ずくなしの冷や水

2022年07月22日

2022年食糧危機

Russia taking ‘all measures’ to deliver food to Africa
Foreign Minister Lavrov says Moscow is doing everything to deliver vital supplies
Russia will deliver the contractually promised food, fertilizer, energy and other commodities to its African friends, despite the difficulties created by Western sanctions, Foreign Minister Sergey Lavrov assured the continent in an op-ed published across major African outlets on Friday. Western and Ukrainian propaganda accusing Moscow of trying to starve Africa is unfounded and seeks to deflect their own blame, he said.

“We are well aware of the importance of Russian supplies of socially important commodities, including food, to many countries around the world. We are mindful that these supplies play an important role in preserving social stability,” Lavrov said.

Kiev has accused Moscow of “blockading” Ukrainian ports in the Black Sea and not allowing an estimated 20 million tons of grain to be shipped to customers around the world. Russia has repeatedly pointed out that the ports had been mined by Ukrainian government forces, and that the Russian Navy has offered to safely escort all grain ships.

The US and its allies insist that their embargo against Russia in the name of supporting Ukraine does not apply to grain and fertilizers. However, as Lavrov pointed out in an interview with RT and Sputnik earlier this week, the sanctions have denied insurance to Russian ships while blocking foreign vessels from Russian ports, effectively cutting off supplies to Africa by sea.

Western sanctions have “further exacerbated negative trends” in global commodity markets that began during the Covid-19 pandemic, when the collective West flooded them with freshly printed money, according to Lavrov.

“It is essential that all our African friends understand that Russia will continue to fulfill in good faith its obligations under international contracts with regard to exports of food, fertilizers, energy and other goods vital for Africa,” the Russian foreign minister wrote, adding that Moscow is “taking all measures to this end.”

Lavrov reminded Africans that Russia is not “stained with the bloody crimes of colonialism” on the continent, but has instead “sincerely supported Africans in their struggle for liberation from colonial oppression,” over the years, including economic, military and educational assistance.

Russia “does not impose anything on anyone or tell others how to live,” Lavrov argued. “We treat with great respect the sovereignty of the States of Africa, and their inalienable right to determine the path of their development for themselves.”

Moscow's principle of “African solutions to African problems” is in stark contrast to the “master – slave” logic of the former colonial powers, the Russian diplomat noted.

Relations between Russia and African nations are “of an intrinsic value and do not depend on fluctuations in the international environment,” Lavrov pointed out in closing. “It is good to see that our African friends have a similar understanding.”

セルゲイ・ラブロフ外相は、金曜日にアフリカの主要な出版社に掲載された論説で、ロシアは、西側の制裁による困難にもかかわらず、アフリカの友人たちに契約で約束した食糧、肥料、エネルギー、その他の物資を届けると断言した。モスクワがアフリカを飢えさせようとしていると非難する西側とウクライナのプロパガンダは根拠がなく、自分たちの責任から目をそらそうとしている、と彼は言った。

「我々は、ロシアが世界の多くの国々に食糧を含む社会的に重要な物資を供給していることの重要性をよく認識している。我々は、これらの供給が社会の安定を維持する上で重要な役割を果たすことを念頭に置いている」とラブロフは述べた。

キエフは、モスクワが黒海にあるウクライナの港を「封鎖」し、推定2000万トンの穀物を世界中の顧客に出荷することを許可していないと非難している。ロシアは、港がウクライナ政府軍によって機雷で封鎖されていることを繰り返し指摘し、ロシア海軍がすべての穀物船を安全に護衛することを申し出ている。

米国とその同盟国は、ウクライナ支援の名目でロシアに対して行っている禁輸措置は、穀物や肥料には適用されないと主張している。しかし、ラブロフが今週初めにRTとスプートニクのインタビューで指摘したように、制裁によってロシア船への保険が拒否される一方で、ロシアの港から外国船が入港できなくなり、海上でのアフリカへの供給が事実上断たれることになった。

ラブロフ氏によれば、西側の制裁は、集団的な西側が印刷したばかりの貨幣で溢れさせたコヴィド19のパンデミックの間に始まった世界の商品市場の「負の傾向をさらに悪化させた」。

「ロシア外相は、ロシアが食糧、肥料、エネルギー、その他アフリカにとって不可欠な商品の輸出に関して、国際契約の義務を誠実に果たし続けることを、アフリカの友人たちに理解してもらうことが肝要だ、と書き、モスクワが「この目的のためにあらゆる措置をとっている」と付け加えた。

ラブロフは、ロシアがアフリカ大陸で「植民地主義の血なまぐさい犯罪に染まっていない」代わりに、長年にわたり、経済、軍事、教育支援を含め、「植民地の抑圧からの解放のための闘いでアフリカ人を心からサポートしてきた」とアフリカ人に念を押した。

ロシアは「誰かに何かを押し付けることも、他人に生き方を教えることもしない」とラブロフ氏は主張した。「我々は、アフリカ諸国の主権と、発展の道を自ら決定する侵すことのできない権利を尊重する。

モスクワの「アフリカの問題にはアフリカで解決」という原則は、かつての植民地主義国の「主人-奴隷」の論理とは全く対照的である、とロシアの外交官は指摘した。

ロシアとアフリカ諸国の関係は「本質的な価値を持っており、国際環境の変動に左右されない」とラブロフ氏は最後に指摘した。「アフリカの友人たちも同じように理解してくれているようで嬉しい」と締めくくった。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

Ukraine to remove mines blocking grain ships – NYT
A deal to resume wheat exports from Ukraine is expected to be reached on Friday
ニューヨーク・タイムズ紙が金曜日、キエフの政府筋の話として報じたところによると、ウクライナは黒海を経由して世界市場に輸出される小麦の通行を促進することに同意した。

国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、ロシアが2月に軍事攻撃を開始して以来、海上交通を妨げている機雷のうち「ごく一部」の除去にキエフが同意したと付け加えた。

この提案に基づき、ウクライナの海軍と沿岸警備隊は穀物船を国際水域に誘導することになると、報告書は説明している。

ロシアが2月末に隣国での軍事作戦を開始した後、主要輸出国であるウクライナからの小麦の出荷が中断された。両国は、輸出を妨げたことを互いに非難している。

報告書によると、外国人船員はトルコのイスタンブールまで船で行き、そこから他の目的地へ向かうという。イスタンブールには、オペレーションを監督するコントロールセンターが設置され、トルコの当局者は、船がウクライナへの武器運搬に使用されていないことをモスクワに保証するために船をチェックすることになるという。

2人のヨーロッパ高官は、金曜日にイスタンブールで行われる国連主催の協議で合意がなされることを楽観視していると述べたと引用された。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。


食糧供給に関しては、熱波や干ばつのほうが影響が大きいでしょう。輸送問題ではない。

Record heatwave threatens EU food security – Bloomberg
Corn crops are now at risk amid wider grain shortages

A record heatwave in some of Europe’s key farming regions has put this year’s corn harvest at risk, Bloomberg reported on Monday.

Corn crops are in the midst of flowering and adverse weather can lower the number of kernels that ultimately fill with grain. Temperatures in some areas of Europe have reached as high as 47 degrees Celsius, with Spain, France, Greece and Portugal particularly affected.

The EU normally imports large volumes of corn, which is mainly used as animal feed, from Ukraine, but this year the shipments have been constrained by the conflict. According to Bloomberg, this has driven up prices, with Paris corn futures up 11% in July and trading at a record for the time of year. Sunflower and soybean fields are also at risk from the hot, dry conditions, the publication adds.

Europe’s wheat harvest has also been affected by the unusually hot weather. Last week France, the EU’s top wheat exporter, said its soft-wheat output will drop by about 7% this year, to below the five-year average.

This comes amid reduced supplies of wheat and other grains from major producers Russia and Ukraine, amid the ongoing conflict between the countries. Other leading exporters, such as India and Kazakhstan, have restricted or banned their grain exports, citing domestic food security. The developments have triggered warnings of a possible global food crisis.
穀物不足が広がる中、トウモロコシの収穫が危うくなる

ブルームバーグは月曜日に、ヨーロッパの主要な農業地域のいくつかで記録的な熱波が発生し、今年のトウモロコシの収穫が危険にさらされていると報じた。

トウモロコシは開花の最中であり、悪天候は最終的に穀物で満たされる穀粒の数を減少させる可能性がある。ヨーロッパの一部の地域では気温が47度まで上昇し、スペイン、フランス、ギリシャ、ポルトガルが特に影響を受けている。

EUは通常、主に飼料として使用されるトウモロコシをウクライナから大量に輸入しているが、今年は紛争の影響で出荷が制限されている。ブルームバーグによると、この影響で価格が上昇し、パリのトウモロコシ先物は7月に11%上昇し、この時期としては過去最高値で取引されているという。ひまわりと大豆の畑も、高温で乾燥した条件によって危険にさらされていると、同誌は付け加えている。

ヨーロッパの小麦の収穫も、この異常な暑さの影響を受けている。先週、EUの小麦輸出国であるフランスは、今年の軟質小麦の生産量が約7%減少し、5年平均を下回ると発表した。

これは、ロシアとウクライナの紛争が続く中、主要生産国であるロシアからの小麦やその他の穀物の供給が減少していることに起因する。インドやカザフスタンといった他の主要輸出国は、国内の食糧安全保障を理由に、穀物の輸出を制限または禁止している。こうした動きは、世界的な食糧危機の可能性を警告する引き金となった。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 20:24| Comment(0) | 国際・政治

ロシアで舌が挟まったホッキョクグマがSNSで流されモスクワのチームが救出に成功

Russian scientists save tongue-tied polar bear
The plight of a female whose tongue was stuck captivated the Russian public

ロシア当局は木曜日、北極圏の遠隔地ディクソン集落に住むホッキョクグマを救うため、はるばるモスクワから獣医師団を派遣しました。メスはコンデンスミルクの缶に舌を挟まれ、ゆっくりと餓死していた。ディクソンの家のポーチで助けを求めるクマの動画は、今週ロシアで話題になった。

「この動画を撮影した空港職員のアレクサンダー・マカーキン氏は、ロシアのメディアにこう語った。「舌の半分が缶に詰まっていました。

クマは彼の家のポーチまで歩いてきて、Makarkinは彼女の口から缶を取り出そうとし、その瞬間を携帯電話のカメラに収めたのである。

モスクワ動物園の専門家チームは、ロシアの北極圏まで2,730キロの旅をしてきました。木曜日に到着すると、すぐにクマに麻酔をかけ、ひどく傷ついていた舌から金属缶をそっと取り除きました。モネトカ(コイン)と名付けられたメスは、その後、体力を回復するための点滴を受け、ヘリコプターでディクソンから空輸されました。

「ロシアの自然資源管理機関Rosprirodnadzorの責任者であるSvetlana Radionova氏は、自身のTelegramチャンネルで「ディクソン空港から約3キロのところで熊を発見しました。「私たちの専門家は、最初のショットで彼女を麻酔することに成功しました。彼女は10分以内に眠り、私たちは缶を取り除くことに成功しました。今、獣医師が切り傷がたくさんある彼女の舌を治療しています。"

このクマは2歳くらいのメスで、体重は90キロにも満たないことが判明した。ディクソンに駆けつけた獣医師の一人、ミハイル・アルシネツキーは、「彼女は何日も食べたり飲んだりすることができなかった」という。

「舌は損傷しているが、その下にある筋肉には影響がないため、回復する可能性が高い」とアルシネツキーは述べた。

ラディオノワは、舌の手当てができるまでクマを鎮静状態に保ち、その後空輸して町から離れ、約60-100キロ離れた荒野に置き、狩りができるようになるまで食べられる「魚の袋3つ」付きにする計画だと説明しました。「私たちは、彼女が大丈夫なように目を離さない」と彼女は付け加えました。

Rosprirodnadzorは、モスクワ動物園の獣医師長であるドミトリー・エゴロフが率いる救助隊を、マカルキンのビデオが話題になってから1日以内に組織しました。しかし、あいにくの悪天候のため、最も近い大都市ノリルスクで数時間待たされることになった。

ディクソンは、クラスノヤルスク州のイエニセイ川がカラ海に注ぐ付近にある、人口600人足らずの集落である。アジア大陸最北の人里であり、19世紀スウェーデンの北極探検家オスカー・ディクソン男爵にちなんで命名された。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。






・・・・・

獣医師グループの派遣をどこが命じたのでしょう。モスクワ市長? 地方政府の名前が出てこないところを見ると、ロシア政府内のどこかですね。
posted by ZUKUNASHI at 19:19| Comment(0) | 国際・政治

汚染水を飲んではいけない

posted by ZUKUNASHI at 18:44| Comment(0) | 福島原発事故

コロナワクチンは 益より害が多い

2022年06月29日
コロナに関する記事 についてのお断り






















ワクチンを打った方に後遺症が出ています。感染した人は少なくても、ワクチンを接種した方は多い。時間の経過とともに大きな問題になるでしょう。もっとも、ワクチンが原因だとは証明されず、うやむやになるでしょうが。









https://twitter.com/molbio08/status/1543324107894165504
posted by ZUKUNASHI at 18:08| Comment(2) | Covid19

台湾 中国との戦争を仕掛けさせられるのか

・・・台湾の皆さん、極東に戦争を呼び込まないでください。巻き添えを食うのは御免です。






US approves arms deal with Taiwan
The State Department has cleared the way for a sale of $108 million worth of tank parts and other military gear to Taipei


Taiwan scrambles jets and missiles over Chinese flight
PLA fighters and bombers were spotted southwest of the island
Taiwanese interceptors took to the air on Tuesday as 29 Chinese fighters, bombers and support aircraft were reported off the southwestern coast of the island, the defense ministry in Taipei said. Six bombers and their fighter escorts flew into the Pacific Ocean through the channel between Taiwan and the Philippines and back again, in the third-largest foray into Taiwan’s air defense identification zone (ADIZ) this year.






Taiwan frozen out by US weapon's contractors
Taipei is weighing other options after its howitzer order was left behind on American production lines amid the Ukraine crisis

Taiwanese defense officials have been forced to regroup on plans for artillery forces after being told that the US has pushed back the estimated delivery date for 40 howitzer systems by at least three years as Washington races to supply more weapons to war-torn Ukraine.

Taipei’s $750 million order was “crowded out” of US production lines, delaying delivery to 2026 at the soonest, rather than starting in 2023 as planned, Taiwan’s Ministry of National Defense said on Monday. As a result, the ministry is looking at other available weapons systems, such as truck-based rocket launchers produced by Lockheed Martin Corp., to fill the void and will submit a budget proposal once a decision has been made.

Taiwan is trying to modernize its military with precision and long-range weaponry to fend off a possible attack by mainland China, which considers the republic to be a breakaway province. The artillery order was approved last year, making it Taiwan’s first arms deal with the US since President Joe Biden took office, and it was to include 40 155mm M109A6 self-propelled “Paladin” howitzer systems. It also covered related equipment, such as support vehicles and precision guidance kits.

Biden’s administration has ramped up the delivery of heavy weapons, including howitzers, to Ukraine to help Kiev repel Russian forces. Washington has pledged 90 howitzers and 140,000 rounds of 155mm ammunition to Kiev as part of about $15 billion in promised weaponry. Biden is seeking lawmaker approval for $33 billion in additional aid to Ukraine.

Last year’s chaotic US withdrawal from Afghanistan and the administration’s refusal to send American troops to fight Russians in Ukraine have called into question Washington’s commitment to protecting Taiwan. US Secretary of State Antony Blinken last week vowed that the administration would make sure Taiwan had “all necessary means to defend itself against any potential aggression.”

Taiwanese officials are watching the Ukraine conflict “very carefully” and are examining “what we can learn from Ukraine in defending ourselves,” the disputed island republic’s foreign minister, Joseph Wu, told CNN on Sunday. He added, “I think the Chinese government must be thinking or calculating how the US or other major countries are going to come to Taiwan’s help or whether they’re going to come to Taiwan’s help. If Taiwan does not have any support, I think that’s going to be a green light to aggression.”

Beijing, which has blamed the US and other NATO members for instigating the Ukraine crisis, has repeatedly warned against US meddling in Taiwan, saying it will take steps to defend China’s territorial integrity.

台湾は米国の兵器の請負業者によって凍結された
ウクライナ危機の最中にアメリカの生産ラインに榴弾砲の注文が取り残された後、台北は他の選択肢を検討している

台湾の防衛当局者は、ワシントンが戦争で荒廃したウクライナにさらに多くの兵器を供給するために競争しているため、米国が40榴弾砲システムの予定納期を少なくとも3年延期したと言われた後、砲兵隊の計画で再編成することを余儀なくされました。

台湾の国防省によると、台北の7億5000万ドルの注文は米国の生産ラインから「混雑」し、2023年に予定通りに開始されるのではなく、最短で2026年まで配達が遅れた。その結果、同省は、ロッキード・マーティン社が製造したトラックベースのロケットランチャーなど、他の利用可能な兵器システムを検討して、空白を埋め、決定が下されたら予算案を提出する予定です。

台湾は、共和国を分離した州と見なしている中国本土による攻撃の可能性を防ぐために、精密で長距離の兵器で軍隊を近代化しようとしています。砲兵命令は昨年承認され、ジョー・バイデン大統領が就任して以来、台湾で最初の米国との武器取引となり、40基の155mmM109A6自走式「パラディン」榴弾砲システムが含まれることになりました。また、サポート車両や精密誘導キットなどの関連機器についても説明しました。

バイデン政権は、キエフがロシア軍を撃退するのを助けるために、榴弾砲を含む重火器のウクライナへの配達を増やしました。ワシントンは、約束された兵器の約150億ドルの一部として、キーウに90発の榴弾砲と140,000発の155mm弾薬を約束しました。バイデンは、ウクライナへの追加援助で330億ドルの議員の承認を求めています。

昨年のアフガニスタンからの混沌とし​​た米国の撤退と、ウクライナでロシア人と戦うためにアメリカ軍を派遣することを政府が拒否したことは、台湾を保護するというワシントンのコミットメントに疑問を投げかけた。アントニー・ブリンケン米国務長官は先週、台湾が「潜在的な侵略から身を守るために必要なすべての手段」を備えていることを確認することを誓った。

台湾当局は、ウクライナの紛争を「非常に注意深く」監視しており、「自分たちを守るためにウクライナから何を学ぶことができるか」を検討していると、紛争中の島共和国の外相、ジョセフ・ウー氏は日曜日にCNNに語った。彼はさらに、「中国政府は、米国や他の主要国がどのように台湾の援助に来るのか、あるいは彼らが台湾の援助に来るのかどうかを考えたり計算したりしなければならないと思う。台湾が何の支援も受けていないのなら、それは侵略への青信号になると思います。」

ウクライナ危機を引き起こしたとして米国と他のNATO加盟国を非難した北京は、中国の領土保全を守るための措置を講じると言って、台湾での米国の干渉に対して繰り返し警告している。

Googleによる機械翻訳

Taiwan makes claims about Chinese military jets
A total of 18 Chinese air force planes have entered the island’s air defense zone, Taiwan’s Ministry of Defense says
Taiwan has accused the Chinese military of a mass air incursion into the island’s air defense zone. A fleet of 18 People’s Liberation Army (PLA) aircraft, including two nuclear-capable H-6 planes entered the zone on Friday, Taiwan’s Ministry of National Defense said.

The nuclear capable bombers were accompanied by a Y-8 anti-submarine aircraft, KJ-500 aerial warning and reconnaissance plane, as well as 12 J-11 and J-16 fighter jets.

The incursion prompted the scrambling of Taiwanese fighter jets and the activation of anti-aircraft missile systems “to monitor the activities” of the Chinese air fleet. The aircraft, however, did not enter the air space that Taiwan claims as its own. The Chinese military has, so far, remained silent on the run-in with the island’s military.





・・・私は中国が台湾に武力侵攻することはないと思います。台湾が独立に向けた動きを示したら、「経済制裁」で対処するでしょう。台湾の大使館開設を認めたリトアニアにやったように。独立に意欲を示しているのは台湾の一部の政治家だけだとみています。



The US is using Ukraine to ramp up Taiwan tensions, but China is unlikely to fall into Washington's trap
Washington believes its response to the Russia-Ukraine conflict gives it a stronger hand against China
The US Department of State’s fact sheet on America's relationship with Taiwan has recently changed.

References to America’s commitment to the One China Policy, the acknowledgement that Taiwan is “part of China,” were removed, and replaced with a series of paragraphs which instead detailed the importance of America’s relationship with Taiwan as an “Indo-Pacific Partner.” Albeit unofficially.

Beijing was quick to condemn the move publicly, accusing the US of undermining previous agreements. Coinciding with this, a phone call between US Secretary of Defence Llyod Austin and his Chinese counterpart also never mentioned the “One China Policy” on the US readout. Taiwan’s Foreign Minister, Joseph Wu, retweeted the conversation and proclaimed the One China “spell” had been broken.

Although not a new development, the United States, enabled by the context of the Ukraine conflict, sees an opportunity to ramp up tensions over Taiwan and strengthen its hand over the issue. In a process which China has described as “Salami Slicing”, America’s Taiwan position has been to pay lip service to its commitment to the One China Policy upfront, but otherwise subtly move the goalposts by increasing its political, diplomatic and military support to the island in order to weaken Beijing’s actual hand in achieving reunification objectives on its terms.

Such a policy is not of course an explicit endorsement of “Taiwan independence,” which China describes as the “red line” but nonetheless serves to de facto block Beijing from attaining its ambitions. While this has been ongoing since the Trump administration, for a number of reasons, the conflict in Ukraine is now enabling the US to do this more overtly than previously.

[台北 31日 ロイター] - 台湾の蔡英文総統は31日、米国が州兵と台湾軍の「協力」を計画していると明らかにした。
台湾を訪問中のダックワース米上院議員と会談した蔡総統は、同議員が米超党派による「台湾パートナーシップ法案」の主要な発起人の1人であることに言及し、「この結果、米国防総省は現在、州兵と台湾軍の協力を積極的に計画している」と述べた。詳細には踏み込まなかった。
台湾メディアはこれまでに、ハワイの州兵と台湾が連携する可能性があると報じている。




・・・台湾の皆さん、極東に戦争を呼び込まないでください。巻き添えを食うのは御免です。
posted by ZUKUNASHI at 14:41| Comment(0) | 台湾

Biden tests positive for Covid-19

Biden tests positive for Covid-19

posted by ZUKUNASHI at 14:28| Comment(0) | 国際・政治

怪しすぎる緊急承認薬

posted by ZUKUNASHI at 14:04| Comment(0) | Covid19