ずくなしの冷や水

2022年07月06日

コロナの米国研究所起源説が確認されれば米国は世界の被害を補償すべき ロシア下院議長

2022年07月03日
コロナ米国研究所起源説
Covid-19 may have originated in US biolab – Lancet chair
Jeffrey Sachs, who chairs Covid-19 commission at the prestigious medical journal, has claimed the deadly virus did not come out of nature

US should pay compensation if Covid-19 claim confirmed – Russia
Damage caused by Covid-19 to countries globally should be covered by Washington if the US bioresearch origin claim is confirmed, the Duma speaker says

US should pay compensation if Covid-19 claim confirmed – Russia
The US may owe the world huge compensation for the damage caused by the Covid-19 pandemic, Vyacheslav Volodin, the speaker of the Russian State Duma, said on Wednesday. He cited remarks made by the chair of The Lancet commission on the disease, who suggested the SARS-CoV-2 virus may have originated from an American research program.

Speaking in Madrid last month, economist Jeffrey Sachs called the current situation “a mess” and blamed diminishing American leadership for it, identifying the pandemic as one of the US failures. He said he was convinced that the virus “came out of US lab biotechnology” as opposed to evolving naturally, citing his experience with the authoritative British medical magazine.

Volodin asserted that the US government would not comment on Sachs’ remarks because President Joe Biden is “afraid that the world will know the truth about the true culprit of the pandemic.”

He added that the suffering of millions of people who contracted the virus, including the many who passed away, and the economic crisis caused by the pandemic were the US’ responsibility. “The US must compensate the damage to all nations affected,” he demanded.

The Russian official added that the US should “stop and declassify” its “military bioweapons research,” referring to the chain of biolabs scattered across the world that receive funding from the Pentagon’s Defense Threat Reduction Agency. The US says they are used to detect emerging pathogens, but some countries, including Russia and China, believe they may be used for clandestine military research.

Sachs himself called his remark “provocative” and lamented that the theory “is not being investigated, not in the United States, not anywhere,” despite evidence that warrants such a probe. “They don’t want to look underneath the rug too much,” he said.

The theory that Covid-19 started as a leak from a Chinese lab in Wuhan was popularized by the US government under President Donald Trump, who stated that Beijing should pay compensation for its supposed guilt. The Chinese government and Trump’s political opponents at home angrily rejected the idea. Major US tech companies even suppressed the lab leak theory as “disinformation” on their online platforms.

The censorship was reversed under President Joe Biden's administration, which accused Beijing of failing to subject its microbiology research to international scrutiny. The outbreak was first detected in the Chinese city of Wuhan, which hosts a top biosecurity lab that has extensive records of doing research funded by American grants.

The World Health Organization conducted a probe into the origins of Covid-19 and concluded last February that the virus most likely came from an animal host.
コビッド19による世界各国への被害は、米国のバイオリサーチ起源主張が確認された場合、米国が補償すべきであると下院議長が述べた。

ロシア下院のヴォロディン議長が水曜日に語ったところによれば、米国はCovid-19のパンデミックによる損害について世界に莫大な補償をしなければならないかも知れないとのことである。この発言は、ランセット誌のこの病気に関する委員会の委員長が、SARS-CoV-2ウイルスはアメリカの研究プログラムから発生した可能性があると示唆したことを引用したものであった。

経済学者のジェフリー・サックス氏は先月マドリッドで講演し、現在の状況を「混乱」と呼び、その原因をアメリカの指導力の低下に求め、パンデミックをアメリカの失敗の一つであると指摘した。彼は、権威あるイギリスの医学雑誌の経験を引き合いに出して、ウイルスが自然に進化するのとは対照的に「アメリカの研究所のバイオテクノロジーから生まれた」ことを確信していると述べた。

ヴォロディン氏は、ジョー・バイデン大統領が "パンデミックの真犯人について世界が真実を知ることを恐れている "ため、サックス氏の発言について米国政府はコメントしないと断言した。

さらに、亡くなった多くの人を含め、ウイルスに感染した何百万人もの人々の苦しみと、パンデミックによる経済危機は、米国の責任であるとした。「米国は、被害を受けたすべての国々に損害を賠償しなければならない」と要求した。

このロシア政府高官は、米国は「軍事生物兵器研究」を「停止し、機密扱いを解く」べきだと付け加えた。これは、ペンタゴンの国防脅威削減局から資金提供を受けて、世界中に散らばる一連のバイオラボを指す。米国は、これらの研究所は新興の病原体を検出するために使われていると言っているが、ロシアや中国を含むいくつかの国は、秘密の軍事研究に使われている可能性があると考えている。

サックス氏自身は、彼の発言を「挑発的」だと言い、この理論が調査されるに値する証拠があるにもかかわらず、「米国でも、どこでも、調査されていない」と嘆いている。「彼らはあまり下を見たがらない」と彼は言った。

コビッド19は武漢にある中国の研究所からの漏洩から始まったという説は、ドナルド・トランプ大統領率いる米国政府によって広まり、北京はそのはずの罪に対して賠償金を支払うべきだと表明した。中国政府と国内のトランプ大統領の政敵は、この考えを怒って否定した。米国の大手ハイテク企業は、ラボのリーク説を「偽情報」として自社のオンラインプラットフォームで弾圧したほどだ。

この検閲はジョー・バイデン大統領の政権下で覆され、北京が微生物学研究を国際的な精査にかけなかったと非難された。この集団感染は、中国の武漢市で最初に発見されました。武漢市には、アメリカの助成金によって研究を行ってきた豊富な実績を持つ、生物安全保障のトップレベルの研究所があります。

世界保健機関は、Covid-19の起源について調査を行い、昨年2月、このウイルスは動物から感染した可能性が高いと結論づけた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 21:58| Comment(0) | 国際・政治

より公正な世界秩序構築の最善の望み

By taking on American hegemony and challenging the dollar, BRICS members represent the best hope for a fairer world order  by Bradley Blankenship
With the potential for a new reserve currency and investment without political strings attached, the group can present an alternative to a world choked by Western dominance
新しい基軸通貨と政治的なしがらみのない投資の可能性を持つこのグループは、欧米の支配に閉ざされた世界に代替案を提示することができる。
The 14th BRICS Summit in Beijing is just wrapping up amid a turbulent international geopolitical landscape, which highlights the importance of the organization in general. Given the combined challenges of the ongoing Covid-19 pandemic, global conflict, a looming economic crash and climate change – the current international system is failing and a new, multi-polar alternative must take its place.

It’s worth noting the context of the BRICS (Brazil, Russia, India, China and South Africa) format. Started in 2009 amid a financial crisis, the main goal of that year’s first BRICS (or BRIC as it was then) summit in Yekaterinburg was to improve the global economic situation and reform financial institutions.

Although these countries are not joined by any particular ideology, each saw the need to democratize the global economic system that had been crashed pretty much single-handedly by the United States in an extraordinarily irresponsible – even illegal by US law, in some instances – manner. The head of China’s Central Bank bluntly called for abandoning the dollar as the global reserve currency in 2009 because of a lack of faith in US monetary leadership.

That was 13 years ago, yet the necessity of a new reserve currency could not be more relevant these days. In fact, Russian President Vladimir Putin announced on June 22 just ahead of the latest BRICS summit that the group was indeed developing its own reserve currency based on a basket of their currencies. With this, Putin said the group is hoping to develop alternatives to the existing international payment scheme.

While this could be seen as provocative in the West, it is actually for the betterment of mankind and is not aimed strictly at one country or one coalition of countries. To note, India pushed back against any “anti-US” rhetoric in the group’s joint statement, being a country that is considered part of the Global South, e.g., a developing country, and also has strong relations with the West.

Yet, at the same time, it’s clear that all BRICS states, including India, would benefit from a democratized global economic and financial system. That is why New Delhi has not joined Western-led sanctions against Russia over the ongoing conflict in Ukraine, because doing so does not serve India’s economic interests – and it would also establish a bad precedent where countries could essentially be excluded from the international community over political disagreements.

Indeed, BRICS and its members have gone a long way to pursue zero-strings-attached development cooperation. China alone had already replaced the International Monetary Fund (IMF) and the World Bank as the world’s largest net creditor at the beginning of the last decade, expanding investments in tangible assets across the Global South (and beyond) through the Belt and Road Initiative. But in a direct challenge to these two previously mentioned US-led institutions, which have morphed into weapons of economic coercion, BRICS established the New Development Bank in 2014.

Another area where BRICS is currently not active but could be is security. Financial and economic stability is an inextricable part of security; without a stable economic and financial system there can be no sustainable peace. Likewise, without a stable security framework, there can be no drive for the human development that BRICS and its partners desire. Unfortunately, the connection between these two facets has not been established in the prevailing liberal international system, but BRICS could help tie them together which would be an extraordinarily beneficial development.

Meanwhile, as BRICS wraps up, the G7 and the North Atlantic Treaty Organization (NATO), two US-led international formats, will convene soon. Of note, NATO will draft its first “strategic concept” – the document which defines the organization’s objectives and principles – since 2010. It is anticipated that it will expand the military bloc’s reach far beyond Europe and probably to the Asia-Pacific, representing a serious challenge to China’s neighborhood. This probably explains why Chinese President Xi Jinping denounced “small circles” built around hegemony in his BRICS address.

At a minimum, BRICS has a serious role in balancing out the malignant influence of the US, NATO and the prevailing Western-led world system. Finance and economics are no small part of this, and BRICS’ drive to establish alternatives to the dollar-based Bretton Woods system, providing credit to the Global South without political conditions and establishing a new reserve currency, is an extraordinary push toward a multi-polar future.
以下は、Googleによる翻訳結果ですが、適切でない部分があります。時間が取れれば直します。
北京で開催された第14回BRICSサミットは、国際的な地政学的な混乱の中で締めくくられています。これは、組織全体の重要性を浮き彫りにしています。進行中のCovid-19のパンデミック、世界的な紛争、迫り来る経済危機、気候変動の複合的な課題を考えると、現在の国際システムは失敗しており、新しい多極の代替案を実施する必要があります。

BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)形式のコンテキストに注目する価値があります。金融危機の中で2009年に開始された、その年の最初のBRICS(または当時のBRIC)サミットの主な目標は、世界の経済状況を改善し、金融機関を改革することでした。

これらの国々は特定のイデオロギーに参加していませんが、それぞれが非常に無責任で、場合によっては米国の法律によって違法でさえある方法で、米国によってほとんど片手で崩壊した世界経済システムを民主化する必要性を見ました。 。中国の中央銀行の長は、米国の金融リーダーシップへの信頼が欠如しているため、2009年に世界の予備通貨としてのドルを放棄することを率直に求めました。

それは13年前のことでしたが、最近では新しい予備通貨の必要性はこれ以上重要ではありません。実際、ロシアのウラジミール・プーチン大統領は、最新のBRICSサミットの直前の6月22日に、グループが実際に通貨のバスケットに基づいて独自の予備通貨を開発していると発表しました。これにより、プーチン氏は、グループが既存の国際的な支払いスキームに代わるものを開発することを望んでいると述べた。

これは西側では挑発的なものと見なされる可能性がありますが、実際には人類の改善のためであり、厳密に1つの国または1つの国の連合を対象としたものではありません。ちなみに、インドはグループの共同声明で「反米」のレトリックに反対し、発展途上国などのグローバルサウスの一部と見なされ、西側とも強い関係を持っている国であることに注意してください。

それでも同時に、インドを含むすべてのBRICS州が、民主化された世界的な経済および金融システムの恩恵を受けることは明らかです。だからこそ、ニューデリーは、ウクライナで進行中の紛争をめぐって、西側主導のロシアに対する制裁に加わっていません。そうすることは、インドの経済的利益に役立たないからです。政治的意見の不一致。

確かに、BRICSとそのメンバーは、ゼロストリング付きの開発協力を追求するために長い道のりを歩んできました。過去10年間の初めに、中国だけですでに国際通貨基金(IMF)と世界銀行に取って代わって世界最大の純債権者となり、ベルトアンドロードイニシアチブを通じてグローバルサウス(およびそれ以降)全体に有形資産への投資を拡大しました。しかし、経済的強制の武器に変身した、前述の2つの米国主導の機関への直接の挑戦において、BRICSは2014年に新開発銀行を設立しました。

BRICSが現在アクティブではないが、アクティブになる可能性があるもう1つの領域は、セキュリティです。財政的および経済的安定は、セキュリティの不可分の一部です。安定した経済・金融システムがなければ、持続可能な平和はあり得ません。同様に、安定したセキュリティフレームワークがなければ、BRICSとそのパートナーが望む人間開発の推進力はあり得ません。残念ながら、これら2つの側面の間の接続は、一般的なリベラルな国際システムでは確立されていませんが、BRICSは、これらを結び付けるのに役立つ可能性があり、これは非常に有益な開発になります。

一方、BRICSの締めくくりとして、米国主導の2つの国際フォーマットであるG7と北大西洋条約機構(NATO)が間もなく開催されます。注目すべきことに、NATOは、2010年以来、最初の「戦略的概念」(組織の目的と原則を定義する文書)を起草します。これにより、軍事ブロックの範囲がヨーロッパをはるかに超えて、おそらくアジア太平洋にまで拡大することが期待されます。中国の近所への深刻な挑戦。これはおそらく、中国のXiJinping大統領がBRICSの演説でヘゲモニーの周りに構築された「小さな円」を非難した理由を説明しています。

少なくとも、BRICSは、米国、NATO、および一般的な西洋主導の世界システムの悪影響のバランスをとる上で重要な役割を果たしています。金融と経済はこれの小さな部分ではなく、ドルベースのブレトンウッズシステムの代替案を確立し、政治的条件なしにグローバルサウスに信用を提供し、新しい予備通貨を確立するというBRICSの意欲は、マルチ極地の未来。




posted by ZUKUNASHI at 19:48| Comment(0) | 国際・政治

ロシアの友好国は穀物を確保できている

posted by ZUKUNASHI at 19:05| Comment(0) | 国際・政治

ロシアは人権のために戦う者を追い出すような国ではない

スノーデンのロシア残留を例にとって説明しています。
posted by ZUKUNASHI at 14:29| Comment(0) | 国際・政治

ロシアとイスラエルの緊張高まる


posted by ZUKUNASHI at 11:31| Comment(0) | 国際・政治

ロシア産石油の上限価格設定を日本がリード?

読売2022/07/03 23:27
ロシア産石油の上限設定、岸田首相「実現すれば今の半分程度に」
岸田首相は3日、ウクライナに侵略したロシアに対する制裁の一環として、先進7か国首脳会議(G7サミット)で検討を打ち出した露産石油の取引価格の上限設定に関して、実現すれば、現行価格の半分程度になるとの見通しを示した。
 首相は東京都内での街頭演説で「今の半分程度の価格を上限として、それ以上では国際社会において買わない、買わせない仕組みを作る」と述べた。上限価格設定は、原油価格の上昇を抑え、戦費に回るロシアの収入を減らす狙いだが、具体的な制度設計が課題となっている。
 一方、首相は3日のNHK番組で、露極東サハリンの石油・天然ガス事業「サハリン2」運営会社の資産を無償譲渡するよう命じる露大統領令について、「いきなりガスの供給ストップにつながるものではないと思っている」との認識を示した。事業には、日本企業も出資している。

共同2022年7月3日 20:00
ロシア産石油価格「半分に」 岸田首相、G7の上限設定で
G7首脳会議
岸田文雄首相は3日、先進7カ国首脳会議(G7サミット)の首脳声明に盛り込まれたロシア産石油の取引価格の上限設定に関し、現在の半分ほどになるとの見通しを示した。「今の価格の半分程度に上限を定め、それ以上で買わない、買わせない仕組みをつくっていく」と述べた。都内での街頭演説で語った。
G7はウクライナ侵攻を続けるロシアへの制裁強化の一環として、ロ産石油の取引価格の上限設定を検討することで合意していた。戦費調達につながる外貨獲得手段を細らせる狙いがある。首相は「平和の秩序が揺るがされる大きな事態に直面している。暴挙には大きな代償が伴うことを示さなければいけない」と強調した。
ウクライナ侵攻が物価高騰を招いていると指摘。G7サミットで物価高騰対策を巡る連携を確認したとアピールした。〔共同〕

Japan calls out Russia over move to end LNG
Tokyo demands information about ownership change at Sakhalin-2
Japan has requested an explanation from Russia regarding President Putin’s recent decree on the Sakhalin-2 LNG project, Foreign Minister Yoshimasa Hayashi said during a press conference on Tuesday.

Last week, President Putin ordered the re-organization of the Sakhalin-2 LNG project, transferring ownership to a new, domestic, company. The move, which came in response to actions from ‘unfriendly states’, could force out Japanese investors Mitsui and Mitsubishi, which hold a 22.5% stake in the project. Moscow earlier accused Japan of benefiting from its participation in the project while joining the West in placing sanctions on Russia.

“As for the Sakhalin-2 project, it is important for ensuring stable energy supplies for our country. I think that the presidential decree does not mean that energy supplies from Sakhalin will be immediately stopped,” Hayashi said, as quoted by RIA Novosti.

“However, a detailed analysis of information is currently being carried out on how the rights of Japanese companies will be respected under this decree, as well as what impact this will have on LNG supplies to Japan,” he added.

Japan said it would not give up its interests in the project, which is important for the country’s energy security. Sakhalin is the closest LNG facility to Japan and shipments from the site on Russia’s far eastern coast take less than two days to arrive, compared to around a month for imports from the US. Japan imports 10% of its LNG each year from Russia, mainly under long-term contracts from Sakhalin-2.

The Japanese government is reportedly starting to prepare for a possible energy crisis in the country and has recently told residents and businesses in the Tokyo area to conserve energy to avert blackouts.

Russia responds to Japanese threat
Former President Dmitry Medvedev has warned that Tokyo’s proposed oil price cap could push crude above $400 a barrel

Tokyo’s proposal to place a cap on Russian oil prices would lead to significantly less crude on the market and could drastically push oil prices higher, former Russian president Dmitry Medvedev warned on Tuesday.

Responding to the idea put forward by Japanese Prime Minister Fumio Kishida on Sunday, Medvedev wrote on his Telegram channel that Japan “would have neither oil nor gas from Russia, as well as no participation in the Sakhalin-2 LNG project” if Tokyo decided to go through with the proposal.

“Japanese PM Kishida recently blurted out that the price ceiling for Russian oil would be set at half its current price. Plus, a mechanism will be created that will not allow the purchase of our oil at a price higher than the established one,” the former president wrote.

He went on to explain what this would mean when “translated from Japanese into Russian,” writing that such a move would severely limit the amount of oil available on the market, causing its price to be “much higher.”

“In fact, it will be even higher than the predicted astronomical price of $300-400 a barrel. Compare this with the dynamic of gas prices,” Medvedev said.

During last week’s G7 summit, the leaders of Germany, France, Canada, the US, the UK, Japan, and Italy agreed to explore the feasibility of introducing temporary import price caps on Russian fossil fuels, including oil, citing the ongoing military conflict between Moscow and Kiev.

However, as the Kremlin has pointed out, implementing a measure such as the one proposed by Japan would first require the approval of other countries. Kremlin spokesperson Dmitry Peskov stated on Monday that Kishida’s idea was merely “a single statement only, without any decisions taken.”

Japan warned about Russian gas supply
The Asian nation has no choice but to buy LNG from Moscow, according to Mitsui OSK Lines
Japan will have to continue importing Russian liquefied natural gas (LNG) due to surging energy prices and limited prospects for rebooting nuclear plants, the Financial Times reported on Sunday, citing Japanese transportation giant Mitsui OSK Lines (MOL).

The company’s CEO, Takeshi Hashimoto, told the business daily that Japan lacks viable alternatives to Russian LNG, which it buys relatively cheaply under long-term deals, to secure its baseload power.

“We cannot use many nuclear power stations; therefore, the supply and demand balance of the power industry is quite tight,” the CEO said. “Nowadays, the spot market of both LNG and coal is quite expensive. That is one of the reasons why Japan is so reluctant to stop the LNG imports from Russia.”

According to Hashimoto, MOL plans to keep servicing Japanese gas buyers such as Tokyo Gas and Jera with imports from Russia. “Since Japanese buyers require Sakhalin-2 LNG, definitely we will try our best to continue our normal services regardless of Russian national policy.”

On Thursday, Russian President Vladimir Putin ordered the re-organization of the Far Eastern Sakhalin-2 LNG project, transferring ownership to a new domestic company. The move, which came in response to actions from ‘unfriendly states’, could force out Japanese investors Mitsui and Mitsubishi, which hold a 22.5% stake in the project.

Moscow said that in spite of the changes, supplies of LNG to the global market will continue unhindered. Nevertheless, the Japanese government has reportedly told residents and businesses in the Tokyo area to conserve energy to avert blackouts.
posted by ZUKUNASHI at 07:47| Comment(0) | ウクライナ

サハリン2はキックオフ 日ロの緊張高まる

サハリン2「ロシア企業に無償譲渡」の大統領令…三井物産・三菱商事が出資
読売新聞オンライン
 ロシアのプーチン大統領は6月30日、露極東サハリンの石油・天然ガス事業「サハリン2」の運営会社で、日本企業も出資する「サハリン・エナジー・インベストメント社」の資産を、新設するロシア企業に無償で引き渡すよう命ずる大統領令に署名した。日本側が引き続き事業に参画できるか不透明な情勢となっている。



詳しいことがわかりませんが、ロシア政府は、経済制裁への参加などで日本に対する心証を悪くしています。一方的な接収はやらないはずです。生産物の分与は当面続けるのでは。日本政府とロシア政府との交渉になりましょう。

午後1時前に三井物産の株式は6%下落です。日経平均は、480円の下落。

サハリン2のロ大統領令、日本企業の権益など精査中=官房副長官
[東京 1日 ロイター] - 木原誠二官房副長官は1日、ロシアのプーチン大統領が石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の権益を全て引き継ぐ新たな運営体を設立する大統領令に署名したことに関連し、日本企業の権益の扱いや日本の液化天然ガス(LNG)輸入への影響を精査している段階だと明らかにした。その上で「一般論として、わが国の資源にかかる権益が損なわれることがあってはならない」との認識を示した。
日本は液化天然ガス(LNG)全輸入量のうち約8%をサハリン2から調達している。政府は日本のエネルギー安全保障上きわめて重要なプロジェクトであるとして、これまで撤退しない方針を繰り返し示してきた。
木原副長官は今後の対応について、ロシア側の意図や背景についても精査中であり、現時点で回答できる段階ではないとした。

サハリン2に関するツイッターが沸騰です。日本がロシアに対して経済制裁をかけていることに言及している例は見当たらない。

予想外の騒ぎになっています。株式市場は、時間外での米国株式先物の下落も影響しているようですが。

東京ガスが9.5%の下落。サハリン2からLNGを調達している。

次のツイートはまともなもののひとつ



日本がロシアからの木材輸入禁止で住宅用木材、合板の価格が上がっていますが、それは問題になっていない。そのうち肥料も上がるでしょうが、ロシアが悪いの大合唱になる?

2022/07/01 18:55
サハリン2からのLNG供給、大統領令により停止する根拠ない=ロシア大統領府
[モスクワ 1日 ロイター] - ロシアのペスコフ大統領報道官は1日、ロシア極東の石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の権益などを引き継ぐ新たな事業体を設立する大統領令について、事業体の設立後にサハリン2から液化天然ガス(LNG)の供給が止まる根拠はないと述べた。[nL4N2YH3UC]
サハリン2は西側企業が出資する他の事業の事例になり得るかとの質問には、他の事業はケースバイケースで検討すると述べた。

Kremlin reacts to gas project 'nationalization' claims
President Putin ordered a domestic company to take ownership of Sakhalin 2 on Thursday
The change in ownership of the Sakhalin-2 oil and gas project in Russia’s Far East should not be viewed as nationalization, Kremlin spokesman Dmitry Peskov said on Friday.

On Thursday, Russian President Vladimir Putin signed a decree ordering the creation of a firm to take over all rights and obligations of the Sakhalin Energy Investment Company. The document indicates that it is up to Moscow to decide whether foreign shareholders are to remain in the enterprise.

Asked whether other projects involving Western corporations in Russia would follow suit, Peskov responded that each situation will be reviewed on a case-by-case basis.

The Kremlin spokesman added that the government sees no reason for the supply of liquefied natural gas (LNG) from Sakhalin-2 to stop after the measure is implemented.

Major shareholders of the Sakhalin-2 oil and gas project include Russian energy giant Gazprom, which holds 50% plus one share. Foreign firms include Britain’s Shell, which owns 27.5% minus one share, and Japan’s Mitsui & and Mitsubishi, with 12.5% and 10% respectively.

Shell is currently evaluating the requirements set out by the Russian authorities, a company spokesperson told TASS news agency. In May, Reuters reported that the UK company was in talks with a consortium of Indian energy firms to sell its stake in Sakhalin-2.
Putin orders a huge Far Eastern oil and gas project be re-organised: Is Russia kicking the West out of key energy deals?
The Kremlin has decided that ownership of the LNG operation should be changed to a new domestic entity

What does Putin’s decree say?

The presidential order creates a new Russian firm to take over all the rights and obligations of Sakhalin Energy Investment. Gazprom will retain its stake while the other partners have one month to indicate whether they want a share in the new company. If permission is denied by the Russian government, the stakes would be divested and the proceeds from the sale would be moved to a special account. The money could then be used to repay unspecified damages or be sent to the shareholder under the production sharing agreement, according to the decree. Those who chose to exit may not be fully compensated.
大統領令は、サハリン・エナジー・インベストメントのすべての権利と義務を引き継ぐ新しいロシア企業を設立する。ガスプロムは株式を保持し、他のパートナーは1ヶ月以内に新会社の株式が欲しいかどうかを示す必要がある。ロシア政府の許可が下りない場合は、株式を売却し、その売却代金を特別会計に繰り入れる。この資金は、不特定の損害賠償に充てられるか、生産物分与契約に基づく株主に送られることになるという。撤退を選択した人は、十分な補償を受けられない可能性がある。

Putin orders a huge Far Eastern oil and gas project be re-organised: Is Russia kicking the West out of key energy deals?
The Kremlin has decided that ownership of the LNG operation should be changed to a new domestic entity (抜粋)

Shell said on Friday that the company was aware of the decree and was “assessing its implications.” The firm made clear its intention to quit the project months ago and has been in talks with potential buyers, including from China and India. Those plans appear to be in jeopardy.

Japan has previously said it would not give up its interests in the Sakhalin-2 project, which is important for its energy security. Moscow earlier accused Japan of benefiting from its participation in the project while being an “unfriendly nation” that joined the West in placing sanctions on Russia. It won’t be easy for Japan to withdraw from the project, experts point out. Replacing Russian LNG from Sakhalin-2 would reportedly cost Tokyo $15 billion, with the price tag for imports jumping 35% if Mitsui and Mitsubishi opt out. But now Russia could make the decision for Japan and redirect its imports to other nations, such as China, India, or Vietnam.

Moscow sees no grounds for supplies to stop from Sakhalin-2 after the new operator takes over. However, some analysts warn the move may unsettle an already tight LNG market, taking into account that the European Union is adding to increased competition for liquified natural gas amid a global energy crunch. Sakhalin-2 supplies about 4% of the world’s current LNG market.

結局
新会社の株式を取得希望する場合は、1か月以内に申し出てロシア政府の承認を受ける必要がある。非友好国には承認しないだろうから、日本が非友好国でないと表明する必要がある。これまでの経済制裁を止めるかどうか選択を迫られる。米国の言いなりに経済制裁をやってきたことのツケ。
新会社の移行の過程で直ちに日本への供給がなくなるということはないようだが、新会社の株式を取得しなければロシア政府は日本向けの分を他国に振り向けられるとも書いてある。

ツイッターで様々な主張が乱れ飛んでいます。経済制裁をした際に報復、対抗措置がありうることを忘れていたらしい。




日本はロシアから石油もガスも手に入らない、メドベージェフが発言
МОСКВА, 5 июл − РИА Новости. Замглавы Совета безопасности Дмитрий Медведев, комментируя заявление главы японского правительства Фумио Кисиды про потолок цены на российскую нефть, заявил, что Токио не получит энергоносители из России и может забыть об участии в "Сахалине-2".
Ране Кисида сказал, что решение об ограничении стоимости российской нефти уже принято. При этом в Кремле отметили, что такое заявление само по себе не значит, что эти меры поддержали другие страны.
"В переводе с японского на русский это означает: нефти будет на рынке существенно меньше, а цена ее будет гораздо выше. Причем выше прогнозируемой астрономической цены в 300-400 долларов. Сравните с динамикой цен на газ. А вот у Японии не будет ни нефти, ни газа из России. Как и участия в проекте по СПГ "Сахалин-2", − написал он в Telegram-канале.

Лидеры G7 на саммите 26-28 июня подтвердили намерение снизить зависимость от энергоносителей из России и предварительно договорились о начале ограничения цен на российские нефть и газ. В коммюнике по итогам саммита отмечается, что участники поддерживают решение ЕС изучить пути сдерживания цен на энергоресурсы, включая введение временного ограничения цен на импорт.
При этом западные СМИ со ссылкой на официальные лица в ЕС сообщали, что Германия и некоторые другие стран Евросоюза на закрытой встрече выражали обеспокоенность в связи с возможным "лимитом цен" на российскую нефть после того, как страны G7 договорились начать работу по этому вопросу. В Берлине заявили, что такое предложение добавили в коммюнике под давлением Вашингтона. На следующий день посол призвал относиться к этому предложению "реалистично", отмечало агентство Рейтер. Озабоченность Германии поддержала Венгрия.
モスクワ、7月5日 - RIA Novosti. 安全保障理事会のドミトリー・メドベージェフ副議長は、岸田文雄首相がロシアの原油価格の上限について発言したことについて、東京はロシアからエネルギー資源を受け取らず、サハリン2プロジェクトに参加することも忘れるかもしれないとコメントした。
これに先立ち、岸田はロシアの原油価格の上限を設定することはすでに決定していると述べた。同時に、クレムリンは、このような声明はそれ自体、他の国がこの措置を支持することを意味するものではないとも指摘した。
日本語からロシア語に訳すと、「市場に出回る石油が大幅に減り、価格が高くなる」という意味だ。しかも、予測されていた300〜400ドルという天文学的な価格よりも。ガソリン代と比較してみてください。しかし、日本はロシアから石油もガスも手に入らなくなる。また、サハリン2のLNGプロジェクトにも参加しない」とテレグラム・チャンネルに書き込んだ。

6月26-28日のG7首脳会議では、ロシアからのエネルギー供給への依存度を下げることを再確認し、ロシアの石油・ガスの価格制限を開始することで暫定的に合意した。首脳会議のコミュニケでは、参加者は、一時的な輸入価格上限の導入を含む、エネルギー価格を抑制する方法を探るというEUの決定を支持すると記している。
同時に、欧米メディアはEU関係者の話として、ドイツをはじめとする一部のEU諸国が非公開の会合で、G7諸国がこの問題について作業を開始することに合意した後、ロシアの石油に「価格上限」を設ける可能性について懸念を表明したと報じている。ベルリンによると、このような提案はワシントンからの圧力でコミュニケに加えられたという。翌日、大使はこの提案を「現実的に」扱うよう求めたとロイターは指摘している。ドイツの懸念は、ハンガリーも同じだった。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 00:18| Comment(0) | ウクライナ