ずくなしの冷や水

2022年09月24日

2022/9/24

Putin isn’t bluffing about nuclear weapons – EU
The bloc’s top diplomat said the Russian president must be taken “seriously”

Putin also warned that Russia would defend its territory – potentially including the Donbass republics of Donetsk and Lugansk, as well as the regions of Zaporozhye and Kherson after referendums this week – with “all the means available to us,” including “various weapons of destruction.”

“I’m not bluffing,” the Russian leader added.

"When people say it is not a bluff, you have to take them seriously," Borrell told the BBC.

The EU diplomat, who previously insisted that “this war will be won on the battlefield,” went on to say that a “diplomatic solution” must be reached, but one that “preserves the sovereignty and territorial integrity of Ukraine.”

Aside from the fact that four former regions of Ukraine will in all likelihood vote to join Russia in a matter of days, Borrell’s definition of Ukraine’s territorial integrity likely aligns with that of Ukrainian President Vladimir Zelensky, who has vowed to seize the two Donbass republics – which declared independence from Ukraine in 2014 – and Crimea, which voted to rejoin Russia that same year.

Long before the four referendums were announced, Zelensky rejected the idea of abandoning his claims over Donbass and Crimea to secure peace with Russia.
プーチン大統領は核兵器についてハッタリをかますことはない - EU
EUの外交官トップが、ロシア大統領を「真剣に」受け止めるべきと述べた。

プーチン大統領はまた、ロシアは自国の領土(ドネツクとルガンスクのドンバス共和国、および今週の住民投票後にザポロージエとケルソンの地域を含む可能性)を、「さまざまな破壊兵器」を含む「利用できるすべての手段」を用いて防衛すると警告した。

"私はハッタリではありません "とロシアの指導者は付け加えた。

「ハッタリではないと言われたら、真剣に受け止めなければならない」と、ボレルはBBCに語った。

このEUの外交官は、以前は「この戦争は戦場で勝利する」と主張していたが、「外交的解決」に到達しなければならないと言い、ただしそれは「ウクライナの主権と領土の一体性を維持する」ものでなければならないと述べた。

ウクライナの4つの旧地域が数日のうちにロシアへの加盟に投票する可能性が高いことはさておき、ボレルのウクライナの領土保全の定義は、2014年にウクライナからの独立を宣言したドンバス2共和国と同年ロシアへの再加盟に投票したクリミアの奪取を宣言したウラジミール・ゼレンスキー大統領のそれと一致しそうである。

4つの住民投票が発表されるずっと前から、ゼレンスキーは、ロシアとの和平を確保するためにドンバスとクリミアに対する主張を放棄するという考えを否定していた。
Ukraine expels Iranian ambassador
Kiev plans to reduce Tehran’s diplomatic presence, accusing it of selling attack drones to Russia

Ukraine said on Friday that it had revoked the accreditation of Iran’s ambassador in Kiev and would “significantly reduce” the number of diplomats at the embassy, in response to Tehran’s “unfriendly act” of selling combat drones to Russia.

Supplying weapons to Moscow “directly contradicts the position of neutrality, respect for the sovereignty and territorial integrity of Ukraine, publicly declared by the top leadership of Iran,” the Ukrainian Foreign Ministry said in a statement, further calling it “an unfriendly act that deals a serious blow to Ukraine-Iran relations.”

The decision to revoke the accreditation and expel a yet-unspecified number of diplomats was delivered to the Iranian charge d’affaires on Friday evening. Meanwhile, Ukraine’s defense ministry claimed to have destroyed six “Russian kamikaze drones provided by Iran.”

According to photos and videos circulating on social media, Russian forces operating in Ukraine have been using a kamikaze drone marked Geran-2 (Geranium), which resembles the Iranian-made Shahed-136. An unverified video from Odessa on Friday showed Ukrainian troops extracting another type of drone from the waters of the Black Sea. The drone reportedly looks like the observation platform Mohajer-6.

The US first accused Iran of selling attack drones to Russia in July, which Tehran has denied. At the end of August, the Kremlin called US media reports about drone transfers “information stuffing,” but said relations with Iran were “developing dynamically” and would continue to do so.

In addition to missiles and artillery, Washington has provided Ukraine with hundreds of Switchblade tactical kamikaze drones, as well as the model dubbed Phoenix Ghost, supposedly custom-developed to Kiev’s specifications on short notice.

Kiev has also purchased multiple strike drones from the Turkish company Baykar Makina. Ukraine is also seeking to build its own factory to produce the Bayraktar and Akinci UAV. Co-owned by the son-in-law of Turkish President Recep Tayyip Erdogan, Baykar has reportedly vowed “never” to sell drones to Russia. That has not stopped Moscow from maintaining diplomatic relations with Ankara, however.
キエフ、テヘランの外交官を減らす計画、攻撃用無人機をロシアに売ったことを非難

ウクライナは金曜日、テヘランがロシアに戦闘用無人機を販売するという「非友好的行為」に対抗して、キエフのイラン大使の認定を取り消し、大使館の外交官の数を「大幅に削減」する予定だと発表した。

モスクワへの武器供給は、「イランの最高指導部が公言した中立、ウクライナの主権と領土保全の尊重という立場に真っ向から反する」とウクライナ外務省は声明で述べ、さらに「ウクライナとイランの関係に深刻な打撃を与える非友好的行為」と呼んだ。

認定を取り消し、まだ特定されていない数の外交官を追放する決定は、金曜日の夕方にイランの代理大使に届けられた。一方、ウクライナ国防省は、"イランが提供したロシアの神風ドローン "6機を破壊したと主張した。

ソーシャルメディアに出回った写真やビデオによると、ウクライナで活動するロシア軍は、イラン製のShahed-136に似たGeran-2(ゼラニウム)と書かれた神風ドローンを使用しているとのことである。金曜日にオデッサで撮影された未検証のビデオには、ウクライナ軍が黒海の海域から別の種類のドローンを抽出している様子が映っていた。このドローンは、観測プラットフォーム「Mohajer-6」のように見えると伝えられている。

米国は7月、イランがロシアに攻撃用無人機を売却したと初めて非難したが、テヘランはこれを否定している。8月末、クレムリンは無人機の譲渡に関する米国メディアの報道を「情報の詰め込み」と呼んだが、イランとの関係は「ダイナミックに発展しており」、今後もそうであり続けると述べた。

ミサイルや大砲に加え、ワシントンはウクライナに数百機の戦術神風ドローン「スイッチブレード」と、急遽キエフの仕様に合わせてカスタム開発されたとされる「フェニックスゴースト」と呼ばれるモデルを提供してきた。

また、トルコのBaykar Makina社からも複数の無人攻撃機を購入している。ウクライナは、ベイラクターとアキンチの無人機を製造するための自国工場の建設も目指している。トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領の娘婿が共同経営するベイカル社は、ロシアに無人機を「絶対に」売らないと宣言していると伝えられている。しかし、モスクワがアンカラとの外交関係を維持することを止めることはない。

Russia replaces top general after mobilization call
The commander responsible for the army’s logistics and technical support has been relieved of his duties

Colonel General Mikhail Mizintsev has been appointed Russia’s deputy defense minister in charge of “material and technical support,” the ministry said in a statement on Saturday.

The reshuffle comes three days after President Vladimir Putin ordered a partial call-up of reservists to bolster Russia’s military operation in Ukraine

The 60-year-old Mizintsev led Russia’s top military coordination agency, the National Defense Management Center, for eight years and oversaw the delivery of humanitarian aid during Moscow’s campaign against militants in Syria.

After Russia sent troops to Ukraine in February, Mizintsev began delivering briefings on humanitarian matters on the ground. He was also in charge of organizing the evacuation of civilians from Mariupol in March.

Mizintsev is replacing Army General Dmitry Bulgakov, who the Defense Ministry said is moving to an unspecified position.
Dmitry Bulgakov68歳、Mikhail Mizintsev60歳
posted by ZUKUNASHI at 23:13| Comment(0) | 国際・政治

the virus got into the human population a massive coverup from both the US and Chinese Govt.





posted by ZUKUNASHI at 22:25| Comment(0) | Covid19

ウクライナ危機の平和的解決は現在不可能-ロシア

Peaceful solution to Ukraine crisis currently not possible – Russia
President Vladimir Putin earlier accused Kiev of refusing to hold further negotiations
The armed conflict in Ukraine cannot be resolved through negotiations under current circumstances, Kremlin spokesman Dmitry Peskov said on Monday, as cited by Interfax.

Asked if there was a path towards a diplomatic settlement, Peskov said that “at the moment, such a prospect cannot be observed,” the news agency reported.

Moscow blamed Kiev for the suspension of peace talks. In late March, the two parties discussed a draft peace agreement, which would make Ukraine a neutral state in exchange for security guarantees given by major world powers. However the Ukrainian government ended talks in April, after accusing Russian troops of having committed war crimes, an allegation that Moscow said was based on falsified evidence.

Ukrainian President Vladimir Zelensky has since declared that his country will only be satisfied by defeating Russia on the battlefield and pushing its forces from the entire territory claimed by Kiev.

That includes Crimea, the former Ukrainian region that rejoined Russia after an armed coup in Kiev in 2014. Moscow considers Crimea to be under its sovereignty and its status not subject to discussions.

Russian President Vladimir Putin commented on Kiev’s position last week stating: “Zelensky said publicly … that he is not ready to talk to Russia. Well, if he is not, fine by us.”

Earlier this month, Ukraine launched a major military counter-offensive in its north east. At the same time Russian troops pulled back from some areas, which served to avoid major losses.

Another of Kiev’s attempts to make gains in the south was far less successful and reportedly resulted in serious casualties and loss of military equipment.

プーチン大統領は先に、キエフがさらなる交渉の開催を拒否していることを非難した。
ウクライナの武力紛争は、現在の状況では交渉によって解決することはできないと、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官が月曜日、インタファクスが引用したように述べた。

外交的解決への道はあるのかと問われたペスコフ報道官は、「現時点では、そのような展望は観察できない」と述べたと、同通信は報じている。

モスクワは、和平交渉の中断についてキエフを非難した。3月下旬、両者は世界の主要国から与えられる安全保障と引き換えにウクライナを中立国にするという和平協定案を協議した。しかし、ウクライナ政府は、ロシア軍が戦争犯罪を犯したと非難した後、4月に協議を打ち切った。この非難は、モスクワが偽造された証拠に基づくものだと述べた。

ウラジーミル・ゼレンスキー大統領は、戦場でロシアを打ち負かし、キエフが主張する全領土からロシア軍を追い出すことによってのみ、自国は満足できると宣言している。

その中には、2014年にキエフで起きた武力クーデターの後、ロシアに再加盟した旧ウクライナ領のクリミアも含まれている。モスクワはクリミアを自国の主権下に置き、その地位は議論の対象にはならないと考えている。

ロシアのプーチン大統領は先週、キエフの立場について次のようにコメントした。「ゼレンスキーは、ロシアと話す用意がないと公言した。まあ、彼がそうでないなら、私たちは構わない」。

今月初め、ウクライナは北東部で大規模な軍事反攻を開始した。同時にロシア軍は一部の地域から撤退し、大きな損失を避けることができた。

キエフが南方で行ったもう一つの試みは成功とは程遠く、深刻な死傷者と軍備の喪失を招いたと伝えられている。
posted by ZUKUNASHI at 22:19| Comment(0) | ウクライナ

世界の金融市場大荒れ


ロシア株式は、9/20、一日下落基調が継続

9/21、ドルルーブルは前日同等レベルで始まった。
モスクワ現地時間10時 株式市場取引開始 前日に続いて8%ほどの下落で始まっています。現地時間12時には3%ほどの下落に戻しています。
プーチン演説予定 午後8時説があります。真夜中です。
日本時間15時ころに演説があったようです。
14:45にユーロが下落していますからこのころです。
ドル円はいったんドル高に振れてドル安に反転し、ほぼ元の水準。ユーロドルは、0.996辺りから瞬間的に0.99を割り込んで、0.99を少し上回ったところ。
日経平均は前場の途中で再度下落。
午前10時半過ぎにメールを送信しましたから、相場をやっている方はタイミングをとらえられたでしょうか。ユーロの反応が予想外に遅かったです。
ドルルーブルは前日とあまり変わりません。
今夜は米国のFOMCへの関心が高いでしょう。

2022/9/21の午前3時に為替が動きました。米東部時間午後2時(日本時間22日午前3時)にFOMC政策決定発表がありました。ユーロドルはその後も下落継続。米国株式も午前3時から動いてダウは結局522ドル安。

2022/9/22の日本株は、日経平均が200円を超す下落。中国株市場が間もなく開きますが前日の流れを引いて下落しそうです。

ウクライナ紛争は、そう簡単には収まらない。米国はできるだけ長引かせようとしています。影響をもろに受ける欧州は、国内の政治的な不安定さが増しています。製鉄業などのエネルギー消費型の産業が停止に追い込まれています。影響は大きいです。

2022/9/22、午後5時ころ日本の円買い介入があったようです。ドル円は145.9円から141円にほぼ5円下落しました。

この先、当面こんな相場つきが続くのではないでしょうか。

2022/9/23、ドル円は昨日来の政府の介入が効果を保っています。波状的に介入しているはずです。

2022/9/22の米国株式は107ドルの下落でしたが、欧米市場の下落はそれよりも大きく、9/23の中国市場も大きく下げています。

2022/9/23の午後4時過ぎからユーロが下落。ポーランドが核戦争に備えてヨウ素剤を配布しているとのことですからそんな地域の通貨は買えませんね。ポンドも対ドルで急落です。9/23の夕刻のCFD日経平均は前日比400円以上の値下がりです。

9/23の欧州株式市場は軒並み3%前後の下落。
21時現在ユーロの下落がまだ止まりません。
英国で大規模減税が発表され、ポンドがさらに下がりました。1972年以来の大規模な減税案をきっかけとした英国売りだそうで英長期債への売りも継続。

9/23の22時のCFD日経平均は前日比500円の値下がりです。
23時、ユーロがまた値下がりしました。0.97割直前。

9/23の米国株は、一時800ドルを超え値下がりとなりましたが、最終的には500ドル弱安で引けています。CFD日経平均は前日比507円安。

この日、為替が特に大きく動いています。以下のグラフは、外為どっとコムのサイトから借りています。
9/23は、ポンドが暴落しました。トラス政権が大規模減税を決めたため、インフレが亢進との予想から債券をはじめとして金融資産が売られました。不動産価格がローンの支払い不能が続出して4割も下がるとの予想も出ています。

ユーロドルも下落が続きました。0.97を割り込みました。0.95で止まるのか底が見えません。

ユーロの下落が先行していましたので、対ユーロではポンドが大きく値下がりしました。

ドル円は、9/22に円買い介入が入りましたが、全体の流れから見れば微々たる動きにとどまっています。巨額な資金を投じても投機ファンドの利益機会を増やすだけ、時間稼ぎだとされるのもわかります。

人民元はドル円と似た動きですが、この5か月では5%ほどの動きにとどまっています。対ユーロでは4%以下の円安、対ポンドではわずかな円高になっています。

日本円を外貨に換えておくほうが良いと書いてきましたが、成果としては米ドルが最も大きかったことになります。ですが、米ドルは世界の基軸通貨としての地位が危うくなっていますので、何が起きるのかわからない状況です。人民元が長期的にリスクが少ないのではないかとの見方は間違っていなかったでしょう。

これは、EUが政策判断を誤るという敵失によるものです。これから今の傾向がどこまで続くか警戒が怠れません。

グラフ7

グラフ8
posted by ZUKUNASHI at 21:31| Comment(9) | ウクライナ

ハリウッドプロデューサーの多くはイスラエルの政府および軍と密接に協力している

ウィキリークス文書は、ハリウッドの最も影響力のあるプロデューサーの多くが、イスラエルの政府および軍と密接に協力し、その犯罪を白紙に戻し、そのイメージを宣伝し、エンターテインメント界の親パレスチナ感情を踏みにじっていることを明らかにしている。

このスレッド
https://twitter.com/AlanRMacLeod/status/1573348720531460097
posted by ZUKUNASHI at 20:04| Comment(0) | 国際・政治

コロナの大変危険な変種が出たようなのですが??

本当に危険な新種が出回っていて、心底怖いと思っています。まだ流行しているわけではないのですが、もしかしたらそうなるかもしれません。モノクローナル抗体はすぐに時代遅れになって、感染やワクチンに対する過去の免疫が弱くなるかもしれないと思うと、心配になるのです。しかし、いつ公表されるのだろうか?

posted by ZUKUNASHI at 19:33| Comment(0) | Covid19

15歳のうつ病の少女にテストステロン 結果は悲惨なことに

posted by ZUKUNASHI at 17:40| Comment(0) | 健康・病気

米ロ対立

posted by ZUKUNASHI at 17:36| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナとロシアが捕虜交換 ロシアに不満の声が上がる

Russian MOD reveals number of soldiers swapped with Kiev
The major exchange was conducted following “difficult” negotiations, Moscow says
The Russian Defense Ministry said on Thursday that 55 Russian and Donbass soldiers have been released as part of a major prisoner exchange with Ukraine.

The freed soldiers have been airlifted to Russia and are receiving “psychological and medical care,” the ministry added.

According to the Defense Ministry, the swap occurred after “difficult” negotiations, and the detainees’ lives were “under threat” in Kiev’s custody.

Ukrainian President Vladimir Zelensky said on Thursday that 215 Ukrainian soldiers were released, as well as 10 foreigners who were fighting alongside Ukrainian troops. Zelensky noted that Turkey and Saudi Arabia mediated the negotiations.

According to Zelensky, Russia handed over more than 100 members of Ukraine’s Azov Battalion, whose ranks include fighters with openly nationalist and neo-Nazi views. Zelensky said that Turkish President Recep Tayyip Erdogan had agreed that several top Ukrainian commanders would be under his “protection.”

The prisoner exchange was confirmed a day after Russian President Vladimir Putin declared a partial mobilization of reservists.

Ex-Ukrainian opposition leader freed in swap with Kiev – DPR head
The head of the Donetsk republic confirmed that Viktor Medvedchuk was released in a prisoner exchange with Ukraine
Donetsk People’s Republic (DPR) head Denis Pushilin has confirmed that Kiev has released former Ukrainian opposition leader Viktor Medvedchuk as part of a large prisoner swap with Russia.

The Ukrainian authorities charged Medvedchuk with treason last year and banned his party, Opposition Platform – For Life, after Russia launched its military operation in the neighboring country in February.

Speaking to reporters on Thursday, Pushilin praised Medvedchuk for his role in mediating past prisoner exchanges between Ukraine and the DPR. “With Medvdchuk’s participation, more than a thousand of your lads were freed. They wouldn’t have survived in the conditions [of captivity in Ukraine],” he said.

Ukrainian President Vladimir Zelensky revealed on Thursday that 215 Ukrainian soldiers were released, among them more than 100 members of the Azov Battalion, whose ranks include fighters with openly nationalist and neo-Nazi views.




posted by ZUKUNASHI at 12:45| Comment(0) | ウクライナ

流産の例が増えているようだ



posted by ZUKUNASHI at 12:29| Comment(0) | Covid19

バイデンは自分のしゃべっていることが矛盾に満ちているのに恥ずかしくないのか




バイデンが「領土を武力で奪うことはできない」と発言したのでイスラエルの代表団が国連総会の場から退出したと。
  
posted by ZUKUNASHI at 08:57| Comment(0) | 国際・政治

英国の金利上昇で住宅価格42%下落予想

posted by ZUKUNASHI at 08:41| Comment(0) | 国際・政治

阿波踊り 宴の後








徳島 阿波おどり 参加の踊り手などの4人に1人が新型コロナ感染
先月、3年ぶりに街なかで開かれた徳島市の阿波おどりに参加した踊り手などのうち、800人余りが新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。
posted by ZUKUNASHI at 01:40| Comment(0) | Covid19

レフェレンダム投票始まる

レフェレンダムに関する超長いスレッドです。

https://twitter.com/Vero_Nika282/status/1573245838687707137

いくつか拾うと


ロシア国内に避難したウクライナ人には、ロシア国内で投票できるように投票所を設けたそうです。



すでに投票後、編入を見据えて編入地域及びクリミアの防衛強化のための動きが始まりました。


posted by ZUKUNASHI at 01:31| Comment(0) | ウクライナ

核実験のあったマーシャル諸島 米国との主要な交渉を停止

posted by ZUKUNASHI at 00:40| Comment(0) | 福島原発事故