ずくなしの冷や水

2022年08月10日

韓国は対中・ロ政策を変更したらしい


カンボジアのASEAN会議で日本の外務大臣の発言時にロシアと中国の外務大臣が退席しています。日中外相会談も直前に中国側からキャンセルされたと。韓国外相は何を話しに行く?





韓国大統領はペロシに会いませんでした。韓国が中国との経済関係を切られたら韓国経済は立ちいかない。かなり重大な決断ではないでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 20:56| Comment(0) | 国際・政治

千葉で国内4例目のサル痘感染確認


千葉日報
【速報】「サル痘」感染、千葉県内初・国内4例目の確認 成田空港検疫で
2022年8月10日 15:39 | 無料公開
 千葉県は10日、成田空港の検疫で海外から入国した30代男性がサル痘に感染しているのを確認したと発表した。日本での感染確認は4例目で、県内では初めて。
 県によると、男性は6日に発疹の症状が出現し、9日に欧州から日本に入国、検疫に症状を自己申告し、県内医療機関を受診して検体を採取し、入院。10日に陽性が確定した。現在の状態は安定しており、空港と病院以外への移動はない。国内での濃厚接触者はおらず、感染リスクはないという。
posted by ZUKUNASHI at 18:25| Comment(0) | サル痘

今、注目していること

中国の軍事演習がこのまま継続するのではないかとみられる中、2022/8/10、台湾の野党、国民党が中国政府にデリゲーションを送ります。経済的な影響が出てきているはずです。
 →→台湾周辺の演習は終わりなるそうです。

中国から数百人の退役特殊部隊兵士がドンバスに到着し、 ドネツクとルガンスク共和国のロシア連合軍に参加するとのこと。退役特殊部隊兵士ですからボランティアの扱い。しかし、鉄道で中国製の武器が運ばれるのが目撃されています。かつて中国はシリアに兵士を送ったとされましたが、活動状況は全く分かりませんでした。ユーラシア大陸内で鉄道貨物輸送のルートが整備されつつあり、中国は鉄道で欧州、中東まで武器を送ることができます。

ゼレンスキーの手段を選ばぬ悪辣ぶりにロシア国内での怒りが高まり、ロシアのテレビ番組で核兵器に言及する議員が出始めました。
 →→ロシアは、ザポリージャ原発の国連、IAEAによる現地調査を申し入れていますが、実現のめどはたっていないようです。G7の外相は、ザポリージャ原発のウクライナ側への引き渡しをロシア側に求めたとされていますが、とんでもないこと。

管理人の住む街では、一日中、救急車の音がします。2022/2のピーク時よりも多いです。感染者数が2022/2のピークを越えていますが、そんなに悪化、重症化が激しい? ワクチンの後遺症もある? よくわかりません。

ワクチンの害、緊急承認された抗ウィルス薬の害についてデータが出ています。これらの情報をキャッチして消化していくことは、毎日が忙しい人にとっては大変なことでしょう。政府の言うことを信じている人は、迷いに迷うと思います。私自身、このブログを書いていて情報を咀嚼できているとは思っていません。
でも、こういう政府の言が信用できないということは昔からあったのです。一般の国民にはそれを知る機会がなかっただけです。ところが、今はネットで調べれば、学者や専門家が知るのと同じ早さで情報を得ることができます。

ワクチンによる害などすでに修正のしようのないことについては、絡まれることもありますから、相手を見て話すことが必要になってきていますね。フォロワーが多いとか、アクセスが多いというのはある意味大変危険なことと思います。

ウクライナ問題では、異論も寄せられましたが、結果はご覧の通りです。当初からの観察は客観的だったと自負してますが、かなり危険なことをしていたんでしょうね。

香港問題でも意見の違いが噴出しましたが、台湾問題では特にご意見をいただいていないですね。
posted by ZUKUNASHI at 18:15| Comment(0) | 国際・政治

書かれていることが不快だからと言って突っかかって来られても



・・・・

このブログには書かれている内容は、きわめて不快なことが多いです。不快に思う方は、どうぞご覧にならないように願います。
posted by ZUKUNASHI at 17:03| Comment(0) | Covid19

Flu Virus from Pigs






posted by ZUKUNASHI at 11:13| Comment(0) | 健康・病気

経団連人口問題委員会の今後の少子化対策

posted by ZUKUNASHI at 10:50| Comment(0) | 社会・経済

Explosions rock airbase in Crimea

Explosions rock airbase in Crimea
Blasts at a Russian Navy facility were caused by ammunition detonations, the defense ministry reported
Residents in Crimea’s Saki region witnessed several powerful explosions on Tuesday, which went off at a Russian Navy airfield near the town of Novofedorovka.

The blasts were caused by the detonation of ammunition at the base, the Russian defense ministry said in a statement, adding that nobody was hurt in the incident.

Images posted on social media showed clouds of smoke rising behind houses and the sound of multiple explosions can be heard in the video footage. Smoke from the scene rose high enough to be seen from nearby beaches.

The Head of the Republic of Crimea, Sergey Aksyonov acknowledged an incident had taken place in Novofedorovka and said he would investigate the situation.

Hospitals in the Saki region and the nearby resort city of Evpatoria despatched ambulances, RIA Novosti reported.

posted by ZUKUNASHI at 10:10| Comment(0) | ウクライナ

Ukraine grain going anywhere but Africa – media

ウクライナから積み出された穀物は、英国などの家畜飼料に充てられアフリカや南米の食糧には振り向けられていない。アフリカ諸国がロシアのラブロフとの関係を重視するのは当然なのです。欧州やウクライナは、言うこととやることが違っている。
Ukraine grain going anywhere but Africa – media
Ships using “grain corridor” are headed for Turkey, Europe and China, Kiev’s proclamations aside
Even as the Kiev authorities declared help was on the way for “Middle East, Africa and Asia,” none of the grain ships that have departed Ukrainian ports by Tuesday are headed for African countries most at risk of starvation, according to the New York Times. Meanwhile, the first ship to leave under the “grain corridor” arrangement saw its cargo rejected by the buyers in Lebanon, who cited the delivery delay.

Since the arrangement went into effect on August 1, ten ships have left Ukrainian ports, carrying mainly animal feed to their destinations. One is headed to England, another to Ireland, while several are on their way to Turkey, Italy and China. None of them are bound for Yemen, Somalia, or other countries facing “catastrophic levels of hunger,” the Times reported on Tuesday.

The first ship to reach its destination was the Turkish-flagged Polarnet, which docked in Derince on Monday with 12,000 tons of corn. Celebrating its arrival, Ukraine’s Foreign Minister Dmitry Kuleba said that it “sends a message of hope to every family in the Middle East, Africa, and Asia,” adding, “Ukraine won’t abandon you.”

Meanwhile, President Vladimir Zelensky told his counterpart Mokgweetsi Masisi of Botswana on Monday that Ukraine was “ready to continue being the guarantor of world food security.”

However, most of the 20 million tons of grain held up in Ukrainian ports for the past several months is animal feed and not intended for human consumption, according to experts quoted by AP.

The first ship to leave Ukraine under the “grain corridor” arrangement carried 26,000 metric tons of chicken feed, destined for Lebanon. The Sierra Leone-flagged freighter Razoni sailed out of Odessa on August 1 to much fanfare – only to be turned back from Beirut on Monday, after the Lebanese buyer refused to accept the shipment as several months too late.

Ukraine accounts for about 5% of the world’s grain exports, while Russia’s share is four times that much. Kiev accused Russia of “blockading” its ports, while Moscow pointed out it was the Ukrainian military that mined the sea lanes.

Eventually, the UN and Turkey mediated a deal to arrange safe passage to ships coming and going to Ukrainian ports. The outbound vessels are inspected to ensure they are carrying grain, fertilizer and food, while the incoming ships are checked for weapons.

The deal was also supposed to address Western sanctions against Russian shipping, which effectively prevent Moscow from delivering food, fertilizer and other goods to customers in Africa and South America. In an op-ed published last month in several major African outlets, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov vowed that Moscow was “taking all measures” to ensure the delivery of contractually promised supplies.
posted by ZUKUNASHI at 09:41| Comment(0) | ウクライナ

As the tide turns in Ukraine

Glenn Diesen: As the tide turns in Ukraine, is the US preparing to throw Zelensky under the bus?
With Kiev’s defenses unraveling, the narrative surrounding the country’s leader has suddenly changed in Western media

In a display of support, the US has protected Ukrainian President Vladimir Zelensky from any criticism ever since Russia attacked Ukraine in February. As it becomes evident the war has been lost, someone will have to take the fall, and it appears that Washington is preparing to throw the leader in Kiev to the wolves.
The beginning of the end

The US proxy war against Russia was beneficial for Washington as long as there was a stalemate that was draining Moscow’s military, economic and human resources, even threatening to demote Russia from the rank of a great power. For example, Congressman Dan Crenshaw justified his support for the process by arguing that “investing in the destruction of our adversary’s military without losing a single American troop strikes me as a good idea.”

After more than five months of grinding down the Ukrainian military, the entire frontline is cracking. By punching through the heavily fortified defenses in Maryinka, Peski, Avdeevka, it appears that Moscow has sealed the fate of Donbass. As the fighting moves out of heavily populated industrial areas to a more open landscape, the territorial advancements of Russia will likely intensify. Furthermore, sanctions have backfired terribly on the West, causing a political crisis.

Meanwhile, a new security crisis has emerged in East Asia that is more deserving of US focus and resources. The US and UK built a narrative of victory when they convinced Zelensky to abandon peace talks with Russia in March, but now Washington needs to adapt the narrative for Kiev’s pending loss.
Setting the stage for the end of Zelensky?

Until very recently, the US successfully upheld the international image of Zelensky as some sort of reincarnation of Winston Churchill. Washington dominated the information war in which the complexity of the proxy fight was simplified with dichotomous imagery of the two leaders. Zelensky and Putin were successfully portrayed as a virtuous democrat versus a vicious dictator, a victorious David versus a failing Goliath. Presenting conflicts as a struggle between good and evil is an ideal strategy to mobilize public support and to depict the lack of compromise as a moral position.

However, when a war is lost and compromise is necessary, the narrative must be changed. President Joe Biden must defend his weak political position at home and allies must be reassured about American resolve, thus there needs to be a fall guy to take the blame for the pending disaster. While Washington will continue to send more weapons to bleed Russia, it appears to be simultaneously preparing for defeat by no longer shielding Zelensky from criticism.

It has been a remarkably difficult month, so far, for Zelensky in the Western media, which had previously withheld all criticism. New York Times columnist Thomas Friedman, closely linked to the White House, reported that “there is deep mistrust between the White House and President Volodymyr Zelensky of Ukraine – considerably more than has been reported.” Friedman also detailed Washington’s growing concerns about Ukrainian corruption and mismanagement, a topic that has been denounced as Russian propaganda since February. This is the same media that until recently repeated every line from Zelensky, including labeling the mass surrender in Mariupol as an “evacuation.” No more.

It is seemingly also no longer taboo to report on the internal divisions in Ukraine as a source of failure. The New York Times reports on Zelensky’s reckless purge of the military and security services, while the Washington Post accuses Zelensky of sidelining mayors and centralizing control over all recovery aid “to weaken any future political rivals.”

Sky News, a very anti-Russian news agency, also aired a segment with the title “Zelensky ‘not all he’s portrayed as’ by Western media.” An anchor accused Zelensky of dismantling Ukrainian democracy by seizing control of the national media, banning political opposition parties, and arresting the opposition leader. All true, but previously taboo.

Piling on, Amnesty International thereafter reported that Ukraine has been breaking the rules of war and international humanitarian law by establishing military positions in heavily populated residential areas, schools, and hospitals. It later partially backed down after a Twitter onslaught from pro-Kiev media figures, but stood by its overall findings.

The National Review speculates that the White House is quietly distancing itself from Zelensky to prepare a narrative to explain the shift from an uncompromising position to accepting concessions. It thus predicts that the Biden narrative will be “We did everything we could to help the Ukrainians defend themselves, but in the end, they were too incompetent, too corrupt, and too beset by infighting.” Such a scapegoating would follow the precedents set in Iraq and Afghanistan, where the inadequacy and ineptitude of the protectorate were blamed for the failure.
The nature of proxy wars: Using Zelensky and Ukraine

It is worth remembering that, in late 2013, a previous government in Kiev begged Brussels to replace an EU-Ukraine deal with a trilateral EU-Ukraine-Russia deal, as then President Viktor Yanukovich recognized that forcing Kiev to choose between the West and Russia would split the country.

After declining the EU’s Association Agreement, the US supported regime change in Kiev to install a more compliant government. Washington later backed the “anti-terrorist operation” against those in eastern Ukraine who opposed the new authorities in Kiev. And after the new Ukrainian authorities lost that battle, the Americans worked towards undermining the Minsk peace agreements for the next seven years.

The story of Zelensky is also a case study in the tragedy of proxy conflicts. As a civilian, Zelensky often appeared on TV arguing passionately against draconian laws targeting the Russian language and culture as it would fragment Ukraine. His presidential campaign was similarly a peace platform, pledging to speak to the leaders in Donbass and seek peace with Russia. The Ukrainian people gave him an immense mandate for this by rewarding him with 73% of votes in a landslide victory. Yet, after pressure from Washington and threats from the nationalists that the US armed and empowered, Zelensky reversed his entire position.

The proxy war between NATO and Russia in Ukraine has been a tragic mistake that has brought immense suffering. After goading Ukraine into a devastating conflict with Russia, the US is now demanding that Zelensky take the blame.
米国はゼレンスキーをバスに乗せる準備をしているのだろうか?
キエフの防衛が崩壊し、西側メディアでは同国の指導者をめぐる物語が突然変化している。

2月にロシアがウクライナを攻撃して以来、米国はウラジーミル・ゼレンスキー大統領をいかなる批判からも守り、支援を表明してきた。戦争に負けたことが明らかになると、誰かがその責任を取らなければならない。そして、ワシントンはキエフの指導者を狼の前に投げ出す準備をしているようだ。
終わりの始まり

米国の対ロシア代理戦争は、モスクワの軍事、経済、人的資源を消耗させる膠着状態が続く限り、ワシントンにとって有益であり、ロシアを大国のランクから降ろす恐れさえあった。例えば、ダン・クレンショー下院議員は、"アメリカ軍を一人も失うことなく、敵国の軍隊を破壊するために投資することは良い考えだと思う "と主張し、このプロセスへの支持を正当化した。

5カ月以上にわたってウクライナ軍を削り続けた結果、前線全体にひびが入りつつある。マリインカ、ペスキ、アヴデフカの重装備の防衛線を打ち破り、モスクワはドンバスの運命を決定づけたように見える。戦闘が人口の多い工業地帯からより開けた風景に移るにつれて、ロシアの領土進出はおそらく激化するだろう。さらに、制裁措置が欧米にひどく裏目に出て、政治的な危機を招いている。

一方、東アジアでは、米国の焦点と資源にもっとふさわしい新たな安全保障上の危機が出現している。米国と英国は、3月にゼレンスキーにロシアとの和平交渉を放棄するよう説得した際に勝利のシナリオを構築したが、今やワシントンはキエフの懸案の敗北のためにシナリオを適応させる必要がある。
ゼレンスキー終焉の舞台を用意?

つい最近まで、米国はゼレンスキーがウィンストン・チャーチルの生まれ変わりであるという国際的なイメージを維持することに成功していた。米国は、代理戦争の複雑さを、2人の指導者の二項対立的なイメージで単純化する情報戦を支配した。ゼレンスキーとプーチンは、高潔な民主主義者対悪辣な独裁者、勝利のダビデ対失敗のゴリアテとして描かれ、成功を収めた。紛争を善と悪の戦いとして提示することは、国民の支持を動員し、妥協のなさを道徳的な立場として描き出すための理想的な戦略である。

しかし、戦争に敗れ、妥協が必要になったとき、物語を変えなければならない。ジョー・バイデン大統領は、国内では弱い政治的立場を守り、同盟国にはアメリカの決意を安心させなければならない。したがって、懸案の災害の責任を取るべき人物が必要である。ワシントンは、ロシアから出血させるためにさらに武器を送り続けるだろうが、同時に、ゼレンスキーを批判から守ることをやめ、敗北に備えようとしているように見える。

これまで批判を控えていた西側メディアにとって、今月はゼレンスキーにとって著しく困難な月となった。ホワイトハウスと密接な関係にあるニューヨークタイムズのコラムニスト、トーマス・フリードマンは、「ホワイトハウスとウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領の間には深い不信感があり、報道されているよりもかなり多い」と報じている。フリードマンはまた、ウクライナの腐敗と不始末に関するワシントンの懸念が高まっていることを詳述し、この話題は2月以来、ロシアのプロパガンダとして非難されてきたものである。最近まで、マリウポルでの集団降伏を "避難 "とするなど、ゼレンスキーのセリフをことごとく繰り返していたメディアと同じである。もう、そうではない。

また、ウクライナの内部分裂が失敗の元凶であると報じることも、もはやタブーではないようだ。New York Timesはゼレンスキーによる軍と治安維持機関の無謀な粛清について報じ、Washington Postはゼレンスキーが市長を横取りし、すべての復興支援を集中管理することで「将来の政敵を弱めるため」と非難している。

また、反ロシア的な報道機関であるSky Newsは、"Zelensky 'not all he's portrayed as' by Western media "というタイトルで番組を放映した。キャスターは、ゼレンスキーが国営メディアを掌握し、政治的野党を禁止し、野党指導者を逮捕することによって、ウクライナの民主主義を解体していると非難した。すべて事実だが、以前はタブーだった。

さらに、アムネスティ・インターナショナルはその後、ウクライナが人口の多い住宅地や学校、病院に軍事施設を設置し、戦争のルールと国際人道法を破っていると報告した。その後、親キエフ派のメディア関係者からツイッターで猛攻撃を受け、部分的に撤回したが、全体的な調査結果は支持された。

ナショナル・レビューは、ホワイトハウスがゼレンスキーと静かに距離を置き、妥協しない立場から譲歩を受け入れるように変化したことを説明するシナリオを準備していると推測している。したがって、バイデンのシナリオは、"我々はウクライナ人の自衛のためにできる限りのことをしたが、結局、彼らはあまりにも無能で、あまりにも腐敗し、あまりにも内輪もめに悩まされていた "というものになるだろうと予測しているのだ。このようなスケープゴート化は、イラクやアフガニスタンで、保護国の不備や無能が失敗の原因とされた前例に倣うものだろう。
代理戦争の本質 ゼレンスキーとウクライナの利用

2013年末、キエフの前政権がブリュッセルにEU・ウクライナ協定をEU・ウクライナ・ロシアの3カ国協定に置き換えるよう懇願したことは記憶に新しい。当時のヴィクトル・ヤヌコーヴィチ大統領は、キエフに欧米かロシアかの選択を強いれば国が分裂してしまうと認識していたためである。

EUの連合協定を辞退した後、米国はキエフで政権交代を支援し、より従順な政権を樹立した。その後、ワシントンは、キエフの新当局に反対するウクライナ東部の人々に対する「反テロ作戦」を支持した。そして、ウクライナ新当局がこの戦いに敗れた後、アメリカはその後7年間、ミンスク平和協定を弱体化させる方向に動いた。

ゼレンスキーの物語は、代理戦争の悲劇を示すケーススタディでもある。民間人であったゼレンスキーは、しばしばテレビに出演し、ロシア語やロシア文化を標的にした強権的な法律はウクライナを分断するとして、これに反対する主張を熱く展開した。大統領選挙でも、ドンバスの指導者たちと対話し、ロシアとの和平を目指すことを公約に掲げ、平和を訴えた。ウクライナ国民は、73%の得票率で地滑り的勝利を収め、このことに絶大な支持を与えた。しかし、ワシントンからの圧力と、米国が武装し、力を与えた民族主義者からの脅迫を受け、ゼレンスキーはその立場を一転させた。

ウクライナにおけるNATOとロシアの代理戦争は、計り知れない苦しみをもたらす悲劇的な過ちであった。ウクライナをロシアとの壊滅的な紛争に追いやった後、米国は今、ゼレンスキーに責任を取るよう要求している。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

Google Scholar page
Glenn Diesen
posted by ZUKUNASHI at 08:18| Comment(0) | ウクライナ