ずくなしの冷や水

2022年08月30日

ザポロージェで発電された電気を地域の送電網から切り離すな?

US urges shutdown of nuclear plant slated for IAEA inspection
米国、IAEA査察予定の原子力発電所の停止を要請
The Russian military had earlier suggested that taking the Zaporozhye facility offline could be necessary due to Ukrainian attacks
Senior US officials have urged a full shutdown of Ukraine’s Zaporozhye nuclear power plant, which is under Russian control.

A “controlled shutdown” of the facility “would be the safest and least risky option in the near-term,” White House National Security Council spokesperson John Kirby told journalists on Monday. The same call came from an unnamed senior US defense official, who briefed journalists the same day.

The power plant and the city of Energodar that hosts it have been under Russian control since March, though Ukrainian civilian workers continue to operate the facility. For several weeks now, the site has been under constant artillery and drone attacks.

Russia and Ukraine have accused each other of being behind the strikes. Kiev has also claimed that Russian forces have used the Zaporozhye facility as a military base and have deployed heavy weapons there, which Moscow has denied.

This week, the International Atomic Energy Agency (IAEA), the UN’s nuclear watchdog, is expected to visit the plant for an on-site inspection. The agency's delegation will be led by its head, Rafael Grossi, and may arrive at the site as soon as Wednesday.

The Soviet-built Zaporozhye nuclear power plant is the largest facility of its kind in Europe. It hosts six of Ukraine’s 15 power-generating reactors, which are spread across four plants. The facility reached its full capacity of over 6,000 MW for the first time in December 2021, when all of its VVER-1000 units became operational at the same time. At the moment, only reactors five and six remain online.

Despite hostilities between Russia and Ukraine, the Zaporozhye plant supplies power to parts of Ukraine controlled by both sides, according to the head of the Russia-allied administration of Zaporozhye Region, Vladimir Rogov.

The Russian military suggested in mid-March that shutting down the reactors could become necessary due to Ukrainian attacks on the plant. Such a proposal was voiced by Lt. Gen. Igor Kirillov, who heads the unit of the Russian armed forces trained in dealing with the consequences of the use of weapons of mass destruction, including radiation contamination.



5つの原子炉すべてを止めたのかどうか。



・・・ザポロージェで発電された電気を地域の送電網から切り離すことにウクライナが反対している。切り離してどこに送る? 何を言っているのかわかりません。
Washington on Thursday warned Russia against diverting energy from a nuclear plant Kyiv says was cut off from its grid, as calls for an independent inspection of the facility mount. Ukraine's Zaporizhzhia nuclear plant is under occupation by Mosco...

Read more at: https://www.deccanherald.com/international/world-news-politics/us-warns-moscow-not-to-divert-power-from-ukraines-zaporizhzhia-nuclear-plant-1139427.html


・・・ゼレンスキーはわかっていない。
posted by ZUKUNASHI at 19:19| Comment(0) | 福島原発事故

勝ち目のない戦い ゼレンスキーは ロシアと交渉を始めるべきとの声が増えている




Odessa mayor calls for Ukraine and Russia to negotiate
Compromises should be sought and confrontation avoided, the official believes
The mayor of the southern Ukrainian city of Odessa, Gennady Trukhanov, believes the conflict with Russia should be resolved politically. Kiev and Moscow should cease the hostilities and return to the negotiating table, he told Italy’s Corriere della Sera newspaper in an interview published on Sunday.

Although he supports the idea of Ukraine “returning to [its] borders of 1991,” including Donbass and Crimea, Trukhanov maintains that these disputes should be resolved at the negotiating table, not the battlefield.

“The lives of millions of people are at stake,” therefore “it is necessary to negotiate step by step, to seek compromises gradually, to avoid confrontation,” the mayor said. He argued that Ukrainian President Vladimir Zelensky has made “many” mistakes while in office.

Trukhanov criticized the government for concentrating too much power in Kiev at the expense of the regions.

“[Zelensky] should have left more autonomy to regions and municipalities,” he said, adding that had the president listened to his suggestions and those of others, “the country would work better.” Kiev’s failure to implement the Minsk agreements, designed to give the regions of Donetsk and Lugansk special status and broad autonomy within the Ukrainian state, was one of the reasons cited by Moscow when it launched its military operation in Ukraine on February 24.

The Odessa mayor noted that Ukraine and Russia are “deeply connected by history, culture, language, religion, traditions.”

Nevertheless, Trukhanov condemned Moscow’s military operation, calling Russian President Vladimir Putin a “monster” who could even go as far as to drop a nuclear bomb on Ukraine. However, he does not believe that Putin intends to bomb Odessa.
posted by ZUKUNASHI at 18:12| Comment(0) | ウクライナ

オミクロンBA1対応版。日本人で臨床試験。

posted by ZUKUNASHI at 18:10| Comment(0) | Covid19

私のワクチン後遺症状防止対策 機会を見て波状攻撃

FLCCCのプロトコールによると、「Long-COVID/長期不調組症候群とポストワクチン症候群の症状や特徴には大きな重複がある。しかし、多くの臨床的特徴はポストワクチン症候群に特徴的で、最も顕著なのは、ワクチン接種後では重度の神経症状がより一般的であること」とされています。

重度の神経症状を示している人もおられるようです。起床できず、寝たきりで過ごしている方の例を聞きます。

ですが、このような状態になったら専門の医師に診てもらわなければなりません。ワクチン接種によるこのような症状を診断、治療できる病院はごく限られているでしょうが、それしかありません。

ワクチン後遺症は、幅広く、心筋炎やがんの発生・悪化などもあるとされています。そして、それらは広い意味での免疫力の低下によるものとされていますから、私たちが自分で講じうる対策は、免疫力を高めることに尽きるといえるでしょう。

ただ、その方法については、いろいろな説があり、そのどれを選ぶかは、まさに個人の判断になります。その原則を踏まえつつ、私は、自分の息子に次のことを推奨することにしました。

@ さらなるmRNAワクチンの接種はやらない。

A 新コロナウィルスへの曝露を避ける。感染しないよう細心の注意が必要。(他のウィルス性の疾患についても同じ)

B 新コロナウィルスへの曝露があったと危ぶまれる場合、あるいは感染した場合は、抗ウィルス薬で速やかにウィルスを消す。(個人の判断で使用できる抗ウィルス薬は事実上イベルメクチンです。日本では処方薬ですが、安価なジェネリックが個人輸入で入手できます)

C イベルメクチンは、ワクチン後遺症が疑われる倦怠感などを示した場合に服用すると効果のある場合があるとされています。強い抗がん作用もあるとされています。(なお、イベルメクチンは、人により効果を生まないこともあるとされています)

D 特に倦怠感などの自覚症状がなくても、スパイクタンパクあるいはウィルスの増殖を防ぐ観点で抗ウィルス薬の服用は有益です。ただし、肝臓に負担をかけますので、最小限の範囲にとどめます。(私の考えは、ワクチンの悪影響の軽減と感染防止の両にらみでイベルメクチンを使おうとするものです。すでに感染履歴のある人は、再感染で死亡リスクが高まります。)

免疫力を回復させるうえで有効とされるビタミンやミネラルを摂取します。次のものは、基本的にコロナ感染時の回復を助けるとされるサプリです。

ビタミンD・C・E(サプリメント)
ミネラル 亜鉛(サプリメント)、マグネシウム(にがり、塩化マグネシウム)

FLCCCのプロトコールや日本の開業医医師の所見では、次のものもよいとされています。
グルタチオン(Glutathione, GSH, Glutathione-SH)
カルニチン(carnitine)は、生体において脂質の代謝に関与するビタミン様の物
ケルセチン ポリフェノールの一種で抗酸化作用、抗炎症作用、降圧作用などを持つ。
これらは、日本でサプリメントとして販売されています。ただ、いずれも食品に含まれるものであり、当面、サプリメントの使用を勧めることはしない考えです。

上の方法ですと、イベルメクチンは随時、サプリは定期的に服用しなければならなくなります。そして、その入手もおそらく私の負担になるでしょう。送りつけて、適宜メールで摂取を促す・・・手間のかかる出来の悪い息子ですが、仕方がありません。私にはもう孫を育てる力はない。

2022年08月08日
ワクチン接種の後遺症対策は難しい

息子らにメールで私の意見を伝えましたが、サラリーマンをしている一人は、職場などの状況も見て決めるという日和見。助言は有難迷惑という雰囲気でした。まあ、それも仕方がない。片親が死ねば、孫娘をどう育てていくかという重大問題が起きるのですが、そこまでは触れていません。

母子だけが残されれば、母親の意向によりますが、母親の出身国に帰ってもらうこともありうると私の心を決めました。孫とももう会えませんね。

研究者をしている一人は、英国で感染しましたが、比較的軽く済んだこともあり、体調は万全だとだけ返答してきました。研究者なんか専門が異なれば、なにもわかっていない。まあ、仕方がないです。

2022年08月18日、若い方のコロナ感染事例がツイッターに載り、記事を書きましたのでそのコピーを送りつけました。
最新コロナ感染・療養事例

うるさいと言ってきたら、私には孫を育てる力はないぞ、と言ってやるつもりです。

ワクチンの害については、ネット上ではかなり懸念、警告する声が強まっています。風向きが変わったと言えるでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 17:31| Comment(7) | Covid19

紹介状持たずに病院受診すると治療費に¥11000上乗せ



posted by ZUKUNASHI at 15:05| Comment(0) | 健康・病気

世界のエネルギー事情は1か月もすればさらに緊迫化

EU has no alternative to Russian energy – ex Saudi Aramco VP
Unlike Europe, Moscow has other markets to turn to
There’s not enough capacity in the world to replace Russia’s gas supply to the European Union, while Moscow has plenty of markets to sell its energy to, the former executive vice president at Saudi Aramco, Sadad Al-Husseini, told CNBC on Monday.

“The US doesn’t have the LNG capacity to replace Russia’s exports to Europe,” he said, noting that power bills across the EU are set to soar this winter.

According to Al-Husseini, that could lead to serious problems on the global energy market. “This situation is a new world, and it’s not a very good one for energy,” he warned.

“In any case, there isn’t enough LNG capacity in the world to make up for the Russian exports to Europe,” the former executive said, adding that, “It will take years for the EU to find resources to replace Russian supply.”

As regards to Moscow losing EU buyers, he noted that, despite Western sanctions, there are “plenty of alternative markets” for Russian energy, including China, Japan, or India.

Meanwhile, Europe does not have alternative energy sources, he said, “while the US is maxed out already, North Africa has got problems,” and OPEC is also running out of spare capacity. “So, it’s a global problem,” he said.

The official suggested that, while the Russian economy may suffer under Western sanctions, the rest of the world will be suffering with them. However, he stressed that “Russia may recover a lot sooner than Europe.”

Western Europe headed for ‘energy collapse’ - Hungary
Unlike oil and gas, ideological convictions won’t keep Europeans warm in the winter, Foreign Minister Peter Szijjarto has warned

Western Europe’s policy of rejecting Russian energy, even in the absence of suitable alternatives, could lead to systemic collapse when the public is left without heat this winter, Hungarian Foreign Minister Peter Szijjarto warned on Monday.

“All these statements … from Western Europe on the issue of energy supply simply do not work at all with winterr approaching,” Szijjarto explained to a meeting of his country’s diplomats, according to the Sputnik news agency.

The Foreign Minister pointed out that while “ideological, political, communication statements with effective support from the international media can easily inflate balloons that cover people’s eyes,” all the ideology in the world won’t keep EU citizens warm when winter approaches.

It is very difficult to explain to someone in winter that they are not cold when there is no heating.

Insisting that Hungary had not yet fallen into this trap, he warned that pressure from other EU governments would only get worse, as the current world order “is approaching a huge collapse, almost at the speed of an asteroid.” Russian sources are integral to European energy security, he argued, implying that without them, social discontent could lead to systemic collapse.

Not only will Hungary not entertain talk of sanctions on Russian energy, but other nations will quietly back it on the matter – even if they won’t do so publicly, Szijjarto told the ambassadors. While Budapest has pushed back against bloc-wide calls for an embargo on Russian oil and gas since the notion first began circulating among EU politicians, other states that once demanded Moscow be punished over Ukraine have quickly realized that no other source of energy can make up for the loss of Russian supplies.

Electricity costs in Germany and France shot up to record heights on Friday, driven by Moscow’s threat to shut down the last operational turbine on the Nord Stream 1 pipeline for three days’ maintenance. Those countries are far from the only ones to feel the bite of sanctions that were supposed to punish Russia, however, and Europeans of all nationalities are stockpiling what fuel they do have – whether it’s firewood or coal – for the long winter ahead.
石油やガスとは異なり、イデオロギー的な信念では冬のヨーロッパを暖かく保つことはできない、とピーター・シヤールト外務大臣は警告した。

西ヨーロッパは、適切な代替手段がないにもかかわらず、ロシアのエネルギーを拒絶する政策をとっており、この冬、国民が暖房なしで過ごすことになれば、体制が崩壊する恐れがあると、ハンガリーのピーター・シヤルト外務大臣は月曜日に警告した。

スプートニク通信によると、シジャールト外相は、自国の外交官の会合で、「エネルギー供給の問題に関する西ヨーロッパからのこれらの声明は、冬が近づくにつれ、全く通用しなくなる」と説明した。

外相は、「イデオロギー的、政治的、コミュニケーション的な発言は、国際メディアからの効果的な支持を得て、人々の目を覆う風船を簡単に膨らませることができる」一方で、世界中のあらゆるイデオロギーは、冬が近づくとEU市民を暖めることはできない、と指摘した。

暖房がない冬に、寒くないことを説明するのはとても難しい。

ハンガリーはまだこの罠にはまっていないと主張しながらも、現在の世界秩序が "小惑星のような速度で大崩壊に近づいている "ため、他のEU諸国の政府からの圧力はひどくなる一方だと警告している。ロシアのエネルギー源はヨーロッパのエネルギー安全保障に不可欠であり、それがなければ社会的不満がシステム崩壊につながる可能性があることを示唆した。

ハンガリーはロシアのエネルギーに対する制裁の話を受け入れないだけでなく、他の国もこの問題に関して、公にはしないまでも、静かにハンガリーを支持するだろう、とシジャールトは大使たちに語った。ブダペストは、ロシアの石油とガスの禁輸を求める声がEUの政治家の間で聞かれ始めて以来、これに反発してきた。しかし、かつてウクライナ問題でモスクワに制裁を求めた他の国々は、ロシアの供給低下を補うエネルギー源が他にないことにすぐに気がついたのだ。

ドイツとフランスの電気料金は、モスクワがNord Stream 1パイプラインの最後のタービンを3日間のメンテナンスのために停止させると脅したことにより、金曜日に記録的な高さまで跳ね上がった。しかし、ロシアを罰するはずの制裁措置の影響を受けているのはこれらの国だけではない、あらゆる国籍のヨーロッパ人が、これから来る長い冬に備えて、薪であれ石炭であれ、持っている燃料を備蓄しているのである。

US oil reserves near four-decade low
President Joe Biden has eaten into America’s’ emergency stocks to bring down gas prices

The US Strategic Petroleum Reserve is at its lowest level since 1984, according to recently-published figures from the Department of Energy. While Biden has relied on emptying the US’ reserves to bring down gas prices, his administration has no plans to replenish stocks until after next year.

The US emptied 18 million barrels of crude oil from the reserve in August, leaving the current inventory standing at 450 million barrels as of Friday. The White House authorized the sale of 20 million barrels in late July, on top of the 125 million barrels already sold off in the first six months of the year.

Gas prices have soared under Biden, with Republicans blaming the president’s green energy policies and crackdown on domestic oil production. The price of gasoline rose from an average of $2.28 per gallon in December 2020 to $3.40 a year later. With markets reeling from the conflict in Ukraine and Biden embargoing Russian oil imports, the average gallon cost a record $5 this June.
エネルギー省が最近発表した数字によると、米国の戦略的石油備蓄は1984年以来最低の水準にある。バイデン氏はガソリン価格を下げるために米国の備蓄を空にすることを当てにしているが、彼の政権は来年以降まで在庫を補充する計画はない。

米国は8月に1800万バレルの原油を備蓄から空にし、現在の在庫は金曜日の時点で4億5000万バレルにとどまっている。ホワイトハウスは7月下旬に2000万バレルの売却を承認し、今年上半期にすでに売却した1億2500万バレルに上乗せしている。

バイデン政権下でガソリン価格は高騰し、共和党は大統領のグリーンエネルギー政策と国内石油生産の取り締まりを非難している。2020年12月に1ガロン当たり平均2.28ドルだったガソリン価格は、その1年後には3.40ドルに上昇した。ウクライナ紛争で市場が動揺し、バイデンがロシアの石油輸入を禁じたため、今年6月には平均1ガロンが過去最高の5ドルになった。
posted by ZUKUNASHI at 12:21| Comment(0) | 国際・政治

感染による自然免疫も8週間しかもたない


以下は、スレッド https://twitter.com/drclairetaylor/status/1564349210366984195 の本文機械翻訳
1/ 8週間前に #COVID19 をした時に書いた記事が流行りました。
8週目にして再度Covidになった。感染間隔が8週間。
1年で3回目。3月22日、6月22日、8月22日。
各感染は前と同じように厳しい。免疫はどこにあるのでしょうか?計画は何だ?
2/ 年に何度も同じようなウイルスに感染することが、どうして持続可能で、賢明で、我慢できることなのだろうか? 私は今のところ幸運にも毎回回復しているが、その免疫力はいつ尽きるのだろうか?
3/ 今年までCovidにかかり続けても何の問題もなかった。#オミクロンまでは。番号が違うだけで全て同じ亜種らしいのに、なぜ交差免疫がないのだろう?
私はそれらをすべてやり過ごすようです。
4/ 過去に少なくとも2回、もしかしたらそれ以上かかったことのあるウイルスに対して、8週間以上免疫を保持しないのは非常に珍しく、非常に気になります(2020年3月、検査前)。
5/ 14年間の医師生活で、私は2、3回のウイルス感染症にかかったことがある。数回です。ほとんどのドクターが継続的に感染症でダウンすることはありません。何年もの間、常に感染症にさらされてきたことで、私の免疫システムは十分に役に立っています。
6/ オミクロンは全く別のゲームです。現在では、複数の感染症に感染しています。私たちは冬に近づいており、他のすべてのウイルスに感染しています。子供たちは学校に戻ったばかりです。
7/ コビドにかかると、1年以内に心臓発作や脳卒中、血栓のリスクが高まることが分かっている。2、3ヶ月に1回かかると一体どうなるのか!
8/ ヒューストンで問題が発生した。ロケット
血管を損傷する感染力の強いウイルスがあり、それが自由に拡散しているのだが、その免疫はどこにあるのだろう。医師が何年もかけて感染症の治療をしてきた、通常の免疫力?
9/ オミクロンが事前の免疫を回避することは、南アフリカでの研究を含む多くの研究からわかっています。この現象は、他の変異体では見られなかった。
10/つまり、問題があるのです。このパンデミックの中で初めて私は怒っています。今年3回も同じようにひどい熱病に見舞われたことに怒っているのです。回復して仕事に戻っても、また同じ症状で倒される。もう何度目だろう?
11/ Twitterで、こんなことは正常ではない、こんなことは健康的ではない、こんなことは健康な人々にとって持続可能ではない、と叫び続ける以外に、もうアイデアがないのだから。
12/ テストについてのメモ。ポジティブな結果を得るためには、テストを続けなければならない。初日の1回だけでは十分ではありません。今年、再感染したけれども、体調が悪いときに毎日検査しなかった人がもっとたくさんいるのではないかと思う。
13/ この研究では、ラテラルフローテストとPCRを比較した。
'LFDはPCR陽性574検体中305検体(53%)で陽性とならなかった。感染末期には陽性になりやすかった。
14/ そうそう、年に何度もCovidに感染して、体に長期的な影響を及ぼさないふりをするような計画でないことを望みますね。まともな検査を行い、このウイルスの蔓延を管理可能なレベルまで下げようとする計画です。
15/ Covidの物語は終わっていない。変異し続けるだろう。私は文字通り、指導者たちに目を覚ましてコーヒーの匂いを嗅ぐように懇願しているのだ。私は警鐘を鳴らしているのだ。 これは長期的に持続可能なものではありません。以上です。
posted by ZUKUNASHI at 11:59| Comment(0) | Covid19

中国の脅威をプラザ合意から考察


スレッド https://twitter.com/bidetmarxman/status/1564267348017938434
posted by ZUKUNASHI at 10:24| Comment(3) | 国際・政治

英国の航空母艦が出港間もなく故障で引き返す

British Navy comments on failure of its biggest warship
The HMS Prince of Wales broke down a day after leaving its home port
The stricken British aircraft carrier HMS Prince of Wales is being moved to a port “better suited to allow for further inspection of the ship,” the Royal Navy tweeted on Monday, acknowledging that followers “might be aware” that the £3 billion ($3.5 billion) warship had been experiencing some “issues” since leaving its home port of Portsmouth on Sunday.

“Everyone is working hard to understand the problem and what can be done next,” the Navy promised in another tweet, explaining that “right now our focus is on the ship and our people.”

The Navy’s largest ship set out on Sunday for what had been described as “a landmark mission to shape the future of stealth jet and drone operations” set to last four months before breaking down not far from the South Coast. Defense industry sources suggested the problem was with the ship’s propeller shaft.

The HMS Prince of Wales only became fully operational last year, requiring £3.3 million in repairs after an incident in 2020 when water in the engine room damaged its electronics. During its two-year life, it has spent just 87 days at sea.
英国海軍、最大の軍艦の故障についてコメント
HMSプリンス・オブ・ウェールズは母港を出て1日で故障した
被災した英空母HMSプリンス・オブ・ウェールズは、「艦のさらなる点検を可能にするためにより適した港」に移されていると、英海軍は月曜日にツイートし、30億ポンド(35億円)の軍艦が日曜日に母港のポーツマスを出て以来いくつかの「問題」を経験していたことをフォロワーが「知っているかもしれない」ことを認めた。

"誰もが問題を理解し、次に何ができるかを理解するために懸命に働いている "と海軍は別のツイートで約束し、"今、我々の焦点は船と我々の人々である "と説明した。

海軍最大の船は日曜日に、南海岸から遠くない場所で故障する前に、4ヶ月続くとされていた「ステルス機とドローン運用の未来を形作る画期的なミッション」のために出発した。防衛産業関係者は、問題は船のプロペラシャフトにあると示唆した。

HMSプリンス・オブ・ウェールズは、2020年にエンジンルーム内の水が電子機器を損傷する事故が発生した後、330万ポンドの修理が必要となり、昨年から本格稼働を始めたばかりだ。2年間の生涯で、海上で過ごした日数はわずか87日である。
posted by ZUKUNASHI at 10:00| Comment(0) | 国際・政治

トランプ、「直ちに」選挙の再実施を要求

Trump demands election rerun ‘immediately’
The former president accused the FBI of “fraud and election interference”
Former President Donald Trump called on Monday for himself to be declared the “rightful winner” of the 2020 presidential election, or for the vote to be held again. Trump’s outburst came after Facebook CEO Mark Zuckerberg claimed that he limited the spread of a story damaging to Joe Biden’s campaign on the advice of the FBI.

“So now it comes out, conclusively, that the FBI buried the Hunter Biden laptop story before the election,” Trump wrote in a post to his Truth Social platform, adding that the agency did so knowing “if they didn’t, ‘Trump would have easily won the 2020 Presidential Election’.”

“This is massive fraud and election interference at a level never seen before in our country,” the former president continued, adding that as a “remedy,” he should be declared the “rightful winner,” or that the government should “declare the 2020 election irreparably compromised and have a new election, immediately!”

Zuckerberg told podcast host Joe Rogan last week that Facebook worked to limit the reach of a New York Post story on Hunter Biden’s laptop in the runup to the 2020 election. The laptop, which has since been independently verified as genuine, contained details of Joe Biden’s son’s drug use, activities with prostitutes, and foreign business dealings, some of which stood to benefit Biden Sr.

Zuckerberg said that the FBI “came to us” and warned that “there’s about to be some kind of dump” of “Russian propaganda.” The Biden campaign also falsely described the laptop’s contents as “Russian propaganda” at the time.

Despite Trump’s protestations, there is likely little he can do. The former president already accused Biden of winning by fraud, citing ballot harvesting, alleged abuse of mail-in voting, and claims of late-night pauses in counting followed by “dumps” of ballots for Biden at voting locations in key swing states. Trump filed numerous lawsuits protesting his loss, but of the few that courts agreed to hear, none were successful.

Facebook was not the only platform to limit the spread of the laptop story. Twitter banned any mention of the Post article and temporarily suspended the newspaper from its platform, while other media outlets – who now admit that the laptop was real and newsworthy – refused to cover the story.

In a statement released after Zuckerberg’s interview, the FBI said that it "routinely notifies US private sector entities, including social media providers, of potential threat information, so that they can decide how to better defend against threats." However, the agency added that it “cannot ask, or direct, companies to take action.” The FBI did not elaborate on why it labeled the contents of the laptop a “threat.”

前大統領はFBIを "詐欺と選挙妨害 "で非難した
ドナルド・トランプ前大統領は月曜日、2020年大統領選の「正当な勝者」を自分だと宣言するか、投票をやり直すよう要求した。トランプ氏の憤激は、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、FBIの助言によりジョー・バイデン氏の選挙運動に不利な記事の拡散を制限したと主張した後に行われた。

"これで決定的になったのは、FBIが選挙前にハンター・バイデンのラップトップの話を葬ったということだ "と、トランプは自身のプラットフォーム「Truth Social」への投稿で書き、FBIは "そうしなければ、「トランプが2020年の大統領選挙に簡単に勝っただろう」"と知っていてそうしたのだと付け加えている。

"これは、わが国ではかつてなかったレベルの大規模な詐欺と選挙妨害だ "と前大統領は続け、「救済措置」として、自分が「正当な勝者」であると宣言するか、政府が「2020年の選挙が取り返しのつかないほど損なわれたと宣言し、新しい選挙を行うべきだ、直ちに!」と付け加えた。

ザッカーバーグは先週、ポッドキャストのホストであるジョー・ローガンに、2020年の選挙に向けて、ハンター・バイデンのラップトップに関するニューヨーク・ポストの記事のリーチを制限するようFacebookが努力したことを語った。そのラップトップは、その後、独立して本物と確認されたが、ジョー・バイデンの息子の麻薬使用、売春婦との活動、外国のビジネス取引の詳細が含まれており、そのうちのいくつかはバイデンシニアの利益になるようなものであった。

ザッカーバーグは、FBIが「私たちのところに来た」と言い、「ロシアのプロパガンダ」の「ある種のダンプが行われようとしている」と警告しました。バイデン陣営も当時、ラップトップの内容を "ロシアのプロパガンダ "と虚偽の説明をしていた。

トランプ氏の抗議にもかかわらず、彼にできることはほとんどないだろう。前大統領はすでに、投票用紙収集、郵便投票の乱用疑惑、深夜に集計が中断され、その後、主要な激戦州の投票所でバイデン氏の投票用紙が「捨てられた」という主張を挙げ、バイデン氏が不正によって勝利したと非難している。トランプ氏は敗北に抗議して多くの訴訟を起こしましたが、裁判所が審理に同意した数件のうち、成功したものはありませんでした。

ラップトップの記事の拡散を制限したのはFacebookだけではありません。TwitterはPost紙の記事への言及を禁止し、同紙をプラットフォームから一時的に停止した。他のメディアは--今ではノートパソコンが実在し、ニュース価値があったことを認めているが--この話を取り上げるのを拒否している。

ザッカーバーグのインタビュー後に発表された声明の中で、FBIは「潜在的な脅威の情報を、ソーシャルメディア・プロバイダーを含む米国の民間企業に定期的に通知し、脅威に対するより良い防御方法を決定できるようにしている」と述べている。しかし、同機関は、"企業に行動を求めたり、指示したりすることはできない "と付け加えた。FBIは、ノートPCの中身を "脅威 "とした理由については詳しく説明しなかった。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 09:12| Comment(0) | 国際・政治

パキスタンで大洪水




A third of Pakistan under water – official
The country is faced with a crisis of “unimaginable proportions,” climate change minister Sherry Rehman says
A third of Pakistan is under water as a result of flooding caused by record monsoon rains, the South Asian country’s climate change minister, Sherry Rehman, has said.

“It's all one big ocean, there’s no dry land to pump the water out,” Rehman told the news agency AFP on Monday.

Pakistan spans 881,913 square kilometers (340,509 square miles), which makes it the world’s 33rd-largest country by area, ahead of the likes of Turkey, France and Germany. Inhabited by almost 242 million people, it’s also the fifth most populated nation in the world.

What’s happening in Pakistan now is “very far from a normal monsoon – it is climate dystopia at our doorstep,” the minister said.

The flooding has created a crisis of “unimaginable proportions” in the country, she added.

In a separate interview with Deutsche Welle, Rehman claimed that “we've had to deploy the navy for the first time to operate in Indo-Pakistan” because such vast areas are being covered with water.

The death toll since mid-June from the monsoon rains had reached 1,061 as of Monday, according to the National Disaster Management Agency.

More than 3,000 roads have been destroyed, with 130 bridges and 495,000 homes damaged by flash floods, the agency said.

Rehman estimated last week that the disaster had affected around 33 million people in the country.
パキスタンのシェリー・レーマン気候変動相は、記録的なモンスーン雨による洪水の結果、パキスタンの3分の1が水没していると述べた。

レーマン大臣は、月曜日、AFP通信社に対し、「すべてが一つの大きな海であり、水を汲み上げる乾いた土地はない」と述べた。

パキスタンは881,913平方キロメートル(340,509平方マイル)あり、トルコ、フランス、ドイツを抜いて世界で33番目に面積の大きな国である。約2億4,200万人が暮らすこの国は、世界で5番目に人口の多い国でもある。

パキスタンで今起こっていることは、「通常のモンスーンとはかけ離れており、気候のディストピアが目の前にある」と大臣が述べた。

洪水は、同国に「想像を絶する」危機をもたらしたと、大臣は付け加えた。

レーマンはドイツ放送協会とのインタビューで、広大な地域が水に覆われているため、「インド・パキスタンで活動するために初めて海軍を派遣しなければならなくなった」と主張した。

国家災害管理庁によると、6月中旬以降のモンスーン雨による死者は、月曜日の時点で1,061人に達している。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

インドとの国境通過点を開けたりして住民が食料を求められるようにしています。
posted by ZUKUNASHI at 08:37| Comment(0) | 国際・政治