ずくなしの冷や水

2022年09月18日

窓ガラスサッシから雨漏りして床が水浸し


posted by ZUKUNASHI at 21:53| Comment(0) | 日記

台風時に一番危険なのは「ドア」

posted by ZUKUNASHI at 21:33| Comment(0) | 日記

メラトニンは注意が必要らしい




posted by ZUKUNASHI at 19:05| Comment(0) | Covid19

コロナ後遺症で苦しむ人が増えていく








posted by ZUKUNASHI at 17:34| Comment(2) | Covid19

台湾でまた地震 南西諸島に津波注意報

台湾でM7.2の地震 沖縄の宮古島・八重山地方に津波注意報 気象庁
気象庁によると18日15時44分頃、台湾付近を震源とする地震があり地震の規模(マグニチュード)は7・2と推定されるとのことです。この地震を受け、同庁は沖縄県の宮古島・八重山地方に津波注意報を出しました。
posted by ZUKUNASHI at 16:42| Comment(0) | 社会・経済

000





posted by ZUKUNASHI at 16:31| Comment(0) | 健康・病気

中国で事故が増えるでしょう



高層ビルの火事もありました。
posted by ZUKUNASHI at 15:41| Comment(0) | 国際・政治

Wounded from Ukraine are transported to hospitals in the EU

posted by ZUKUNASHI at 15:28| Comment(0) | ウクライナ

コロナ感染で寿命が縮まることは間違いない

posted by ZUKUNASHI at 13:08| Comment(0) | Covid19

フルボキサミンのコロナへの有効性


29 October 2021
Common antidepressant slashes risk of COVID death, study says
Fluvoxamine is both inexpensive and highly effective at preventing mild COVID-19 from turning severe.
A cheap, widely available drug used to treat mental illness cuts both the risk of death from COVID-19 and the need for people with the disease to receive intensive medical care, according to clinical-trial results1.

The drug, called fluvoxamine, is taken for conditions including depression and obsessive–compulsive disorder. But it is also known to dampen immune responses and temper tissue damage, and researchers credit these properties with its success in the recent trial. Among study participants who took the drug as directed and did so in the early stages of the disease, COVID-19-related deaths fell by roughly 90% and the need for intensive COVID-19-related medical care fell by roughly 65%.

“A major victory for drug repurposing!” Vikas Sukhatme at Emory University School of Medicine in Atlanta, Georgia, who studies drug repurposing, wrote in an e-mail to Nature. “Fluvoxamine treatment should be adopted for those at high risk for deterioration who are not vaccinated or cannot receive monoclonal antibodies.”

COVID antibody treatments show promise for preventing severe disease

Study co-author Angela Reiersen, a psychiatrist at Washington University School of Medicine in St Louis, Missouri, has long been interested in using fluvoxamine to treat a rare genetic condition. While monitoring the fluvoxamine literature before the pandemic, she came across a 2019 study showing that fluvoxamine reduced inflammation in mice with sepsis2. When COVID-19 hit, “I immediately thought back to that paper with the mice,” she says.

Reiersen and her colleagues partnered with the organizers of the TOGETHER Trial, which aims to identify approved drugs that can be repurposed to treat COVID-19. The team’s study included 1,497 people in Brazil who had COVID-19 and were at high risk of severe disease. Roughly half received fluvoxamine, and the rest received a placebo.

The trial’s results, published on 27 October, mean that fluvoxamine is one of a handful of therapies that show strong evidence of preventing progression from mild to severe COVID-19. The only early-stage treatments currently recommended by the US National Institutes of Health are monoclonal antibodies, which are costly and difficult to administer in an outpatient setting.

Experts are excited about the results, but stress that there are caveats. “We don’t know how applicable this would be in a setting outside of Brazil,” said infectious-disease specialist Paul Sax at Brigham and Women’s Hospital in Boston, Massachusetts.

And infectious-disease specialist Taison Bell at the University of Virginia in Charlottesville questions how the authors define severe COVID-19, which factors into the assessment of fluvoxamine’s efficacy. The team examined whether people needed more than six hours of treatment in an emergency setting, rather than using the more common metric of hospitalization. Reiersen says the six-hour metric reflects Brazil’s approach to managing COVID-19, in which care is delivered not in hospitals, but in COVID-19-specific emergency treatment centres that provide both inpatient and outpatient services.
A COVID drug for the people?

Fluvoxamine’s low cost could make it accessible worldwide, says study co-author Edward Mills, a health researcher at McMaster University in Hamilton, Canada. A ten-day course costs only about US$4, and the drug’s patents have expired, meaning that any company can produce it. “I’ve worked a lot in Africa, for example, where four dollars is a manageable cost,” Mills says.

It’s possible that pairing fluvoxamine with a drug that interferes with viral replication, such as Merck’s upcoming antiviral molnupiravir, could be even more effective, Mills says. “It would be fascinating to look at whether or not the antiviral and [anti-inflammatory drugs combined] give you much greater treatment benefits than either alone.”

doi: https://doi.org/10.1038/d41586-021-02988-4

一般的な抗うつ薬でCOVIDによる死亡リスクが減少するとの研究結果
フルボキサミンは安価で、軽度のCOVID-19が重症化するのを防ぐのに非常に効果的である。
精神疾患の治療に用いられる安価で広く入手可能な薬剤が、COVID-19による死亡リスクと同疾患患者が集中治療を受ける必要性の両方を低減することが、臨床試験の結果によって明らかになった1。

フルボキサミンと呼ばれるこの薬は、うつ病や強迫性障害などの症状に対して服用される。しかし、この薬には、免疫反応を抑制し、組織の損傷を和らげる作用があることが知られており、研究者らは、最近の試験での成功は、これらの特性によるものであると評価している。病気の初期段階で指示通りに薬を服用した研究参加者では、COVID-19に関連する死亡がおよそ90%減少し、COVID-19関連の集中治療の必要性もおよそ65%減少しました。

"薬の再利用のための大きな勝利!" ジョージア州アトランタのエモリー大学医学部のVikas Sukhatme氏は、薬の再利用を研究しており、Natureに電子メールで書いています。"フルボキサミン治療は、ワクチン接種をしていない、あるいはモノクローナル抗体を投与できない悪化リスクの高い人たちに採用されるべきです。"

研究の共著者であるミズーリ州セントルイスのワシントン大学医学部の精神科医Angela Reiersen氏は、以前からフルボキサミンを用いて珍しい遺伝性疾患を治療することに関心を持っていました。パンデミック前にフルボキサミンの文献をモニターしていたとき、彼女はフルボキサミンが敗血症のマウスの炎症を抑えることを示す2019年の研究に出会いました2。COVID-19が流行したとき、「すぐにマウスのその論文を思い返しました」と彼女は言う。

Reiersen氏らは、COVID-19の治療に再利用できる承認済み医薬品を特定することを目的としたTOGETHER Trialの主催者と提携した。研究チームは、ブラジルでCOVID-19を発症し、重症化するリスクの高い1,497人を対象とした研究を行った。およそ半数がフルボキサミンを投与され、残りはプラセボを投与された。

10月27日に発表されたこの試験結果は、フルボキサミンがCOVID-19の軽症から重症への進行を防ぐという強い証拠を示す一握りの治療法の一つであることを意味しています。現在、米国国立衛生研究所が推奨している初期段階の治療法はモノクローナル抗体だけで、これは高価で、外来での投与が困難です。

専門家はこの結果に期待を寄せていますが、注意点があることを強調しています。マサチューセッツ州ボストンのブリガム・アンド・ウィメンズ病院の感染症専門医ポール・サックス氏は、「ブラジル以外の国でどの程度適用できるかはわからない」と述べている。

また、バージニア大学シャーロッツビル校の感染症専門家Taison Bell氏は、フルボキサミンの有効性評価の要因となる重症COVID-19を著者らがどのように定義しているかに疑問を呈している。研究チームは、より一般的な指標である入院ではなく、緊急時に6時間以上の治療が必要であったかどうかを検討した。Reiersenによると、この6時間という指標は、ブラジルのCOVID-19の管理方法を反映しており、病院ではなく、入院と外来の両方のサービスを提供するCOVID-19専用の緊急治療センターで治療が行われる。
国民のためのCOVID薬?

カナダのハミルトンにあるマクマスター大学の健康研究者であるエドワード・ミルズによれば、フルボキサミンは低コストであるため、世界中で利用できる可能性があるとのことである。10日間の服用でわずか4ドルであり、この薬の特許は切れているので、どの会社でも製造できる。「私はアフリカで多くの仕事をしてきましたが、4ドルというのは手に負えるコストです」とミルズ氏は言う。

フルボキサミンとメルク社が開発中のモルヌピラビルのようなウイルスの複製を阻害する薬との組み合わせは、さらに効果的である可能性がある、とミルズは言う。"抗ウイルス剤と抗炎症剤の組み合わせが、どちらか一方だけよりも、はるかに大きな治療効果をもたらすかどうかを調べるのは、魅力的なことでしょう。"
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 12:43| Comment(0) | Covid19

鼻うがい nose flushing



鼻うがいについては、効果に議論があります。
この記事をご参照。


posted by ZUKUNASHI at 11:38| Comment(0) | Covid19

時間差ワクチン後遺症

ワクチン接種による障害が多数出ています。接種から時間が経ってから出てきています。




posted by ZUKUNASHI at 11:04| Comment(0) | Covid19

ペール・ダヴィッドのシカが中国で再び繁栄

posted by ZUKUNASHI at 10:52| Comment(0) | 国際・政治

what the next ~4 months are going to look like

posted by ZUKUNASHI at 10:46| Comment(0) | Covid19

英国で公衆のいる場でロシアの旗を持っていた婦人が逮捕される

posted by ZUKUNASHI at 00:51| Comment(0) | 国際・政治

日本も同じようになりつつある

posted by ZUKUNASHI at 00:48| Comment(0) | Covid19