ずくなしの冷や水

2022年08月20日

米国がウクライナ紛争の当事者になる



US on verge of directly joining Ukrainian conflict – Moscow
Washington has been encouraging Kiev to attack Russian territory, deputy foreign minister says

Washington’s continued support for Kiev during Moscow’s military operation has put the US on the verge of becoming party to the Ukrainian conflict, Russia’s deputy Foreign Minister, Sergey Ryabkov has said.

“We don't want escalation. We’d like to avoid a situation, in which the US becomes a party to the conflict, but so far we don’t see any readiness of the other side to take these warnings seriously,” Ryabkov told Rossiya 1 TV channel on Friday.

Moscow rejects Washington's explanation, that providing Ukraine with weapons and other aid is justified by Kiev’s right to self-defense, he pointed out.

“Excuse me, what kind of self-defense is it if they are already openly talking about the possibility of attacking targets deep in the Russian territory, in Crimea?” the deputy FM wondered.

According to Ryabkov, such statements are being made by the Ukrainian side “not just under the blind eye of the US and NATO, but with the encouragement of this kind of sentiment, approaches, plans and ideas directly from Washington,” Ryabkov insisted.

“The ever more obvious and deeper involvement in Ukraine in terms of countering our military operation, in fact, puts this country, the US, on the verge of turning into a party to the conflict,” he reiterated.

The US has been the strongest supporter of Kiev amid its conflict with Russia, providing Kiev with billions of dollars in military and financial aid, as well as intelligence data. Washington’s deliveries to the Ukrainian military have included such sophisticated hardware as HIMARS multiple rocket launchers, M777 howitzers and combat drones.

Reuters reported on Friday that US President Joe Biden is about to announce another lethal aid package for Kiev of around $800 million.

An unnamed official from the Biden administration told Politico on Thursday that the White House had no problem with Ukraine attacking Crimea, which became part of Russia after a 2014 referendum staged in response to a violent coup. The US believes that Kiev can strike any target on its territory, and “Crimea is Ukraine,” the American official insisted.

There have recently been a number of explosions near a Russian ammunition depot and at a military airfield in Crimea, which the Defense Ministry said were acts of “sabotage.” However, Ukrainian authorities haven’t officially confirmed involvement in the attacks.

Russia sent troops into Ukraine on February 24, citing Kiev’s failure to implement the Minsk agreements, designed to give the regions of Donetsk and Lugansk special status within the Ukrainian state. The protocols, brokered by Germany and France, were first signed in 2014. Former Ukrainian President Pyotr Poroshenko has since admitted that Kiev’s main goal was to use the ceasefire to buy time and “create powerful armed forces.”
posted by ZUKUNASHI at 22:51| Comment(0) | 国際・政治

the US/EU ever did projects like this in Africa?

posted by ZUKUNASHI at 22:43| Comment(0) | 国際・政治

ある種のバンカーバスター爆弾、おそらく戦術核を使用する

posted by ZUKUNASHI at 22:40| Comment(0) | 福島原発事故

EU、ロシア人の「ナチス政策」想起を禁止するよう呼びかけ - モスクワ

EU calls to bar Russians recall ‘Nazi policies’ – Moscow
Russophobic ideas are being actively promoted within the bloc, Sergey Shoigu has said
Calls to ban Russian citizens from entering the EU, now being pushed by some of the bloc’s member states, are reminiscent of “Nazi policies,” Russian Defense Minister Sergey Shoigu said on Saturday.

“We are now witnessing another vivid manifestation of Nazi policies: speaking from high podiums, [European officials] are actively promoting the Russophobic idea of barring all Russian citizens from entering EU countries,” he told the plenary session of the First International Anti-Fascist Congress, which is part of the ‘Army-22’ international military technology forum.

Shoigu also expressed alarm that the results of the Nuremberg trials detailing crimes against humanity committed by the Nazis are being reassessed in a number of countries, especially in the Baltic region.

“SS legionnaires’ marches have become a tradition in Estonia and Latvia; monuments and obelisks are being erected in honor of war criminals. Nazi slogans are openly proclaimed in the streets of Lithuanian cities,” he said.

The defense minister recalled that fascist regimes came to power in many European countries in the 1930s, including Germany, where the Nazi ideology proved to be the most radical and expansionist form of fascism. He also underlined that international capital was instrumental in Nazis’ ascent to power.

“It is abundantly clear that the financial and economic cooperation between the Anglo-American and Nazi business circles was one of the main factors that led to the Second World War,” Shoigu said, adding that the Soviet Union was the country that had borne the brunt of Nazi aggression.

On this point, the minister noted that “history lessons had been poorly learned by those who rely on their own strength and commit violence.”

“The bombing campaign on Yugoslavia, the wars in Afghanistan, Iraq and Libya, cultivating terrorist structures in Syria – specific authors and actors always stand behind all these and similar crimes. The responsibility for such actions and their consequences rests entirely on the leadership of the United States and NATO,” he stated.

Shoigu’s comments followed a decision by the Estonian government on Tuesday to remove several Soviet-era war memorials in Ida-Viru County, including a historic T-34 tank in the provincial capital of Narva. This monument has been a flash point for tensions between Estonia’s nationalistic government and the city’s Russian community.

Many Tallinn officials view Soviet memorials as a reminder of a historical period that they consider to have been an occupation, while others see them as a symbol of the sacrifices made during World War II and the victory over Nazi Germany.

Estonia recently barred most Russian citizens with Schengen visas issued by the Baltic nation from entering the country, while Finland announced this week that it would be cutting the number of entry visas available to Russians by half.

ロシア人嫌いの思想がEU内で積極的に推進されていると、セルゲイ・ショイグ氏が述べた。
ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相は土曜日、EU加盟国の一部で進められているロシア人入国禁止の呼びかけは、「ナチスの政策」を思い起こさせるものであると述べた。

我々は今、ナチスの政策のもう一つの鮮やかな姿を目撃している。高い演壇から発言している(ヨーロッパの)当局者は、ロシア国民全員のEU諸国への入国を禁止するというロシア嫌いの考えを積極的に推進している」と、国際軍事技術フォーラム「アーミー22」の一部である第1回国際反ファシスト会議の全体会議で述べた。

ショイグ氏はまた、ナチスが犯した人道に対する罪について詳述したニュルンベルク裁判の結果が、多くの国、特にバルト海沿岸地域で再評価されつつあることに警鐘を鳴らした。

「エストニアやラトビアでは親衛隊の行進が伝統となり、戦犯を称えるモニュメントやオベリスクが建てられている。リトアニアの街角では、ナチスのスローガンが公然と叫ばれている」と述べた。

国防相は、1930年代にドイツを含む多くのヨーロッパ諸国でファシスト政権が誕生し、ナチスの思想が最も過激で拡張主義的なファシズムの形態であることが証明されたことを想起した。また、国際資本がナチスの権力獲得に貢献したことを強調した。

「英米財界とナチス財界の金融・経済協力が、第二次世界大戦を引き起こした主な要因の一つであることは明白だ」と述べ、ナチスの侵略の矢面に立ったのはソ連であったと付け加えた。

この点について同大臣は、"歴史の教訓は、自らの力に頼って暴力を振るう人々によって、十分に生かされていなかった "と指摘した。

"ユーゴスラビアへの空爆作戦、アフガニスタン、イラク、リビアでの戦争、シリアでのテロ組織の育成、これらすべてと同様の犯罪の背後には常に特定の作者と行為者が立っている。このような行動とその結果に対する責任は、すべて米国とNATOの指導者にあるのです」と述べた。

ショイグのコメントは、エストニア政府が火曜日に、州都ナルヴァにある歴史的なT-34戦車を含む、イーダ=ヴィル郡のいくつかのソ連時代の戦争記念碑を撤去することを決定したことを受けたものである。この記念碑は、エストニアの民族主義的な政府と同市のロシア人コミュニティとの間の緊張の火種となってきた。

タリンの関係者の多くは、ソ連の記念碑を、自分たちが占領されていたと考える歴史的時代を思い起こさせるものと見ている。一方、第二次世界大戦中の犠牲とナチスドイツに対する勝利のシンボルと見る者もいる。

エストニアは最近、バルト三国が発行するシェンゲン・ビザを持つほとんどのロシア人の入国を禁止し、フィンランドは今週、ロシア人が取得できる入国ビザを半分に減らすと発表した。
posted by ZUKUNASHI at 21:48| Comment(0) | 国際・政治

フランスの沈黙の森

posted by ZUKUNASHI at 21:45| Comment(0) | 国際・政治

コロナ 5類になったら、断固入院拒否



・・・全額自己負担の請求総額175万円。3割自己負担で50万円を超しますね。私は1割負担で17万5千円。いやだ! 払いたくない! 5類になったら、断固入院拒否だ。

町中に患者が溢れますね。


posted by ZUKUNASHI at 21:32| Comment(6) | Covid19

ロシア、ウクライナの攻撃でチェルノブイリ再来を警告

Russia warns of another Chernobyl over Ukraine's attacks

Kiev’s shelling of the Zaporozhye nuclear power plant could result in a worst-case scenario, Moscow warns
Ukraine’s ongoing attacks on the Russia-controlled Zaporozhye nuclear power plant may cause a far worse disaster for Europe than the current energy crisis, a Russian Defense Ministry official has warned.

Igor Kirillov, who heads Russia’s Nuclear Biological and Chemical Defense Troops, illustrated the likely worst-case scenario of a direct hit on Europe’s largest nuclear plant, during a briefing on Thursday. He showed journalists a map, with plumes of radioactive material from the site reaching Poland, Slovakia, Romania, Moldova, Belarus and even Germany.

He blamed Ukraine's Western backers for trying to downplay the danger of targeting the atomic plant, and forgetting the lessons of the 1986 Chernobyl disaster and the 2011 Fukushima nuclear incident.

According to Kirillov, both disasters involved “the failure of support systems, the disruption of power supply and partial and complete shutdown of the cooling systems, which led to overheating of nuclear fuel and the destruction of the reactor”.

The fallout of the Chernobyl disaster affected some 20 countries, while causing 4,000 deaths, a major spike in cancer cases, and the permanent relocation of around 100,000 people. The effects of the Fukushima nuclear incident might seem “insignificant” at first glance, but up to 500,000 people have abandoned their homes because of it, he noted.

“Our experts believe that the actions of the Ukrainian armed forces may cause a similar situation at the Zaporozhye nuclear power plant,” Kirillov said.

Strikes by the Kiev forces could render the plant’s cooling systems and other support infrastructure inoperable, which would lead “to overheating of the core and, as a result, the destruction of reactor units at the largest nuclear power plant in Europe, with the release of radioactive substances into the atmosphere and their spreading for hundreds of kilometers,” he warned.

“Such an emergency will cause mass migration of the population and will have more catastrophic consequences than the looming energy crisis in Europe,” the military official added.

Moscow has accused Kiev of carrying out 12 attacks on the nuclear facilitity, which provides energy to both Russian- and Ukrainian-controlled areas, since mid-July.

Ukraine insists that Russian forces are shelling the site, while accusing them of stationing military hardware at the plant. The Russian side has denied both accusations, while also urging International Atomic Energy Agency (IAEA) experts to visit the Zaporozhye facility to see what is actually happening.

キエフのザポロジェ原子力発電所への砲撃は、最悪のシナリオをもたらす可能性があるとモスクワは警告している。
ウクライナが現在行っている、ロシアが管理するザポロジェ原子力発電所への攻撃は、現在のエネルギー危機よりもはるかにひどい災害をヨーロッパにもたらすかもしれないと、ロシア国防省の高官が警告を発している。

ロシアの核・生物・化学兵器防衛部隊を率いるイゴール・キリロフ氏は、木曜日のブリーフィングで、ヨーロッパ最大の原子力発電所を直撃した場合の最悪のシナリオを説明した。彼は、ポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、ベラルーシ、そしてドイツにまで達する原発からの放射性物質のプルームを地図で記者に示した。

彼は、ウクライナの西側支援者が原発を標的にすることの危険性を軽視しようとし、1986年のチェルノブイリ原発事故と2011年の福島原発事故の教訓を忘れていると非難した。

キリロフ氏によると、どちらの事故も「支援システムの故障、電力供給の途絶、冷却システムの一部または全部の停止により、核燃料が過熱し、原子炉が破壊された」ものだという。

チェルノブイリ原発事故の影響は約20カ国に及び、4,000人が死亡、がん患者が急増し、約10万人が永久移住した。福島原発事故の影響は一見「取るに足らない」ように見えるかもしれないが、そのために50万人もの人々が家を捨てている、と指摘した。

キリロフ氏は、「我々の専門家は、ウクライナ軍の行動が、ザポロジェ原発で同様の事態を引き起こす可能性があると考えている」と述べた。

キエフ軍の攻撃により、原発の冷却システムやその他の支援インフラが機能しなくなり、「炉心が過熱し、その結果、ヨーロッパ最大の原発の原子炉ユニットが破壊され、放射性物質が大気中に放出され、それが数百キロメートルにわたって拡散する」ことになると警告している。

「このような緊急事態は、住民の大量移住を引き起こし、ヨーロッパに迫るエネルギー危機よりも破滅的な結果をもたらすだろう」と同軍関係者は付け加えた。

モスクワは、キエフが7月中旬以降、ロシアとウクライナの両統治地域にエネルギーを供給する原子力施設に対して12回の攻撃を行ったと非難している。

ウクライナは、ロシア軍が核施設を砲撃していると主張する一方、ロシア軍が核施設に軍事機材を配備していると非難している。ロシア側はいずれも否定しており、国際原子力機関(IAEA)の専門家がザポロジエの施設を訪れ、実態を確認するよう求めている。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

・・・地図に示されたシミュレーション結果は、西にプルームが飛んだ場合です。気象条件により東に飛ぶこともありますし、南に飛ぶこともあります。ただ、チェルノブイリ原発事故の際にはドイツの東部が強く汚染されていますので、このようなケースは十分に考えられることになりましょう。さて、ポーランドなどの反応がどう出るかです。





posted by ZUKUNASHI at 20:04| Comment(0) | ウクライナ

China will waive the 23 interest-free loans for 17 African countries

posted by ZUKUNASHI at 20:01| Comment(0) | 国際・政治

Rs-28 Sarmat ICBM travels at a speed of MACH 21

posted by ZUKUNASHI at 17:40| Comment(0) | 国際・政治

Covid cases have tripled in Europe over the last 6 weeks




posted by ZUKUNASHI at 16:21| Comment(0) | Covid19

「香港がんばれ!」の皆さん 2年前の事件をどう見ていますか



Blinken deletes tweet saying US would ‘stand with people of Hong Kong’, posts watered-down version
US secretary of state initially put the post up on September 16 but took it down and issued a more muted sentiment, drawing criticism and questions
A spokesman for the Chinese foreign ministry’s Hong Kong office criticised ‘irresponsible comments from certain US politicians’ on Hong Kong
機械翻訳のまま
ブリンケン、米国が「香港の人々と共に立ち上がる」としたツイートを削除し、水増ししたものを投稿

米国の国務長官は当初、9月16日にこの投稿をアップしたが、それを削除し、より穏やかな感情を発表したため、批判と疑問の声が上がった
中国外交部香港事務所のスポークスマンは、香港に関する「特定の米国政治家の無責任なコメント」を批判した。



・・・引用終わり・・・

2019/6の香港騒乱の際に「香港がんばれ!」と声援を送っておられた皆さんはこのブリンケン国務長官の投稿をご覧になりましたか。

あれから2年、香港騒乱をどう振り返っておられますか?

あの事件は中心的活動家が罪に問われ、あっという間に静まりました。活動家は米国に逃亡するという話がありましたが、今どこにいるんでしょう。

あの事件は米国が背後にいて仕掛けていたのです。この後もベラルーシで同じような事件がありました。この時も皆さん、ベラルーシの反政府活動の活動家に声援を送りましたか?

そしてごく最近ではアフガニスタン。米国が背後にいて「民主化」や「女性解放」を旗印にする運動を展開する人たちもいました。ガニ政権の支持者ですが。

ところが、これまで彼らの後盾となっていた米軍は、タリバンとの交渉によって決められた撤退期限が近づくと、夜逃げするように逃げ出しています。

シリア戦争も実のところは、同じ構図です。凶悪なテロリストを欧米は moderate rebels 穏健派反政府勢力 だと言っています。そして欧米がこれらの勢力を資金や武器の供与で支援していることは紛れもない事実です。

「香港がんばれ!」と声援を送った方は、市民が権利を主張することに共感し、善意から発信したのでしょう。ですが、実態は全く異なり、暴力的な被害は活動家の暴力を容認しない非暴力的な市民に多数発生したのです。

結果論ですが、「香港がんばれ!」と声援を送った方は、香港市民の間の暴力行為を是認、助長することとなったのです。

まあ、欧米のMSMがそのような活動家の肩を持つ論調でしたし、日本のマスメディアもそうでした。

ですから、皆さんの行動、発信はとくには目立ちませんでしたが、あの事件を世界史的な背景、現在の国際情勢を踏まえて検討し、現地から流れた米国領事館の関与などの証拠を勘案すれば、これは紛れもない米国の仕掛けたカラー革命の初期発火状態だったのです。

それが中国当局の冷静な対応で失敗に終わった今、米国の国務長官が「香港の人々と共に立ち上がる」などと述べ、香港で不安定状態を作ろうとすれば、世界中が注目し、警戒します。中国との関係がさらに緊張します。

今そんなことを言って本当に何か仕掛けるつもりでしょうか。そんなことは現実的ではない。中国の勢力を抑制したいとしてもやるべき方法はそんなことではない。

今、日本人が、ブリンケンにツイッターで日本の私は米国とともに「香港の人々と共に立ち上がる」「がんばろう」とメンションしたら大変注目されると思います。

前回は米国から支援を受けたテロリストに声援を送り、今回は自らテロリストとして活動することを宣言するようなものです。

現下の国際情勢は、日本のマスコミの情報を読んでいるだけではまったくわかりません。世界のしかも現地に近い関係者、当事者の言い分を聞いて判断することが欠かせませんし、ネット時代ではそれが可能になっています。

・・・・




2019/9の暴動の模様



posted by ZUKUNASHI at 15:56| Comment(0) | 国際・政治

蓮の実


緑色でふっくらとした蓮の実、食べてみませんか?
posted by ZUKUNASHI at 15:46| Comment(0) | 日記

ワクチン接種率割合

posted by ZUKUNASHI at 15:29| Comment(0) | Covid19

覇権への人民諸国の抵抗

posted by ZUKUNASHI at 15:26| Comment(0) | 国際・政治

オミクロン感染で認知機能が低下

posted by ZUKUNASHI at 12:46| Comment(0) | Covid19

フィンランド 女性の首相にコカイン疑惑

Finnish PM responds to drug allegations
Leaked videos of Sanna Marin on a night out have exposed the 36-year-old leader to criticism
Finnish Prime Minister Sanna Marin has denied taking drugs after videos of a night out, in which a number of revelers could reportedly be heard discussing cocaine, were leaked online. The controversy has prompted some politicians to call for the young leader to take a drug test.

“I am upset that these videos have become public. It was about me having a night out with friends. Partying – even in a boisterous way – dancing and singing,” Marin told the media on Thursday morning.

She denied any wrongdoing, but lamented the violation of her privacy. The party took place at a private residence several weeks ago, she said, and expected her off-duty time to remain confidential. Marin confirmed that the party that night later continued at two bars in Helsinki.

The footage, which circulated earlier this week on social media, showed the 36-year-old Finnish prime minister having a good time with several public figures, mostly from the entertainment industry, but also including MP Ilmari Nurminen, 31. According to reports in the local press, some of the partygoers could be heard shouting a term that can refer to cocaine.

・・・北欧やバルトの女性政治家にスキャンダルが発生しています。

Another video surfaces of partying Finnish PM
Sanna Marin has denied any wrongdoing during her night out after footage was leaked online
Finnish tabloids reported on Friday that a new video of the country’s partying prime minister, Sanna Marin, has surfaced online.

In the footage, she can be seen dancing in a club with a man, who was identified by the local press as rock singer Olavi Uusivirta. Some outlets questioned the propriety of the encounter, considering that the 36-year-old leader is married. Uusivirta is divorced.

Earlier this week, a series of videos popped up online showing Marin and some other Finnish public figures having a good time at an apartment and in clubs in Helsinki.

Some people took issue with shouts heard in the background, in which the revelers apparently described themselves as a “flour gang.” “Flour” can refer to cocaine in Finnish slang, so MP Mikko Karna suggested that Marin should take a drug test to quash any speculation about possible drug abuse.


posted by ZUKUNASHI at 12:43| Comment(0) | 国際・政治

Ring videos無断提供

Amazon gave Ring videos to police without consent
The company admitted to the practice in a letter to a US senator
Ring Videoとは、AMAZONが販売しているWifi使用の玄関用動画撮影チャイムです。これで撮影されたものがAMAZONのサーバーに送られて記録されているようです。AMAZONが所有者の同意なくその動画を警察に提供していたというものです。

posted by ZUKUNASHI at 12:39| Comment(0) | 社会・経済

日本のコロナ死者500人前後に達する恐れ


2022/8/20新規感染者数25万3千人


第6波では日次感染者のピークが10万人、死亡者のピークが数週間遅れて280人でした。第7波では感染者のピークがすでに26万人、前回の2.6倍。死亡者数は300人前後となっています。死亡者数が新規感染者数に比例するとすれば、死亡者数は700人強となりますが、今主流の株では死亡数が相対的に少ないようですから、前回の2倍として560人、1.8倍で約500人です。



管理人は、BA.5では、重症の段階を踏まず、ぐずぐずした状態が続いてある時点で急激に容態悪化、死亡という例が多いと見ています。死亡者の出方も変わってくるのかもしれません。

次は韓国ですが、最近は感染者の増加から死亡者の増加まで前回よりも時間差が大きいように見えます。前回、韓国は感染者当たりの死亡者数が日本より少なかってのです。

管理人は、今回の波では新規感染者数は30万人近くに達すると予想しており、死亡者数500人はかなり堅い線ではないかとみています。

2022/8/19の新規感染者26万1千人、最多記録更新です。世界から注目されてます。

2022/8/18の新規感染者25万5千人、最多記録更新です。
人口10万人当たりの患者数では明確に西高東低傾向を示しています。

世界最多の感染者、死亡者を出しているのに声をあげる人は少ない。みんな神経、感覚が狂っている? もう諦めている? 日本には安全、安心を考える政治家がいない。岸田は何をやっている。野党はなぜ黙っている。

posted by ZUKUNASHI at 12:29| Comment(2) | Covid19

COVIDワクチン接種後、実験用ラットの子供に肋骨奇形が発生

posted by ZUKUNASHI at 11:51| Comment(0) | Covid19

ウクライナ 目撃者の証言


posted by ZUKUNASHI at 09:56| Comment(0) | ウクライナ

ガンビア・トイボーイはもういらない-政府関係者

No more Gambia toy boys – official
The West African nation is trying to shed its reputation as a sex-tourism hotspot for mature European women
Gambia wants to update its international image and attract “quality tourists,” instead of European women of a certain age looking to have sex with younger men, said Abubacarr Camara, director of the Gambia Tourism Board, as quoted by The Telegraph on Wednesday.

The outlet noted that the tiny West African nation, with a population of just about 2.5 million, has recently gained a reputation as a sex haven for mature women from the UK and other parts of Europe.

“What we want is quality tourists,” said Camara. “Tourists that come to enjoy the country and the culture, but not tourists that come just for sex.”

Gambian officials say they want to target higher-end tourists and millennials by promoting ecotourism to break away from its sleazy reputation.

Hamat Bah, the nation’s minister for tourism and culture, told The Telegraph that Gambia wanted to shift the focus away from nightlife and towards nature, pointing out that there are over 300 different species of tropical birds in the country.
Climbers can now share selfies from Africa's tallest mountain
Read more
Climbers can now share selfies from Africa's tallest mountain

According to the outlet, the government is now looking to introduce new laws that could make it easier for law enforcement to arrest both local beach boys and older women engaged in “suspected relationships.”

Sex tourism in Gambia took root in the 1990s after global travel agency Thomas Cook launched cheap flights and budget package holiday tours to the former British colony. Since then, the country has become known for having plenty of young black men who are ready to offer sexual services to older women in exchange for money.

The Telegraph notes that many young Gambian men are drawn into the sex industry because the country has low wages and a shortage of jobs, while just a few days with an elderly European woman can net over $200 – the equivalent of a month’s salary in the nation.

“People are poor here, so they have no choice,” explained Kausu Samateh, a Gambian tourist guide. “They think it is better to go to Europe where they will have a better life. They hope that the old ladies will take them,” he told the outlet.

西アフリカのガンビアは、ヨーロッパの熟女向けのセックス観光スポットという評判を払拭しようとしている。
ガンビアは、国際的なイメージを一新し、若い男性とセックスすることを望むある年齢のヨーロッパ人女性ではなく、「質の高い観光客」を引き付けたいと、ガンビア観光局のアブバカー・カマラ局長は水曜日にテレグラフ紙から引用されたように述べている。

同誌は、人口わずか250万人の西アフリカの小国が、最近、英国や他のヨーロッパ地域からの熟女たちのセックス天国として評判になっていることを指摘した。

「私たちが望むのは、質の高い観光客です」とカマラ氏。「国や文化を楽しむために来る観光客であって、セックスだけを目的に来る観光客ではないのです」。

ガンビア政府関係者は、エコツーリズムを推進することで、より高級な観光客やミレニアル世代をターゲットにし、いかがわしい評判から脱却したいと述べている。

ガンビアの観光・文化大臣であるHamat Bah氏は、ガンビアはナイトライフから自然へと焦点を移したいとテレグラフ紙に語り、同国には300種類以上の熱帯鳥類が生息していると指摘した。

このような状況の中、ガンビア政府は、地元のビーチボーイと「疑わしい関係」にある年配の女性の両方を逮捕することを容易にする新しい法律を導入しようとしています。

ガンビアのセックス・ツーリズムが定着したのは、世界的な旅行会社トーマス・クックがこの旧イギリス植民地への格安航空券と格安パッケージ・ホリデー・ツアーを発売した1990年代である。それ以来、この国には、お金と引き換えに年上の女性に性的サービスを提供する準備ができている若い黒人男性が大勢いることで知られるようになった。

ガンビアは低賃金で仕事が少ないため、多くの若い男性が性産業に引き込まれているという。一方、ヨーロッパの年配の女性と数日過ごすだけで、200ドル以上(この国の1カ月分の給料に相当)を得られるという。

「ガンビア人観光ガイドのカウス・サマテは、「ここでは人々は貧しいので、選択の余地がないのです。「ヨーロッパに行けば、もっといい暮らしができると思っているんです。老婦人が連れて行ってくれることを望んでいるのです」と、彼は同誌に語った。

posted by ZUKUNASHI at 08:52| Comment(0) | 国際・政治

民族主義者部隊、仲間のウクライナ軍100人を処刑-ロシア国防総省

Nationalist unit executes 100 fellow Ukrainian troops – Russian MoD
Moscow says the execution of soldiers who abandoned their positions was meant to intimidate other Ukrainian fighters
Some 100 Ukrainian soldiers have been executed by nationalist fighters from the “Kraken” regiment for abandoning their positions, Russia’s Ministry of Defense claimed in a daily briefing on Friday.

After Russian forces carried out an assault on Ukraine’s 58th motorized infantry brigade on August 14 near the settlement of Udy in the Kharkov region, the remnants of the formation fled their positions and retreated, ministry spokesman Major General Igor Konashenkov said.

In order to “suppress panic and intimidate the personnel of the Armed forces of Ukraine,” fighters from the neo-Nazi “Kraken” regiment “demonstratively executed 100 servicemen of the 58th motorized infantry brigade who abandoned their positions” near Udy, the official said.

The “Kraken” regiment describes itself as a special reconnaissance and sabotage unit under the Ukrainian Ministry of Defense, operating separately from the Armed Forces. Moscow considers it to be an offshoot of the notorious neo-Nazi “Azov” regiment which suffered a crushing defeat in the city of Mariupol back in May.

Russia’s Defense Ministry has accused the battalion of committing several war crimes since the beginning of the conflict, and believes it to be responsible for brutally mistreating Russian POWs.

While there is no information on how many fighters the “Kraken” regiment has, some estimates suggest it is about 1,800 soldiers strong, most of whom are Azov veterans and volunteers. Over the course of Russia’s military operation in Ukraine, the Ministry of Defense has regularly reported the elimination of hundreds of fighters from the “Kraken” regiment as well as from other nationalist divisions.

In its Friday update, Russia’s MoD reported destroying temporary deployment points of the “Azov” and “Aidar” formations near the city of Soledar in the Donetsk People’s Republic, and claimed to have eliminated over 50 neo-Nazi fighters as well as 12 units of military equipment.

モスクワによると、陣地を放棄した兵士の処刑は、他のウクライナ人戦闘員を威嚇するためのものであったという。
ロシア国防省は金曜日の日報で、約100人のウクライナ人兵士が、「クラーケン」連隊の国粋主義者の戦闘員によって、陣地を放棄したために処刑されたと主張した。

ロシア軍が8月14日にウクライナの第58機動歩兵旅団をハリコフ地方のウディ集落付近で襲撃した後、旅団の残党が陣地を捨てて撤退したと、同省報道官のイーゴリ・コナシェンコフ少将は述べた。

パニックを抑制し、ウクライナ軍の人員を威嚇する」ために、ネオナチ「クラーケン」連隊の戦闘員が、ウディ付近で「自分の位置を放棄した第58機動歩兵旅団の軍人100人を実演的に殺害した」と、同大臣は述べた。

クラーケン」連隊は、ウクライナ国防省傘下の特殊偵察・破壊工作部隊で、軍隊とは別に活動していると自称している。モスクワは、5月にマリウポリ市で大敗した悪名高いネオナチ「アゾフ」連隊の分派とみなしている。

ロシア国防省は、紛争が始まって以来、この大隊がいくつかの戦争犯罪を犯していると非難し、ロシア人捕虜を残酷に虐待した責任があると信じている。

クラーケン」連隊の戦闘員数に関する情報はないが、推定では約1800人の兵士がおり、そのほとんどがアゾフの退役軍人や志願兵であるとのことである。ウクライナでのロシアの軍事作戦の間、国防省は「クラーケン」連隊や他の民族主義者の部門から数百人の戦闘員が排除されたことを定期的に報告してきた。

金曜日の更新で、ロシア国防省は、ドネツク人民共和国のソレダル市付近で「アゾフ」と「アイダー」連隊の一時的な展開地点を破壊したと報告し、50人以上のネオナチ戦士と12単位の軍事装備を排除したと主張した。
posted by ZUKUNASHI at 08:37| Comment(0) | ウクライナ

米国の軍事専門家がプーチンの主張を支持

US military expert backs Putin’s claims
Washington really wants the Ukrainian conflict to drag on, a Navy veteran has told Newsweek
Russian President Vladimir Putin is not wrong to blame the US for working to prolong the fighting in Ukraine, a high-profile American military expert has told Newsweek.

The respective goals of Washington and Kiev in the conflict contradict each other, claimed Sean Spoonts, a US Navy veteran and editor-in-chief of the Special Operations Forces Report (SOFREP) website.

“It seems like while Ukraine would like to end the war quickly and decisively defeat Russian forces and drive them out of their country, US policy almost seems designed to prolong the conflict hoping to bring about the collapse of Russia itself, both militarily and economically,” he said.

“That goes a lot further than [Ukrainian President Vladimir] Zelensky’s goal, which is to simply get Russian armies out of his country and regain lost territories in Donbass, Lugansk and Crimea,” he added.

Donbass is a historic, cultural and economic area that includes the People’s Republic of Donetsk and Lugansk, which declared their independence from Ukraine after a coup in Kiev in 2014, and were recognized as sovereign states by Russia before the launch of its military operation in late February.

The SOFREP editor-in-chief was commenting on the statement made by Putin earlier this week, in which the Russian leader insisted that by “pumping the Kiev regime with weapons, including heavy weapons,” the US was “trying to prolong this conflict” in Ukraine. He also said the Ukrainians have been assigned the role of “cannon fodder” in Washington’s “anti-Russia project.”

The US has been the prime backer of Ukraine amid its conflict with Russia, providing the country with billions of dollars in military and financial aid, as well as intelligence data. Washington’s deliveries to the Ukrainian military have included such sophisticated hardware as HIMARS multiple rocket launchers, M777 howitzers, and combat drones.

Russia sent troops into Ukraine on February 24, citing Kiev’s failure to implement the Minsk agreements, designed to give the regions of Donetsk and Lugansk special status within the Ukrainian state. The protocols, brokered by Germany and France, were first signed in 2014. Former Ukrainian president Pyotr Poroshenko has since admitted that Kiev’s main goal was to use the ceasefire to buy time and “create powerful armed forces.”

ワシントンはウクライナ紛争を長引かせたいのだと、海軍の退役軍人がニューズウィーク誌に語った。
ロシアのプーチン大統領は、ウクライナでの戦闘を長引かせようとするアメリカを非難するのは間違っていないと、アメリカの著名な軍事専門家がニューズウィーク誌に語った。

米海軍の退役軍人であり、特殊作戦部隊レポート(SOFREP)ウェブサイトの編集長であるショーン・スプーンツ氏は、この紛争におけるワシントンとキエフのそれぞれの目標は互いに矛盾していると主張した。

「ウクライナは、ロシア軍を迅速かつ決定的に撃退し、自国から追い出したいと考えているようだが、米国の政策は、軍事的にも経済的にもロシアそのものを崩壊させることを望んで、紛争を長引かせようとするように思える。

「これは、単にロシア軍を自国から追い出し、ドンバス、ルガンスク、クリミアといった失われた領土を取り戻すという、ウラジーミル・ゼレンスキー大統領の目標よりもずっと先のことだ」とも述べた。

ドンバスは、2014年のキエフでのクーデター後にウクライナからの独立を宣言し、2月末の軍事作戦開始前にロシアから主権国家として承認されていたドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国を含む歴史・文化・経済地域である。

SOFREP編集長は、今週初めのプーチンの発言について、ロシアの指導者が「キエフ政権に重火器を含む武器を送り込む」ことによって、米国がウクライナで「この紛争を長引かせようとしている」と主張したことにコメントしている。彼はまた、ウクライナ人はワシントンの「反ロシア計画」の「大砲の餌」としての役割を与えられていると述べた。

米国はロシアとの紛争の中で、ウクライナの主要な支援者であり、数十億ドルの軍事・財政援助と情報データを同国に提供してきた。米国がウクライナ軍に提供したのは、HIMARS多連装ロケット砲、M777榴弾砲、戦闘用ドローンなどの高性能なハードウェアである。

ロシアは2月24日、キエフがドネツクとルガンスクの両地域にウクライナ国家としての特別な地位を与えるためのミンスク協定を履行しないとして、ウクライナに軍隊を派遣した。ドイツとフランスが仲介したこの議定書は、2014年に初めて署名された。ウクライナのピョートル・ポロシェンコ前大統領はその後、キエフの主な目的は、停戦を利用して時間を稼ぎ、"強力な武装勢力を生み出す "ことだったと認めている。
posted by ZUKUNASHI at 08:28| Comment(0) | ウクライナ

赤十字が国際マネロン?



・・・赤十字が現金を運ぶことはあると思いますが、これは量が多い。赤十字の名をかたっている?
posted by ZUKUNASHI at 00:36| Comment(0) | 国際・政治

キエフがウクライナ兵の臓器売買に関与?


キエフがウクライナ兵の臓器売買に関与?
兵士はイスラエル、ドイツ、アメリカの臓器移植クリニックに運ばれている。
臓器摘出 膵臓 腎臓 肺 大腸 心臓
・・・シリア戦争でも負傷したテロリスト兵士は、トルコに運ばれて臓器を摘出されたとの情報がありました。イスラエルの医師の関与が伝えられることが多かったです。
posted by ZUKUNASHI at 00:32| Comment(0) | ウクライナ