ずくなしの冷や水

2022年09月01日

ハリネズミ 早く渡れ

posted by ZUKUNASHI at 23:43| Comment(0) | 日記

ザポリージャ原発の貯蔵施設には兵器用プルトニウムや濃縮ウランが保管されている



UN wants ‘permanent presence’ at Russia-held nuclear site
Moscow has welcomed the idea of UN inspectors remaining at the Zaporozhye nuclear plant
The International Atomic Energy Agency (IAEA) plans on establishing a “permanent presence” at the Russian-controlled Zaporozhye nuclear plant. Moscow has repeatedly accused Kiev of shelling the nuclear facility.

IAEA Director General Rafael Grossi made his remarks on Wednesday at a press briefing in Kiev, before inspectors traveled to Zaporozhye.

The Zaporozhye facility is Europe’s largest nuclear power plant, and was seized by Russian troops several days after Moscow launched its military operation in Ukraine in February. As it continued to operate with local staff under Russian control, the facility has come under artillery and drone attacks, with Russia blaming Kiev for the strikes.

Ukraine has alternated between blaming Russia for the shelling, and accusing the Russian military of using the plant as cover for its soldiers. While the US has accused Russia of firing from the plant, a senior military official admitted on Monday that “there’s probably a likelihood” that Ukrainian forces have bombarded the nuclear facility.

Moscow insists that it does not keep heavy weapons, including artillery, stationed at the plant.

Grossi’s remarks were welcomed by Russia’s permanent representative to international organizations in Vienna, Mikhail Ulyanov. In a series of posts to Twitter, Ulyanov said that Moscow has supported the IAEA’s mission “from the very beginning,” and wished the inspectors “productive work on the site.”

Shortly before the IAEA delegation arrived at the plant, an official in the Russian-allied administration of Zaporozhye Region, Vladimir Rogov, said that a group of would-be saboteurs were arrested in the nearby city of Energodar. The suspected Ukrainian plotters were found with rifles, Western-made missile launchers, drones, and aerial photos of the nuclear plant, with Rogov claiming that they were planning a “series of terrorist attacks.”
国連、ロシア核施設に「常駐」希望
モスクワは、国連の査察団がザポロージエ原子力発電所に留まることを歓迎している。
国際原子力機関(IAEA)は、ロシアが管理するザポロジェ原子力発電所に「常駐」することを計画している。モスクワは、キエフがこの原子力施設を砲撃したと繰り返し非難している。

IAEAのラファエル・グロッシ事務局長は、キエフでの記者会見で、査察団のザポロージエへの移動に先立って、このように発言した。

ザポロジエの施設は欧州最大の原子力発電所で、モスクワが2月にウクライナで軍事作戦を開始した数日後にロシア軍に接収された。ロシア軍の支配下で現地スタッフとともに稼働を続ける中、同施設は砲撃やドローンによる攻撃を受け、ロシアはキエフを非難している。

ウクライナは、砲撃についてロシアを非難することと、ロシア軍がこの施設を兵士の隠れ家として利用していると非難することを交互に繰り返している。アメリカはロシアが原発から砲撃したと非難しているが、軍高官は月曜日に、ウクライナ軍が核施設を砲撃した可能性が「おそらくある」と認めている。

モスクワは、大砲を含む重火器を原発に駐留させていないと主張している。

グロッシ氏の発言を、ロシアのウリヤノフ国際機関ウィーン常駐代表は歓迎した。ウリヤノフ氏はツイッターで、モスクワはIAEAのミッションを「当初から」支持してきたと述べ、査察団の「生産的な作業」を祈願した。

IAEA代表団が原発に到着する少し前、ロシアと同盟関係にあるザポロジエ州行政当局のウラジミール・ロゴフ氏は、近くのエネルゴダール市で妨害工作員らしき一団が逮捕されたことを明らかにした。ウクライナ人容疑者はライフル、欧米製ミサイルランチャー、ドローン、原発の航空写真などを所持しており、ロゴフ氏は「一連のテロ攻撃」を計画していたと主張している。

Ukrainian troops try to seize Zaporozhye nuclear plant – Russia
Two commando groups landed near the station, Moscow has said
Kiev sent commando groups in an attempt to capture the Zaporozhye Nuclear Power Plant on Thursday morning, the Russian Defense Ministry claimed.

There were two separate “sabotage groups” of up to 60 troops, which used seven boats to cross the Kakhovka Reservoir and land about three kilometers from the nuclear facility early in the morning, according to the statement. They attempted to capture the station from the Russian troops who are guarding it, the ministry said.

The Russian military said it took action to “destroy the enemy, including by deploying close air support aircraft.”

The ministry also claimed that about two hours after the landing of the commando forces, Ukrainian artillery started shelling a certain location near the city of Energodar, which hosts the power plant. Inspectors from the International Atomic Energy Agency (IAEA), who are on their way to visit the facility, are scheduled to pass the area, according to the report.

“The provocation of the Kiev regime is aimed at derailing the arrival of the IAEA mission to the Zaporozhye Nuclear Power Plant,” the ministry said.
キエフは木曜日の朝、ザポロジエ原子力発電所を攻略するためにコマンドグループを派遣したとロシア国防省は主張した。

最大60人の部隊からなる「破壊工作グループ」が2つに分かれ、7隻のボートを使ってカホフカ貯水池を渡り、早朝に原子力施設から約3キロの地点に上陸したという。彼らは核施設を警備しているロシア軍から核施設を奪おうとしたと同省は述べた。

ロシア軍は、"近接航空支援機を配備するなどして敵を撃破する "行動を取ったという。

同省はまた、コマンド部隊の上陸から約2時間後、ウクライナの大砲が発電所を抱えるエネルゴダール市付近のある場所への砲撃を開始したと主張している。同施設の視察に向かう国際原子力機関(IAEA)の査察官が、この地域を通過する予定だという。

同省は、「キエフ政権の挑発は、ザポロジェ原子力発電所へのIAEAミッションの到着を頓挫させることが目的だ」と述べている。



posted by ZUKUNASHI at 22:52| Comment(0) | 福島原発事故

ゼレンスキーのヘルソン反攻のコスト 兵士1700人以上が死亡




戦車12両の列は、仲間を救出するために勇敢にも絶望的な試みで、川の南側に渡りました。何台かは直ちに破壊され、他の何台かは無秩序な退却の過程で自軍の地雷原を乗り越えて破壊された。
ポーランドから送られた12台の戦車のうち、AFUの支配地域に無事戻ってこれたのは5台だけであった。
これは、米国やNATOが兵器を送ることはできても、未熟な者の手にかかるとほとんど役に立たないという事実を浮き彫りにしている。

どうやらウクライナ空軍のわずかな残党さえも見せ場を作ろうとしたが、地上のAFU部隊と同じような運命に見舞われたようだ。
前24時間の間に、Su-25 2機、Su-24 1機、MiG-29 1機、Mi-8 ヘリコプター3機が撃墜された。
破滅的になっていく「反攻」の累積コスト。
- 戦車63台
- その他装甲車107台
- 機関銃を搭載したピックアップ14台
- ウクライナ兵1700人以上
私は、ゼレンスキー政権がこの恐ろしい大失敗をどのように乗り切るか、理解に苦しむ。
posted by ZUKUNASHI at 21:53| Comment(0) | ウクライナ

台北の軍関係者が中国の侵略から島を防衛する方法を説明

Taiwan threatens Beijing with ‘counterattack’
Military officials in Taipei explain how the island would defend itself from a Chinese invasion
Taiwan has vowed to launch a forceful “counterattack” and “destroy enemy forces” in the event of an incursion by the Chinese military, as tensions continue to soar between Beijing and Taipei following a high-level visit by US officials to the island.

Speaking at a press conference on Wednesday, Taiwanese military officials outlined alleged “threats from the People’s Republic of China” and discussed a series of “large-scale exercises” carried out by the Chinese military earlier in August following a visit by US House Speaker Nancy Pelosi and other officials.

“Some of the live-fire drills overlapped our country’s territorial seas… and endangered international waterways,” Defense Ministry spokesman Major General Sun Li-fang said, claiming that the exercises threatened the “international order.”

The Taiwanese military operations and planning chief, Major General Lin Wen-huang, went on to say that the island reserves the right to respond in force if the People’s Liberation Army breaches its airspace or waters.

“For PLA aircraft and warships that entered our territorial sea and airspace within 12 nautical miles, our armed forces will exercise the right to self-defense and counterattack,” he told reporters.

“Our stance is that the closer the incursions are to Taiwan – the stronger our counter-measures will be,” he added, vowing to gradually deploy “naval and air forces, and coastal fire” to dispel the invading Chinese forces if they enter the 24 and 12 nautical mile zones claimed by Taiwan.

If Beijing decides to launch an amphibious assault, “we will use the geographical advantage of the Taiwan strait, and use our forces to stop enemy from launching, strike enemy while transiting, damage enemy while mending, and destroy enemy at beach,” the Taiwanese military official added.
台北の軍関係者が中国の侵略から島を防衛する方法を説明
台湾は、米国高官の台湾訪問を受け、北京と台北の間の緊張が高まる中、中国軍の侵攻があった場合、強力な「反撃」を開始し、「敵軍を撃破」することを誓った。

水曜日に行われた記者会見で、台湾の軍関係者は「中華人民共和国からの脅威」について述べ、ナンシー・ペロシ米下院議長やその他の政府高官が訪問した後の8月初めに中国軍が行った一連の「大規模演習」について説明した。

国防部報道官の孫立方少将は「一部の実弾演習はわが国の領海に重なり、国際水路を危険にさらした」と述べ、演習は「国際秩序」を脅かすと主張した。

台湾軍の作戦・計画責任者である林文煌少将は、人民解放軍が領空や領海を侵犯した場合、台湾は武力で対応する権利を留保していると言い放った。

「12海里以内の領海・領空に侵入したPLAの航空機や軍艦に対して、わが軍は自衛権・反撃権を行使する」と記者団に語った。

「また、中国軍が台湾の主張する24海里と12海里に侵入した場合、「海空戦力、海岸砲火」を徐々に展開し、侵入した中国軍を撃退することを約束した。

また、北京が水陸両用攻撃を行う場合、「台湾海峡の地理的優位性を利用し、敵の発進を阻止し、通過中の敵を攻撃し、繕い中の敵に損害を与え、海岸で敵を破壊するために兵力を用いる」と台湾軍関係者は付け加えた。

Taiwan fires live rounds at Chinese drones 'for first time'
The incident came after Taipei said it would start shooting down China’s unmanned aircraft
台湾軍司令部は24日、兵士がエルダン島上空で無人機の「バッチ」に実弾の威嚇射撃を行い、その後、無人機は中国に帰還したと発表した。台湾海峡の緊張が高まる中、台北はこのところ中国のドローン飛行に厳しい姿勢を示している。

現地時間午後4時過ぎから、3機の「民間」ドローンのグループが、金門群島を構成する台湾の大段、二段、石宇の各島上空を飛行した。陸軍司令部の声明によると、1つのグループがエルダン島上空の制限空域に入ったため、兵士が「防御射撃」を行い、機体を追い払ったとのことです。

砲撃を受けた後、無人機は中国の廈門(アモイ)に向かったという。

地元メディアによると、台湾軍はこれまで中国の無人機に対して実弾を使用したと報告したことはないが、火曜日の事件は、台湾の国防省が中国の無人機に対処する際、新たに4段階の手順を踏むと発表した2日後に発生したものである。

同省によると、この手順には「信号弾を発射し、侵入を報告し、ドローンを追い出し、撃墜する」ことが含まれるという。

台湾は今月初め、金門上空で中国の無人機に照明弾を発射し、この無人機は金門の軍事防衛を調査するために送り込まれたとしている。中国本土の近くに位置する金門は厳重に要塞化されており、1950年代に中国の共産党政府と蒋介石率いる民族主義勢力との間で起こった紛争で主要な役割を果たした。

金門上空を飛行するドローンの映像は、ここ数週間、中国のソーシャルメディア上で共有されており、ある映像では、台湾軍がホバリングする機体に向かって石を投げつけています。

posted by ZUKUNASHI at 19:50| Comment(0) | 台湾

Rainwater is no longer safe to drink anywhere on the planet



posted by ZUKUNASHI at 18:10| Comment(0) | 健康・病気

ゼレンスキーがイタリアに持つ別荘をロシア系の夫妻が賃借

Zelensky rents his Italian villa to Russians – media
The realtor in charge of the villa denied the report, but did not provide any evidence, citing privacy
Ukrainian President Vladimir Zelensky has rented his luxury villa in Tuscany to Russians for the month of August, Italian newspaper Il Tirreno reported on Tuesday. Meanwhile, Zelensky has called on EU leaders to deny visas to Russian tourists.

A Russian couple with a London address have rented the villa for the month of August, paying the princely sum of €50,000 ($50,237), the newspaper reported. The villa, located in the seaside town of Forte dei Marmi, was bought by Zelensky for four million euros while the Ukrainian leader was still an actor, the report added.

Photos posted on social media by the couple confirmed that they were staying in Zelensky’s property, Il Tirreno stated.

Corriere Della Serra, another Italian newspaper, contacted the realtor managing the property, who said that “The tenants weren’t Russian, but I can’t say more because privacy prevents me.” However, the paper said that the tenants are likely of Russian origin, “but have long since had their residence and perhaps English citizenship.”
ウクライナのウラジミール・ゼレンスキー大統領は、トスカーナ地方の高級別荘を8月の間、ロシア人に貸したと、イタリアの新聞「イル・ティレーノ」が火曜日に、報じた。一方、ゼレンスキー氏はEUの首脳に対し、ロシア人観光客へのビザを拒否するよう求めている。

同紙によると、ロンドンに住所を持つロシア人夫婦が8月の1カ月間、5万ユーロ(約695万円)という高額な料金を支払って別荘を借りたという。海辺の町フォルテ・デイ・マルミにあるこの別荘は、ウクライナの指導者がまだ俳優だった頃、ゼレンスキーが400万ユーロで購入したものだと同紙は付け加えている。

夫妻がソーシャルメディアに投稿した写真から、ゼレンスキーの物件に滞在していることが確認されたと、Il Tirrenoは述べている。

同じくイタリアの新聞であるコリエレ・デラ・セラ紙は、この物件を管理する不動産業者に問い合わせたところ、"入居者はロシア人ではなかったが、プライバシーが邪魔をするのでこれ以上は言えない "と答えたという。しかし、同紙は、入居者はロシア系である可能性が高いとし、"しかし、とっくに居住地は決まっており、おそらくイギリスの市民権も持っている "と述べている。
posted by ZUKUNASHI at 16:04| Comment(0) | ウクライナ

スエズ運河で船が座礁


posted by ZUKUNASHI at 13:58| Comment(0) | 国際・政治

ソ連崩壊後、ウクライナのテレビやインターネットにはファシストイデオロギーが氾濫

posted by ZUKUNASHI at 11:16| Comment(0) | ウクライナ

タンクで 10600 meters先のものに砲弾を命中できるか


posted by ZUKUNASHI at 11:10| Comment(0) | ウクライナ

たかまつなな ひどい取材です



「一人の女性を50人以上のロシア兵が襲ったことが確認されたそうです。亡くなった1人の女性の身体を調べたところ50以上の精子が検出されたとのことです。」
posted by ZUKUNASHI at 00:51| Comment(0) | 国際・政治