ずくなしの冷や水

2022年09月19日

Ukraine crisis could lead to collapse of EU – ex-Greek PM

Ukraine crisis could lead to collapse of EU – ex-Greek PM
Bloc “clearly” lacks leadership, vision and strategy, Alexis Tsipras claimed
Aside from Ukraine, the second biggest loser in the ongoing conflict in Eastern Europe, both economically and geostrategically, is the European Union, according to a former prime minister and current leader of the opposition in Greece.

“The US is not losing, neither economically nor geostrategically,” Syriza party leader Alexis Tsipras said during a lengthy press conference on the sidelines of the Thessaloniki International Fair on Sunday.

“Economically, Russia is not losing either,” he said, arguing that the “ruble has become one of the strongest currencies,” while Moscow, due to record high prices of natural gas, has become a “regulator” capable of “opening and closing the tap” at will.

ウクライナ危機はEUの崩壊につながる可能性がある - 元ギリシャ首相
EUは明らかにリーダーシップ、ビジョン、戦略を欠いている」とアレクシス・チプラス首相は主張した。
ギリシャの元首相で現野党党首によれば、ウクライナを除けば、東欧で進行中の紛争で経済的にも地政学的にも2番目に大きな敗者は欧州連合(EU)であるという。

シリザのアレクシス・チプラス党首は、日曜日のテッサロニキ国際博覧会の傍らで行われた長い記者会見で、「米国は経済的にも地政学的にも負けてはいない」と述べた。

「経済的にもロシアは負けていない」と述べ、「ルーブルは最も強い通貨の一つになった」と主張し、一方でモスクワは、記録的な天然ガス価格の高騰により、自由に「蛇口を開けたり閉めたり」できる「調整者」となっている、と述べた。
posted by ZUKUNASHI at 23:52| Comment(0) | 国際・政治

シリアのテロリストのドローン訓練を高精度ミサイルで破壊

posted by ZUKUNASHI at 22:15| Comment(0) | 国際・政治

軍事技術協力で高い水準を維持することに中ロ双方とも関心がある


posted by ZUKUNASHI at 20:44| Comment(0) | 国際・政治

欧州 どの政治家がどんな力量、手腕を発揮するか

ドネツクのリーダー プシリン 随行者もボディガードも連れていないことが多いです。今はロシアが民生部門の多くを担っているのでしょう。まだ41歳。彼の実力はこれから問われます。注目です。

ボスニアへルツェゴビナの指導者

イリヤキバ ウクライナの野党議員で今はモスクワに避難しています。彼はジムで鍛えた体が自慢。

サマルカンドでエルドアンがプーチンと腕を組んでいます。逃がすものかという気迫が溢れます。


今、欧州の政治家で最も注目されるのは、なんといってもハンガリーのオルバン。彼は欧州同盟の存続可能性まで見据えて発言しているように感じます。
posted by ZUKUNASHI at 20:40| Comment(0) | 国際・政治

Turkish MP Sends Warning Reminder To Armenia






posted by ZUKUNASHI at 18:32| Comment(0) | 国際・政治

Only EU countries are allowed to purchase Russian fertilisers

posted by ZUKUNASHI at 17:37| Comment(0) | ウクライナ

000

posted by ZUKUNASHI at 13:53| Comment(0) | 国際・政治

ウクライナ産穀物が安値で東欧に流入

posted by ZUKUNASHI at 12:53| Comment(0) | ウクライナ

Пушилин

posted by ZUKUNASHI at 12:38| Comment(0) | ウクライナ

Japanese Aggression

posted by ZUKUNASHI at 12:04| Comment(0) | 国際・政治

Russia has started a counter offensive in Kharkov region

posted by ZUKUNASHI at 12:01| Comment(0) | ウクライナ

マグネシウムは効果がありそう

管理人は、目下、にがりで塩化マグネシウムを摂取しています。

開始してから1週間ほどになります。最初は1日にイースプーン1杯程度。液体のにがりを清涼飲料水に垂らして飲んできました。量はわずかです。

最近感じられる変化は、臀部の肌荒れが改善しているように感じます。他にはありません。

通じ薬になるマグネシウム製剤もありますが、にがりの塩化マグネシウムでは通じは特に改善せず。数日前にアローゼン1gを服用しましたが、今回は効きがよくありませんでした。

改めてにがりのボトルを見ると、一日の摂取量の目安142mgとあります。私は一日5mg程度しか飲んでいませんので、量を増やしてみることにします。

にがりは、Mgの摂取方法としては大変簡便です。少量からの摂取テストをお勧めします。

生命が生まれた海の水はもともとMgを含んでいた。精製塩は特別な形態なんですね。

なお、私が服用している他の薬は、降圧剤のニューロタン50mgです。
posted by ZUKUNASHI at 11:41| Comment(0) | Covid19

コロナは決して風邪並ではない 死者が桁違い

posted by ZUKUNASHI at 11:21| Comment(0) | Covid19

未成年のコロナ感染者の死亡は発症から1週間以内に生じている

Many COVID patients aged under 20 died within week from onset of symptoms: Japan study
TOKYO -- A survey on 41 children under the age of 20 who were infected with the coronavirus and died between January and August revealed that many of them had passed away within a week after the onset of symptoms.

The findings, summarized on Sept. 14 by the National Institute of Infectious Diseases (NIID), were reported during the Ministry of Health, Labor and Welfare's coronavirus expert advisory board meeting.

The number of coronavirus deaths increased from mid-July, when infections spread rapidly across Japan during the seventh wave. NIID head Takaji Wakita said at a Sept. 14 press conference, "There have been cases of early deaths among those infected. It's important to urge vaccination as a measure to prevent infection."

According to the report, of the 41 patients, eight were aged under 1, 10 were aged 1-4, 17 were 5-11, five were 12-19, and the age of one child was unknown. Over half of these patients developed COVID-19 symptoms after mid-July.

The NIID was able to look into and analyze the detailed information on 29 children. Of these, 14 patients, or 48%, had underlying medical conditions and 15, or 52%, had no such conditions.

Of them, 15 children were aged 5 or older and eligible for the COVID-19 vaccine, but 13, or 87%, were unvaccinated and just two, or 13%, had received their second shots. The two who had been vaccinated were aged 12 or older -- the age at which vaccines targeting adults can be administered -- and had been inoculated at least three months before the onset of symptoms.

The NIID confirmed the dates of the onset of COVID-19 symptoms among all of the 29 patients except for three cases, and found that 73% of them had died within a week after starting to show the symptoms.

The main causes of death were "circulatory system abnormalities" including myocarditis and arrhythmia in seven patients, or 24%, and "central nervous system abnormalities" such as acute encephalopathy in another seven patients. Among others were multiorgan failure and unknown causes.

The symptoms observed upon the patients' arrival at medical institutions included fever, nausea, vomiting and disturbed consciousness. Since many of them displayed symptoms related to areas other than respiratory systems, the NIID said "attention should also be paid to systemic symptoms."

Meanwhile, the advisory board analyzed the current infection situation, and explained, "Infection numbers have continued to decline, and the nationwide level is almost the same as the peak (of the sixth wave) in February." The board urged for caution regarding the impact of the resumption of schools after the summer break and the consecutive holidays in the latter half of September.
20歳未満の多くのCOVID患者は、症状の発症から1週間以内に死亡しました:日本の研究
東京--1月から8月までにコロナウイルスに感染し死亡した20歳未満の子ども41人を調べたところ、発症から1週間以内に亡くなっているケースが多いことが明らかになった。

国立感染症研究所が9月14日にまとめたこの調査結果は、厚生労働省のコロナウイルス専門家会議において報告されたものです。

コロナウイルスの死者数は、第7波で感染が全国に急拡大した7月中旬以降に増加した。NIIDの脇田隆二所長は9月14日の記者会見で、「感染者が早期に死亡する事例が発生している。感染予防対策としてワクチン接種を促すことが重要だ」と述べた。"

それによると、患者41人のうち、1歳未満が8人、1〜4歳が10人、5〜11歳が17人、12〜19歳が5人、1人は年齢不明だったそうです。これらの患者の半数以上が、7月中旬以降にCOVID-19の症状を発症しています。

NIIDは29人の子どもの詳細な情報を調べ、分析することができた。このうち、48%にあたる14人は基礎疾患を持ち、52%にあたる15人はそのような疾患を持たなかった。

そのうち、5歳以上でCOVID-19ワクチンの接種対象者は15名でしたが、87%にあたる13名が未接種、13%にあたるわずか2名が2回目の接種を受けていました。接種済みの2人は、成人を対象としたワクチンの接種可能年齢である12歳以上であり、発症の3カ月以上前に接種していた。

国立感染症研究所が3人を除く29人の発症日を確認したところ、73%が発症後1週間以内に死亡していた。

主な死因は、心筋炎や不整脈などの「循環器系の異常」が24%にあたる7人、急性脳症などの「中枢神経系の異常」が別の7人であった。その他、多臓器不全や原因不明もあった。

医療機関に到着した患者さんには、発熱、吐き気、嘔吐、意識障害などの症状がみられました。呼吸器系以外の症状も多かったことから、国立感染症研究所は「全身症状にも注意を払う必要がある」としている。

一方、諮問委員会は現在の感染状況を分析し、「感染者数は減少を続けており、全国のレベルは(第6波の)2月のピークとほぼ同じ」と説明した。夏休み明けの学校再開や9月後半の連休の影響に注意を促した。
posted by ZUKUNASHI at 10:21| Comment(0) | Covid19

ウクライナの「不自然な」国境線は引き直すべき-EU諸国の元外相

Ukraine’s ‘unnatural’ borders should be redrawn – EU country’s ex-foreign minister
Romania’s former top diplomat has called upon Kiev to cede some of its territory to neighboring states

The borders of modern Ukraine are “unnatural,” and Kiev should cede parts of its territory to the neighboring states that these lands rightfully belong to, Romania’s ex-foreign minister, Andrei Marga, believes. The former diplomat made the explosive remark on Saturday as he presented his new book ‘The Fate of Democracy’ at the Alba Transylvania book fair.

The crisis around Ukraine must be solved through negotiations involving the major international players, including Russia, China, the US, and EU, Marga stated. The leading powers should come together and agree on a new “security structure” in Europe and worldwide, he suggested.

“If an agreement is not reached, there will be no peace in Europe. Without peace, democracy will suffer,” he said.

Ukraine, for its part, should cede certain territories to neighboring countries, the ex-minister suggested, calling the country’s existing borders “unnatural.” Marga listed the regions that were incorporated into then-Soviet Ukraine by the Communists, but which he thinks should be relinquished.

We are in a very special situation here, and I take this with all responsibility, Ukraine exists in unnatural borders. It should cede Transcarpathia to Hungary, Galicia to Poland, Bukovina to Romania, Donbass and Crimea to Russia. These are the territories of other countries.

Over the course of the ongoing conflict between Russia and Ukraine, Kiev has repeatedly vowed to return to its control all of the territories it ended up with following the collapse of the Soviet Union. After the 2014 Maidan coup, Ukraine lost Crimea, which ended up re-unifying with Russia after a referendum.

ウクライナの「不自然な」国境線は引き直すべき-EU諸国の元外相
ルーマニアの元外交官、キエフに領土の一部を近隣諸国に割譲するよう要請

ルーマニアのアンドレイ・マルガ元外相は、現代のウクライナの国境は「不自然」であり、キエフはその領土の一部を、これらの土地が正当に属している近隣諸国に割譲すべきであると考えている。この元外相は土曜日、アルバ・トランシルバニア・ブックフェアで新著『The Fate of Democracy』を発表した際に、この爆発的な発言をしたのである。

ウクライナの危機は、ロシア、中国、アメリカ、EUなどの主要な国際的プレーヤーが参加する交渉によって解決されなければならない、とマルガ氏は述べた。主要な大国が集まり、ヨーロッパと世界における新しい「安全保障構造」について合意する必要がある、と彼は提案した。

「もし、合意に至らなければ、ヨーロッパに平和は訪れない。平和がなければ、民主主義が苦しむことになる」と述べた。

また、ウクライナの現在の国境線を「不自然」とし、近隣諸国に一定の領土を譲り渡すべきと提案した。マルガ氏は、共産党が当時のソビエト連邦ウクライナに編入した地域のうち、譲渡すべきと考える地域を列挙した。

ウクライナは不自然な国境に存在している。トランスカルパティアはハンガリーに、ガリシアはポーランドに、ブコビナはルーマニアに、ドンバスとクリミアはロシアに割譲すべきです。これらは他国の領土である。

ロシアとウクライナの紛争が続く中で、キエフはソビエト連邦崩壊後に行き着いた領土をすべて自国の支配下に戻すと繰り返し宣言してきた。2014年のマイダンのクーデター後、ウクライナはクリミアを失い、住民投票の結果、ロシアに再統一されるに至った。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

Hungarian PM warns Ukraine could lose up to half of its territory – media
The conflict between Moscow and Kiev could last for years, Viktor Orban reportedly said in a speech behind closed doors

The Ukraine conflict could last until 2030 and the West is to blame for making it global rather than local in nature, Hungarian Prime Minister Viktor Orban has said, according to Radio Free Europe (RFE/RL).

Orban was reportedly speaking at a closed-door event involving his ruling Fidesz party a week ago, with the details of his speech now being leaked to the media.

The Hungarian leader allegedly told his supporters in the village of Kotcse on September 10 that he believed Ukraine may end up losing between one third and one half of its territory due to the conflict with Russia, RFE/RL reported on Friday, citing participants of the meeting.

The fighting between Moscow and Kiev – which is being helped by the US, EU and some other countries – could continue all the way until 2030, Orban reportedly warned. The crisis in Ukraine started as a local conflict but the involvement of the West has turned it into a global affair, the prime minister said.

According to the report, Orban again lashed out at EU sanctions imposed on Russia over its military operation in Ukraine, saying the bloc had shot itself in the foot with those curbs.

The energy crisis, which occurred as a result of those restrictions, could force 40% of European industry to shut down this winter, he reportedly added.

In his speech, the Hungarian leader also allegedly revealed that European leaders are expected to decide on prolonging the sanctions for another six months later in autumn, insisting that an attempt should be made to prevent that extension.

The way things are going now, the eurozone and the EU itself could cease to exist by 2030, Orban was quoted as saying.

Hungary has remained relatively neutral since the outbreak of fighting in Ukraine in late February. It has refused to send arms to Kiev and consistently criticized EU sanctions on Moscow. Budapest, which is heavily dependent on Russian energy, was also able to negotiate an exemption for itself from the bloc-wide ban on Russian oil.

Earlier this month, Mikulas Bek, the European affairs minister of the Czech Republic, which now presides over the EU Council, warned that Hungary’s stance on Russia could theoretically end up with it exiting the bloc.
ハンガリー首相、ウクライナは最大で領土の半分を失うと警告 - メディア。
モスクワとキエフの紛争は何年も続く可能性があると、ヴィクトル・オルバン氏が密室での演説で述べたと報道されました。

ラジオ・フリー・ヨーロッパ(RFE/RL)によると、ハンガリーのヴィクトル・オルバン首相は、ウクライナ紛争は2030年まで続く可能性があり、西洋はそれを局所的ではなく世界的にする責任を負うと述べたとのことです。

オルバン氏は1週間前、与党フィデス党が関与する非公開のイベントで演説したとされ、その詳細が今メディアにリークされている。

RFE/RLが金曜日に伝えたところによると、ハンガリーの指導者は9月10日にコトツェ村で支持者に、ロシアとの紛争によりウクライナは最終的に領土の3分の1から2分の1を失うかもしれないとの考えを示したという。

モスクワとキエフの戦闘は、アメリカ、EU、その他の国々によって支援されているが、2030年まで続く可能性があると、オルバン氏は警告したと伝えられている。ウクライナの危機は、ローカルな紛争として始まったが、西側諸国の関与により、グローバルな問題へと変化していると首相は述べた。

報道によると、オルバン首相は、ウクライナでの軍事行動をめぐってロシアに課されたEU制裁を再び非難し、EUはその制裁で自らの足をすくわれたと述べた。

その結果、エネルギー危機が起こり、ヨーロッパの産業の40%がこの冬に操業停止を余儀なくされるかもしれない、と付け加えたと報道された。

また、ハンガリーの指導者は演説の中で、欧州の首脳が秋以降にさらに6ヶ月間の制裁延長を決定する見込みであることを明らかにし、その延長を阻止するための試みを行うべきだと主張したという。

今のままでは、2030年までにユーロ圏とEUそのものが消滅する可能性がある、とオルバン氏は述べたとされる。

2月下旬にウクライナで戦闘が始まって以来、ハンガリーは比較的中立を保っている。キエフに武器を送ることを拒否し、EUのモスクワへの制裁を一貫して批判してきた。ロシアのエネルギーに大きく依存しているブダペストは、EU全体で禁止されているロシアの石油を自国だけ免除するよう交渉することができた。

今月初め、現在EU理事会を主宰するチェコのミクラス・ベク欧州問題担当相は、ハンガリーのロシアに対する姿勢は理論上、EUから脱退することになりかねないと警告した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

Ukraine fumes over ‘unnatural borders’ claim
Officials defend the “inviolability” of modern Ukraine’s Soviet-drawn frontiers
The Ukrainian Embassy in Romania has accused the EU country's former foreign minister, Andrei Marga, of undermining the “basic principles of international law,” after he claimed that the borders of modern Ukraine are “unnatural,” and suggested that Kiev should cede parts of its territory to neighboring states.

The embassy voiced its “regret” that a former top official of a “democratic European state” would make a statement that is not just “unacceptable under any circumstances,” but also represents a “particularly blatant deviation at a time when Ukraine heroically defends its independence and the security of Europe.”

The former Romanian diplomat made the controversial remark earlier on Saturday at the Alba Transylvania book fair, where he presented his new book ‘The Fate of Democracy’ and suggested that leading world powers should come together and agree on a new “security structure” in Europe and worldwide.

“We are in a very special situation here, and I take this with all responsibility, Ukraine exists in unnatural borders. It should cede Transcarpathia to Hungary, Galicia to Poland, Bukovina to Romania, Donbass and Crimea to Russia. These are the territories of other countries,” he said, listing the regions that were incorporated into then-Soviet Ukraine by the Communists, but which he thinks should be relinquished.

Over the course of the ongoing conflict between Russia and Ukraine, Kiev has repeatedly vowed to regain all territories it held following the collapse of the Soviet Union.

After the 2014 Maidan coup, Ukraine lost Crimea, which ended up re-unifying with Russia after a referendum. In February 2022, the Kremlin recognized two Donbass republics as independent states, citing Kiev’s failure to implement the Minsk agreements, designed to give the regions special status within the Ukrainian state.

ウクライナ、「不自然な国境線」主張に噴出
ソ連が引いた現代のウクライナの国境線の「不可侵性」を擁護する当局者たち
ルーマニアのウクライナ大使館は、同国のアンドレイ・マルガ元外相が現代のウクライナの国境は「不自然」だと主張し、キエフの領土の一部を周辺国に譲り渡すべきだと示唆したことから、「国際法の基本原則」を損ねたと非難した。

大使館は、「民主的な欧州国家」の元高官が、「いかなる状況下でも容認できない」だけでなく、「ウクライナがその独立と欧州の安全を英雄的に守っている時に、特に露骨な逸脱を示す」発言をしたことに「遺憾」の意を表明している。

この元ルーマニアの外交官は、土曜日に開催されたアルバ・トランシルバニア・ブックフェアで、新著「民主主義の運命」を発表し、世界の主要国が集まり、ヨーロッパと世界における新しい「安全保障構造」について合意すべきと提案し、物議を醸した。

「ウクライナは不自然な国境に存在している。トランスカルパティアはハンガリーに、ガリシアはポーランドに、ブコビナはルーマニアに、ドンバスとクリミアはロシアに割譲されるべきだ。これらは他国の領土だ」と、共産党が当時のソ連ウクライナに編入した地域のうち、手放すべきと考える地域を列挙した。

ロシアとウクライナの紛争が続く中、キエフはソビエト連邦崩壊後に保有していたすべての領土を取り戻すと繰り返し宣言してきた。

2014年のマイダンのクーデターでクリミアを失ったウクライナは、住民投票の結果、ロシアに再統一されることになった。2022年2月、クレムリンはドンバス2共和国を独立国家として承認し、キエフがミンスク合意を履行しなかったことを理由に、ドンバス地域にウクライナ国家内の特別な地位を与えることを意図している。
posted by ZUKUNASHI at 00:51| Comment(0) | ウクライナ