ずくなしの冷や水

2022年08月22日

米国近い将来対外債務不履行に陥る

posted by ZUKUNASHI at 21:22| Comment(0) | 国際・政治

ロシア、ウクライナ紛争終結の可能性を評価

Russia assesses possibility of ending Ukraine conflict
The longer it goes on, the harder it will be to resolve, a top Russian diplomat has said
Western nations are stalling the conflict in Ukraine to cause more damage to Russia, but the longer it lasts, the more difficult it will be to end with a peaceful solution, a senior Russian diplomat has stated.

Ukraine’s current position makes diplomatic contact with Russia impossible, Gennady Gatilov, Russia’s permanent representative to the UN in Geneva, told the Financial Times on Sunday.

The US and its allies are using the hostilities in Ukraine “as a matter of pressure on Russia, as a tool of isolation of Russia … damaging our position, economically, politically,” he said.

Consequently, Kiev broke off direct talks with Russia in March, which promised a potential resolution to the conflict, the diplomat said. Ukrainian President Vladimir Zelensky claimed the talks with Russia were no longer possible after accusing Russia in April of committing war crimes in the town of Bucha near Kiev. Russia denied the allegations.

Zelensky repeatedly said he was ready to talk to his Russian counterpart, Vladimir Putin, to end the conflict, but would do so only after all Russian troops withdrew to the pre-2014 positions. Moscow believes this indicated that there was no “practical platform” for a Putin-Zelensky meeting, Gatilov said.

“Now, I do not see any possibility for diplomatic contacts,” Gatilov told the British newspaper. “And the more the conflict goes on, the more difficult it will be to have a diplomatic solution.”

Russian ties with Western nations have likewise become virtually non-existent, and the delegation he leads has no formal or personal contacts with any Western counterparts, he added.

Russia believes that the US does not care about the interests of Russia’s neighbor and wants to fight Russia “to the last Ukrainian,” the diplomat said.


長引けば長引くほど解決は難しくなるとロシア外交官トップが発言
西側諸国は、ロシアにさらなる損害を与えるためにウクライナ紛争を引き延ばしているが、長引けば長引くほど、平和的解決で終わらせることは難しくなると、ロシアの外交官幹部が明言した。

ウクライナの現在の立場では、ロシアとの外交的接触は不可能だと、ジュネーブの国連常任代表であるゲンナジー・ガチロフ氏は日曜日にフィナンシャル・タイムズ紙に語っている。

アメリカとその同盟国は、ウクライナでの敵対行為を「ロシアへの圧力の問題として、ロシアを孤立させる道具として・・・経済的、政治的に我々の立場を損なっている」と彼は言った。

その結果、キエフは3月、紛争の潜在的な解決を約束したロシアとの直接会談を打ち切ったと、外交官は述べた。ウラジーミル・ゼレンスキー・ウクライナ大統領は、4月にロシアがキエフ近郊のブチャの町で戦争犯罪を犯したと非難した後、ロシアとの会談はもはや不可能であると主張した。ロシアはこの疑惑を否定した。

ゼレンスキーは、紛争を終わらせるためにロシアのウラジーミル・プーチンと話し合う用意があると繰り返し述べたが、そうするのは、すべてのロシア軍が2014年以前の陣地に撤退した後だという。モスクワは、これがプーチン・ゼレンスキー会談の「現実的なプラットフォーム」が存在しないことを示していると考えていると、ガチロフ氏は述べた。

ガチロフ氏は英紙に「今、私は外交的接触の可能性を見出せない」と語った。「そして、紛争が長引けば長引くほど、外交的な解決は難しくなっていくだろう。

ロシアと西側諸国との関係も同様に、事実上存在しなくなり、彼が率いる代表団は、西側諸国の相手と公式にも個人的にも接触していないと、彼は付け加えている。

ロシアは、米国がロシアの隣国の利益には関心がなく、「最後のウクライナ人まで」ロシアと戦いたいと思っていると、外交官は述べた。

・・・・・

ゼレンスキーが捕虜となっているネオナチの公開裁判を始めたらロシアと交渉はないと述べています。ゼレンスキーにとっては、ネオナチの非人道的行為、その指示を出したのがゼレンスキーであることが証言されても、別に評価が変わるとは思っていないでしょう。ゼレンスキーにこれを発言させたのは米国です。引き続き膨大な金銭的支援を予定していますから、国際世論、国内世論が支援見直しに動いては困る。

ですが、すでにロシアとの交渉の余地はほとんどない。2014年のウクライナの境界まで戻すことなど論外です。交渉は、現状からスタートするのが鉄則。

ウクライナ戦争は、このまま進行すれば、ロシアが支配地域を広げウクライナの領土は内陸のみになるまで続くでしょう。ロシアは新ロシア住民が多いところを優先的に占拠し、ルーブルを流通させ、ロシア併合の住民投票の準備を進めています。これらの住民の期待を裏切ることはできない。

結局、ウクライナに戦う兵隊がいなくなるまで戦争は続くでしょう。キエフでは、脱出を急ぐ市民で交通が渋滞し、市民はパニックになっていると伝えられています。

大詰めが違いていると感じます。
posted by ZUKUNASHI at 20:05| Comment(0) | ウクライナ

ゼレンスキー、ネオナチを裁判にかけることに警告

Zelensky warns against putting Neo-Nazis on trial
Russia will “cut itself off” from talks if Azov fighters are prosecuted in Donbass, Ukrainian president insists

There will be no more peace talks with Russia if captured Ukrainian Neo-Nazis are subjected to a “show trial,” the country's President Vladimir Zelensky has claimed.

The authorities of the Donetsk People’s Republic (DPR) have previously said that they are planning tribunals for suspected war crimes committed by Ukrainian troops, including members of the Neo-Nazi Azov Battalion, whose ranks include Hitler-sympathizers with openly ultra-nationalist views.

“If this despicable show trial takes place… This will be the line beyond which any negotiations are impossible. Russia will cut itself off from any negotiations,” Zelensky said in a video address early Monday, adding that such a trial would be a violation of international law.

Zelensky’s statement comes after photos appeared on social media allegedly showing large cages being installed on the stage of the Mariupol Philharmonic. Ukraine’s military intelligence service, the GUR, said that the cells will be used to house Ukrainian troops captured by Russian and Donbass forces during the siege of the Azovstal steel plant in Mariupol. They were largely drawn from the Azov movement

DPR head Denis Pushilin told TASS this month that “active preparations” for the proceedings were underway. “The first tribunal will most likely be held in Mariupol. It will be organized by the end of summer,” he said.

The peace talks between Russia and Ukraine have been stalled since spring.


ドンバスでアゾフ戦闘員が起訴されれば、ロシアは協議から「身を引く」とウクライナ大統領が主張

ウクライナのウラジミール・ゼレンスキー大統領は、捕らえられたネオナチが「見せしめ裁判」にかけられれば、ロシアとの和平交渉はなくなるだろうと主張した。

ドネツク人民共和国(DPR)当局は以前、ウクライナ軍による戦争犯罪の疑いについて裁判を計画していると発言した。その中には、ヒトラーをシンパシーし、公然と超民族主義的な見解を持つネオナチ・アゾフ大隊の隊員が含まれている。

「この卑劣な裁判が行われれば、交渉が不可能になる。ロシアはいかなる交渉からも自らを切り離すだろう」と、ゼレンスキー氏は月曜日の早朝にビデオ演説で述べ、このような裁判は国際法違反になると付け加えた。

ゼレンスキー氏の発言は、マリウポリ・フィルハーモニックのステージに大きな檻が設置されているとされる写真がソーシャルメディアに掲載されたことを受けてのものだ。ウクライナの軍事情報機関GURは、マリウポルのアゾフスタル製鉄所包囲の際にロシア軍とドンバス軍に捕らえられたウクライナ軍を収容するためにこの檻が使われると発表した。彼らは主にアゾフ運動から引き抜かれた

DPRのデニス・プシーリン代表は今月、タス通信に対し、裁判の「活発な準備」が進行中であると語った。「最初の法廷がマリウポリで開かれる可能性が高い。夏の終わりまでには開催されるだろう」と述べた。

ロシアとウクライナの和平交渉は、春以降停滞している。



Donbass responds to Zelensky’s Russia ultimatum
Kiev’s threat to drop talks with Moscow will have “no effect” on war crime trials in Donbass, the DPR’s Denis Pushilin says
President Vladimir Zelensky’s warning that the trials of Ukrainian prisoners of war in Mariupol would effectively torpedo future negotiations with Russia will not deter the planned court proceedings, Donetsk People’s Republic (DPR) head Denis Pushilin said on Monday.

The DPR authorities previously said they would arrange tribunals for suspected war crimes committed by Ukrainian troops, including members of the Azov Battalion, whose ranks include fighters with openly nationalist and neo-Nazi views.

“The data on 80 counts of crimes committed by the Azov has been collected, 23 people have been arrested and are in custody,” Pushilin told Russia 24 TV. “So such statements by Zelensky will have no effect [on the trials].”

In a video address on Monday, Zelensky said that negotiations will not be possible if Ukrainian fighters are subjected to “a show trial.” His statement came after Ukrainian military intelligence officials said that large cages were being installed inside the Mariupol Philharmonic building in preparation for the trials.

Nearly 2,500 Ukrainian soldiers surrendered to Russian and Donbass forces during the siege of the Azovstal steel plant in Mariupol in May, according to the Russian Defense Ministry.

Peace talks between Kiev and Moscow have been stalled since spring.

Russia sent troops into Ukraine on February 24, citing Kiev’s failure to implement the Minsk agreements, designed to give the regions of Donetsk and Lugansk special status within the Ukrainian state. The protocols, brokered by Germany and France, were first signed in 2014. Former Ukrainian President Pyotr Poroshenko has since admitted that Kiev’s main goal was to use the ceasefire to buy time and “create powerful armed forces.”
キエフがモスクワとの協議をやめると脅しても、ドンバスでの戦争犯罪裁判には「何の影響もない」と民主共和国のデニス・プシーリン氏が述べた。
ウラジーミル・ゼレンスキー大統領が、マリウポルでのウクライナ人捕虜の裁判は将来のロシアとの交渉に事実上水を差すことになると警告したが、ドネツク人民共和国(DPR)の代表デニス・プシーリンは月曜日に、計画中の裁判を阻止することはできないだろうと述べた。

DPR当局は以前、ウクライナ軍による戦争犯罪の疑いについて法廷を手配すると述べていた。その中には、民族主義やネオナチの考えを公然と持つ戦闘員が所属する「アゾフ大隊」のメンバーも含まれる。

「アゾフ大隊が犯した80件の犯罪に関するデータは収集され、23人が逮捕され、拘留されている」とプシリン氏はロシア24TVに語った。"だから、ゼレンスキーのそのような発言は、(裁判に)何の影響も与えないだろう"。

月曜日のビデオ演説で、ゼレンスキーは、ウクライナ人戦闘員が "ショー・トライアル "にさらされれば、交渉は不可能になると述べた。彼の発言は、ウクライナ軍情報当局が、裁判の準備のためにマリウポリ・フィルハーモニック・ビル内に大きな檻が設置されていることを明らかにした後に出たものだ。

ロシア国防省によると、5月にマリウポルのアゾフスタル製鉄所を包囲した際、約2500人のウクライナ兵がロシア軍とドンバス軍に降伏したという。

キエフとモスクワの和平交渉は春以降、停滞している。


posted by ZUKUNASHI at 19:14| Comment(0) | ウクライナ

ロシアと米欧の対立がさらに強まると情報源の切り替えを余儀なくされるでしょう



ツイッターの情報が米欧寄りの情報だけになる恐れがあります。
管理人は、その場合、海外情報の収集は、海外の個別のサイト何カ所かとTelegramチャンネルに切り替える予定です。掲載する情報量も大幅に減るでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 15:42| Comment(0) | 社会・経済

トリックルダウンの嘘

posted by ZUKUNASHI at 15:06| Comment(0) | 社会・経済

このグラフはすごい





posted by ZUKUNASHI at 14:09| Comment(2) | Covid19

子供のオミクロンは頭にくる 脳機能障害で死ぬ子も出る



2022年05月02日
コロナによる急性脳症

子供の死亡事例が伝えられていますが、最近は肺炎で亡くなる例は少なく、療養中に容態悪化して死亡という例が多いです。

多臓器不全症というわけでもない。小児多臓器炎症症候群という呼ばれるものあるようですが。

注目されるのは、回復してもり患前のような活発さが失われ、無気力が目立つようになる例があります。

子供のオミクロンは頭にくる。じわじわと脳機能が侵され、最悪は死亡、回復しても脳機能に障害が出るということです。

間もなく学校が再開します。さて通わせるかどうするか、親御さんは悩みますね。

脳にくるのは、子供だけではありません。年配者もコロナ感染後認知症が進みます。

2022年08月18日
コロナにかかると認知症が進む


posted by ZUKUNASHI at 13:37| Comment(0) | Covid19

チベットのPCR検査風景

posted by ZUKUNASHI at 11:57| Comment(0) | Covid19

キエフがパニックになっている




bunker-buster:地中貫通爆弾(ちちゅうかんつうばくだん) ザポリージェ原発の破壊に使われると考えられています。

posted by ZUKUNASHI at 10:01| Comment(0) | ウクライナ

BA.2.76 驚異の感染力


チベットのラサから北京への飛行機で3人の感染者から36人が感染。13列離れた乗客も感染。全員マスク着用。マスクは4時間ごとに交換が必要。
posted by ZUKUNASHI at 08:16| Comment(0) | Covid19

2022/08/22

British soldiers to prepare for fighting Russia
Warrant Officer Paul Carney advised troops to discuss a potential deployment with their families
The UK’s top ‘other ranks’ soldier has said that British troops must be ready to fight Russia, and should prepare their families for the prospect of an “extended” deployment. His advice comes after the UK’s new head of General Staff said that British forces must become capable of “defeating Russia in battle.”

Writing for the latest issue of the British Army’s ‘Soldier’ magazine, Carney said that “the Army is shaping itself to meet the threat from Russia,” and “will be ready, with the right equipment, to play our part in deterring a future war in Europe.”

“Deterring” in this case seemingly means deploying. “I want us all to check we are physically fit for operations. And it is also important we prepare loved ones and families, who often have the hardest role in our absence,” he continued.

“My ask is that you have discussions about a potential deployment with them now…we could be out of contact for extended periods on tour.”

Carney’s warning does not signal an imminent change in the UK’s role in the conflict in Ukraine. However, a warning in June by Britain’s new chief of the General Staff, General Patrick Sanders, suggests that the Army views Russia as its next major opponent.

“There is now a burning imperative to forge an Army capable of fighting alongside our allies and defeating Russia in battle,” Sanders wrote in a letter to his charges. “We are the generation that must prepare the Army to fight in Europe once again.”

The UK has given Ukraine £2.3 billion ($2.7 billion) in military aid since Russia’s military operation began in February. British forces are currently training Ukrainian recruits in the UK, and its intelligence agencies are allegedly sharing information with their Ukrainian counterparts.

The UK is a member of the NATO alliance, and in the event that it became involved in open war with Russia, the bloc’s 29 other member states, including the US, would be obliged to enter the conflict.

ロシアとの戦いに備える英兵たち
ポール・カーニー准将は、部隊に配備の可能性について家族と話し合うよう助言した。
英国の「その他の階級」のトップである兵士が、英軍はロシアと戦う準備をしなければならず、「長期」派遣の可能性に備えて家族に準備をさせるべきだと発言した。彼の助言は、英国の新しい参謀本部長が、英国軍は "戦闘でロシアを打ち負かす "ことができるようにならなければならないと述べたことを受けてのものである。

カーニーは、英国陸軍の「ソルジャー」誌の最新号に寄稿し、「陸軍はロシアの脅威に対応できるよう体制を整えている」、「適切な装備で、将来のヨーロッパでの戦争を抑止する役割を果たす準備ができるだろう」と述べた。

この場合の "抑止 "は、配備を意味するようだ。この場合の "抑止 "は派兵を意味するようだ。「私たち全員が作戦に適した身体であることを確認してほしい。また、私たちが不在の間、最も困難な役割を担うことになる愛する人や家族への準備も重要です」と彼は続けた。

「ツアー中に長期間連絡が取れなくなる可能性もある。

カーニー氏の警告は、ウクライナ紛争における英国の役割に差し迫った変化があることを示すものではない。しかし、英国の新参謀長パトリック・サンダース将軍が6月に出した警告は、陸軍がロシアを次の主敵と見なしていることを示唆している。

「同盟国とともに戦い、戦場でロシアを打ち負かすことのできる軍隊を作ることが、今、切実に求められている」サンダースは参謀本部への手紙の中でこう書いている。"我々は、もう一度ヨーロッパで戦うための陸軍を準備しなければならない世代なのです。"

英国は2月にロシアの軍事作戦が始まって以来、ウクライナに23億ポンド(約2700億円)の軍事援助を行ってきた。英国軍は現在、英国内でウクライナの新兵を訓練しており、その情報機関はウクライナの担当者と情報を共有しているとされる。

英国はNATOの一員であり、ロシアとの開戦に巻き込まれた場合、米国を含む同連盟の他の29カ国は紛争に参戦する義務がある。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

Pakistani police surround Imran Khan's home
A speech by the ex-PM was barred from TV over “threats” against political foes, while YouTube was blocked nationwide
Ousted former Pakistani Prime Minister Imran Khan has been charged with violating the country’s anti-terrorism laws for allegedly threatening a female judge and two senior police officials during a rally in Islamabad on Saturday night. Video reportedly shot at his home on Sunday evening shows police surrounding the residence hours after a police report was filed against him.

In his speech during Saturday’s rally, Khan threatened to file charges of his own against Judge Zeba Chaudhry, two police agencies, the Pakistani Election Commission, and other political opponents, warning they should prepare to face “consequences” over their abysmal treatment of his chief of staff, Shahbaz Gill. He had organized the rally in Islamabad’s F-9 Park in solidarity with Gill, who was arrested last week on sedition charges.

Later that night, the country’s digital media watchdog, called PEMRA, forbid satellite stations from airing the speech – or any future live addresses from the ex-prime minister – without a time-delay mechanism “to ensure effective monitoring and editorial control.”

Khan has been “continuously targeting state institutions by leveling baseless accusations and spreading hate speech through his provocative statements against state institutions and officers,” PEMRA explained in its directive on preemptively censoring the politician. Khan’s so-called “hate speech” was “prejudicial to the maintenance of law and order and is likely to disturb public peace and tranquillity,” they claimed.

Khan’s attempt to livestream his speech on YouTube was also stymied when the Google-owned video platform was taken offline in a coordinated move by eight Pakistani internet service providers, according to Netblocks. The site returned to functionality as soon as Khan finished speaking.

Khan was ousted as prime minister in April following a controversial no-confidence vote that he dismissed as a US-led conspiracy to have him removed for opposing Washington’s “forever wars” in Central Asia and the Middle East.
posted by ZUKUNASHI at 07:04| Comment(0) | 国際・政治