ずくなしの冷や水

2022年08月05日

ロシア、捕虜収容所爆破事件の調査のため国連と赤十字の専門家を招聘

Russia invites UN and Red Cross experts to investigate POW camp bombing
Moscow earlier blamed Ukraine for the strike, saying US-made HIMARS rocket launchers were used to carry it out
The Russian Defense Ministry announced on Sunday that it had officially invited independent experts from the UN and the Red Cross to investigate the shelling of a detention center in Donetsk People’s Republic (DPR). The Friday bombing killed 50 prisoners, with dozens more wounded.

“In the interest of conducting an objective investigation of the strike on the detention center in Yelenovka, which led to the deaths of many Ukrainian prisoners of war, the Russian Federation has officially invited experts from the UN and the International Red Cross Committee,” the ministry said.

The facility in Yelenovka, south of Donetsk, housed hundreds of Ukrainian prisoners – mainly members of the “Azov” neo-Nazi militia who surrendered in Mariupol in May.

According to the Russian military’s earlier statement, the strike was conducted using US-made HIMARS multiple rocket launchers.

“All political, criminal and moral responsibility for the bloodbath against Ukrainians is borne personally by Zelensky, his criminal regime and Washington, which supports them,” Moscow said.

The Ukrainian military released a statement on Friday, accusing Russian troops of shelling the town. Moscow destroyed the prison in order to pin the blame on Kiev, as well as to “hide the torture of prisoners and executions," the statement alleged.

However, the DPR military suggested it was the Ukrainian authorities who had the reason to “deliberately” target the facility. The republic’s head, Denis Pushilin, said “Azov” members had been providing testimonies about possible war crimes by their commanders. The Kiev authorities also knew exactly where the “Azov” prisoners were being held, DPR militia spokesman Eduard Basurin told reporters.

Meanwhile, unlike the government in Kiev, Ukraine’s backers in Washington did not rush to blame the bombing on Moscow.

“We just don’t have enough information to speak intelligently about these very early reports,” John Kirby, spokesman for the US National Security Council, told reporters.

Russia sent troops into Ukraine on February 24, citing Kiev’s failure to implement the Minsk agreements, designed to give the regions of Donetsk and Lugansk special status within the Ukrainian state. The protocols, brokered by Germany and France, were first signed in 2014. Former Ukrainian president Pyotr Poroshenko has since admitted that Kiev’s main goal was to use the ceasefire to buy time and “create powerful armed forces.”

In February 2022, the Kremlin recognized the Donbass republics as independent states and demanded that Ukraine officially declare itself a neutral country that will never join any Western military bloc. Kiev insists the Russian offensive was completely unprovoked.
ロシア、捕虜収容所爆破事件の調査のため国連と赤十字の専門家を招聘
ロシア、国連と赤十字の専門家を招き、捕虜収容所爆破事件の調査を依頼
モスクワは先に、米国製のHIMARSロケットランチャーが攻撃に使用されたとし、ウクライナを非難している。
ロシア国防省は日曜日、ドネツク人民共和国(DPR)の収容所への砲撃について調査するため、国連と赤十字から独立した専門家を正式に招いたと発表した。金曜日の爆撃で50人の囚人が死亡し、さらに数十人が負傷した。

"多くのウクライナ人捕虜の死につながったイエレノフカの収容施設への攻撃について客観的な調査を行うため、ロシア連邦は国連と国際赤十字委員会の専門家を正式に招聘した "と同省は述べている。

ドネツクの南にあるイエレノフカの施設には、数百人のウクライナ人捕虜が収容されており、主に5月にマリウポルで降伏したネオナチ民兵「アゾフ」のメンバーが収容されていた。

ロシア軍の発表によると、この攻撃は米国製のHIMARS多連装ロケットランチャーを使用して行われた。

「ウクライナ人に対する大虐殺の政治的、犯罪的、道徳的責任はすべて、ゼレンスキーと彼の犯罪的政権、そして彼らを支援するワシントンが個人的に負っている」と、モスクワは述べた。

ウクライナ軍は金曜日に声明を発表し、ロシア軍が町を砲撃したことを非難した。モスクワが刑務所を破壊したのは、キエフに責任を負わせるためであり、また「囚人への拷問と処刑を隠すため」だと、声明は主張している。

しかし、共和国軍は、この施設を「意図的に」狙う理由があるのはウクライナ当局であることを示唆した。同共和国軍のデニス・プシーリン司令官は、「アゾフ」隊員が指揮官による戦争犯罪の可能性について証言していると述べた。キエフ当局も「アゾフ」の捕虜がどこに収容されているかを正確に知っていたと、民兵のエドゥアルド・バズリン報道官は記者団に語った。

一方、キエフの政府とは異なり、ワシントンのウクライナの支持者は、爆撃をモスクワのせいにすることを急がなかった。

米国家安全保障会議のジョン・カービー報道官は記者団に対し、「我々は、この初期の報告について知的に話すのに十分な情報を持っていない」と述べた。

ロシアは2月24日にウクライナに軍隊を派遣した。キエフがドネツクとルガンスクの地域にウクライナ国家内での特別な地位を与えることを目的としたミンスク協定を履行していないことを理由にしたものである。ドイツとフランスが仲介したこの議定書は、2014年に初めて署名された。ウクライナのピョートル・ポロシェンコ前大統領はその後、キエフの主な目的は、停戦を利用して時間を稼ぎ、"強力な武装勢力を生み出すこと "だったと認めている。

2022年2月、クレムリンはドンバス共和国を独立国家として認め、ウクライナが西側軍事ブロックに決して参加しない中立国であることを公式に宣言するよう要求した。キエフは、ロシアの攻撃は完全に無抵抗であると主張している。

Russia blames Zelensky and US for POW ‘bloodbath’
The Ukrainian leader and his American backers are guilty of shelling prisoners, Moscow insists
Ukrainian President Vladimir Zelensky is personally responsible, along with the United States, for the fatal shelling of a detention facility in the Donetsk People’s Republic (DPR), Russia’s Defense Ministry claimed on Saturday.

According to the ministry’s statement, a missile strike using US-made HIMARS multiple rocket launchers on a prison near the village of Yelenovka killed 50 POWs, while 73 were hospitalized with severe injuries.

The ministry added that the remains of 48 Ukrainian prisoners of war were found and extracted from underneath the rubble, while two inmates succumbed to their wounds on the way to a medical facility.

“All political, criminal and moral responsibility for the bloodbath against Ukrainians is borne personally by Zelensky, his criminal regime and Washington, which supports them,” the statement reads.

Earlier this week, Eduard Basurin, the spokesman for the DPR's army, said that Kiev knew exactly where the POWs were being held, because Kiev “itself determined the place of detention.”

The DPR official also noted that the prison could have been targeted by Kiev in order to hide atrocities “after the Ukrainian prisoners of war began to talk about the crimes that they had committed on the orders of their commanders.”

The Russian Defense Ministry confirmed that the facility had held members of Ukraine’s Azov Battalion, whose fighters surrendered to Russian and Donbass forces during the siege of the Azovstal steel factory in Mariupol.

Kiev has categorically denied these allegations and claims Russia is responsible for the strike, saying that Moscow sought to blame Ukraine for committing ‘war crimes’.

Russia and allied forces have repeatedly accused Ukraine of shelling civilian infrastructure with various heavy weaponry, including HIMARS.

According to the Pentagon, as of July 22, the US has provided Ukraine with 16 M142 HIMARS systems, while the UK has delivered another three launchers capable of firing the same munitions. Last week, the Russian military said it had destroyed four of the rocket launching systems, a claim that was dismissed by Kiev as “misinformation.”

Ukraine asked for POWs to be placed in prison it shelled – Russia
Kiev deliberately struck a facility holding captured troops in Donbass, according to Moscow
posted by ZUKUNASHI at 20:30| Comment(0) | ウクライナ

日本はサル痘で天然痘ワクチン

posted by ZUKUNASHI at 18:18| Comment(0) | サル痘

スマホやネットは高齢者がもっと使えばいいのに

管理人自身は、あまりスマホを使っていません。知人が暇つぶしにかけてきた電話を受けるのが主たる使い道。

電話代がかからないように最近は、もっぱらLINE通話にしています。電話の機能も持たせていますが、ネット利用料は格安SIMなので少し電話を使っても1200円程度。

今、OPPOのスマホは15,000円ほどで買えますから、機材購入費と合わせて年間で3万円です。翌年からは15,000円。

あまりスマホを勧める気はなかったのですが、携帯電話から乗り換える人が増えているようですし、何よりもリモート診断を受ける場合にスマホが必要なようです。

リモート診断は、医院により使うソフトが違います。いちいち指定のソフトをインストールしなければならない場合も多いらしいです。

スマホのアプリのインストールは、アンドロイドならGoogle Playというサイト、アイフォンならApple Storeというサイトにアクセスしてダウンロードします。

私はこれが嫌いなんです。これらのサイトにアクセスして、アプリを探さなければならない。その時に文字入力が必要です。

スマホを使い慣れた人は、文字入力もやすやすとやってしまいますが、私は嫌い。アンドロイドやアイフォンにキーボードをつなげられるようにしていますけど。

他の年配者がスマホをどの程度使いこなしておられるかは知りませんが、LINEや何かでテレビ通話に慣れていないと、リモート診断で初対面の医師と画面を通じて向き合うと緊張するのではないかと思います。

それに先方の話す言葉が聞き取れるかも重要な問題。私はこれも苦手です。

LINEを使い始めたのは、孫とテレビ電話をするためでした。それ以外ではあまりスマホの新しい機能は使っていません。

地図やカメラとしては、もっぱらタブロイドスマホで用を足しています。落としてガラスにひびが入ったものも、テープで補強して使用中。

新型アイフォンは人気がありますが、高いですよね。あんなに高いもの、落として壊したり、なくしたりすることもありますから、私は使いたくない。

スマホをパソコンと合わせて使うと応用範囲がグーンと広がります。

中国の都市部の高齢者は、スマホを自在に活用しているようです。



2021年11月28日
2年前に落下させて壊したタブレットを修理

2021年11月17日
GG、BABAもスマホでメールが使えるようにしよう

2021年10月26日
LINEをFAXの代わりに使う

知人が、年配の近親者のために携帯電話を買いたいので相談に乗ってほしいとの依頼。機械に慣れていないので、ガラケーが良いというのですが、ガラケーは売っていない。ないわけではないのですが、3G使用のもので5千円ほど。3G、4G使用で1万円ちょっと。年配者ですからそんなに長く使わないといっても、3Gは近く使えなくなるかもしれない。

安いスマホと格安SIMを探しました。OPPOのスマホが2万円で売っています。これを買って電話以外のアイコンを全部消してしまう。パスワードを入力して現れる画面には電話のアイコンだけにすれば、戸惑うことはないでしょう。

格安SIMはロケットモバイルの音声通話付き神プラン。1年の使用継続義務ありで基本料金月500円ほど。

どちらもネットで購入して、設定しなければなりません。来週は発注で1回、設定で1回手伝いに行かなければ。

この記事を書いたのが2022/7/30、8/1に機器を発注、8/4設定を終えて使えるようにしました。

機器は、Ulefonというメーカーの少々スペックの低い機械。使うのは、電話だけですからスペックか低くてもかまわない。価格1万円。

格安SIMは当初ロケットモバイルの予定でしたが、かけ放題のサービスが欲しいというので、ニューロモバイルに変更。

ニューロモバイルのSIMはドコモ回線使用を選びましたが、SIMを入れるだけで自動認識、通信開通の手続きはいりませんでした。

スマホを使うときのパスワードはなし。カメラは使うかもというのでSDメモリーカードを入れました。

この機械は、SIMの挿入は裏蓋を外すと露出する挿入口に刺せばよいので楽です。電池も交換可能。なかなか変わった機械です。

このメーカーは、軍事用のスマホも作っているようで、がっちりした型のものもあります。

アンドロイドですが、表示される項目が私のファーウェイのものと異なります。そして説明書が添付の紙もネット上にあげてあるものも、とにかく簡単で、操作がわからない場合にネットで調べることもできない。

しばらく、照会が続くかもしれません。

スクリーンタッチがあまり感度がよくないようにも感じます。サイトを見るなら、もう少し高いもののほうがよいかと思いますが、もっぱら携帯電話として使うならこれで行けるだろうと、まずは一仕事を終えました。

・・・・・

依頼主から連絡。入院中の年寄りに看護士を介してスマホを渡したら、手書きの使用説明ペーパーを見て電話をかけてきたと。大成功だ。サイト閲覧もできないことはないのだろうが、余計なことは言わないことにする。
posted by ZUKUNASHI at 14:41| Comment(3) | デジタル・インターネット

ワクチン接種後の月経異常






Study reveals how Covid-19 vaccines affect periods
menstrual period(s):月経
Nearly half of females inoculated against the virus have reported menstrual abnormalities

Covid-19 vaccines lead to abnormal menstruation in almost half of recipients, a new study has revealed.

Published in the Science Advances journal on Friday, the survey was carried out by researchers from the University of Illinois and Washington University School of Medicine. In April 2021, nearly 40,000 people between 18 and 80 from across the world were asked to fill out an online questionnaire about their menstrual cycles, with the scientists later analyzing and systematizing the responses.

The researchers say they launched the study after a slew of anecdotal reports from early 2021 onwards, describing unusual menstrual bleeding in women and transgender men who had received a Covid-19 vaccine.

According to the study’s findings, 42% of respondents who had previously had regular cycles reported heavier bleeding after receiving the shot. At the same time, 44% noticed no change while the other 14% reported lighter periods.

Moreover, other participants who do not typically menstruate, including transgender men and post-menopausal women, and those on long-acting contraceptives, also experienced unusual bleeding.

The respondents had received the Pfizer-BioNTech, Moderna, Johnson & Johnson vaccines or another that had been approved outside the United States. The participants also said none of them had contracted Covid-19 before getting inoculated.

The study – the largest of the kind to date – appears to corroborate the findings of previous, smaller surveys.

The researchers, however, point out that the observed changes to women’s cycles are only temporary and should in no way be used to call into question the overall efficacy and safety of Covid 19 vaccines.

“I think it’s important that people know this can happen, so they’re not scared, they’re not shocked and they’re not caught without supplies,” Katharine Lee, a biological anthropologist at the Washington University School of Medicine in St. Louis, and one of the study’s authors, explained.

The potential consequences of contracting the virus are likely to be far more serious than menstrual abnormalities, the researchers conclude, while warning that delaying vaccination even for a few weeks is not a good idea for women.

The authors said they hope more transparency around Covid 19 vaccines’ side effects could help reduce people’s hesitancy and fears.

ウイルス接種を受けた女性の約半数が月経異常を報告

Covid-19ワクチンは、接種者のほぼ半数で月経異常を引き起こすことが、新しい研究で明らかになりました。

金曜日にScience Advances誌に掲載されたこの調査は、イリノイ大学とワシントン大学医学部の研究者によって行われたものです。2021年4月、世界中の18歳から80歳までの約4万人に月経周期に関するオンラインアンケートに答えてもらい、その後、科学者が回答を分析・体系化した。

研究者によると、2021年初頭以降、コビド19ワクチンを接種した女性やトランスジェンダー男性に月経時の異常出血が見られるという逸話的な報告が相次いだため、研究を開始したという。

研究結果によると、それまで規則正しい周期だった回答者の42%が、注射を受けた後に出血が重くなったと報告しました。同時に、44%は変化に気づかず、残りの14%は生理が軽くなったと報告しています。

さらに、トランスジェンダー男性や閉経後の女性、長時間作用型避妊薬を服用している人など、通常月経のない他の参加者も異常出血を経験しました。

回答者は、ファイザー・バイオンテック、モデナ、ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチン、または米国外で承認された別のワクチンを接種していました。また、参加者は、接種前にCovid-19に感染した者はいなかったという。

この調査は、この種のものとしてはこれまでで最大であり、これまでの小規模な調査の結果を裏付けるものと思われる。

しかし、研究者は、観察された女性の周期の変化は一時的なものであり、決してCovid 19ワクチンの全体的な有効性と安全性を疑問視するために使用されるべきではないと指摘しています。

「私は、このようなことが起こり得ることを人々に知ってもらうことが重要だと思います。そうすれば、人々は怖がらず、ショックを受けず、備えのないまま捕まらないでしょう」と、セントルイスのワシントン大学医学部の生物人類学者で、この研究の著者の一人であるキャサリン・リー氏は説明しています。

研究者らは、ウイルスに感染した場合に起こりうる結果は、月経異常よりもはるかに深刻である可能性が高いと結論づける一方、数週間でもワクチン接種を遅らせることは女性にとって良い考えではないと警告している。

著者らは、Covid 19ワクチンの副作用に関する透明性を高めることで、人々のためらいや恐怖心を軽減できることを期待していると述べています。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。


posted by ZUKUNASHI at 14:35| Comment(0) | Covid19

Taiwan



China targets imports from Taiwan – media
The move reportedly comes in response to a planned visit to the island by Nancy Pelosi
The blacklist reportedly includes companies producing tea, dried fruit, honey, cocoa beans and vegetables. Produce from some 700 fishing vessels have also fallen under the ban. Shipments from more than 100 Taiwanese food exporters have been banned, according to Bloomberg.

Last year China banned imports of pineapples, wax apples and sugar apples from Taiwan. Most fruit produced in the territory is consumed domestically, but the bulk of exports go to China.

According to Taiwanese media cited by Bloomberg, the dispute stems from outdated information on import documentation, and the Taiwan Food and Drug Administration is currently trying to understand more about the problem.

Biden’s team distance themselves from Pelosi over Taiwan
The decision is “entirely” the speaker’s own, US Secretary of State Antony Blinken says

Secretary of State Antony Blinken has said that as the third most senior official in the US government, Nancy Pelosi is free to make her own decisions and travel plans, warning China not to escalate tensions if the House of Representatives Speaker ends up visiting Taiwan.

“The speaker will make her own decisions about whether or not to visit Taiwan. Congress is an independent, coequal branch of government. The decision is entirely the speaker’s,” Blinken told reporters at the UN headquarters in New York following a Non-Proliferation Treaty (NPT) review conference on Monday.

Slow march to war: What happens after Pelosi’s Taiwan visit
China is likely to react with a show of force while the US continues its provocations. War isn’t starting today, but the crisis will deepen in the long term.

At around 10pm Taipei time (2pm GMT), US House of Representatives Speaker Nancy Pelosi is expected to land in Taipei. Although she omitted the visit to the island from her public itinerary, insider US and Taiwan officials have since told the media that the trip is going ahead. Pelosi is expected to spend the night in Taipei and meet President Tsai Ing-wen the next day, before heading onwards to South Korea and Japan. Meanwhile, China has made it clear that the move constitutes a massive provocation, undermines the foundation of US-China relations, and would cause Beijing to retaliate. The US has since sought to turn the tables and frame China as the aggressor for threatening a response.

Taiwan relocates fighter jets ahead of Pelosi visit – media
The self-ruled island reportedly deployed additional Mirage 2000 fighter jets to patrol the US speaker's potential approach path
Taiwan has relocated French-supplied Mirage 2000 fighter jets and other military hardware, according to local media, ahead of a possible visit by US House Speaker Nancy Pelosi.

Eight additional aircraft were moved to the Chihhang Air Base, adding to the two Mirage 2000 fighters already stationed there, the Taiwan-based China Times reported on Tuesday.

The base is located in the southeastern part of the island, from where Pelosi’s plane is expected to approach, the outlet said. The facility was put on high alert, it added.

Meanwhile Taiwan’s Navy deployed two additional anti-submarine helicopters to patrol the waters near the island, the report said.

Pelosi is expected to become the first speaker of the US House or Representatives to visit Taiwan in over two decades. Beijing said the trip would be an affront to the ‘One China’ policy, which lays claim to sovereignty over Taiwan and which Washington formally acknowledges.






China reacts to Pelosi landing in Taiwan
Beijing has condemned US House Speaker Nancy Pelosi’s visit to Taiwan, accusing Washington of breaching China’s sovereignty

Germany promises to help Taiwan if China attacks
German Foreign Minister Annalena Baerbock says Berlin will assist Taipei in case of aggression from China

Chinese SU-35 fighter jets cross Taiwan Strait – media
Chinese SU-35 fighter jets reportedly cross Taiwan Strait as US House Speaker Nancy Pelosi arrives in Taipei

Pelosi makes first statement during Taiwan visit
US House Speaker Nancy Pelosi said her trip to Taiwan is aimed at "reaffirming" Washington's longstanding support for Taiwan

Taiwan speaks of ‘rock solid’ ties with US
Taiwan’s Foreign Ministry “wholeheartedly” welcomed US House Speaker Nancy Pelosi and her Democratic Party colleagues.

China begins military drills near Taiwan – reports
China has announced a series of “targeted military operations” in the wake of US House Speaker Nancy Pelosi’s visit to Taiwan



Pelosi's Taiwan visit created 'flashpoint out of thin air' – Lavrov
The senior US official may have been trying to prove she can get away with anything, Russia's foreign minister said
Russian Foreign Minister Sergey Lavrov has condemned US House Speaker Nancy Pelosi’s trip to Taiwan, branding it a display of American disregard for international norms.

“It was the drive to prove to everyone their impunity and to act accordingly. ‘I do whatever I want’, something like that,” the minister told journalists on Wednesday. “I can hardly imagine any other reason to create a flashpoint out of thin air, despite knowing what it would mean for China.”

Pelosi arrived on the self-governed Chinese island on Tuesday and met its leader Tsai Ing-wen, despite repeated warnings from Beijing to stay away. The third highest-ranking US official praised Taiwan as a fellow “democracy” and pledged American support for it against “autocratic” China.

Washington formally acknowledges that Taiwan is part of China, but maintains a close informal relationship with its administration despite switching diplomatic recognition from Taipei to Beijing in 1979.
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、米国のナンシー・ペロシ下院議長の台湾訪問を非難し、国際規範を無視した米国の行動であると烙印を押した。

「それは、自分たちの不自由さを皆に証明し、それに従って行動しようというものだった。私はやりたいことは何でもやる』、そんな感じだ」と、同大臣は水曜日に記者団に語った。「中国にとってどういう意味を持つか分かっていながら、何もないところから一触即発の状況を作り出す理由は、これ以外にほとんど考えられません」。

ペロシ氏は火曜日に中国の自治領である島に到着し、北京からの再三の警告にもかかわらず、同島のリーダーである蔡英文氏に会った。米国第3位の高官は、台湾を「民主主義」の仲間として賞賛し、「独裁的」な中国に対して台湾を支援することを約束した。

ワシントンは台湾が中国の一部であることを公式に認めているが、1979年に台北から北京に外交的承認を変更したにもかかわらず、台湾政権と密接な非公式関係を維持している。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

China advises airlines to stay clear of Taiwan
A formal warning highlights six exclusion zones, where military exercises are to take place

Taiwan accuses Beijing of air and sea blockade
China plans to conduct a series of military drills around the island
Taiwanese defense officials have accused Beijing of seeking to “invade” the island's territorial waters and airspace, after China announced a series of “targeted military operations” in response to US House Speaker Nancy Pelosi’s visit to Taipei.

Military officials claimed on Wednesday that several exclusion zones around the island, where China intends to conduct live-fire drills and other military exercises later this week, overlap with “Taiwan’s territorial space.” According to the Guardian, a military spokesman accused Beijing of violating “UN rules” with what would amount to a de facto “blockade of Taiwan’s air and sea space.”

Accusing Beijing of waging “psychological warfare on Taiwan and citizens,” Taipei vowed to “firmly defend its national security” and boost its military preparedness to the highest level, while adhering to the “principle of not asking for a war.”

posted by ZUKUNASHI at 13:38| Comment(0) | 台湾

マイハーシス 感染時に備えてこれだけは知っておこう

今日も朝から救急車が走り回っています。かなり状況は切迫。感染者が増えています。

ビッケさんに「マイハーシス」なるシステムを教えてもらいました。

このシステムは、宿泊療養者・自宅療養者が保健所や医療機関と健康状態に関する情報を共有することを一次的な目的とするもので、宿泊療養者・自宅療養者が自ら健康状態などに関するデータを入力することになっています。

このシステムの利用は、奨励されていても義務ではないということから、年配者の利用は少ないとみられますが、ビッケさんによれば、「傷病手当金申請に添付する療養証明も厚生労働省のアプリ「マイハーシス」で取得した画面のプリントアウトで代用」するようになっているのだそうです。

そうであれば、療養証明が必要な人は、「マイハーシス」への入力が必要です。

「マイハーシス」は、厚生労働省が設定した専門のサイトを呼び出して入力する仕組みとなっています。そのためアプリのインストールは必要ありません。

スマホ、パソコンのどちらからでもサイトにアクセスできますが、スマホの場合は先方からの文字による連絡はショートメッセージ(MSM、ショートメールとも言います)で送られてきますし、パソコンの場合は登録したメールアドレスに送られてきます。(パソコン使用の場合にスマホでメッセージを受け取れるか、不明です)

このシステムを使い始めるには、医療機関などによる陽性確認後保健所への感染者個人の登録が行われて、保健所から次のような通知が来ます。次の例では、HER-SYS IDが空欄になっていますが、ここにIDが記入されるはずで、それが届いて初めてシステムが利用可能になります。


システムの利用開始のためには、上の通知に表示されたURLでシステムのサイトを開け、利用者の登録から始めます。(なお、電話機能のあるスマホを持っていない人(MSMが使えない人)には、どうやってこの通知が来るのかはわかりません)

管理人は、試しに登録を始めましたが、HER-SYS IDがないために登録できせんでした。

このシステムのトップ画面
新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)

療養証明とは次のようなものです。これをとるために、HER-SYSを使わざるを得ない場合は、感染から回復した後でも取れるでしょうから、慌てることはありません。



国民健康保険などでは、被雇用者を対象に「新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金」を支給しています。これを申請しようとする方は、上の療養証明が必要になります。

「マイハーシス」にアクセスし、登録済の方は、ログインして療養証明を表示し、スマホの場合は、この表示画面をキャプチャーします。

ただ、スマホの画面キャプチャーは、機種によりやり方が違いますし、ネットで調べた方法でやってもうまくいかないことが多いのです。

原因究明に時間がかかるようでしたら、スマホの画面を別のカメラで撮影します。他のスマホのカメラで撮影してもよい。この方法なら撮影画像がjpgなどの形式で写真のフォルダーに保存されますから、あとの利用がやりやすいこともあります。

「マイハーシス」のURL
https://www.cov19.mhlw.go.jp/
どんな感じのサイトか知るために、試しにアクセスしてみるのもよいかもしれません。
posted by ZUKUNASHI at 13:09| Comment(0) | Covid19

US declares public health emergency

US declares public health emergency
Despite the monkeypox virus almost exclusively affecting gay men, the White House said “every American” should take it seriously

The US administration on Thursday declared the monkeypox outbreak a public health emergency, two weeks after the World Health Organization upgraded its classification of the virus.

Health Secretary Xavier Becerra announced the declaration during a briefing, telling reporters that the White House is urging “every American to take monkeypox seriously.” By declaring an emergency, the Biden administration can access more funding to respond to the virus, by purchasing vaccine doses or treatments from pharmaceutical firms, for example.

The World Health Organization declared monkeypox a ‘Public Health Emergency of International Concern’ late last month, a designation one level below the pandemic status assigned to Covid-19. In the US, the cities of San Francisco and New York have already declared public health emergencies over the outbreak, as have the states of New York and Illinois.

More than 6,000 cases of monkeypox have been recorded in the US since May, with the vast majority occurring among gay men. While it is still unclear whether the virus is being spread sexually or through the extended contact involved in sexual intercourse, WHO Director Tedros Adhanom Ghebreyesus said last month that men “with multiple sexual” partners of the same sex are particularly at risk.

At least four children in the US have contracted the virus, according to state and federal officials. The first two cases, reported by the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) last, were “traced back to individuals who come from the … gay men’s community,” CDC Director Rochelle Walensky said at the time.

Monkeypox is similar to human smallpox, which was eradicated in 1980, and is endemic in parts of West and Central Africa. Its initial symptoms include fever, headache, muscle aches, backache, swollen lymph nodes, chills, and exhaustion, and those afflicted develop distinctive skin lesions. The latest outbreak began in May among gay communities in several European countries.

According to the WHO’s most recent report, published late last month, 16,000 cases of monkeypox have been recorded in 75 countries worldwide. Five deaths have been linked with the virus. Around 98% of patients identified as “men who have sex with men.”

A combined monkeypox/smallpox vaccine manufactured by Bavarian Nordic has been approved by the US Food and Drug Administration (FDA) since 2019. While some US cities have already begun prioritizing its rollout to gay and bisexual men, the federal government reportedly has only a third of the 3.5 million shots it estimates are necessary to end the outbreak.
米国が公衆衛生上の緊急事態を宣言
猿痘ウイルスはほとんどゲイ男性にしか感染していないにもかかわらず、ホワイトハウスは「すべてのアメリカ人」が真剣に対処すべきであると述べた

米国政府は木曜日、世界保健機関(WHO)がサル痘ウイルスの分類を格上げしてから2週間後に、サル痘の発生を公衆衛生上の緊急事態と宣言した。

ザビエル・ベセラ保健長官はブリーフィングでこの宣言を発表し、ホワイトハウスは "すべてのアメリカ人がサル痘を真剣に受け止める "よう促していると記者団に語った。緊急事態を宣言することによって、バイデン政権は、例えば、製薬会社からワクチンの投与や治療法を購入することによって、ウイルスに対応するためのより多くの資金を利用することができます。

世界保健機関は先月末、サル痘を『国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態』と宣言したが、これはコビド19に与えられたパンデミックの状態より一段低い指定である。米国では、サンフランシスコとニューヨークの両市が、またニューヨークとイリノイの両州が、この流行に対してすでに公衆衛生上の緊急事態を宣言している。

米国では5月以降、6,000人以上の猿痘患者が記録されており、その大半はゲイ男性の間で発生している。ウイルスが性的に広がっているのか、それとも性交渉に伴う長時間の接触によって広がっているのかはまだ不明ですが、WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイエス長官は先月、同性の「複数の性的」パートナーがいる男性が特に危険であると述べています。

州および連邦政府当局によると、米国では少なくとも4人の子供がウイルスに感染しています。CDCのロッシェル・ウォレンスキー所長は当時、「最初の2例は昨年、米疾病対策センター(CDC)から報告されたもので、...ゲイ男性のコミュニティから来た人物に行き着いた」と述べている。

サル痘は、1980年に根絶された人間の天然痘と類似しており、西アフリカと中央アフリカの一部で流行している。初期症状は発熱、頭痛、筋肉痛、背中の痛み、リンパ節の腫れ、悪寒、疲労感などで、罹患すると特徴的な皮膚病変が現れる。今回の流行は、5月に欧州数カ国のゲイコミュニティの間で始まりました。

先月末に発表されたWHOの最新報告によると、世界75カ国で1万6000件のサル痘の症例が記録されています。このウイルスによる死者は5名である。患者の約98%は "男性とセックスをする男性 "と確認されている。

バイエルン・ノルディック社製のサル痘・天然痘混合ワクチンは、2019年から米国食品医薬品局(FDA)の承認を受けている。すでに米国の一部の都市ではゲイやバイセクシュアル男性への優先的な展開が始まっているが、連邦政府は流行終息に必要な350万本のうち、3分の1しか接種していないと報じられている。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 09:09| Comment(0) | サル痘