ずくなしの冷や水

2022年09月04日

EUは反ロシア制裁のツケを払わなければならない - 伊元副首相

EU has to foot the bill for anti-Russia sanctions – ex deputy PM
Anti-Moscow sanctions are justified, but ordinary people should be protected, according to the Lega Nord leader

The European Union should compensate its citizens for the ‘energy pandemic’ resulting from anti-Russia sanctions over the Ukraine conflict, Italy’s former deputy prime minister Matteo Salvini said on Sunday.

Speaking to RTL radio, Salvini, a member of the Senate who leads the right-wing Lega Nord party, drew a parallel with financial stimulus packages during Covid lockdowns.

“Let Europe, as it happened during the pandemic, put up a shield, to protect families and businesses, and cover the extra bills families have to pay,” he said, adding that Brussels will need to adopt such measures to stave off mass unemployment.

Salvini also signalled his support for anti-Russia sanctions, despite their apparent inefficiency. He noted that his party has endorsed all kinds of support for Ukraine and condemned Russia’s military offensive. However, he pointed out that Moscow is raking in the profits from high oil and gas prices, while Europe is reeling from the energy crunch.

“It would be the only case in which the sanctioned person makes money and the one who sanctions suffers”, he noted, adding that Brussels recognizes that economic warfare is a double-edged sword.

According to the Italian politician, the EU cannot simply lift the sanctions, as that would imply giving in to Russia.

Last week, however, Salvini urged the EU to review its anti-Russia sanctions policy, saying it could be hurting member states more than Moscow. “If they are working, fine, but if they hit the sanctioning countries more than Russia… they will stoke the war rather than promote peace,” he claimed.

Italy is set for a general election on September 25 following the collapse of Mario Draghi's government in July. According to a study released last month by the Cattaneo Institute think tank, Italy’s right-wing bloc, of which Salvini’s Lega Nord is a part, is on track to win a broad majority in both houses of parliament.
反モスクワ制裁は正当だが、一般市民は保護されるべきとレガノルド党首が発言

イタリアのマッテオ・サルヴィーニ元副首相は日曜日、ウクライナ紛争をめぐる反ロシア制裁によって生じた「エネルギーのパンデミック」に対して、欧州連合(EU)は国民に補償を行うべきだと述べた。

右派政党レガ・ノルドを率いるサルヴィーニ上院議員は、RTLラジオとのインタビューで、コビド閉鎖時の金融刺激策と並行して、次のように述べた。

「パンデミック時に起こったように、欧州は家族や企業を守るための盾を設置し、家族が支払わなければならない追加料金をカバーしよう」と述べ、ブリュッセルは大量失業を食い止めるためにそのような措置を取る必要があるだろうと付け加えた。

サルヴィーニ氏はまた、明らかに非効率であるにもかかわらず、反ロシア制裁への支持を表明した。同氏は、同党がウクライナへのあらゆる支援を支持し、ロシアの軍事攻勢を非難していることに言及した。しかし、モスクワが石油・ガス価格の高騰で利益を得ている一方で、欧州はエネルギー不足に陥っていると指摘した。

「制裁される側が儲かり、制裁する側が苦しむ唯一のケースだろう」と指摘し、ブリュッセルは経済戦争が諸刃の剣であることを認識していると付け加えた。

イタリアの政治家によると、EUは単に制裁を解除することはできず、それはロシアに屈することを意味する。

しかし先週、サルヴィーニ氏はEUに反ロシア制裁政策を見直すよう促し、モスクワよりも加盟国を傷つけている可能性があると述べた。「制裁が機能しているのならいいが、ロシアよりも制裁国に打撃を与えているのなら...平和を促進するどころか、戦争をあおることになるだろう」と主張した。

イタリアでは7月にマリオ・ドラギ政権が崩壊し、9月25日に総選挙が行われる予定となっている。シンクタンクのカッタネオ研究所が先月発表した調査によると、サルヴィーニ氏のレガ・ノルドが属するイタリアの右派ブロックは、議会の両院で幅広い過半数を獲得する勢いだという。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 21:38| Comment(0) | ウクライナ

オーストラリア 遺伝子組み換えワクチンをケムトレイルを使って放出

posted by ZUKUNASHI at 21:21| Comment(0) | Covid19

米国が昆虫散布用のUAVを開発

posted by ZUKUNASHI at 20:22| Comment(0) | 国際・政治

ヨーロッパは滅亡する 2








Germany admits it ‘can’t give much more’ to Ukraine
Berlin will continue supporting Kiev but its weapons stocks are now too limited, the German defense minister said
Berlin stands ready to support Ukraine in the future but in terms of weapons supplies it can’t “give away much more,” German Defense Minister Christine Lambrecht said on Tuesday.

During a visit to Mullheim, she told reporters that Ukraine could be assured of Germany’s intentions “to continue to support them in the future.” Stressing that Germany had already provided Kiev with some state-of-the-art heavy weapons, such as Panzerhaubitze 2000, Lambrecht also said that she had a very trusting and constructive relationship with her Ukrainian counterpart, Alexey Reznikov.

“We can’t give away much more from the Bundeswehr, I'll say that very clearly, and my colleague is aware of that,” the German minister said.

Earlier this month, Lambrecht made it clear that Berlin would keep supporting Ukraine “with everything possible” but not at the expense of its own defense capabilities.

Germany has been providing Ukraine with assorted weaponry since the beginning of the Russian military offensive against the neighboring country in late February.




posted by ZUKUNASHI at 20:11| Comment(0) | ウクライナ

BA.2.75 来月や再来月に次の波が来ても不思議ではない

posted by ZUKUNASHI at 20:06| Comment(0) | Covid19

福島1号機震度5強(440ガル)で倒壊の可能性?


posted by ZUKUNASHI at 20:02| Comment(0) | 福島原発事故

ウクライナにとって「交渉は後よりも今が良い」と米退役将官は言う

‘Better to negotiate now than later’ for Ukraine, retired US general says
Logistical shortfalls could force Kiev and NATO to change strategy, Mark T. Kimmitt warns in an op-ed for the WSJ

Sustaining the conflict in Ukraine is becoming increasingly difficult for NATO, so Kiev must think about negotiating with Moscow, retired US Army brigadier general Mark T. Kimmitt has said in an opinion piece for the Wall Street Journal.

Washington’s latest military aid package to Kiev last month included “older and less advanced” systems, which “may indicate that battlefield consumption rates have outpaced production to a point where excess inventories provided to Ukraine are nearly exhausted,” Kimmitt pointed out in his article on Thursday.

Dealing with “dwindling stocks of leading-edge weapon systems” in NATO countries would likely mean a prolonged conflict between Ukraine and Russia. Such a scenario could result in “more pressure from supporting nations, sustained inflation, less heating gas, and falling popular support” in the West, he wrote.

Kimmitt, who served as assistant secretary of state for political-military affairs in 2008-09, suggested four ways to speed up the resolution of the conflict, which has now been underway for six months.

The first option is to “dig deeper” into NATO stockpiles and send arms to Kiev that have so far been withheld by members due to their own national defense requirements, the retired general suggested. That’s something EU countries may be willing to do as it’s “better to use these weapons in Kherson than Krakow,” he added.

The US and its European allies could also try ramping up production of the systems that are required by the Zelensky government, Kimmitt said, acknowledging that such a move would unlikely have an immediate effect on the situation on the ground.

The third option is “to step up the conflict” by providing Ukraine with longer-range systems, such as ATACM missiles, F-16 jets, and Patriots, and “broaden the rules of engagement to attack targets in Crimea and possibly Russia,” he wrote. However, the retired general warned that such escalation would definitely face a “response from Moscow” and create the risk of conflict spilling into Europe.

The final available solution, according to Kimmitt, is for Ukraine to “push for an interim diplomatic resolution without (or with) territorial concessions.”

“There is little incentive to negotiate” at the moment, but Ukrainian President Vladimir Zelensky “must recognize that diminishing resupplies would have a disastrous effect on his army, not merely for battlefield operations but for the message of declining outside support it would send to the people of Ukraine,” he insisted.

“Beginning the diplomatic resolution would be distasteful, and perhaps seen as defeatist, but as there is little chance of climbing out of the current morass, it may be better to negotiate now than later,” the retired general said.

The two sides haven’t sat down at the negotiating table since talks in Istanbul in late March. Moscow, which had initially been optimistic about the prospects for the peace process, later accused Kiev of backtracking on all the progress that had been achieved in Turkey and said it had lost all trust in the Ukrainian negotiators. Russian officials warned that Moscow’s demands would be more extensive if talks were to resume.

キエフとNATOは、兵站の不足から戦略を変更せざるを得なくなる可能性がある、とマーク・T・キミット氏は、WSJの論説で警告している。

ウクライナでの紛争を維持することはNATOにとってますます難しくなっており、キエフはモスクワとの交渉を考えなければならないと、退役米陸軍准将のマーク・T.Kimmitt氏は、Wall Street Journalに寄稿し、次のように述べた。

先月、ワシントンがキエフに行った最新の軍事支援パッケージには、「より古く、より高度でない」システムが含まれており、「戦場での消費率が生産を上回り、ウクライナに提供された過剰在庫がほぼ枯渇していることを示しているかもしれない」と、キミット氏は木曜日の記事で指摘している。

NATO諸国の「最先端兵器システムの在庫減少」に対処することは、ウクライナとロシアの紛争が長期化することを意味する可能性が高い。このようなシナリオは、西側諸国における「支援国からの圧力の増大、持続的なインフレ、暖房用ガスの減少、民衆の支持の低下」をもたらす可能性があると、同氏は書いている。

2008年から2009年にかけて国務次官補(政治・軍事担当)を務めたキミット氏は、現在6カ月が経過した紛争の解決を早めるための4つの方法を提案した。

最初の選択肢は、NATOの備蓄を「より深く掘り下げる」ことであり、加盟国が自国の防衛上の必要性からこれまで差し控えてきた武器をキエフに送ることだと、同元帥は提案した。クラクフよりもケルソンで武器を使用する方が良い」ため、EU諸国はこれを喜んで行うかもしれない、と彼は付け加えた。

米国とヨーロッパの同盟国は、ゼレンスキー政権が必要とするシステムの生産を拡大することも可能だ、とキミット氏は述べた。

第3の選択肢は、ATACMミサイル、F-16ジェット機、パトリオットなど、より長距離のシステムをウクライナに提供し、「交戦規則を拡大し、クリミアや場合によってはロシアの標的を攻撃する」ことで「紛争を激化させる」ことだと、同氏は書いている。しかし、このようなエスカレーションは間違いなく「モスクワからの反撃」に直面し、紛争がヨーロッパに波及する危険性があると、退役将官は警告している。

キミット氏によれば、最終的に可能な解決策は、ウクライナが「領土の譲歩を伴わない(あるいは伴う)暫定的な外交的解決策を押し進めること」だという。

現時点では「交渉するインセンティブはほとんどない」が、ウラジミール・ゼレンスキー大統領は「補給の減少が、単に戦場での活動だけでなく、外部からの支援の減少というメッセージをウクライナの人々に送ることになり、彼の軍隊に悲惨な影響を与えることを認識しなければならない」と主張した。

「外交的解決に乗り出すのは不愉快だし、敗北主義者と見られるかもしれない。しかし、現在の泥沼から抜け出す可能性がほとんどない以上、交渉は後回しにするより今やった方がいいかもしれない」と退役将官は述べた。

両者は3月下旬のイスタンブールでの会談以来、交渉のテーブルに着いていない。当初は和平プロセスの見通しについて楽観視していたモスクワは、その後、キエフがトルコで達成したすべての進展を後退させたと非難し、ウクライナの交渉担当者に対する信頼をすべて失ったと述べた。ロシア政府関係者は、協議が再開された場合、モスクワの要求はより広範囲に及ぶだろうと警告した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

German leader’s party calls for Ukraine ‘peace initiative’
Chancellor Scholz’s SPD says “more intelligent solutions” to Ukraine crisis are needed
German Chancellor Olaf Scholz’s government has pledged to support the government in Kiev with money and weapons no matter what, but some members of his own party are now calling for a peace initiative as well, Der Spiegel reported on Friday. According to the outlet, several SPD parliamentarians at a meeting in Dresden said their party needed to encourage peace and diplomacy.

“We need a peace initiative from the SPD,” Bernd Westphal, who is the party spokesman on matters of economic policy, reportedly said at the meeting, calling for “more intelligent solutions” than war, which destroys lives and infrastructure and makes everyone poorer.

“The SPD is the peace party and must provide an impetus for it,” Westphal argued, according to people present at the meeting who spoke to Der Spiegel. Similar statements came from fellow Bundestag members Nina Scheer and Ralf Stegner. According to Stegner, Germany should be active in politics and diplomacy, and not be reduced simply to the role of a weapons supplier.

French President Emmanuel Macron also defended diplomacy in a speech on Thursday, telling his diplomats that no one wants “Turkey to be the only world power that is talking to Russia.” He has faced vocal criticism from Kiev and eastern EU members for making phone calls to the Kremlin since the conflict in Ukraine escalated in February.

While no one at the SPD meeting in Dresden objected to the calls for peace, MP Michael Roth – who chairs the foreign affairs committee – later denounced his colleagues’ statements to Der Spiegel.

“It's not as if there hasn’t been a variety of diplomatic efforts,” Roth said, claiming that Russian President Vladimir Putin’s “psychological warfare is aimed precisely at our fears. He wants to divide our societies and delegitimize our support for Ukraine.”

The Russian president doesn’t want peace, Roth insisted, so SPD members advocating for it are “falling into his trap again.”

Earlier this week, German Foreign Minister Annalena Baerbock – member of the Greens, a junior partner in Scholz’s “traffic light” coalition – told a conference in Prague she intends to support Ukraine “no matter what my German voters think,” even if they take to the streets this winter because they can’t afford the skyrocketing energy bills.
独指導者の政党がウクライナ「平和イニシアチブ」呼びかけ
ショルツ首相率いるSPD、ウクライナ危機には「より知的な解決策」が必要だと指摘
ドイツのオラフ・ショルツ首相の政府は、何があってもキエフの政府を資金と武器で支援すると約束しているが、自民党の一部の議員も和平イニシアチブを呼びかけていると、デア・シュピーゲルが金曜日に報じた。同誌によると、ドレスデンでの会合でSPDの議員数名が、党として平和と外交を奨励する必要があると述べたという。

「SPDの平和イニシアチブが必要だ」と、経済政策に関する党のスポークスマンであるベルント・ヴェストファー氏が会議で発言し、人命やインフラを破壊し、すべての人を貧しくする戦争よりも「より知的な解決策」を求めたと報じられている。

「SPDは平和の党であり、その推進力を提供しなければならない」とヴェストファーレン氏は主張したと、会議に出席していた人々がデア・シュピーゲル紙に語ったという。同じような発言は、連邦議会議員のニーナ・シェールやラルフ・シュテグナーからもあった。シュテグナー氏によれば、ドイツは政治や外交に積極的に参加すべきであり、単に兵器供給国としての役割に矮小化されるべきではないとのことだ。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領も木曜日の演説で外交を擁護し、外交官たちに "トルコがロシアと対話する唯一の世界大国になる "ことは誰も望んでいない、と語った。彼は、2月にウクライナの紛争がエスカレートして以来、クレムリンに電話をかけたことで、キエフと東部EU加盟国からの声高な批判に直面してきた。

ドレスデンで開かれたSPDの会合では、平和を求める声に異議を唱える者はいなかったが、外交委員会の委員長を務めるミヒャエル・ロート議員は、後にシュピーゲル誌に同僚の発言を糾弾している。

ロート議員は、ロシアのプーチン大統領の「心理戦は、まさに我々の恐怖心を狙ったものだ」と主張し、「これまで様々な外交努力がなされてこなかったとは言えない。彼は我々の社会を分裂させ、ウクライナへの支援を委縮させたいのだ"。

ロシア大統領は平和を望んでいないので、平和を擁護するSPDのメンバーは "また彼の罠にはまる "とロートは主張した。

今週初め、ドイツの外務大臣アンナレナ・バーボック(ショルツの「交通信号」連合の下位パートナーである緑の党のメンバー)はプラハでの会議で、「私のドイツの有権者がどう考えようと」、たとえこの冬、高騰するエネルギー料金を払えないために街頭に立つとしてもウクライナを支持するつもりである、と語った。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 19:23| Comment(0) | ウクライナ

言葉の発達が遅れてる子供たちが増えている


s" charset="utf-8">
posted by ZUKUNASHI at 17:03| Comment(0) | Covid19

ワクチンを接種後 下半身不随 排せつのコントロールができなくなった

posted by ZUKUNASHI at 14:35| Comment(0) | Covid19

バイオラボ疑惑をコソボの臓器売買疑惑と同じように絨毯の下に押し込める

West will brush Ukraine biolab allegations under the carpet just like those of Kosovo organ trafficking
Western narrative control kicks into overdrive to shift blame, whitewash culprits, or make sure inconvenient lines of questioning are never pursued
In crisis after crisis, Western narrative control kicks into overdrive to shift blame, whitewash culprits, or make sure inconvenient lines of questioning are never pursued

Soon after US House Speaker Nancy Pelosi’s recent descent on Taiwan, the Russian Foreign Ministry’s spokeswoman, Maria Zakharova, called out Nicholas Burns, America’s ambassador to China, for “keeping an embarrassed silence” regarding the “insolent stunt.”

The silence was quite a change from how vocal Burns had been a mere month prior at the World Peace Forum in Beijing, where he demanded that China stop relaying “Russian propaganda” by “accusing NATO of starting” the conflict in Ukraine. He used the opportunity to accuse the Chinese Foreign Ministry’s spokesperson of “telling lies about American bioweapons labs, which do not exist in Ukraine.”

But that was then and this is now in the West’s ‘rules-based order’, where each occasion requires a new set of rules. Thus, it goes without saying that, for the time being, Burns will also keep an ‘embarrassed silence’ about another potentially tectonic event – the latest, even more damning statement regarding alleged US-run biolabs in Ukraine made by the Russian Defense Ministry on August 4. Lieutenant-General Igor Kirillov, the head of the Nuclear, Biological and Chemical Protection Troops of the Russian Armed Forces, said Moscow was assessing the possibility of US involvement in the Covid-19 pandemic, as well as investigating US-funded research of various other pathogens.

The reason for Burns’ silence is not difficult to guess – the serious allegations made in Kirillov’s presentation, if properly investigated and proven true, could serve as an indictment of what could be America’s use of Ukraine as a vast pathogen testing ground. And since the Western media mostly chose to ignore it, the ambassador was certainly not going to make a statement they would have to quote, drawing attention to the issue. And now that Twitter has suspended the Russian Foreign Ministry’s account for daring to quote key parts of Kirillov’s media presentation about the possible origins of Covid-19, Burns and company don’t have to say anything at all. If it’s memory-holed by the social media, then it’s as if it never happened.

That’s the modus operandi of the Western elites – it’s not the truth that matters, but successfully managing the narrative so that it doesn’t leave room for doubt in people’s minds. In other words, they think they can do whatever they want.

Perhaps we should remind ourselves of the post-Cold War Western formula announced during the heady days of the early 2000s, an era marked by another famous American political quote, Karl Rove’s “we’re an empire now and, when we act, we create our own reality.” As Tony Blair’s policy adviser, Robert Cooper, nonchalantly put it on the pages of The Guardian in April 2002: “The challenge to the postmodern world is to get used to the idea of double standards. Among ourselves, we operate on the basis of laws and open cooperative security. But when dealing with more old-fashioned kinds of states outside the postmodern continent of Europe, we need to revert to the rougher methods of an earlier era – force, pre-emptive attack, deception, whatever is necessary to deal with those who still live in the 19th century world of every state for itself. Among ourselves, we keep the law but when we are operating in the jungle, we must also use the laws of the jungle.”

Two decades later, despite the rise of both China and Russia and the world’s inexorable evolution to multipolarity, imperial habits die hard – usually until they hit a wall of reality, as is currently happening in Ukraine and is bound to happen in Taiwan. But back to Burns for a moment. He’s far from new in enforcing double standards in the ‘jungle’. Before his present work on poking the Dragon regarding Taiwan, and the Bear regarding just about everything, he distinguished himself as a partisan and apologist of NATO’s illegal aggression against Serbia back in the 1990s, which resulted in Kosovo’s unilateral secession.

Meanwhile, in 2009, when he was the US under-secretary of state for political affairs, Burns explained to the media that the recognition of Pristina’s independence was in fact an expression of the US’ “interest in good relations with Serbia.” Will he, in due time, express himself similarly vis-à-vis China and Taiwan? Outside the West, it’s all still a jungle to Burns and his ilk, and the ‘natives’ are to be dealt with accordingly. So, in Burns-talk, Pelosi’s Taiwan sojourn and pledge of continuing US support for the island is actually a sign of America’s interest in good relations with China.

Another notable Anglo-American figure visible across the Kosovo-China-Ukraine crisis landscape is the Englishman Geoffrey Nice, who gained international notoriety as a prosecutor of the International Criminal Tribunal for the former Yugoslavia (ICTY), whose sole purpose was to shift the blame for the Western-inspired bloody breakup of that multinational country solely onto the Serbs. In addition to his selective prosecution of former Serbian President Slobodan Milosevic for ‘crimes against humanity’, Nice’s ICTY legacy also includes accusations of destroying evidence related to human organ trafficking in Kosovo.

Nice subsequently offered his legal services to former Kosovo President Hashim Thaci, one of the main figures in not just the trafficking but the alleged “forcible extraction” of human organs of still-living, mostly Serb prisoners, as outlined in a stunning Council of Europe 2011 report, ‘Inhuman treatment of people and illicit trafficking in human organs in Kosovo’. The report also cites anti-drug agencies of “at least five countries” as saying Thaci “exerted violent control over the trade in heroin and other narcotics.” Nice’s subsequent attempt to discredit the report was, however, brilliantly dissected and exposed by American journalist Diana Johnstone as the latest attempt by a representative of “self-righteous Western democracies” to reserve the privileges of a “culture of impunity” exclusively for themselves and their clients. Of course, the clients in the ‘jungle’ still have to pay for the imperial ‘double standards’ umbrella, so in the end, Nice reportedly accused Thaci of owing him “almost a half a million euros” for his work for the Kosovo government.

Zakharova just recently more fully described the house of horrors over which Thaci allegedly presided: “Kosovo is the territory of ‘black’ transplantation. People were dissected alive, taking out internal organs for sale to those people in the West… In the West they stood in line for organ transplant operations. And they began to receive these organs when Kosovo turned into a terrible black hole in which people disappeared, who were not just killed, but killed to sell their internal organs.”

To paraphrase Franklin D. Roosevelt’s immortal words justifying US support for Nicaraguan dictator Anastasio Somoza, they may be sons of b****es, but they’re the West’s sons of b****es.


欧米はウクライナのバイオラボ疑惑をコソボの臓器売買疑惑と同じように絨毯の下に押し込めるだろう。
西側は、責任を転嫁し、犯人を白日の下にさらし、不都合な質問は決して追求されないようにするために、過剰なまでの物語統制を行う。
危機に次ぐ危機の中で、西側の物語コントロールは、責任を転嫁し、犯人を白紙に戻し、都合の悪い質問は決して追求されないようにするため、過剰に機能するようになる。

ナンシー・ペロシ米下院議長の台湾訪問の直後、ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、ニコラス・バーンズ駐中国大使が「不埒な行為」に関して「恥ずかしい沈黙を守っている」と罵倒した。

この沈黙は、わずか1カ月前に北京で開かれた世界平和フォーラムで、バーンズがウクライナ紛争を「NATOが始めたと非難する」ことで「ロシアのプロパガンダ」を中継するのを止めるよう中国に要求したときとはかなり異なっていた。彼はこの機会に、中国外務省の報道官が「ウクライナに存在しないアメリカの生物兵器研究所について嘘を言っている」と非難した。

しかし、それは当時のことであり、今は西側の「ルールベースの秩序」において、その都度新しいルールが必要とされる時代である。したがって、当分の間、バーンズは、もう一つの地殻変動の可能性のある出来事、すなわち、8月4日にロシア国防省が発表した、ウクライナに米国が運営するバイオラボの疑いに関する最新の、さらに有害な声明についても「恥ずかしい沈黙」を守るであろうことは言うまでもない。ロシア軍の核・生物・化学防護部隊のトップであるイーゴリ・キリロフ中将は、モスクワはコビッド19のパンデミックへのアメリカの関与の可能性を評価しており、アメリカが資金提供している他の様々な病原体の研究についても調査していると述べた。

バーンズの沈黙の理由は推測に難くない。キリロフの発表にある重大な疑惑は、もし適切に調査されて真実であると証明されれば、アメリカがウクライナを広大な病原体の実験場として利用している可能性を告発するものとなり得るからである。そして、西側メディアはほとんど無視することを選んだので、大使は彼らが引用しなければならないような声明を出し、この問題に注目を集めるつもりはなかったことは確かである。そして今、ツイッターはコヴィド19の起源となりうる場所についてのキリロフのメディア発表の重要な部分をあえて引用したために、ロシア外務省のアカウントを停止したため、バーンズとその仲間は何も言う必要が全くないのである。ソーシャルメディアに記憶されれば、何もなかったことになる。

重要なのは真実ではなく、人々の心に疑いの余地を残さないよう、うまく物語を管理することなのだ。言い換えれば、彼らは自分たちがやりたいことは何でもできると考えているのだ。

冷戦後の西側諸国が2000年代初めの浮かれた時期に発表した公式を思い起こすべきかもしれない。この時代は、アメリカの政治家カール・ローブの「我々は今や帝国であり、我々が行動すれば、我々自身の現実を創造する」という有名な言葉に象徴される時代である。トニー・ブレアの政策顧問であったロバート・クーパーは、2002年4月のThe Guardian紙上で淡々とこう述べている。「ポストモダンの世界への挑戦は、ダブルスタンダードの考え方に慣れることである。ポストモダンの世界の課題は、ダブルスタンダードの考え方に慣れることだ。しかし、ポストモダンのヨーロッパ大陸の外にある、より古風な国家を相手にするときは、以前の時代の荒っぽい方法、すなわち武力、先制攻撃、欺瞞など、いまだに19世紀の「自国だけの世界」に生きている人々に対処するために必要なあらゆるものに立ち戻る必要があるのです。しかし、ジャングルの中で活動する以上、ジャングルの法則も使わなければならない」。

20年後、中国とロシアが台頭し、世界が多極化しているにもかかわらず、帝国主義の習慣はなかなか消えない。通常は、ウクライナで現在起こっているように、そして台湾で起こるであろう現実の壁にぶつかるまで、である。しかし、バーンズの話に戻ろう。彼は「ジャングル」でダブルスタンダードを強要することにかけては新参者ではない。台湾に関するドラゴンと、あらゆることに関するベアを突く現在の仕事の前に、彼は1990年代にNATOのセルビアに対する違法な侵略の党員であり、コソボの一方的な分離をもたらした擁護者として際立った存在であった。

一方、2009年、政治問題担当国務次官だったバーンズ氏は、プリシュティナの独立承認は事実上、米国の「セルビアとの良好な関係への関心」の表現であるとメディアに説明した。中国や台湾に対しても、いずれ同じようなことを言うのだろうか。欧米の外では、バーンズとその仲間にとっては、まだすべてがジャングルであり、「原住民」はそれに応じて対処されるべきものなのだ。つまり、バーンズの言い分では、ペロシが台湾に滞在し、米国が台湾への支援を継続すると約束したことは、実は米国が中国との良好な関係を望んでいることの表れなのである。

彼は旧ユーゴスラビア国際刑事裁判所(ICTY)の検察官として国際的に有名になったが、その唯一の目的は、西洋に扇動された多国籍国家の血生臭い崩壊の責任をセルビア人にのみ転嫁することだった。セルビア人元大統領スロボダン・ミロシェビッチを「人道に対する罪」で選択的に起訴したことに加え、ニースのICTYでの遺産には、コソボでの人体臓器売買に関する証拠隠滅の告発が含まれている。

ニースはその後、ハシム・タチ前コソボ大統領に法的サービスを提供しました。タチは、人身売買だけでなく、ほとんどがセルビア人でまだ生きている囚人の臓器を「強制摘出」したとされる主要人物の一人で、欧州評議会の2011年報告「コソボにおける人間の非人道的扱いと人身売買」という驚くべき報告に概略が記されています。この報告書はまた、「少なくとも5カ国」の麻薬対策機関によると、タチは「ヘロインやその他の麻薬の取引を暴力的に支配していた」とも述べている。しかし、この報告書を貶めようとするニースのその後の試みは、アメリカのジャーナリスト、ダイアナ・ジョンストンによって見事に解剖され、「独善的な西側民主主義」の代表者が、自分たちとその顧客だけのために「不罰の文化」の特権を確保しようとする最新の試みであることが暴露されたのである。もちろん、「ジャングル」の顧客は依然として帝国の「ダブルスタンダード」の傘の代償を払わなければならない。だから結局、ニースはタチがコソボ政府に対する彼の仕事のために「ほぼ50万ユーロ」の借りがあると非難したと報じられたのである。

ザハロワはつい最近、タチが主宰しているとされる恐怖の館をより詳細に描写した。コソボは "黒人の "移植の地です。生きたまま解剖され、内臓が取り出され、西側諸国の人々に売られていたのです...西側諸国では、彼らは臓器移植手術の列に並んでいました。コソボが、ただ殺されたのではなく、内臓を売るために殺された人々が消えていく恐ろしいブラックホールと化したとき、彼らはこれらの臓器を受け取るようになったのです」。

ニカラグアの独裁者アナスタシオ・ソモサへのアメリカの支援を正当化したフランクリン・D・ルーズベルトの不滅の言葉を借りれば、彼らはろくでなしの息子かもしれないが、彼らは西側のろくでなしの息子なのだ、ということになる。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。機械翻訳に不備があります。


posted by ZUKUNASHI at 13:45| Comment(0) | 国際・政治

科学分野の論文の質と量で中国が米国を上回る



・・・理科系での留学先は、これからは中国になる。
posted by ZUKUNASHI at 11:17| Comment(0) | 国際・政治

これが「ルールに基づく国際秩序」

posted by ZUKUNASHI at 09:40| Comment(0) | 国際・政治

アルゼンチンの肺炎ウィルスはレジオネラ菌




今回はそうならないかもしれませんが、コビドを野放しにした結果、コビド19よりもはるかに致死性の高い株が進化する可能性が高いのです。
100の「軽い」株があったとしても、致命的な株は1つで済む。


・・・SNSでは、レジオネラでこれほど死亡率が高いのはおかしいとの声や免疫低下が影響しているのではなどの声が上がっています。


posted by ZUKUNASHI at 09:28| Comment(0) | Covid19

経験豊富な戦場ジャーナリストに理解不能は無理もない



posted by ZUKUNASHI at 08:54| Comment(0) | ウクライナ