明らかにしました。さらに、DHSは今後もCovid-19、「人種的正義」、米国のウクライナ支援に関する意見の検閲を続ける予定だという。

リー・ファングとケン・クリッペンスタインは、「密室で、そして民間のプラットフォームへの圧力によって、アメリカ政府はその力を使ってオンラインの言説を形成しようとしている」と、月曜日の報告書に書いている。

彼らの大きな発見のひとつは、Twitter、Facebook、Reddit、Discord、Wikipedia、Microsoft、LinkedInなどのテック企業が、2020年の選挙の前と後で、毎月FBIや他の政府機関と会っていたことだ。フェイスブックは、アクセスに法執行機関の電子メールが必要な「テイクダウン」用の特別なポータルを設置したほどだ。

このプロセスは、DHS関係者、Twitter、NGOのCenter for Internet Securityの間の電子メールにも概要が記載されており、会議のメモには、政府がテック系プラットフォームに対して、"報告を処理し、可能な限りプラットフォームから報告された誤報を削除するなど、タイムリーに対応する "よう求めていることが示されている。

文書の多くは、現在米国上院に立候補している共和党のミズーリ州検事エリック・シュミット氏による訴訟によって表面化した。その中には、ハンター・バイデンのラップトップ・ストーリーを弾圧するために、2人のFBI職員がFacebookとのハイレベルなコミュニケーションに関与していたことが明らかにされた。FBIの外国影響力タスクフォース(FITF)のセクションチーフであるローラ・デムローと、サンフランシスコ支局の特別捜査官であるエルビス・チャンである。

2020年10月に発表された事実無根の記事は、民主党のジョー・バイデンやほとんどの企業関係者から「ロシアの偽情報」と糾弾され、ニューヨーク・ポストはFacebookとTwitterで弾圧された。

3月の別の文書には、デムローがTwitterの幹部に対して、ソーシャルメディア上の破壊的な情報は米国政府への支持を損ねる可能性があると語っていることが記されている。

ソーシャルメディア上の「ロシアの影響」が何らかの形で2016年にドナルド・トランプを当選させたという民主党の主張を受けて2019年に創設されたFBIのFITFは、その後、コヴィッド19に関する「偽情報分析」へとその範囲を拡大することになる。

インターセプトにリークされた戦略文書「Quadrennial Homeland Security Review」の草案には、DHSが "Covid]-19パンデミックの起源とCovid]-19ワクチンの効果、人種正義、米国のアフガニスタン撤退、米国のウクライナ支援の本質 "などのテーマについて、「不正確な情報」を対象とする意向であることが示されている。

DHSのサイバーセキュリティとインフラセキュリティ局(CISA)を率いるバイデン候補のジェン・イースタリーは、2月にマイクロソフトの従業員にメールを送り、「Fedがプラットフォームと連携してミス/ディスの傾向をより理解し、関連機関が役に立つようにプレバンク/デバンクを試みる場所に私たちを連れていこうとしています」と言っています。

2021年11月の会議でイースタリーは、"最も重要なインフラは認知インフラであり、誤報や偽情報に対する耐性を高めることは、信じられないほど重要だと思う "と主張しました。

CISA会議の議事録には、Election Security InitiativeのディレクターGeoff Haleが、"政府のプロパガンダと思われないための信頼情報のクリアリングハウス "として第三者のNPOを利用するよう促していることも記されている。

バイデン政権はシュミットの訴えを立件できないとして却下しようとし、ソーシャルメディアは政府からの「強制的」な影響力なしに自発的に投稿を削除しており、これは修正第一条の下で禁止されていると主張しています。

米国自由人権協会(ACLU)の元会長であるNadine Strossen氏は、The Interceptに対し、「もし外国の権威主義的な政府がこうしたメッセージを送ってきたら、間違いなく検閲と呼ぶだろう」と述べている。
posted by ZUKUNASHI at 09:51| Comment(0) | デジタル・インターネット

サウジ米国関係

Biden administration discussing reduction of Saudi military aid – NBC
Riyadh could also be excluded from drills and regional conferences over its reluctance to increase oil output, sources claim
The Biden administration is considering rolling back military aid to Saudi Arabia as punishment for the decision by OPEC, which is de-facto led by Riyadh, to reduce oil production, US officials have told the news network NBC.

The measures could include a freeze on the delivery of Patriot missiles to Saudi Arabia, the broadcaster reported on Saturday. The $3 billion deal, under which Riyadh would have received 300 Patriot MIM-104E Guidance Enhanced Missile-Tactical Ballistic Missiles (GEM-T), was approved by Washington in August. It is seen as crucial for the Saudis to resupply missiles for their Patriot launchers, as the country is being targeted by frequent missile and drone attack from Houthi rebels in Yemen, in response to a long-running bombing campaign by Riyadh.

Another option on the agenda is excluding the kingdom from upcoming military drills and regional conferences, including those dedicated to attempts by the US and its allies to create a joint air defense system in the region, the sources said.

However, two US officials and another informed source pointed out that no decision has yet been made in Washington. Much will depend on the OPEC (Organization of Petroleum Exporting Countries) summit in December, they said, adding that if the meeting leads to an increase in production, the Saudis could avoid US retaliation altogether.

According to NBC, some military leaders in the US are against reducing defense cooperation with Riyadh. They argue that leaving Saudi Arabia, which has been Washington’s key ally in the Gulf for decades, without Patriot missiles and other American equipment, could jeopardize US troops and civilians in the country and undermine the stability of the whole region. Commanders have already shared those concerns with the Biden administration, the sources said.

The US has been urging the Saudis to increase oil production for months, saying lower prices would hurt Russia and make it harder for Moscow to bankroll its military operation in Ukraine. However, the OPEC+ group, which includes Russia, outraged Washington earlier this month by announcing an oil production cut of two million barrels a day starting in November.

There will be “consequences” for Saudi Arabia because of the move, US President Joe Biden warned. When asked by CNN whether it was time for Washington to re-evaluate its relationship with Riyadh, Biden responded: “yes.”

The Saudis have been insisting that oil production cuts were a unanimous decision by OPEC+ members, made for purely economic reasons.
バイデン政権、サウジ軍事支援縮小を協議 - NBC
リヤドは原油増産に消極的なため、訓練や地域会議から排除される可能性もあると関係者は主張する。
バイデン政権は、リヤドが事実上主導するOPECが原油の減産を決定したことに対する罰として、サウジアラビアへの軍事援助の縮小を検討していると、米当局者がニュースネットワークNBCに明らかにした。

この措置には、サウジアラビアへのパトリオットミサイルの納入凍結が含まれる可能性があると、同放送局は土曜日に報じた。30億ドルの契約は、リヤドに300基のパトリオットMIM-104E誘導強化型弾道ミサイル(GEM-T)が届くというもので、8月にワシントンによって承認されていた。リヤドによる長期間の空爆作戦に呼応して、イエメンのフーシ派反政府勢力から頻繁にミサイルやドローンによる攻撃を受けているサウジにとって、パトリオットランチャー用のミサイルを再供給することは極めて重要だと見られている。

もう一つの選択肢は、米国とその同盟国がこの地域で共同防空システムを構築しようとする試みを含む、今後の軍事訓練や地域会議から王国を除外することであるという。

しかし、2人の米国政府関係者と別の情報筋は、ワシントンではまだ決定がなされていないと指摘した。12月のOPEC(石油輸出国機構)首脳会議に大きく依存すると彼らは言い、もしこの会議が増産につながれば、サウジはアメリカの報復を完全に回避できるだろう、と付け加えている。

NBCによると、米国内の一部の軍事指導者は、リヤドとの防衛協力の縮小に反対しているという。彼らは、何十年もの間湾岸地域におけるワシントンの重要な同盟国であるサウジアラビアを、パトリオットミサイルやその他のアメリカの装備なしで放置すれば、同国の米軍と民間人を危険にさらし、地域全体の安定を損なう恐れがあると主張している。司令官はすでにそうした懸念をバイデン政権と共有している、と情報筋は言う。

米国は数ヶ月前からサウジに石油の増産を促している。価格が下がればロシアに打撃を与え、モスクワがウクライナでの軍事作戦の資金繰りをするのが難しくなるためだとしている。しかし、ロシアを含むOPEC+グループは今月初め、11月から日量200万バレルの減産を発表し、ワシントンを激怒させた。

この動きにより、サウジアラビアに「結果」がもたらされるだろうと、ジョー・バイデン米大統領は警告した。CNNから、ワシントンはリヤドとの関係を再評価する時期に来ているのかと問われ、バイデン氏はこう答えた。"そうだ "と。

サウジアラビアは、減産はOPEC+加盟国の全会一致の決定であり、純粋に経済的な理由から行われたと主張してきた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

サウジと米国の離反は決定的です。サウジは米国に乳を絞り続けられて何十年経ってもモノカルチャーから抜け出せないことを嫌というほど感じさせられています。イランが米国の制裁の下で各種の製品の国産化に成功していることを見れば、今のままではいられないと焦燥感を強めるでしょう。

そこに手を差し伸べているのが中国であり、ロシアです。中国との石油化学製品工場の共同プロジェクトは、サウジにとってほとんどリスクがないプロジェクトです。ロシアとの間ではまだ具体的に聞きませんが、石油価格の維持につながる動きは基本的に歓迎されます。それはサウジだけではない。

911事件はサウジアラビアの国籍を持つ者たちが、飛行機を運航してビルに突っ込んだとの説が流されましたが、そもそも飛行機は突っ込んでいない。911の犠牲者がサウジに損害賠償を求めることを米国政府が認めるような発言もありましたが、サウジにしてみれば自作自演劇の尻ぬぐいまでやらされるのかと激昂したのは当然です。

Why the US-Saudi relationship is withering
The OPEC+ oil production cut has taught Washington that Saudi Arabia is not merely a client state to be called on to fulfill America’s political needs to its own detriment
Recently, the United States was outraged by Saudi Arabia’s decision, along with the rest of the OPEC+ countries, to scale back oil production by two million barrels per day. US President Joe Biden’s administration, which had banked on the goodwill of the kingdom to facilitate a drop in oil prices in order to isolate Russia with an energy price cap, quickly threatened unspecified retaliatory action against the monarchy, which has been speculated to potentially amount to a freezing in arms sales.

The row arguably puts the relationship between the US and Saudi Arabia on their lowest ever trajectory. Despite having completely different ideologies, the United States has long courted the highly conservative monarchy as one of its primary strategic partners of choice in the Middle East, creating a longstanding relationship of mutual gain which involved American access to oil in exchange for security for the Saudi regime, as well as arms and cooperation against its enemies in the region.

This ‘patron-client’ relationship model defined the ties between Western powers, including France and the UK, and the other monarchies of the Gulf, including Bahrain, Kuwait, Qatar, Oman, and the United Arab Emirates. London and Paris, the original colonial powers who dominated the region, set up this model by guaranteeing the independence of these nations, following the demise of the Ottoman Empire and establishing them as their ‘clients’, allowing the Western nations to preserve strategic, energy, and military access to the Middle East. As the 20th century progressed, the United States soon became the Middle Eastern countries’ largest patron.

While this partnership has allowed Saudi Arabia and the other Gulf States to enrich themselves, 2021-2022 has seen growing signs that, as the world changes, the convenience of such a partnership is starting to wither, with the OPEC row being a breaking point. First of all, the relationship between the US and the Gulf States is, as noted above, a partnership of mutual convenience, and it is just that. The drastically different political and cultural outlooks of the respective countries mean there are zero value-based or ideological connections embedded in their relationship. While the US advocates liberal democracy, Saudi Arabia advocates a hard-line Wahabi interpretation of Islamic law, which is the opposite of the Western value system.

In spite of this, the United States has become increasingly aggressive in its foreign policy, as multiple geopolitical confrontations have been opened up against Russia and China, and it has sought to more readily depend on compliance from ‘friendly countries’ as it seeks to consolidate its global influence, including in this case Saudi Arabia. While countries of the global West may feel obligated to toe the line on the premise of the values the US invokes, states like Saudi Arabia do not see their relationship with Washington in the same way, and probably recognize the US’ ideological crusading as a long-term liability to themselves. What happens to Saudi Arabia, for example, if the US no longer has use of it? Saddam Hussein was one such ‘client’ before he became an enemy.

As the Gulf States are ultimately concerned with preserving their own value systems and independence, they have increasingly diversified their relationships in recent years with tilts towards Russia and China. Beijing, with its enormous demand for energy, has also become a lucrative alternative to the West. Similarly, stable ties with Moscow also allow for cooperation in the common interests of oil-exporting countries, which has also had the effect of reducing Western influence and dominance over those countries.

On recognizing this, why would Saudi Arabia and the states of OPEC voluntarily undermine their own oil revenue merely to suit the geopolitical interests of the United States? The world is in the middle of an energy price crisis exacerbated by the conflict in Ukraine. Saudi Arabia sees that the US and some of its allies want to purposefully try to lower the price of oil in a bid to try and hurt Russia. However, that is not how the market works and, by extension, such a move is also an assault on Saudi and OPEC interests. While the kingdom is officially neutral in regards to Russia-Ukraine, it also recognizes that the success of an energy price cap would embolden the West to push harder against Russia, which also serves to undermine the kingdom’s geopolitical independence.

In other words, if the US succeeded in dividing OPEC by unilaterally demanding a price cap on oil products, it would defeat the very purpose of the organization itself to protect the respective economic interests of those countries. The United States has been a useful partner to Saudi Arabia, but it is not a friend. It is not part of a ‘bloc’ or ideological coalition, as let’s say the UK is, but merely has seen the West as the most useful and lucrative partner to fulfil its own political needs. As those needs change, Saudi Arabia’s preferences are also subject to change. Washington is therefore learning that the kingdom is not a client state to be called on when needed, and thus this very close and often contradictory partnership is starting to strain.
米国とサウジアラビアの関係が枯渇する理由
OPEC+の減産は、サウジアラビアが単にアメリカの政治的ニーズを満たすために呼ばれる顧客国家ではなく、自国に不利益をもたらす存在であることをワシントンに教えた
最近、サウジアラビアが他のOPEC+諸国とともに日量200万バレルの減産を決定したことに、米国は激怒した。バイデン米政権は、ロシアをエネルギー価格の上限で孤立させるため、サウジアラビアの好意に甘えて原油価格の下落を誘導していたが、すぐにサウジアラビアに対して不特定の報復措置を脅し、武器売却の凍結もあり得ると推測された。

この騒動によって、米国とサウジアラビアの関係は間違いなく過去最悪の軌道に乗った。米国は、全く異なるイデオロギーを持ちながらも、中東における主要な戦略的パートナーとして、高度に保守的なサウジアラビアを長年に渡って崇拝し、サウジ政権の安全保障と引き換えに石油を入手し、武器や地域の敵に対する協力など、相互利益を得るための関係を構築してきた。

この「パトロン-クライアント」関係モデルは、フランスやイギリスなどの西側勢力と、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン、アラブ首長国連邦など湾岸の他の君主国との関係を定義するものであった。この地域を支配した元祖植民地主義国であるロンドンとパリは、オスマン帝国の崩壊後、これらの国々の独立を保証し、「顧客」として確立することで、欧米諸国が中東への戦略、エネルギー、軍事アクセスを維持することを可能にするこのモデルを打ち立てたのである。20世紀が進むにつれ、米国はやがて中東諸国にとって最大の後援者となった。

このパートナーシップによってサウジアラビアをはじめとする湾岸諸国は豊かになったが、2021年から2022年にかけて、世界の変化に伴い、OPECの騒動を一つの区切りとして、このようなパートナーシップの便利さが枯れ始めている兆候が強まってきている。まず、米国と湾岸諸国の関係は、前述したように相互の便宜的なパートナーシップであり、まさにその通りである。それぞれの国の政治的・文化的展望が大きく異なるため、その関係には価値観やイデオロギー的なつながりが全く埋め込まれていないのである。米国が自由民主主義を標榜するのに対し、サウジアラビアはイスラム法の強硬なワッハーブ派解釈を標榜しており、西欧の価値観とは正反対である。

にもかかわらず、米国はロシアや中国に対して複数の地政学的対立を開き、外交政策においてますます攻撃的になっており、この場合のサウジアラビアを含め、世界的影響力を強化するために「友好国」からのコンプライアンスにより容易に依存しようとしている。西側諸国は、米国が提唱する価値観を前提に、この路線に従わなければならないと感じているかもしれないが、サウジアラビアのような国は、ワシントンとの関係を同じようには考えておらず、おそらく米国のイデオロギー的十字軍は、自分たちにとって長期的負債であると認識しているだろう。例えば、米国がサウジアラビアを利用しなくなった場合、サウジアラビアはどうなるのだろうか。サダム・フセインは、敵になる前のそのような「顧客」の一人であった。

湾岸諸国は、究極的には自分たちの価値観と独立性を維持することに関心があるため、近年はロシアや中国に傾斜して、ますます関係を多様化している。莫大なエネルギー需要を抱える北京は、欧米に代わる有力な選択肢にもなっている。同様に、モスクワとの安定した関係は、石油輸出国の共通利益のための協力を可能にし、欧米の影響力や支配力を低下させる効果もあった。

それなのに、なぜサウジアラビアをはじめとするOPEC諸国は、米国の地政学的な利益のために、自ら進んで石油収入を損なうようなことをするのだろうか。世界は今、ウクライナ紛争を契機にしたエネルギー危機の真っ只中にある。サウジアラビアは、米国とその同盟国の一部が、ロシアを苦しめるために意図的に原油価格を下げようとしていると見ている。しかし、それは市場の仕組みとは異なる。ひいては、そうした動きはサウジとOPECの利益に対する攻撃でもある。サウジアラビアはロシア・ウクライナに対して公式には中立の立場をとっているが、エネルギー価格の上限設定が成功すれば、欧米がロシアに対してより強く反発するようになり、王国の地政学的独立性が損なわれることを認識しているのである。

つまり、米国が一方的に石油製品価格の上限を要求してOPECを分裂させることに成功すれば、各国の経済的利益を守るというOPECの目的そのものが失われることになる。米国はサウジアラビアにとって有益なパートナーではあるが、友人ではない。例えばイギリスのように「ブロック」やイデオロギー的な連合の一員ではなく、自らの政治的ニーズを満たすために最も有用で有利なパートナーとして西側諸国を見てきたに過ぎないのである。こうしたニーズの変化に伴い、サウジアラビアの好みも変化する。したがって、サウジアラビアは必要なときに呼び出される顧客国家ではないことをワシントンは学び、この非常に緊密でしばしば矛盾するパートナーシップにひずみが生じ始めているのである。
posted by ZUKUNASHI at 09:28| Comment(0) | 国際・政治