ずくなしの冷や水

2022年07月27日

英国の諜報機関らがロシア軍新鋭戦闘機の持ち出しをパイロットに持ち掛けるが失敗


Ukrainian plot to hijack Russian warplanes exposed by Moscow
According to information shared with RT, Kiev’s spies offered Russian pilots money and EU citizenship as a reward
Russian intelligence has claimed that it foiled a sophisticated plot from Ukrainian spies to hijack several military jets. A security official official and a pilot, who is said to have been targeted by Kiev's agents, have shared details of the operation with RT.

Russia's Federal Security Service (the FSB) has sensationally added that a leading figure from the US-government funded investigative organization Bellingcat – which presents itself as a journalistic grouping – was also involved in the scheme, which it believes was "supervised by NATO intelligence agencies." The FSB specifically pointed the finger at British operatives.

It explained that Russian pilots were promised passports from EU members states, and substantial cash rewards in order to participate in the plot.

Early in the ongoing conflict, the Ukrainians compiled a list of Russian military hardware, using publicly available information. They promised monetary rewards for potential defectors who managed to bring the equipment with them. The more elaborate the weapons were, the better the rewards that were promised, with warplanes, helicopters and tanks fetching the top payment of up to $1 million.

When the public call for defectors fell flat, Ukraine’s security service targeted individual Russian servicemen – pilots in particular – directly. They apparently traced and identified the airmen through the digital trail they left online, an operative with the Russian Security Service (the FSB) told RT TV reporter Maria Finoshina. Kiev appeared to be specifically interested in Russian Su-34 fighter-bombers and Tu-22M3 strategic aircraft, according to the source.

A Su-34 pilot targeted in the plot told RT that he was initially reluctant to speak with the Ukrainian spies, believing the promise of $1 million for stealing warplanes and defecting to Kiev to be a prank. After realizing his interlocutors were serious about the proposal, he tipped off Russian intelligence, which then monitored subsequent conversations.

“Initially, of course, I took it as a joke, but after a period of talking it became clear that I was dealing with representatives of the Ukrainian intelligence service and their Western partners,” the pilot said. “Also, I was supposed to get passports of European states and a comfortable life abroad was promised.”

Kiev's intelligence operatives apparently believed the Russian pilots who they contacted were ready to commit treason and hijack their own warplanes, putting them in touch with a Ukrainian pilot to discuss technical details.

“They believed so much in the possibility of organizing the hijacking that they revealed the layout of their defense systems, altitude maps, and lots of other useful information to us,” the Russian airman said, adding that the information obtained from the Ukrainians was used during the military operation.

To prove that the pilots were actually able to pull off the hijacking and had access to the specific warplanes, Ukrainian intelligence demanded video proof from them. The pilots were paid between $4,000 and $7,000 per video, which showed them getting into the planes while holding pieces of paper with specific numbers.

Since most financial transactions between Russia and foreign countries has been heavily restricted under Western sanctions, the pilots were to be paid in cash through an elaborate network of couriers. The FSB says it has detained the man who had allegedly hired the couriers to deliver the money, and the suspect made a rather unexpected revelation.

The middleman claimed he had received orders directly from Christo Grozev, the Bulgarian ‘lead Russia investigator’ with Bellingcat, a controversial Western state-funded organization that was labeled “undesirable” in Russia earlier in July. Moscow has repeatedly questioned the independence of the investigative group, citing its close ties with intelligence agencies.

“Grozev… did not actually explain anything to me, he just told me the name of the courier who would deliver the money by train,” the suspect claimed.

The alleged involvement of Grozev is not the only suggestion of Western influence in hijacking the planes. During the negotiations with the pilots, Ukrainian intelligence was able to procure two legitimate EU passports – one Slovakian and one Romanian – for wives of the pilots, as a guarantee for the would-be ‘defectors’.

Leaving Russia with such documents would have immediately turned the pilots’ families into “hostages” of Ukrainian intelligence, the FSB operative told RT, as “methods of blackmail, threats and pressure on relatives” have long been standard practice for them.

“Obviously, the operation itself was carried out with the support of Western and, primarily, British intelligence services. We know about Grozev’s involvement and MI6 not only from these statements,” he added, claiming that Ukrainian intelligence had recently “ceased hiding” its ties with foreign spies.

The plot also described an even a darker element, as the would-be-defectors were supposed to somehow deal with their fellow crew members, it was revealed. While the Su-34 has two crew members, the Tu-22M3 has four.

Ukrainian intelligence reportedly suggested that Russian pilots should drug their comrades with Clophelin (Clonidine), a medication used to treat high blood pressure and other ailments. In high doses, however, it has a strong sedative effect, which makes the drug ‘popular’ among criminals wishing to knock out their victims to rob them. Very high doses can also be lethal.

Since the medication is not easy to come by in Russia, Ukrainian intelligence is said to have arranged a dead drop involving the substance. The FSB says it later recovered a stash of the product.

“As the pilot, I was asked to knock out my co-pilot, and what would happen to him after that is not clear – even whether he would be kept alive,” the Russian serviceman said.

According to the FSB’s information, the Ukrainian side insisted the betrayed crew members would be safe and exchanged as POWs later on. The Russian pilot, however, expressed strong doubts about that.
ロシア情報局は、複数の軍用ジェット機をハイジャックしようとするウクライナのスパイの巧妙な計画を阻止したと主張している。キエフの工作員に狙われていたとされる治安当局の幹部とパイロットが、この作戦の詳細をRTに語っている。

ロシア連邦保安庁(FSB)は、米国政府が資金提供する調査組織ベリングキャット(ジャーナリズム団体を自称)の有力者もこの計画に関与しており、"NATO情報機関によって監督された "と考えていることを、センセーショナルに付け加えた。FSBは、特にイギリスの工作員を指弾した。

この計画に参加するために、ロシアのパイロットはEU加盟国のパスポートと多額の現金報酬を約束されたと説明している。

現在進行中の紛争の初期に、ウクライナ人は公開された情報を使ってロシアの軍用機器のリストを作成した。彼らは、その装備を持ち込むことができた脱北者候補に金銭的な報酬を約束した。兵器が精巧であればあるほど、約束された報酬は良くなり、戦闘機、ヘリコプター、戦車などは最高で100万ドル(約1億円)の報酬が支払われた。

脱北者の公募が不調に終わると、ウクライナの治安部隊はロシア軍人、特にパイロットを直接ターゲットにした。ロシア保安局(FSB)の諜報員がRTテレビのレポーター、マリア・フィノシナに語ったところによれば、彼らはオンラインで残したデジタル痕跡から飛行士を追跡し、特定したようです。情報源によれば、キエフは特にロシアのSu-34戦闘爆撃機とTu-22M3戦略機に興味を持っていたようである。

この計画で標的となったSu-34のパイロットは、最初はウクライナのスパイと話すのを嫌がり、戦闘機を盗んでキエフに亡命すれば100万ドルという約束を悪戯に信じたとRTに語った。相手が本気でその提案をしていると分かった後、彼はロシア情報局に密告し、情報局はその後の会話を監視していた。

「最初はもちろん冗談だと思ったが、しばらく話しているうちに、相手がウクライナの諜報機関やその西側パートナーであることが明らかになった」とパイロットは語った。"また、私はヨーロッパ諸国のパスポートを取得することになっており、海外での快適な生活が約束されていました。"
キエフの諜報員は、彼らが接触したロシアのパイロットが反逆を犯し、自国の戦闘機をハイジャックする準備ができていると考え、ウクライナのパイロットと接触させ、技術的な詳細を議論させたようである。

「彼らはハイジャックの可能性を信じ、防衛システムの配置や高度地図など多くの有益な情報を我々に教えてくれた」とロシア人飛行士は語り、ウクライナ人から得た情報は軍事作戦で使用されたと付け加えた。

パイロットが実際にハイジャックを成功させ、特定の戦闘機にアクセスできたことを証明するために、ウクライナ情報機関はパイロットにビデオによる証拠を要求した。パイロットは、特定の番号が書かれた紙片を持ちながら飛行機に乗り込む様子を映したビデオ1本につき4000ドルから7000ドルの報酬を受け取っていた。

ロシアと外国の間のほとんどの金融取引は、西側の制裁下で厳しく制限されているため、パイロットは、精巧な宅配便のネットワークを通じて現金で支払われることになっていたのである。FSBによると、お金を届けるために運び屋を雇ったとされる男を拘束し、その容疑者はかなり意外な事実を明らかにした。

この仲介者は、7月初めにロシアで「好ましくない」というレッテルを貼られ物議を醸した西側国家資金による組織Bellingcatのブルガリア人「ロシア調査主任」Christo Grozevから直接命令を受けたと主張した。モスクワは、情報機関と密接な関係があるとして、この調査グループの独立性に繰り返し疑問を呈してきた。

グロゼフ容疑者は、「グロゼフは、実際には何も説明せず、ただ列車で金を届ける運び屋の名前を言っただけだ」と主張した。

ハイジャックに欧米の影響があったという指摘は、グロゼフ容疑者の関与だけではありません。パイロットとの交渉の間、ウクライナの諜報機関はパイロットの妻に2つの正規のEUパスポート(スロバキアとルーマニア)を調達することができたが、これは「亡命者」になる人の保証としてであった。

このような書類を持ってロシアを出国すれば、パイロットの家族は直ちにウクライナ情報機関の「人質」となっていただろう。FSBの工作員はRTに、「親族に対する脅迫、脅し、圧力の方法」は彼らにとって長年の定番であるから、と語った。

「この作戦自体が、欧米、特に英国の諜報機関の支援を受けて行われたことは明らかだ。我々はグロゼフの関与とMI6について、これらの発言からだけでなく知っている」と付け加え、ウクライナ情報機関が最近、外国のスパイとの関係を「隠すのをやめた」と主張している。

また、このプロットには、脱北者となる者が仲間の乗組員をどうにかして始末するという、さらに暗い要素も描かれていたことが明らかになった。Su-34の乗員は2人だが、Tu-22M3は4人である。

ウクライナ情報部は、ロシアのパイロットに、高血圧などの治療に使われる薬「クロフェリン(クロニジン)」を仲間に投与するよう提案したとされる。しかし、この薬は高用量では強い鎮静作用があるため、被害者を気絶させて奪おうとする犯罪者の間で「人気」の薬となっている。また、非常に大量に服用すると、致死量になることもある。

この薬はロシアでは簡単に手に入らないため、ウクライナの情報機関がこの薬に関わるデッドドロップを手配したと言われています。FSBによると、その後、この製品の隠し場所を発見したとのことです。

「パイロットである私は副操縦士を失神させるよう依頼されたが、その後どうなるのか、生かすことができるのかどうかさえ不明だ」とロシア軍人は述べた。

FSBの情報によると、ウクライナ側は、裏切った乗組員は安全で、後で捕虜として交換されると主張している。しかし、ロシアのパイロットはそれに強い疑念を示した。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。機械翻訳で一部不備なところがありますが、修正していません。大意が取れれば足ります。

Bellingcat confirms involvement in Ukrainian plot to steal Russian jets
The controversial group insists, however, that it was merely making a “documentary film”
Christo Grozev, self-styled ‘lead Russia investigator’ with Bellingcat, confirmed on Monday his involvement in a Ukrainian intelligence plot to incite Russian military pilots to defect and hijack their planes. The senior member of the controversial Western-funded group, however, challenged the story told by the Russian side.

Russia’s Security Service (FSB) has presented “a traditional mix of forged ‘evidence’ and loosely interpreted facts” on the affair, Grozev claimed, rejecting allegations of being directly involved in the plot. According to a middleman detained by Russian intelligence, he had been receiving orders directly from Grozev on how to deliver cash to the pilots in exchange for videos proving they actually have access to warplanes.

“What is true, however, is I was involved in this crazier-than-fiction story of triple-agents, fake passports and faux girlfriends – as a documentary film maker,” he said, in a lengthy Twitter thread about the matter. Grozev did not, however, directly address the claims made against him by the detained suspect.

“Grozev… did not actually explain anything to me, he just told me the name of the courier who would deliver the money by train,” the suspect claimed.

Grozev also insisted the whole affair ultimately became a “serious blunder” for Russian intelligence rather than a success. He claimed that the intelligence has disclosed “unintentionally [the] identities of dozens of counter intel officers, their methods of operation, and their undercover assets.” One of the pilots, for instance, abruptly decided to flee Russia with his alleged “lover” instead of his wife, immediately raising suspicion of the team. Primarily, the alleged “lover” was deemed being “waaay too hot” for the pilot, while her phone contacts suggested she was in touch with FSB counter intelligence officers, according to Grozev.

The whole operation ultimately devolved into the two parties feeding each other misinformation on air defenses, flight paths, altitude corridors and so on. “This bizarre mutual-deceipt (sic) game came to an end when the FSB realized no one will show up at any of the suggested meet-ups (FSB were keen to identify Ukrainian agents), realizing they’ve been burned. And the Ukrainians realized they're likely not getting a real pilot either,” Grozev wrote.

He also claimed that the operation was staged by “maverick ex operatives” and not active Ukrainian intelligence services. “If it were, there’d be no way we would – or want to – get access to it,” he stressed. Bellingcat just “found out about the initiative” taken by the supposedly independent “operatives” it knew from before and “assured ourselves a front seat,” Grozev explained. He also strongly denied the involvement of any Western intelligence agencies in the plot, elegantly dismissing such allegations as “unadulterated bollocks.”

Russia has repeatedly questioned the independence and credibility of Bellingcat. Despite advertising itself as an investigative group specializing in fact-checking and open-source intelligence, with both professional and citizen journalists contributing, it has been receiving state funding from multiple Western states. The group was labeled “undesirable” in Russia earlier in July, with the designation effectively prohibiting any operations in the country for it.

Last year, Russian Foreign Intelligence Service (SVR) chief Sergey Naryshkin squarely accused Bellingcat of working closely with Western intelligence services with the sole goal to “put pressure on either [Russia] or on individuals and entities.”

“They use dishonest methods. And the information that is used in such cases is false, unverified, it has its own goals… They are ready to perform any task, because they do it for money, not objectively,” Naryshkin asserted.
しかし、物議をかもしているグループは、単に "ドキュメンタリー映画 "を作っていただけだと主張している。
ベリングキャットの自称「ロシア調査主任」であるクリスト・グロゼフは月曜日、ロシア軍のパイロットに亡命と飛行機ハイジャックを扇動するウクライナ情報機関の計画への関与を確認した。しかし、西側から資金提供を受けている物議を醸すグループの幹部は、ロシア側が語るストーリーに異議を唱えた。

ロシア保安庁(FSB)はこの事件に関して「偽造された『証拠』と緩く解釈された事実の伝統的な組み合わせ」を提示したとグロゼフ氏は主張し、陰謀に直接関与したとの疑惑を否定している。ロシア情報局に拘束された仲介人によると、彼はグロゼフから直接、パイロットが実際に戦闘機にアクセスできることを証明するビデオと引き換えに現金を届ける方法について命令を受けていた。

「しかし、私はドキュメンタリー映画制作者として、三重スパイ、偽造パスポート、偽のガールフレンドという、フィクションよりもクレイジーな物語に関わったことは事実だ」と、この件に関するTwitterの長文スレッドで述べている。しかし、グロゼフ氏は、拘束された容疑者が自分に対して行っている主張には直接言及しなかった。
ウクライナのロシア機ハイジャック計画、モスクワが暴露 続きを読む モスクワが暴露したウクライナのロシア軍機ハイジャック計画

グロゼフ容疑者は、「グロゼフは...実際には何も説明せず、列車で金を届ける運び屋の名前を言っただけだ」と主張した。

またグロゼフ容疑者は、この事件は結局、ロシア情報機関にとって成功というより「重大な失態」になったと主張している。彼は、諜報機関が "意図せずして "何十人ものカウンターインテル担当者の身元、その活動方法、そして潜入資産を公開してしまったと主張した。例えば、パイロットの一人は、突然、妻ではなく「恋人」とされる人物とロシアから脱出することを決め、たちまちチームへの疑惑を引き起こした。グロゼフ氏によると、この "恋人 "とされる人物は、パイロットにとって "セクシーすぎる "人物であり、彼女の電話連絡からはFSBの対敵情報部員と連絡を取り合っていることが示唆されたという。

この作戦は最終的に、両者が防空、飛行経路、高度回廊などに関する誤った情報を与え合うことに発展した。「この奇妙な相互欺瞞(sic)ゲームは、FSBが提案された会合に誰も現れないことに気づき(FSBはウクライナのエージェントを特定することに熱心だった)、彼らが火傷したことに気づいたときに終わりを告げた。そして、ウクライナ人も本物のパイロットを得られない可能性が高いことに気づいた」とGrozev氏は書いている。

彼はまた、この作戦は「破天荒な元工作員」によって演出されたもので、活発なウクライナの諜報機関ではないと主張した。「もしそうなら、我々がそれにアクセスすることはできないだろうし、したいとも思わない」と彼は強調した。ベリングキャットは、以前から知っていた独立系と思われる「工作員」による「主導権を知った」だけで、「自分たちが前席を確保した」とグロゼフは説明した。彼はまた、この陰謀への西側情報機関の関与を強く否定し、そのような疑惑を "紛れもないでたらめ "として上品に一蹴しました。

ロシアはBellingcatの独立性と信頼性に繰り返し疑問を呈してきた。事実確認とオープンソースの情報を専門とする調査グループであり、プロのジャーナリストと市民ジャーナリストの両方が貢献していると宣伝しているにもかかわらず、複数の西側諸国から国家資金を受け取っているのです。同グループは7月初めにロシアで「望ましくない」というレッテルを貼られ、この指定によって同国での活動は事実上禁止された。

昨年、ロシア対外情報庁(SVR)の長官セルゲイ・ナリシキンは、ベリングキャットが「(ロシア)あるいは個人や団体に圧力をかける」ことを唯一の目的として西側情報機関と緊密に協力していると真っ向から非難した。

「彼らは不誠実な方法を用いています。そして、そのような場合に使用される情報は、虚偽、未検証、それ自身の目標を持っています...彼らは、客観的ではなく、お金のためにそれを行うので、任意のタスクを実行する準備ができています」とNaryshkinは主張した。






posted by ZUKUNASHI at 15:01| Comment(0) | ウクライナ

ペロシの台湾旅行の飛行機が撃ち落されるかもしれないとペンタゴンが警告







ペロシの乗った飛行機の撃墜、強制着陸がありうるとの見方がありますが、それはしないで、米国債券を大量に売却の措置があるのではないかと思います。



posted by ZUKUNASHI at 13:05| Comment(0) | 国際・政治

イランの戦闘ドローン


イランの無人機「ガザ・シャヘド149」、射程7000km -爆弾13個搭載。
モスクワから離陸し、ヨーロッパの都市を攻撃することができる。
重量は3.1トンで、500kgのペイロードを積載可能
#イランはロシアに数百機の武装無人機を提供する準備をしている。

・・・・・

モスクワから東京まで大圏コースで7500km。欧州は7000kmで全域が入る。

Iran responds to US claims of drone shipments to Russia
Iranian foreign minister says Tehran will not back any side in the Russia-Ukraine conflict
Tehran will not help either side in the Russia-Ukraine conflict, Iranian Foreign Minister Hossein Amir-Abdollahian has said in response to White House claims the Islamic Republic was planning to deliver “hundreds of drones” to Russia.

“We have different kinds of cooperation with Russia, including in the defense sector. But we are not going to help either side in this conflict because we believe that it has to be stopped,” Amir-Abdollahian told Italian newspaper la Repubblica on Wednesday.

“The current problem with the conflict is that some Western countries, including the United States, have arms manufacturers who are trying to sell their products,” he said, adding that Tehran “will avoid any action that could lead to escalation” but we will work to stop the conflict.

次は中国のドローン



posted by ZUKUNASHI at 12:52| Comment(0) | 国際・政治

ロシアの忍耐力が尽きた



アラブ同盟本部における演説でしょうか。経済制裁については、ラブロフは欧州を信用しないと述べ、他の国と経済の発展を図ると述べています。ウクライナ人がこのままウクライナの政権によって殺されていくのを見ているわけにはいかないとの危機感です。

米国製の高性能ロケット砲は真っ先に破壊しています。迎撃の手段も見出しています。
欧州については、経済混乱・政治混乱で自滅を待つ戦法。ガスの供給減は、テクニカルな理由を挙げていますが、意図的にやっている部分もありそうです。
一方でアフリカとの関係強化を図る。アフリカは食料供給の確保が深刻な問題ですから、ロシアに期待するところは大きい。米国や英独仏から写真を撮るなと言われても、アフリカ諸国はそれには耳を貸さない。
ロシアは、軍事作戦でウクライナ政権をじりじりと追い詰めていくでしょう。
まず最初に混乱が強まるのは欧州でしょう。夏の終わりころまで持つかどうかと見ています。

posted by ZUKUNASHI at 10:24| Comment(0) | ウクライナ

Tokyo’s annual defense white paper has raised concerns

Japan sounds alarm over Ukraine and Taiwan
Tokyo’s annual defense white paper has raised concerns over growing ties between China and Russia
Japan sees an increasing amount of global and regional security risks tied to the ongoing conflict between Russia and Ukraine, as well as the tension around Taiwan, according to the country’s new defense white paper. Tokyo is also concerned about the relationship developing between Moscow and Beijing, the document says.

“Russia has made moves to strengthen cooperation with China, such as through joint bomber flights and joint warship sails involving the Russian and Chinese militaries, as well as moves to portray such military cooperation as ‘strategic coordination’,” the white paper, unveiled on Friday, reads.

Tokyo warned that the conflict between Russia and Ukraine ran the risk of sending the message “that unilateral changes to the status quo by force are acceptable.” The paper also linked the ongoing hostilities to tension surrounding Taiwan, noting that “since Russia’s invasion of Ukraine, Taiwan has been working on further strengthening its self-defense efforts.”

The document squarely accused Beijing – which regards the island nation as an integral part of China – of seeking to “change the status quo by coercion in the East China Sea and South China Sea.”

“The country’s ties with Russia … have deepened in recent years, with joint navigations and flights being conducted in the areas surrounding Japan by both Chinese and Russian vessels and aircraft. China has made clear that it would not hesitate to unify Taiwan by force, further increasing tensions in the region,” Tokyo asserted.

Japan’s take has been harshly criticized by China, which accused Tokyo of making baseless “accusations” and “smearing” its defense policies. “Japan’s new defense white paper makes accusations and smears China’s defense policy, market economic development and legitimate maritime activities,” Foreign Ministry spokesman Wang Wenbin said.

The white paper “exaggerates the so-called China threat” and interferes in China’s internal affairs over Taiwan, the official said.

China has expressed its strong dissatisfaction and resolute opposition to this, and has lodged stern representations to the Japanese side about this.

China has repeatedly discouraged foreign nations from cozying up to Taiwan, warning that doing so constitutes meddling into the country’s affairs. The island has been de facto self-governed since the end of the Chinese civil war in 1949, when the defeated nationalists fled there.

Tensions around the island spiked earlier this week, when the Financial Times reported that US House Speaker Nancy Pelosi was set to visit Taiwan next month.

While Washington maintains close ties with the island nation, the contacts remain unofficial and Pelosi would become the most senior US lawmaker to set foot on Taiwanese soil in decades. The anticipated visit prompted an angry reaction from Beijing, which vowed to take “resolute and strong measures to safeguard its sovereignty and territorial integrity” should the US continue “going down the wrong path.”
posted by ZUKUNASHI at 09:43| Comment(0) | 国際・政治

Where did the pandemic begin?



The Huanan Seafood Wholesale Market in Wuhan was the early epicenter of the COVID-19 pandemic
posted by ZUKUNASHI at 08:14| Comment(0) | Covid19

2022年07月26日

国内サル痘感染者に接触者

読売新聞オンライン7/26(火) 21:18配信
「サル痘」感染の30歳代男性に接触者1人…症状なし
 東京都は26日、天然痘に似た感染症「サル痘」への感染が国内で初めて確認された都内在住の30歳代男性について、接触者が1人いると明らかにした。

 都によると、この接触者は、男性が欧州から帰国した7月中旬以降、厚生労働省が定義する「1メートル以内の接触歴」があった。今のところ接触者に症状はないという。接触者の居住自治体や年代、性別などを明らかにしていない。都は「男性の接触者は1人しかおらず、これ以上感染が拡大する可能性は低い」としている。

・・・・・・

サル痘の潜伏期間は長いですから、感染者が見つかった段階で、濃厚接触者や感染者がいないほうがおかしいです。
posted by ZUKUNASHI at 23:19| Comment(0) | サル痘

「テロ支援国家」だって? 世界最大のテロ支援国家は米国だよ!

US comments on designating Russia ‘terrorism sponsor’
Washington is considering doing so and will ‘continue to hold Russia to account,’ head of US diplomatic mission in Kiev has said
The US is considering the matter of recognizing Russia as “a state sponsor of terrorism,” US Ambassador to Ukraine Bridget Brink has said, emphasizing that the issue must be carefully analyzed from a legal point of view.

“With regard to designation as a state sponsor of terrorism, this is something we are looking at and reviewing. Any such designation requires a careful review in accordance to our own laws,” she said.

In a Sunday interview with Radio Liberty, Brink also emphasized that the US is already using all available means to keep pressure on Russia, including the ones normally applying to state sponsors of terrorism. She promised that Joe Biden’s administration will “continue to hold Russia to account” in accordance with US law.

The envoy echoed remarks made in April by US State Department spokesman Ned Price, that the government was looking into the potential steps it could take against Moscow and noted that already-imposed anti-Russia sanctions are the same steps that “would be entailed by the designation of a state sponsor of terrorism.”

Countries daubed with this status – currently Cuba, North Korea, Iran and Syria – are subject to harsh sanctions.
米国は、ロシアを「テロ支援国家」として認定する問題を検討していると、ブリジット・ブリンク駐ウクライナ米国大使は述べ、この問題は法的観点から慎重に分析する必要があると強調した。

「テロ支援国家としての指定については、現在検討中であり、レビュー中である。このような指定は、わが国の法律に従って慎重に検討する必要がある」と述べた。

ラジオ・リバティの日曜のインタビューで、ブリンクはまた、米国はすでにロシアに圧力をかけ続けるために、テロ支援国家に通常適用されるものも含め、利用できるあらゆる手段を使っていると強調した。彼女はジョー・バイデン政権が米国の法律に従って「ロシアの責任を追及し続ける」ことを約束した。

特使は、米国務省のネッドプライス報道官が4月に行った、政府がモスクワに対して取り得る措置を検討しているという発言を引用し、既に発動されている反ロシア制裁は、「テロ支援国家の指定によって伴うであろう」措置と同じであることを指摘した。

このステータスを塗られた国(現在はキューバ、北朝鮮、イラン、シリア)は、厳しい制裁の対象となる。

・・・・・・

「テロ支援国家」だって? それは米国、英国、イスラエル、サウジアラビアのことだよ。
posted by ZUKUNASHI at 21:42| Comment(0) | ウクライナ

医療従事者はコロナ感染で労災認定を受けやすい

posted by ZUKUNASHI at 13:37| Comment(0) | Covid19

ドルの覇権はどうなる






米国がドル排除の動きに気付いて警告を発しましたが、もう遅い。












Yuan lands major success against euro
The Chinese currency outperformed the euro by volume of trading, but comes in second after the US dollar
このルールはまだ承認されていないが、ロシア銀行はすでに、「非友好的」国の非居住者銀行がロシアの外国為替市場で、ある外貨を別の外貨と交換する取引を行うことを許可している。その結果、MOEXにおけるドル・人民元の取引量は、木曜日に384億ルーブルに達し、歴史的な新記録を樹立した。

しかし、欧米の反ロシア制裁も人民元の魅力に一役買っているとアナリストは指摘する。制裁のため、銀行の顧客は、主に米ドルやユーロといった「非友好的」な国の通貨から徐々に切り替えていると見られている。オンライン証券会社BCSグローバル・マーケッツの責任者ニキータ・シルキン氏は、コメルサント紙に、個人と法人の両方でこの傾向は明らかで、輸入業者は制裁の影響を受けない通貨での取引に切り替えることを余儀なくされている、と語った。また、別の専門家であるIngosstrakh-Investment Management Companyのチーフアナリスト、Viktor Tunev氏は、現在ドルやユーロの購入はリスクとコストが高いため、ロシア居住者が人民元に関心を持つのは自然なことだと同報道機関に語った。
posted by ZUKUNASHI at 08:46| Comment(0) | 国際・政治

患者の3分の1が死亡する鼻などからの出血病が欧州にも



posted by ZUKUNASHI at 08:04| Comment(0) | 国際・政治

高温で橋が壊れる

posted by ZUKUNASHI at 07:54| Comment(0) | 社会・経済

EU首脳に批判

posted by ZUKUNASHI at 07:51| Comment(0) | 国際・政治

海外旅行に出かける勇者たち

今、日本に住む日本人も、いったん海外に出ると帰国時には72時間以内の医療機関などによるコロナ陰性証明書が求められ、これがないと入国できません。

コロナ陰性証明書を作成してもらう費用は、1万5千円程度のこともあれば、数万円かかる場合もあるようです。

コロナ陰性証明書を取得しても、飛行機の便が取れずに72時間以上経過してしまうと、証明書の取り直しになります。

現地での滞在延長ですからホテル代がかかりますし、ビザのある国はビザの有効期限までの時間がなくなることがあります。

海外旅行中に感染せずに済んでもこの手続きをクリアするのが大変。

感染したらこれも大変。軽症で終わるなら良いですが、つらい症状が出たら医師にかからないといけません。現地語で症状を説明しなければならないのです。現地語が話せる人でも医療用語は慣れていない。

欧州には、今も観光ツアー客が出かけているようですが、その勇気は真似ができない。

そもそも、管理人は、年配者の海外旅行は慎重にすべきと考えています。「孫の顔を見に行く」などの口実で海外の親族を訪ねていくのは、先方にすれば迷惑以外の何物でもない。訪問先で体調を崩したりしたら、先方の誰かに付き添ってもらわないといけなくなります。

最近、空港に行くことが重なりましたが、団体旅行客は見かけませんでした。ですが、旅行者は増えていますね。

72時間以内の陰性証明書提示のルールがあれば、海外からの旅行客は抑制されるでしょう。それ自体は感染拡大防止に効果があると思います。

国内でのコロナ感染者が激増している中、このルールは意味があると思います。あと、外国人の入国時にビザが必要となった国も増えています。外国人の姿も見ましたが、出発、到着ともに日本人の姿が圧倒的に多かったです。

posted by ZUKUNASHI at 07:50| Comment(0) | Covid19

世論が反発

posted by ZUKUNASHI at 07:37| Comment(0) | ウクライナ

イランとサウジアラビアの間で外相レベルでの「公開」会議

posted by ZUKUNASHI at 00:10| Comment(0) | 国際・政治

2022年07月25日

クリミア・コンゴ出血熱がスペインに上陸

posted by ZUKUNASHI at 22:08| Comment(0) | 健康・病気

サル痘の患者 国内で初確認


サル痘の患者 国内で初確認 厚生労働省

東京都の小池知事は25日夜、記者団に対して、「本日、欧州から戻った海外渡航歴のある30代の男性が、国内で初めてサル痘の患者として確認された。都の健康安全研究センターの検査で判明した。患者は現在、都内の医療機関に入院中だ」と述べました。

posted by ZUKUNASHI at 21:27| Comment(0) | サル痘

医療崩壊はこれまでのピークと同じレベル

医療崩壊が第6波のピーク時に似てきているようです。
このブログのアクセス傾向が同じような傾向を示しています。
医療崩壊は、大阪だけではありません。

いろいろ情報が多くて頭が痛くなっています。コロナに感染したのかもしれません。

政府の委員会は、コロナ対策でお手上げ状態。対策を自主努力に投げました。

人ごみの空間を避ける。
距離、換気、マスクは基本中の基本
管理人の薬箱からは、少し持ち出しが増えています。来日した身内に渡しました。KF94もだいぶ減りました。
基本はイベルメクチンです。基準量で飲めば大きな副作用は少ないようです。

BA.5は症状が人によって様々です。
2022年07月25日
BA.5もこんなに壮絶ですよ これでは死ぬ

ワクチンの追加接種はしない。
ワクチン接種した場合の後遺症の防止、軽減策がないか、これまでに集めた情報を検討する予定。

感染者は、免疫ができますので、感染しにくくなるはずですが、再感染、再々感染の例があります。

感染者の後遺障害の防止、軽減策も検討が必要です。感染したら、とにかく早くウィルスを体内から追い払うことが重要だろうと考えます。抗ウィルス薬は有効なはずです。
posted by ZUKUNASHI at 20:52| Comment(0) | Covid19

BA.5もこんなに壮絶ですよ これでは死ぬ







神奈 川崎市 宮前区からとあります。


posted by ZUKUNASHI at 20:17| Comment(0) | Covid19