ずくなしの冷や水

2022年09月20日

ロシアとイランがLNGカルテルに踏み出す

ロシアとイランが石油、ガスの取引を計画していることは7月に伝えられていましたが、間もなくロシアからのイランへのガス輸送が始まるようです。
アゼルバイジャン経由のパイプラインを使うとありますから、建設にどのくらいの期間がかかったのか不明ですが、完成供用までが早いです。
ロシアは欧州への販売が減った分余剰が生じているはずで、それをアラビア海経由でアジアに売り込む構えです。
パキスタンからさらにインドへとパイプラインは伸びるでしょう。
安定した販路ができれば、欧州が従前のように大量に供給を受けることはできないかもしれません。
イランにしても、アジアにLNGを供給することにより、米国の制裁を正面突破です。両国のシェアが増えれば、カタールなどもカルテルに参加してきます。ロシアは、欧州を捨ててアジアにシフト。これは本気です。

Middle Eastern state plans major Russian gas purchase
Imports of gas by Iran will be part of an energy alliance with Moscow
Iran’s s Ministry of Petroleum announced on Monday that Tehran will soon be importing nine million cubic meters of Russian gas daily, through Azerbaijan.

According to Fars News Agency, the plan was unveiled in a report providing details of a $40-billion deal between the National Iranian Oil Company (NIOC) and Russia’s state-owned gas producer Gazprom, reached in July.

The country’s oil ministry has also reportedly stated it will be getting, under a swap deal, six million cubic meters of gas a day from Russia. The gas will then be exported to other countries from southern Iran in the form of liquefied natural gas (LNG).

The deal also includes the completion of gas pipelines from Iran to Pakistan and to Oman, and of a number of LNG production projects in the country.

Last month, OilPrice reported that Moscow and Tehran had been taking serious steps toward forming an OPEC-style alliance for natural gas that would allow them to coordinate an ‘extraordinary’ proportion of reserves, as well as control over prices.
中東の国家がロシアのガス大量購入を計画
イランによるガスの輸入は、モスクワとのエネルギー同盟の一環となる。
イラン石油省は月曜日、テヘランがまもなくアゼルバイジャン経由で毎日900万立方メートルのロシアのガスを輸入することを発表しました。

ファルス通信によると、この計画は、イラン国営石油会社(NIOC)とロシアの国営ガス会社ガスプロムとの間で7月に成立した400億ドル規模の取引の詳細を示す報告書の中で発表されたものです。

また、イラン石油省は、スワップ契約によりロシアから1日600万立方メートルのガスを得ることになると述べたという。そして、このガスは液化天然ガス(LNG)の形でイラン南部から他国へ輸出される予定である。

この取引には、イランからパキスタン、オマーンへのガスパイプラインの完成と、同国での多数のLNG生産プロジェクトも含まれている。

先月、OilPriceは、モスクワとテヘランが、天然ガスについてOPEC方式の同盟を形成し、「並外れた」割合の埋蔵量を調整し、価格をコントロールすることを可能にするために、真剣なステップを踏んできたと報じた。
posted by ZUKUNASHI at 23:21| Comment(0) | 国際・政治

米国とタリバンが囚人交換

US swaps prisoners with Taliban
Joe Biden traded jailed ‘drug lord’ Bashir Noorzai for naval veteran ‘hostage’ Mark Frerichs

US President Joe Biden on Monday announced the release of Mark Frerichs, a US Navy veteran who disappeared in Kabul in 2020 while working as a civilian contractor. Meanwhile, the Taliban government of Afghanistan reported the return of Haji Bashir Noorzai, who spent 17 years in American prison on charges of heroin trafficking.

“Today, we have secured the release of Mark Frerichs, and he will soon be home,” Biden said in a statement released by the White House. He thanked “dedicated public servants across our government and other partner governments” for “years of tireless work” to secure the release of Frerichs, who had been in Taliban captivity since January 2020.

Biden did not mention the release of Noorzai, only that negotiating the release of Frerichs “required difficult decisions, which I did not take lightly.”

Meanwhile, the Taliban’s acting Foreign Minister Amir Khan Muttaqi announced that Frerichs and Noorzai were exchanged at Kabul International Airport.

“We welcome the release of Haji Bashir, an Afghan who spent 17 years in the US,” Muttaqi told reporters, adding that this would “open a new chapter in the bilateral relations between the US and Afghanistan.”

Noorzai was lured to the US, arrested on charges of heroin trafficking, and sentenced to life in federal prison in 2005. The Taliban had outlawed the cultivation of poppies – from which heroin is extracted – before the US invasion in 2001, and did so again after regaining power last year.

The US-backed government collapsed even before the last American troops were out of Afghanistan, causing a frenzied evacuation from the airport in Kabul that ended on August 31, 2021. Biden has refused to recognize the Taliban government and has seized the assets of the Afghan central bank.
バイデンはホワイトハウスが発表した声明の中で、「本日、我々はマーク・フレリックスの解放を確保し、彼はまもなく故郷に帰るだろう」と述べた。彼は、2020年1月からタリバンの捕虜となっていたフレリックスの解放を確保するための「長年の不断の努力」に対して、「我々の政府と他のパートナー政府全体の献身的な公務員」に感謝した。

バイデンはヌールザイ氏の解放については言及せず、フレリクス氏の解放交渉について "難しい決断が必要であり、私はそれを軽んじることはなかった "とだけ述べた。

一方、タリバンのアミール・カーン・ムタチ外相代行は、カブール国際空港でフレリクスとヌルザイが交換されたことを発表しました。

"我々は米国で17年間過ごしたアフガニスタン人であるハジ・バシル氏の解放を歓迎する "とムッタチ氏は記者団に述べ、これが "米国とアフガニスタンの二国間関係に新しい章を開く "と付け加えました。

ヌルザイは米国に誘い出され、ヘロイン密売の罪で逮捕され、2005年に連邦刑務所で終身刑を宣告された。タリバンは、ヘロインの原料となるポピーの栽培を2001年の米国侵攻前に違法としていたが、昨年政権を奪還した後、再び違法とした。

米国が支援する政府は、最後の米軍がアフガニスタンから撤退する前でさえ崩壊し、カブールの空港から熱狂的な避難を引き起こし、2021年8月31日に終了した。バイデンはタリバン政府を認めず、アフガニスタン中央銀行の資産を差し押さえた。
・・・アフガニスタンの凍結解除はこの交渉と並行して行われたようです。
posted by ZUKUNASHI at 18:17| Comment(0) | 国際・政治

欧州で0〜14歳の超過死亡が急増




posted by ZUKUNASHI at 16:27| Comment(0) | Covid19

病原性生体材料のサンプルが米国へ渡されたのは『かなりまれだった』と指摘した



posted by ZUKUNASHI at 16:24| Comment(0) | 国際・政治

8月の消費者物価指数 2.8%上昇

8月の消費者物価指数 2.8%上昇

[東京 20日 ロイター]
松野長官は、輸入物価の上昇で食料品やエネルギー価格が押し上げられていることが主因だと指摘。政府として物価高騰に対する追加策等を執行するため、約3兆5000億円のコロナ・物価予備費の使用を決定したところだとした。

これにより、食料品やエネルギーの価格高騰の抑制や、影響の大きい低所得層への支援、地域の実情に応じたきめ細やかな支援などを進め、価格高騰の影響緩和を図っていくと語った。
posted by ZUKUNASHI at 13:59| Comment(0) | 社会・経済

欧州の金属精錬が止まる

posted by ZUKUNASHI at 13:27| Comment(0) | ウクライナ

伊勢湾台風級を上回る台風


大型の猛烈な台風 第14号

2022/9/18、午後1時、管理人の住まいでは、強雨と雷鳴です。地上では風がほとんどなし。気温29.2度。一瞬停電しました。パソコンは電源を落とします。


2022/9/19、午前9時、気温29.1度。空は晴れて日が差しています。

伊方原発のある伊方町では空間線量率が0.025μSv/h上昇。

2022/9/20は夕刻一時雨や風がやみましたが、夜半から強い風。

9/20正午現在では、雨も上がったようで南風もほぼ収まりました。倒していた鉢の植木を起こさないといけません。

ご無事だったでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 12:21| Comment(0) | 日記

ワクチン接種回数と超過死亡数の相関

posted by ZUKUNASHI at 11:35| Comment(0) | Covid19

Amazon has abandoned dozens of existing and planned facilities

posted by ZUKUNASHI at 11:25| Comment(0) | 国際・政治

ロシア兵は、当たり前のようにウクライナ兵の治療を始めた

posted by ZUKUNASHI at 11:15| Comment(0) | ウクライナ

イベルメクチンはとにかく早く呑む 自己責任なら一番早い



・・・・・

感染したかなと思ったら、一刻を争って服用する、というのが管理人の方針でした。とうとうそのような見解が見られるようになりました。
posted by ZUKUNASHI at 09:41| Comment(0) | Covid19

Europe is likely to claim there is no energy shortage this winter

posted by ZUKUNASHI at 09:32| Comment(0) | ウクライナ

WAGNER is preparing for a long haul war

posted by ZUKUNASHI at 09:29| Comment(0) | ウクライナ

中国でサル痘感染者見つかる

Chinese warned not to touch foreigners
Citizens were cautioned against “close relationships” with foreigners in the country after the first case of monkeypox was recorded in China
Chinese citizens have been urged not to make skin-to-skin contact with recently arrived foreigners, after the first case of monkeypox was registered in the southwestern Chongqing municipality last week.

The warning was issued on Saturday by Wu Zunyou, the chief epidemiologist at the Chinese Center for Disease Control and Prevention (CCDC).

Writing on his official Weibo page, the official said that in order to “prevent possible monkeypox infection and as part of our healthy lifestyle, it is recommended that you do not have direct skin-to-skin contact or close relationships with foreigners who have recently come from overseas.” He clarified “recent” to mean having arrived within the last three weeks.

Wu recommended that the public avoid skin-to-skin contact with strangers and use disposable toilet-seat covers as much as possible.

There is still only one confirmed case of monkeypox in China. The 29-year old Chinese salesman who contracted the virus has since been put into isolation and the local health commission has said the risk of an outbreak is low.

The patient is believed to have engaged in sex with another man while in Berlin earlier in the month, the CCDC said. He reportedly traveled to Spain before returning to Chongqing, China on September 14.

Questioned during a briefing on Monday on whether the advice to stop touching foreigners was considered official policy, Chinese Foreign Ministry spokeswoman Mao Ning said it was “not a diplomatic issue” but one related to “science and public health.”

Monkeypox is similar to human smallpox, which was eradicated in 1980. Its symptoms include fever, headache, muscle aches, backache, swollen lymph nodes, chills, and exhaustion, and those afflicted develop distinctive skin lesions.

According to a paper published in the New England Journal of Medicine last month, the virus overwhelmingly affects gay and bisexual men, who make up 98% of patients. While the WHO is uncertain whether sexual activity is the only way to transmit the virus, the organization has noted that 95% of studied monkeypox patients have contracted it via sex with other men.
中国人は外国人に触れないよう警告
中国で初めてサル痘の患者が記録された後、市民は国内の外国人と「密接な関係」を持たないよう注意された
先週、南西部の重慶市で初めてサル痘の患者が登録されたことを受け、中国国民は最近入国した外国人とスキンシップをとらないようにと呼びかけられている。

この警告は、中国疾病予防管理センター(CCDC)の主任疫学者であるWu Zunyouによって、土曜日に発せられたものである。

同医師は微博の公式ページで、"サル痘の感染を防ぐため、また健康的なライフスタイルの一環として、最近海外から来た外国人と直接肌を合わせたり、親しい関係にならないことをお勧めします "と述べている。彼は、「最近」とは、過去3週間以内に到着したことを意味することを明らかにした。

呉氏は、一般市民は見知らぬ人とのスキンシップを避け、トイレの便座カバーはなるべく使い捨てのものを使用するよう勧めた。

中国で確認されたサル痘の患者はまだ1人しかいない。ウイルスに感染した29歳の中国人セールスマンはその後隔離され、地元の衛生委員会は流行のリスクは低いと発表しています。

CCDCによると、この患者は今月初めにベルリンに滞在中、他の男性と性行為を行ったと見られている。彼はスペインに旅行した後、9月14日に中国の重慶に帰国したと伝えられている。

外国人に触らないようにという助言が公式の政策と見なされるかどうかについて、月曜日のブリーフィングで質問された中国外交部の広報担当者、毛寧は、"外交問題ではない "が "科学と公衆衛生 "に関連する問題であると述べた。

サル痘は、1980年に根絶された人間の天然痘と似ている。発熱、頭痛、筋肉痛、背中の痛み、リンパ節の腫れ、悪寒、疲労感などの症状があり、罹患すると特徴的な皮膚病変が現れる。

先月、New England Journal of Medicine誌に掲載された論文によると、このウイルスはゲイとバイセクシャルの男性が圧倒的に多く、患者の98%を占めているとのことです。WHOは、性行為が唯一の感染経路かどうかは不明だが、研究対象となった猿痘患者の95%が他の男性との性行為によって感染していることを指摘している。
DeepLによる翻訳

・・・・・

サル痘は空気感染するとされています。接触感染はより強力な感染経路。性行為があれば粘膜に接し、体液にも触れるわけですから相手が感染者ならまず確実に感染する。

ゲイとバイセクシャルの男性に感染者が多いのは、性行為の相手を広く求めるからです。

上の記事にトイレの便座カバーのことが出ています。接触感染がありうるということです。紙のカバーを使えるところもありますが、まれではないでしょうか。交通機関のトイレの使用、ちょっとためらいます。

ウクライナでもサル痘の感染者が見つかっており、感染の拡大は加速しています。

中国は、「外国人に触れないよう警告」したとされていますが、握手も危険ということです。
posted by ZUKUNASHI at 09:22| Comment(0) | サル痘

米国の民間軍事請負業者、ウクライナで標的に-ロシア国防省

US private military contractors targeted in Ukraine – Russian MoD
The ministry also claims its forces have inflicted heavy casualties on Ukrainian ‘neo-Nazi’ units
The Russian military has targeted deployment points of American private military contractors and those of Ukrainian ‘neo-Nazi’ units, inflicting heavy casualties, the Defense Ministry said on Sunday.

“During the fighting near of the village Zaytsevo of the Donetsk People’s Republic, the 24th nationalist battalion ‘Aidar’ of the 53rd mechanized brigade lost more than half of its personnel,” the Defense ministry said in a daily briefing. The remnants of the battalion have been withdrawn from the frontline, it added.

Russian forces have also conducted strikes on Ukrainian hardware, personnel and some 47 artillery units across more than 120 locations. “In particular, deployment points of foreign mercenaries with the American private security company Academi and the nationalist unit Kraken [were hit] near Kramatorsk and Nikolayevka in the Donetsk People’s Republic,” the military said, without elaborating.

The reference is presumed to be to the Constellis private security group, which was created in 2014 after Academi (formerly known as Blackwater) was absorbed by its rival, Triple Canopy. The defense ministry did not provide any estimates on the potential casualties suffered by the mercenaries and ‘neo-Nazis’ with the Kraken unit.
米国の民間軍事請負業者、ウクライナで標的に-ロシア国防省
ロシア国防省はまた、自軍がウクライナの「ネオナチ」部隊に多大な犠牲を出したと主張している。
ロシア軍は、アメリカの民間軍事請負業者とウクライナの「ネオナチ」部隊の配備ポイントを標的とし、多くの死傷者を出したと、国防省は日曜日に発表した。

ドネツク人民共和国のザイツェボ村付近での戦闘で、第53機械化旅団の第24民族主義大隊「アイダー」は、半分以上の人員を失った」と国防省は日々のブリーフィングで述べている。同大隊の残党は前線から撤退した、と付け加えた。

ロシア軍はまた、120カ所以上にわたってウクライナのハードウェア、人員、約47の砲兵部隊に攻撃を行った。「特に、アメリカの民間警備会社アカデミと国粋主義者部隊クラーケンの外国人傭兵の配備地点が、ドネツク人民共和国のクラマツルクとニコラエフカの近くで攻撃された」と、軍は詳しく説明せずに言った。

この言及は、アカデミ(旧称ブラックウォーター)がライバルのトリプルキャノピーに吸収された後、2014年に創設された民間警備グループ「コンステリス」のことと推測される。国防省は、クラーケン部隊の傭兵と「ネオナチ」が被った潜在的な犠牲者数について、いかなる推定値も示さなかった。
posted by ZUKUNASHI at 00:15| Comment(0) | 国際・政治