ずくなしの冷や水

2022年07月03日

ウクライナ この先の展開

West still betting on continuing war, not allowing Kiev to talk about peace
Kremlin confident common sense will prevail, talks on Ukraine will resume
MOSCOW, July 3. /TASS/. The West is currently betting on continuing the war, Washington does not allow Kiev to think or talk about peace, Russian presidential spokesman Dmitry Peskov said on Sunday.

"Now is the moment when Western countries are betting on the continuation of the war. This means that the moment continues when Western countries, under the leadership of Washington, do not allow Ukrainians to think or talk about peace," Peskov said in an interview with Rossiya-1 TV channel.

At the same time, he is convinced that sooner or later common sense in the West will prevail and negotiations on Ukraine will resume. "Now the demand for initiatives to pacify the situation has declined. But we have no doubt that sooner or later common sense will prevail and once again the turn of negotiations will come," Peskov added.

He also noted that before the negotiation process resumes, Ukraine will have to "once again understand Moscow's conditions". "Agree to them. Sit down at the table. And just formalize the document that has already been agreed in many respects," Peskov concluded.

European leaders most often lack the strength to be guided only by the interests of their countries, they have to follow the collective West, Russian presidential spokesman said.

"European leaders, they still have their own countries with their own interests. And they actually can have varying points of view. We see this very well," Peskov said, commenting on the differences between countries in the G20.
モスクワ 7月3日 /TASS/. ロシア大統領報道官ドミトリー・ペスコフは日曜日に、西側諸国は現在、戦争の継続に賭けており、ワシントンはキエフが平和について考えたり話したりすることを許さない、と語った。

"今、西側諸国は戦争の継続に賭けている瞬間である。これは、ワシントンの指導の下、西側諸国がウクライナ人に平和について考えたり話したりすることを許さない瞬間が続いているということだ」とペスコフ氏はテレビ局ロシヤ1とのインタビューで語った。

同時に、遅かれ早かれ西側諸国の常識が勝り、ウクライナに関する交渉が再開されると確信している。「現在、事態を沈静化させるためのイニシアチブの需要は減少している。しかし、遅かれ早かれ常識が勝り、再び交渉の番がやってくることは間違いない」とペスコフ氏は付け加えた。

また、交渉が再開される前に、ウクライナは「モスクワの条件をもう一度理解する」必要があると指摘した。「それらに同意する。テーブルの前に座れ。そして、多くの点ですでに合意された文書を正式なものにするだけだ」とペスコフ氏は締めくくった。

ロシア大統領報道官は、ヨーロッパの指導者たちは自国の利益だけに導かれる強さを持たないことがほとんどで、西洋の集団に従わなければならない、と述べた。

「ヨーロッパの指導者たちは、まだ自分の国を持っており、自分の利益を持っている。そして、実際に様々な視点を持つことができる。我々はこのことをよく理解している」と、ペスコフ氏はG20における各国間の違いについてコメントした。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。


posted by ZUKUNASHI at 17:44| Comment(0) | ウクライナ

リシチャンスク制圧



予想より早まりました。チェチェンの兵士が多いです。


リシチャンスクでウクライナ側の兵士は、武器を捨てて逃げたんですね。武器を捨てれば、ロシア側が攻撃することはないことを知っています。包囲されていても、そこは逃がしてやったということでしょうか。ドローンで監視していれば兵士の個別の動きを把握できます。
posted by ZUKUNASHI at 17:31| Comment(0) | ウクライナ

0000

posted by ZUKUNASHI at 10:33| Comment(0) | 国際・政治

コロナ米国研究所起源説

"私はランセット誌で2年間、コビドに関する委員会の委員長を務めました。私は、それが米国のバイオテクノロジー研究所から生まれたものであると確信しています。[しかし、アメリカでもどこでも調査されていないのです。


管理人は、感染拡大初期に武漢やイランの聖地コムでの感染爆発が見られたことから米国の仕掛けだろうとみていました。


最近、新コロナウィルスのDNAの配列などから人為的に作成されたものであるとの見解を示す人が増えています。

2020年03月30日
新コロナウィルスは生物兵器

2020年03月03日
イランの新コロナウィルス蔓延はすごいようだ

2020年02月28日
イランは接触感染による流行のようだ
posted by ZUKUNASHI at 08:36| Comment(0) | Covid19