ずくなしの冷や水

2022年08月19日

北朝鮮

No longer a pariah? Russia and China could be about to 'normalize' North Korea and leave the US with another Asian headache
Once a Cold War proxy battleground for superpowers, is the Korean peninsula being pulled apart by bloc politics again?
By Timur Fomenko
At beginning of this week the North Korean Central News Agency (KCNA) reported that Russian President Vladimir Putin had exchanged letters with Supreme Leader Kim Jong Un.

The report stated both countries had agreed to “expand the(ir) comprehensive and constructive bilateral relations with common efforts”.

Matching the anniversary of Korean independence on August 15th, Putin’s outreach comes as Russia seeks new partners away from the West. It also follows reports that North Korean expatriate workers would be assisting in the reconstruction of liberated territories in the Donetsk and Lugansk People’s Republics, to which it recently granted diplomatic recognition.

But it’s also an indication that the world has changed, significantly. Only a few years ago Russia, as well as China, were at least somewhat willing to cooperate with the United States in imposing sanctions on the DPRK in the bid to curb its nuclear and missile development.

That situation no longer exists. The outbreak of the conflict in Ukraine, combined with America’s bid to try and contain the rise of China, now means we exist in a multipolar international environment where multiple great powers are competing for influence.

This breaks down the space for cooperation over common issues, but also increases the need for strategic thinking among the competitors. In the eyes of Moscow, this makes their calculus concerning North Korea even more important than it was before, drawing parallels to the Cold War era.

We should not forget that it was the Soviet Union that enabled the creation of the DPRK in the first place. It was following the closing days of World War II that a strategic contest for influence in East Asia began to emerge between the US and the USSR over the former territories of Imperial Japan. As the Red Army marched south, an agreement was made to divide the Korean Peninsula at the 38th parallel.

Although the original agreement was designed only to make the division temporary, geopolitical frictions soon saw it become permanent, and rival Korean states emerged. The US-backed Republic of Korea in the South, and the Soviet- and China-supported Democratic People’s Republic of Korea (DPRK) in the North, headed by former Red Army captain and guerrilla fighter Kim Il-sung.

The two young nations went to war in 1950, again supported by their respective superpower backers. Active fighting in that conflict ended three years later, but a formal peace agreement has not been signed to this day. And while Koreans on both sides of the divide wish for reunification, the scale of foreign involvement in the 1950s war stands as a reminder the peninsula is seen as a strategically critical landmass linking the continent of mainland Eurasia to the eastern seas.

Great powers have always seen it as a chess piece in the bid to dominate North East Asia. This had led to a tug of war which over the centuries has included the Ming and Qing Dynasties, the Russian Empire, the Empire of Japan and the United States, the People’s Republic of China and the Soviet Union.

But for the last three decades, since the end of the original Cold War, North Korea found itself increasingly isolated as China and Russia, for a period of time, both sought ties with the West, as well as the much more lucrative and successful South Korea. US unipolarity meant there was little interest from Moscow or Beijing in opposing America’s wishes to curb Pyongyang’s nuclear trajectory, which it sees as its last hope for regime survival.

But now a new paradigm is emerging, and just like in the times of old the DPRK, it’s seen yet again as a strategically indispensable bulwark against American power and military hegemony on Russia’s own border periphery, not least against its US-backed neighbors such as Japan.

In such an environment, there is no longer any benefit for Russia in cooperating with the US on the North Korean issue. The horse of “North Korea denuclearization” has long bolted, and instead the presence of a nuclear armed DPRK with ICBM capability is another thorn in Washington’s side, which if removed, only expands US power.

Thus, when America demanded another sanctions resolution against North Korea at the UN Security council earlier this year, both Russia and China vetoed it for the first time in over 15 years. It is a sign of the world we live in.

Moving on from here, Russia is likely to deepen its military and economic ties with North Korea, primarily because of its strategic and political worth.

In this view, history has completed a full circle and as the US shores up its allies to confront Moscow and Beijing, the theme of “bloc politics” re-emerges.
もはや除け者ではないのか?ロシアと中国は北朝鮮を「正常化」し、米国にアジアの頭痛の種を残す可能性がある。
冷戦時代に超大国の代理戦争場であった朝鮮半島は、再びブロック政治に引き離されようとしているのか?
ティムール・フォメンコ著
今週初め、北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は、ロシアのプーチン大統領が最高指導者の金正恩と書簡を交換したと報じた。

その中で、両国は「共通の努力で包括的かつ建設的な二国間関係を拡大する」ことに合意したと報じている。

8月15日の韓国独立記念日に合わせて、ロシアが西側から新しいパートナーを求める中、プーチンの働きかけが行われた。また、北朝鮮が最近外交的承認を与えたドネツクおよびルガンスク人民共和国の解放地域の復興に、北朝鮮の国外労働者が協力するとの報道を受けたものである。

しかし、これは世界が大きく変化したことを示すものでもある。ほんの数年前までは、ロシアも中国も、北朝鮮の核・ミサイル開発を抑制するために、少なくとも米国と協力して制裁を行うことを望んでいた。

しかし、今はもうそのような状況ではない。ウクライナ紛争の勃発と、中国の台頭を抑えようとするアメリカの思惑が重なり、複数の大国が影響力を競い合う多極化した国際環境になってしまったのである。

そのため、共通の課題に対する協力の余地はなくなり、競争相手の間で戦略的思考の必要性が高まっている。モスクワの目には、冷戦時代と重なり、北朝鮮をめぐる計算が以前にも増して重要なものと映る。

そもそも北朝鮮を誕生させたのはソ連であることを忘れてはならない。第二次世界大戦末期、旧日本帝国の領土をめぐり、米ソの間で東アジアの影響力をめぐる戦略的な争いが始まったのである。赤軍が南下してきたとき、朝鮮半島を38度線で分断する協定が結ばれた。

しかし、地政学的な摩擦から、この分断は永久的なものとなり、朝鮮半島には対立する国家が生まれた。米国が支援する「大韓民国」、ソ連と中国が支援する「朝鮮民主主義人民共和国」であり、元赤軍大将でゲリラ戦士の金日成が率いる「北朝 鮮」である。

この二つの国は、1950年に再び大国の支援を受け、戦争に突入した。この戦争は3年後に終結したが、正式な平和協定はまだ結ばれていない。朝鮮半島はユーラシア大陸と東の海を結ぶ戦略的に重要な大陸と見なされているのだ。

大国は常に半島を北東アジアを支配するためのチェスの駒として見てきた。このため、何世紀にもわたって、明朝、清朝、ロシア帝国、大日本帝国、アメリカ、中華人民共和国、ソビエト連邦などが綱引きをしてきた。

しかし、当初の冷戦が終わってからこの30年間、中国とロシアが一時期、西側諸国や、より多くの利益を得て成功している韓国との関係を模索したため、北朝鮮はますます孤立することになったのである。米国の一極集中は、北朝鮮が体制存続の最後の望みと見なす核の軌道を抑制しようとする米国の意向に、モスクワや北京がほとんど反対しないことを意味した。

しかし、現在、新しいパラダイムが生まれつつある。かつての北朝鮮のように、北朝鮮はアメリカの権力に対する戦略的に不可欠な防波堤であり、ロシア自身の国境周辺の軍事覇権、とりわけアメリカの支援を受ける日本などの近隣諸国に対する防波堤であるとみなされているのである。

このような環境では、ロシアにとって北朝鮮問題で米国と協力するメリットはもはやない。北朝鮮の非核化」という馬はとっくに逃げ出し、代わりにICBM能力を持つ核武装した北朝鮮の存在が、ワシントンにとってもう一つの棘となり、それを取り除けばアメリカの力を拡大するだけだからだ。

したがって、今年初めにアメリカが国連安全保障理事会で北朝鮮に対する新たな制裁決議を要求したとき、ロシアと中国の両国が15年以上ぶりに拒否権を行使したのである。これは、私たちの住む世界の表れです。

今後、ロシアは北朝鮮との軍事的・経済的関係を深めていくだろうが、それは主に北朝鮮の戦略的・政治的価値のためである。

このように考えると、歴史は一巡し、米国がモスクワや北京と対峙するために同盟国を強化すると、「ブロック政治」というテーマが再浮上してくるのである。

North Korea furiously rejects South's ‘absurd’ offer
Kim Jong-un’s sister said the South Korean leader should ‘shut his mouth’ and stop ‘talking nonsense’
Kim Yo Jong, the sister of North Korean leader Kim Jong-un and a senior official in the country’s ruling party, has dismissed a proposal of economic aid from Seoul in exchange for abandoning its nuclear arsenal, calling the idea an “absurd dream.”

Kim gave a fiery denunciation of South Korean President Yoon Suk Yeol in comments carried by state media on Thursday, blasting him for a recent speech marking the end of Japan’s occupation of the peninsula in 1945, in which he also suggested an “audacious” plan for North Korea’s “denuclearization.”

“It would have been more favorable for his image to shut his mouth, rather than talking nonsense as he had nothing better to say,” she said, adding “I'm only saying this today because the South seems to be very eager to know of our reaction.”
posted by ZUKUNASHI at 23:28| Comment(0) | 国際・政治

ゼレンスキー、ウクライナ人から猛烈な批判に直面 - WaPo

Zelensky faces furious criticism from Ukrainians − WaPo
The president’s admission that he willingly failed to signal a looming Russian attack has “punctured the bubble” of his image

Many Ukrainians have been infuriated by an admission, from President Vladimir Zelensky, that he concealed news of the imminent Russian special military operation last spring.

That’s according to the Washington Post, where he made the revelation earlier this week. Zelensky’s disclosure that he sacrificed lives to avoid ruining the economy was his first serious communication blunder since the conflict began, the paper said.

Before Zelensky seemed “beyond reproach, a national hero” to Ukrainians, the publication said, but the acknowledgment has “punctured the bubble, triggering a cascade of public criticism unprecedented since the war began.”

In the interview, Zelensky admitted that prior to the outbreak of hostilities with Russia, he was downplaying US warnings about a looming attack out of fear Ukrainians would flee the country en masse.

“If we had communicated that … then I would have been losing $7 billion a month since last October,” he said. Zelensky claimed that this deception of his own people prevented Russia from capturing the country in three days.

In late January, Zelensky promised Ukrainians a peaceful year, stating that people would be cooking barbeque during the May holidays, like they always do. The statement came days after he met with CIA Director William Burns, who reportedly laid out in detail Russia’s military plans.

Many ordinary Ukrainians and public figures were angered, seeing their president apparently not trusting them to handle the truth. Ukraine could have prepared for the fighting far better, stocking up on food and updating civil defense infrastructure and saving many lives that were lost, critics argued. Some questioned Zelensky’s motives in not informing the public.

“He didn’t want to put the country on a military footing because he was afraid of losing power,” journalist Bogdan Butkevich wrote on social media, as cited by the Washington Post.

Some of Zelensky’s supporters argued that people could have listened to American officials, who delivered public warnings about the Russian threat, instead of trusting their president, the article read.

The newspaper ended the piece with remarks from a Ukrainian woman, who said people should not discuss Zelensky’s admission until after the conflict is over.

“Ukraine is winning because of our belief in the president and our armed forces,” she was cited as saying. She believes that Zelensky would face accountability for his action afterwards, because “this is the society we are fighting for.”
ゼレンスキー、ウクライナ人から猛烈な批判を受ける − WaPo
迫り来るロシアの攻撃についての信号を送ることを進んで拒否したことを大統領が認めたことで、彼のイメージの「バブルに穴が開いた」

ウラジーミル・ゼレンスキー大統領が、この春に差し迫ったロシアの特別軍事作戦のニュースを隠したことを認めたことに、多くのウクライナ人が激怒している。

それはワシントン・ポストによると、彼が今週初めに暴露した経済の破滅を避けるために人命を犠牲にしたというゼレンスキーの開示は、紛争が始まって以来、彼の最初の深刻なコミュニケーションの失敗だった、と同紙は述べた。

ゼレンスキーはかつてウクライナ人にとって「非難を超えた国民的英雄」と思われていたが、この出版物は、この告白は「バブルに穴をあけ、戦争が始まって以来前例のない世論の批判のカスケードを引き起こした」と述べた.

インタビューで、ゼレンスキーは、ロシアとの敵対行為が勃発する前に、ウクライナ人が一斉に国を逃れることを恐れて、迫り来る攻撃についての米国の警告を軽視していたことを認めた.

「もし私たちがそれを伝えていたら…昨年10月以来、私は毎月70億ドルを失っていたでしょう」と彼は言った.ゼレンスキーは、彼自身の人々に対するこの欺瞞により、ロシアは3日で国を占領することができなかったと主張した.

1月下旬、ゼレンスキーはウクライナ人に平和な年を約束し、5月の休暇中はいつものように人々がバーベキューをするだろうと述べた.この声明は、ロシアの軍事計画を詳細に説明したと伝えられている CIA 長官のウィリアム・バーンズと会った数日後に出された。

多くの普通のウクライナ人や著名人は、大統領が彼らが真実を扱うことを明らかに信頼していないのを見て、怒りました.ウクライナは、食糧を備蓄し、民間防衛インフラを更新し、失われた多くの命を救って、戦闘にもっとうまく準備できたはずだと批評家は主張した.一部の人々は、一般に知らせないゼレンスキーの動機に疑問を呈した。

ワシントン・ポストが引用したように、ジャーナリストのボグダン・ブトケビッチはソーシャルメディアに、「彼は権力を失うことを恐れていたので、国を軍事的な立場に置きたくなかった」と書いた.

ゼレンスキーの支持者の一部は、人々は大統領を信頼するのではなく、ロシアの脅威について公の警告を発したアメリカの当局者に耳を傾けることができたはずだと主張した、と記事は綴った。

同紙はウクライナ人女性の発言で記事を締めくくり、紛争が終わるまで人々はゼレンスキーの承認について話し合うべきではないと述べた。

「ウクライナが勝利したのは、大統領と私たちの軍隊に対する私たちの信頼のおかげです」 「これが私たちが戦っている社会だからです」

・・・ワントンポストはインタビューをプレイアップしていますが、内容はありませんね。
posted by ZUKUNASHI at 19:36| Comment(0) | ウクライナ

ハーシス効果を抑え込む感染者増加

千葉県のハーシス入力支援作業をやれないかと調べていて、このシステムを使って陽性者の登録ができるのは65歳未満に限られることを知りました。私の知り合いは、みな年配者ですからパソコン入力などの支援は有用なはずですが、そもそも使えない。

千葉県では感染したかなと思われる人は次の流れで手順を踏むこととされています。

青色の枠の部分は、
2022年08月19日
ハーシス入力支援の準備 千葉県の場合 で手続きを見ました。

右側のピンクの枠から始まる流れは、「重症化リスクのある方(高い方)」が対象で次の方が該当します。
・ 65歳以上の方
・ 40歳以上65歳未満の方のうち、重症化リスク因子となる疾病等(ワクチン未接種(ワクチン接種が1回のみの方も含む)、悪性腫瘍、慢性呼吸器疾患(COPD等)、慢性腎臓病、心血管 疾患、脳血管疾患、喫煙歴、高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満(BMI30以上)、臓器の移植、免疫抑制剤、抗がん剤等の使用その他の事由による免疫機能の低下)を複数持つ方
・ 妊娠している方

です。

65歳以上の人はどうするのか。65歳以上は、一律、重症化リスクのある方とされ、発熱外来やかかりつけ医を受診することになります。

そこで陽性が出れば、その医師から保健所に届け出がなされ、保健所での選別に基づいて入院になったり、自宅待機になるものとみられます。自宅待機になった場合は、おそらくハーシスへの入力を求められるものとみられます。

ここで、ハーシス入力支援の余地が出てきて、画像添付などの必要がないですから、電話で聞き取りながら入力ができます。お安い御用です。

しかし、問題は、どうやって発熱外来で診察を受けられるようにするかです。予約しようとしても満杯で断られることが当たり前と聞きますが、65歳以上の者であれば優先的に受け付けてくれる? そんなことはないですよね。

そもそも発熱外来は自分で探さなけれはならないのです。かかりつけ医が発熱外来をやっていることは期待しないほうがよい。

知人は、消防署にがんがん言って救急車を呼び入院させたと聞いていますが、今はそのころと比較にならないほどに感染者が増えています。

重症化リスクのある人、年配者の受診チャンスが増えたということでもないのではないでしょうか。

次は千葉県の新規感染者数、7日平均で最近は6500人ほど。なお、ハーシスの導入に伴い、このシステムで陽性が確認された感染者が東京都内の保健所に計上され、千葉県の感染者数が大幅に少なくなっています。統計的に信頼性が損なわれていますが、千葉県のサイトには、その点についての注書きは見当たりません。

新規感染者の年代別割合。70歳代以上で11.6%、60代が7.5%ですから、その半分3.5%を加えて約15%。一日当たり6500人の新規感染者のうち約1000人が65歳以上ということになります。65歳未満は5500人。

これまで発熱外来に殺到していた65歳未満の人が検査キット検査に移行すれば発熱外来の負担は大きく減ります。保健所はどうもその方向にかなり意図的に誘導しています。

検査キットを取り寄せて自宅で検査する方式が若い方を中心に普及すれば、発熱外来の混雑は緩和されそうです。

ただ、発熱などの症状が出てしんどい中で、検査キットの送付依頼、検査実施、妖精の場合の陽性者登録の手続きをすることは容易ではないのではないでしょうか。

最近時点の入院者は、総数2086人、70歳以上が1489人、60代の半分を加えて1610人ですから、入院者に占める65歳以上の者の割合は77%です。

新規感染者に占める65歳以上の者の割合は、約15%。入院者に占める65歳以上の者の割合は77%。

感染拡大により60歳代以上の者の感染者割合が増えています。入院はさせてもらえるとは思わないほうがよいでしょう。

一つ心配なことがあります。自宅検査キットは抗原検査です。抗原検査は、陰性の証明にはならない。本当は陰性ではないのに、自宅検査キットの陰性結果に気をよくして出歩き、感染者を増やしている人たちが少なからずいるでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 19:30| Comment(1) | Covid19

the "conventional view vastly understates the dangers of escalation" in Ukraine







posted by ZUKUNASHI at 14:56| Comment(0) | ウクライナ

what the British have done to Afghanistan children

posted by ZUKUNASHI at 13:37| Comment(0) | 国際・政治

Serbia and Kosovo




posted by ZUKUNASHI at 11:03| Comment(0) | 国際・政治

the US medical profession urgently needs to face some hard truths

posted by ZUKUNASHI at 10:52| Comment(0) | 国際・政治

ハーシス入力支援の準備 千葉県の場合

千葉県新型コロナウイルス感染症検査キット配付・陽性者登録センター
https://www.pref.chiba.lg.jp/kenfuku/kenkoufukushi/test_distribute_and_register_positive.html
濃厚接触者や軽度症状がある人が自主検査を行い、陽性だった場合に医療機関を受診せず、ネットで医師の診断を受けることで、陽性者登録ができる仕組み
@ 検査キットの配布申し込み
A 検査キットを使用し、陽性の場合に陽性者の登録を行う
検査キットの配布申し込みができる者は要件があります。
・濃厚接触者又は軽度の有症状者であること。(濃厚接触者は少しでも気になる症状がある場合)
・40歳未満の者(基礎疾患の有無を問わない)
・40歳以上65歳未満で複数の基礎疾患等がない者
・妊娠していない者

濃厚接触者又は軽度の有症状者である65歳以上の者は検査キットの配布申し込みはできないことになります。発熱外来を受診するしかないことになりますが、それが混んでいて受診できないのです。

千葉県の流れ図には、自己調達のキットで陽性であった人は、このシステムで陽性者の登録を行うことができることになっていますから、自己調達して陽性確認の上で陽性者登録する道がありそうですが、陽性者登録ができる者の要件として、検査キットの配布申し込みができる者の要件と同じ物が設定されていますから、登録を拒否される恐れがあります。

その恐れを承知の上で準備する場合次のデータ、画像が必要になります。A 基本情報(氏名、年齢、住所等) 入力
 本人の氏名や生年月日が分かるものの写真 アプロード
B 基礎疾患などがないこと 入力
C 検査キットの結果の写真(検査キット本体に検査年月日、氏名を油性ペンで記載、本人確認書類と並べて写真を撮影) アプロード
D 検査キットに係る情報(品目名、製造販売業者名) 入力
E ワクチン接種歴 入力
「検査キットの結果の写真」には、本人確認書類も一緒に写すことになっていますが、運転免許証を使う場合は裏表の2枚の画像が必要とされていて一度には撮影できません。表を一緒に撮影し、別途裏側を撮影して送ることになるでしょう。
これだけいろいろ画像などを要求されると、電話で話しながら入力するのは無理です。本人と面談しながらですが、本人は有症状感染者。そばに寄りたくないです。

Cの画像だけ検査結果が出てから撮影すればよいので、その他のデータは事前に入手しておくことができます。

ただ、65歳以上はネットで陽性登録はできないようなので、とにかく発熱外来の予約を取ることに協力することになりましょうか。

ビッケさんからのコメントにありましたが、若い方も発熱外来にも行けずハーシス登録ができないまま回復したため、療養手当、休業補償が出ないという例は多いのではないでしょうか。

面倒ですが、県から検査キットを受け取る、それができない場合は自費で医療用の検査キットを購入し、陽性結果をネットを経由して送り、医師の陽性確認を得る。そのうえでハーシスに入力するという手間が必要です。

県により少しずつ細部が異なります。お住いの県の規定を確認してください。
posted by ZUKUNASHI at 10:22| Comment(0) | Covid19

リビウでエルドアン、ゼレンスキーが会談



#国連事務総長は、将来的な停戦の可能性において役割を果たすよう米国から要求されなければ、ウクライナに行かないだろう。これまでのところ、国連の役割は、どんな紛争でもそうであるように、指示があるまで疎外されたままである。さらに、NATO加盟国である#トルコも関与している。
交戦地帯と停戦協定での私の経験では、最初の訪問と最初の会議からは何も成り立たず、特に国連事務総長がロシアで全体像を完成させるようにも、#米国がカーテンの後ろから国連に役割を与えているようにも見えない。+
しかし、西側諸国が#Ukraineの戦争が計画どおりに進んでおらず、望ましい結果をもたらしていないことを間接的に認めていることは良いスタートです。 #Russiaは事前に合意された計画がなければ、ウクライナが 625,000 トンの穀物を売却して換金することを許可しなかったであろう +
これは、和平交渉が今日#Lvivの会議の前に開始されており、戦争がさらに何ヶ月も続くとは予想されていないことを意味します。それは正しい軌道に乗っていますが、明日には起こりません。



posted by ZUKUNASHI at 10:01| Comment(0) | ウクライナ

WHO、Covid-19ブースターに関するアドバイザリーを更新

WHO updates Covid-19 booster advisory
Second booster shot only recommended for people at risk, says WHO vaccine adviser
The Strategic Advisory Group of Experts (SAGE) on Immunization has issued a recommendation regarding Covid-19 booster shots on Thursday, saying that only specific groups of people should be offered a second jab after their initial vaccination and one booster dose.

Speaking during a virtual WHO press conference on the issue of vaccines, SAGE chairman Alejandro Cravioto said that the organization’s recommendation “does not constitute a general recommendation of vaccinating all adults after the first booster.”

Cravioto explained that the advisory is only meant for populations at “the highest risk.” The WHO already recommends that all adults receive a Covid-19 vaccine – most of which consist of two doses – as well as a follow-up booster shot four to six months later.

Second boosters, says SAGE, should first and foremost be offered to the elderly and all immunocompromised people, as well as pregnant women and those with conditions like diabetes, hypertension and cardiac, lung and kidney disease.

“The recommendation aims to control the pandemic and mortality among high-risk populations, but it is not a general recommendation to vaccinate the entire population after the first booster administration, as described in the roadmap,” explained Cravioto.

SAGE’s experts noted that the current booster recommendations are only meant for the vaccines that are currently available, which were designed to tackle the initial Covid-19 strain. The advisory group stated that they do not know how exactly the novel coronavirus could evolve in the near future or what kind of characteristics future variants could obtain, suggesting that additional doses may be needed “within 4-12 months after the second booster, especially in persons most vulnerable to severe disease and death.”

2回目のブースターショットはリスクのある人にのみ推奨される、とWHOのワクチンアドバイザーは述べています。
予防接種に関する戦略的専門家諮問グループ(SAGE)は木曜日、Covid-19ブースター注射に関する勧告を発表し、特定のグループの人々だけに、最初のワクチン接種と1回のブースター注射の後に2回目の注射を提供すべきであると述べました。

ワクチン問題に関するWHOの仮想記者会見で、SAGEのアレハンドロ・クラビオト議長は、この組織の勧告は "1回目のブースター後にすべての成人にワクチン接種を行うという一般的勧告を構成するものではない "と述べました。

Cravioto氏は、この勧告は "最もリスクが高い "集団のみを対象としていると説明している。WHOはすでに、すべての成人にCovid-19ワクチン(そのほとんどは2回接種)を接種し、さらに4〜6カ月後にフォローアップのブースター注射をすることを推奨しています。

SAGEは、高齢者や免疫不全者、妊婦、糖尿病、高血圧、心臓病、肺病、腎臓病などの疾患を持つ人には、何よりもまず2回目のブースターを接種するべきだと述べています。

「この推奨は、高リスク集団の流行と死亡率を抑制することを目的としていますが、ロードマップに記載されているように、最初のブースター投与後に全住民に接種することを一般的に推奨するものではありません」とCraviotoは説明しています。

SAGEの専門家は、現在のブースター推奨は、最初のCovid-19株に対処するために設計された、現在利用可能なワクチンのみを対象としていることを指摘しました。諮問委員会は、新型コロナウイルスが近い将来どのように進化し、将来どのような特徴を持つようになるかは分からないとし、「特に重症化し死亡する可能性が最も高い人では、2回目のブースターの後4〜12カ月以内に追加投与が必要になる可能性がある」ことを示唆しました。

posted by ZUKUNASHI at 09:31| Comment(0) | Covid19

ウクライナ紛争は西側の覇権を終わらせる可能性がある-ハンガリー

Ukraine conflict could end Western hegemony – Hungary
Prime Minister Viktor Orban says he doesn’t believe the West can win militarily in Ukraine and argues that sanctions are failing

The deadly conflict in Ukraine has the potential to “demonstratively” put an end to Western hegemony globally, Hungarian Prime Minister Viktor Orban has claimed.

In an interview with German online magazine Tichys Einblick, published on Thursday, Orban said he expects the European Union to emerge weaker in the global arena once the fighting in Ukraine is over.

The Hungarian leader argued that the West is incapable of winning the conflict militarily, and that the sanctions it has imposed on Moscow have failed to destabilize Russia. To make matters worse, the punitive measures have spectacularly backfired on Europe, he said.

Orban also noted that a “large part of the world” is clearly not getting behind the US when it comes to Ukraine. He pointed to “the Chinese, Indians, Brazilians, South Africa, the Arab world, Africa” as regions not supporting the Western line on the conflict.

“It is quite possible that it will be this war that will demonstratively put an end to Western supremacy,” Orban said.

On the other hand, non-EU powers are already benefiting from the situation, he said, pointing toward Russia, which “has its own energy sources.”

The premier noted that while EU energy imports from Russia have plummeted, Russia’s majority state-owned gas giant Gazprom has seen its revenues skyrocket.

Beijing, too, is now better off than before the start of the conflict, Orban claimed. He explained that China had previously been “at the mercy of the Arabs,” but is not anymore, apparently referring to the oil market.

The other beneficiaries, in the Hungarian prime minister’s view, are “big American corporations.” To prove his point, Orban pointed to profits doubling for Exxon, quadrupling for Chevron and increasing six-fold for ConocoPhillips.

While going along with EU sanctions against Russia, Hungary has maintained a neutral stance since the outbreak of the conflict, by not providing either side with weapons or making any harsh statements against Moscow or Kiev.

Budapest has insisted that it cannot not risk the security of Hungarians, and will not be dragged into the conflict.

Moreover, Orban and other Hungarian top officials have repeatedly criticized some of the EU sanctions, claiming that they harm the EU more than they do Russia.

Back in May, Hungary entered into a direct confrontation with the EU leadership over a Russian oil embargo. Budapest lifted its veto only after it carved out an exemption for the fuel imported via pipelines.
posted by ZUKUNASHI at 09:22| Comment(0) | 国際・政治