ずくなしの冷や水

2022年08月01日

セルビアの国境警備隊とコソボの特殊部隊が衝突





Russia would help Serbia in case of conflict – senator
The situation in Serbia could end in an armed standoff if NATO forces get involved, a Russian lawmaker warned

If Serbia-Kosovo tensions spiral into an outright conflict, Moscow is ready to assist Belgrade without playing a direct role, a Russian senator has said. The two sides clashed on Sunday, with demonstrators building barricades and unknown gunmen reportedly firing on Kosovo police.

“It is very dangerous, it is the center of Europe, and everything can end in a very sad way, because NATO forces are stationed there (in Kosovo),” Russian Federation Council member Vladimir Dzhabarov said in an interview with RIA Novosti news agency on Monday.

According to the lawmaker, the situation “may end in an armed conflict, and as soon as NATO countries get in there, of course, there is a danger that other countries that are allies of Serbia will be drawn in.”

His remarks were in response to a feud between Serbia and its breakaway province, officially called the Autonomous Province of Kosovo and Metohija in the Serbian constitution, which received recognition by several Western powers in 2008.

The government in Kosovo planned to ban the use of Serbian-issued license plates and ID papers starting from August 1, and to prohibit entry for anyone using Serbian-issued plates or documents, while also refusing to print temporary papers for travelers.

Belgrade officials have called it an attack on Kosovo’s Serb minority, and President Aleksandar Vucic accused Pristina of violating the rights of local Serbs, who “will not suffer any more atrocities.” While offering a chance for peace, he warned on Sunday that his government would not sit idly by if Serbs were targeted.

Kosovo has denied a crackdown on Serbs and accused Belgrade officials of undermining “the rule of law” on their territory. Prime Minister Albin Kurti has accused local Serbs of opening fire on police, and claimed his government is facing “Serbian national-chauvinism” and “misinformation” from Belgrade.

Tensions flared on Sunday on the Kosovo-Serbia border. Serbs in the north of the breakaway province set up roadblocks and rang alarm bells, as heavily armed special police under Pristina’s authority took control of two administrative crossings with Serbia.

After a discussion with Washington, Kosovo officials decided to postpone the implementation of the controversial law for 30 days on the condition that Serbia remove barricades from the de facto border.
posted by ZUKUNASHI at 22:32| Comment(0) | 国際・政治

ロシア軍が米国製の大砲排除を優先へ


Ukraine is ‘shooting blind’ – top official
US-made HIMARS are “a good first step,” but Kiev needs the means to take accurate shots, a senior Ukrainian official has said
The deliveries of US-made HIMARS rocket systems are “a good first step”, but the West did not provide Kiev with the necessary technologies to accurately hit targets, a high-ranking Ukrainian official complained in an interview published on Thursday.

“HIMARS and heavy artillery are a good first step, but if we do not have the technology to find and correct targets for artillery strikes, then we’re just shooting blind,” Anton Gerashchenko, an adviser at the Ukrainian Ministry of Internal Affairs, told Newsweek magazine.

Earlier this month, Vadim Skibitskiy, a spokesman for Ukraine’s Directorate of Intelligence at the Ministry of Defense, claimed that Kiev views the Crimean Peninsula as a legitimate target for long-range weaponry, including US-made М142 HIMARS and M270 MLRS, supplied by Western powers.

His words were echoed by Alexey Arestovich, a top aide to President Vladimir Zelensky, who said that the Ukrainian military would target the Crimean Bridge as soon as Kiev obtains the capability to carry out such a strike.

Russia pushed back on these threats, with Mikhail Sheremet, an MP who represents the region in the Russian parliament, warning Kiev that retaliation will be so harsh that Ukraine will never be able to recover from it. In his telling, the would-be strike will be followed by “a crushing blow to decision-making centers in Kiev, military infrastructure and arms-supply logistics channels.”
米国製HIMARSロケットシステムの納入は「良い第一歩」だが、西側諸国はキエフに標的を正確に攻撃するために必要な技術を提供していないと、ウクライナの高官が木曜日に発表したインタビューで不満を表明している。

ウクライナ内務省の顧問であるアントン・ゲラシチェンコ氏は、ニューズウィーク誌に対し、「HIMARSと重砲は良い第一歩だが、砲撃のための標的を見つけて修正する技術がなければ、ただ盲目的に撃つことになる」と述べた。

今月初め、ウクライナ国防省情報局のヴァディム・スキビツキー報道官は、キエフはクリミア半島を、西側勢力から供給される米国製М142 HIMARSやM270 MLRSなどの長距離兵器の正当な標的として見ていると主張した。

ウラジーミル・ゼレンスキー大統領補佐官のアレクセイ・アレストビッチも、「ウクライナ軍は、キエフがそのような攻撃を行う能力を得れば、すぐにクリミア橋を標的にするだろう」と発言している。

ロシアはこの脅しに反発し、ロシア議会でこの地域を代表する議員であるミハイル・シェレメトは、キエフに対して「報復は非常に厳しいものになり、ウクライナは決して立ち直れないだろう」と警告している。彼の言では、攻撃は「キエフの意思決定センター、軍事インフラ、武器供給ロジスティック・チャネルへの壊滅的な打撃」に続いて行われるであろう。


Russian military given new priority in Ukraine
Sergey Shoigu told his officers to take out artillery supplied by the US
Russian Defense Minister Sergey Shoigu has told military commanders to make Kiev’s long-range weapons their primary target. The order came as he inspected troops of the ‘East’ grouping in Ukraine.

Shoigu gave orders to prioritize striking Ukrainian missile and artillery capabilities, due to their use by Kiev in targeting residential areas in Donbass and setting wheat fields and grain warehouses on fire, the Defense Ministry said in a statement on Monday.

Ukraine’s long-range arms, which beside Soviet-designed systems include US-supplied HIMARS multiple rocket launchers, French CAESAR self-propelled howitzers and other foreign hardware, should be hit with high-precision weapons, according to the minister.

ウクライナで新たな優先事項を与えられたロシア軍
セルゲイ・ショイグ、米国から供給された大砲を持ち出すよう軍司令官に指示
ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相は、キエフの長距離兵器を主要なターゲットにするよう軍司令官に指示した。この命令は、ウクライナの「東」グループの軍隊を視察した際に出された。

国防省は、キエフがドンバスの住宅地を攻撃し、小麦畑や穀物倉庫に火をつけたことから、ウクライナのミサイルや大砲の能力を優先的に攻撃するよう命じたと、月曜日に発表している。

ウクライナの長距離砲は、ソ連が設計したシステムの他に、米国が供給するHIMARS多連装ロケットランチャー、フランスのCAESAR自走榴弾砲、その他の外国のハードウェアがあり、大臣によると、高精度の武器で攻撃する必要があるとのことである。



ロシア軍将校、防空軍はいかにハイマースの迎撃方法を習得したかについて語る
ドンバス地方では、ロシア防空軍は、ウクライナ軍が使用をはじめた米国の多連装ロケットシステム「ハイマース」への対抗手段を習得した。対空部隊の将校によると、彼の砲台はすでにハイマースを何発も撃ち落としているが、しかし、それは簡単な課題ではなかったという。
ウクライナ軍は、6月末からドンバス地方で米国のミサイルシステム「ハイマース」の使用を開始した。合計で、米国とその同盟国は、ウクライナ政府にそうしたシステムを20以上提供することを約束し、12の複合機器がすでに同国に供与されている。
同将校によると、使用されている防空システム「ブクM−3」は、一度にいくつかの特徴を組み合わせるという特色をもつ。
「現在、私は、『ブクM−3』は最高のユニバーサル防空システムと考えている。工場で設定されたタスクを成功させるだけでなく、仕様上はそうなっていないにもかかわらず、ロケット弾も発射する」
彼は、ハイマースは高高度で飛行するため、最も難しいターゲットだと強調した。難しいのは、射程距離が短く、判断に要する時間が僅かしかないということだが、 それでも、迎撃は現実的なものとなったという。
posted by ZUKUNASHI at 22:08| Comment(0) | ウクライナ

カルト蔓延列島 2





















・・・これも第一級カルトの証明

posted by ZUKUNASHI at 20:52| Comment(0) | 社会・経済

HIMARSによる攻撃

posted by ZUKUNASHI at 20:50| Comment(0) | ウクライナ

J:COM 点検商法



・・・・

私の家に来たのは寒い頃だったので、窓を全開にして対応。もともとテレビを見ていないので話しの余地なし。

すぐにお帰りいただいたが、伸びきったウレタンマスクをしていた。
あれでは最初から入室拒否の家もあるだろう。玄関に置いてあった不織布マスクを1枚渡した。

J:COMは上場会社ですよね。
posted by ZUKUNASHI at 20:13| Comment(0) | 社会・経済

Scott Ritter

If telling the truth puts me on Ukraine’s ‘Russian propagandist’ blacklist, I’ll wear that tag proudly
When it comes to fact-based analysis, I’ll take so-called ‘Russian propaganda’ over ‘Ukrainian truth’ every day

In 1997, I flew into Kiev, on-mission with the United Nations Special Commission to seek the assistance of the Ukrainian government in investigating the activities of a Ukrainian citizen suspected of illegally selling ballistic missile components and manufacturing capabilities to Iraq in violation of Security Council-imposed economic sanctions. During my visit, I held several meetings with senior officials from the Ukrainian National Security and Defense Council, including its Secretary, Vladimir Horbulin. I left on good terms, with the Ukrainians agreeing to cooperate (they ultimately did not) and hoping that I would pass on their good attitude to US authorities in hopes that it would assist their desire for NATO membership (I did, in fact, do this.)

Twenty-five years later, this same National Security and Defense Council, through its “Center for Countering Disinformation,” has published a blacklist of individuals deemed to be “promoting Russian propaganda.”

My name is on this list. My “crimes” include describing Ukraine as a base of NATO, challenging the narrative surrounding the Bucha massacre, and defining the ongoing conflict between Ukraine and Russia as a “proxy war between NATO and Russia.”

I am guilty on all three charges, and more.

But I am no Russian propagandist.

The Center for Countering Disinformation was established in 2021 on the order of Ukrainian President Vladimir Zelensky. It is headed by Polina Lysenko, a lawyer who received her law degree in 2015, and whose resumé includes time with the National Anti-Corruption Bureau, the Office of the Prosecutor General (where she received a commendation from the US Federal Bureau of Investigation) and, up until her current appointment, as the Director of the Information Policy and Public Relations Department at a state-owned railway operator.

Lysenko unveiled the work of the Center for Countering Disinformation to the ambassadors of the G7 countries, as well as to Finland, Israel, and NATO shortly after her appointment. Her boss, the Secretary of the National Security and Defense Council of Ukraine, Aleksey Danilov, emphasized “the importance of coordinating actions with strategic partners in combating hostile information operations and fighting disinformation,” while the head of the Office of the President, Andrey Yermak, indicated that he hoped “that the Center will become not only a Ukrainian center for countering disinformation, but also an international one.” According to Yermak, the center was “fully operational.”

Polina Lysenko, in outlining the goals and mission of her organization, emphasized that “the truth will be the main weapon.”

She should have started by fact-checking Yermak – two months after he’s declared her center “fully operational,” Ukrainian media was reporting that the center lacked “premises, funding, and staff.” Lysenko was the only employee, and “she has not been paid her salary for several months.” The Center was supposed to have a staff of 52, who were to be paid some $2,000 per month. The Ministry of Finance was responsible for finding the funds for the center, something it had not done as of mid-June 2021. Lysenko worked by herself from a “tiny office on the ground floor of the National Security and Defense Council building.”

It's tough to tell the truth when you’re not being paid, it seems.

A year later, while funding and staff do not seem to be a problem (thanks in large part to the underwriting of the Ukrainian government payroll by the US taxpayer), quality control is. Take, for example, the case outlined by Lysenko and her new agency on disinformation against me. If “describing Ukraine as a base of NATO” makes one a Russian propogandist, then I should have been joined by Ben Watson, an editor with the notoriously pro-Russian (sarcasm emphasized) web-based journal, Defense One, who in October 2017 published an article with the self-explanatory headline “In Ukraine, the US Trains an Army in the West to Fight in the East.” The article detailed the work done by US and NATO military personnel at the Joint Multinational Training Group – Ukraine’s Yavoriv Combat Training Center in western Ukraine – literally a NATO base inside Ukraine – where every 55 days a Ukrainian Army battalion was trained to NATO standards for the sole purpose of being deployed into eastern Ukraine to fight Russian-backed separatists in Donbass.

Pro hint, Ms. Lysenko – when your country hosts a permanent contingent of NATO troops on its soil, that makes it a base of NATO.

Lysenko’s staff of top-notch disinformation-countering analysts (again, sarcasm) likewise highlighted my assessment of the massacre of civilians in Bucha in late March-early April as having been committed by Ukrainian forces. Lysenko was in good company here – I was banned from Twitter for this same analysis. Some four months removed from the atrocities committed in Bucha, I stand by my analysis – the fact set has not changed. I am prepared to debate this issue with Polina Lysenko and her entire staff, live on Ukrainian television, anytime she likes. I’ll debate it with anyone, anywhere – that’s how confident I remain in my original analysis. Truth, after all, is my main weapon.

The last charge levelled against me by Lysenko’s intrepid truth sleuths, that I’ve labelled the ongoing conflict between Ukraine and Russia as a “proxy war between NATO and Russia,” again brings to question the professionalism of her staff. After all, the Moscow-born self-hating Russian, Max Boot, in an opinion piece published in the Washington Post on June 22, called the Ukraine conflict “our war, too.” It’s one of the few times I will agree with Max Boot on anything. Boot, however, was merely echoing US Secretary of Defense Lloyd Austin’s articulation of US policy regarding the Ukraine conflict as being focused on weakening Russia by supporting Ukraine – sort of the textbook definition of a “proxy conflict.”

Do better, Polina Lysenko – at least try to score some cheap points by highlighting the fact that much of my analysis regarding Ukraine is published by Russia Today (for instance, this article.) At least then you could say that I was being paid by Russia. Of course, you’d have to wrestle with the fact that my analysis is also published in numerous non-Russian outlets – I mean, what kind of Russian propagandist gets published by American and British publishers?

And then, of course, there is the tricky issue of the controlling Russian editorial staff. The following exchange serves as a guide:

Me: Any interest in me doing a deep dig on Stoltenberg’s presentation on “paying the price”?

Controlling Russian Editor: What’s your take?

Me: I don’t think Stoltenberg understands the scope of the price tag.

Controlling Russian Editor: It’s the same speech where he said ‘stop complaining’, yeah?

Me: Yes.

Controlling Russian Editor: Cool, let’s do it.

The strategic intent of the Russian propaganda machine is well documented there. I can’t believe I fell for it.

All sarcasm aside, the publication by Lysenko’s Center of a blacklist of so-called “Russian propagandists” should be an insult to anyone who believes in the concepts of free speech. I’m proud to be associated with many of those who joined me on that list – Ray McGovern, Tulsi Gabbard, Douglas MacGregor, John Mearsheimer, and others. I’m confident everyone named here would say that their motivations in taking the stance they have about the Ukraine conflict is to pursue the truth – real truth, not the confused version promulgated by Polina Lysenko and her American-paid analysts. None consider themselves to be Russian propagandists, but rather American practitioners of free speech, the kind protected by the same US Constitution many of the named individuals (and myself) have taken an oath to uphold and defend.

I’ll conclude by speaking for myself – if adhering to fact-based analysis that has withstood the test of time is the new definition of 'Russian propaganda', then count me in. It certainly is better than the Orwellian version of free speech being bandied about by the US government and its proxies in Ukraine (see what I did there?).
事実に基づいた分析ということであれば、私は毎日「ウクライナの真実」よりもいわゆる「ロシアのプロパガンダ」を取ることにしている。

1997年、私は国連特別委員会の任務でキエフに飛んだ。安保理の経済制裁に違反して弾道ミサイルの部品と製造能力をイラクに違法に売却した疑いのあるウクライナ人の活動を調査し、ウクライナ政府の支援を仰ぐためであった。訪問中、私はウラジミール・ホルブリン長官を含むウクライナ国家安全保障・防衛評議会の高官と数回にわたり会談を行った。私は、ウクライナ側が協力することに同意し(最終的には協力しなかった)、また、NATO加盟を希望する彼らの助けになることを期待して、私が米国当局に彼らの良い姿勢を伝えることを期待し(実際、伝えた)、良い条件で帰国することができた。

25年後、この同じ国家安全保障・防衛会議は、その「偽情報対策センター」を通じて、「ロシアのプロパガンダを促進している」とみなされる個人のブラックリストを公表しました。

私の名前もこのリストに載っている。私の「罪」には、ウクライナをNATOの基地と表現したこと、ブチャの虐殺をめぐる物語に異議を唱えたこと、ウクライナとロシアの間で進行中の紛争を「NATOとロシアの代理戦争」と定義したことが含まれている。

私はこの3つの罪、そしてそれ以上の罪を犯している。

しかし、私はロシアの宣伝マンではない。

ウラジーミル・ゼレンスキー・ウクライナ大統領の命により、2021年に設立された「偽情報対策センター(Center for Countering Disinformation)」。代表を務めるのは、2015年に法学博士号を取得し、国家汚職防止局や検事総長室(米連邦捜査局から表彰された)、そして現職までは国営鉄道事業者の情報政策・広報部長を務めた経歴を持つ、ポリーナ・リセンコ弁護士である。

リセンコは就任早々、G7各国の大使をはじめ、フィンランド、イスラエル、NATOに情報統制センターの活動を公開した。彼女の上司であるウクライナ国家安全保障・防衛会議のアレクセイ・ダニロフ長官は、「敵対的な情報操作に対抗し、偽情報と戦うために戦略的パートナーと行動を調整することの重要性」を強調し、大統領府のアンドレイ・ヤーマク長官は、「センターがウクライナだけでなく、国際的にも偽情報対抗の拠点となることを望む」と示唆した。Yermak氏によると、同センターは "完全に稼働している "という。

ポリーナ・リセンコは、自身の組織の目標と使命を説明する中で、"真実が主な武器となる "と強調した。

センターが「完全に稼働している」と宣言した2カ月後、ウクライナのメディアはセンターが「施設、資金、スタッフ」を欠いていると報じていたのである。リセンコは唯一の従業員で、"彼女は数ヶ月間給料が支払われていない "という。センターには52人のスタッフがいて、月給は2,000ドル程度になるはずだった。財務省はセンターの資金を見つける責任があったが、2021年6月中旬の時点ではまだ見つかっていない。リセンコは、"国家安全保障・防衛会議ビルの1階にある小さな事務所 "で一人働いていた。

給料をもらっていないのに、本当のことを言うのは大変なようだ。

1年後、資金やスタッフは問題ないようだが(ウクライナ政府の給与を米国の納税者が引き受けていることが大きい)、品質管理は問題になっている。たとえば、リセンコと彼女の新しい偽情報機関がまとめた私に対するケースを考えてみよう。もし「ウクライナをNATOの基地と表現する」ことでロシアのプロポガンディストになるのなら、私は、悪名高い親ロシア(皮肉が強調されている)ウェブベースの雑誌『ディフェンス・ワン』の編集者ベン・ワトソンに加わるべきだった。"In Ukraine, the US Trains an Army in the West to Fight in the East" という自明な見出しで記事を出版しているのである。その記事は、ウクライナ西部にある多国籍合同訓練グループ-ウクライナのヤヴォリブ戦闘訓練センター-文字通りウクライナ内のNATO基地で、米国とNATO軍の職員が行った作業について詳述し、そこでは55日ごとにウクライナ軍の大隊が、ドンバスでロシアが支援する分離主義者と戦うためにウクライナ東部に配備されるという唯一の目的でNATO標準に従って訓練されていたのでした。

リセンコさん、プロのヒントです。あなたの国がNATO軍の常駐部隊を受け入れたら、それはNATOの基地になるのです。

リセンコさん、プロのヒントです。あなたの国がNATO軍の常駐部隊を受け入れたら、それはNATOの基地になるのです。

リセンコ氏の一流の偽情報カウンターアナリストのスタッフ(またしても皮肉)も同様に、3月末から4月初めにかけてブチャで起きた民間人虐殺はウクライナ軍によるものであるという私の評価を強調した。私はこの同じ分析でTwitterから追放されたのだ。ブチャでの残虐行為から4カ月が経ちましたが、私は自分の分析に固執しており、事実関係は変わっていません。私は、ポリーナ・リセンコと彼女のスタッフ全員と、ウクライナのテレビで、いつでもこの問題について討論する用意がある。私は、どこでも、誰とでも、この問題について討論するつもりだ。それくらい、私は自分の最初の分析に自信を持っている。結局のところ、真実が私の主な武器なのだ。

リセンコ氏の勇敢な真相究明家たちが私に課した最後の告発は、ウクライナとロシアの間で進行中の紛争を「NATOとロシアの代理戦争」と名付けたというものだが、これはまた彼女のスタッフのプロ意識に疑問を抱かせるものである。結局、モスクワ生まれの自己嫌悪のロシア人、マックス・ブートは、6月22日にワシントン・ポストに掲載された意見書の中で、ウクライナ紛争を "我々の戦争でもある "と言っている。私がマックス・ブーツの意見に同意するのは、数少ないうちの1つだ。しかし、ブーツは、ロイド・オースティン米国防長官がウクライナ紛争に関する米国の政策として、ウクライナを支援することでロシアを弱体化させることに焦点を当てたことを述べただけで、「代理戦争」の教科書的定義と同じようなものだ。

ポリーナ・リセンコ、もっとうまくやれ。少なくとも、私のウクライナに関する分析の多くがロシア・トゥデイから出版されているという事実(例えばこの記事)を強調して、安っぽい得点を稼ごうとするんだ。もちろん、私の分析はロシア以外の出版社にも多数掲載されているという事実と格闘しなければならない。つまり、アメリカやイギリスの出版社から出版されるロシアのプロパガンダとはどのようなものか、ということだ。

そしてもちろん、ロシアの編集者をコントロールする厄介な問題がある。次のようなやりとりが参考になる。

私:ストルテンベルグの「代償を払う」というプレゼンテーションについて、私が深掘りすることに興味はありませんか?

支配的なロシア人編集者。あなたはどう思いますか?

私:ストルテンベルグは代償の範囲を理解していないと思う。

Controlling Russian Editor: それは、彼が「文句を言うな」と言ったのと同じスピーチですね?

私:そうです。

支配的なロシア人編集者。クール、やってみよう。

ロシアのプロパガンダマシンの戦略的意図はそこによく表れている。それに騙されるなんて。

皮肉はさておき、リセンコ・センターがいわゆる「ロシアの宣伝者」のブラックリストを発表したことは、言論の自由の概念を信じる人への侮辱であるはずです。私は、そのリストに加わった多くの人々-レイ・マクガバン、トゥルシ・ギャバード、ダグラス・マクレガー、ジョン・ミアシャイマー、その他-と関係があることを誇りに思う。ここに名前を連ねた誰もが、ウクライナ紛争について自分がとった姿勢の動機は、ポリーナ・リセンコやアメリカから報酬を得ているアナリストが広めた混乱したバージョンではなく、本当の真実を追求するためだと言うに違いない。自分たちをロシアの宣伝屋だとは思っておらず、むしろアメリカ人の言論の自由の実践者であり、その言論の自由は、今回名前を挙げた多くの人々(そして私自身も)が支持し守ることを宣誓した合衆国憲法によって保護されているのだ。

時の試練に耐えてきた事実に基づく分析に固執することが、「ロシアのプロパガンダ」の新しい定義であるならば、私もその中に入っていこうと思うのです。米国政府とウクライナの代理人によって流布されている言論の自由のオーウェル版よりは確実にましだ(私が何をしたかわかるだろうか)。

posted by ZUKUNASHI at 13:21| Comment(0) | ウクライナ

妊娠中の接種で胎児が脳卒中を起こしていた

posted by ZUKUNASHI at 12:35| Comment(0) | Covid19

免疫抑制の闇

posted by ZUKUNASHI at 09:51| Comment(0) | Covid19

ウクライナ軍が対人地雷を撒いている 市民を殺傷するために


posted by ZUKUNASHI at 09:41| Comment(0) | ウクライナ