ずくなしの冷や水

2022年08月06日

体調悪い時 消化が良いのは茶わん蒸しや豆腐



posted by ZUKUNASHI at 23:48| Comment(0) | 健康・病気

カリン・クナイシオーストリア元外相が激しい嫌がらせにさらされている

カリン・クナイシ オーストリア元外相は、2018/8に行った結婚式にプーチンを招待し、世界を驚かせました。その後も外相としての国連演説で5か国語で演説しました。
その後彼女はロシア石油企業ロスネフチの役員をやっていたようですが、ロシアのウクライナ侵攻後にロシア企業役員を継続することに批判が強まり、辞任しています。
これは、欧州議会が2022/5、ロシアの国営企業から巨額な役員報酬などを得ている欧州の政治家を制裁リストに載せるよう欧州委員会に要求したことによるものです。
シュレーダー独元首相もロスネフチの役員を辞任しています。
ドイツやオーストリアは、大学が多く、政治学者なども多いのですが、ロシアの軍事行動を肯定するような主張をすると罰せられるようで、ツイッターなどでもそのような論調が見当たりません。言論の自由、人権云々という原則論は活発ですが、いったん何かあれば、この通りということです。






2018年08月21日
8/18(土)プーチンがオーストリア外相の結婚式に出席

2018年10月01日
結婚式にプーチンを招いたオーストリア外相が国連総会でサプライズ演説
posted by ZUKUNASHI at 23:40| Comment(0) | 国際・政治

西シベリアの50か所以上で山火事

More than 50 wildfires have engulfed the Khanty-Mansi Region in Western Siberia

According to the regional Emergency Situations Department, as of 3pm local time, there were 56 fires in the region, with more than 1,000 personnel, 40 fire brigades and 22 aircraft mobilized to combat the blazes.

The department said that while there is no threat of the fires spreading to inhabited areas, “smoke can be observed” across the region. Residents are advised to limit physical activity and time outside, use masks, keep doors and windows shut, and wipe down surfaces in their homes.

住居のある地域に火が及ぶことはなさそうですが、煙が流れてきているので、戸外に出る時間を短縮し、窓やドアを閉め、屋内の表面を拭きなさいと指示しています。

煙が流れてきて屋内の壁や物の表面が汚染されているので、汚染を拭きとれば悪臭が弱まるということでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 23:23| Comment(0) | 国際・政治

ウクライナ軍によるザポリージャ原発への砲撃が続いている




・・・「電源装置の安全な動作に必要な開閉装置に供給する2本の電力線が遮断」されたとあります。福島第一原発事故でもこの装置につながる電線の鉄塔が倒れ、事故の一因となっています。


Ukraine risks repeating Chernobyl disaster, Russia warns
Moscow has accused Kiev of shelling Europe’s largest nuclear power plant

Russia has urged the UN and the International Atomic Energy Agency (IAEA) to make Ukraine stop the “shelling” of Europe’s largest nuclear power plant.

Moscow accused Ukrainian troops of firing artillery shells at the Zaporozhskaya Nuclear Power Plant in the country’s southern Zaporozhye Region on Friday.

The plant was seized by Russian forces in late February, when Moscow launched its military campaign in the neighboring country. The facility continues to operate with Ukrainian staff under Russian control.

Igor Vishnevetsky, a senior non-proliferation and arms control official at the Russian Foreign Ministry, warned that the shelling of the plant risks triggering an event similar to the 1986 Chernobyl nuclear disaster.

We would like to appeal to international organizations, especially to the UN and the IAEA, as well as to the countries that have influence on the Kiev regime, so they would take action in order to make the shelling of the nuclear power plant stop immediately.

According to the Russian Defense Ministry, “parts of the equipment” at the plant are out of power due to the shelling, and a fire broke out at the facility and was quickly put out. The ministry claimed that “by sheer luck,” the Ukrainian shells did not cause a bigger fire and “a possible nuclear disaster.”

The ministry said that Ukrainian troops also shelled the adjacent city of Energodar, causing power outages and disruptions of water supply.

The ministry called on the international community to condemn Ukraine for “the acts of nuclear terrorism.”

Ukrainian President Vladimir Zelensky claimed that the shelling of the plant came from Russian troops. “It is not only yet another reason why Russia should be recognized as a state sponsor of terrorism, but also a reason to impose tough sanctions on all of Russia’s nuclear power industry,” Zelensky said on Friday.

US Secretary of State Antony Blinken and Ukrainian officials earlier accused Russia of using the plant as a “shield” for its soldiers.

“Russia is now using the plant as a military base to fire at Ukrainians, knowing that they can’t and won’t shoot back because they might accidentally strike a reactor or highly radioactive waste in storage,” Blinken said on Monday at a UN nuclear non-proliferation conference in New York.

The Russian delegation to the conference released a statement rejecting Blinken’s claim. “The actions of our Armed Forces don’t damage Ukraine’s nuclear safety in any way and cause no obstacles to the plant’s operation.”

IAEA chief Rafael Grossi told AP on Tuesday that the plant needs to be inspected for repairs and “to prevent a nuclear accident from happening.”

“The situation is very fragile. Every principle of nuclear safety has been violated one way or the other and we cannot allow that to continue,” Grossi said later at an event in New York.
モスクワはキエフが欧州最大の原子力発電所を砲撃したことを非難した

ロシアは国連と国際原子力機関(IAEA)に対し、ウクライナに欧州最大の原子力発電所への「砲撃」を止めさせるよう求めた。

モスクワは金曜日、ウクライナ軍が同国南部ザポロジエ州のザポロジスカヤ原子力発電所に砲弾を撃ち込んだと非難した。

同発電所は、モスクワが隣国での軍事作戦を開始した2月下旬にロシア軍に接収された。同発電所は、ロシアの支配下でウクライナ人スタッフとともに操業を続けている。

ロシア外務省の核不拡散・軍備管理担当高官イゴール・ヴィシュネヴェツキー氏は、原発への砲撃は1986年のチェルノブイリ原発事故のような事態を誘発する危険があると警告している。

"国際機関、特に国連とIAEA、そしてキエフ政権に影響力を持つ国々に、原子力発電所への砲撃を直ちに止めさせるために行動を起こすよう訴えたいと思います。"

ロシア国防省によると、砲撃により原発の「設備の一部」が停電し、施設内で火災が発生したが、すぐに消し止められたという。同省は、"全くの幸運 "により、ウクライナの砲撃はより大きな火災と"生じかねない核災害"を引き起こさなかったと主張している。

同省によると、ウクライナ軍は隣接するエネルゴダール市にも砲撃を行い、停電や水の供給停止を引き起こしたという。

同省は、国際社会に対し、ウクライナの "核テロ行為 "を非難するよう呼びかけた。

ウクライナのウラジミール・ゼレンスキー大統領は、原発への砲撃はロシア軍によるものだと主張した。「ロシアをテロ支援国家と認定すべき理由がまた一つ増えただけでなく、ロシアの原子力産業全体に厳しい制裁を課す理由にもなる」とゼレンスキーは金曜日に述べた。

米国のアントニー・ブリンケン国務長官とウクライナ当局は、ロシアが原発を兵士の「盾」として使用していると非難した。

「ロシアは今、ウクライナ人に発砲するための軍事基地として原発を利用している。原子炉や貯蔵中の高放射性廃棄物を誤って攻撃するかもしれないので、撃ち返すことはできないし、しないだろうと知っている」と、ブリンケン氏は月曜日、ニューヨークで開かれた国連の核不拡散会議で述べた。

この会議のロシア代表団は、ブリンケン氏の主張を否定する声明を発表した。"我が軍の行動は、ウクライナの原子力安全を何ら損なうものではなく、原発の稼働に何ら支障を来すものでもない"

IAEAのラファエル・グロッシ長官は火曜日、AP通信に対し、原発は修理のため、"原発事故を未然に防ぐため "に検査が必要であると述べた。

"状況は非常に脆弱である。原子力安全のあらゆる原則が何らかの形で侵害されており、これを続けることは許されない」と、グロッシ氏はその後ニューヨークのイベントで語った。

posted by ZUKUNASHI at 23:06| Comment(0) | 福島原発事故

夏物衣料は今が底値?

友人の付き合いで、廉価衣料のワークマンに寄ることがありました。

7月には海外からのお客に会うために衣類に気を使うこともありましたが、盛夏のありがたさで夏物衣料は高いものは必要ありません。

私の場合、夏の外出は買い物とウォーキングだけ。もう安物衣料だけです。

ワークマンで見ていたらキャップが399円、安いので飛びついて買ったら深さが少し浅いです。あとカラフルなTシャツが500円から600円程度。どれも化繊ですから着心地はよくないと思い買うのは見送りました。

でも家に帰ってふと考えたら、石油が上がり、運賃なども上がりますね。来年も同じような価格で売られているだろうか。

安いTシャツとハンズボンを2、3枚買っておいてもよいかなと考え直しました。あと何シーズン生きられるかわかりませんが、余って捨ててもらっても惜しくないものを。

どうせ買うなら思いっきり派手なものがいいかとも思いますが、孫家族が来た時に引かれるのも困るなと、思案中です。

ユニクロの衣料が安いのは知っていますが、店舗が混んでいる。一方、ワークマンはそんなに混んでおらず、とにかく安いうえにLLとかXLのサイズが多いのです。(笑)

posted by ZUKUNASHI at 22:03| Comment(0) | 生活防衛

熊本県は住民29人に一人の患者


熊本県は住民29人に一人の患者です。




フジロックとは、ロックフェスティバルのことですね。

FUJI ROCK FESTIVAL’22 終了のご報告
2022.08.02
フジロック・フェスティバル’22 は、7/28(木)の前夜祭からのべ4日間、69,000人のお客さまにご来場いただきました。
一部プログラムを変更して開催いたしましたが、出演者の皆様のご協力により無事終了することができました。
第7波による影響があるなかで、感染防止対策ガイドラインを守り、ご協力いただいた出演者、スタッフ、来場者の皆様に感謝いたします。
誠にありがとうございました。
FUJI ROCK FESTIVAL’22
2022年7月29日(金) 30日(土) 31日(日)
新潟県 湯沢町 苗場スキー場
来場者数
7月28日(木) 10,000人 (前夜祭)
7月29日(金) 18,000人
7月30日(土) 21,000人
7月31日(日) 20,000人
4日間のべ来場者数 69,000人
posted by ZUKUNASHI at 21:43| Comment(0) | Covid19

マイハーシスにどうやってつなげるんだ?


・・・・・

マイハーシスにどうやってつなげるんだ? もう役所は知らないということ? ひどすぎる。これが政府の分科会の委員だ。


この感染者登録システムに登録されないと、傷病手当金申請に添付する療養証明が得られません。

感染者の登録は、陽性確認をした医療機関などから保健所へ通知されて初めて行われます。そして、保健所から次のような通知が来ます。次の例では、HER-SYS IDが空欄になっていますが、ここにIDが記入されるはずです。このHER-SYS IDが届いて初めてシステムが利用可能になります。

ですから、冒頭のツイートにあるように市販の検査キットを使って陽性が出た場合、保健所に申して出て感染者として登録してもらわなければなりません。しかし、保健所に市販キットを持ち込んで陽性確認者として扱ってもらえるのでしょうか。保健所はタダでも忙しいのに、そんなことは無理でしょう。

発熱外来では、そのような人を「持ち込み陽性」といい、さらに検査をしてくれるところがあるようですから、そのようなところで診察を受ける必要があります。

しかし、発熱外来が混雑していて予約の電話もつながらない。そのため、医療機関での陽性確認がやってもらえないというのが実態です。

行政は、感染者数を絞ろうとしているとしか思えない。こんなことをやらせておいてはいけないと思います。みんなが怒らなければ。

木下グループのリモートPCR検査では、陽性が出ると保健所に通知してくれるのではなかったかと思います。もし、簡易抗原検査で陽性が出たら、リモート検査を使って保健所に登録されるようにするのがよいでしょうか。

マイハーシスに登録されて療養証明を得ることも大事なことですが、のちのち後遺障害が出たときの医療費の負担問題に影響してくる恐れもあります。感染の実績をきちんと残しておくことは、大変重要です。

なお、医療機関で検査を受ける場合、スマホの電話番号かメールアドレスを記入させられるはずです。陽性確認の場合、それらにショートメール(ショートメッセージ)やメールで上にあるようなマイハーシス登録案内が送られてきます。

携帯電話番号やメールアドレスが間違っていると案内が届きません。空で言えない場合は紙に控えておき、正確に写しましょう。自分の携帯電話(スマホ)やメールアドレスを持っていない方は、同居の家族やごく近しい友人などのそれを登録させてもらいましょう。

スマホやパソコンを扱えない場合は、同居の家族かごく近しい友人などに手伝ってもらいます。固定電話で応答すれば感染の恐れがありません。
posted by ZUKUNASHI at 21:28| Comment(1) | Covid19

真偽のほどが確認できていません

posted by ZUKUNASHI at 19:13| Comment(0) | 国際・政治

ワクチン接種 次は止めないと死ぬぞ 1




















2022/7/18以降4回目のワクチン接種開始



ワクチンを信じている者に周りがワクチンの害を説いても理解してもらえません。洗脳されており、過去3回の接種が失敗だったとは思いたくないからです。

年配者は好きにさせたらよい。

しかし、若い人には、慎重にしてもらいたいところですが、助言をしても聞き入れてもらえない場合は、助言者の影響力がないということですから、それは自分を責めるしかない。



posted by ZUKUNASHI at 19:02| Comment(4) | Covid19

高校卒業しなくても高卒認定試験で大学に進める

posted by ZUKUNASHI at 18:25| Comment(0) | 社会・経済

燃料・食糧危機が、日本人に関係ない? 朝日新聞?まだあるの?



朝日新聞、ごみ新聞に成り下がりましたね。



・・・・
私と同年代の地方紙の敏腕記者。息子さんが東大を出て朝日に入ったと喜んでいたが、今ごろどうされているだろう。こういう記事を書く日々に満足しているだろうか。15年、20年で会社なんてガラッと変わってしまうのだ。
posted by ZUKUNASHI at 18:03| Comment(0) | ウクライナ

中国がペンタゴンからの電話を受けない

China ignores phone calls from Pentagon – Politico
The reported break in communications comes amid large-scale military drills around Taiwan
As China continues its snap military drills around Taiwan in retaliation to US House Speaker Nancy Pelosi’s provocative visit to the island this week, top Chinese military officials are refusing to return calls from their counterparts at the Pentagon, according to Politico.

Beijing allegedly rejected several calls from Defense Secretary Lloyd Austin and Joint Chiefs Chair Gen. Mark Milley in recent days, according to “three people with knowledge of the attempts.” Milley’s last confirmed contact with China’s Chief of the Joint Staff, Gen. Li Zuocheng, came on July 7, while Austin met with Chinese Defense Minister Gen. Wei Fenghe in person back in June.

On Friday, Beijing decided to cut diplomatic ties with Washington in a number of military and civilian areas. China’s Foreign Ministry released a list of issues on which there will no longer be communication between Chinese and American officials, including military contacts on the level of theater commanders and wider defense policy coordination talks.

China also suspended consultations on maritime security, cooperation on the repatriation of illegal migrants, legal assistance on criminal matters, fighting against transnational crime and drug trafficking, as well as talks on climate change, it said in a statement.

While not commenting on the reported break in top-level military communications, the White House said China’s recent moves increase the “risk of miscalculation and misperception,” even as National Security Council spokesperson John Kirby insisted it “does not completely eliminate the opportunities for senior members of our military to talk.”

“You have this much military hardware operating in confined areas, it’s good, especially now, to have those lines of communication open,” Kirby said on Friday.

Beijing launched “unprecedented” military exercises and live-fire drills in six maritime areas around Taiwan on Thursday in response to Nancy Pelosi’s brief visit. The drills include the simulation of a “blockade” of the island, as well as amphibious assaults and the striking of ground targets, according to the Chinese Defense Ministry.

China considers Taiwan an inalienable part of its territory and views visits such as Pelosi’s as attacks on its sovereignty and a violation of the ‘one-China’ principle, under which most countries refrain from diplomatic recognition of Taiwan. Despite officially recognizing Beijing as the sole legitimate authority in China since 1979, the US maintains strong unofficial ties with the island of 23.5 million, frequently selling weapons to Taipei and supporting its push for sovereignty.

中国、国防総省からの電話を無視 - Politico
台湾で大規模な軍事訓練が行われる中、通信が途絶えたと報告された。
中国が今週、ナンシー・ペロシ米下院議長の挑発的な台湾訪問への報復として、台湾周辺での大規模な軍事訓練を続ける中、中国軍の高官が国防総省の対応者からの電話に出ることを拒否していると、ポリティコが伝えています。

「この試みについて知っている 3 人の人物」によると、北京は最近、ロイド オースティン国防長官と統合参謀本部議長のマーク ミリー大将からの数回の電話を拒否したと言われています。 ミリーが中国の統合参謀総長である李作成大将と最後に接触したことが確認されたのは7月7日であり、オースティンは6月に中国国防相の魏鳳和大将と直接会った。

金曜日、北京は多くの軍事・民生分野でワシントンとの外交関係を断つことを決めた。中国外務省は、戦域司令官レベルの軍事的接触や幅広い防衛政策調整協議など、今後中国とアメリカの当局者の間でコミュニケーションが行われない問題のリストを発表した。

中国はまた、海洋安全保障、不法移民の送還に関する協力、刑事問題に関する法的支援、国際犯罪や麻薬取引との戦い、気候変動に関する協議も中断したと声明で述べている。

ホワイトハウスは、中国の最近の動きが「誤算と誤解のリスク」を高めるとしながらも、トップレベルの軍事通信が途絶えたことについてはコメントせず、国家安全保障会議のジョン・カービー報道官は「軍の上級メンバーが話をする機会が完全になくなるわけではない」と主張した。

カービー報道官は金曜日に、「これだけの軍備が限られた場所で運用されているのだから、特に今は、コミュニケーションラインを開いておくのは良いことだ」と述べた。

北京は木曜日、ナンシー・ペロシの短い訪問に呼応して、台湾周辺の6つの海域で「前例のない」軍事演習と実弾演習を開始した。中国国防省によると、この訓練には、台湾の「封鎖」のシミュレーションのほか、水陸両用攻撃や地上目標への攻撃が含まれている。

中国は台湾を不可分の領土とみなしており、ペロシのような訪問は主権に対する攻撃であり、ほとんどの国が台湾を外交的に承認しない「一つの中国」の原則に違反するものであるとみなしている。1979年以来、北京を中国の唯一の合法的な権力者と公式に認めているにもかかわらず、米国は2350万人の島と強い非公式な関係を維持し、台北に頻繁に武器を売り、その主権の主張を支持している。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。一部修正している。
posted by ZUKUNASHI at 15:09| Comment(0) | 台湾

性病が増加

posted by ZUKUNASHI at 11:39| Comment(0) | 健康・病気

イリノイの保育施設で保育士がサル痘感染発覚

posted by ZUKUNASHI at 10:30| Comment(0) | サル痘

コロナパンデミックへの米国関与 さらに網が絞られる


US government may be complicit in emergence of Covid – Russian MoD
米国政府はコビッドの出現に加担している可能性がある-ロシア国防省
Moscow is assessing the possibility that a Washington DC agency played a part in the creation of Covid-19
モスクワは、ワシントンDCのある機関がコビッド19の誕生に一役買った可能性を評価している。
Russia’s Defense Ministry says it’s investigating the possible role of the US Agency for International Development (USAID) in the creation of the Covid-19 virus.
ロシア国防省は、コビッド19ウイルスの誕生に米国国際開発庁(USAID)が関与した可能性について調査していると述べた。
In a press briefing on Thursday, the head of Russia’s Radiation, Chemical and Biological Defense Forces, Lieutenant-General Igor Kirillov, claimed that US-backed bio-laboratories in Ukraine had been conducting questionable research and clinical tests on Ukrainian citizens, and that “over 16,000 biological samples, including blood and serum samples, were exported from the territory of Ukraine to US and European countries.”
ロシアの放射線・化学・生物防衛軍のトップであるイーゴリ・キリロフ中将は、木曜日の記者会見で、ウクライナの米国が支援する生物研究所が、ウクライナ国民に対して疑わしい研究と臨床試験を行っており、"血液と血清のサンプルを含む16000以上の生物サンプルがウクライナ領土から米国と欧州諸国に輸出された "と主張した。
He went on to explain that a statement from Jason Crow, a member of the US House of Representatives Intelligence Committee, who warned Americans that their DNA samples could be used to create targeted biological weapons, caused Russia’s Defense Ministry to “take a fresh look” at the origins of the Covid pandemic.
さらに、アメリカ下院情報委員会のメンバーであるジェイソン・クロウ氏が、アメリカ人のDNAサンプルが標的型生物兵器の製造に使用される可能性があると警告した発言により、ロシア国防省がコビドパンデミックの起源について「見直す」ことになったと説明しています。
“Taking into account the interest of the US administration in the study of narrowly targeted biological agents, such statements force us to take a fresh look at the causes of the novel coronavirus pandemic and the role of US military biologists in the emergence and spread of the Covid-19 pathogen,” Kirillov said.
「標的を絞った生物剤の研究に対する米国政府の関心を考慮に入れると、そのような声明は、新型コロナウイルスのパンデミックの原因と、 Covid-19病原体の出現と拡散における米軍の生物学者の役割を再検討することを余儀なくします。」とキリロフ氏は語った。
Russia now suspects that USAID might have been directly responsible for the emergence of the Covid-19 virus, according to Kirillov, who pointed to a Lancet article by Columbia professor Jeffry Sachs, who suggested that the virus was likely created in a lab with the help of the America’s latest achievements in the field of biotechnology.
キリロフ氏によれば、ロシアは現在、USAID が Covid-19 ウイルスの出現に直接関与している可能性があると疑っており、同氏は、このウイルスはアメリカのバイオテクノロジー分野における最新の成果を利用して実験室で作られた可能性が高いと示唆しているコロンビア大学のジェフリー・サックス教授が発表したランセット誌の記事を指摘した。
Kirillov pointed out that since 2009, USAID had been funding a program known as “Predict,” conducting research into new coronaviruses which involved the capture of wild bats infected with such pathogens, and that one of the project’s contractors, Metabiota, had been known for its military biological activities on the territory of Ukraine.
キリロフ氏は、2009年以降、USAIDは「Predict」と呼ばれるプログラムに資金を提供し、そうした病原体に感染した野生のコウモリの捕獲を伴う新しいコロナウイルスの研究を行っており、プロジェクトの請負業者の1つであるメタビオタ社はウクライナ領内での軍事生物活動で知られていたと指摘した。
In 2019, the agency shut down the ‘Predict’ program while the Johns Hopkins Center for Health Security coincidentally began studying the spread of a previously unknown coronavirus.
2019年、ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターが偶然にもこれまで知られていなかったコロナウイルスの拡散の研究を始める一方で、同機関は「Predict」プログラムを停止した。
“The implementation of the COVID-19 development scenario and USAID's emergency phasing out of the Predict program in 2019 suggest the deliberate nature of the pandemic and US involvement in its occurrence,” Kirillov said.
「COVID-19開発シナリオの実施とUSAIDの2019年のPredictプログラムの緊急終了は、パンデミックの意図的な性質とその発生への米国の関与を示唆しています」とキリロフ氏は述べた。
He added that the recent emergence of the monkeypox virus, as well as the US’s purported history of using biological agents against its enemies, has led Moscow to observe a “clear trend” of pathogens which for whatever reason are of interest to the Pentagon, eventually turning into pandemics.
さらに、サルポックスウイルスの最近の出現や、米国が敵に対して生物製剤を使用したとされる歴史から、何らかの理由で国防総省が関心を持つ病原体が、最終的にパンデミックになるという「明確な傾向」をモスクワは観察しているという。
The US has repeatedly denied using biolabs in Ukraine to conduct military research and claims the “46 peaceful Ukrainian laboratories, health facilities and disease diagnostic sites” were used to assist Kiev in improving biological safety, security and disease surveillance for both human and animal health.
米国は、ウクライナのバイオラボを軍事研究に使用することを繰り返し否定しており、「46の平和的なウクライナの研究所、保健施設、疾病診断施設」は、キエフがヒトと動物の健康のために生物学的安全、セキュリティ、疾病監視の改善を支援するために使用されたと主張している。
The exact origins of the Covid-19 virus have yet to be conclusively proven. However, the World Health Organization (WHO) stated in February 2021 that it was most likely transmitted from an animal, possibly a bat, to humans.
Covid-19ウイルスの正確な起源は、まだ決定的な証明を受けていません。しかし、世界保健機関(WHO)は2021年2月、動物(おそらくコウモリ)からヒトに感染した可能性が高いと発表しています。

www.DeepL.com/Translator(無料版)などで翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 10:12| Comment(0) | Covid19