ずくなしの冷や水

2022年06月26日

ロシアがベラルーシに核搭載可能なイスカンダーミサイルシステムを提供へ

Russia to supply neighbor with Iskander-M missile systems
The nuclear-capable systems are to arrive in Belarus “in the coming months,” President Putin says
Moscow is going to provide Minsk with Iskander-M mobile short-range missile systems, Russia’s President Vladimir Putin said during a meeting with his Belarusian counterpart Alexander Lukashenko on Saturday.

“The decision has been made. Within the next few months, we’ll transfer to Belarus the Iskander-M tactical missile systems, which can use both ballistic and cruise missiles, in both their conventional and nuclear versions,” Putin announced as the two leaders met in St Petersburg.

The Russian president suggested that the defense ministers and chiefs of the general staff of the neighboring countries should now get together and start “working out all the details of this joint work.”

During the meeting, Lukashenko also asked Russia for assistance in upgrading Belarusian jets so that they could carry missiles with nuclear warheads.

He said he was increasingly concerned by training flights of US and NATO nuclear-capable warplanes near Belarusian airspace.

Putin agreed to help, saying that “this modernization should be carried out at aircraft factories in Russia. We’ll agree on how to make it happen.”

In May, Lukashenko announced that Belarus had purchased the “required” number of Iskander-M mobile missile systems and S-400 air defense systems from Russia. He also said that Moscow would assist Minsk in producing missiles, including those used by the Iskanders.

Iskander-M systems (the NATO reporting name is SS-26 Stone) were put into service with the Russian military in 2006. They can fire missiles with both conventional and nuclear warheads at a distance of up to 500km.
posted by ZUKUNASHI at 22:09| Comment(0) | 国際・政治

空間線量率 再測定 何かあった時の比較のため

2022/6/18にまず私の散歩コースを測定しました。


2022/6/19、以前(5年前)に行った放射能測定で高い値を見た場所のフォローアップに出かけました。

メインは松戸市の1か所ですが、柏市と流山市でも測定しました。下がり方が少ないように思います。

まず柏市から。柏市の柏の葉公園は、2011年春に桜を見に行きました。相当被ばくしたと思います。柏の葉公園の辺りが濃厚汚染地帯の中でも特に高いほうだとは知りませんでした。

6/19は、南東角の入口から入り、100mほど西に行った地点で測りました。路上直置き120cpm。


私の腰かけていた大理石のスツール 163cpm

別地点の路上直置き 163〜150cpm

アルファ線遮断のため紙を1枚差し込みます。108〜111cpm

アルミ板を差し込み、アルファ線、ベータ線を遮断 74〜62cpm

アルファ線が40cpm、ベータ線が45cpm、ガンマ線が70cpmというところでしょうか。

園内でオオヤマレンゲが咲いていた場所を探し、そこでも測りました。凹凸のあるコンクリート板の上 直置き102〜105cpm、紙を差し込んで74〜92cpm、アルミ板を差し込んで37、40〜43cpm。

予想より測定値が高かったので、他の場所の測定は止めました。

なお、オオヤマレンゲの木は見当たりませんでした。

南流山から新松戸まで歩きます。途中に測定したい場所があります。

暑くて腹も減ったので炭酸水とアイスクリームを買い昼食の代わりに。線路に沿って歩くと休む場所がありません。あるビルの前に少し日陰になったスペースがありましたので、そこで立ち食い。

気が付くと測定に向いたブロック塀の天端がありましたので測定。

測定開始とともにアラーム。120cpm以上出ています。直置きで129〜163cpm、紙を差し込んで82〜129cpm。アルミ板を差し込んで40、49〜62cpm。

アルファ線40cpm、ベータ線40cpm、ガンマ線40cpmというところでしょうか。

さらに歩いて坂川に差し掛かります。


これを越えてきょうちくとう通りを南にアンダーパスを抜けます。目指す場所が見えてきました。


この測定場所は、これまで開示してきませんでしたが、もういいでしょう。

直置き 154〜160cpm、紙を差し込んで126〜132cpm、アルミ板を差し込んで43〜56cpm。もう1か所すぐ近くの直置きで163〜179cpm。私の腹の辺りまで持ち上げると62cpm。


5年前に250cpmを記録したところで180cpmですから、低下していますが、この程度の低下にとどまるのかと少し落胆しました。ウランをはじめとする様々な放射性物質が降下してそれが崩壊系列に従って次々と別の放射性物質に変わっていっています。

もっとアルファ線やベータ線に感度の良い測定器では、アルファ線やベータ線はもっと多いのかもしれません。私の手元の機械でも、アルファ線やベータ線が多いことはわかります。

ても、まあ、地元でおかしいと声が出るような健康面の異常が認められていないようですから、それは幸いということだと思います。

歩行に加えて測定を行うのは、かなり疲れます。柏の葉キャンパス駅の周辺は超高層ビルが立ち並び開発が進んでいますが、ゆっくりと街を眺める気にもならず、柏の葉公園の園内を回る元気がありませんでした。

2017年07月03日
新松戸周辺で採取された土壌調査結果との比較

2017年07月03日
松戸市を歩いて 犬も猫も見なかった

2017年10月07日
アルファ線・ベータ線を測定可能な個人用放射能測定器をお持ちの方にお願いします

ウクライナ戦争で核が使われることはないと思いますが、米国や東欧の一部の国では、戦争の拡大を推し進めている勢力があります。

2022/6/27、風があったので気温はそれほど上がらないだろうと出かけましたが、2時半ころになって風が止み、ちょうど西日を背に歩くことになり、大変暑かったです。


特に高いところはありませんでした。最高で80cpm程度。以前、異常値を検出した地点も、それほど高くない。その近くの田はもう耕作されていませんでした。
posted by ZUKUNASHI at 21:44| Comment(0) | 福島原発事故

Rs-28 Sarmat ICBMは2分後にフランス全土を破壊できる

posted by ZUKUNASHI at 21:31| Comment(0) | 国際・政治

コロナ感染者がまた増加傾向





現在患者では沖縄が突出


北海道、大阪府、奈良県、千葉県が悪い。


posted by ZUKUNASHI at 19:54| Comment(0) | Covid19

Major migrant influx into EU enclave ends in deaths

Major migrant influx into EU enclave ends in deaths
27 people have been killed in a stampede over the border between former Spanish colony and a tiny enclave
More than two dozen migrants have died in a stampede while trying to cross into the Spanish enclave Melilla from Morocco, that country’s Association for Human Rights (AMDH) announced on Friday evening.

Around 2,000 migrants, many from Sudan, tried to cross a guarded border fence at dawn on Friday. Harrowing images, published by AMDH, show people lying on the pavement next to the border control area, some with blood-covered hands and torn clothes.

“AMDH Nador confirms that the death toll, as of 9pm, in the ranks of sub-Saharan migrants is 27 dead. All are at Hassani Hospital morgue in Nador. A very heavy, catastrophic record that shows that migration policies are deadly, with borders and barriers that kill,” a caption to the photo reads.

posted by ZUKUNASHI at 10:12| Comment(0) | 国際・政治

Many EU countries are in ‘direct war’ with Russia

Many EU countries are in ‘direct war’ with Russia – Serbia
Europeans are sending weapons to Ukraine and are angry that Serbia “is not in their shoes,” President Aleksandar Vucic claims
Many EU states are in “a direct war” with Russia and are “angry” with Belgrade for refusing to go along with sanctions, Serbian President Aleksandar Vucic said on Saturday.

Speaking at a press conference two days after attending a meeting between the 27 EU leaders and six heads of government from the West Balkans, Vucic claimed the Balkans “were not important that day” for the EU, as the bloc is “completely at war with Russia” and its priority was to provide Ukraine and Moldova with EU candidate status.

“Viktor Orban [Hungarian prime minister] said that in the economic sense, Serbia and Montenegro are much more ready to be part of the EU than some other countries. But who cares?” Vucic remarked.

He explained that Serbia is now in a difficult position due to the pressure to join EU members in imposing sanctions on Russia. The president stressed he is aware of “how angry many of them are” over the issue.

“Many EU countries are in a direct war against Russia. They send howitzers, planes, S-300s to Ukraine, and how do you think they will treat us? They are not in our shoes as we are not in theirs, and that is why our position is extremely difficult. Will it be easier? Well, it won't,” Vucic said.

However, he pledged that Serbia will continue to pursue its European path as “there must be a rational and pragmatic approach in politics, which takes the interests into account.”

He noted that in Serbia, 300,000 people work directly and 500,000 indirectly for foreign companies, two thirds of which are from the EU.

“If you do not understand how important the EU is to us, I cannot change that,” he said, while claiming the West fails to appreciate how important it is for Serbia to refrain from anti-Russia sanctions, and to maintain good relations with both Russia and China.

Addressing the economic situation in Europe, Vucic gave a gloomy forecast, saying if the conflict in Donbass does not end with a truce, the world will face “a worse world war than the previous one.”

“A little man from the Balkans says that. I hope that they will start peace negotiations, otherwise we will all go,” he added.

On Thursday, the day when Ukraine and Moldova were granted EU candidate status, Serbian Interior Minister Aleksandar Vulin said a military conflict with Russia appears to be the condition for fast-track accession to the European Union.

Pointing out that Ukraine falls short of the standards which are “so carefully applied to Balkan countries,” the minister claimed Kiev's “participation in the war was enough to start negotiations” on its EU membership. He added that if getting into war with someone is the only way to speed up Serbia’s accession to the EU, then “it is not worth it.”

Earlier this month the interior minister said his country was not interested in diminishing its “closeness and cooperation” with Moscow, and that by trying to force Belgrade to impose sanctions on Russia, the West simply seeks to “absolve” itself of its own crimes. His remarks came soon after German Chancellor Olaf Scholz urged Serbia to follow the EU's lead in sanctioning Russia, and recognize the breakaway province of Kosovo as an independent state if it hopes to join the bloc.
posted by ZUKUNASHI at 10:00| Comment(0) | 国際・政治

ウクライナ戦争の停戦交渉は現実を踏まえて行うとラブロフ

Russia warns of conditions for resuming Ukraine peace talks
Negotiations will depend on the “situation on the ground,” according to the Russian foreign minister
Two months after talks aimed at ending the Ukraine conflict broke down, at Kiev's instigation, Russia has issued a warning about the possibility of restarting the process. If Ukraine seeks to return to the negotiating table, Moscow will have to look at the “situation on the ground,” Foreign Minister Sergey Lavrov said in an interview on Thursday.

He accused some Western countries of not allowing the Kiev authorities to re-engage with a diplomatic effort to stop the fighting.

“When [Ukraine] deigns to turn to us with a proposal to resume the diplomatic process, which, as I understand it, the Europeans are urgently asking them to do, but the Anglo-Saxons do not allow this, we will look at the situation on the ground,” Lavrov said in an interview with Belarusian state TV.

“There are liberated areas, and the majority of the population there don’t even entertain the thought of returning under the control of neo-Nazi authorities or authorities that indulge neo-Nazism in every way possible,” he added.

Talks between Moscow and Kiev have stalled since they were last held in Turkey in late March. Since then, the Ukrainian side has maintained that it will resume talks only when it is in a “stronger negotiating position,” while Ukrainian President Volodymyr Zelensky has stated that he would restart negotiations only after Kiev recovers land lost after February 24.

ウクライナ紛争の終結を目指した協議が、キエフの扇動によって決裂してから2カ月が経過し、ロシアはこのプロセスを再開する可能性について警告を発した。ウクライナが交渉のテーブルに戻ろうとするならば、モスクワは「現場の状況」を見なければならないだろう、とセルゲイ・ラブロフ外相は木曜日のインタビューで述べた。

彼は、キエフ当局が戦闘を止めるための外交的努力に再び参加することを許さない西側諸国の一部を非難した。

「私の理解では、ヨーロッパ諸国が緊急に求めていることだが、アングロサクソンはこれを許さず、ウクライナが外交プロセスの再開を提案するとき、我々は現場の状況を見るだろう」と、ラブロフはベラルーシ国営テレビのインタビューで述べた。

「解放された地域があり、そこの住民の大半は、ネオナチ当局やネオナチをあらゆる方法で甘受する当局の支配下に戻るという考えすら持っていない」とも述べた。

モスクワとキエフの間の協議は、3月下旬にトルコで開かれたのを最後に停滞している。それ以来、ウクライナ側は「より強い交渉の立場」になって初めて協議を再開すると主張し、ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領も、キエフが2月24日以降に失った土地を回復してから交渉を再開すると明言している。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

ウクライナ戦争は、セーベロドネツクの南でウクライナ側の兵士2千人がロシア側に包囲される事態となっています。セーベロドネツクのアゾット肥料工場にも数百人が籠城。ウクライナ側は、補給もままならず、ウクライナ政権には兵士を救出する手立てはありません。

ウクライナ側が、形勢が逆転してから停戦交渉としており、8月にはそのようになると見通しているのは夢想です。

指揮官は、前線から離れた場所にいることが多いとされていますが、その指揮官らの会同で何十人も空爆で殺害されています。投降したウクライナ軍の兵士は、見るからにシロウト集団、年齢的に若くもありません。

ウクライナ政府は、投降しようとする者を殺害する部隊を配置しています。

米国などが供与した重火器は、ロシアが追跡して重点的に破壊しています。とても8月までの戦闘継続は無理です。このままいくと最後の一人まで戦い敗れることになるでしょう。

米英ポーランドが、戦闘推進の立場です。イスタンブールでの停戦交渉後に米国はウクライナにストップをかけています。

米国の意向に従わなければ、ウクライナにカネが入りませんから、政府の運営は行き詰まります。米国はウクライナの国民がどれだけ死んでも意に介さない。

ウクライナは今そんな状況です。

今ウクライナに資金を拠出するのは、ウクライナの国民をさらに死に追いやることになります。




Ukraine will decide ‘what victory looks like’ – US
Despite Russian advances and talk of compromise with Moscow, Washington insists that Ukraine should dictate the terms of peace
Armed with American weapons, Kiev will determine the terms of a peace deal with Russia, US National Security Council spokesman John Kirby told Voice of America on Friday.

While others have suggested that Ukrainian President Volodymyr Zelensky should cede some territory for peace, Kirby said Washington is preparing for what could be “a prolonged conflict.”

With the war in Ukraine passing the four-month mark on Friday, Russian forces continue to seize territory in Donbass. Moscow claims that up to 2,000 Ukrainian troops, ‘nationalists’ and foreign fighters are encircled in the region. Meanwhile, Kiev recently admitted losing as many as 1,000 troops per day, and is reportedly replenishing its beleaguered forces with conscripts, women and convicts.

Nevertheless, Kirby insisted that Ukraine can fight on, and told Voice of America that “Mr. Zelensky is going to get to determine what victory looks like.”

“Of course, we want Ukraine to succeed on the battlefield, and we want them to succeed at the negotiating table, if and when it comes to that,” Kirby continued. “We’re not at that stage right now. But we believe that President Zelensky is the one who gets to determine what victory looks like.

“Our job is to make sure that he has the tools available to him to do that in the most efficient, effective way.”

The US has already committed nearly $54 billion in direct and indirect military and economic aid to Ukraine, with the latest $450 million tranche of weapons to include four long-range rocket artillery systems. Kirby seemingly brushed off concerns that these systems could be used to launch strikes across the Russian border, saying on Friday that they are “Ukrainian property, and they get to determine how they’re going to use [them].”

Kirby added that “we want to see Ukraine’s territorial integrity fully restored,” which in the eyes of Kiev would involve seizing Crimea, which voted to join Russia in 2014. Several Ukrainian military and political leaders have stated that they will use NATO-supplied weapons to do exactly this.

Kirby and other officials at the State Department and Pentagon have given Ukraine carte blanche to wage war as it sees fit, even as other government officials in the US have reportedly called for restraint. Meanwhile, if anonymously sourced CNN reports are to be believed, American, British and European leaders are holding discussions about Ukraine’s future without Kiev’s involvement.

While NATO Secretary General Jens Stoltenberg recently suggested that Ukraine may end up ceding territory in exchange for peace, he has since stated that the terms of a settlement will be decided by Zelensky. Likewise, although Zelensky has accused French President Emmanuel Macron of pressing him to give up land as part of a peace deal, Macron himself has since said that “Ukraine will decide when the conditions are met to build peace.”
ロシアの前進とモスクワとの妥協の話にもかかわらず、ワシントンはウクライナが和平の条件を決めるべきだと主張する
アメリカの武器で武装したキエフは、ロシアとの和平交渉の条件を決めるだろうと、アメリカ国家安全保障会議のジョン・カービー報道官は金曜日にボイス・オブ・アメリカの取材に答えた。

他の人々は、ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領が和平のために領土を譲るべきだと提案しているが、カービー氏は、ワシントンは「紛争が長引く」可能性に備えている、と述べた。

ウクライナでの戦争は金曜日に4ヶ月を過ぎ、ロシア軍はドンバスの領土を占領し続けている。モスクワは、最大2000人のウクライナ軍、「民族主義者」、外国人戦闘員が同地域に包囲されていると主張している。一方、キエフは最近、1日あたり1000人もの兵士を失ったことを認め、徴兵、女性、受刑者で苦境に立たされている軍隊を補充していると報じられている。

それでもカービー氏は、ウクライナは戦い続けることができると主張し、「ゼレンスキー氏は、勝利がどのようなものかを決定することになるだろう」とボイス・オブ・アメリカに語っている。

「もちろん、ウクライナには戦場で成功してほしいし、いざとなれば交渉の場でも成功してほしい」とカービーは続けた。「今はまだその段階ではない。しかし、勝利がどのようなものかを決定するのはゼレンスキー大統領だと信じている。

「我々の仕事は、最も効率的で効果的な方法でそれを行うための手段を、彼が利用できるようにすることだ。

米国はすでにウクライナに直接・間接の軍事・経済援助で540億ドル近くを約束しており、最新の4億5000万ドルの兵器には長距離ロケット砲4基が含まれている。カービー氏は、これらのシステムがロシアとの国境を越えて攻撃を行うために使用されるのではないかという懸念を一蹴したようで、金曜日に「ウクライナの財産であり、どのように使用するかは彼らが決めることだ」と発言した。

カービー氏は、「我々はウクライナの領土保全が完全に回復するのを見たい」と付け加えた。キエフの目には、2014年にロシアへの加盟を票決したクリミアの掌握が映っている。ウクライナの軍部や政治家の何人かは、NATOが供給する武器を使って、まさにこれを実行すると表明している。

カービーをはじめとする国務省と国防総省の高官たちは、米国の他の政府高官たちが自制を求めているにもかかわらず、ウクライナに好きなように戦争をする白紙委任状を与えているのである。一方、CNNの匿名報道を信じるなら、アメリカ、イギリス、ヨーロッパの指導者たちは、キエフが関与しないウクライナの将来について議論している。

NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は最近、ウクライナが和平と引き換えに領土を譲り渡すことになるかもしれないと示唆したが、その後、和解の条件はゼレンスキーが決めると明言している。同様に、ゼレンスキーはマクロン仏大統領から和平交渉の一環として土地の譲渡を迫られたと非難しているが、マクロン氏自身はその後、"和平構築の条件が整えばウクライナが決定する "と述べている。

Deeplで翻訳

欧米が一斉に和平交渉についてはウクライナが決めると言い出しました。ウクライナの敗北は決定的で、ウクライナが戦闘を継続できなくなるのは時間の問題。どこも和平交渉に関与したくない。ウクライナが領土を割譲しなければならないのはもはや既定の事実といってよいでしょうから、そういう痛みを伴う和平には誰も関与したくない。特に米国が距離を置いていることが目立ちます。
ここまで来るとゼレンスキーが無条件降伏するのがこの先の処理に関してはベストです。ロシアもゼレンスキーがいなくなったりすれば、交渉相手がいなくなり後任者が選ばれるまで時間がかかります。
ブリンケンは、6/25かに、米国は、ウクライナの紛争に対する外交的解決策を支援する準備ができていると述べたようですが、米国がどう出るかは実際の行動で確認する必要があります。高官の発言も額面通りには受け取れない国です。

NATO predicts how Ukraine conflict will end
The head of the military bloc, Jens Stoltenberg, says peace negotiations will ultimately bring a solution to the conflict
The conflict between Russia and Ukraine will probably end with a negotiated settlement, but that does not mean the West should stop sending arms to Kiev or reduce sanctions pressure on Moscow, NATO Secretary General Jens Stoltenberg said on Saturday.

“Most likely, this war will end at the negotiating table,” Stoltenberg told the Spanish newspaper El Pais, acknowledging that an outright military victory was not on the cards.

“Our responsibility is to ensure that Ukraine is in the strongest possible position and to help it remain a sovereign and independent European nation,” he said.

The best way to bolster Kiev's position ahead of talks with Moscow is “to provide strong military support, economic support, and push through tough sanctions against Russia,” the NATO chief added.

However, he declined to say when negotiations between Russia and Ukraine could take place.

“Peace can always be achieved if you surrender. But Ukraine is fighting for its freedom, for its right to exist, for the right to be a democratic nation without submitting to the power of Russia. And the Ukrainians are ready to pay a very high price, to sacrifice themselves for these values. It's not for us to tell them how far their sacrifices should go,” Stoltenberg said.

When asked whether the West’s arming of Kiev is fuelling the conflict and increasing loss of life in Ukraine, the NATO chief replied that “we help them because they're asking for it.”

“Throughout history we've seen nations willing to accept great sacrifices for freedom,” he added.

Stoltenerg also noted that despite weaponry being provided to Ukraine by the US and the EU, “there is no total war between NATO and Russia.”

Moscow has repeatedly warned against deliveries of foreign weapons to Kiev, arguing that they will only prolong the fighting and increase the risk of a direct confrontation between Russia and NATO.


NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は土曜日、ロシアとウクライナの紛争はおそらく交渉による解決で終わるだろうが、だからといって西側がキエフへの武器送付を中止したり、モスクワへの制裁圧力を弱めたりすべきとは言えないと述べた。

ストルテンベルグ氏はスペインの新聞「エル・パイス」に対し、「ほとんどの場合、この戦争は交渉の席で終わるだろう」と述べ、完全な軍事的勝利は見込めないことを認めた。

「我々の責任は、ウクライナが可能な限り強い立場にあることを保証し、ヨーロッパの主権国家、独立国家であり続けることを支援することだ」と述べた。

モスクワとの交渉に先立ってキエフの立場を強化する最善の方法は、「強力な軍事支援と経済支援を提供し、ロシアに対する厳しい制裁を押し通すことだ」とNATO総裁は付け加えた。

しかし、ロシアとウクライナの交渉がいつ行われるかについては言及を避けた。

"平和 "は降伏すれば必ず達成される。しかし、ウクライナは自由のために、存在する権利のために、ロシアの力に服従することなく民主的な国家である権利のために戦っているのです。そして、ウクライナ人は、これらの価値のために非常に高い代償を払い、自らを犠牲にする覚悟があるのです。彼らの犠牲がどこまで及ぶべきかは、私たちが決めることではない」とストルテンベルグ氏は述べた。

西側諸国のキエフへの武装が、ウクライナの紛争と犠牲の増加を煽っているのではないか、という質問に対して、NATOの総長は、「彼らが求めているから助けるのだ」と答えた。

「歴史の中で、自由のために大きな犠牲を受け入れる国々を見てきた」と付け加えた。

ストルテンネルグ氏はまた、米国とEUがウクライナに武器を提供しているにもかかわらず、「NATOとロシアの間に全面戦争は存在しない」と指摘した。

モスクワは、キエフへの外国製武器の提供に対して繰り返し警告を発しており、戦闘を長引かせ、ロシアとNATOの直接対決のリスクを高めるだけだと主張している。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 09:55| Comment(0) | ウクライナ