ずくなしの冷や水

2022年08月17日

欧州でマキ需要が激増 輸出禁止へ

harset="utf-8">
posted by ZUKUNASHI at 21:33| Comment(0) | 国際・政治

SWIFT Alternative

posted by ZUKUNASHI at 20:58| Comment(0) | 国際・政治

搬送先みつからず 自宅でそのまま死亡

救急車を呼んでも、搬送先がみつからず、自宅でそのまま死亡という例が立て続けに伝えられています。

コロナ感染者です。

検査が受けにくい状況、受けられない状況ですから、感染者は公表値よりも格段に多い。

BA.5は概して軽症とされていますが、感染者が多ければ亡くなる人も増えます。特に重い症状を示さなかった方が、急に悪化し、入院させようとしても満床で引き受け手がないという状況が多いようです。

知人に聞いた例では、家族の一人が感染して家庭内に広がる恐れが濃厚なためイベルメクチンを提供しようとしたが、その家の主はワクチン信奉が強く、全員が感染するわけない、感染してもごく軽く終わると信じていたようで抗ウィルス薬は断られたとのことでした。

これまで接種したワクチンが少なくともBA.5に関して感染防止になるという効果は期待できないとされています。重症化しないという面ではウィルスが主に増殖する部位が異なり、すぐに深刻な肺炎に発展することは少ないようですが、それでも様態が急変して亡くなる方が出ています。

5歳未満などの幼児に亡くなる方が続いています。

医療従事者からは、現場は災害時並みの修羅場になっているとの声が聞かれます。

船橋市は次の表示を行っています。

医療現場からの緊急のお願いメッセージ(船橋市医師会・船橋市保健所より)
新型コロナウイルス感染者の急増により、医療機関での受け入れが非常に困難な状況になっています。多数の新型コロナウイルス疑い患者が受診することで、発熱外来がひっ迫し、速やかに受診を必要とする方が受診できない状況にあります。
【市民の皆様へのお願い】
〇発熱外来の受診につきましては、次の(1)と(2)の要件をみたす方は、できる限り自宅で様子を見ていただき、必要に応じて受診をしていただくようご理解・ご協力をお願いいたします。また、市で実施する無料PCR検査事業の活用を検討してください。
(1)重症化 リスクが低い方
 ・以下要件を全て満たす方
  1.65 歳未満である
  2.基礎疾患(慢性呼吸器疾患(喘息を含む)、糖尿病、慢性腎臓病、悪性腫瘍、免疫低下状態にある者等)がない
  3.妊娠していない、妊娠している可能性がない
(2)発熱、咳、喉の痛みなどの症状が比較的軽い方

@ 65歳以上の者、A 基礎疾患のある者、B 妊娠している者(可能性のある者)は、発熱外来受診可になります。ただし、症状が比較的軽い場合は、65歳以上の者、基礎疾患のある者、妊娠している者も受診を控えろと読めます。基礎疾患には高血圧は入っていません。

また、感染が確認された方へ連絡事項として次のように書かれています。
船橋市では、新型コロナウイルス感染者の急増に伴い、医療機関からの発生届の記載内容を確認し、重症化リスクが高いと判断した方に、個別に電話連絡しています。
それ以外の方については、療養中の注意点をショートメッセージにより通知しています。ただし、固定電話の場合は、電話にて療養中の注意点を案内します。

(スマホを登録したときは、SNSショートメールで療養中の注意点が知らされる。固定電話を登録したときは、通話により知らされる)
なお、体調が悪化した場合は、保健所(電話番号は、保健所からのショートメッセージへ記載)へご連絡ください。また、急に息苦しくなった、意識が朦朧としてきた等、症状が急変したときは、救急車を要請してください。

連絡先がスマホでなく固定電話ですと、保健所の負担ががぜん増えることがわかります。





このような状況になれば、無医村に住んでいると同じです。民間伝承療法に頼らなければならないこともあります。

管理人は、風邪症状が出たら、一刻を争ってイベルメクチンを服用します。症状が進行してコロナに間違いないと判断できたらイベルメクチンに加えて他の抗ウィルス薬も追加する予定です。サプリメントも買ってありますので、ビタミンD、亜鉛などを服用します。

とにかくウィルスの増殖を止めればよいのですから、例えば血圧上昇によるふらつきやめまい、体のどこかの急激な痛みなどと異なり、医師でなくても対処方法は明らかなのです。

コロナの検査は急ぎません。それよりも自家服薬と安静です。管理人はサラリーマンではないので療養手当ももらえません。マイハーシスに登録しなくてもよいのです。症状が消えたところで念のため検査を受けますが。

目下のところ医療崩壊が激しくなっていますが、とりあえず冷静に対処できています。





posted by ZUKUNASHI at 14:58| Comment(0) | Covid19

ウクライナ、核廃棄物貯蔵施設を爆破-政府関係者

Ukraine bombs nuclear waste storage site – official
Rockets also targeted the cooling systems of the facility
Ukrainian artillery has fired multiple rockets directly at the coolant systems and nuclear waste storage site inside the Zaporozhye Nuclear Power Plant in Energodar, local government administration member Vladimir Rogov told Russian media on Tuesday. He warned that a successful strike may result in a radiation release equivalent to a “dirty bomb.”

“One of the guided missiles hit just ten meters” from the barrels with spent nuclear fuel,” Rogov told Soloviev Live. “Others hit a bit farther away, 50 to 200 meters.”

Since the storage site is out in the open, any hit will result in the release of nuclear waste ranging from dozens to hundreds of kilograms and contamination of the area, the official explained. “In plain language, that would be like a dirty bomb,” said Rogov.

While the reactor itself can only be destroyed with a tactical nuclear weapon, the coolant systems and waste storage are far more vulnerable and damage to them could easily cause a disaster, the official said. Ukrainian troops have already fired “several dozen” heavy projectiles at the cooling systems, Rogov added. If they succeed in disabling such a system, it could produce a meltdown bigger than the 1986 catastrophe at Chernobyl.

Russian troops established control of the Zaporozhye NPP, Europe’s largest facility of the kind, early on in the course of military operations in Ukraine. Russia and Ukraine have been accusing each other of shelling the facility, warning that combat in the area could trigger a nuclear disaster. Russia accused Ukraine of launching artillery and drone strikes on the facility, denouncing the operations as “nuclear terrorism.” Ukrainian troops claimed that the Russians were shelling themselves to discredit Kiev.

Russian requests to the UN and the International Atomic Energy Agency (IAEA) to inspect the site firshand have been met with excuses that inspectors can only access the station via Kiev, and Ukraine can’t guarantee their safe passage.

On Monday, Rogov accused the UN of blocking the IAEA visit because it was covering for Kiev. If the inspectors actually showed up, he said, they would be forced to conclude that Ukraine and not Russia was shelling the power plant.

“It is obvious, it’s all been documented, and not only that, it’s also well known who is being supplied with American guided missiles. Obviously, not Russia, but the Zelensky regime,” he said.

ロケット弾は施設の冷却装置も標的にしていた
ウクライナの大砲が、エネルゴダールのザポロジェ原子力発電所内の冷却装置と核廃棄物貯蔵所に直接複数のロケット弾を発射したと、地元自治体のウラジミール・ロゴフ氏が25日、ロシアのメディアに語った。彼は、攻撃が成功した場合、「ダーティーボム」に相当する放射能が放出される可能性があると警告した。

「使用済み核燃料の入った容器からわずか10メートルのところに誘導ミサイルが命中した」とロゴフ氏はソロヴィエフ・ライブに語った。「他のミサイルは50〜200メートル離れたところに落ちた。

保管場所が野外にあるため、命中すると数十キロから数百キロの核廃棄物が放出され、周辺が汚染されることになると説明した。「分かりやすく言えば、ダーティーボムのようなものだ」とロゴフ氏は言う。

原子炉そのものは戦術核兵器でしか破壊できないが、冷却装置や廃棄物の貯蔵所ははるかに脆弱で、これらが損傷すれば簡単に災害が発生するという。ウクライナ軍はすでに冷却装置に向けて「数十発」の重火器を発射している、とロゴフ氏は付け加えた。もし彼らがそのようなシステムを無効にすることに成功すれば、1986年のチェルノブイリの大惨事よりも大きなメルトダウンが発生する可能性がある。

ロシア軍は、ウクライナでの軍事作戦の初期に、この種の施設としてはヨーロッパ最大のザポロジェ原子力発電所の支配権を確立した。ロシアとウクライナは、同施設への砲撃を非難し合い、同地域での戦闘は核災害の引き金になりかねないと警告している。ロシアはウクライナが同施設に砲撃や無人機による攻撃を行ったと非難し、この作戦を "核テロ "と非難している。ウクライナ軍は、ロシア軍がキエフの信用を落とすために自ら砲撃していると主張した。

ロシアが国連や国際原子力機関(IAEA)に対して、核施設の安全点検を要請しても、査察官はキエフ経由でしかアクセスできず、ウクライナは安全な通行を保証できないと弁解している。

月曜日にロゴフ氏は、国連がキエフをかばうためにIAEAの訪問を妨害していると非難した。もし査察団が実際に来れば、ロシアではなくウクライナが発電所を砲撃したと結論づけざるを得なくなる、と彼は言った。

「それだけでなく、誰がアメリカの誘導ミサイルを供給されているかもよく知られている。明らかに、ロシアではなく、ゼレンスキー政権だ」と述べた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。


イリヤ・ヴォロディミロヴィチ・キヴァ(ウクライナ語:Ilya Volodymyrovych Kiva、1977年6月2日[2]、ポルタヴァ出身)は、ウクライナの政治家。会派「野党綱領-生活のため」から第9回召集の人民代議士、米国の出版社ワシントンポストは、Kivaが親ロシア的なスタンスを持っていると主張した。





posted by ZUKUNASHI at 14:27| Comment(0) | ウクライナ

これを見てもお子さんにワクチン打ちますか?










posted by ZUKUNASHI at 14:19| Comment(6) | Covid19

マスクは人により効果に大きな差





posted by ZUKUNASHI at 10:31| Comment(0) | Covid19

原爆投下の日は 米国大使館や米軍施設にデモをかける日では


露国連次席大使が国連事務総長を批判、米国が広島と長崎に原爆を落としたことを言及すべき
2022年8月7日, 11:00
ロシアのドミトリー・ポリャンスキー国連次席大使は広島市で開かれた平和祈念式典後に会見を行った国連のアントニオ・グテーレス事務総長に対し、果たしてどの国が広島と長崎に原子爆弾を落としたのかを言及すべきだったと苦言を呈した。
ポリャンスキー国連次席大使はツイッターへの投稿で次のように記した。

「親愛なる事務総長殿。世界はこの犯罪を米国が犯したことを決して忘れるべきではありません。この国は民間人に対して原子爆弾を落とした唯一の国です。軍事的必要性もなく。貴兄がご自身の発言の中でもこの点について言及していればよかったですね」

・・・・・

広島、長崎の原爆投下の日は、犠牲者を悼む行事ももちろんいいが、米国大使館や米軍施設にデモをかける日ではないだろうか。



posted by ZUKUNASHI at 10:15| Comment(2) | 福島原発事故

家族がじっとしてるか見る要員なんて 確保できませんよ




posted by ZUKUNASHI at 09:36| Comment(0) | Covid19

後遺症




posted by ZUKUNASHI at 07:09| Comment(0) | Covid19

独立ジャーナリストはなかなか大変




・・・管理人は、シリア戦争の真っ最中のころから志葉玲氏のルポは拝見してきましたが、その都度、別のソースから得られる情報との格差にがっかりしてきました。ウクライナのルポも同じというか、ごく一部の地域にウクライナ政府の案内で入っただけではないかとの疑念がありました。

バネット・ビーレイやエバ・バートレットのような世界でもトップクラスの独立ジャーナリストと比較するのは酷だと思いますが、現地入りを謳って日本語で情報発信する以上、他の情報も踏まえた客観的な情報提供に努めるべきではないかと思います。

ジャーナリストはそれだけの責任を負っている。



エバ・バートレットは、ガザ、シリアに入って取材をし、今はドンバスで取材。アラビア語を話すでしょう。

日本人は、言葉の上でハンディがあります。まあ、この辺で追及はやめておいたほうがよいのでは?

posted by ZUKUNASHI at 06:54| Comment(0) | 社会・経済

ブチャの虐殺はウクライナ軍の演出によるものだとの証言が出ているのに



ブチャの虐殺は、当初からウクライナ軍の演出によるものだと説が出ていましたが、フランス人ジャーナリストの目撃証言が出ています。
2022年07月30日
フランスのボランティアがブチャの虐殺の演出を目撃

上のツイートは、Newsweekが2022/8/12に "Russian Units Linked to Bucha War Crimes Likely 'Destroyed in Combat'"
By Isabel van Brugen On 8/12/22 at 6:39 AM EDT なる記事を掲載。それを紹介したものです。

こんなツイートが日本では関心を集めているんですね。ちょっと驚きです。

posted by ZUKUNASHI at 06:42| Comment(0) | ウクライナ

米国で水不足


posted by ZUKUNASHI at 06:22| Comment(0) | 国際・政治

000

Erdogan, Guterres and Zelensky to meet in Ukraine
The three-way meeting in Lviv will be the Turkish president’s first trip to Ukraine since the conflict with Russia started in February
Turkish President Recep Tayyip Erdogan and UN Secretary General Antonio Guterres will meet with Ukrainian President Vladimir Zelensky in the western Ukrainian city of Lviv on Thursday. Discussions will likely include grain shipments from Ukraine and the endangered Zaporozhye nuclear power plant.

UN spokesman Stephane Dujarric announced the meeting on Tuesday, saying that Guterres was invited to Lviv by Zelensky. Guterres will also visit Odessa, a port city where grain shipments across the Black Sea recently restarted after Russia and Ukraine struck a deal with Turkey and the UN to ensure their safe passage across the Black Sea.

The three-way meeting will focus on maintaining cooperation on these shipments, and “ending the Ukraine-Russia war through diplomatic avenues,” Erdogan’s office said in a statement.

After leaving Ukraine, Guterrez will visit the Joint Coordination Center in Istanbul, from where the shipments are being monitored by Russian, Ukrainian, Turkish and UN officials.

In addition to the trilateral meeting, Dujarric and Zelensky will hold a one-on-one meeting to discuss the situation at the Zaporozhye nuclear power plant. Moscow and Kiev have both accused each other of shelling the plant, although the facility has been under Russian control since the initial days of Moscow’s military operation in Ukraine.

Erdogan will also meet alone with Zelensky, with his office saying that the two leaders will discuss “all aspects of Turkey-Ukraine relations.”

Although Turkey is a member of the NATO alliance, it has not sanctioned Russia over the conflict in Ukraine. Erdogan – who describes his position on the conflict as “balanced” – recently returned from a visit to Russia, where he and Russian President Vladimir Putin agreed to strengthen their trade and energy links and step up cooperation in the fight against terrorism.

Back in March, Erdogan hosted peace talks between Russia and Ukraine, although this ultimately failed to stop the fighting.

posted by ZUKUNASHI at 05:28| Comment(0) | ウクライナ