ずくなしの冷や水

2022年07月25日

クリミア・コンゴ出血熱がスペインに上陸

posted by ZUKUNASHI at 22:08| Comment(0) | 健康・病気

サル痘の患者 国内で初確認


サル痘の患者 国内で初確認 厚生労働省

東京都の小池知事は25日夜、記者団に対して、「本日、欧州から戻った海外渡航歴のある30代の男性が、国内で初めてサル痘の患者として確認された。都の健康安全研究センターの検査で判明した。患者は現在、都内の医療機関に入院中だ」と述べました。

posted by ZUKUNASHI at 21:27| Comment(0) | サル痘

医療崩壊はこれまでのピークと同じレベル

医療崩壊が第6波のピーク時に似てきているようです。
このブログのアクセス傾向が同じような傾向を示しています。
医療崩壊は、大阪だけではありません。

いろいろ情報が多くて頭が痛くなっています。コロナに感染したのかもしれません。

政府の委員会は、コロナ対策でお手上げ状態。対策を自主努力に投げました。

人ごみの空間を避ける。
距離、換気、マスクは基本中の基本
管理人の薬箱からは、少し持ち出しが増えています。来日した身内に渡しました。KF94もだいぶ減りました。
基本はイベルメクチンです。基準量で飲めば大きな副作用は少ないようです。

BA.5は症状が人によって様々です。
2022年07月25日
BA.5もこんなに壮絶ですよ これでは死ぬ

ワクチンの追加接種はしない。
ワクチン接種した場合の後遺症の防止、軽減策がないか、これまでに集めた情報を検討する予定。

感染者は、免疫ができますので、感染しにくくなるはずですが、再感染、再々感染の例があります。

感染者の後遺障害の防止、軽減策も検討が必要です。感染したら、とにかく早くウィルスを体内から追い払うことが重要だろうと考えます。抗ウィルス薬は有効なはずです。
posted by ZUKUNASHI at 20:52| Comment(0) | Covid19

BA.5もこんなに壮絶ですよ これでは死ぬ







神奈 川崎市 宮前区からとあります。


posted by ZUKUNASHI at 20:17| Comment(0) | Covid19

オデッサ港を攻撃したのは誰か


Ukraine claims Russia targeted major port city
The alleged attack did not damage grain storage at the facility, according to the Ukrainian military

Ukraine has claimed that Russia launched a cruise missile strike on the port of Odessa, a major trade hub in the country's southwest. The claim, made by the Ukrainian military and officials, comes a day after a UN-brokered deal to unblock the nation's grain exports was reached.

At least four cruise missiles were used to target the facility, a spokesman for the Odessa military administration, Sergey Bratchuk, said. Two of the projectiles were intercepted, while the two others hit the port’s infrastructure, he claimed.

Footage circulating online purports to show a plume of smoke rising above the port, as well as an object appearing to be a small boat on fire. Other images show an apparent explosion of an anti-aircraft rocket in the sky above the city.

Russia deliberately targeted the grain silos at the port, a spokeswoman for Ukraine’s ‘South’ command, Natalya Gumenyuk, claimed. Still, the grain storage was not damaged and the port did not sustain “significant damage.”

Moscow has so far remained silent on the latest claims from Kiev. Russia has repeatedly stated that it exclusively strikes military targets in the ongoing conflict, which broke out in late February.

Turkish Defense Minister Hulusi Akar said Ankara had discussed the incident with both Moscow and Kiev. “Russians told us that they had absolutely nothing to do with this attack and that they were examining the affair very closely and in detail,” Akar revealed.

Ukraine’s accusations come one day after representatives of Ukraine, Russia, the UN, and Turkey signed a deal to unblock exports of grain, food, and fertilizers from Ukrainian ports.

The “reported strikes” have already been “unequivocally” condemned by the UN. “Yesterday, all parties made clear commitments on the global stage to ensure the safe movement of Ukrainian grain and related products to global markets. These products are desperately needed to address the global food crisis and ease the suffering of millions of people in need around the globe,” Farhan Haq, a spokesman for UN Secretary-General Antonio Guterres said.

The EU has condemned the alleged strike as well, with the bloc’s top diplomat Josep Borrell taking to Twitter to call out Moscow.

“Striking a target crucial for grain export a day after the signature of Istanbul agreements is particularly reprehensible and again demonstrates Russia’s total disregard for international law and commitments,” Borrell asserted.

ウクライナ軍によると、攻撃とされる攻撃は施設の穀物保管庫に損害を与えなかったという。

ウクライナは、ロシアが同国南西部の主要貿易拠点であるオデッサ港に巡航ミサイルを発射したと主張している。この主張は、ウクライナ軍と政府関係者によってなされたもので、国連の仲介により同国の穀物輸出の停止を解除する合意が成立した翌日に行われた。

オデッサ軍政部のセルゲイ・ブラチュク報道官は、少なくとも4発の巡航ミサイルがこの施設を標的として使用されたと述べた。そのうち2発は迎撃され、残りの2発は港のインフラに命中したという。

ネットに流れた映像では、港の上空に煙が立ち昇り、小舟のようなものが燃えているように見えるとされている。また、上空で対空ロケットが爆発しているように見える画像もある。

ロシアは港の穀物サイロを意図的に狙ったと、ウクライナの「南」司令部のナターリア・グメニュク報道官は主張した。それでも、穀物倉庫は破損せず、港も "大きな被害 "を受けなかったという。

モスクワは今のところ、キエフからの最新の主張に対して沈黙を守っている。ロシアは、2月下旬に勃発した紛争において、軍事目標のみを攻撃していると繰り返し表明している。

トルコのフルシ・アカル国防相は、アンカラがモスクワとキエフの両方とこの事件について協議したと述べた。「ロシア側は、今回の攻撃とは全く無関係であり、この件を非常に綿密に調査していると述べた」とアカールは明らかにした。

ウクライナの非難は、ウクライナ、ロシア、国連、トルコの代表者が、ウクライナの港からの穀物、食料、肥料の輸出をブロックしないようにする協定に署名した翌日に行われた。

報告されているストライキ」は、すでに国連によって「明確に」非難されている。「昨日、すべての当事者は、ウクライナの穀物と関連製品の世界市場への安全な移動を確保するために、世界的な舞台で明確なコミットメントを行った。アントニオ・グテーレス国連事務総長の報道官であるファルハン・ハックは、「これらの製品は、世界の食糧危機に対処し、世界中で困っている何百万人もの人々の苦しみを和らげるために、どうしても必要です」と述べた。

EUもこのストライキを非難しており、EUのトップ外交官であるジョゼップ・ボレル氏はツイッターでモスクワを非難した。

ボレルは、「イスタンブール協定調印の翌日に穀物輸出に重要なターゲットを攻撃することは特に非難されるべきで、国際法と約束を完全に無視するロシアの姿勢を再び示すものだ」と主張した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

Russia explains strike on major Ukrainian port
Moscow says its missile attack on Odessa targeted military infrastructure
Russia says it hit a military target during a Saturday strike on the Ukrainian port city of Odessa. The attack came a day after the signing of a UN-brokered deal to unblock grain exports from Ukrainian ports.

“The Kalibr missiles destroyed part of the military infrastructure in the port of Odessa,” Russia’s Foreign Ministry spokeswoman Maria Zakharova wrote on Telegram on Sunday.

The high-precision strike sent a Ukrainian military vessel to the bottom of the Black Sea, she added.

Zakharova was responding to comments by Ukrainian President Vladimir Zelensky, who described the attack as “barbarism” and claimed “Russian Kalibr missiles destroyed the very possibility of statements” on the need for dialogue and any agreements with Moscow.

The Russian Defense Ministry has yet to officially comment on the explosions that rocked Odessa, which is a major trade hub in the southwest of Ukraine. Throughout the conflict with Kiev, Moscow has insisted that it does not target civilians, only Ukraine’s armed forces and military infrastructure.

Turkey, which helped broker the agreement on releasing Ukraine’s grain supplies, said it has received assurances from the Russian military that “they had absolutely nothing to do with this attack and that they were examining the affair very closely and in detail.”

Kiev officials have claimed that four cruise missiles – two of which were intercepted – were used in the attack on Odessa. They allegedly targeted grain silos at the port, but failed to do significant damage.

Saturday’s incident came just a day after Russia and Ukraine, along with the UN and Turkey, signed a deal in Istanbul to unblock exports of grain, food, and fertilizers from Ukrainian ports that had been held up by the ongoing conflict.




posted by ZUKUNASHI at 19:43| Comment(0) | ウクライナ

え、3年後、孫を引き取らなければならないのか!



さて、身内にコロナ感染者が1名、ワクチン接種者の成人が3名いる。モデルナが2名、ファイザーが1名のはず。

ワクチンの後遺症の回避策を調べないといけない。BA.5感染後の後遺症も調べて対策を講じさせなければならない。

ウクライナ戦争による生活上の打撃も準備しなければならないが、こっちが先か。
posted by ZUKUNASHI at 13:15| Comment(2) | Covid19

子供がコロナで40度の高熱

posted by ZUKUNASHI at 12:23| Comment(0) | Covid19

セルビアの内相が外国情報機関からの圧力に抗すると明言

A major foreign intelligence service has been pressing Serbian Interior Minister Aleksandar Vulin over his attitude towards Russia and China, the official revealed on Saturday. The minister expects a large media campaign against him to kick off next week.

“One of the largest intelligence services in the world, if not the largest, told me that my stance was unacceptable and that if I do not change [it] and do not abandon the policy that I am pursuing ... then I will not be a member of the government and they will do absolutely everything to smear me,” Vulin told media outlet Pink.

A media campaign against him is expected to begin next week, Vulin claimed. Despite the pressure, the minister said he refused to cooperate in any way with the foreign spies. “I haven’t worked and won’t work for anyone except for the Serbian people, the Serbian state, and I won’t be completely loyal to anyone, except for the president of all Serbs, Aleksandar Vucic,” the minister said.

The condition was that I start working for this foreign intelligence service. I will not, even at the cost of my own life.


The minister also urged the country’s president to keep Serbia neutral, as well as to maintain good relations with Russia and China, regardless of external pressure.

Top Serbian officials have repeatedly said the country faced mounting foreign pressure amid the ongoing conflict between Russia and Ukraine. Belgrade, however, has refused to join any anti-Russian sanctions or other hostile acts by the collective West, maintaining that Serbia will continue pursuing its own interests, while keeping its long-standing ties with Moscow.

Vulin has taken a particularly strong position amid the ongoing crisis. Early in July, the minister said the US and the EU have been openly pressing Serbia into becoming “a NATO foot soldier” in order to become “someone who wants to engage in a conflict with Russia.”

“We are very clear: We will not engage in a conflict with Russia, we will not engage in other people’s wars, we will not be someone else’s foot soldiers,” he declared back then.
外国の大手情報機関が、セルビアのアレクサンダル・ヴーリン内相に、ロシアと中国に対する態度をめぐって圧力をかけていることが、土曜日に明らかになった。同大臣は、来週から大規模なメディアキャンペーンが始まると予想している。

世界最大とは言えないまでも、最大級の情報機関が、私の姿勢は容認できない、もし私が(姿勢を)改めず、私が追求している政策を放棄しなければ、私は政府の一員ではなくなる、彼らは私を中傷するために絶対にあらゆることをすると言ってきた」と、ヴリン氏はメディア「Pink」に語っている。

彼に対するメディアキャンペーンは来週にも始まる見込みだとヴーリン氏は主張した。このような圧力にもかかわらず、同大臣は、外国のスパイに一切協力することを拒否しているという。「私は、セルビア人、セルビア国家以外の誰のためにも働いていないし、これからも働かないし、全セルビア人の大統領であるアレクサンダル・ヴチッチ以外の誰にも完全に忠実にはならない」と同大臣は述べている。

その条件とは、私がこの外国の情報機関のために働き始めることであった。私は自分の命を犠牲にしてでも、そうしない。

同大臣はまた、同国の大統領に対し、セルビアの中立性を保つとともに、外圧にかかわらず、ロシアや中国との良好な関係を維持するよう求めた。

セルビアの高官は、ロシアとウクライナの紛争が続く中、同国が外圧の高まりに直面していると繰り返し述べてきた。しかし、ベオグラードは、西側諸国による反ロシア制裁やその他の敵対行為に加わることを拒否し、セルビアはモスクワとの長年の関係を維持しながら、自国の利益を追求し続けるという姿勢を貫いている。

危機が続く中、ヴーリン大臣は特に強い立場をとっている。7月初め、同大臣は、米国とEUがセルビアに公然と圧力をかけ、「ロシアとの紛争に関与したい人物」になるために「NATOの歩兵」になるよう迫ってきたと述べた。

"我々は非常に明確である:我々はロシアとの紛争に関与しない、我々は他人の戦争に関与しない、我々は他人の歩兵にならない "と彼は当時宣言した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 08:02| Comment(0) | 国際・政治

ロシアは制裁解除を求めていない-ラブロフ

Russia not asking for sanctions removal – Lavrov
Western states should fix the food problems their restrictions have created, foreign minister says
Moscow is not asking for the lifting of sanctions, but urges Western states to fix the problems they have created on the global food market, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said on Sunday.

“We are not asking for the removal of sanctions – those are problems that deserve to be dealt with separately. We will simply develop our economy now by counting on reliable partners and not on those who have once again proved their total incapacity…

As far as food is concerned, our Western colleagues... should remove the obstacles they themselves have created,” the diplomat said after talks with his Egyptian counterpart, Sameh Shoukry, in Egypt.

He noted that Moscow would not have agreed to Friday’s deal unblocking Ukraine’s grain exports if the issue of freeing up Russian exports had not been resolved. Moscow is now counting on the UN to stick to its promise and assist in removing restrictions holding back Russian grain shipments.

“Those illegitimate restrictions that were imposed… prevented operations with Russian grain, including insurance, including the admission of our ships to foreign ports and foreign ships’ entry into Russian ports,” Sergey Lavrov said.

“After the signing of agreements in Istanbul at the initiative of the UN Secretary General, he volunteered to seek the removal of these illegitimate restrictions. Let's count on him to succeed,” the foreign minister added.

Lavrov recently accused the West of intentionally “keeping silent” about the impact of Ukraine-related sanctions on Russia’s exports.

At a news conference last month, he said: “There is a problem with the export of Russian grain. Although the West loudly reminds everyone that grain is not subject to sanctions, for some reason they are bashfully silent about the fact that ships carrying Russian grain are subject to sanctions. They are not accepted in European ports, they are not insured, and, overall, all logistics and financial matters, which are associated with the supply of grain to the world markets, are under sanctions of our Western colleagues.”

Representatives of Ukraine, Russia, the UN and Turkey signed a deal to unblock exports of grain, food, and fertilizers from Ukrainian ports on Friday. In addition to the agreement, Russia and the UN signed a memorandum implying UN involvement in lifting restrictions on the export of Russian grain and fertilizers to world markets.
西側諸国は、彼らの規制が引き起こした食糧問題を解決すべきと外相が発言
セルゲイ・ラブロフ外相は日曜日に、モスクワは制裁の解除を要求していないが、西側諸国は彼らが世界の食糧市場に作り出した問題を解決するよう促していると述べた。

「我々は制裁の解除を要求しているわけではない-それは個別に対処されるべき問題である。我々は、再び彼らの完全な無能力を証明した相手ではなく、信頼できるパートナーに頼ることによって、今、単に我々の経済を発展させるだろう...。

食料に関する限り、西側諸国は...彼ら自身が作り出した障害を取り除くべきだ」と、エジプトでのサメ・シュクリ首相との会談後に外交官は述べた。

彼は、もしロシアの輸出を自由にするという問題が解決されていなければ、モスクワは金曜日のウクライナの穀物輸出のブロック解除に同意しなかっただろうと指摘した。モスクワは現在、国連が約束を守り、ロシアの穀物輸送を妨げている制限の撤廃を支援することを期待している。

「セルゲイ・ラブロフは、「非合法な制限を課されたことで、ロシア産穀物による操業が妨げられました。

「国連事務総長の主導でイスタンブールで協定に調印した後、彼はこれらの違法な制限の撤廃を求めることを志願した。彼が成功するよう期待しよう」と外相は付け加えた。

ラブロフは最近、ウクライナ関連の制裁がロシアの輸出に与える影響について、西側諸国が意図的に「沈黙を守っている」と非難した。

先月の記者会見で、彼はこう言った。「ロシアの穀物輸出に問題がある。西側諸国は、穀物は制裁の対象にはならないと声高に念を押しているが、なぜかロシアの穀物を積んだ船が制裁の対象になることについては、恥ずかしげもなく沈黙している。ヨーロッパの港では受け入れられず、保険にも入れず、全体として、世界市場への穀物供給に関連するすべての物流と金融の問題は、西側諸国の同僚たちの制裁下にあるのです。"

ウクライナ、ロシア、国連、トルコの代表は、金曜日に、ウクライナの港からの穀物、食料、肥料の輸出をブロック解除する協定に署名した。この協定に加え、ロシアと国連は、ロシアの穀物と肥料の世界市場への輸出制限の解除に国連が関与することをほのめかす覚書に署名した。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 06:38| Comment(0) | 国際・政治

The US wants to use China's neighbors against it

The US wants to use China's neighbors against it – will the plan succeed?
Western powers have never treated the island countries seriously – but now they want a foothold against Beijing
Last week, US Vice President Kamala Harris gave a video address to the Pacific Islands Forum – a multilateral meeting consisting of the archipelago nations of the South Pacific, commonly grouped as ‘Polynesia’ and ‘Melanesia’. In the exchange, Harris vowed to increase US cooperation with the island nations, warned of ‘bad actors’, and pledged to re-open US embassies in Tonga and Samoa, an illustrative example of how the US previously failed to take the region seriously – until Washington figured out it needed a foothold against Beijing, of course. Notably, the island nation of Kiribati did not attend the meeting, a move which was later blamed on Beijing. Later, China itself held their own meeting with the members of the forum.

If it wasn’t apparent already, a serious battle for influence and political dominance has opened up between major powers across the South Pacific. Although depicting China as the aggressor or expansionist, the US and Australia nominally see this region as a strategic ‘backyard’. Having won military dominance over the Pacific in the Second World War, Washington, and by extension, Canberra, understand unbridled dominance over these island nations as a prerequisite to their own global hegemony. It is a publicly stated ambition of US foreign policy to prevent China, now seen as its largest geopolitical opponent, from attaining military parity over the ‘first’ and ‘second’ island chains of the Pacific – if America lost primacy over them, it would lose its ability to project power into Asia at large.

Earlier this year, China stunned the US and Australia with a diplomatic blitz through the Pacific that saw it sign a landmark security pact with the Solomon Islands, as well as wrapping up a number of agreements with other nations. Washington and Canberra have since responded by whipping up alarm through the establishment media, claiming that China was aiming to build a military or naval base on the islands. This soon led to threatening rhetoric being publicly vented towards the Solomon Islands. Since then though, the US and Australia have pushed their own diplomatic offensive towards the island countries, as well as the conspicuous launch of yet another anti-China focused multilateral grouping, titled the ‘Establishment of the Partners in the Blue Pacific’, also joined by the UK and Japan.

All these efforts are not likely to change a lot. First of all, whether the US and Australia like it or not, these island countries do not want to be politically dominated by any specific power. They do not see benefit in being subjected to a long-term ‘backyard’ status, especially to countries that have failed to show serious regard for their national interests or development in years gone by. Secondly, there is nothing the US and its allies can do to change the perception that China represents a highly beneficial development partner for such countries and offers large-scale opportunities. When China finalized the security deal with the Solomon Islands, it also announced that 98% of the island’s exports to China would be made tariff free. With China being the world’s largest market, and the Solomon Islands having a population of over 686,878 (less than even a small-tier Chinese city), such an arrangement is a no-brainer.

This leads to the next point. China is directly appealing to the interests of Pacific Island countries with a view to advancing their economic status, providing infrastructure and export markets. The US, Australia, and co. are not. In fact, their only purpose in seeking to re-engage these countries is solely to counter China and advance their ideological goals, as illustrated by VP Harris brandishing the words ‘bad actors’ – but there is little evidence that the Pacific Island countries see China as one. Beijing pledges to respect their national sovereignty, which is why the security deal with the Solomon Islands was, much to the chagrin of Washington and Canberra, a popular arrangement which the Solomons see as an opportunity to wean themselves off their own longstanding dependency on Australia and the Commonwealth. China is not, contrary to how the media portrays it, ‘forcing itself’ on the Pacific, but is being welcomed, yet quite clearly the other side is attempting to force the island nations to choose, and then wondering why their diplomatic overtures are being ignored.

In conclusion, the island nations of the Pacific are seeking balance, not subordination to hegemony. It is a crude irony of course that the US and its partners insist that nations such as Ukraine have the right to make their own sovereign decisions concerning countries they align and partner with, but small island nations such as the Solomons, which dare to choose China, seemingly do not. In practice, however, such islands recognize their own development can be bolstered by choosing multiple partners, as opposed to simply accepting a humble existence as a backyard to Australia, a country which is unable to provide them with economic opportunities competitive with what China has to offer.

欧米列強はこれまで島国をまともに扱わなかったが、今は北京に対抗する足がかりを得ようとしている
先週、カマラ・ハリス米副大統領は太平洋諸島フォーラムでビデオ演説を行った。太平洋諸島フォーラムは、一般に「ポリネシア」と「メラネシア」と呼ばれる南太平洋の群島国家で構成される多国間会議である。その中でハリス氏は、島国との協力を強化することを誓い、「悪者」に警告し、トンガとサモアのアメリカ大使館を再開することを約束した。もちろん、北京に対する足場が必要だとわかるまでは、アメリカが以前いかにこの地域を真剣に考えていなかったかを示す好例である。注目すべきは、島国であるキリバス共和国がこの会議に出席しなかったことだ。この動きは後に北京のせいとされた。その後、中国自身がフォーラム参加国との会議を開いた。

南太平洋の大国間で、影響力と政治的優位をめぐる深刻な戦いが始まっていることは、まだ明らかではないだろう。中国を侵略者あるいは拡張主義者として描いてはいるが、米国とオーストラリアは名目上、この地域を戦略的な「裏庭」と見なしている。第二次世界大戦で太平洋の軍事的支配を勝ち取ったワシントン、ひいてはキャンベラは、これらの島国に対する野放図な支配が、自らの世界覇権の前提条件であると理解している。今や最大の地政学的敵対者とみなされている中国が、太平洋の「第1」「第2」列島線に対して軍事的な同等性を獲得するのを阻止することは、アメリカの外交政策の公然たる野望である。

今年初め、中国はソロモン諸島と画期的な安全保障条約を締結し、他の国々とも多くの協定を結ぶなど、太平洋を舞台に外交を展開し、米国とオーストラリアを驚かせた。それ以来、米国とキャンベラは、中国がソロモン諸島に軍事・海軍基地を建設しようとしていると、既存のメディアを通じて警戒心を煽るようになった。その結果、ソロモン諸島に対する脅迫的な言動が公然と行われるようになった。しかし、その後、米国とオーストラリアは、島嶼国に対して独自の外交攻勢をかけ、また、英国と日本が参加する「青い太平洋のパートナーズの設立」という反中国的な多国間グループの発足が目立った。

このような努力は、大きな変化をもたらすことはないだろう。まず第一に、米国とオーストラリアが好むと好まざるとにかかわらず、これらの島国は特定の勢力に政治的に支配されることを望んでいない。特に、過去何年にもわたって自国の国益や発展に真剣な関心を示さなかった国に対して、長期にわたって「裏庭」のような状態に置かれることにメリットを感じないのである。第二に、米国とその同盟国は、中国がこれらの国々にとって非常に有益な開発パートナーであり、大きな機会を提供しているという認識を改めることはできない。

中国はソロモン諸島との安全保障協定を締結した際、ソロモン諸島の対中輸出の98%を無関税化すると発表した。中国は世界最大の市場であり、ソロモン諸島の人口は686,878人(中国の小都市よりも少ない)であるから、このような取り決めは当然のことである。

これは次のポイントにつながる。中国は、太平洋島嶼国の経済的地位の向上、インフラや輸出市場の提供を視野に入れ、その利益に直接訴えかけている。米国やオーストラリアなどはそうではない。実際、ハリス副大統領が「悪役」という言葉を振りかざしたように、彼らがこれらの国と再び関わりを持とうとする唯一の目的は、中国に対抗し、自分たちのイデオロギー的目標を推進することにあるのだが、太平洋諸島の国々が中国をそう見ているという証拠はほとんどないのだ。北京は国家主権を尊重すると約束している。だからこそ、ソロモン諸島との安全保障協定は、ワシントンとキャンベラを大いに悩ませたが、ソロモン諸島がオーストラリアと英連邦への長年の依存から脱却する機会として人気のある協定となったのだ。中国は、マスコミの報道とは逆に、太平洋に「押し付ける」のではなく、歓迎されている。しかし、明らかに相手側は、島嶼国に選択を迫り、なぜ自分たちの外交的働きかけが無視されるのか不思議に思っているのだ。

結論として、太平洋の島国はバランスを求めているのであって、覇権主義に従属しているのではない。もちろん、米国とそのパートナーは、ウクライナのような国には同盟国やパートナー国について自分たちの主権で決定する権利があると主張するが、ソロモン諸島のような小さな島国は、あえて中国を選択しようとするが、そうではないように見えるのは、下品な皮肉である。しかし、実際には、中国に勝るとも劣らない経済機会を与えられないオーストラリアのバックヤードという卑しい存在ではなく、複数のパートナーを選択することで、自国の発展が促進されることを認識しているのであろう。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 05:56| Comment(0) | 国際・政治