ずくなしの冷や水

2022年07月02日

00000

John Bolton makes prediction for Ukraine conflict
Biden has “made mistake after mistake” in handling the crisis, the hawkish Republican and former US national security adviser says
US President Joe Biden had failed to deter the Russian offensive in Ukraine and now has no idea what to do with the ongoing conflict, former US national security adviser John Bolton has said. Bolton also claimed that a deal between Moscow and Kiev seems to be unlikely at the moment.

The Republican politician, who is a staunch critic of Russia and one of the most hawkish figures on the American political scene, appeared on CBS on Saturday, claiming that Biden had “made mistake after mistake” in handling the Ukrainian crisis.

The US leader had the means to prevent the Russian military operation, but “didn’t exercise them,” he insisted. According to Bolton, Biden shouldn’t have announced publicly that American troops wouldn’t be sent to Ukraine to “leave the burden of ambiguity on Russia.” The right thing to do for Biden was also to slap sanctions on Moscow before the start of the offensive, not after it had already begun, he added.

As for the possibility of the conflict between Russia and Ukraine being settled at the negotiating table, the former US national security adviser said: “I don't see any possibility of a deal between the two of them.”

“I don’t think [Russian President Vladimir] Putin is in a position to say he has achieved Russia’s objectives. He may come to that at some point. It may be a lie, but he’ll find a way to stop the hostilities on his own terms,” he said.

Ukrainian President Volodymyr Zelensky also “has no flexibility to negotiate at this point,” as polls show that the majority of Ukrainians object to any territorial concessions to Russia, he added.

“So, sadly, particularly for Ukraine, I think this grinds on for some time,” Bolton said of the fighting.

When asked whether the White House had a winning strategy in Ukraine now after four months of conflict, Bolton responded by saying: “I don't think they do.”

“I think now they don’t know what outcome to expect; they don’t know what they want to achieve,” he pointed out.

“The initial strategy [of the Biden administration] was to prevent catastrophic defeat” for Kiev as Washington expected Ukraine to fall in a couple of weeks, the 73-year-old said.

“Let’s not get too excited about the fact that Ukraine wasn’t overrun,” he urged, adding that “now we need to decide what our objectives are.”

According to Bolton, they should be “gaining again full territorial integrity and sovereignty for Ukraine.”

Biden addressed the Ukrainian conflict during the NATO summit in Madrid earlier this week. “I don’t know how it’s going to end,” he said, but at the same time vowed that “it will not end with a Russian defeat of Ukraine in Ukraine.”

The US has been the strongest backer of Kiev amid the Russian military operation, providing Ukraine with billions of dollars in military and financial aid, as well as with intelligence data. “We are going to stick with Ukraine, and all of the [NATO] alliance is going to stick with Ukraine as long as it takes,” Biden said.
ジョー・バイデン米大統領は、ウクライナにおけるロシアの攻勢を抑止することができず、現在進行中の紛争にどう対処すべきか見当もつかないと、前米国国家安全保障顧問のジョン・ボルトン氏は述べた。ボルトン氏はまた、モスクワとキエフの間の取引は今のところあり得ないようだとも主張した。

ロシアを厳しく批判し、アメリカの政治シーンで最もタカ派的な人物の一人である共和党の政治家は、土曜日にCBSに出演し、バイデンはウクライナ危機の処理で「ミスにミスを重ねた」と主張している。

米国の指導者はロシアの軍事作戦を阻止する手段を持っていたが、「行使しなかった」と主張した。ボルトンによれば、バイデンはウクライナに米軍を派遣しないことを公言して、"ロシアに曖昧さの重荷を残す "べきではなかったという。バイデンがすべきことは、モスクワへの制裁を、すでに攻勢が始まってからではなく、その前に叩きつけることだった、とも付け加えた。

ロシアとウクライナの紛争が交渉のテーブルで解決される可能性については、米国の元国家安全保障顧問は次のように述べた。"両者の間で取引が行われる可能性はないだろう。"

"私は(ロシアのウラジーミル)プーチン大統領がロシアの目的を達成したと言える立場にはないと思う。彼はある時点でそれに至るかもしれない。嘘かもしれないが、彼は自分の条件で敵対行為を止める方法を見つけるだろう」と述べた。

ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領も、世論調査の結果、ウクライナ人の大半がロシアへの領土譲歩に反対していることから、「今のところ交渉のための柔軟性はない」とも述べた。

「だから、悲しいかな、特にウクライナにとっては、これはしばらく続くと思う」とボルトン氏は戦闘について述べた。

4カ月に及ぶ紛争を経て、ホワイトハウスはウクライナで勝つための戦略を持っているのか、という質問には、ボルトン氏は"そうとは思えない"と答えた。

「今、彼らはどんな結果を期待すればいいのか、何を達成したいのか分かっていないのだと思う」と指摘した。

「バイデン政権の)最初の戦略は、キエフの壊滅的な敗北を防ぐことだった」と73歳の彼は言い、ワシントンはウクライナが2、3週間で陥落すると予想していたのだという。

「ウクライナが制圧されなかったことにあまり興奮しないようにしよう」と呼びかけ、「今、われわれは何を目標とするかを決める必要がある」と付け加えた。

ボルトンによれば、それらは「ウクライナの領土保全と主権を再び完全に獲得すること」である。

バイデンは、今週初めにマドリッドで開催されたNATO首脳会議で、ウクライナ紛争を取り上げた。"どのように終わるのかわからない "と彼は言ったが、同時に "ウクライナでロシアがウクライナを倒すことで終わることはない "と誓ったのである。

米国はロシアの軍事作戦の中で、キエフの最強の支援者であり、ウクライナに数十億ドルの軍事・財政援助と情報データを提供している。バイデン氏は、「我々はウクライナと一緒にいるつもりであり、(NATO)同盟のすべてが、それが必要とする限り、ウクライナと一緒にいるつもりだ」と述べた。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

Hungary suggests solution to curb global inflation
A ceasefire in Ukraine instead of anti-Russia sanctions could help tackle rising prices, Hungarian PM Viktor Orban has said
Hungary suggests solution to curb global inflation
コピーライトマーク Getty Images / NurPhoto / Contributor

A ceasefire in Ukraine instead of anti-Russia sanctions is necessary to stop ‘wartime inflation’, Hungarian Prime Minister Viktor Orban claimed on Friday. However, he said his was the only country advocating this solution.


posted by ZUKUNASHI at 23:03| Comment(0) | ウクライナ

NATOは世界平和に対する最大の脅威

NATO number one threat to global peace, says French politician
It is stted that NATO considers the EU as "a registration office of its members"
PARIS, June 27. /TASS/. NATO is the biggest threat to global peace since it is pushing the European Union toward confrontation with Russia and China and is seeking to destroy the "buffer zone" by forcing neutral states to take sides in this confrontation, a French member of the European Parliament told TASS on Monday.

"Thanks to widespread NATO propaganda, it is becoming clear that the organization, which was once described by [French President] Emmanuel Macron as brain dead, is morphing from a trans-Atlantic alliance into a global structure," Herve Juvin, a member of the European Parliament’s Subcommittee on Security and Defence (SEDE), said ahead of a NATO summit due to be held in Madrid on June 28-30.

According to Juvin, NATO considers the European Union as "a registration office of its members" and, being guided by this logic, is mounting pressure on such countries as Georgia, Armenia, and Ukraine, "which have never been part of Europe either geographically, or politically, or in humanitarian terms," as well as on Bosnia-Herzegovina, Montenegro, North Macedonia, and Kosovo with an eye of admitting them to the US-led military bloc.

"This is a dangerous step because it eliminates the entire security space, the buffer zone the great powers have given each other as a price for their security. NATO is the number one threat to peace in the entire world because it is encircling Russia and is getting prepared to encircle China. And the European Union’s kowtowing to NATO, which, as a matter of fact, is serving Anglo-American interests, radically alien to Europe. This is the result of the shocking ignorance of European governments and those who were installed there by them at the helm of European institutions," he stated.

He compared the current security situation with the 1962 Cuban Missile Crisis when the United States deployed intermediate-range missiles in Turkey and the former Soviet Union deployed its military in Cuba. However, "diplomacy won the upper hand" back then and the sides recognized mutual concerns in the security sphere, the French lawmaker noted, adding that in the current situation Washington should reckon with Moscow’s concerns and withdraw its intermediate-range missiles from Poland and Romania, and shut down its biolabs and chemical weapons research centers at Russia’s borders.

"But American diplomacy, which used to respect other powers, has fallen into the hands of a tribe of neoconservatives, who dream of biblically crushing any enemy. The key danger lies in disregarding the reality, so characteristic of American and, hence, European politics today. There is nothing more dangerous in foreign politics than to divide people into bad and good guys," he added.
パリ、6月27日。/NATOは欧州連合(EU)をロシアや中国との対立に向かわせ、中立国にこの対立の味方をさせることで「緩衝地帯」を破壊しようとしているので、世界平和に対する最大の脅威だと、フランスの欧州議会議員が月曜日、タス通信に語った。

欧州議会の安全保障・防衛小委員会(SEDE)のエルベ・ジュバン委員は、6月28日から30日にマドリードで開催される予定のNATO首脳会議を前に、「NATOのプロパガンダのおかげで、かつて(フランスの)エマニュエル・マクソン大統領が脳死状態と評したこの組織が、大西洋横断同盟からグローバル構造へと変形しつつあることが明らかになってきた」と述べた。

ジュビンによれば、NATOはEUを「加盟国の登録所」とみなしており、この論理に導かれて、グルジア、アルメニア、ウクライナといった「地理的にも政治的にも人道的にも決してヨーロッパの一部ではない」国々や、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、北マケドニア、コソボを米国主導の軍事ブロックへの加盟を目指して圧力を加えているのだそうです。

「これは、大国が安全保障の代償として互いに与え合ってきた緩衝地帯である安全保障空間全体を排除するものであり、危険な一歩である。NATOは、ロシアを包囲し、中国を包囲する準備を始めているため、全世界の平和に対する最大の脅威である。そして、EUのNATOへの屈服は、実のところ、ヨーロッパとは根本的に異質な英米の利益に奉仕しているのです。これは、欧州政府および欧州機関のトップに据えられた人々の衝撃的な無知の結果である」と述べた。

彼は現在の安全保障状況を、米国がトルコに中距離ミサイルを配備し、旧ソ連がキューバに軍を配備した1962年のキューバ・ミサイル危機と比較した。しかし、当時は「外交が優位に立ち」、安全保障分野における相互の懸念を認識したと、同議員は指摘し、現在の状況では、米国はモスクワの懸念を考慮し、ポーランドとルーマニアから中距離ミサイルを撤去し、ロシア国境のバイオラボと化学兵器研究センターを閉鎖すべきだと述べた。

「しかし、かつて他国を尊重したアメリカ外交は、どんな敵でも聖書的に粉砕することを夢見る新保守主義者の一族の手に落ちてしまったのである。重要な危険は、今日のアメリカ、ひいてはヨーロッパの政治に特徴的な、現実を無視することにある。外交において、人を悪人と善人に分けることほど危険なことはない」とも言った。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。


NATOとロシアは合意に達する可能性が高いようです。
1.占領地での現状維持
2.フィンランドとスウェーデンがNATOに加盟したが、軍隊は駐留していない。
3.オデッサ港の保持
4.ウクライナの領土をポーランドに引き渡さないこと

posted by ZUKUNASHI at 20:39| Comment(3) | 国際・政治

Ukraine reiterates threat to strike Crimean Bridge

Ukraine reiterates threat to strike Crimean Bridge
The attack will take place “at the right moment,” Zelensky’s top aide says
Ukraine still has plans to strike Europe’s longest bridge connecting Crimea to Russia’s Krasnodar Region, Alexey Arestovich, a top aide to Ukrainian President Volodymyr Zelensky, has said.

On Friday, alarming reports emerged of large plumes of while smoke coming from an area near the Crimean Bridge, also known as the Kerch Bridge. But the Crimean authorities later said there was no reason to panic, explaining that Russian police were holding drills near one of the sections of the 19km-long structure.

When asked about those exercises during an interview with activist Mark Feygin on YouTube, Arestovich said the authorities “were right to be preparing.”

“Nobody is being sentimental. If such a need arises, we’ll strike the Crimean Bridge, at the right moment,” he said.

However, the presidential aide acknowledged that the weapons currently possessed by the Ukrainian military were “technically incapable” of reaching the strategic bridge.

“But the time will come and we’ll be able to do it. In this war, there have long been no constraints. It’s only about technical capability,” he insisted.

The Kerch Bridge was built between 2016 and 2018, becoming a symbol of Crimea’s reunification with Russia. During the conflict with Kiev, Moscow has been using it to transport armored vehicles and other military hardware.

Several Ukrainian officials and military commanders have issued warnings over the past four months that the multi-billion-dollar infrastructure could become a target for Kiev’s forces.

Arestovich, who was among those who issued warnings, acknowledged last month that delivering significant damage to the bridge was a tough task, even with weapons of adequate range, as one of its 595 pillars would need to be destroyed. “It’s built in a way that one would need to use tactical nuclear weapons to bring it down,” he claimed.

The Kremlin Press Secretary Dmitry Peskov said in mid-June that Moscow “was aware and took notice” of the Ukrainian threats. The security of the Kerch Bridge and the whole of Crimea was “guaranteed” by preventive measures taken by the Russian Armed Forces, he said.
ウクライナ、クリミア橋への攻撃予告を再確認
攻撃は「適切なタイミングで」行われる、とゼレンスキー首席補佐官
ウクライナは、クリミアとロシアのクラスノダール地方を結ぶヨーロッパ最長の橋を攻撃する計画をまだ持っていると、ウクライナのVolodymyr Zelensky大統領補佐官のAlexey Arestovichが述べた。

金曜日には、ケルチ橋として知られるクリミア橋の近くの地域から大きな噴煙が上がっているという驚くべき報道がなされた。しかし、クリミア当局はその後、パニックになる理由はないと述べ、ロシア警察が全長19kmの構造物の一区間の近くで訓練を行っていると説明した。

YouTubeで活動家マーク・フェイギンにインタビューした際、これらの訓練について尋ねられたアレストビッチ氏は、当局が「準備していたことは正しかった」と述べた。

「誰も感傷的になってはいない。もしそのような必要が生じれば、我々はクリミア橋を、適切なタイミングで攻撃するだろう」と述べた。

しかし、大統領補佐官は、現在ウクライナ軍が保有している兵器は、戦略的橋梁に到達することは「技術的に不可能」であることを認めた。

「しかし、その時が来れば、できるようになる。この戦争では、昔から制約がない。技術的な能力の問題だけだ」と主張した。

ケルチ橋は2016年から2018年にかけて建設され、クリミアのロシアとの再統一の象徴となった。キエフとの紛争中、モスクワは装甲車などの軍用ハードウェアの輸送に利用してきた。

数十億ドル規模のインフラがキエフ軍の標的になる可能性があるとして、複数のウクライナ政府高官や軍司令官が過去4カ月間に警告を発していた。

警告を発した人物の一人であるアレストビッチ氏は先月、橋の595本の柱のうち1本を破壊する必要があるため、十分な射程距離を持つ武器でも大きなダメージを与えることは困難であることを認めた。「橋は戦術核兵器を使わないと倒せない構造になっている」と主張した。

クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は6月中旬、モスクワがウクライナの脅威を「認識し、留意している」と述べた。ケルチ橋とクリミア全体の安全は、ロシア軍による予防措置によって「保証」されていると述べた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

ロシアは、橋が攻撃によって破壊されれば、キエフの意思決定本部を攻撃するとしています。
posted by ZUKUNASHI at 17:19| Comment(0) | ウクライナ

ゲラシモフは復帰してウクライナの司令部を訪問





Valery Gerasimov has addressed ways and means of coordination between Russian troops on the ground
Russian Chief of General Staff has paid a visit to the country’s troops in Ukraine amid the ongoing military operation there, the ministry has confirmed in a statement.

“Army General Valery Gerasimov listened [to reports from] the commanders on the use of troops in the course of carrying out the tasks of a special military operation, as well as from other officials on issues related to combat support of the actions of Russian units in various areas,” the statement reads.

Russia’s chief of staff visits troops in Ukraine
The army general worked alongside senior commanding officers at command posts of the Russian military units, paying “special attention to the use of automated combat control systems during combat operations,” the ministry added, without providing any further details.
posted by ZUKUNASHI at 16:57| Comment(0) | ウクライナ

イベルメクチンの早期服用は後遺障害の防止にも効果か?


簡単に言うと
1 感染者にワクチン3回接種者が増加
2 感染者に解熱剤だけ投与して回復
3 ワクチン後遺症が出現
上のツイートでは、コロナの後遺症ではなく、ワクチン後遺症とされています。
管理人は、ワクチンの後遺症と言うべきか、コロナ感染の後遺症というか難しいと思います。

いずれにしても、ブースターを接種した人は、感染しやすく、かつ感染した場合に後遺症が出ることが多いということです。ワクチン後遺症というべきか、コロナ後遺症というべきかはさて置いて、感染して適切な治療を受けていないと後遺症が出るということのようです。

感染したら、ウィルスが大増殖する前に抗ウィルス薬でウィルスを退治するようにすれば、後遺症の発生を抑えられるのではないかと期待します。

個人が自己責任で使える抗ウィルス薬としては、イベルメクチンがあります。日本では、個人輸入という方法で入手する方が多いです。(個人輸入代行会社を通じて購入します。48錠入り1箱、7千円から9千円。12mg1錠200円程度です。親族や友人を代表して48錠1箱買う場合が多いです)

イベルメクチンは、本来、一定の寄生虫、疥癬症向けに認可されている薬ですが、海外の医師などの研究により新コロナウィルスにも効果があるといわれており、国内の医師の中にも処方する人がいます。

イベルメクチンは、肝臓に負担をかけるとされており、副作用がないわけではありません。ただ、管理人が読者に問いかけたところでは、下痢を経験した方はおられますが、控えめに服用している方が多いこともあるようで、重大な副作用はこれまでのところ伺っていません。

2022年06月24日
イベルメクチン服用による副作用を体験していませんか

2022年06月30日
コロナ後遺症 時間とともに悪化するとの説が有力に

2022年07月02日
コロナワクチンは 益より害が多い

2021年08月07日
イベルメクチンの使い方について

管理人は医師ではありません。内外の情報を吟味し、イベルメクチンも2021年初めから自ら使用してきて上のように考えるように至っています。
posted by ZUKUNASHI at 15:11| Comment(0) | Covid19

中国と取引すると、生産管理、出荷管理のレベルが上がる

アフリカの国が中国と取引すると、生産管理、出荷管理のレベルが上がらざるを得ないようです。

それはアフリカの国のためでもある。

次の記事が興味深いです。

焦点:アフリカ産農産物、中国輸出に「事後の要求」の壁
posted by ZUKUNASHI at 13:59| Comment(0) | 国際・政治

ロシアが友好国と非友好国の差別化を強化



ロシアが大量の石油を売りさばくには、産油国を経由したほうがより多くの国に販売することができます。産油国は扱いが増えれば利益が上がる。インドは大量に買い付けた石油を転売すると見込まれています。

肥料については、友好国にのみ販売と表明です。日本はロシアから肥料が買えない。第三国を経由しないといけなくなります。

小麦も同様な仕組みが採用される?....

肥料をめぐる情勢 令和4年4月
posted by ZUKUNASHI at 13:14| Comment(0) | ウクライナ

リシチャンスクの激戦


クレーターや車の残骸、死体などが散乱している。この道路はつい最近までウクライナに支配されていた。

上の動画からキャプチャー

無数に開いた穴は、砲弾の落ちた跡ですね。まさに雨あられと砲弾が落ちた。まだ煙が上がっていますし、兵士の遺体が散乱しています。


スコットリッターによれば、ロシア軍が一日に放つ砲弾の数は60,000発から75,000発と推定されています。自軍の損失を減らすためにロシア軍は砲弾を多用しています。補給もしっかり行われている。

GoogleMapから 次の二つの画像は上が南



次の画像は上が北


このように砲弾が飛んでくれば、逃れる方法はありません。
主要幹線道路以外に遠くにつながる道路はありません。幹線を抑えられれば、逃避も補給もできません。


posted by ZUKUNASHI at 11:45| Comment(0) | ウクライナ