ずくなしの冷や水

2022年09月07日

Myanmarがロシアから石油を購入



ミャンマーは、MSMの情報以外に別ルートの情報が少なく、よくわかりません。ミャンマーの現政権は、中国やロシアと比較的近い。ミャンマーの政権幹部がプーチンを世界の指導者だと称賛しています。
posted by ZUKUNASHI at 23:51| Comment(0) | 国際・政治

またウクライナの車両爆破テロ

Military governor killed in blast in southeastern Ukraine
Berdyansk‘s local leader died in a hospital after sustaining severe injuries in a car blast
Artyom Bardin, the head of the Russian-controlled military-civilian administration in the southern Ukrainian city of Berdyansk, died on Tuesday after being severely injured in a car blast. His vehicle had been blown up earlier that day in an attack local authorities blamed on Ukrainian “infiltrators.”

The city of Berdyansk was seized by Russian forces early in the ongoing conflict between Moscow and Kiev and has remained under Russian control ever since. A powerful explosion hit Bardin’s car as it was parked near the local administration office. Three other civilian vehicles were damaged in the blast, Russian media outlets reported. Photos that surfaced on social media showed the official’s car burnt to ashes.

Who was behind the attack is still unclear. The local authorities had previously said that they were still searching for a Ukrainian sabotage and reconnaissance unit.

Bardin was reportedly the only person injured in the blast. The man was hospitalized in serious condition and his death was later confirmed by the local administration. “According to our information, he succumbed to his wounds,” Vladimir Rogov, a member of the Zaporozhye Region administration, told journalists.

Rogov also said that the local authorities considered the incident a terrorist attack perpetrated by the “terrorists of the Zelensky regime,” referring to Ukrainian President Vladimir Zelensky.

It is not the first such case in the Russian-controlled southern Ukrainian region. In late August, the deputy commander of local traffic police in Berdyansk, Alexander Kolesnikov, was killed in a similar incident.

Russia sent troops into Ukraine on February 24, citing Kiev’s failure to implement the Minsk agreements, designed to give the regions of Donetsk and Lugansk special status within the Ukrainian state. The protocols, brokered by Germany and France, were first signed in 2014. Former Ukrainian president Pyotr Poroshenko has since admitted that Kiev’s main goal was to use the ceasefire to buy time and “create powerful armed forces.”

In February 2022, the Kremlin recognized the Donbass republics as independent states and demanded Ukraine officially declare itself a neutral country that would never join any Western military bloc. Kiev insists the Russian offensive was completely unprovoked.

posted by ZUKUNASHI at 23:48| Comment(0) | ウクライナ

降伏を勧めるビラにQRコードがついた



前線に近いところでビラ原稿作成、印刷、発砲までやっています。ビラにQRコードがあるということは、詳しい降伏手順を書いた地図などの載ったサイトが別に作られているということです。直接の戦闘員だけでなくこのような後方支援があることはロシア軍の余裕の表れです。
posted by ZUKUNASHI at 20:29| Comment(0) | ウクライナ

水痘・帯状疱疹ウィルスの壊死性結節部位からスパイク蛋白が検出

posted by ZUKUNASHI at 18:09| Comment(0) | Covid19

家庭内感染は防ぐのが厳し



posted by ZUKUNASHI at 16:21| Comment(0) | Covid19

コロナ感染者は見えないままに拡大している?

知人から周りの人たちにコロナ感染者が増えていると聞いています。行政の統計では感染者減少ですが、額面通りに受け取れないです。

最近、ツイッターでマスクを外す、行動の自制もやめることに前向きな子育て中の女性の発言が増えているように感じます。

彼らは、何を根拠に他者も巻き込んでウィズコロナの方向に舵を切ろうとしているのかわかりませんが、その場合のリスクを理解しているのか疑問を感じます。

家族に後遺障害が出れば、大きな負担になります。それを担う覚悟はできているのか。

このような嫁が親族の中にいたら辛いです。とても同居はできない。いずれ破綻でしょう。

嫁に殺される、あるいは嫁のせいで家族が深刻な不幸に見舞われる。娘を嫁に出した方は、家庭の破綻で娘が舞い戻る可能性がある。

まあ、理解力のない娘や息子に育てたのは親の責任。うるさく言っても関係が悪くなるだけでしょう。

あきらめるしかないですかね。親は早めに終活を開始するのがよいのかも。

日本でも海外でも子供に後遺障害が出ています。

posted by ZUKUNASHI at 16:15| Comment(0) | Covid19

ゲラシモフは健在

posted by ZUKUNASHI at 13:50| Comment(0) | 国際・政治

ウクライナ人は母親、妻、娘を売春婦にする必要がある



posted by ZUKUNASHI at 13:40| Comment(0) | ウクライナ

グラ○ェンの解毒は酒とタバコ?

posted by ZUKUNASHI at 13:37| Comment(0) | Covid19

ロシアに対して全面戦争が宣言された - モスクワ

Total war declared against Russia – Moscow
The degree of animosity of Russia’s opponents is extraordinary, remarked Deputy FM Sergey Ryabkov
A total war has been declared against Russia, and it’s being waged in hybrid forms in all areas, Deputy Foreign Minister Sergey Ryabkov has said.

“The seriousness of the current period shouldn’t be underestimated,” Ryabkov warned in an interview with the magazine International Affairs on Tuesday.

“A total war has been declared against us. It’s being waged in hybrid forms, in all areas,” the diplomat said, apparently referring to the lavish military and financial aid provided to Ukraine by the US, EU and other countries amid its conflict with Russia, as well as the harsh sanctions imposed on Moscow by the West.

“The degree of animosity of our opponents – of our enemies – is enormous, extraordinary,” Ryabkov pointed out.

Moscow has warned on many occasions that foreign help to Kiev only escalates the fighting in Ukraine and puts Russia on a collision course with the US-led NATO bloc.

However, the deputy FM offered the reminder that “Russia has always, throughout its history, proved that it passes the most difficult trials with honor and emerges from them even stronger.” According to Ryabkov, “this will be case this time as well.”
ロシアの敵対者の反感の度合いは異常である、とセルゲイ・リャブコフ外務副大臣が発言した。
セルゲイ・リャブコフ外務副大臣は、ロシアに対して全面戦争が宣言され、あらゆる分野でハイブリッドな形で繰り広げられていると述べた。

「現在の深刻さは過小評価されるべきではない」と、リャブコフは火曜日に雑誌「インターナショナル・アフェアーズ」のインタビューで警告した。

「私たちに対して全面戦争が宣言されました。 それはあらゆる分野でハイブリッドな形で行われている」とこの外交官は述べ、ロシアとの紛争の中で、米国やEUなどからウクライナに提供された豊富な軍事・財政援助や、西側諸国がモスクワに課した厳しい制裁措置のことを指しているようである。

「我々の敵対者、つまり我々の敵の敵意の程度は非常に大きく、異常である」とリャブコフは指摘した。

モスクワはこれまで何度も、キエフへの外国からの支援はウクライナの戦闘をエスカレートさせ、ロシアを米国主導のNATO圏との衝突に追い込むだけだと警告してきた。

しかし、同副大臣は、「ロシアはその歴史を通じて、常に最も困難な試練を名誉を持って乗り越え、そこからさらに強くなることを証明してきた」と念を押した。リャブコフによると、「今回もそうだろう」という。

Huge global storm is starting, Moscow warns
“Absurd” decisions by the US and the EU are to blame, the Kremlin press secretary says

The world is about to experience major turbulence as a result of illogical moves by Western nations, Kremlin spokesman Dmitry Peskov has said.

“Most likely, a huge global storm is starting,” Peskov warned in an interview with Tass on Monday.

“In many ways, there are objective reasons for that, but there are also subjective reasons for this beginning storm, which are linked to absolutely illogical and often absurd decisions and actions of the authorities in the US, Europe, the EU and individual European countries,” he said.

The sanctions imposed by the US, the EU and some other nations on Russia over its military operation in Ukraine have backfired causing a spike in energy prices and record inflation across the West.

In this situation, Russia “still manages to maintain macroeconomic stability. Very intense, thoughtful and consistent work is being carried out in order to achieve that,” Peskov noted.

“As restrictions are being artificially introduced in the West, [Russia’s] trade and economic relations are understandably starting to focus more on the East,” he added.

However, the Kremlin press secretary, who was speaking at the launch of the Eastern Economic Forum in Vladivostok, insisted that “it was completely unfair to say that we have turned to the East just now… the Asia-Pacific region has always been a very important component for trade and economic relations, and energy dialogue, and other areas.”

世界的な大嵐が始まる、とモスクワは警告している。
「米国とEUの不合理な決定が原因であるとクレムリン報道官は述べています。

クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、西側諸国による非論理的な動きの結果として、世界は大きな乱流を経験しようとしていると述べています。

ペスコフ報道官は、タス通信とのインタビューで、「ほとんどの場合、世界的な大嵐が始まっている」と警告した。

「様々な意味で、客観的な理由があるが、この嵐の始まりには主観的な理由もあり、それはアメリカ、ヨーロッパ、EU、個々のヨーロッパ諸国の当局の絶対に非論理的でしばしば不合理な決定や行動と関連している」と述べた。

ウクライナでの軍事行動をめぐって米国、EU、その他一部の国がロシアに課した制裁措置は裏目に出て、西側諸国全体でエネルギー価格の高騰と記録的なインフレを引き起こしている。

このような状況下でも、ロシアは「マクロ経済の安定を維持することができる。そのために、非常に熱心で、思慮深く、一貫した作業が行われている」とペスコフ氏は指摘した。

「西側で人為的に規制が導入されているため、(ロシアの)貿易・経済関係は当然、東側に集中し始めている」と付け加えた。

しかし、ウラジオストクで開催された東方経済フォーラムの立ち上げに出席したクレムリン報道官は、「今になって東方に目を向けたというのは全く不当だ。"アジア太平洋地域は、貿易・経済関係やエネルギー対話などにおいて常に非常に重要な構成要素であった"」と主張している。

・・・・
ペスコフは、大変節制の効いたスポークスマンです。余計なことはしゃべらない。はったりも言わない。常に最新情報が入っているように見えます。彼はトルコの専門家だと記憶します。大男でプーチンよりもかなり背が高い。
the Asia and Africa Institute of Moscow State University with a degree in Oriental History and Translation.
posted by ZUKUNASHI at 11:57| Comment(0) | 国際・政治

米国は中国に台湾への攻撃を「非常に困難」にするだろう

US will make attack on Taiwan ‘really hard’ for China − air force general
Attacking Taiwan would be “one of the most difficult military operations in history” for Beijing, General Clinton Hinote warned
The Pentagon is prepared to target China’s core logistical support should it show aggression toward Taiwan, US General and Deputy Chief of Staff for Air Force Futures Clinton Hinote warned during an Atlantic Council panel on the future of air warfare on Tuesday.

“We’re going to make it really really hard to do offensive maneuvers against our friends and I would hope that our potential adversary China might think about that if they are contemplating the difficulty of getting across a 90 mile strait and going against Taiwan,” Hinote explained. “I would hope they would realize we’re not just going to let their logistics flow.”

We’re going to do everything we can to stop it and make that one of the most difficult military operations in history, and I think we have a chance to do that.

The general had returned to the subject of a potential war with China after he was asked about the “one lesson” he hoped the US military might take from the war in Ukraine, which was the focus of the event held by the think tank’s Scowcroft Center for Strategy and Security.

“We’d better understand logistics in this [Ukraine] conflict … achieving logistical support for a war of this intensity is hard,” he responded before pivoting back to Asia. “I don’t see it being any less intense in the Pacific.”

He also floated the threat of a Taiwan invasion to illustrate how the US’ strategic approach needed to focus on maintaining the current balance of power rather than overthrowing or upsetting its centers.

“We want to see the status quo continue! We don’t want to see China come over the Taiwan Strait and invade Taiwan, or to send missiles toward Japan, or to see Russia attack into [sic] a NATO ally,” he argued, insisting, “Our military capabilities ought to reflect that.”

Hinote has long called for the Pentagon to pay attention to the threat posed by Chinese military ascendency, insisting Beijing is rapidly catching up to Washington. During a congressional hearing last year, he told Congress that the US was losing to China in war-game simulations on a regular basis, urging legislators not to view Beijing’s superiority as a “future problem” so much as a “current problem.”

米国は台湾への攻撃を中国にとって「非常に困難」にするだろう−空軍大将
台湾を攻撃することは北京にとって「歴史上最も困難な軍事作戦の1つ」になるだろう、とクリントン・ヒノテ将軍は警告した
国防総省は、中国が台湾に対する攻撃を示した場合、中国の核となる兵站支援を標的にする準備ができている、とクリントン・ヒノテ米陸軍大将兼空軍未来担当副参謀総長は、火曜日の航空戦の将来に関するアトランティック・カウンシルのパネルで警告した。

「我々は友人に対して攻撃的な作戦を実行することを本当に困難にするつもりであり、90マイルの海峡を越えて台湾に向かうことの難しさを熟考しているならば、我々の潜在的な敵である中国がそれについて考えてくれることを願っています。」ヒノテは説明した。 「私たちが彼らのロジスティクスの流れに任せるだけではないことを彼らが理解してくれることを願っています。」

私たちはそれを阻止し、史上最も困難な軍事作戦の1つにするためにできる限りのことをするつもりです.私たちはそれを行うチャンスがあると思います.

将軍は、シンクタンクのスカウクロフト戦略・安全保障センターが開催したイベントの焦点であったウクライナ戦争から米軍が得ることを望む「一つの教訓」について尋ねられた後、中国との戦争の可能性に話を戻したのである。

「この[ウクライナ]の紛争における兵站をよく理解する必要があります...この激しさの戦争に対する兵站支援を達成することは困難です」と彼はアジアに戻る前に答えた。 「太平洋でそれがそれほど激しくなるとは思いません。」

彼はまた、米国の戦略的アプローチが、その中心を打倒したり混乱させたりするのではなく、現在の力のバランスを維持することに集中する必要があることを説明するために、台湾の侵略の脅威を浮き彫りにしました。

「私たちは現状維持を望んでいます!中国が台湾海峡を越えて台湾を侵略したり、ミサイルを日本に向けて送り込んだり、ロシアが NATO の同盟国を攻撃したりするのを見たくはありません」と、「我々の軍事力はそれを反映すべきものである」と主張して述べた。"

ヒノテは、中国の軍事的優位性がもたらす脅威に国防総省が注意を払うよう、長い間求めてきた。昨年の議会公聴会で、彼は議会で、戦争ゲームのシミュレーションで米国が定期的に中国に負けていると議会に語り、北京の優位性を「現在の問題」ではなく「将来の問題」と見なさないよう議員に促した。
posted by ZUKUNASHI at 11:17| Comment(0) | 国際・政治

世界の食料危機の悪化を招いているのは西側諸国

Moscow accuses West of breaking ‘grain deal’ pledge
Unimpeded access for Russian food products to the world market has not been provided, Foreign Minister Sergey Lavrov said
Western countries have not fulfilled their promise to lift sanctions on Russian grain and fertilizers to allow them to reach world markets, the country’s foreign minister, Sergey Lavrov, said on Tuesday.

The commitment was part of a deal brokered by the UN and Turkey and signed in Istanbul in July to unblock Ukraine’s grain exports and ease a looming global food crisis.

Lavrov stressed that “artificially inflated” Western claims that Russian actions in Ukraine had undermined the stability of the global food market are “absolutely not the case.”

“On the contrary, our Western colleagues are not doing what we were promised by the UN secretary general, namely, they are not making a decision to remove logistical sanctions that prevent free access of Russian grain and fertilizers to world markets,” the minister pointed out at a joint press conference with his Thai counterpart, Don Pramudwinai.

Lavrov added that Russia continues to work with UN Secretary-General Antonio Guterres and his team to ensure the organization fulfills its obligations under the Istanbul agreements.

Wheat deliveries from Ukraine, a major producer, were disrupted after Russia launched its military operation in the neighboring state in late February. The two sides traded accusations over who was responsible for the stoppage of cargo traffic out of Ukrainian ports. Since August 1, however, when shipments from the ports resumed, 92 vessels have departed, bringing more than 2 million tons of food goods to global markets.
モスクワ、西側諸国の「穀物取引」公約違反を非難
ロシアの食料品の世界市場への無制限のアクセスは提供されていない、とセルゲイ・ラブロフ外務大臣が述べた。
西側諸国は、ロシアの穀物や肥料が世界市場に届くように制裁を解除するという約束を履行していないと、同国のセルゲイ・ラブロフ外相が火曜日に述べた。

この約束は、国連とトルコが仲介し、7月にイスタンブールで署名された、ウクライナの穀物輸出をブロック解除し、迫り来る世界的な食糧危機を緩和するための取引の一部であった。

ラブロフは、ウクライナでのロシアの行動が世界の食糧市場の安定を損ねたという西側の主張が「人為的に誇張されたもの」であり、「全くそうではない」と強調した。

「それどころか、西側諸国は国連事務総長が約束したことを行っていない。すなわち、ロシアの穀物と肥料の世界市場への自由なアクセスを妨げる物流制裁を取り除く決定を下していない」と、タイのドン・プラムドウィナイ大臣との共同記者会見で指摘した。

ラブロフは、ロシアは国連がイスタンブール協定の義務を果たすよう、アントニオ・グテレス国連事務総長とそのチームと協力し続けると付け加えた。

ロシアが2月下旬に隣国ウクライナで軍事作戦を開始した後、主要生産国であるウクライナからの小麦の配達が中断された。ウクライナの港からの貨物輸送を停止させたのは誰かということで、両者は非難をし合った。しかし、8月1日の出荷再開以降、92隻が出港し、200万トン以上の食料を世界市場に送り出している。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 09:45| Comment(0) | 国際・政治

ドル円142円をつける 143円台半ばへ



2022/9/6 夜になってドル円が142円を付けています。欧州ではユーロポンドがポンド高。

日本の国債について海外の投機筋が大量に売り込んで防戦買いの日銀と大勝負になっているとの観察があります。日本国債の低金利は人為的な操作で無理をしていますからいつかは是正されます。是正、つまり金利引き上げ、国債価格下落を実現できれば、投機筋は国債を安く買い戻して大儲けとなります。まあ、今回はそんなに急がなくても売りポジションを持っていればいずれ利益が出ると踏んでいるでしょう。

問題は国債下落の時期。国債下落はすなわち金利上昇ですから為替に影響します。ドル円は、ある時の金融当局の決定で大きく円高に振れる恐れがあります。

2022/9/7朝、ドル円は143円台半ばまで伸びました。
posted by ZUKUNASHI at 08:37| Comment(0) | 社会・経済

米軍はシリアで石油を盗み続けている








米軍の車列がシリアのラッカから盗んだ石油を密輸している新たな映像が公開された。

米軍は一貫して、同国の石油を略奪し、イラクの基地に密輸している。

ワシントンはシリアの1日あたりの石油生産量の80%以上を盗んでいる






posted by ZUKUNASHI at 00:20| Comment(0) | 国際・政治

『新型コロナと共生する』という消極的な姿勢



posted by ZUKUNASHI at 00:13| Comment(0) | Covid19