ずくなしの冷や水

2022年08月18日

Efficiency of US missiles in Ukraine questioned

Efficiency of US missiles in Ukraine questioned
Radar-killing AGM-88 HARM missiles will have only “limited impact” on the battlefield, an expert believes
A new type of missile that Ukraine is now using against Russia after some projectiles were provided by the US is unlikely to change the tide of battle, according to an article published by Business Insider on Wednesday.

Ukraine received AGM-88 HARM missiles as part of the most recent weapons delivery from Washington. US Under Secretary of Defense Colin Kahl confirmed the shipment of anti-radiation air-launched missiles during an August 8 briefing. Ukrainian Defense Minister Aleksey Reznikov mentioned receiving such weapons from the US in an interview last week. Neither official identified the weapon system by name, but debris reportedly found this month on the ground in Ukraine points to the specific model.

The AGM-88 HARM, which has been in service since the mid-1980s, is designed to home in on strong radiation produced by ground radar systems. These weapons are usually launched to disable enemy air defenses ahead of a raid.

In the Ukrainian conflict, it is likely to have only “a limited impact,” considering its nature, defense writer Michael Peck said in the BI article.

Ukraine doesn’t have that many warplanes, he pointed out, so “shutting down Russian air-defense radars won’t necessarily translate into more success for Ukrainian aircraft.”

The type of missile is, in many ways, “a psychological weapon,” but Ukraine could potentially use them against Russian radars used for counter-artillery warfare, Peck said.

Artillery battles have been the deciding factor in the conflict so far, and Kiev has repeatedly complained about being completely outgunned as it asked for increased support from the US and its allies.
レーダーを破壊するAGM-88 HARMミサイルは、戦場で「限られた影響」しか与えないと専門家は考えている。
Business Insiderが水曜日に掲載した記事によると、米国から提供されたミサイルの一部をウクライナがロシアに対して使用している新型のミサイルは、戦局を変えることはなさそうだという。

ウクライナは、ワシントンからの最新の兵器提供の一部として、AGM-88 HARMミサイルを受け取った。コリン・カール米国防次官は8月8日のブリーフィングで、対放射線空爆ミサイルの出荷を確認した。ウクライナのアレクセイ・レズニコフ国防相は、先週のインタビューで、米国からそのような兵器を受け取ったことに言及した。どちらの当局者も兵器システムの名称を明らかにしていないが、今月ウクライナの地上で発見されたとされる破片が、特定の機種を指し示している。

1980年代半ばから使用されているAGM-88 HARMは、地上のレーダーシステムから発生する強力な放射線に照準を合わせるよう設計されている。この兵器は通常、空襲に先立ち敵の防空網を無力化するために発射される。

ウクライナ紛争では、その性質を考えると「限られた影響」しか与えないだろう、と防衛ライターのマイケル・ペック氏はBIの記事で述べている。

ウクライナにはそれほど多くの戦闘機があるわけではないので、"ロシアの防空レーダーを停止させても、ウクライナの航空機の成功率が上がるとは限らない "と指摘した。

このタイプのミサイルは、多くの点で「心理的な武器」だが、ウクライナは対砲撃戦に使われるロシアのレーダーに対して使用できる可能性があるとペック氏は述べた。

砲撃戦はこれまでの紛争の決定的な要因であり、キエフは米国とその同盟国からの支援強化を求めながら、完全に劣勢であることを繰り返し訴えてきた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 20:34| Comment(0) | ウクライナ

ワクチン接種で急性白血病



2022/2/19 3回目接種
2022/2/20 発熱
2022/4/28 急性リンバ白血病診断、入院
2022/5/3 抗がん剤開始
2022/5/8 逝去
ご冥福をお祈りします。

posted by ZUKUNASHI at 20:01| Comment(0) | Covid19

アゾフスタルの退出経路

アゾフスタルの構内の東寄りです。黄色の線が退出経路、カーブの地点が高くなっておりそこから右、東側は線路をまたぐほぼ平らな道路になっています。

Googlemapに身体検査の地点で360度撮影した画像があります。
この記事の最後にリアノーボスチの作成した動画があります。

アゾフスタルでの兵士退出の動画から場所を特定しようとしましたが、地図上で特定することが難しかったです。広いし、戦闘で様子が様変わりしています。

次は、最終グループの身体検査の状況。この方は年配。服装も違います。


前日降雨があり路面が濡れました。ロシア軍はすぐにパレットを置いています。

次の画像の場所が特定できていません。






リアノーボスチが退出経路を示しました。組み込みの動画が見られないときは、telegraphチャンネルで見てください。
Как боевики выходили с ≪Азовстали≫ (https://t.me/HouseOfCardsRussia/71256) – РИА Новости.






posted by ZUKUNASHI at 14:34| Comment(0) | ウクライナ

日本の忍び寄る社会主義

posted by ZUKUNASHI at 13:21| Comment(0) | 社会・経済

WE WERE MISLED AND THE EVIDENCE HAS CHANGED SO WE MUST CHANGE TOO

posted by ZUKUNASHI at 13:17| Comment(0) | Covid19

最新コロナ感染・療養事例

次の Vet.KK@koba29820氏の2022/8/18のツイートは、症状の経過、医療機関・保健所の対応、服薬、行政への登録が全体としてまとめられており、大変参考になります。


少し詳しく見てみます。
1. 発症が2022/8/10(水)午後。このころは医療崩壊でコロナに感染・発症しても医院を受診できない状況になっていました。感染者は、まず医院受診を試みたようです。
2022/8/10 午後発症、医院受診できず。夜医薬品等入手
2022/8/11 発熱、咽頭炎
2022/8/12 発熱、咽頭炎・嚥下時の激痛。抗原検査キット入手。8/12、または8/13の検査で陽性
2022/8/13 咽頭炎少し和らぐ。抗原検査の陽性結果を埼玉県のサイトに登録。埼玉県から陽性診断通知
2022/8/14 発熱36度台、咽頭炎かなり回復。HER SYSハーシスに登録。
2022/8/15 昼ほぼ平熱になる。飲み物を痛みなく飲める。HER SYSから問診形式の症状確認
2022/8/16 ほぼ平熱。HER SYSから問診形式の症状確認、パルスオキシメーター、配食が届く。

2 母親が医薬品などを調達して届けています。
イベルメクチン、天然酵素フルボ酸、葛根湯、乳酸菌ビオスリー、スポーツドリンク、ビタミン剤、梅干し、亜鉛サプリ、納豆、にがり(舌下一滴朝晩)

・天然酵素フルボ酸は、天然のミネラル、アミノ酸、ビタミン、酵素などを豊富に含んだ腐葉土から摘出した酵素エキスとされています。
・乳酸菌ビオスリーは、乳酸菌の入った整腸剤。
・にがりは、マグネシウムの補給のためのもので、スーパーで市販されています。こでは液体タイプのものが想定されています。

3 発症当日を1日目として6日目で回復したといえるでしょう。私の印象では発症からイベルメクチン服用開始まで半日程度のタイムラグが惜しかったと感じます。

繰り返し書いていますが、管理人の対処方針は次の通りです。
管理人は、風邪症状が出たら、一刻を争ってイベルメクチンを服用します。症状が進行してコロナに間違いないと判断できたらイベルメクチンに加えて他の抗ウィルス薬も追加する予定です。サプリメントも買ってありますので、ビタミンD、亜鉛などを服用します。

とにかくウィルスの増殖を止めればよいのですから、例えば血圧上昇によるふらつきやめまい、体のどこかの急激な痛みなどと異なり、医師でなくても対処方法は明らかなのです。

コロナの検査は急ぎません。それよりも自家服薬と安静です。管理人はサラリーマンではないので療養手当ももらえません。マイハーシスに登録しなくてもよいのです。症状が消えたところで念のため検査を受けますが。


医療崩壊の今、特に高齢でもなく、基礎疾患もない場合には、医院受診を模索して時間を徒過するよりも、一刻も早く抗ウィルス薬を服用することです。

2022年08月17日
搬送先みつからず 自宅でそのまま死亡

4 上の記録で、2022/8/14、「HER SYSハーシス」をインストールとありますが、これの意味が分かりません。HER SYSハーシスは、パソコンを使う場合もスマホを使う場合も、どちらもブラウザで厚生労働省のサイトを呼び出して入力します。

サイトのURL、アドレスはこちらです。
https://www.cov19.mhlw.go.jp/
スマホでもアプリのインストールはいらないはずです。インストールではなく感染者の登録です。本人のメールアドレスとHER-SYS IDが必要です。HER-SYS IDは、保健所から通知される感染者識別用のIDです。

2022年08月06日
マイハーシスにどうやってつなげるんだ?

なお、このツイートによると、本人確認書類や、抗原検査結果、検査に使用したキットの情報をまとめて一枚の写真にして送るようになっています。スマホを使っていても、写真を送ったことのない人はメール添付の方法に慣れておきましょう。

Vet.KK@koba29820氏は、コロナ感染時の対処について知識と準備がおありで息子さんからのSOSに直ちに応えましたから、短期間での回復が図られています。

サプリも、いろいろ用意されていました。それにご本人が強調されていますが、解熱剤は使っていません。医療従事者としての見識と力量が発揮されたといえるでしょう。ただ、最高体温が39度まででしたが、これを超えると少しきついでしょうか。

Vet.KK@koba29820さん、情報をありがとうございました。
posted by ZUKUNASHI at 11:03| Comment(0) | Covid19

ロシア軍がすべての前線で攻撃に出ている



・・・ザポリージェでの破壊攻撃、クリミヤでの破壊活動でロシアが決着を急いでいます。少し前まで軍の再編成を行っているとされていました


No agreement with US forbidding attack on Crimea – Kiev
Western weapon systems can be used to strike the peninsula, a senior Ukrainian military official has claimed

Ukraine’s pledge not to attack Russian territory with Western-provided weapons does not cover Crimea, Ukrainian Defense Minister Aleksey Reznikov said on Tuesday.

Western nations have claimed that their supplies of advanced weapons to Ukraine were conditional on their non-use against targets in Russia, but officials in Kiev have long suggested that Crimea does not fall under that rule, as it considers the peninsula to be its own territory.

In an interview with US government-funded broadcaster Voice of America, Reznikov said the US has not objected to strikes on the territory, which Russia views as its own.

“We have an agreement with the US that we will not use weapons provided by the US and partners against the territory of the Russian Federation. But if we discuss de-occupying… Ukrainian land where the enemy is now, there are no such restrictions,” he said, after being asked about possible attacks against Crimea.

The minister stated that the limiting factor in such strikes would be the range of the weapons it receives from foreign allies. In the same interview, he expressed hope that Ukraine would soon receive MGM-140 ATACMS tactical ballistic missiles.

The Lockheed Martin-made projectiles can be fired by the M142 HIMARS and the M270 MLRS rocket systems, which Ukraine already has, and have a range of up to 300 km, significantly further than the types of ammunition provided by the US so far.

Crimea broke away from Ukraine after the 2014 armed coup in Kiev, which ousted the democratically elected government. Crimeans overwhelmingly voted in a referendum to join Russia, which accepted the bid and enshrined the peninsula’s new status in its constitution.

The move was not recognized by Kiev, which has said it will only seek a peaceful resolution to the crisis after defeating Russia militarily and ousting it from all captured territories, including Crimea.

The administration of US President Joe Biden has said it imposed restrictions on Ukraine, to avoid being directly dragged into a conflict with Russia. Some officials in both the US and Russia have asserted that the conflict in Ukraine is a NATO war with Russia by a proxy. Washington has said its goal in Ukraine is to achieve a strategic defeat of Moscow.


posted by ZUKUNASHI at 10:33| Comment(0) | ウクライナ

ロシア外相、エジプト訪問し穀物供給を確約




何が議題でしょう。随行者はいないようです。


アラブリーグの会合があり、エジプトの外相がラブロフの出席を要請したようです。アフリカ諸国は旧宗主国と問題が生じた場合にロシアが頼りになると知っています。22名ですよ。






Lavrov reacts to Western attempts to ban photos with Russian officials
There’s an “obsession” over those images in the US and EU, the Russian FM says
Western countries have tried to bar Arab officials from photo opportunities with Russian counterparts, Russia’s Foreign Minister Sergey Lavrov said during a visit to Egypt on Sunday.

Lavrov revealed that before heading to Cairo he was shown a document from the Arab League, which has its HQ in the Egyptian capital, speaking about “an initiative … by a group of ambassadors from the US, France, Germany, the UK and a representative of the EU.”

“It demanded our Arab friends, firstly condemn, secondly, reject certain actions by Russia. And this initiative especially stressed that they shouldn’t sign any documents with us and take pictures with us,” the Russian FM pointed out after talks with his Egyptian colleague, Sameh Shoukry.

He also recalled how German Foreign Minister Annalena Baerbock recently described a photo of Turkish Presidet Recep Tayyip Erdogan with his Russian and Iranian counterparts Vladimir Putin and Ebrahim Raisi as a “challenge.” Baerbock added that such an image was “incomprehensible” to her.

“They have an obsession with those photos,” Lavrov said of the West. “This is not an issue from the sphere of diplomacy; it’s a different branch of studying the human nature,” he added.

Later in the day, the Russian FM met with the Secretary General of the Arab League Ahmed Aboul Gheit, telling photographers: “Guys, I’ve heard you shouldn’t take pictures of me.”

The remark prompted laughter in the room, according to Russian Foreign Ministry spokeswoman, Maria Zakharova, who shared the moment on her Telegram channel.

Zakharova advised the photographers to send their pictures straight to the US State Department, which she said is especially concerned that Moscow could use the images for propaganda purposes. “They may use them themselves,” she added.
米国とEUではそのようなイメージに「強迫観念」があると、ロシア外相が述べた。
西側諸国は、アラブ諸国の高官がロシアの高官と写真撮影をすることを禁じようとしたと、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相が日曜日にエジプトを訪問した際に述べた。

ラブロフは、カイロに向かう前に、エジプトの首都に本部を置くアラブ連盟から、「アメリカ、フランス、ドイツ、イギリス、EUの代表からなる大使のグループによる...あるイニシアチブ」についての文書を見せられたことを明らかにした。

"アラブの友人達に要求したのは" "第一に非難、第二にロシアの行動を拒否することだ そして、このイニシアティブでは特に、我々と一緒に書類に署名したり、写真を撮ったりすべきではないと強調した」と、ロシア外相はエジプトのサメ・シュクリ氏との会談の後で指摘した。

彼はまた、ドイツのアナレーナ・バーボック外相が最近、トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領とロシア、イランのウラジーミル・プーチン、エブラヒム・ライシとの写真を「挑戦」と表現したことを想起させた。バールボック氏は、そのような画像は彼女にとって「理解できない」ものだと付け加えた。

"彼らはそのような写真に執着している "とラブロフは西側諸国について述べた。「これは外交の領域の問題ではなく、人間の本性を研究するための別の枝だ」とも述べた。

その後、ロシア外相はアラブ連盟のアブール・ゲイト事務局長と会談し、写真家たちにこう語った。「みんな、私の写真は撮らない方がいいって聞いたよ」。

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官が自身のテレグラム・チャンネルでこの瞬間を公開したところによると、この発言で会場が笑いに包まれたという。

ザハロワは写真家たちに、撮影した写真をそのまま米国務省に送るよう助言した。米国務省は、モスクワがプロパガンダのために画像を使用することを特に懸念しているという。「彼らは自分たちで使うかもしれない」と彼女は付け加えた。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。




posted by ZUKUNASHI at 10:18| Comment(0) | 国際・政治

インド・ロシア関係

posted by ZUKUNASHI at 10:01| Comment(0) | 国際・政治

コロナにかかると認知症が進む

posted by ZUKUNASHI at 09:47| Comment(0) | Covid19

その時社会や経済はどうなる



・・・この問題は考えてみることが多いですが、難しいですね。
まず高齢者が多数姿を消すことは確か。年金財政にはプラスになる。その一方で老人介護施設に立ちいかないところが出ますね。

壮年期以下では、やはり後遺症の出方によります。もし、ワクチン接種者に亡くなる方が相次ぐようになると、社会はパニックになる。稼得能力を失う人が増えるでしょうからそういう人たちへの福祉政策をどうするのか。

社会の活力が失われる、経済にも影響ということになるでしょう。

極東の3つの国、地域が特にひどくなりそうなんですよ。

韓国は人口100万人当たり40万人がコロナ感染履歴を持ちます。今も新規感染者が多いですから、そのうち国民の半数が感染履歴を持つでしょう。仮に感染者の10人に一人に後遺症が出れば、国民20人に一人が感染による後遺症を持つことになります。


これらの国は、ワクチン接種率も高いのでワクチン接種による後遺症も出ます。韓国、台湾、日本、いずれも世界のトップレベルです。これらの国が後遺症を抱えながら中国に伍していけるか。まず、無理でしょうね。


日本では出生数が大きく落ちています。韓国、台湾も同様でしょう。

2022年08月17日
家族がじっとしてるか見る要員なんて 確保できませんよ
を書きながら、日本は国民の感染症に関するリテラシーの改善に失敗したんだと思いました。トンデモ情報が流布していますからそうなりますね。


人口構成、健康状態の悪化もありますが、それよりもっと深刻なのは、日本の政治がカルトに支配されていること。こちらがよほど深刻な病だと思います。

そういうことを許容する国民が多ければ、社会の立て直しは難しいでしょう。

それに、日本の感染症や医療体制、衛生問題に関する学者、専門家に問題解決能力がないことがコロナで明らかになりました。他の分野でもおそらく実力の低下があるはず。

5年、10年で社会が健全化し、活力を得ていくとは残念ながら思えないです。
posted by ZUKUNASHI at 09:39| Comment(0) | Covid19

コロナによる“消耗”の結果、急速に全身状態が悪化して死亡



・・・BA.5による死亡はこんな経過のようです。「急な全身状態の悪化」で死に至る。
posted by ZUKUNASHI at 09:12| Comment(0) | Covid19

小売りのような分野でも専門的な知識を持つ人がいなくなってきている



・・・もう何十年も前から、小売りのような分野でも専門的な知識を持つ人がいなくなってきていると感じています。専門職だけでない。
posted by ZUKUNASHI at 08:51| Comment(0) | 社会・経済

STANDARD FOR PRECIOUS METALS

posted by ZUKUNASHI at 08:34| Comment(0) | ウクライナ

モルドバ

posted by ZUKUNASHI at 08:28| Comment(0) | ウクライナ

Zelensky going full nazi mode




posted by ZUKUNASHI at 08:20| Comment(0) | ウクライナ

Tomoya Obokata,UN Special Rapporteur on Contemporary Forms of Slavery






Special Rapporteur on contemporary forms of slavery - OHCHR

https://www.youtube.com/watch?v=eUsitbP_cDA
posted by ZUKUNASHI at 07:52| Comment(0) | 国際・政治