ずくなしの冷や水

2022年08月27日

LED光の危険性



屋外灯で光が目を射る感じのものがあります。管理人はあれが嫌いでそのような街灯があるところには近寄りません。
自宅ではLEDは、パソコンディスプレイのほかには、小さな常夜灯だけです。
posted by ZUKUNASHI at 01:17| Comment(0) | 健康・病気

モデルナのオミ株ワクチンは完全詐欺

posted by ZUKUNASHI at 00:26| Comment(2) | Covid19

2022年08月26日

台湾がウクライナに砲弾投下用ドローンを800機供与

Ukraine receives hundreds of shell-dropping drones – media
The package was described as a gift from Taiwan by German newspaper Bild
Ukraine received a gift of 800 drones to mark its independence day this week, which are designed to fly over targets and drop mortar shells on them, German tabloid Bild has reported.

The present came from Taiwan, the newspaper said on its Russian-language social media on Thursday. The claim was widely repeated in Ukrainian media.

The drones are made by the Taiwan-based firm DronesVision, which also makes anti-drone equipment. The Revolver model is a quadcopter design that carries a package of eight 60mm mortar shells weighing over 10kg, which can be released by the operator, according to the producer. The package looks like the rotating barrel of a revolver, giving the weapon its name.

This kind of delivery system was developed and widely used by militant groups in Syria, who modified commercial drones to drop explosives. Some Ukrainian troops and their opponents from the Russia-allied militias of the Donetsk and Lugansk People’s Republics militarized simple drones in the same way amid the ongoing conflict.
ウクライナは今週の独立記念日に、標的の上を飛び、迫撃砲弾を投下するための800機のドローンをプレゼントされたと、ドイツのタブロイド紙Bildが報じた。

このプレゼントは台湾から来たと、同紙は木曜日にロシア語のソーシャルメディア上で伝えた。この主張は、ウクライナのメディアでも広く繰り返された。

このドローンは、台湾の企業DronesVisionが製造したもので、同社は対ドローン装置も製造している。製作者によると、Revolverモデルは、10kgを超える60mm迫撃砲弾8発のパッケージを搭載したクアッドコプター設計で、オペレーターが放出することができる。パッケージはリボルバーの回転する銃身のように見えるため、この兵器にその名前が付けられました。

この種の運搬システムは、シリアの過激派グループが市販のドローンを改造して爆発物を投下するために開発し、広く使用されている。紛争が続く中、ウクライナ軍の一部と、ロシアと連携するドネツク人民共和国やルガンスク人民共和国の民兵の敵対勢力は、同じように簡易ドローンを軍事化した。

・・・・・

このようなドローンは戦争の大勢に影響を与えないです。民間人の殺傷に使われます。海外からの武器の供与が戦争を長引かせている中での台湾のこの動きはウクライナの被害を大きくするだけです。

中国は台湾は領土の一部というのだから、台湾が提供するこれらの武器によるウクライナ住民の被害を防止するために兵士を派遣すべき。

中国は一日も早く台湾を統一すべし! 
posted by ZUKUNASHI at 23:54| Comment(0) | ウクライナ

4発の砲弾が金曜日、ザポロジェ原子力発電所の燃料貯蔵所を直撃

Artillery hits Zaporozhye nuclear dump
Four Ukrainian artillery rounds struck the spent fuel storage area, Energodar officials say
Four artillery projectiles fired from the Ukrainian side struck the fuel storage site of the Zaporozhye nuclear power plant on Friday, authorities in the Russian-controlled city of Energodar told reporters. Radiation levels remain normal, suggesting that they inflicted no damage.

Europe’s largest nuclear power plant was seized by Russian troops in early March, soon after Moscow launched its military operation in Ukraine. Since then, Russian National Guard and specialist troops have been guarding the site, while the Ukrainian staff continued operations.

Russian and local officials have accused Ukrainian forces of repeatedly attacking the Zaporozhye NPP with drones, artillery and even US-supplied weapons. Kiev has rejected the accusations and claimed Russia was using the facility as a military base and shelling its own troops to make Ukraine look bad.

On Thursday, shelling started a wildfire south of Energodar and forced a shutdown of the power plant to prevent a meltdown.

While the reactor building is designed to withstand a lot, the plant’s support systems are far more vulnerable. The area where hundreds of barrels of spent fuel are stored is particularly problematic, as any breach could lead to a radioactive release.

Russian ambassador to the UN Vassily Nebenzia has shown evidence of Ukrainian culpability in the shelling to the Security Council, including naming the units involved and giving their precise location.

International Atomic Energy Agency (IAEA) chief Rafael Grossi said on Tuesday he personally intended to lead a mission to inspect the Zaporozhye NPP “within days.” Moscow has repeatedly called on the IAEA to come inspect the facility, but the mission has been delayed by Ukraine’s insistence the inspectors must travel through Kiev.

The Ukrainian government and its Western backers have accused Russia of a plot to “steal Ukrainian electricity” and demanded Moscow hand the Zaporozhye plant back to Kiev’s control, or set up a 30-kilometer demilitarized zone around it. Moscow has rejected the demands as unacceptable.


ロシア支配下のエネルゴダール市当局が記者団に語ったところによると、ウクライナ側から発射された4発の砲弾が金曜日、ザポロジェ原子力発電所の燃料貯蔵所を直撃したとのこと。放射線量は通常通りであり、被害はなかったという。

ヨーロッパ最大の原子力発電所は、モスクワがウクライナで軍事作戦を開始した直後の3月上旬にロシア軍に占拠された。それ以来、ロシア国家警備隊と専門部隊が現場を守り、ウクライナのスタッフが作業を続けている。

ロシアと地元の関係者は、ウクライナ軍がドローンや大砲、さらには米国が提供した武器でザポロージエ原子力発電所を繰り返し攻撃していると非難している。キエフはこの非難を拒否し、ロシアがこの施設を軍事基地として利用し、ウクライナの印象を悪くするために自国軍を砲撃していると主張しています。

木曜日には、砲撃によってエネルゴダールの南で山火事が発生し、メルトダウンを防ぐために発電所の停止を余儀なくされた。

原子炉建屋は多くのことに耐えられるように設計されていますが、原発の支援システムははるかに脆弱です。数百バレルの使用済み燃料が保管されているエリアは特に問題で、何らかの違反があれば放射性物質の放出につながる可能性がある。

ヴァシリー・ネベンジア国連大使は、安全保障理事会に対し、砲撃に関与した部隊の名前と正確な位置を示すなど、ウクライナの犯行を示す証拠を示している。

国際原子力機関(IAEA)のラファエル・グロッシ部長は24日、ザポロジエ原発の査察団を「数日以内に」自ら指揮する意向を示した。モスクワはIAEAに何度も視察を要請しているが、ウクライナは視察団がキエフを経由しなければならないと主張しており、視察は遅れている。

ウクライナ政府とその西側支援者は、ロシアが「ウクライナの電気を盗もう」と企んでいると非難し、モスクワにザポロジエ原発をキエフの支配下に戻すか、周囲30キロの非武装地帯を設定するよう要求している。モスクワは、この要求を受け入れられないと拒否している。
posted by ZUKUNASHI at 23:39| Comment(0) | 福島原発事故

捕虜にした軍人をどのように拷問するか綿密に書かれたもの




posted by ZUKUNASHI at 20:43| Comment(0) | ウクライナ

コロナで白内障




posted by ZUKUNASHI at 20:30| Comment(0) | Covid19

コロナで髭、眉毛、髪が白髪化

posted by ZUKUNASHI at 19:28| Comment(0) | Covid19

ワクチン後 急激な体重減少 極めて危険な兆候










posted by ZUKUNASHI at 16:54| Comment(0) | Covid19

000

posted by ZUKUNASHI at 15:06| Comment(0) | Covid19

ウクライナから出る船は欧州に飼料穀物を運んでいる

Moscow slams Western hypocrisy over Ukrainian grain
Not a single ship with Ukrainian grain has reached starving African or Asian countries, the Russian foreign ministry said
Russia’s Foreign Ministry has expressed doubt about the sincerity of Western countries’ global food security concerns, noting that grain-loaded ships from Ukrainian Black Sea ports are mostly heading to the West, rather than to starving African or Asian countries.

Speaking at a press briefing on Thursday, Ivan Nechaev, the deputy director of the ministry’s information and press department, said that “so far not a single ship with grain has reached the shores of the starving countries of Africa or South Asia.”

“They go mainly to Western ports, and the range of exported goods is mainly not wheat, but corn grain and sunflower oil, which casts doubt on the sincerity of these voices in the West that world food security depends on the ‘grain deal’,” Nechaev said, referring to the recent deal between Moscow and Kiev which allowed the resumption of grain exports from Ukrainian ports.

Prior to the deal, Kiev and its Western supporters were accusing Moscow of deliberately preventing the food shipments and in this way threatening global food security. Moscow repeatedly denied those claims, saying that Ukraine had made the shipments impossible by laying naval mines in the waterways around the ports.

The foreign ministry spokesman also touched on the situation with the Sierra Leone-flagged freighter Razoni, which sailed out of Odessa on August 1 carrying 26,000 metric tons of chicken feed destined for Lebanon. The ship was turned back from Beirut on Monday, after the Lebanese buyer refused to accept the shipment, on the grounds of it being several months too late.

“As it turned out, there was not the wheat on board that the Lebanese needed, but corn, fodder corn,” Nechaev said.

Nechaev’s remarks about the destinations of Ukrainian grain echo a recent article by New York Times. On Tuesday, the outlet noted that since the Istanbul deal took effect on August 1, none of ten ships which have left the Ukrainian ports, were bound for Yemen, Somalia, or other countries facing “catastrophic levels of hunger.”

Meanwhile, Ukrainian President Vladimir Zelensky told his counterpart Mokgweetsi Masisi of Botswana on Monday that Ukraine was committed to remaining “a reliable food exporter.”

Stressing that Russia is “committed to its obligations and is looking forward to effective fulfillment of the Istanbul deal,” Nechaev noted that the deal includes agreements not only on the export of grain from the Ukrainian ports, but also on the normalization of Russian food exports to the world market.

While implementation of one part of the deal has been ongoing for a week and a half now, the other element is yet to be fulfilled, Nechaev said, expressing hope that the Western countries will “create the necessary conditions” for access of Russian fertilizers and food to the global markets.


Snubbed Ukrainian grain heading to Russia-friendly Syria – Reuters
The first vessel to raise anchor after the grain deal was struck has had to change course after a Lebanese buyer rejected the shipment
The first grain ship to leave Ukraine since an internationally brokered deal to resume exports is approaching the Syrian port of Tartus after failing to offload its cargo in Lebanon, Reuters reported on Sunday, citing two shipping sources.

Exports from Ukraine had been disrupted for months after Russia launched a military operation in the neighboring country.

The Sierra Leone-flagged vessel Razoni left Ukraine’s Black Sea port of Odessa on August 1, carrying 26,000 tons of corn. According to the tracking website MarineTraffic.com, the ship is sailing in the eastern Mediterranean Sea between Cyprus and the Syrian coast. The Razoni previously docked in Mersin, Turkey on Thursday.

The cargo was originally intended for Lebanon, but the buyer refused to accept it due to concerns over quality stemming from the long delay. The Ukrainian embassy in the country said on Monday that the shipper was looking for other options to offload the corn in Lebanon or elsewhere.

The agreement to resume the shipments from Ukraine, brokered by the UN and Turkey, was reached late last month. Kiev previously accused Moscow of blockading its ports, while Russia insisted that vessels could not sail due to Ukrainian naval mines.

Syria and Russia have had close ties since the Soviet times. Russian warplanes operate out of the country’s Khmeimim air base during missions against Islamist terrorist groups, while Tartus is a point of service for the Russian Navy. In June, Syria became the second country after Russia to recognize the independence of the Donetsk and Lugansk People’s Republics, which broke away from Ukraine in 2014.

posted by ZUKUNASHI at 14:54| Comment(0) | 国際・政治

ツイッターで憂さ晴らしをしても得るものはない

コロナワクチンの害を指摘する見解が増え、一向に高水準の感染者数が減らない、死者が増加傾向などの状況で国民の迷い、不安が高まっているようです。子育て真っ最中とみられる女性などのツイートにマスクに対する否定的傾向の高まりも見られます。
今、国民10人中2人程度が感染履歴を有しているとみられますが、この様子ですと、感染履歴のある者の割合はさらに上がり、後遺障害を有する人も増えていくでしょう。
大変な状況になっていくでしょう。

2022年08月25日
ここまで緩んでいる 医者殺し!
国民に自己努力で感染防止を求めるのは限界に来ていますね。



ワクチンの害は、昨年辺りから海外の情報で出ていたと記憶します。このブログでは目に付くたびに転載してきました。

緊急承認の抗ウィルス薬の危険性も早くから指摘されています。

ワクチンを打つのも緊急承認の抗ウィルス薬を服用するのも、この国ではしないことも含めてどちらも選択できます。

後で危険性の情報を知ったからと言って発信者に突っかかるのは、その人の情報収集不足以外の何物でもない。

2022年08月10日
書かれていることが不快だからと言って突っかかって来られても

管理人のツイッターでのフォロー先は143アカウントです。半分以上が外国人のものです。もっぱら政治問題を扱うものも多い。それでも必要なコロナ関係の情報は入手できています。

政府や大手マスコミの発信情報に疑いをはさむことのない人、人よりも感度が高いことを誇る人が、今回はとんでもない誤算に追い込まれています。

これからワクチン多数回接種者の中に、仮に、急死者が多発するようになると、国民の中から怨嗟の声が強まり、政府が非難されるでしょうか?

私にはそうは思えないです。公式情報に対する感度の高い人たち、政府に対する信頼の厚い人たちは、急死を別の原因に求めるでしょう。自分の落ち度を認識したくないですから。

ですから、それらの不幸に見舞われた人に対してワクチンとの関連に言及することは、タブー中のタブーになります。

おそらくツイッターなどでも、そのような発言は集中攻撃を受けることになるでしょう。実名を示している方は、リアルの世界でも危険な思いをするかもしれません。

ワクチンを接種していない人は、これからは接種の有無について語ることはやめたほうが良いです。

SNS情報は手軽に入って便利ですが、率直に言って信頼に足る情報源は10分の一、20分の一です。それ以下かもしれません。

無駄な情報、マイナスの情報に導かれて間違わないように注意が必要です。ある意味、SNS情報のほとんどは、一般の人が重要な判断をする上では使ってはいけないともいえると思います。
posted by ZUKUNASHI at 14:43| Comment(0) | Covid19

ファイザー社のPaxlovidの有効性が疑問視されている



Efficacy of Pfizer’s Covid-19 pill questioned
An Israeli study has indicated the medication is of little measurable benefit to patients in the 40-65 age bracket

A Covid-19 pill lauded by the World Health Organization (WHO) may be of little or no benefit to patients aged between 40 and 65, a new study by Israeli researchers has suggested. The medication, made by Pfizer and sold under the trade name Paxlovid, has proven effective in those aged over 65, however.

Published in the New England Journal of Medicine on Wednesday, the study involved 109,000 patients who had received Paxlovid. After analyzing different age brackets, the scientists concluded that the treatment did little to improve the conditions of patients aged 40 to 65. At the same time, the medication reduced the number of hospitalizations among seniors by approximately 75%, if given shortly after contracting Covid-19.

The analysis, however, is based on data obtained from the Israeli health system as opposed to observing patients in a randomized study with a control group – something which represents a departure from practices held as the standard for such research, AP pointed out.

No official comment from Pfizer has been forthcoming as of yet.

The US Food and Drug Administration authorized Paxlovid late last year for adults and children over 12 who suffer from chronic conditions like obesity, diabetes and heart disease. According to federal records cited by AP, over 3.9 million prescriptions for the medication have been issued since the drug was given the green light.

The Biden administration has been placing particular emphasis on Paxlovid in the hope of reducing the number of hospitalizations. US authorities are said to have shelled out some $10 billion to procure the drug, which is being made available to the public at thousands of pharmacies through the government’s test-and-treat initiative.

In an emailed statement on Wednesday, White House spokesperson Kevin Munoz cited several other studies which indicate that Paxlovid helps reduce hospitalizations among people 50 and older. That research, however, has yet to be published in peer-reviewed journals, AP noted.

The official was quoted as saying that the “growing body of evidence is showing that individuals between the ages of 50 and 64 can also benefit from Paxlovid.”
ファイザー社のCovid-19の有効性が疑問視されています。
イスラエルの研究により、この薬は40-65歳の患者にはほとんど効果がないことが示された。

世界保健機関(WHO)が賞賛するCovid-19ピルは、40歳から65歳の患者にはほとんど、あるいは全く効果がない可能性があることが、イスラエルの研究者たちによる新しい研究で示唆されている。ファイザー社が製造し、パックスロビドという商品名で販売されているこの薬は、しかし、65歳以上の患者には有効であることが証明されている。

水曜日のNew England Journal of Medicine誌に発表されたこの研究は、パックスロビドを投与された109,000人の患者を対象としたものである。異なる年齢層を分析した結果、この治療法は40歳から65歳の患者さんの状態をほとんど改善しなかったと結論づけられました。一方、高齢者では、Covid-19に感染した直後に投与した場合、入院を約75%減らすことができました。

しかし、この分析は、対照群を設けた無作為化試験で患者を観察するのではなく、イスラエルの医療システムから得られたデータに基づいており、このような研究の標準とされる慣行から逸脱しているとAP通信は指摘している。

ファイザー社からの正式なコメントはまだ出ていない。

米国食品医薬品局は昨年末、肥満、糖尿病、心臓病などの慢性疾患を患う12歳以上の大人と子どもを対象にパックスロビドを認可した。AP通信が引用した連邦政府の記録によると、この薬が認可されて以来、390万以上の処方箋が発行されている。

バイデン政権は、入院患者数の減少を期待してパックスロビドを特に重視している。米国当局は、この薬を調達するために約100億ドルを費やしたと言われており、政府の試験治療イニシアチブを通じて、数千の薬局で一般に販売されている。

ホワイトハウスのケビン・ムノス報道官は、水曜日に電子メールで発表した声明の中で、パックスロビドが50歳以上の入院を減らすのに役立つとする他のいくつかの研究結果を引用した。しかし、その研究はまだ専門誌に発表されていない、とAP通信は指摘している。

この報道官は「50歳から64歳までの個人もパクスロビドから利益を得られることを示す証拠が増えつつある」と述べたと引用されています。
Deeplによる翻訳
posted by ZUKUNASHI at 14:04| Comment(0) | Covid19

Ukraine 'kill list




posted by ZUKUNASHI at 13:54| Comment(0) | 国際・政治

ここ数日、医療従事者がとても忙しそうな感じを

posted by ZUKUNASHI at 13:13| Comment(0) | Covid19

0000

posted by ZUKUNASHI at 11:33| Comment(0) | 国際・政治

ファーウェイの創業者が世界の景気減速を予測


中国の大手通信事業者ファーウェイの創業者が、世界的な景気減速を警告し、生き残るために気を引き締めるように言っている。
さあ、始まるぞ。
CEOの任正非は、流出した社員のみに宛てた電子メールの中で、3年から5年の間は「世界に明るい話題はない」と警告している--非常に辛い歴史的な時期である..." 。

‘No bright spot in the world’: The founder of Huawei warns of painful global slowdown and tells company to brace for ‘survival’
中国の通信大手ファーウェイの創業者が、同社と世界経済にとって厳しい時代が来ることを社員に警告し、中国で最近話題になっている人物である。

CEOの任正非は、社員向けに流出した電子メールの中で、3年から5年の間は「世界に明るい話題はない」、つまり世界経済が衰退する「非常に苦しい歴史的な時期」になると警告している。この発言は、中国の金融専門誌「Yicai」が最初に報じ、その後、同サイトや他の現地メディアから削除された。

今後10年間、ロシアのウクライナ戦争やCOVID-19の流行により、世界経済の状況は悪化の一途をたどるという。

その結果、世界第3位のスマートフォンメーカーであるファーウェイは、規模拡大や拡張に注力するのではなく、利益確保とキャッシュフロー確保のために「サバイバルモード」に軸足を移さなければならない、と同氏は述べています。

「この寒さは誰もが感じることだろう」と任は言う。
サバイバル・モード

任の発言は、彼の会社、そして彼の国にとって残酷な1年の中でなされた。ロイターの計算によると、今年上半期、ファーウェイの利益は52%減の20億ドルに落ち込んだ。

同社は、中国経済の低迷、不動産危機の深刻化、政府の「ゼロ・コヴィッド」の厳格な追求によって悪化した長引くパンデミックの混乱に加え、消費者ビジネスの継続的な低迷など、複数の逆風と戦ってきたのです。

中国国内企業も同様に、前途多難な状況に直面しています。中国国内企業も同様に厳しい局面に立たされている。北京市は従来の経済成長率目標である5.5%をほぼ放棄し、直近の政治局(政府の最高意思決定機関)会議では、「最高の結果を得る」ことだけを目指していると述べている。国際通貨基金(IMF)は最近、中国の2022年の成長率を3.3%に引き下げ、過去40年間で最低の水準とした。

ファーウェイにとって、「まず生き残ること、その後に未来を語ることができる」と任は語った。「2025年までに少しでも希望を持ちたいのであれば、まず、非常に困難な今後3年間を乗り切る方法を見つけるべきでしょう」。

ファーウェイはフォーチュン誌のコメント要請にすぐには応じなかった。

スマートフォンや通信の大手企業は、クラウドコンピューティングやスマートカーなどのコアビジネスに集中すべきだと、創業者は述べている。ファーウェイは非中核的な分野や市場から撤退し、必要に応じて雇用を削減する必要があると、同氏は付け加えた。

「今後数年間で価値と利益を生み出せない事業は、縮小または閉鎖する必要があります。迅速に削減する必要があり、余剰人員はこの予測に合わせて調整する必要がある」と記した。
Deeplによる翻訳
posted by ZUKUNASHI at 09:43| Comment(0) | 国際・政治

中国は 宗教は人類の進歩の障害であると主張している


posted by ZUKUNASHI at 09:38| Comment(0) | 国際・政治

欧州の狂気 これは後を引く

posted by ZUKUNASHI at 09:30| Comment(0) | 国際・政治

Zaporozhye原子力発電所でセキュリティシステムが作動-関係者

Security systems activated at Zaporozhye nuclear power plant – officials
The pro-Russian local administration said the power outage was caused by fires started by Ukrainian shelling
Security systems have been activated at the Zaporozhye nuclear power plant after a power outage, which temporarily left the facility without electricity, members of the Russia-backed administration in the Ukrainian region have claimed.

The plant has since been connected to an alternative source of power, according to officials.
The blackout is said to have been caused by massive wildfires in the area, which were started by Ukrainian shelling, theу said.

Fires, which have engulfed parts of the steppe and woods surrounding the city of Energodar, led to short-circuits in the local grid, leaving not only parts of Zaporozhye region without power, but also the neighboring Kherson region.

The head of the pro-Russian military-civil administration of Energodar, Yevgeny Balitski, has been quoted by media as saying: “according to preliminary information, because of massive shelling by the Ukrainian armed forces, which has continued since last night, fields and undergrowth caught fire. This led to a short-circuit in the grid.”

Meanwhile, Ukraine’s state-owned Energoatom company, which is the operator of the power plant, has issued a statement saying Russia’s actions have “resulted in the complete disconnection of the Zaporozhye Nuclear Power Plant from power supply – for the first time in history.”

The Zaporozhye Nuclear Power Plant is the largest facility of its kind in Europe. It was seized by Russian forces in early March, soon after Moscow launched its military offensive against Kiev. Since then, the country’s National Guard and Nuclear, Biological and Chemical Defense Troops have been guarding the site, with Ukrainian staff continuing to operate the plant.

Over the past month, Russia has repeatedly accused Ukrainian forces of shelling the nuclear power plant, damaging some of the equipment and buildings. Moscow has warned that Kiev is risking a nuclear incident on a similar scale as the 1986 Chernobyl disaster or even worse.

Ukraine, in turn, strongly denies its military is targeting the facility, and accuses Russian troops of deliberately shelling the plant to frame pro-Kiev forces. Moreover, Ukrainian officials and some of their Western supporters claim that Russia is using the plant as a military base, hiding its personnel and hardware on its grounds.

Russian officials, for their part, have repeatedly called on the International Atomic Energy Agency (IAEA) to send inspectors to the facility, saying that such a mission would corroborate Moscow’s version of events.

親ロシア派の地元政権は、停電はウクライナの砲撃による火災が原因であると発表した。
ザポロジェ原子力発電所で停電が発生し、一時的に電力が供給されなくなった後、セキュリティシステムが作動したと、ウクライナでロシアを支持する政権のメンバーが主張している。

関係者によると、原発はその後、代替電源に接続されたという。
停電は、ウクライナの砲撃によって発生した大規模な山火事によって引き起こされたとу。

エネルゴダール市を囲む草原や森の一部を焼き尽くした火災は、地域の送電網のショートにつながり、ザポロジェ州の一部だけでなく、隣接するケルソン州も停電になった。

エネルゴダール市の親ロシア派の軍民行政の責任者であるエフゲニー・バリツキー氏は、メディアの報道を引用して次のように述べている。「予備的な情報によると、昨夜から続いているウクライナ軍による大規模な砲撃のため、畑や下草に火がついた。これが送電網のショートにつながった "と述べた。

一方、発電所を運営するウクライナの国営エネルゴアトム社は、ロシアの行為により、"ザポロジェ原子力発電所が電力供給から完全に切り離される結果となった-史上初めて "との声明を発表している。

ザポロージエ原子力発電所は、この種の施設としてはヨーロッパで最大のものである。モスクワがキエフへの軍事攻勢を開始した直後の3月上旬にロシア軍に奪取された。それ以来、同国の国家警備隊と核・生物・化学兵器防衛隊が現場を守り、ウクライナ人スタッフが発電所の運営を続けている。

この1カ月間、ロシアはウクライナ軍が原子力発電所を砲撃し、一部の設備や建物を損傷させたと繰り返し非難している。モスクワは、キエフが1986年のチェルノブイリ原発事故と同規模、あるいはそれ以上の原発事故を起こす危険性があると警告している。

一方、ウクライナは、自国軍がこの施設を標的にしていることを強く否定し、ロシア軍が親キエフ派を罠にかけるために故意に原発を砲撃したと非難している。さらに、ウクライナ政府関係者や欧米の一部の支持者は、ロシアが同工場を軍事基地として利用し、その敷地内に人員や機材を隠していると主張している。

ロシア側は、国際原子力機関(IAEA)に査察官を派遣するよう繰り返し要請しており、そうすればモスクワ側の言い分が裏付けられるとしている。

次のツイートは、BBCを引用。ロシアのRTのほうが最新情報を伝えています。



posted by ZUKUNASHI at 09:24| Comment(0) | 福島原発事故

2022年08月25日

ウクライナ兵がロシア兵捕虜の膝を打ち抜く

posted by ZUKUNASHI at 23:43| Comment(0) | ウクライナ