ずくなしの冷や水

2022年09月13日

やんばるの森に生息するチョウの研究家

posted by ZUKUNASHI at 23:37| Comment(0) | 社会・経済

ドイツに向かって行進するシリア難民

トルコにいた 40,000 人のシリア難民からなる「光の船団」は、ドイツに向かって行進を開始しました。
今夜のニュースと、どうやら今後数週間のドイツのニュースは、トルコがヨーロッパに解放すると約束した護送船団のルートを追跡する予定です。


posted by ZUKUNASHI at 20:06| Comment(0) | 国際・政治

ワクチンはウィルスより98倍悪い

posted by ZUKUNASHI at 19:38| Comment(0) | Covid19

打って間もなくの接種者はガイガーカウンターの数値が上がる



ワクチンに放射性物質が含まれていればガイガーカウンターが反応することはあり得ますが。同じような症状が出るからと言って被ばくがあるとは言えない。
posted by ZUKUNASHI at 18:38| Comment(0) | 福島原発事故

イズムはウクライナではなく、NATOのチームによって攻撃された


posted by ZUKUNASHI at 16:29| Comment(0) | ウクライナ

パプアニューギニアの地震

posted by ZUKUNASHI at 15:59| Comment(0) | 東日本大震災

中国を挑発する愚かさ

posted by ZUKUNASHI at 15:53| Comment(0) | 国際・政治

グルジア

posted by ZUKUNASHI at 15:25| Comment(0) | 国際・政治

コロナ感染 後遺症発症した方の例


イベルメクチンを連日服用されています。詳細はツイッターで。
posted by ZUKUNASHI at 15:09| Comment(0) | Covid19

日本でも誘拐事件は多い



posted by ZUKUNASHI at 14:19| Comment(0) | 社会・経済

9/11日曜午後ウクライナ全土に空襲警報 広い地域で停電 断水も



キエフの中心部が爆撃されており、全土空襲警報が事実ならウクライナ側がHIMARSでロシア領を攻撃した可能性があります。上の情報はまだ確認が取れません。ただ、ロシア軍の攻撃は継続中。9/12



Ukraine suffers massive blackout after ‘Russian strikes’
President Vladimir Zelensky has confirmed energy shortages across multiple regions of the country
Multiple regions of southeastern Ukraine suffered electricity shortages and blackouts late on Sunday.

President Vladimir Zelensky has said the cause was missile attacks by Moscow on “critical infrastructure.”

Full blackouts have hit Kharkov and Donetsk regions, Zelensky said in a social media post, apparently referring to the Ukrainian-controlled part of Donetsk People’s Republic. Sumy, Dnepropetrovsk, Poltava, Zaporozhye and Odessa regions have been hit by partial blackouts, according to the president, who blamed the incident on “Russian terrorists.”

So, far Moscow has remained silent on the matter, neither confirming nor denying its involvement. Still, the incident has been preceded by a reported launch of multiple cruise missiles from Russian ships positioned in the Black and Caspian Seas.

Footage circulating online shows the aftermath of the purported attacks, with firefighters trying to extinguish flames at what appear to be power plants.

Another video, purportedly shot in Poltava, shows a trolleybus that caught fire, apparently due to a power surge in the grid.

The blackout has affected the operations of Ukrainian railways, which reported delays across the country. It also brought the subway system in the eastern city of Kharkov to a halt the, footage circulating online purports to show.

So, far, emergency services have managed to restore power supply only in Poltava, Sumy and Dnepropetrovsk regions, according to Ukrainian media reports.


ウクライナ西部でも停電





posted by ZUKUNASHI at 13:24| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナはイラクに派兵していた

posted by ZUKUNASHI at 11:51| Comment(0) | 国際・政治

the emergence of the Omicron subvariant shows a substantial increase in the reinfection risk

posted by ZUKUNASHI at 11:39| Comment(0) | Covid19

the massacres led by Britain against Yemeni and Omani immigrants

posted by ZUKUNASHI at 10:54| Comment(0) | 国際・政治

ウクライナからの避難






posted by ZUKUNASHI at 10:24| Comment(0) | ウクライナ

ロシアが戦略変更か









武器輸送に使われる鉄道はすでに破壊した部分がありますが、民間向けも含めてインフラをロシアが破壊したのは新しい戦術です。これまでは、チェルノブイリや、ザポリージェの原発の安全確保のために全土停電はできませんでしたが、チェルノブイリはベラルーシから電気を引き、ザポリージェはすべての原子炉を止めています。ザポリージェが電気を必要としないのかは不明です。必要だとしても何らかの対策を確保したうえで大規模停電を起こした。

市民の生活に影響が生じますが、ウクライナ政府機関の通信などにも支障が生ずるはずです。スマホもパソコンも使えない。ネットも使えません。ロシアの持ち込んだS400などのレーダー施設は発電車がついています。

ロシアは、ウクライナ政府・軍の機能マヒを狙い、その間に作戦を進めるつもりでしょうか。カディロフはオデッサの作戦に言及しています。

ロシア軍の発電送電施設の破壊の前にウクライナ軍がやはり発電所を攻撃したらしいのですが、破壊場所や時間的な関係がわかりません。

また、ロシア軍は前線の一部から撤退しましたが、その間にもウクライナ軍には数千人の死者とその数倍の負傷者が出たとされており、これまでのへルソンでの犠牲者を加えるとウクライナ軍は戦う力を失っているとみられます。

停電策でウクライナ側の政府・軍の機能を止めて、停戦交渉に持ち込めるのか。正念場に来ています。






Hassan Mafi ‏@thatdayin1992氏の見方が当たっています。
事実関係としては
1 8/11の午後8時に停電、6時間後に解消。8/12の午後1時半に停電、3時間半後に場所により解消。一時全土で停電。どちらもロシア軍の攻撃による。
2 停電により軍用車両や弾薬を運ぶ列車が運行できない。停車した列車を狙ってロシア軍が攻撃し被害が出ている可能性。ウクライナ政府・軍の通信網が途絶するはず。
3 ウクライナがロシア領に向けて砲撃をしている。 Belgorodなど。
4 ロシアは、ウクライナ攻撃に関して民生部門のインフラは破壊しない方針であったが、NATO・米国の攻撃継続で警告の意味をこめて電力網を破壊。キエフの政府機関への攻撃はまだ行われていない模様。
5 これまでのところ、停電は比較的短時間に解消しており、ロシアの攻撃は発電所の基幹部分は破壊していない。
posted by ZUKUNASHI at 10:13| Comment(0) | ウクライナ

「恐怖によるプロパガンダ」を広めるキエフ-フランス元大統領候補




Kiev spreading ‘propaganda by fear’ – French ex-presidential candidate
Segolene Royal has faced backlash after questioning Ukrainian recounting of events in Bucha and Mariupol
A former presidential candidate in France has accused Ukrainian leader Vladimir Zelensky of using ‘war propaganda’ as a tool to obstruct the peace process. Veteran politician Segolene Royal also called on the UN and media associations to fight against such tactics.

Royal’s suggestion, that some of the “war crimes” Kiev blames on Russian troops were part of ‘propaganda,’ has made her a target for widespread criticism.

Speaking to BFMTV earlier this week, Royal said that “everyone knows that there is war propaganda by fear.”

As an example, she cited the alleged shelling of a maternity hospital in Mariupol – the story which made headlines in Western media in early March. Zelensky blamed Russia for the incident that, as local authorities claimed, killed three people, including a child. The Russian military denied targeting the medical facility and insisted the whole thing was a “completely staged provocation” by the Ukrainian side.

“You can imagine that if there had been any victim, any baby with blood, in the age of cell phones we would have seen [their photos],” Royal stressed.

The authenticity of the photos presented by Kiev as proof of the claimed Russian attack were questioned by many online. Marianna Vyshemirskaya, one of the pregnant women featured in the images that appeared on the front pages of many major outlets, later claimed that there had been no Russian airstrike on the hospital. She insisted that she told AP journalists about this, but they decided not to mention it in their reportage.

Royal, who used to be a long-term partner of France’s former president Francois Hollande, also commented on the events of April in the town of Bucha near Kiev, after which Zelensky claimed that negotiations with Russia became impossible. Ukrainian authorities accused the Russian forces of multiple atrocities against civilians in the town, including the rape of children. Moscow firmly denied the allegations of war crimes, insisting it was “yet another provocation” by Kiev.

“The stories of child rape for seven hours under the eyes of the parents: but it’s monstrous to go and spread things like that only to interrupt the peace process,” the veteran French politician stated, without elaborating

She also claimed that Zelensky used accounts of alleged torture of Ukrainian soldiers by Russian troops – which Moscow also vehemently denies – not only to impede any peace process but also to “remobilize” troops. She argued that as “there’s been enough horror of war and casualties” and that “Ukrainian propaganda” should be stopped “under the aegis of the UN and media organizations.”

After BFMTV tweeted a fragment of her interview with a caption “Segolene Royal questions certain war crimes in Ukraine,” the politician responded that this was “false,” as she’d “never denied war crimes.”

On Saturday, Royal published the final part of her remarks which, as she said, was cut by the television network. In this fragment she says that “there is a form of one-upmanship in the description of the horror, to encourage arms deliveries and to refrain from setting up negotiation and peace processes.”

“To plead for peace is to act for the end of the suffering of the Ukrainian people and of Russian aggression,” she wrote in a caption to the video.

Royal’s interview was condemned by some politicians as well as by many social media users. The Stand With Ukraine group representing the victims and the families of victims of “Russian aggression” even announced that it was considering filing a complaint against Royal in order to defend “the honor of disappeared.”

Meanwhile, the president of the party The Patriots, Florian Philippot, criticized “the aggressive and crazy reactions” to Royal’s remarks and said that she “has every right, and an intellectual duty” to question war propaganda.

セゴレーヌ・ロワイヤルは、ブシャとマリウポルでの出来事についてウクライナ側の説明に疑問を呈し、反発に遭っている。
フランスの元大統領候補が、ウクライナの指導者ウラジミール・ゼレンスキーが和平プロセスを妨害する道具として「戦争プロパガンダ」を使っていると非難した。また、ベテラン政治家セゴレーヌ・ロワイヤルは、国連やメディア協会に対し、このような戦術と闘うよう呼びかけた。

キエフがロシア軍を非難している「戦争犯罪」の一部は「プロパガンダ」の一部であるというロワイヤルの提案は、彼女を広く批判の的にした。

今週初めにBFMTVに出演したロイヤルは、"恐怖による戦争プロパガンダがあることは誰もが知っている "と述べた。

その例として、彼女はマリウポルの産科病院への砲撃疑惑を挙げた。この話は3月初旬に西側メディアで大々的に取り上げられた。ゼレンスキーは、地元当局が主張するように、子供を含む3人が死亡したこの事件でロシアを非難した。ロシア軍は医療施設を狙ったことを否定し、すべてはウクライナ側による「完全に演出された挑発行為」だと主張した。

「もし犠牲者や血まみれの赤ん坊がいれば、携帯電話の時代なら(その写真を)見ることができたと想像できるだろう」とロイヤル氏は強調した。

キエフがロシアの攻撃と主張する証拠として提示した写真の信憑性については、ネット上で多くの人が疑問を呈している。多くの主要メディアの一面に掲載された画像に登場する妊婦の一人、マリアナ・ヴィシェミルスカヤさんは、後に病院へのロシアの空爆はなかったと主張した。彼女はこのことをAP通信の記者に話したと主張したが、AP通信は報道でそのことに触れないことにした。

ここまでDeeplによる翻訳、以下はGoogleによる翻訳

フランスの前大統領フランソワ・オランドの長年のパートナーだったロイヤルもまた、キエフ近くのブチャの町での4月の出来事についてコメントし、その後、ゼレンスキーはロシアとの交渉が不可能になったと主張した。ウクライナ当局は、子供の強姦を含む、町の民間人に対する複数の残虐行為でロシア軍を非難した.モスクワは戦争犯罪の申し立てを断固として否定し、それはキエフによる「また別の挑発」であると主張した。

「両親の目の前で7時間子供がレイプされたという話:しかし、和平プロセスを妨害するためだけにそのようなことを広めるのは恐ろしいことです」とベテランのフランスの政治家は詳述せずに述べた。

彼女はまた、ゼレンスキーがロシア軍によるウクライナ兵の拷問疑惑の説明を使用したと主張した. ロシアも激しく否定している.彼女は、「戦争と死傷者の恐怖は十分にある」ので、「ウクライナのプロパガンダ」は「国連とメディア組織の保護の下で」止めるべきだと主張した。

BFMTV が彼女のインタビューの断片をキャプション付きでツイートした後、「セゴレーヌ・ロワイヤルはウクライナでの特定の戦争犯罪に疑問を呈している」とキャプションを付けた後、政治家は「戦争犯罪を否定したことはない」ため、これは「誤り」であると答えた。

土曜日に、ロイヤルは、彼女が言ったように、テレビネットワークによってカットされた彼女の発言の最後の部分を公開しました.この断片の中で、彼女は、「武器の配達を奨励し、交渉と和平プロセスの設定を控えるために、恐怖の説明には一種のワンアップマンシップがあります」と述べています。

「平和を嘆願することは、ウクライナの人々の苦しみとロシアの侵略を終わらせるために行動することです」と彼女はビデオのキャプションに書いた.

ロイヤルのインタビューは、一部の政治家や多くのソーシャル メディア ユーザーから非難されました。 「ロシアの侵略」の犠牲者とその家族を代表する「ウクライナに立ち向かう」グループは、「行方不明者の名誉」を守るために、ロイヤルに対して苦情を申し立てることを検討しているとさえ発表した。

一方、愛国者党のフロリアン・フィリポット党首は、ロイヤルの発言に対する「攻撃的でクレイジーな反応」を批判し、彼女には戦争プロパガンダに疑問を呈する「あらゆる権利と知的な義務がある」と述べた。

・・・このような記事は事実関係に関する知識がないと適切な訳ができません。機械翻訳の限界を示しています。
posted by ZUKUNASHI at 09:18| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナは大きな人的損失を出している

posted by ZUKUNASHI at 08:53| Comment(0) | ウクライナ