ずくなしの冷や水

2022年08月24日

Bill Holter Warns Of 'Dark Times Ahead, Even For The Prepared

posted by ZUKUNASHI at 22:37| Comment(0) | 国際・政治

ロシア、アゾフの指揮官2人に懸賞金をかける

Russia places bounty on two Azov commanders
Moscow is offering a reward for information on two Ukrainian nationalist leaders accused of torturing and killing Russian POWs
Moscow will offer a reward for any information leading to the capture of two commanders of Ukraine’s notorious Azov regiment who are accused of brutally torturing and murdering Russian POWs, the Ministry of Internal Affairs announced on its website on Wednesday.

The bounty has been placed on 28-year-old Konstantin Nemichev and 26-year-old Sergey Velichko, who have served as commanders in the Azov regiment. The unit was declared a terrorist organization by Russia’s Supreme Court in June. Both of the fighters have been put on the international wanted list, as well as Russia’s “ten especially dangerous wanted criminals" list.

“The leadership of the Ministry of Internal Affairs of the Russian Federation has decided to offer a reward for assistance in detaining the commanders of the Ukrainian nationalist battalion Konstantin Nemichev and Sergey Velichko, accused of committing a crime under Article 317 of the Criminal Code of the Russian Federation,” the ministry’s press service wrote, adding that one million rubles (~$16,600) will be paid out for information on each individual.

The ministry previously called for the arrest of the two Azov commanders back in May after Russia’s Investigative Committee had identified them as being responsible for “causing multiple bodily harm, including with the use of firearms” to at least eight Russian servicemen, which carries a maximum sentence of life in prison.

Both Nemichev and Velichko are currently part of the Kraken regiment operating near the city of Kharkov, which primarily consists of Azov veterans and other neo-Nazi fighters and volunteers.

The regiment describes itself as a special reconnaissance and sabotage unit under the Ukrainian Ministry of Defense, operating separately from the Armed Forces. Last week, Russia’s Defense Ministry claimed that Kraken forces had executed some 100 fellow Ukrainian soldiers who had abandoned their positions amid a Russian breakthrough in the Kharkov region. According to Moscow, the executions were carried out to “suppress panic and intimidate the personnel of the Armed forces of Ukraine.”
モスクワは、ロシア人捕虜を拷問し殺害した罪に問われているウクライナの民族主義者指導者2人の情報に対して報奨金を提供することを明らかにした
モスクワは、ロシア人捕虜を残酷に拷問し殺害したとされるウクライナの悪名高いアゾフ連隊の2人の司令官の逮捕につながる情報に対して報奨金を提供すると、内務省が水曜日にそのウェブサイトで発表した。

懸賞金は、アゾフ連隊の司令官を務めた28歳のコンスタンティン・ネミチェフ氏と26歳のセルゲイ・ベリチコ氏にかけられた。この連隊は6月にロシアの最高裁判所からテロ組織と認定された。戦闘員の2人は、国際指名手配リストと、ロシアの「特に危険な指名手配犯10人」のリストに載せられている。

「ロシア連邦内務省の指導部は、ロシア連邦刑法第317条に基づく犯罪を犯した罪に問われているウクライナ民族主義大隊の司令官、コンスタンティン・ネミチェフとセルゲイ・ヴェリチコを拘束するための支援に報奨金を出すことを決定した」と同省報道部は書き、各個人の情報に対して100万ルーブル(〜1万6600ドル)が支払われることを付記している。

同省は5月、アゾフの2人の司令官を、少なくとも8人のロシア軍人に「銃器の使用を含む複数の身体的危害を加えた」責任者として特定し、逮捕を要求したことがある。

ネミチェフとベリチコの両名は現在、ハリコフ市近郊で活動するクラーケン連隊の一員で、主にアゾフ帰還兵やその他のネオナチの戦士や志願兵で構成されています。

この連隊は、ウクライナ国防省傘下の特殊偵察・破壊工作部隊で、軍隊とは別に活動していると説明している。先週、ロシア国防省は、ハリコフ地方でのロシアの躍進に伴い、クラーケン軍が陣地を放棄した約100人の仲間のウクライナ人兵士を処刑したと主張した。モスクワによると、処刑は「パニックを抑え、ウクライナ軍の人員を威嚇する」ために行われた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。



posted by ZUKUNASHI at 22:34| Comment(0) | ウクライナ

高知県 ご注意を! 感染者高水準 死者が急増のようです






過去52日間に増加した死者、人口100万人当たり。


posted by ZUKUNASHI at 18:40| Comment(0) | Covid19

ウクライナ・米国はザポリージェ原発の破壊をやる気らしい





水は屋内退避のために何よりも重要。しかし、食品の準備を言っていません。救急キットなどは役に立たない。ウクライナの集合住宅には地下室があるようですから、それを使わせるはずですが、言及しているでしょうか。
書類
薬とマスク
水、食べ物
電話、ラジオ
は言っています。

Ukrainian spies detained at nuclear plant – Russia
Two workers at the Zaporozhye facility have been providing information to Kiev, the Russian National Guard has claimed
Russian forces have detained two employees of the Zaporozhye Nuclear Power Plant in southern Ukraine, who have been providing information on troops and hardware locations to Kiev’s forces, the Russian National Guard (Rosgvardiya) said on Wednesday.

“Apart from that, a violator of access control [to the plant], an accomplice of the Armed Forces of Ukraine, who transmitted the coordinates of the movement of columns of Russian military hardware, has been detained,” they added.

After seizing control of the power station on March 4, Russian forces have detained 26 violators of access control to the plant – the largest nuclear power plant in Europe, the National Guard revealed. The facility continues to operate with local staff, while Russian troops patrol the premises and check for explosive devices and unexploded munitions, the National Guard said.

They noted that “Specialists of the nuclear, biological and chemical defense of the National Guard, together with colleagues from the Ministry of Defense, daily, several times a day, monitor the situation by measuring radiation levels at control points along the perimeter of the facility.”

In recent weeks, the nuclear power plant and the nearby city of Energodar have been repeatedly shelled by Kiev’s forces. The attacks damaged multiple buildings on the premises of the plant, causing fires and power outages, according to the Russian Defense Ministry.

Moscow has warned that the continuing attacks could ultimately render the power plant inoperable and might even result in a major disaster similar to the one in Chernobyl in 1986. Kiev and some Western officials, however, have accused Russia of shelling the plant, despite the fact that it is controlled by Russia’s own troops.
posted by ZUKUNASHI at 18:38| Comment(4) | 福島原発事故

ウクライナの「汚い爆弾」は9カ国に影響 - 核専門家

‘Dirty bomb’ in Ukraine would affect nine countries – nuclear expert
A former top USSR nuclear inspector warns it’s hard to predict where else the wind would blow the particles

A total of nine countries could be contaminated if the Russian-controlled Zaporozhye nuclear power plant in southern Ukraine is hit by multiple launch rocket systems, a former chief inspector of the USSR’s nuclear authority told RT.

Russian troops established control of the Zaporozhye NPP, Europe’s largest facility of the kind, early on in the course of military operations in Ukraine. Since then, Russia has repeatedly accused Kiev of launching artillery and drone strikes on the facility. Ukrainian officials claimed that the Russians were shelling themselves to discredit Kiev.

In an interview published on Tuesday, Vladimir Kuznetsov warned that if the plant is hit by volley fire, with numerous missiles striking the storage facility that holds spent nuclear fuel, chances are that more than one container would be damaged. This scenario would entail radiation escaping “into the environment – hence the contamination of not only the industrial site but also the Dnepr river which is nearby,” the expert noted.

Kuznetsov also pointed out that such a strike would most likely be accompanied by a fire, and “God knows where the wind would send the combustion products.”

The former chief inspector surmised that should 20 to 30 containers be breached in such an attack, the “radiation would affect approximately nine countries: Turkey, Bulgaria, Romania, Slovakia, the Czech Republic, Poland, the Baltic states and obviously Western Ukraine.”

Russian forces took over the Zaporozhye nuclear power plant in early March, within the first two weeks of Moscow’s military campaign against its neighbor.

In recent weeks, the Russian military has accused Ukraine of deliberately targeting the facility multiple times and warned that a major nuclear disaster, akin to that at Chernobyl in 1986, or even worse, could happen if such attacks continue unchecked.

Kiev, meanwhile, denies these allegations and claims that it is Russian forces that are shelling the power plant to frame the Ukrainian military – a point of view shared by the US and EU. The UN has called the attacks “suicidal” and proposed sending an International Atomic Energy Agency delegation to the site to provide “technical support” and help avoid a further escalation.

On Tuesday, local government administration member Vladimir Rogov told Russian media that Ukrainian forces had fired multiple rockets directly at the coolant systems and nuclear waste storage site inside the facility.

Since the storage site is out in the open, any hit would result in the release of nuclear waste ranging from dozens to hundreds of kilograms and lead to contamination of the area, the official explained.

“In plain language, that would be like a dirty bomb,” said Rogov.

元ソ連トップの核査察官は、風が粒子を他にどこに飛ばすか予測するのは難しいと警告している

ロシアが支配するウクライナ南部のザポロージエ原子力発電所が複数の発射ロケットシステムによって攻撃された場合、合計9カ国が汚染される可能性があると、ソビエト連邦の原子力当局の元主任検査官がRTに語った。

ロシア軍は、ウクライナでの軍事作戦の早い段階で、この種の施設としてはヨーロッパ最大のザポロージエ原子力発電所の支配権を確立した。それ以来、ロシアはキエフがこの施設に砲撃やドローンによる攻撃を行ったと繰り返し非難している。ウクライナ当局は、ロシアがキエフの信用を落とすために自ら砲撃していると主張している。

ウラジーミル・クズネツォフ氏は、火曜日に発表されたインタビューの中で、もし原発が砲撃され、多数のミサイルが使用済み核燃料を保管している貯蔵施設を攻撃すれば、複数の容器が損傷する可能性があると警告しています。この場合、放射能は「環境中に放出され、工業地帯だけでなく、近くにあるドニエプル川も汚染される」と専門家は指摘した。

さらにクズネツォフ氏は、このような攻撃は火災を伴う可能性が高く、「燃焼生成物が風に乗ってどこへ飛んでいくかは神のみぞ知る」とも指摘した。

元主任検査官は、このような攻撃で20〜30個のコンテナが破損した場合、「放射能はおよそ9カ国に影響を与える」と推測している。トルコ、ブルガリア、ルーマニア、スロバキア、チェコ、ポーランド、バルト三国、そして明らかに西ウクライナだ」。

ロシア軍は3月初旬、モスクワの隣国に対する軍事作戦の最初の2週間で、ザポロージエ原子力発電所を占拠した。

この数週間、ロシア軍はウクライナがこの施設を何度も故意に攻撃したと非難し、このような攻撃が野放しにされ続ければ、1986年のチェルノブイリのような、あるいはそれ以上の大規模な原子力災害が起こり得ると警告している。

一方、キエフ側はこれらの疑惑を否定し、ウクライナ軍を罠にかけるためにロシア軍が発電所を砲撃していると主張しており、この点は米国やEUも同じである。国連はこの攻撃を「自殺行為」と呼び、国際原子力機関(IAEA)の代表団を現地に派遣して「技術支援」を行い、さらなるエスカレーションを回避するよう提案している。

火曜日、地元政府の行政官ウラジミール・ロゴフ氏はロシアのメディアに対し、ウクライナ軍が施設内の冷却装置と核廃棄物貯蔵所に直接複数のロケット弾を発射したと語った。

貯蔵所は野外にあるため、命中すれば数十キロから数百キロの核廃棄物が放出され、周辺地域の汚染につながると説明した。

「分かりやすく言えば、ダーティーボムのようなものだ」とロゴフ氏は言う。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。




posted by ZUKUNASHI at 16:37| Comment(0) | 福島原発事故

米国に異議あり もうアメリカに夢はない


China blames US for Ukraine conflict
Washington created the current crisis, said the Foreign Ministry spokesman in Beijing
A spokesman for the Chinese Foreign Ministry accused the US of starting the crisis in Ukraine and fueling the conflict. Zhao Lijian told reporters at a regular press briefing on Tuesday that Washington should stop playing “world police” and work on creating conditions for peace talks instead.

Zhao was asked about the recent remarks by US State Department spokesperson Ned Price, who once again threatened China with a “very steep cost” should Beijing help Moscow evade Western sanctions – even though there was no evidence China was actually doing so.

Accusing Price of sounding “as if the US were the world police,” Zhao said that China “takes an objective and fair stance and stands on the side of peace and justice” when it comes to Ukraine.
ワシントンが現在の危機を作り出した、と北京の外務省報道官
中国外務省のスポークスマンは、米国がウクライナで危機を開始し、紛争を煽っていると非難した。 趙立堅は火曜日の定期的な記者会見で記者団に、ワシントンは「世界警察」の演技をやめ、代わりに和平交渉の条件を作ることに取り組むべきだと語った。

趙は、米国国務省のスポークスマン、ネッド・プライスからの最近の発言について尋ねられた。ネッド・プライスは、中国が実際にそうしているという証拠はなかったが、北京がモスクワが西側の制裁を回避するのを助けるなら、再び「非常に高額な費用」を負担すると中国を脅した。

「米国が世界の警察であるかのように」聞こえるプライスを非難する趙氏は、ウクライナに関しては、中国は「客観的かつ公正な立場を取り、平和と正義の側に立っている」と述べた。

















次は、日本語で書かれた視野に偏りのない珍しい記事
ロシアが「新世界G8」を提唱_日本人には見えてない世界
遠藤誉 中国問題グローバル研究所所長、筑波大学名誉教授、理学博士




レバノンTV局、「米が全世界での代理戦争を秘密裏に画策」
レバノンのアルマヤーディン・テレビが、「アメリカは、全世界での代理戦争を秘密裏に計画している」と報じました。

アルマヤーディン・テレビによりますと、アメリカによる代理戦争は同国国防総省の監督・管理による「127E」という名目での秘密計画により実施されている、ということです。

米の非営利ニュースサイト・インターセプトが発表した証拠資料によりますと、「127E」の秘密計画には、米国の特殊部隊と他国の兵士による活動が含まれています。

これらの部隊は、2017年から2020年の間に12か国で少なくとも23回の秘密作戦を実施しました。

アルマヤーディン・テレビの報道ではさらに、「インターセプトは、この秘密計画がアジア、太平洋、およびイラク、チュニジア、エジプト、レバノン、シリア、イエメンを含む西アジア諸国の地域で実施されていることを明らかにした」と報じられています。

この計画に関わる要員は、武装グループが存在するマリ、ソマリア、カメルーンを含む多くのアフリカ諸国でも活動しています。

インターセプトはまた、この計画の参加要員がカメルーン軍部隊とつながりがあると報じました。

カメルーン軍部隊は、犯罪や殺人を引き起こしたとして非難されています。

問題の秘密計画は、米軍事会社ブラックウォーターのような傭兵グループのように機能し、米国防総省は、アメリカの特別攻撃部隊を公に活動させたくない世界の地域にアクセスすべく、このグループ計画、活動を利用します。

これらの部隊の任務内容が、米の国会議員や国務省の主要なスタッフにも周知されず隠匿されていることは、注目に値します。



posted by ZUKUNASHI at 16:32| Comment(1) | 国際・政治

コロナ後遺症 時間とともに悪化するとの説が有力に

2022年06月29日
コロナに関する記事 についてのお断り




筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)














コロナ後遺症は時間とともに悪化することが多いとの説が有力になっています。中国のゼロコロナはやはり評価できる。

夏は過労を避け、体力を維持。
感染の恐れがあったら抗ウィルス薬で急いでウィルスの退治
イベルメクチンが副作用が少なく効果があるとの体験者がいる。
posted by ZUKUNASHI at 16:04| Comment(4) | Covid19

イラン

posted by ZUKUNASHI at 15:37| Comment(0) | 国際・政治

ロシア軍ほどに実戦経験のある軍隊はない











posted by ZUKUNASHI at 14:15| Comment(0) | ウクライナ

ワクチンの副作用で社会的混乱が予想される






・・・社会的混乱はあると思います。
posted by ZUKUNASHI at 14:06| Comment(0) | Covid19

検査まで5日 陽性でも処方薬なし



何度も書いてきましたが、状況は変わっていない。管理人は検査後回し、自己投薬優先の覚悟です。
posted by ZUKUNASHI at 14:01| Comment(0) | Covid19

第7波では感染者に対する死亡者の出方が少ないのか、遅いのか

第7波では感染者に対する死亡者の出方が少ないように見えます。ただ、これはタイムラグをもって発生するということなのかはまだわかりません。

韓国についても同様な傾向が見られます。
日本に関しては、第6波で抵抗力のない方が亡くなったことが影響しているのかもしれません。しかし、追加のワクチン接種が進んでいるため、感染者が増えている面があり、新規感染者は第6波の2倍に達し、死亡者も前回のピークを越えてきました。

posted by ZUKUNASHI at 13:54| Comment(0) | Covid19

アゾフの裁判準備整う

posted by ZUKUNASHI at 11:56| Comment(0) | ウクライナ

多様な病気が新型コロナ罹患後の小児においてより発生多い




posted by ZUKUNASHI at 11:48| Comment(0) | Covid19

欧米で干ばつ





・・・欧州の干ばつは激しいようです。焦ってウクライナからの穀物輸入に努めています。アフリカなどに回すつもりなんかないです。

2022年08月10日
Ukraine grain going anywhere but Africa – media


posted by ZUKUNASHI at 10:06| Comment(0) | 国際・政治

欧州冬の陣

f-8">

Germany’s business model is broken – vice chancellor
The country must swallow “bitter medicine” after years of cheap Russian energy, the economy minister explains

German Economy and Climate Action Minister Robert Habeck threw out the country’s entire business model on Monday, saying it relied on cheap energy imports from Russia that will never return.

The vice chancellor’s comments came during his announcement of a special tax on natural gas, intended to redistribute the impact of energy shortages between companies and the general population.

“Germany developed a business model that was largely based on dependence on cheap Russian gas,” Habeck told reporters in Berlin, noting that this also meant dependence on an “enemy” of international law, “liberal democracy and its values.”

“This model has failed and it is not coming back,” he said.

Because Russia has “arbitrarily” interrupted gas deliveries to the EU, Habeck claimed, Germany needs to “rescue companies that have got into difficulties and have to bear that as a national economy,” calling it “bitter medicine” that has to be taken in the process.

“This tax is the fairest possible way to distribute and bear the additional costs that have accrued among the population. The alternative is not no tax. The alternative would have been the collapse of the German energy market and with it, large parts of the European energy market,” Habeck argued.

On Monday, an association of gas pipeline operators settled on a tax of 2.4 euro cents per kilowatt hour, which will take effect in October and run through April 2023. According to estimates published by Reuters earlier in the day, the tax will run a typical household about €500 ($508) per year.

Habeck said that 12 importers have applied for relief so far, and will get about €34 billion ($34.7 billion) in bailouts, accounting for 90% of their additional costs.

“All measures have consequences and some of them are also impositions. But they lead to us being less susceptible to blackmail and thus being able to decide on our energy supply independently of Russia. And thus, in the end, we can also act sovereignly in terms of foreign and security policy,” he told reporters.

Germany has long relied on Russian natural gas to fuel its manufacturing industry. This model has taken one blow after another over the past several years, however, between Covid-19 lockdowns that disrupted international trade, Habeck’s Green Party bringing its climate-change agenda to the ruling coalition, and EU embargoes against Russia on account of the conflict in Ukraine.

Russia has pledged to fulfill all outstanding gas contracts, but Germany has not made long-term commitments in part due to environmentalist concerns, leaving Berlin with the skyrocketing prices on the spot market. German authorities refused to certify Nord Stream 2, a fully finished pipeline under the Baltic Sea that was supposed to double the volume of direct Russian imports, even before the conflict in Ukraine escalated in February.

posted by ZUKUNASHI at 09:55| Comment(0) | ウクライナ

米国はロシア側からの報復を見込んでいる



posted by ZUKUNASHI at 07:55| Comment(0) | ウクライナ