ずくなしの冷や水

2022年09月08日

ロシア、ロンドン地金市場協会(LBMA)に対抗する新基準を提案




Russia Proposes New Standard To Compete With RIGGED London Bullion Market Association (LBMA)
A NEW FINANCIAL INFRASTRUCTURE

I’ve just finished a report on this (if you are a Capitalist Exploits subscriber then it will be in your hands shortly), but I’ll touch on this here.

Russia proposes a new international standard for trading in precious metals: the Moscow World Standard (MWS) which will become an alternative to the London Bullion Market Association (LBMA) which systematically manipulates precious metals markets to depress prices. According to Russia’s Finance Ministry, this new, independent international structure is necessary for “normalizing the functioning of the precious metals sector” and its creation is “critically important.”

“The basis of this new structure will be a new, specialized international precious metals brokerage headquartered in Moscow, which will rely on the MWS. Also proposed is a committee for fixing precious metals prices composed of central banks and largest banks of countries that are members of the Eurasian Economic Union (Armenia, Belarus, Kazakhstan, Kyrgyzstan and Russia) that currently have a presence on the precious metals market.

According to the Russian Finance Ministry, precious metals prices will be fixed either in the national currencies of key member-countries or using new monetary units used in international trade−for instance, the new BRICS currency proposed by Putin.

The Finance Ministry wants to make membership in this organization attractive to all market participants, especially China, India, Venezuela, Peru and other South American countries, as well as Africa. It aims to swiftly destroy the monopoly of LBMA and to provide for stable development of the precious metals sector.

In essence, Russia proposes to create a market for gold, platinum, etc., which will be regulated by countries that control the resources for these metals. This would be, simply put, a revolution. On the basis of this new market, it intends to further the system of bilateral trade in national currencies that specifically excludes dollars, euros and pounds.

And now, some statistics on the world gold supply. The production share of the US and other hostile nations* produce a grand total of 22% of the world’s gold. Eurasian Economic Union, BRICS and Africa, together, produce 57%−already a controlling share. Now add Peru and Venezuela, and the number goes up to 62%.

To put it in the plainest terms possible, Russia is colluding with a number of other countries to exclude the dollar, the euro and the pound from the system of international settlements, starting with precious metals but not necessarily stopping there. These countries control a lion’s share of gold production. For starters, Russia has fixed the price of gold in rubles at 5000/g, which works out to $2,447.17 per troy ounce. This compares rather favorably to the current LBMA fix of $1737.84. The days of LBMA’s ability to drive down gold prices using paper gold manipulation appear be running out.
ロシア、ロンドン地金市場協会(LBMA)に対抗する新基準を提案
新しい金融インフラ

この件に関するレポートを書き終えたところだが(Capitalist Exploitsの購読者であれば、まもなくお手元に届くはず)、ここで触れておこうと思う。

ロシアは貴金属取引の新しい国際基準、モスクワ世界基準(MWS)を提案し、組織的に貴金属市場を操作して価格を下落させるロンドン地金市場協会(LBMA)の代替となるものである。ロシア財務省によると、この新しい独立した国際的な構造は、「貴金属セクターの機能を正常化する」ために必要であり、その創設は「決定的に重要」であるとしている。

"この新しい構造の基礎となるのは、モスクワに本部を置く新しい専門の国際貴金属ブローカーであり、これはMWSに依存することになる。また、現在貴金属市場に参入しているユーラシア経済連合加盟国(アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、ロシア)の中央銀行と最大手銀行で構成する貴金属価格決定委員会が提案された。

ロシア財務省によると、貴金属価格は主要加盟国の自国通貨か、国際貿易で使われる新しい通貨単位(例えばプーチンが提案したBRICS新通貨)で固定されることになるという。

財務省は、中国、インド、ベネズエラ、ペルーなどの南米諸国、アフリカを中心としたすべての市場参加者にとって魅力的な組織にしたいとしている。その目的は、LBMAの独占を速やかに破壊し、貴金属セクターの安定的な発展を提供することである。

要するに、ロシアは金やプラチナなどの資源を支配する国によって規制される市場を作ることを提案しているのである。これは、簡単に言えば革命である。この新市場をベースに、ドル、ユーロ、ポンドを特に排除した自国通貨による二国間貿易のシステムをさらに進めていこうというのである。

さて、ここで世界の金の供給量について、いくつか統計をとってみよう。米国をはじめとする敵対国*の生産シェアは、世界の金の22%に過ぎない。ユーラシア経済連合、BRICS、アフリカを合わせると57%になり、すでに支配的なシェアとなっている。これにペルーとベネズエラを加えると、62%になる。

分かりやすく言えば、ロシアは他の多くの国と共謀して、貴金属を始めとして、ドル、ユーロ、ポンドを国際決済システムから排除しようとしているが、必ずしもそれに留まらないということである。これらの国々は金生産の大部分を支配している。まず、ロシアは金の価格をルーブルで5000₊/gに固定し、1トロイオンスあたり2447.17ドルに計算される。これは、現在のLBMAの固定価格1737.84ドルと比べても、かなり有利な水準である。LBMAが紙の金塊を操作して金価格を下げることができる時代は終わりつつあるようだ。

・・・・・

ポイントは
1 ロンドン地金市場協会(LBMA)の代替となる新しい専門の国際貴金属ブローカーの本部をモスクワに置く。ユーラシア経済連合加盟国(アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、ロシア)の中央銀行と最大手銀行で構成する貴金属価格決定委員会
2 貴金属価格は主要加盟国の自国通貨か、国際貿易で使われる新しい通貨単位で固定される
3 この新市場をベースに、ドル、ユーロ、ポンドを特に排除した自国通貨による二国間貿易のシステムをさらに進めていく。(貴金属価格決定委員会が各国通貨の金対応額を決めるのでしょうか)
4 ロシアは金の価格をルーブルで5000₊/gに固定し、1トロイオンスあたり2447.17ドルに計算される。これは、現在のLBMAの固定価格1737.84ドルと比べても、かなり有利な水準である

・・・・・まだよくわかりませんが、人民元が金にリンクされることは確実。やはり元が中心になるのではないでしょうか。おそらく価格水準は安定するでしょう。となると、円が将来的にさらに減価していくとすれば、余裕資金は人民元で保有し、円が必要な時だけ円貨に両替して使うという形になりそうです。

だいぶ前に外貨を持つなら人民元と書いたかと思いますが、人民元はこのところの円安で為替差益が生じています。

相場は難しいのであまり予測的な記事は書かないようにしていますが、この推奨は当たりました。

2022年07月14日
外貨預金は継続がよいかも を書きましたが、
7/14の時点でドルは一時138円を付けていました。9/8の今の時点で143.95円ですから1ドルにつき6円の差益となっています。これも結果的にはうまくいきました。
posted by ZUKUNASHI at 23:13| Comment(0) | 国際・政治

西側の金融市場操作を免れることのできる為替制度は途上国に大きな安心



ロシアがドル、ユーロを使わない国際決済システムの構築に邁進しています。

エジプトが5憶ドル相当を超える金額の人民元建て国債を発行予定です。

現在の西側の為替市場は、投機筋による投機の対象になっていますが、新しい国際決済システムは、それ専用の通貨単位が導入される可能性もありますし、金とのリンクは独立した委員会で決定されるようですから投機筋によって乱される余地はまずなくなります。

途上国は、おしなべて歓迎でしょう。
posted by ZUKUNASHI at 19:15| Comment(0) | 国際・政治

アルバニアが、イランとの外交関係断絶



posted by ZUKUNASHI at 19:10| Comment(0) | 国際・政治

モンゴル首相がプーチンと会談



・・・・

アジア諸国の首脳が次々にプーチンと会談。石油やガスを安く買えるとなって一気に動きが強まりました。


posted by ZUKUNASHI at 17:01| Comment(0) | 国際・政治

コロナ感染後 1年半経過し徒歩外出不能が継続

posted by ZUKUNASHI at 16:37| Comment(0) | Covid19

ロシアとの戦争のリスクは「深刻」-NATO加盟国ポーランド

Risk of war with Russia ‘serious’ – NATO country
Poland might find itself at war with Moscow in three to ten years, the deputy defense minister warned
Poland could end up in a military conflict with Russia within three to ten years, Deputy Defense Minister Marcin Ociepa told the Polish newspaper DGP in an interview published on Wednesday. Warsaw would need the time remaining before the supposed war to acquire as many arms as possible, he added.

“There is a serious risk of a war with Russia,” Ociepa said, adding that the timing of this potential war depends “on how the conflict in Ukraine ends.” According to the official, it would ultimately depend on “how many years Russia will need to rebuild its military potential.” He did not identify any additional factors that could either increase or decrease the risk of a conflict.

Ociepa raised the issue while describing the “geopolitical reality” that was supposedly forcing Poland to rapidly increase its own defense potential. “We have to use this time for the maximum rearmament of the Polish Army,” he told the newspaper, as he defended what the Polish media called a “record” defense budget, augmented by certain “undefined” additional expenses.

Poland’s draft state budget for the next year entails record outlays on the armed forces, amounting to 97 billion zloty ($20.52 billion), Poland’s PAP news agency reported. Some additional funds for modernizing the army would be raised through the extra-budgetary Armed Forces Support Fund managed by the Polish state bank BGK, it added.

According to the Polish government’s statements, the fund created this past spring accepts “donations” from anyone willing to “make a contribution” to Poland’s defense. According to Ociepa, the fund could amount to some 30-40 billion zloty ($6.36-$8.48 billion). The exact sum remains “undefined” as it would depend on “financial markets,” he added.

Warsaw has been pointing to the alleged threat from Russia for quite some time. Since the launch of Moscow’s military operation in Ukraine in late February, Poland, together with the Baltic States, have been asking the US and NATO for additional military support, citing this alleged threat.

Moscow, meanwhile, has been insisting that the bloc’s expansion towards its borders was one of the reasons for the offensive in Ukraine.

On Wednesday, NATO Secretary General Jens Stoltenberg defended the bloc’s military aid to Kiev by arguing that, if successful in Ukraine, Russia might risk “an attack on NATO allies.” Poland has been one of the staunchest supporters of Kiev since the start of the conflict and has also taken a hardline position on relations with Moscow. In particular, it stopped issuing visas to Russian citizens and was one of the EU members advocating for a bloc-wide visa ban for Russians.
ロシアとの戦争のリスクは「深刻」-NATO加盟国
ポーランドは3年から10年以内にモスクワと戦争になる可能性があると国防副大臣が警告
ポーランドは3年から10年以内にロシアと軍事衝突する可能性があると、マルチン・オシエパ国防副大臣がポーランド紙DGPのインタビューに答えた(水曜日掲載)。ワルシャワは、想定される戦争までに残された時間で、可能な限り多くの武器を手に入れる必要があると、彼は付け加えた。

「ロシアとの戦争には深刻なリスクがある」とオシエパ氏は述べ、この潜在的な戦争のタイミングは「ウクライナでの紛争がどのように終わるかに依存する」とも付け加えた。同高官によると、最終的には "ロシアが軍事力を再構築するのに何年かかるか "にかかっているとのことだ。彼は、紛争のリスクを高める、あるいは低下させる可能性のある追加的な要因は特定しなかった。

オシエパ氏は、ポーランドが自国の防衛力を急速に高めることを余儀なくされている「地政学的現実」を説明する中で、この問題を提起した。ポーランドメディアが「記録的な」国防予算と呼ぶ、ある種の「未定義の」追加経費によって増強された予算を擁護しながら、「我々はこの時期をポーランド軍の最大限の再軍備に使わなければならない」と彼は新聞社に語った。

ポーランドのPAP通信によると、ポーランドの来年度国家予算案は、970億ズロチ(205億2000万ドル)という過去最高の軍への支出を伴うものである。軍隊の近代化のための追加資金は、ポーランドの国営銀行BGKが管理する予算外の軍隊支援基金を通して調達されるだろうと、同機関は付け加えた。

ポーランド政府の発表によると、この春に設立されたこの基金は、ポーランドの防衛に「貢献したい」と思う人からの「寄付」を受け入れている。Ociepaによると、この基金は約300億〜400億ズロチ(63億6000万〜84億8000万ドル)にのぼる可能性があるという。正確な金額は「金融市場」に左右されるため、まだ「未定」であると付け加えた。

ワルシャワは、かなり以前からロシアの脅威を指摘してきた。2月下旬にモスクワがウクライナで軍事行動を開始して以来、ポーランドはバルト三国とともに、この脅威の疑いを理由に、米国とNATOに追加の軍事支援を要請してきた。

一方、モスクワは、NATOの国境への拡大がウクライナでの攻防の理由の一つであると主張してきた。

水曜日、NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、ウクライナで成功すれば、ロシアは「NATOの同盟国への攻撃」の危険を冒すかもしれないと主張し、キエフへの軍事援助を擁護した。ポーランドは紛争が始まって以来、キエフの最も強固な支持者の一人であり、モスクワとの関係でも強硬な立場をとってきた。特にロシア人へのビザ発給を停止し、ロシア人に対するEU全域でのビザ発給禁止を主張するEU加盟国の1つであった。





posted by ZUKUNASHI at 12:47| Comment(0) | 国際・政治

2022/9/7 商品、金融市場が動揺

2022/9/7、米国の市場時間になって、株式が大幅高、為替がドル安に反転、原油が大幅下落と市場が動きました。2022/9/8の日本市場でも株式が大幅高となっています。
Oil prices drop to lowest in seven months
Analysts cite the strengthening dollar and fears of a US recession as the main factors
Oil prices have plummeted on Wednesday, with the global benchmark Brent crude dropping below $90 per barrel, while US benchmark WTI is down to around $85 a barrel.

The cost of November futures for Brent crude oil have fallen by more than 4% to trade at $89.07 per barrel as of 13:35 GMT, according to data from London’s Intercontinental Exchange. Brent has slid below $90 per barrel for the first time since February 8.

October futures on WTI crude are down 2.7% to trade at $84.58 per barrel, the first time it has dipped below $85 per barrel since January 25.

Many analysts believe the drop in oil prices stems from a variety of factors, including the strengthening of the dollar and fears of a US recession, as well as lingering Covid-19 restrictions in China.

Overall, trading has been choppy on Wednesday, with prices initially rising after Russian President Vladimir Putin announced that the country would not supply energy to nations that impose price restrictions.

However, prices later headed down again.
posted by ZUKUNASHI at 10:45| Comment(0) | 国際・政治

マリでフランスがアルカエダを使っている?

posted by ZUKUNASHI at 10:32| Comment(0) | 国際・政治

都市近郊では高齢者介護は基幹産業



・・・・

管理人のウォーキング先には、老人介護施設がとても多いです。そしてそのような場所では若い人の姿を見ることも相対的に多い。これらの施設は、基本的に交通至便なところには立地していませんので、その地域に住む方にとっては重要な就業機会です。老人介護施設がなければ、もっと人の姿は少ないだろうと思うことがよくあります。
posted by ZUKUNASHI at 07:37| Comment(0) | 社会・経済

新コロナウィルス感染症に関してこれらの項目は議論の前提

posted by ZUKUNASHI at 07:28| Comment(0) | Covid19

森元会長に200万円

ts.js" charset="utf-8">
posted by ZUKUNASHI at 07:05| Comment(0) | 社会・経済