ずくなしの冷や水

2022年08月25日

プーチン大統領、ロシア軍に人員増強命令

Putin orders Russian military to boost manpower
The Russian president signs a decree on adding 137,000 troops to the Armed Forces
The size of the Russian military is set to increase to 1.15 million troops next year, in line with a decree that President Vladimir Putin signed on Thursday.

The document, published on the government’s website, adds 137,000 to the ranks of the Armed Forces from January 1, 2023.

It also instructs the cabinet to allocate the necessary funds for the expansion.

The move comes amid the Russian military operation in Ukraine, launched in late February.

Moscow sent troops into the neighboring country six months ago, citing Kiev’s failure to implement the Minsk agreements, designed to give the regions of Donetsk and Lugansk special status within the Ukrainian state. The protocols, brokered by Germany and France, were first signed in 2014. Former Ukrainian president Pyotr Poroshenko has since admitted that Kiev’s main goal was to use the ceasefire to buy time and “create powerful armed forces.”

In February 2022, the Kremlin recognized the Donbass republics as independent states and demanded that Ukraine officially declare itself a neutral country that will never join any Western military bloc. Kiev insists the Russian offensive was completely unprovoked.
ロシア大統領、軍に13万7000人の兵力を追加する政令に署名
ロシア軍の規模は、ウラジーミル・プーチン大統領が木曜日に署名した法令に沿って、来年には115万人にまで増加することが決まっている。

政府のウェブサイトに掲載されたこの文書では、2023年1月1日から軍隊の隊列に13万7000人が追加される。

また、この増員を行うために必要な資金を配分するよう、内閣に指示している。

posted by ZUKUNASHI at 23:02| Comment(0) | ウクライナ

Russia and Iran move to create global gas cartel

Russia and Iran move to create global gas cartel – media
The OPEC-style organization will allow control over prices for the fuel in the coming years, Oilprice reports
Moscow and Tehran are taking serious steps toward forming an OPEC-style cartel for natural gas that would allow them to coordinate an ‘extraordinary’ proportion of reserves and control over prices, OilPrice reported on Tuesday.

“Occupying the number one and number two positions in the world’s largest gas reserves table, respectively – Russia with just under 48 trillion cubic meters (tcm) and Iran with nearly 34 tcm – the two countries are in an ideal position to do this,” the report stated.

It described the $40 billion memorandum of understanding (MoU) signed last month between Russia’s Gazprom and the National Iranian Oil Company (NIOC) as “a stepping stone to enabling Russia and Iran to implement their long-held plan to be the core participants in a global cartel for gas suppliers in the same mold as the Organization of the Petroleum Exporting Countries (OPEC) for oil suppliers.”

The chairman of Iran’s Oil, Gas, and Petrochemical Products Exporters’ Union, Hamid Hosseini, reportedly said after the MoU had been signed: “Now the Russians have come to the conclusion that the consumption of gas in the world will increase and the tendency towards consumption of LNG has increased and they alone are not able to meet the world’s demand, so there is no room left for gas competition [between Russia and Iran].”

According to OilPrice, major global LNG supplier Qatar – which has the third-largest gas reserves of just under 24 tcm – could be a prime candidate to join the Russia-Iran gas cartel.

Together, Russia, Iran and Qatar account for just under 60% of the world’s gas reserves, the report pointed out. The three countries were instrumental in the founding of the Gas Exporting Countries Forum (GECF), whose 11 members control over 71% of global gas reserves, 44% of its marketed production, 53% of its gas pipelines, and 57% of its LNG exports, it said.

ロシアは48兆立方メートル弱、イランは34兆立方メートル弱と、それぞれ世界最大のガス埋蔵量ランキングの1位と2位を占めており、両国はこれを実現するための理想的な位置にある」と報告書は述べている。

先月、ロシアのガスプロムとイラン国営石油会社(NIOC)の間で締結された400億ドルの覚書については、「ロシアとイランが、石油輸出国機構(OPEC)と同じようにガス供給国の世界カルテルの中核的な参加者となるという、長年の計画を実行する足掛かりとなるものだ」と評しています。

イランの石油・ガス・石油化学製品輸出組合のハミド・ホセイニ議長は、MoUが調印された後、次のように述べたという。"今、ロシアは、世界のガス消費量が増加し、LNGの消費傾向が強まり、彼らだけでは世界の需要を満たすことができないという結論に達し、(ロシアとイランの間で)ガス競争をする余地は残っていない。"

オイルプライスによると、世界第3位の24tcm弱のガス埋蔵量を持つ世界の主要LNGサプライヤーであるカタールは、ロシア・イランのガスカルテルに加わる有力候補となり得る。

ロシア、イラン、カタールを合わせると、世界のガス埋蔵量の60%弱を占めることになる、と報告書は指摘している。この3カ国は、ガス輸出国フォーラム(GECF)の設立に貢献し、その11カ国は世界のガス埋蔵量の71%以上、市場生産量の44%、ガスパイプラインの53%、LNG輸出量の57%を支配している、という。
posted by ZUKUNASHI at 22:35| Comment(0) | 国際・政治

神奈川県のデータに異変

神奈川県は全数把握をやめた?

過去1週間の100万人当たり死亡者の増加

https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/japan_death.html?y=0&pd=r4-1&s=y
西高東低の傾向は変わりません。よさこい祭り、阿波踊りなどのイベントによる一過性のものであればよいですが。

地方に帰ろうとしたら現地の親戚から高いハードルを設定されたと憤慨しているツイートが見られますが、地方の方が警戒するのは当然なのです。年寄りの面倒は田舎に押し付けているのに。そういう嫁は返品してはどうでしょう。いずれ家庭内感染を呼び込みます。

知人から聞いた話では、四国に夫婦で帰省した人が帰京してめでたく発症、陽性だそうです。
posted by ZUKUNASHI at 20:55| Comment(0) | Covid19

000

posted by ZUKUNASHI at 20:37| Comment(0) | 国際・政治

ここまで緩んでいる 医者殺し!

posted by ZUKUNASHI at 16:20| Comment(0) | Covid19

ジョン・ミアシャイマー シカゴ大学教授

John Mearsheimer
Google schalar page


posted by ZUKUNASHI at 16:04| Comment(0) | 国際・政治

英国やフランスは没落する 日本も同じ



・・・こんな推計もあると受け止めるべきものでしょうが、英、仏、独の地位低下は確実です。日本も大きく低下。人口が大きく減りますから当然ですね。



・・・留学先としての英国は、危険があふれることに。

posted by ZUKUNASHI at 15:47| Comment(0) | 国際・政治

サル痘で鼻がなくなる 人から犬へ感染例







rodents げっ歯類、ネズミ、リス。

posted by ZUKUNASHI at 13:13| Comment(0) | サル痘

how often do people die a few months after having covid?



posted by ZUKUNASHI at 12:19| Comment(0) | Covid19

モスクワの米国大使館近くで対人地雷に抗議するダイイン

posted by ZUKUNASHI at 12:15| Comment(0) | 国際・政治

体調不良→死亡→陽性判明→死亡原因不明

新型コロナウイルス 10歳未満の男児が死亡 未成年の死亡者は熊本県内初
熊本県は、8月20日に死亡した10歳未満の男の子が新型コロナウイルスに感染していたことを明らかにしました。
県内で未成年の感染者が死亡するのは初めてのことです。
県によりますと県内に住む10歳未満の男の子は8月19日、体調不良を理由に救急車で病院に運ばれましたが、翌日死亡し、その後の抗原検査で陽性が判明したということです。
死因について県は、把握できていないとしています。

・・・・・

このような死亡例が増えています。肺炎の症状はなく、心筋炎ともされない。

管理人は、脳機能障害ではないかと疑います。子供に多いですが大人にも生じているはず。

抗ウィルス薬を服用すれば、少なくとも進行が遅くなるはず。小さな子供に服用させられる抗ウィルス薬は限られると思いますが。

コロナの新規感染者が多いところは、どこにもコロナウィルス状態。体調がおかしかったら管理人の場合は一刻を争ってイベルメクチンを呑みます。

病院に搬送してもらえ、検査で陽性判明しても処置は限られます。

2022年08月22日
子供のオミクロンは頭にくる 脳機能障害で死ぬ子も出る

2022年08月18日
コロナによる“消耗”の結果、急速に全身状態が悪化して死亡
posted by ZUKUNASHI at 10:42| Comment(0) | Covid19

ウクライナ大統領、国連安保理で規約違反のビデオリンクで演説

Ukraine’s president addressed the UN Security Council via a crackling video-link, in breach of protocol
Barely audible Zelensky dodges Russian response at UN

Ukrainian President Vladimir Zelensky hastily left a UN Security Council meeting on Wednesday before Russia's representative responded to his claims.

Appearing by video link, Zelensky had argued that that the freedom of the world depended on Ukraine’s independence and accused Russia of threatening a nuclear disaster at the Zaporozhye power plant and being responsible for inflation, hunger and high energy prices.

His speech was barely audible and he closed his connection before Russian Ambassador Vassily Nebenzia called out his government and its Western backers for being the principal threat to Ukraine’s independence.

An exception was made to the usual in-person-only rules to facilitate Zelensky's remote participation. Russia had objected to this breach of protocol.

It was the second time the Security Council has voted to override its own rules and allow Zelensky to deliver a video address; it was also done in June, also over Russian objections.

Nebenzia noted the technical problems that made about a quarter of Zelensky’s speech impossible to understand. The Russian envoy also chided the Security Council for turning Wednesday’s sessions into a series of declarations by Western powers of their unconditional support for the government in Kiev, and disagreed with their argument that Russia threatens Ukraine’s independence.

The main, the only threat to the independence of Ukraine is the current government in Kiev.

Ukraine’s woes began with the illegal 2014 Maidan coup, he argued, with Western governments ever since turning a blind eye to actions by Kiev that they would never tolerate at home.

Kiev’s militants burned dissenters alive in Odessa and bombed the people of Donetsk and Lugansk in a “senseless crusade against itself,” Nebenzia argued, which resulted in the loss of Crimea and the independence of the Donbass republics. A war that lasted almost eight years could have ended at any point had Ukraine carried out its obligations under the Minsk agreements, the Russian envoy pointed out, but neither Kiev nor its Western backers were inclined to do so.

Ukrainian troops continue to shell the Zaporozhye nuclear power plant and civilian infrastructure, not just in the Donbass republics but in territories until recently under their control.

“Our former Western partners, instead of condemning their Ukrainian wards, continue to send them new weapons, letting Kiev reach places it was not able to target before. This makes them accomplices to crimes against civilians,” Nebenzia told the UN.

He also noted that, according to Ukrainians themselves, American advisers are involved in selecting targets for US-supplied weapons such as HIMARS rocket launchers, which were used to kill Ukrainian prisoners held in Yelenovka.

“We know Zelensky is well aware that the Ukrainian forces are behind this crime, even though he falsely accused Russia of it today,” Nebenzia said.

The Russian ambassador also called out Ukraine’s bombing of civilian areas, use of its own civilians as human shields, deploying banned landmines against civilians – he even held up a ‘petal’ mine as evidence – and an “unprecedented campaign of lies” against Russia,
“not seen since the Nazi propaganda of [Joseph] Goebbels.”

Nebenzia also pointed out that the current US President Joe Biden had blackmailed Ukraine into firing a top prosecutor, and how the State Department’s Victoria Nuland discussed the composition of the government in Kiev with the US ambassador – not Ukrainians – in the infamous intercepted phone call. Just about all Ukrainian government agencies now have embedded Western advisers, he added.

“If this is independence, what does dependence look like?” he asked the Security Council.

ウクライナ大統領、国連安保理で規約違反のビデオリンクで演説
かろうじて聞き取れたゼレンスキー氏、国連でロシアの反応をかわす

ウラジーミル・ゼレンスキー・ウクライナ大統領は24日、国連安全保障理事会の会合で、ロシアの代表が彼の主張に反応する前に急いで退席した。

ビデオリンクで登場したゼレンスキーは、世界の自由はウクライナの独立に依存していると主張し、ロシアがザポロジェ発電所の核災害を脅かし、インフレ、飢餓、エネルギー価格の高騰の原因になっていると非難していた。

ロシア大使のヴァシリー・ネベンツィア氏が、ウクライナの独立を脅かす主な原因は同国政府とその西側支援者であると訴える前に、彼のスピーチはほとんど聞き取れず、彼は接続を切った。

ゼレンスキーが遠隔地から参加するために、通常の対面式のルールに例外が設けられた。ロシアは、この規約違反に反対していた。

安保理は6月にも、ロシアの反対を押し切ってビデオ演説を認めており、今回で2回目である。

ネベンジア氏は、技術的な問題により、ゼレンスキー氏の演説の約4分の1が理解できなかったことを指摘した。ロシア特使はまた、水曜日の安保理が西側諸国によるキエフ政府への無条件支持の一連の宣言になっていることを非難し、ロシアがウクライナの独立を脅かしているという彼らの主張には同意しなかったという。

ウクライナの独立に対する主要な、唯一の脅威は、キエフの現政権である。

ウクライナの苦境は2014年の違法なマイダンクーデターから始まり、それ以来、西側諸国は自国では決して許さないキエフの行動に目をつぶっていると、彼は主張した。

キエフの過激派はオデッサで反対派を生きたまま焼き殺し、ドネツクやルガンスクの人々を爆撃して「自分に対する無意味な十字軍」とし、その結果クリミアを失いドンバス共和国が独立したとネベンツィア氏は論じた。約8年間続いた戦争は、ウクライナがミンスク協定の義務を果たしていれば、いつでも終結できたはずだとロシア特使は指摘したが、キエフもその西側支援者も、そのような気にはなれなかった。

ウクライナ軍は、ドンバス共和国だけでなく、最近まで支配下にあった地域で、ザポロージエ原子力発電所や民間インフラへの砲撃を続けている。

「西側諸国のパートナーは、ウクライナ軍を非難する代わりに、新しい武器を送り続け、キエフが以前はターゲットにできなかった場所に到達できるようにしている。これでは、市民に対する犯罪の共犯者になってしまう」とネベンジア氏は国連で述べた。

彼はまた、ウクライナ人自身によると、アメリカのアドバイザーが、イエレノフカに収容されていたウクライナ人捕虜の殺害に使われたHIMARSロケットランチャーなど、アメリカが供給した兵器の標的選定に関与していると指摘した。

ネベンツィア氏は、「我々は、ゼレンスキー氏が、今日、ロシアを偽って非難したとはいえ、この犯罪の背後にウクライナ軍がいることをよく知っている」と述べた。

ロシア大使はまた、ウクライナの民間人地域への爆撃、自国民を人間の盾として使うこと、民間人に対する禁止地雷の配備-彼は証拠として「花びら」地雷を掲げた-そしてロシアに対する「前例のない嘘のキャンペーン」を呼びかけた。
「ナチスのゲッペルスのプロパガンダ以来、見たことがない。

ネベンジア氏はまた、現アメリカ大統領のジョー・バイデンがウクライナを脅迫してトップ検事を解雇させたことや、国務省のビクトリア・ヌーランドが悪名高い電話傍受の中で、キエフの政府の構成についてウクライナ人ではなくアメリカ大使と議論したことを指摘している。ウクライナの政府機関のほとんどに、欧米のアドバイザーが組み込まれている、と彼は付け加えた。

「これが独立だとしたら、依存とはどのようなものだろうか」と彼は安保理に問いかけた。
posted by ZUKUNASHI at 09:52| Comment(0) | ウクライナ

3つのウイルス性疾患が1人の人間に併存していることが判明

Man diagnosed with HIV, Covid-19, and monkeypox all at once – report
According to the Journal of Infection, this is the first known case in which the three viral diseases concurred in one individual

An Italian man has been diagnosed with HIV, Covid-19, and monkeypox simultaneously – the first known case of the concurrence of these three viral diseases, the Journal of Infection has reported.

According to an article published by the medical outlet last Friday, the 36-year-old male spent five days in Spain in June this year, developing a fever accompanied by a sore throat, fatigue, and a headache nine days later. A subsequent test yielded a positive result for Covid-19. To make matters worse, a rash appeared on the patient’s left arm soon thereafter, with small, painful vesicles spreading across the man’s body in the following days.

The man sought medical help and was hospitalized in an infectious diseases unit. The patient told doctors that he had had “condomless intercourse with men” during his sojourn in Spain.

Taking into account the appearance of pustules indicative of monkeypox, samples of the liquid contained in the vesicles were sent to be tested for the virus and came back positive as well.

Subsequent tests were carried out to check if the individual was infected with viral hepatitis, herpes simplex, gonorrhea, chlamydia, and lymphogranuloma venereum. None of these sexually transmitted diseases were identified. However, an HIV-1 test did come back positive.

Despite the combination of the dangerous diseases, the treatment administered by Italian doctors saw the patient recover relatively quickly, with visible signs of monkeypox disappearing almost completely within ten days.

The doctors noted that, given the scarcity of evidence, it is hard to tell at this point if this combination of viruses necessarily aggravates a patient’s condition.

The article points out that, given the rapid spread of monkeypox and the continuing Covid-19 pandemic, doctors worldwide should be aware of how the symptoms of these two diseases can overlap and co-exist. The authors also stressed that medical professionals should take note of a patient’s “sexual habits” and travel history. If someone tests positive for monkeypox, a complete screening for other sexually transmitted infections is recommended, the piece concludes.
3つのウイルス性疾患が1人の人間に併存していることが判明
HIV、Covid-19、サル痘を一度に発症した男性 - 報告
Journal of Infection誌によると、一人の人間が3つのウイルス性疾患を併発したのは初めてのケースとのこと

イタリアの男性が、HIV、Covid-19、サル痘の3つのウイルス性疾患を同時に発症したことが判明し、これら3つのウイルス性疾患の併発は初めてのケースであると、Journal of Infection誌が報じました。

先週金曜日に発表された記事によると、この36歳の男性は今年6月にスペインで5日間過ごし、9日後に喉の痛み、疲労感、頭痛を伴う発熱を発症したとのこと。その後の検査でCovid-19が陽性となった。さらに悪いことに、その後すぐに患者の左腕に発疹が現れ、その後数日間、痛みを伴う小さな小水疱が全身に広がりました。

男性は医療機関を受診し、感染症病棟に入院した。患者は、スペイン滞在中に「コンドームなしで男性と性行為をした」と医師に話した。

サル痘を示す膿疱の出現を考慮し、膿疱に含まれる液体のサンプルを送ってウイルス検査を行ったところ、やはり陽性であった。

その後、ウイルス性肝炎、単純ヘルペス、淋病、クラミジア、性病リンパ肉芽腫の感染の有無を確認したところ、これらの性感染症はありませんでした。これらの性感染症はいずれも確認されなかった。しかし、HIV-1検査は陽性となった。

このように危険な病気が重なっていたにもかかわらず、イタリアの医師たちの治療により、患者は比較的早く回復し、目に見えるサル痘の症状は10日以内にほぼ完全に消失した。

医師たちは、「証拠が少ないので、このウイルスの組み合わせが必ずしも患者の病状を悪化させるかどうかは、現時点では判断できない」と述べている。

論文は、サル痘の急速な広がりとCovid-19の流行が続いていることから、世界中の医師はこの2つの病気の症状がどのように重なり、共存しているかを認識する必要があると指摘しています。また、医療関係者は患者の「性癖」や「渡航歴」に注意する必要があると強調しています。もし、サル痘が陽性であれば、他の性感染症のスクリーニングを行うことが推奨されると結んでいます。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 08:53| Comment(0) | Covid19

米国で東洋人差別がひどくなる


米国の支配階級は、中国の学者や学生に対する反アジア人種差別とマッカーシー派の攻撃の嫌な波を解き放ちました。


posted by ZUKUNASHI at 08:37| Comment(0) | 国際・政治

西アジア・北アフリカ諸国が貿易からのドル排除を決意

posted by ZUKUNASHI at 00:21| Comment(0) | 国際・政治

2022年08月24日

Bill Holter Warns Of 'Dark Times Ahead, Even For The Prepared

posted by ZUKUNASHI at 22:37| Comment(0) | 国際・政治

ロシア、アゾフの指揮官2人に懸賞金をかける

Russia places bounty on two Azov commanders
Moscow is offering a reward for information on two Ukrainian nationalist leaders accused of torturing and killing Russian POWs
Moscow will offer a reward for any information leading to the capture of two commanders of Ukraine’s notorious Azov regiment who are accused of brutally torturing and murdering Russian POWs, the Ministry of Internal Affairs announced on its website on Wednesday.

The bounty has been placed on 28-year-old Konstantin Nemichev and 26-year-old Sergey Velichko, who have served as commanders in the Azov regiment. The unit was declared a terrorist organization by Russia’s Supreme Court in June. Both of the fighters have been put on the international wanted list, as well as Russia’s “ten especially dangerous wanted criminals" list.

“The leadership of the Ministry of Internal Affairs of the Russian Federation has decided to offer a reward for assistance in detaining the commanders of the Ukrainian nationalist battalion Konstantin Nemichev and Sergey Velichko, accused of committing a crime under Article 317 of the Criminal Code of the Russian Federation,” the ministry’s press service wrote, adding that one million rubles (~$16,600) will be paid out for information on each individual.

The ministry previously called for the arrest of the two Azov commanders back in May after Russia’s Investigative Committee had identified them as being responsible for “causing multiple bodily harm, including with the use of firearms” to at least eight Russian servicemen, which carries a maximum sentence of life in prison.

Both Nemichev and Velichko are currently part of the Kraken regiment operating near the city of Kharkov, which primarily consists of Azov veterans and other neo-Nazi fighters and volunteers.

The regiment describes itself as a special reconnaissance and sabotage unit under the Ukrainian Ministry of Defense, operating separately from the Armed Forces. Last week, Russia’s Defense Ministry claimed that Kraken forces had executed some 100 fellow Ukrainian soldiers who had abandoned their positions amid a Russian breakthrough in the Kharkov region. According to Moscow, the executions were carried out to “suppress panic and intimidate the personnel of the Armed forces of Ukraine.”
モスクワは、ロシア人捕虜を拷問し殺害した罪に問われているウクライナの民族主義者指導者2人の情報に対して報奨金を提供することを明らかにした
モスクワは、ロシア人捕虜を残酷に拷問し殺害したとされるウクライナの悪名高いアゾフ連隊の2人の司令官の逮捕につながる情報に対して報奨金を提供すると、内務省が水曜日にそのウェブサイトで発表した。

懸賞金は、アゾフ連隊の司令官を務めた28歳のコンスタンティン・ネミチェフ氏と26歳のセルゲイ・ベリチコ氏にかけられた。この連隊は6月にロシアの最高裁判所からテロ組織と認定された。戦闘員の2人は、国際指名手配リストと、ロシアの「特に危険な指名手配犯10人」のリストに載せられている。

「ロシア連邦内務省の指導部は、ロシア連邦刑法第317条に基づく犯罪を犯した罪に問われているウクライナ民族主義大隊の司令官、コンスタンティン・ネミチェフとセルゲイ・ヴェリチコを拘束するための支援に報奨金を出すことを決定した」と同省報道部は書き、各個人の情報に対して100万ルーブル(〜1万6600ドル)が支払われることを付記している。

同省は5月、アゾフの2人の司令官を、少なくとも8人のロシア軍人に「銃器の使用を含む複数の身体的危害を加えた」責任者として特定し、逮捕を要求したことがある。

ネミチェフとベリチコの両名は現在、ハリコフ市近郊で活動するクラーケン連隊の一員で、主にアゾフ帰還兵やその他のネオナチの戦士や志願兵で構成されています。

この連隊は、ウクライナ国防省傘下の特殊偵察・破壊工作部隊で、軍隊とは別に活動していると説明している。先週、ロシア国防省は、ハリコフ地方でのロシアの躍進に伴い、クラーケン軍が陣地を放棄した約100人の仲間のウクライナ人兵士を処刑したと主張した。モスクワによると、処刑は「パニックを抑え、ウクライナ軍の人員を威嚇する」ために行われた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。



posted by ZUKUNASHI at 22:34| Comment(0) | ウクライナ

高知県 ご注意を! 感染者高水準 死者が急増のようです






過去52日間に増加した死者、人口100万人当たり。


posted by ZUKUNASHI at 18:40| Comment(0) | Covid19

ウクライナ・米国はザポリージェ原発の破壊をやる気らしい





水は屋内退避のために何よりも重要。しかし、食品の準備を言っていません。救急キットなどは役に立たない。ウクライナの集合住宅には地下室があるようですから、それを使わせるはずですが、言及しているでしょうか。
書類
薬とマスク
水、食べ物
電話、ラジオ
は言っています。

Ukrainian spies detained at nuclear plant – Russia
Two workers at the Zaporozhye facility have been providing information to Kiev, the Russian National Guard has claimed
Russian forces have detained two employees of the Zaporozhye Nuclear Power Plant in southern Ukraine, who have been providing information on troops and hardware locations to Kiev’s forces, the Russian National Guard (Rosgvardiya) said on Wednesday.

“Apart from that, a violator of access control [to the plant], an accomplice of the Armed Forces of Ukraine, who transmitted the coordinates of the movement of columns of Russian military hardware, has been detained,” they added.

After seizing control of the power station on March 4, Russian forces have detained 26 violators of access control to the plant – the largest nuclear power plant in Europe, the National Guard revealed. The facility continues to operate with local staff, while Russian troops patrol the premises and check for explosive devices and unexploded munitions, the National Guard said.

They noted that “Specialists of the nuclear, biological and chemical defense of the National Guard, together with colleagues from the Ministry of Defense, daily, several times a day, monitor the situation by measuring radiation levels at control points along the perimeter of the facility.”

In recent weeks, the nuclear power plant and the nearby city of Energodar have been repeatedly shelled by Kiev’s forces. The attacks damaged multiple buildings on the premises of the plant, causing fires and power outages, according to the Russian Defense Ministry.

Moscow has warned that the continuing attacks could ultimately render the power plant inoperable and might even result in a major disaster similar to the one in Chernobyl in 1986. Kiev and some Western officials, however, have accused Russia of shelling the plant, despite the fact that it is controlled by Russia’s own troops.
posted by ZUKUNASHI at 18:38| Comment(4) | 福島原発事故

ウクライナの「汚い爆弾」は9カ国に影響 - 核専門家

‘Dirty bomb’ in Ukraine would affect nine countries – nuclear expert
A former top USSR nuclear inspector warns it’s hard to predict where else the wind would blow the particles

A total of nine countries could be contaminated if the Russian-controlled Zaporozhye nuclear power plant in southern Ukraine is hit by multiple launch rocket systems, a former chief inspector of the USSR’s nuclear authority told RT.

Russian troops established control of the Zaporozhye NPP, Europe’s largest facility of the kind, early on in the course of military operations in Ukraine. Since then, Russia has repeatedly accused Kiev of launching artillery and drone strikes on the facility. Ukrainian officials claimed that the Russians were shelling themselves to discredit Kiev.

In an interview published on Tuesday, Vladimir Kuznetsov warned that if the plant is hit by volley fire, with numerous missiles striking the storage facility that holds spent nuclear fuel, chances are that more than one container would be damaged. This scenario would entail radiation escaping “into the environment – hence the contamination of not only the industrial site but also the Dnepr river which is nearby,” the expert noted.

Kuznetsov also pointed out that such a strike would most likely be accompanied by a fire, and “God knows where the wind would send the combustion products.”

The former chief inspector surmised that should 20 to 30 containers be breached in such an attack, the “radiation would affect approximately nine countries: Turkey, Bulgaria, Romania, Slovakia, the Czech Republic, Poland, the Baltic states and obviously Western Ukraine.”

Russian forces took over the Zaporozhye nuclear power plant in early March, within the first two weeks of Moscow’s military campaign against its neighbor.

In recent weeks, the Russian military has accused Ukraine of deliberately targeting the facility multiple times and warned that a major nuclear disaster, akin to that at Chernobyl in 1986, or even worse, could happen if such attacks continue unchecked.

Kiev, meanwhile, denies these allegations and claims that it is Russian forces that are shelling the power plant to frame the Ukrainian military – a point of view shared by the US and EU. The UN has called the attacks “suicidal” and proposed sending an International Atomic Energy Agency delegation to the site to provide “technical support” and help avoid a further escalation.

On Tuesday, local government administration member Vladimir Rogov told Russian media that Ukrainian forces had fired multiple rockets directly at the coolant systems and nuclear waste storage site inside the facility.

Since the storage site is out in the open, any hit would result in the release of nuclear waste ranging from dozens to hundreds of kilograms and lead to contamination of the area, the official explained.

“In plain language, that would be like a dirty bomb,” said Rogov.

元ソ連トップの核査察官は、風が粒子を他にどこに飛ばすか予測するのは難しいと警告している

ロシアが支配するウクライナ南部のザポロージエ原子力発電所が複数の発射ロケットシステムによって攻撃された場合、合計9カ国が汚染される可能性があると、ソビエト連邦の原子力当局の元主任検査官がRTに語った。

ロシア軍は、ウクライナでの軍事作戦の早い段階で、この種の施設としてはヨーロッパ最大のザポロージエ原子力発電所の支配権を確立した。それ以来、ロシアはキエフがこの施設に砲撃やドローンによる攻撃を行ったと繰り返し非難している。ウクライナ当局は、ロシアがキエフの信用を落とすために自ら砲撃していると主張している。

ウラジーミル・クズネツォフ氏は、火曜日に発表されたインタビューの中で、もし原発が砲撃され、多数のミサイルが使用済み核燃料を保管している貯蔵施設を攻撃すれば、複数の容器が損傷する可能性があると警告しています。この場合、放射能は「環境中に放出され、工業地帯だけでなく、近くにあるドニエプル川も汚染される」と専門家は指摘した。

さらにクズネツォフ氏は、このような攻撃は火災を伴う可能性が高く、「燃焼生成物が風に乗ってどこへ飛んでいくかは神のみぞ知る」とも指摘した。

元主任検査官は、このような攻撃で20〜30個のコンテナが破損した場合、「放射能はおよそ9カ国に影響を与える」と推測している。トルコ、ブルガリア、ルーマニア、スロバキア、チェコ、ポーランド、バルト三国、そして明らかに西ウクライナだ」。

ロシア軍は3月初旬、モスクワの隣国に対する軍事作戦の最初の2週間で、ザポロージエ原子力発電所を占拠した。

この数週間、ロシア軍はウクライナがこの施設を何度も故意に攻撃したと非難し、このような攻撃が野放しにされ続ければ、1986年のチェルノブイリのような、あるいはそれ以上の大規模な原子力災害が起こり得ると警告している。

一方、キエフ側はこれらの疑惑を否定し、ウクライナ軍を罠にかけるためにロシア軍が発電所を砲撃していると主張しており、この点は米国やEUも同じである。国連はこの攻撃を「自殺行為」と呼び、国際原子力機関(IAEA)の代表団を現地に派遣して「技術支援」を行い、さらなるエスカレーションを回避するよう提案している。

火曜日、地元政府の行政官ウラジミール・ロゴフ氏はロシアのメディアに対し、ウクライナ軍が施設内の冷却装置と核廃棄物貯蔵所に直接複数のロケット弾を発射したと語った。

貯蔵所は野外にあるため、命中すれば数十キロから数百キロの核廃棄物が放出され、周辺地域の汚染につながると説明した。

「分かりやすく言えば、ダーティーボムのようなものだ」とロゴフ氏は言う。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。




posted by ZUKUNASHI at 16:37| Comment(0) | 福島原発事故