ずくなしの冷や水

2022年07月08日

International North-South Corridor

posted by ZUKUNASHI at 22:33| Comment(0) | 国際・政治

ロシアの安いガスと石油が失われて欧州に次に何が起きる?

When sanctions backfire: The EU doesn't have a plan for life without cheap Russia energy, so what happens next?
As Germany reports its first trade deficit in 30 years, the prospects for West European industry look grim thanks to the US-led sanctions on Russia
Germany’s May foreign trade balance showed a €1 billion deficit. This has led many analysts to question the future of the country's economy and the outlook for the European Union in general.

The bad news doesn’t stop there either. As of July 3, Germany’s total global market capitalization, meaning German companies’ total value share of global stock exchanges, stood at an all-time low, 1.97%. Meanwhile, on July 5, the euro fell to its lowest level against the US dollar since 2002.

Robin Brooks, chief economist for the Institute of International Finance, summed up the situation regarding German trade quite well. “Germany's growth model has been to import cheap energy from Russia, use that to assemble manufactured goods and export those goods to the rest of the world. While Germany now seeks new energy suppliers, its trade balance and that of the Euro zone will look ugly,” he wrote on Twitter.

The question is whether or not this dip is permanent. Michael Pettis, a finance professor at Peking University, also shared his opinion on Twitter, but he said that Germany’s trade deficit is not that historic. “Germany will have only switched from permanent surpluses to permanent deficits if there has been either a permanent increase in German investment or a permanent decrease in German savings,” he said.

Pettis continued that neither of these things has happened, with the former “unlikely” and the latter having “nothing to do with the recent adjustment in Germany's trade balance.” Because of this, he deems the situation temporary.

It seems reasonable, however, that there would be a clear correlation between rising energy prices and this hit to German manufacturing. Rising energy prices likewise imply reductions in savings because of inflation. On July 7, Germany’s neighbor, the Czech Republic, reported a foreign trade deficit of nearly $1 billion – which strengthens the correlation between rising European energy prices and lower exports.

So the main problem appears to be exactly what Brooks laid out, namely the EU’s source of energy. If indeed cheap Russian oil and gas are cut out from the EU permanently, then logically the effects of this on EU economies will be permanent – unless, in a highly unlikely scenario, they field an alternative supply that is both sufficient and comparably priced.

One solution on the table is for the EU to import liquified natural gas (LNG) from the United States. However, shipments of American LNG to the EU and UK have already increased since the political tensions between Europe and Russia began. According to the US Energy Information Administration, the US exported 74% of its LNG to Europe in the first four months of 2022, which is up from 34% the previous year. But this was apparently not enough to keep European energy prices stable.

This raises a fundamental issue, which is whether the European Union can actually afford to maintain its sanctions on Russia. Members’ economic models are simply not compatible with the reality that their sanctions are creating, and this is already hurting people’s wellbeing and leading to social and political unrest.

The European Union’s foreign policy is supposed to follow the doctrine of “strategic autonomy,” but what is happening is neither strategic nor an act of autonomy. No doubt the situation in Ukraine is horrifying and has led Europeans to question the existing security architecture of the region, but, if the latest strategic concept of NATO is any suggestion, the shots are being called from Washington.

Famed international relations scholar John Mearsheimer recently lamented in a speech that, “History will judge the United States and its allies with abundant harshness for its foolish policy on Ukraine.” In fact, the prevailing allied policy on Ukraine is doing everything to ensure that the conflict becomes protracted – which has the dual threat of destroying Ukraine and hurting Europe’s future economic prospects.

That’s because the longer the conflict continues, or if it continues indefinitely, it means the bifurcation between Russia and the West will be permanent. And it logically follows that this will impact the economic model of European countries, particularly of Germany. If that is the eventuality we are headed for, then the EU’s fate becomes a question.

Already, people in the Czech capital of Prague are beginning to joke that in a few years Europe will be nothing more than a summer holiday spot for the Americans and Chinese. But are there really enough jobs in the tourism industry for all of us here? And can we all withstand the winter off-season?

Jokes aside, I believe that Germany’s trade deficit is significant. In a few days, the trend could be more pronounced if other industrial European countries report similar deficits. At the very least, this should sound the alarm on exactly what the European Union’s long-term plans are vis-á-vis Russia and whether or not European industry can feasibly survive with sanctions on Russian energy.

My bet is that it can’t. And this goes to show just how destructive blindly following Washington’s foreign policy is, time and time again, for Europe.

ドイツの 5 月の対外貿易収支は 10 億ユーロの赤字となった。このため、多くのアナリストが同国経済の将来と欧州連合(EU)全般の見通しを疑問視している。

悪いニュースはそれだけにとどまらない。7月3日現在、世界の証券取引所におけるドイツ企業の価値シェアの合計を意味する世界時価総額は、過去最低の1.97%にとどまっているのだ。一方、7月5日には、ユーロが対米ドルで2002年以来の低水準まで下落した。

Institute of International FinanceのチーフエコノミストであるRobin Brooks氏は、ドイツの貿易をめぐる状況をうまく言い表している。「ドイツの成長モデルは、ロシアから安いエネルギーを輸入し、それを使って製造品を組み立て、世界に輸出することだった。ドイツは今、新しいエネルギー供給源を求めているが、ドイツの貿易収支とユーロ圏の貿易収支は醜いものになるだろう」とツイッターに書き込んだ。

問題は、この落ち込みが永久に続くかどうかだ。北京大学のマイケル・ペティス教授もツイッターで意見を述べたが、ドイツの貿易赤字はそれほど歴史的なものではないとのことだ。「ドイツが恒久的な黒字から恒久的な赤字に転換したのは、ドイツの投資が恒久的に増加したか、ドイツの貯蓄が恒久的に減少した場合のみである」と述べた。

前者は "ありえない"、後者は "最近のドイツの貿易収支の調整とは関係がない "と、どちらも起こっていないとペティスは続けた。このため、彼はこの状況を一時的なものとみなしている。

しかし、エネルギー価格の上昇とドイツの製造業への打撃との間に明確な相関関係があることは、合理的であると思われる。エネルギー価格の上昇は、インフレによる貯蓄の減少を意味する。7月7日、ドイツの隣国チェコは10億ドル近い貿易赤字を計上し、欧州のエネルギー価格の上昇と輸出の減少の相関関係を強めている。

つまり、ブルックス氏が指摘したように、EUのエネルギー源に大きな問題があるようだ。もし、ロシアの安価な石油とガスがEUから永久に切り離されるなら、論理的にはEU経済への影響は永久に続くだろう-極めて低いシナリオではあるが、十分で比較可能な価格の代替供給源を確保しない限りは。

その解決策の一つが、EUが米国から液化天然ガス(LNG)を輸入することである。しかし、欧州とロシアの政治的緊張が始まって以来、米国産LNGのEU・英国への出荷量はすでに増加している。米エネルギー情報局によると、2022年1〜4月、アメリカはLNGの74%を欧州に輸出し、前年の34%から増加した。しかし、これだけでは欧州のエネルギー価格を安定させることはできなかったようだ。

このことは、EUが実際にロシアに対する制裁を維持する余裕があるのかどうかという根本的な問題を提起している。EU加盟国の経済モデルは、その制裁が生み出す現実と相容れないものであり、それはすでに人々の生活を傷つけ、社会不安や政治不安を引き起こしている。

EUの外交政策は「戦略的自治」の原則に従っているはずだが、今起きていることは戦略的でも自治の行為でもない。ウクライナ情勢が恐ろしいものであり、欧州の人々がこの地域の既存の安全保障構造に疑問を抱くようになったのは間違いない。しかし、NATOの最新の戦略構想が示唆するように、ショットはワシントンから発信されている。

著名な国際関係学者であるジョン・ミアシャイマーは最近、講演で「米国とその同盟国は、その愚かなウクライナ政策について、歴史が豊かな厳しさで判断するだろう」と嘆いている。実際、同盟国のウクライナ政策は、紛争を長引かせることに終始しており、それはウクライナを破滅させ、ヨーロッパの将来の経済的展望を損ねるという二重の脅威をもたらす。

なぜなら、紛争が長引けば長引くほど、あるいは紛争が無期限に続けば続くほど、ロシアと西側の分断が永久に続くことを意味するからである。そしてそれは、ヨーロッパ諸国、特にドイツの経済モデルに影響を与えることになるのは論理的に当然である。もし、そのような事態に向かうのであれば、EUの運命が問われることになる。

すでにチェコの首都プラハでは、「数年後にはヨーロッパはアメリカ人や中国人の避暑地になる」というジョークが聞かれ始めている。しかし、観光産業は本当に十分な雇用があるのだろうか。そして、冬のオフシーズンに耐えられるのだろうか?

冗談はさておき、私はドイツの貿易赤字は大きいと思っている。数日後、他の欧州先進国も同様の赤字を報告すれば、その傾向はより顕著になるかもしれない。少なくとも、EUの長期的な対ロシア政策はどうなっているのか、ロシアのエネルギー制裁で欧州の産業はやっていけるのか、警鐘を鳴らす必要がある。

私は、それは無理だと思います。そして、このことは、ワシントンの外交政策に盲従することが、ヨーロッパにとってどれほど破壊的であるかを、何度も何度も示しているのである。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。




posted by ZUKUNASHI at 21:10| Comment(0) | ウクライナ

PCR検査で感染の証拠を得るのも大事ですが 同時にやることがある



・・・・

発熱したら、私なら一刻を争ってイベルメクチンを呑みます。検査はそれからでよい。医師の処方が解熱剤と胃腸薬だったと書かれています。
posted by ZUKUNASHI at 20:25| Comment(0) | Covid19

ロシアが日本を攻めて台湾や韓国への攻撃基地にする??



・・・・

山添拓氏のこのツイートは正しいです。ロシアが日本を攻めて何の利益がありますか? 米国の前線基地をつぶすという意味はあるかもしれません。それをやるならミサイルでピンポイントで破壊するでしょう。民間人は巻き添えにしません。

このような的確な認識を持つ山添拓氏に当選してほしいです。
posted by ZUKUNASHI at 19:45| Comment(0) | 国際・政治

モンキーポックスは空気感染する 無症状者からも感染

@ サル痘が空気感染することが確認されています。
一番の感染経路は、接触感染のようです。患者の皮膚病変に触ることが最も危険。

A 発疹が起こる前から上気道スワブ検体からウイルスが検出されています。CT値も25以下と高い。

症状が出る前からウィルスが放出されている。感染が生じます。米国CDCがそのサイトから空気感染に関する記述を削ったことに強い疑問を呈する人がいます。

B 治療薬はない。(日本の安価な薬、トラニラスト(リザベン)が効くとの説もありますが、臨床などのデータがありません)

C 天然痘の予防注射が効果があるとの見解もありますが、WHOは現時点では推奨していません。
ベルリンで天然痘の予防接種を受けていた50代男性の感染確認

D 哺乳類のペットに感染する。

E 潜伏期は12日程度、3週間説も。

F 死亡率は1%説から10%説まで幅がある。

G 感染確認はPCR検査による。
日本は、PCR検査機器が海外よりも不備ですから、今回も検査不足の事態が生じえます。
現状、国内で検査可能なのは国立感染症研究所(東京)に限られる。

H 感染者の使用した衣類、寝具などに触らない。(感染者の皮膚に接したものはウィルスが付着している。)

まだ東アジアでは感染者が報告されていませんが、確認された感染者は氷山の一角です。日本にいつ入ってきてもおかしくない。

新コロナウィルスの出現当初と同じような状況です。
日本での対応は、遅れるでしょう。海外の情報に注目する必要。

最新のサル痘発生状況







2022年06月02日
サル痘 何が何でも感染できない事態
モンキーポックスについて、日本語での情報発信が早いのはAngama@Angama_Market氏のツイートです。フォロー推奨。

2022年05月25日
モンキーポックスの確認地域が広がっている

2022年05月24日
モンキーポックスで緊急事態宣言が出る見込み

2022年05月21日
モンキーポックスについて知っておくべきこと

2022年05月20日
モンキーポックスの拡大に警戒強まる
posted by ZUKUNASHI at 19:35| Comment(0) | サル痘

ワクチンによるとみられる外陰部の発疹にイベルメクチンが著効



・・・・

ワクチンによる副作用、後遺症にイベルメクチンが著効という例は初めて見ます。






ワクチン接種者と同室で勤務したような場合に生ずるシェッディングによる影響についてイベルメクチンが効果があるらしいことは、読者の体験で感じていましたが、ありと考えてよいですね。
posted by ZUKUNASHI at 18:10| Comment(0) | Covid19

ウクライナ軍の宣伝担当者がブチャのビデオを作成する動画が流出


テレグラムチャンネル(https://t.me/za_grany/3669)によると、#ウクライナ軍の宣伝担当者が#リシチャンスクに残した電話の1つに#ブチャフェイクのビデオ作成過程が含まれていたとのことです。もし確認されれば、西側とウクライナのロシア恐怖症のシナリオに大きな打撃を与えることになるでしょう。

posted by ZUKUNASHI at 10:35| Comment(0) | ウクライナ

オランダの軍基地に農民が侵入 戦闘機を移動させる

オランダで国の政策に反対する農民たちが暴動を起こし、道路や空港を封鎖しています。軍の基地にも侵入しました。
posted by ZUKUNASHI at 10:23| Comment(0) | 国際・政治

リンジー・グラハムとリチャード・ブルメンタールがキエフ訪問

US war hawks visit Kiev
US Senators Lindsey Graham and Richard Blumenthal have both supported pouring arms and money into Ukraine

Republican Senator Lindsey Graham and Democrat Senator Richard Blumenthal met on Thursday with Ukrainian President Volodymyr Zelensky, who petitioned the lawmakers for more weapons. Blumenthal and Graham have been two of the most ardently pro-Ukraine voices in the US Congress.

According to Zelensky’s office, the Ukrainian leader insisted to the Americans that the military situation in Ukraine is “certainly difficult, yet controlled.” This statement was made despite the fact that Russian and Donbass forces recently pushed Kiev’s military out of the entire Lugansk People’s Republic, and, according to Moscow, inflicted more than 5,000 casualties and destroyed hundreds of tanks and other pieces of military hardware over the last two weeks.

Zelensky called on Graham and Blumenthal to push Washington to supply Ukraine with air defense systems, which the Pentagon says will be sent to Kiev soon. The trio also spoke about Blumenthal and Graham’s efforts to have Congress classify Russia as a state sponsor of terrorism, a step which some US allies have balked at.

Of the overwhelming majority of US lawmakers who voted in May to supply Ukraine with $40 billion in military and economic aid, Graham and Blumenthal are two of the most committed supporters of Zelensky’s government, and have been since before Russia launched its military operation in Ukraine in February.

Graham visited Ukraine in 2017 with the late Arizona Senator John McCain, where he told Ukrainian marines that he would “take [their] case to Washington” and ensure that Russian President Vladimir Putin pays “a heavier price,” as the Russian-speaking regions of Donetsk and Lugansk sought independence from Kiev.

Blumenthal, who previously lied about serving in Vietnam, joined colleagues from both parties for a jaunt to Ukraine in January, where he promised military aid to Zelensky’s government more than a month before fighting started. On top of voting for the $40 billion aid bill for Ukraine, Blumenthal introduced legislation on Tuesday that would commit the US to financing the reconstruction of the country when hostilities eventually cease.

Graham, known as one of the most pro-war members of the Republican Party, has gone further than voting to back Zelensky’s military. In March, the South Carolina Republican called twice for the assassination of Putin, declaring that he wanted the Russian leader “taken out, one way or the other.”

“Is there a Brutus in Russia? Is there a more successful Colonel Stauffenberg in the Russian military?” he asked, referring to the assassin of Julius Caesar and the would-be assassin of Adolf Hitler.

Graham has ruled out a negotiated peace in Ukraine, telling Fox News in May that “there is no off-ramp in this war,” and urging the Biden administration to “triple down” on its support for Kiev.
posted by ZUKUNASHI at 08:51| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナが地図から消える

Ukraine could be wiped off the map – former Trump military adviser
Colonel Douglas Macgregor has argued for a peaceful resolution to the Russia-Ukraine conflict

Ukraine could disappear from the map unless the conflict with Russia is resolved peacefully, former Trump military adviser Colonel Douglas Macgregor said in an interview with Sky News Australia on Wednesday.

When asked what more could be done to help Ukraine in the ongoing military conflict, Macgregor stated that “the longer this lasts, the more people are going to be needlessly slaughtered, the more damage will be done to Ukraine,” adding that it is now “effectively a failed state, it could be erased completely from the map.”

Noting that Ukraine’s military has suffered enormous losses during the conflict and that Russian forces were “by no means overstretched or hurting at this point,” Macgregor argued that “we need a ceasefire” and that countries like Australia should be pushing for it since “no one in Washington is going to do it.”

“We can’t afford to fight this until there are no longer any Ukrainians left,” he insisted, noting that he has heard from people in Berlin, Paris, and London that there is growing support for a ceasefire or coming to “some sort of an arrangement” between Moscow and Kiev.

The former adviser also commented on the prospects of Russian President Vladimir Putin agreeing to such a ceasefire, noting that he has “never been interested in all of Ukraine,” and that the territory currently under Russia’s control is the “traditional Russian-speaking area.”

Macgregor noted that Ukrainian forces which were concentrated in the Donbass region were of “great concern” to Vladimir Putin, who feared these forces “would attack Russia,” and the US would “inevitably deploy theater ballistic missiles there to hold his [Putin’s] nuclear capability at risk.”

“He’s not going to withdraw, that’s out of the question,” the former top Pentagon adviser said, suggesting that if the two sides were unwilling to come to some sort of arrangement on a territorial basis, then an armistice should be achieved, lest the conflict grow into a “wider, regional war.”

Russia sent troops into Ukraine on February 24, citing Kiev’s failure to implement the Minsk agreements, designed to give the regions of Donetsk and Lugansk special status within the Ukrainian state. The protocols, brokered by Germany and France, were first signed in 2014. Former Ukrainian President Petro Poroshenko has since admitted that Kiev’s main goal was to use the ceasefire to buy time and “create powerful armed forces.”

In February 2022, the Kremlin recognized the Donbass republics as independent states and demanded that Ukraine officially declare itself a neutral country that will never join any Western military bloc. Kiev insists the Russian offensive was completely unprovoked.
ウクライナは地図から消えるかもしれない-トランプ元軍事顧問
ダグラス・マクレガー大佐は、ロシアとウクライナの紛争の平和的解決を主張している。

ウクライナは、ロシアとの紛争が平和的に解決されない限り、地図から消える可能性があると、トランプ前軍事顧問のダグラス・マクレガー大佐が2日、スカイニュースオーストラリアとのインタビューで語った。

現在進行中の軍事衝突において、ウクライナを助けるためにもっと何ができるかと問われたマクレイガー氏は、「これが長引けば長引くほど、より多くの人々が不必要に虐殺され、ウクライナにさらなるダメージがもたらされるだろう」と述べ、現在 "事実上の失敗国家、地図から完全に消されるかもしれない "と付け加えました。

マクレガー氏は、紛争中にウクライナ軍が莫大な損失を被ったこと、ロシア軍は「この時点では決して手を広げすぎておらず、傷ついていない」ことに注目し、「停戦が必要だ」と主張し、「ワシントンでは誰もやろうとしない」ので、オーストラリアのような国が停戦を推進するべきだと述べた。

「ウクライナ人がいなくなるまで戦っている余裕はない」と主張し、ベルリン、パリ、ロンドンの人々から、停戦やモスクワとキエフの間で「ある種の取り決め」をすることへの支持が高まっていると聞いたという。

また、元顧問は、ロシアのプーチン大統領がそのような停戦に同意する見込みについて、「ウクライナ全土に関心を持ったことはない」とし、現在ロシアの支配下にある領域は "伝統的なロシア語圏 "であるとコメントした。

マクレガーは、ドンバス地方に集中しているウクライナ軍は、ウラジーミル・プーチンにとって「大きな懸念」であり、これらの軍が「ロシアを攻撃する」と恐れ、米国は「必然的にそこに劇場型弾道ミサイルを配備し、彼(プーチン)の核能力を危険にさらすだろう」と指摘した。

"彼は撤退するつもりはない、それは問題外だ "と元ペンタゴン最高顧問は言い、もし双方が領土ベースで何らかの取り決めをする気がないのであれば、紛争が "より広い地域戦争 "に発展しないように、休戦を達成すべきであると示唆した。

ロシアは2月24日、キエフがドネツクとルガンスクの両地域にウクライナ国家としての特別な地位を与えるためのミンスク協定を履行しないとして、ウクライナに軍を派遣した。ドイツとフランスが仲介したこの議定書は、2014年に初めて署名されました。ウクライナのペトロ・ポロシェンコ前大統領はその後、キエフの主な目的は、停戦を利用して時間を稼ぎ、"強力な武装勢力を生み出すこと "だったと認めている。

2022年2月、クレムリンはドンバス共和国を独立国家として認め、ウクライナが西側軍事ブロックに決して参加しない中立国であることを公式に宣言するよう要求した。キエフは、ロシアの攻撃は完全に挑発されていないのになされたものであると主張している。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。少し修正しています。

posted by ZUKUNASHI at 07:58| Comment(0) | ウクライナ

000

US eyes direct war with Russia – Belarus
The US wants to launch attacks from Poland and the Baltic states, military intelligence chief claimed
The US is making plans for a direct war against Russia and its ally Belarus, the head of Belarusian military intelligence warned on Thursday. The scenario is becoming more likely as the proxy war in Ukraine and other ways to hurt the two nations are failing, he claimed.

“The territory of Poland as well as the Baltic states is being turned into a staging ground, from which the US plans to unleash a new bloody conflict in Europe, targeting the Russian Federation and its allies,” Major General Ruslan Kosygin said.

He cited NATO training troops for rapid deployment in Eastern Europe and the development of anti-ballistic missile systems in the region as evidence of the looming crisis. Further proof, he claimed, is the “dangerous attempts by some Polish politicians to initiate a return of so-called historically Polish regions” in western Ukraine and Belarus.

The general said his agency believed that Western nations were preparing for an attack against Belarus and Russia under the guise of deterring Russia from launching an invasion, which is how NATO justifies its military build up in Eastern Europe. Belarus “does not favor” the scenario of a war, but will act decisively, if it comes true, Kosygin said.

He said an escalation was becoming increasingly possible because “the West is coming to the realization that traditional methods of hybrid aggression against Russia and Belarus are not producing the results it wants.”

Direct confrontation with Poland and Baltic nations, if it starts, would be similar to the hostilities in Ukraine in terms of principal origin, Kosygin said. Ukraine “was deliberately pumped with weapons since 2014. It was trained to fight, and fight particularly against the Russians,” he said.

“Unfortunately, similar anti-Russian, and lately anti-Belarussian sentiments have been injected in the same way into the minds of people of Poland and the Baltic states,” he added.

posted by ZUKUNASHI at 07:55| Comment(0) | ウクライナ