ずくなしの冷や水

2022年08月03日

こんなに密に感染者がいる

2022/8/3、全国の新規感染者が約25万人になりました。管理人は、早ければ今週、遅くとも来週には25万人から30万人の間の上のほうに達するとみています。患者の密度がさらに上がっていきます。

BA.5では、重症の段階を踏まず、ぐずぐずした状態が続いてある時点で急激に容態悪化、死亡という例が多いようです。

2022/8/2現在の患者数について患者一人が人口何人当たりかを計算。
住民141人に一人の患者の秋田県岩手県から住民32人に一人の患者の沖縄県まで患者密度は大きな差があります。

患者がすべて街に出ているわけではありませんが、把握されていない患者も一定の割合で別途存在するはずですから、この数値の低いところは患者(感染者)に遭遇する可能性、確率も高くなります。沖縄に旅行者で行って感染しないにするのはよほど注意しないといけないでしょう。

一方、親が亡くなって急遽帰省したが、現地の親族らに追い返されたという話もありますが、例えば秋田県岩手県の人が東京からの帰省者を邪険にするのは無理からぬことです。

千葉県の房総地域では、法事で集まった人たちに集団感染が発生し何人も年寄りが亡くなった例があります。

亡くなった人の弔いより生きている人が深刻な病にかからないよう警戒するのが大事です。

上のグラフで薄い橙色は患者一人当たり住民50人以下の都府県を示しますが、傾向としては西高東低です。

そして赤い色は、患者の把握がおろそかになっているのではないかとみられる県。千葉県は首都圏の他都県に比べて数字が大きくなっていますが、これは感染者の把握がおろそかになっているためとみられます。栃木、群馬、埼玉よりも患者一人当たりの住民数が多いのです。

千葉県知事はうすら*かとの説が定着しつつありますが、私は熊谷千葉県知事は、このような保健行政を担い、的確に処理する識見も能力も欠いていると思います。彼の知事選での後援会会長は地元の地方銀行会長ではなかったかと思いますが、金を預けた銀行の経営者が県民の健康をないがしろにする知事を推したのです。

静岡県知事も、熱海の土砂崩れ事故で、行政管理、監督の手落ちが明らかになりました。静岡が山梨と同程度、三重県よりも高いとは考えにくいところです。静岡県では3歳女児がなくなる痛ましい事例がありました。

行政は、新コロナウィルス対策に正面から取り組む力も意欲も失っています。全数把握を放棄し、「37.5度4日間ルール」を復活させる動きがあります。

40度の高熱の試練を受けてみたい方は、やったらよいです。

そうでない人は、何と言われようと自分の信ずる、講じうる最善の策をとっていくしかありません。
posted by ZUKUNASHI at 21:49| Comment(2) | Covid19

独のシュローダー元首相がモスクワ訪問



シュローダーは、モスクワ訪問は休暇で来ているとジャーナリストにこたえていますが、ペスコフはプーチンと会う可能性を否定していません。

ドイツ政府ともモスクワ訪問については打合せ済みでしょうが、エネルギー問題の協議に来たとは言えない。エネルギーの輸出を止めようとしているのは欧州なのですから。

屈服した、裏切りだとの声が出ること警戒しています。

ただ、プーチンと親交があるとされるシュローダーが出てきても、欧州の姿勢が変わらなければ変化はないでしょう。

ノードストリームのガス供給の絞り込みは、クレムリンが意図してやっていることは確実です。

アゼルバイジャンのフライトでモスクワ入りしたようです。

posted by ZUKUNASHI at 21:13| Comment(0) | ウクライナ

000

Moscow warns of cutting ties with US
Potential move to brand Russia a sponsor of terrorism would have severe consequences, the Kremlin has cautioned

If the hawks in the US Congress get their way and have Washington designate Russia as a state sponsor of terrorism, it would likely result in a full breakdown of diplomatic relations between the two nations, The Russian Foreign Ministry warned on Tuesday.

“If people in Washington decide to fully stop any interaction with Moscow, we can live with that. There should be no doubt about that,” ministry spokeswoman, Maria Zakharova told journalists during a media briefing.

The idea to add Russia to the blacklist, which already includes Iran, North Korea, Syria and Cuba, is championed by some lawmakers, like Senator Lindsey Graham. A non-binding resolution calling on the US Department of State to take such a move was passed by the Senate last week.

A similar move by the House is strongly advocated by Speaker Nancy Pelosi, who drew media attention this week due to her potential visit to Taiwan. China called the trip a serious provocation.

“I hope that the flying speaker will soon return to her home base and discuss [branding Russia a sponsor of terrorism] with people who have at least some interest in how the diplomacy trade works,” Zakharova remarked.
READ MORE: State Department resists calling Russia ‘sponsor of terrorism’ – NYT

US Secretary of State Antony Blinken has reportedly resisted calls from Capitol Hill and from Ukrainian President Vladimir Zelensky for the terrorism designation to be slapped on Russia. The White House argued that such a move would have no practical effect in terms of anti-Russian sanctions that the US is willing to impose and may backfire in various ways.

Zakharova said if the US were to label Russia a state sponsor of terrorism, it would constitute a “point of no return” for the two nations. The calls to do so are a sign of American weakness, she stated, since Washington is no longer in a position to simply bend to its will any nation whose policy it does not like for some reason.
posted by ZUKUNASHI at 17:05| Comment(0) | 国際・政治

イスラエル生物学研究所所長がコロナ対策を批判

posted by ZUKUNASHI at 13:59| Comment(0) | Covid19

ウクライナ政府の攻撃目標を米国が直接調整



West advises Ukraine on strikes with supplied weapons – top intel official
Washington has ultimate control over Ukrainian use of HIMARS, top intelligence official told The Telegraph

A senior Ukrainian military intelligence official has claimed his agency was getting advice from British and American counterparts on which targets to attack with Western-supplied weapons, such as the HIMARS multiple-launch rocket systems.

The Americans can ban any selection they don’t like, the general reportedly said.

The Americans can ban any strike they don’t like, the general reportedly said.

The revelation came on Monday in an interview that Major General Vadim Skibitsky gave to The Telegraph newspaper. When discussing Ukraine’s reported successes in destroying Russian military targets with weapons provided by the West, he claimed Ukrainian forces were using “real-time information” to direct fire.

“I can’t tell you whether [we are directly tasking] British and American satellites, but we have very good satellite imagery,” the British newspaper cited him as saying.

The general did not claim that US officials were feeding targeting information directly to Ukraine, but said troops were getting feedback from Washington and London before launching rockets. This allows “Washington to stop any potential attacks if they were unhappy with the intended target,” The Telegraph said.

US officials have frequently claimed that America does not have direct involvement in Russia’s hostilities with Ukraine, since it would put it at risk of escalating the conflict.

Russia and its allies in Donetsk and Lugansk accused Ukraine of using the US-made launchers to strike non-military targets. In a recent incident a rocket attack hit a detention facility, where dozens of Ukrainian POWs were kept. Officials from the Donetsk People’s Republic showed images of what they described as fragments of HIMARS rockets used in the strike.

Over 50 of the prisoners were reported killed in what Russia alleged to be an assassination of potential witnesses and perpetrators of war crimes committed by the Ukrainian side. Kiev denied responsibility for the incident and accused Russia of hitting the prison camp in Elenovka. Ukrainian officials claimed the attack was meant to cover up either abuse of the POWs or the embezzlement of money.

ウクライナ軍の攻撃目標はアメリカが決めていた 翻訳
posted by ZUKUNASHI at 11:33| Comment(0) | ウクライナ

WHOが入院患者へのレムデシベル使用に消極

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/11/21のツイート
BREAKING−wow−WHO just recommended **against** the use of @GileadSciences’s drug remdesivir in hospitalized #COVID19 patients, citing “there is currently no evidence that remdesivir improves survival or reduces need for ventilation in these patients”.
右指差し
https://who.int/news-room/feature-stories/detail/who-recommends-against-the-use-of-remdesivir-in-covid-19-patients

WHO has issued a conditional recommendation against the use of remdesivir in hospitalized patients, regardless of disease severity, as there is currently no evidence that remdesivir improves survival and other outcomes in these patients.
WHOは、レムデシビルが入院患者の生存率やその他の転帰を改善するという証拠が現在ないため、疾患の重症度に関係なく、入院患者へのレムデシビルの使用に対して消極的な条件付きの勧告を出しました。

(新型コロナウイルス感染症COVID-19 診療の手引き 第3版)9月4日掲載
 (令和2年9月4日厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部 事務連絡)から
1 日本国内で承認されている医薬品
【レムデシビル】(RNA 合成酵素阻害薬):2020 年 5 月 7 日に特例承認
【デキサメタゾン】(ステロイド薬)

2 日本国内で入手できる薬剤の適応外使用
【トシリズマブ】(ヒト化抗 IL-6 受容体モノクロナール抗体,効能・効果:関節リウマチ)
【ファビピラビル】 (RNA 合成酵素阻害薬 , 効能・効果 : 新型・再興型インフルエンザ)

【その他の薬剤】・シクレソニド(吸入ステロイド薬 , 効能・効果:気管支喘息):現在,国内において特定臨床研究が実施されているほか,観察研究に関しても実施中 . (jRCTs031190269)・ナファモスタット(蛋白質分解酵素阻害剤 , 効能・効果 : 急性膵炎):現在,国内において特定臨床研究が実施されているほか,観察研究に関しても実施中 .(jRCTs031200026) ・サリルマブ (遺伝子組換えヒト化抗 IL-6 受容体モノクローナル抗体 , 効能・効果 : 関節 リウマチ):現在,国内において企業治験が実施されている .(JapicCTI-No:205253)・ネルフィナビル(プロテアーゼ阻害薬,効能・効果:HIV 感染症):現在,国内において医師主導治験が実施されている.(jRCT2071200023)

日本では、レムデシビルとデキサメタゾンが標準治療になっています。レムデシビルが効果なしとされて日本の厚生労働省はどうする?

東京新聞2020年6月30日 14時00分
新型コロナ治療薬1人分25万円 日本では負担なし
【ワシントン=白石亘】米医薬品企業ギリアド・サイエンシズは29日、日本政府も承認した新型コロナウイルスの治療薬「レムデシビル」の価格を発表した。患者1人当たりの価格は、先進国の政府向けで2340ドル(約25万円)。レムデシビルは新型コロナへの効果が最初に確認された治療薬で、今後開発される薬の価格設定の目安になりそうだ。
◆入院日数短縮の効果、死亡率低下は確認されず
 大半の患者は5日間で薬を6回投与されるため、1回当たりの価格は390ドル。途上国向けには後発薬メーカーに生産を委託し、価格を抑える。ギリアドは商業生産の体制が整う6月末までは、日本など各国に無償で薬を提供している。7〜9月は生産量のほとんどが米国政府への供給となる見込み。

里見宏@satomihiroshi氏の2020/11/20のツイート
WHO(世界保健機関)はレムデシビルがコロナ患者に効果がないばかりでなく、害作用がある危険を指摘した。あわてて認可した厚労省は抵抗しているが、いずれ止めることになるだろう。
コロナワクチンも二の舞になる危険がある。ワクチンに飛びつかないことだ。

日経 2020/11/20 19:05
官房長官、レムデシビル「承認見直さず」
加藤勝信官房長官は20日の記者会見で、新型コロナウイルス治療薬「レムデシビル」に関し「厚生労働省で承認を見直す必要はないというのが現時点での認識だ」と説明した。世界保健機関(WHO)が使用を推奨しない指針を示していた。
レムデシビルは米製薬大手が手がける抗ウイルス薬で、世界各国で新型コロナの治療薬として使われている。日本では5月に特例承認された。

posted by ZUKUNASHI at 10:07| Comment(0) | Covid19

「37.5度4日間ルール」が復活




posted by ZUKUNASHI at 08:05| Comment(0) | Covid19

スイスでジフテリア発生

posted by ZUKUNASHI at 07:59| Comment(0) | 健康・病気

サル痘でサウナ、日帰り温泉閑古鳥?

posted by ZUKUNASHI at 03:27| Comment(0) | サル痘