ずくなしの冷や水

2022年06月15日

ウクライナの腐敗

posted by ZUKUNASHI at 18:41| Comment(0) | ウクライナ

飛んでいるのはイルカの赤ちゃん?

posted by ZUKUNASHI at 13:45| Comment(0) | 日記

ウクライナの戦況

ロシア軍が作戦の重点を変更。ウクライナ軍が持つ弾薬などの貯蔵庫をピンポイントで破壊しています。外国が供与された武器、弾薬も輸送途中、あるいは一時的な中継地点で破壊しています。武器輸送の航空機がげきついされたと伝えられています。
ロシア軍は衛星による24時間監視は手慣れていますが、ウクライナ軍からの内部からも情報が出ているようです。各地に散在する貯蔵庫を効率よく破壊しています。ウクライナ軍の弾薬在庫が払底するのは早まるでしょう。



posted by ZUKUNASHI at 10:15| Comment(0) | ウクライナ

ロシアは欧米の経済制裁に逆攻勢

BRICSにアルゼンチンとサウジアラビアが加盟の意向。

ロシアは友好国に肥料、穀物を輸出継続

欧米は、肥料の供給が遅れ、農業生産に支障が出ます。

ロシア産ガスの代金支払いで、EUの多くがルーブル払いに同意。EUは秘密裏に合意しています。ずるいところです。

Putin predicts failure of the West
Western nations that are trying to punish others with economic sanctions are overestimating their strength, Russian President Vladimir Putin said during the Eurasian Economic Forum on Thursday.

“More and more countries in the world want and will pursue independent policy,” he said at the international event. “No ‘world policeman’ can halt this natural global process. No one is that strong.”

“They face challenges inside their nations, and I hope they realize that this policy has absolutely no prospects,” the Russian leader said, referring to the US and its Western allies.

Russia became the world’s most sanctioned nation after the West retaliated against it for attacking Ukraine in February. The restrictions were touted by officials as a way to inflict a cost on Russia and destabilize its economy to coerce Moscow into a retreat. However, many nations refused to join the sanctions drive, including NATO member Turkey.







どうしたいんだろう。



欧州はバカを見る。

EU faces another Russian gas supply cut
Overall flows via the Nord Stream pipeline will decrease by roughly 40%, Gazprom says
Russian energy major Gazprom said on Wednesday it would further reduce the capacity of gas supplies via the Nord Stream pipeline to 67 million cubic meters per day. The company explained it has to halt the operation of one more Siemens gas pumping unit on the pipeline.

“Due to the expiration of the time before overhaul (in accordance with the instructions of Rostekhnadzor and taking into account the technical condition of the unit), Gazprom is halting the operation of another Siemens gas pumping unit at the Portovaya compressor station,” the energy firm’s statement said. It detailed that the flow curbs will start from 01:30 Moscow time (22:30 GMT) on June 16.

On Tuesday, daily gas pumping was curtailed to 100 million cubic meters, down from 167 million cubic meters. Gazprom said that it had to lower natural gas supplies via the Nord Stream pipeline because Siemens had not returned gas pumping units from repair.

The German company said on Wednesday the repaired gas pumping units for the North Stream pipeline cannot be returned from the Montreal factory due to Canada’s sanctions against Russia.
posted by ZUKUNASHI at 08:41| Comment(0) | ウクライナ

Pentagon updates US goals in Ukraine

Pentagon updates US goals in Ukraine
The conflict should cost Russia more than it hopes to achieve, a top policy official says

The US is seeking to make the conflict in Ukraine more costly for Moscow than whatever Russian President Vladimir Putin hoped to achieve, Under Secretary of Defense for Policy Colin Kahl said on Tuesday. Kahl insisted that Russia was making only “tactical” gains in Ukraine and would be unable to achieve its “grandiose objectives” of taking over the entire country, in part thanks to massive US military aid.

“We’ll continue to provide Ukraine what they need for the fight,” Kahl said on Tuesday, opening a conference organized by the Center for New American Security (CNAS), a Democrat-linked think tank where he used to work.

The Biden administration alone has provided Ukraine with over $5.3 billion in military assistance, of which $4.6 billion has come since February 24, Kahl pointed out.

The US goal is “to make sure that Ukraine can defend itself, that a sovereign independent democratic Ukraine endures, that we give Ukraine the capability to strengthen their position at the bargaining table,” Kahl explained, and to “impose a cost on Russia in excess to whatever benefits Vladimir Putin hopes to achieve through this conflict.”

“Our goal was not regime change in Russia,” Kahl told the CNAS conference. President Joe Biden famously said otherwise in late March. His aides quickly backtracked, saying there was no change in US policy and that Biden was simply being “emotional.” The US president echoed that explanation after returning from Poland, but insisted he was not walking anything back.

According to Kahl, Putin “went into this war seeking to gobble Ukraine up. I think he had in his mind envisioned some kind of a thunder run to Kiev to change the regime,” only for the Russian military to be “badly defeated in battle” and thrown back from the Ukrainian capital.

The Pentagon official accused Putin of having “imperial ambitions” and “seeking to reclaim territory that he believes belonged to a glorious past of the Russian Empire.” With Ukrainian troops being “stalwart defenders” and “holding tough,” Kahl said he did not think the Russians would “have the capacity to achieve those grandiose objectives.”

While Russian troops have been making gains in Ukraine, they are “really on any given day measured in blocks” and are “not large, sweeping breakthroughs of Ukrainian defenses,” Kahl insisted. Both Ukrainians and Russians are taking casualties and “the front lines are not moving very much.”

Much of the fighting in Ukraine is indeed taking place in cities, where Ukrainian troops have set up fortifications because they lack heavy artillery, presidential adviser Mikhail Podolyak said in an interview on Tuesday.

Russian and allied forces crossed the Seversky Donets river last week after taking Sviatogorsk and advanced towards Slavyansk. Most of the heavily fortified town of Severodonetsk has also been taken, with the remaining Ukrainian troops cut off from the fallback positions in Lisichansk. The government in Kiev confirmed on May 26 that it had lost the key town of Krasny Liman, while the loss of Popasnaya in early May unraveled the central part of the Ukrainian line in Donbass.

As for when the conflict in Ukraine might end and how, Kahl said the US position “has been we’re not going to tell anybody what to negotiate and when to negotiate.”

“It’s not clear whether the minimum requirements of either side match up with the maximum concessions of the other side,” he said. According to the Ukrainian media, UK Prime Minister Boris Johnson told Kiev in early April that the West was not willing to make peace with Russia, at which point talks with Moscow stopped.

Kahl was previously the deputy assistant secretary of defense for the Middle East in Barack Obama’s first administration (2009-2011). In 2014, after Washington backed the coup in Kiev and then-Vice President Joe Biden was put in charge of Ukraine policy, Kahl became his national security adviser. He worked at CNAS during the Trump administration, before returning to the Pentagon after a party-line vote in the Senate.

紛争はロシアが望む以上の代償を払うべきであると政策当局トップが述べた。

米国はウクライナでの紛争を、ロシアのプーチン大統領が達成しようと望んでいたものよりも、モスクワにとってよりコストのかかるものにしようとしている、とコリン・カール国防次官(政策担当)が22日に述べた。カールは、ロシアはウクライナで「戦術的」な戦果しか得ておらず、米国の大規模な軍事援助のおかげもあって、国全体を征服するという「壮大な目標」を達成することはできないだろうと主張した。

「我々はウクライナの戦いに必要なものを提供し続ける」とカールは火曜日、かつて勤務していた民主党系シンクタンク、新アメリカ安全保障センター(CNAS)が主催する会議の冒頭で述べた。

バイデン政権がウクライナに提供した軍事支援は53億ドル以上であり、そのうち46億ドルは2月24日以降に提供されたものだとカール氏は指摘した。

米国の目標は、「ウクライナが自衛できるようにすること、独立した民主的なウクライナの存続、交渉の席での立場を強化する能力をウクライナに与えること」であり、「この紛争を通じてプーチン大統領が望むどんな利益よりも大きなコストをロシアに課すこと」だと、カールは説明した。

「我々の目標は、ロシアの政権交代ではない」とカールはCNASの会議で語った。ジョー・バイデン大統領は、3月下旬にそうではないと発言したのは有名な話だ。彼の側近はすぐに撤回し、米国の政策に変更はなく、バイデンは単に "感情的 "であったと述べた。米国大統領もポーランドから帰国後、その説明を繰り返したが、何も撤回することはないと主張した。

カールによれば、プーチンは「ウクライナを食い物にするためにこの戦争に突入した。彼は心の中で、政権を変えるためにキエフに雷を落とすようなことを思い描いていたのだろう」。しかし、ロシア軍は「戦闘で大敗」し、ウクライナの首都から追い返されたのである。

国防総省の高官は、プーチンが「帝国の野心」を持ち、「輝かしい過去のロシア帝国に属していたと信じている領土を取り戻そうとしている」と非難した。ウクライナ軍は「堅固な守備」で「手ごわい」ので、カールはロシア軍が「その壮大な目標を達成する能力がある」とは思わないと述べた。

ロシア軍はウクライナで戦果を上げているが、それは「どのような日でもブロック単位で測定される」もので、「ウクライナの防衛を大規模に、徹底的に突破するものではない」とカール氏は主張した。ウクライナ人もロシア人も死傷者が出ており、「前線はあまり動いていない」という。

大統領顧問のミハイル・ポドリャク氏が火曜日のインタビューで語ったところによると、ウクライナでの戦闘の多くは、重砲がないためにウクライナ軍が要塞を設置した都市部で実際に起こっているとのことだ。

ロシア軍と連合軍は先週、スヴィアトゴルスクを占領した後、セベルスキー・ドネツ川を渡り、スラビャンスクに向かって前進した。要塞化されたセベロドネツクの町の大部分も占領され、残りのウクライナ軍はリシチャンスクの予備陣地から切り離されている。キエフ政府は5月26日に重要な町クラスニー・リマンを失ったことを確認し、5月上旬にはポパスナヤを失い、ドンバスにおけるウクライナ軍の戦線の中央部が崩壊した。

ウクライナの紛争がいつ、どのように終結するかについて、カールは、米国の立場は「何を交渉するか、いつ交渉するかは誰にも指示しない」ことだと述べた。

「どちらかの側の最低条件と、もう一方の側の最大限の譲歩が合致するかどうかは、明らかではない」と述べた。ウクライナのメディアによると、英国のボリス・ジョンソン首相は4月上旬、キエフに「西側はロシアと和平する気がない」と伝え、その時点でモスクワとの協議が停止したという。

カールは以前、バラク・オバマの第1次政権(2009〜2011年)で中東担当の国防副次官補を務めていた。2014年、ワシントンがキエフのクーデターを支持し、ジョー・バイデン副大統領(当時)がウクライナ政策を担当することになった後、カールは彼の国家安全保障顧問に就任した。トランプ政権時代にはCNASに勤務し、上院での党員投票の結果、国防総省に戻った。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

53億ドルは、1ドル135円で7兆1千億円。46億ドルは5兆8千億円。

「米国の立場は『何を交渉するか、いつ交渉するかは誰にも指示しない』」・・・指示しなくてもカネを出すか出さないかでコントロールできる。

戦況に関する判断は、甘い。

Zelensky aide explains why Ukraine fights in urban areas
Mikhail Podolyak has told journalists it is easier to “find cover” in cities
Taking up positions in cities is the Ukrainian military’s calculated tactic to minimize their own losses and maximize those of Russian forces, a top adviser to Ukrainian President Volodymyr Zelensky has revealed.

In an interview with the New York Times published on Tuesday, Mikhail Podolyak argued that the “Russians fight poorly in the cities.” The Ukrainian official went on to explain that “in the cities, it is possible to maneuver, and find cover, and you minimize losses; you can resist a longer time and inflict significant casualties on the Russians.”

Podolyak added that combat in an urban environment is where the infantry stands a chance. And since Russian forces have far more artillery, Ukrainian troops have to resort to this strategy, according to the presidential adviser. As an example, he referenced the city of Severodonetsk in the Lugansk region, where heavy street fighting has been taking place for several days now.

The official noted that the Ukrainian military did not have very many alternate options due to a dearth of heavy weapons. Zelensky’s aide said that the apparent reluctance of Western leaders to provide Kiev with an adequate number of big guns was partly to blame.
Ukraine using civilians as 'human shields' – Russia READ MORE: Ukraine using civilians as 'human shields' – Russia

“If you think we should lose, just tell us directly: ‘We want you to lose’. Then we will understand why you give us weapons at this level,” Podolyak said.

The official complained that some of Kievs Western backers lacked a sense of urgency despite the Ukrainian army being seriously outgunned in Donbass.

Podolyak also became the first Ukrainian official to outline the total number of each type of heavy weaponry Kiev thinks it would need to achieve parity with Russian forces on the eastern front: 1,000 howitzers, 300 multiple-launch rocket systems, 500 tanks, 2,000 armored vehicles and 1,000 drones.

While the US has supplied around 100 howitzers and several dozen self-propelled artillery guns to Ukraine, and pledged this month, along with the UK, to ship several multiple-launch rocket systems, this still falls far short of the Ukrainian military’s needs, Podolyak warned.

According to the official’s estimates, Russian forces are firing about 70,000 projectiles daily in Donbass, while Ukrainian troops can return 10 times fewer shells.

Podolyak went on to stress that any cease-fire calling for territorial concessions on the part of Ukraine would lead to a “permanent war” as Moscow would encroach further on Ukrainian territory down the road.

Zelensky’s adviser suggested that elites in some Western countries were unwilling to acknowledge that their previous attempts at establishing friendly relations with Russia were misguided. On top of that, a lot of the leaders in Western Europe would still love to restore pre-war business ties with Moscow and were susceptible to a pro-Russia lobby, Podolyak claimed.

“A problem is a problem,” the Ukrainian official said, adding that “there is reluctance of the elite, for example, the French, to make this a top topic for themselves. They are hiding from the war.”
Mikhail Podolyak氏はジャーナリストに対し、都市部では「隠れ場所を見つける」ことが容易であると語っている。
ウクライナ大統領の最高顧問であるヴォロディミル・ゼレンスキー氏が、都市部に陣地を構えることは、自軍の損失を最小限に抑え、ロシア軍の損失を最大化するために、ウクライナ軍が計算した戦術であることを明らかにした。

火曜日に掲載されたニューヨークタイムズとのインタビューで、ミハイル・ポドリアク氏は、「ロシア軍は都市部ではろくに戦わない」と主張した。ウクライナ政府高官は、「都市部では、機動し、隠れ場所を見つけ、損失を最小限に抑えることが可能であり、より長い時間抵抗し、ロシア人に大きな犠牲を与えることができる」と説明した。

ポドリアックは、都市環境での戦闘こそ歩兵のチャンスであると付け加えた。ロシア軍は大砲の数が圧倒的に多いので、ウクライナ軍はこの戦略に頼らざるを得ない、と大統領顧問は言う。その例として、ルガンスク州のセベロドネツク市では、数日前から激しい路上戦闘が行われていることを挙げました。

同大統領補佐官は、ウクライナ軍には重火器が不足しているため、代替手段があまりないことを指摘した。ゼレンスキー補佐官は、キエフに十分な数の大砲を提供することに西側指導者が明らかに消極的であることが一因であると述べた。

「負けるべきと思うなら、直接言ってくれればいい。『私たちはあなたに負けてほしいのです』と。そうすれば、なぜこのレベルの武器を与えてくれるのか理解できるだろう」とポドリアク氏は述べた。

この関係者は、キエフの西側後援者の中には、ドンバスで深刻な劣勢に立たされているウクライナ軍にもかかわらず、危機感を欠いていると不満を漏らした。

ポドリアク氏はまた、キエフが東部戦線でロシア軍と同等になるために必要だと考えている重火器の種類ごとの総数を概説した最初のウクライナ当局者となった:榴弾砲1000門、多連装ロケットシステム300基、戦車500両、装甲車2000台、ドローン1000個である。

米国はウクライナに榴弾砲100門と自走砲数十門を提供し、今月には英国とともに多連装ロケットシステム数基の輸送を約束したが、それでもウクライナ軍のニーズにはほど遠い、とポドリャク氏は警告した。

ロシア軍はドンバスで毎日約7万発の弾丸を発射しているが、ウクライナ軍はその10倍も少ない弾丸しか返せないというのである。

ポドリアク氏はさらに、ウクライナ側の領土譲歩を求める停戦は、モスクワがこの先ウクライナの領土をさらに侵犯することになり、「永久戦争」につながると強調した。

ゼレンスキー顧問は、西側諸国の一部のエリートは、ロシアとの友好関係を築こうとしたこれまでの試みが見当違いだったことを認めたがらない、と指摘した。その上、西ヨーロッパの指導者たちの多くは、戦前のモスクワとのビジネス関係を復活させたいと考えており、親ロシアのロビー活動に影響されやすいとポドリアク氏は主張した。

「問題は問題だ」とウクライナ政府関係者は言い、「例えばフランス人などエリートは、この問題を自分たちの最重要テーマとすることに消極的で彼らは戦争から身を隠しているのです」と付け加えた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

このインタビューで出ているのは、「お前らのために戦ってやっている」という姿勢です。アフガニスタンのタリバンもシリアも自らのために戦った。ところが、ウクライナでは政府自体が傭兵になっている。そして国民、兵士はビジネスの道具になっている。そのために投降しようとする兵士を背後から射殺できる。市民を盾にできるし、市民を攻撃する。国民のために戦っているわけではない。
posted by ZUKUNASHI at 07:49| Comment(0) | ウクライナ

2022年06月14日

韓国のコロナ感染者は減ったが今度は台湾、北朝鮮




減衰するまでに5か月を要しています。



・・・・・

韓国の日次新規感染者は1万人前後まで落ちてきました。世界のランキングではロシアに接近した第8位。数日でロシアを抜いて第7位に上がるでしょう。

日本は第14位。まだ2万人程度の新規感染者。

台湾は急増後ピークを越えたでしょうか。

中国は、苦闘の末抑え込みました。海外のメディアは、ロックダウンとなった市民から不満や政府批判が出ている、抑え込みは成功しないとかの説が流れていましたが、鼻を明かしました。これができるのは中国だけです。

北朝鮮は、2022/5/16に突然39万人の新規感染者で驚かせましたが、半月で10万人弱まで減っています。

日本はまたいつ再増加に転じてもおかしくありません。

・・・・

韓国は日々の感染者数が1万人を切ってきました。一方で北朝鮮の感染者が爆発的な増加。これは韓国から来たんですよね。荷物の往来はあるはずです。韓国の衣料品から中国で感染者が出ています。



・・・・・

韓国は、2022/3の感染爆発がようやく終息したようで日々の新規感染者は10万人を大きく下回っています。

韓国の対策は、依然としてワクチン接種がメインとなっているようで、日々の接種者数が公表されています。

そして、韓国は世界でもワクチン接種率が最も高い国々の一つに入っています。





それにもかかわらず、韓国は相対的には日々の感染者数が多い国の一つなのです。


ワクチン接種率と感染者発生率の低下は、相関が怪しいです。いや、むしろ管理人は、ワクチンの接種が進むと感染者が増えるのではないかと疑っています。




韓国でもワクチン接種後になくなる方が多数出ています。韓国の方は唐辛子を多食するので腸内のフローラが日本人と違うという方もいますが、それが主原因で感染者が増えているのではないと思います。

ワクチン接種率では、日本は韓国に近いです。管理人が考えるようにワクチン接種率が高まると、感染者が増えるという現象が普遍的であるとすると、日本は少なくともこの春の山はなかなか収まらず低空飛行であっても感染者が発生し続ける可能性が高いです。

それに加えて、ワクチン接種後に中期的、長期的に発生する様々な症状が世界的にみて相対的に高く発生する可能性が高いです。

年配者がこれまでの洗脳が効いていて、さらにワクチンを打ちたいというなら、お好きにさせてあげたらいいと思います。しかし、若い方はむやみにワクチン接種回数を増やすのはいかがなものでしょう。やめたほうが良いと思います。

ワクチン接種により生じた後遺症は長く続くものもあります。これの医療費は自己負担。身体機能の面と経済面から生活を圧迫すると思います。

2022年04月30日
ワクチン開発やファイナンス関係者が続々と逃げ出しているようなのだが

2022年04月26日
コロナ、ワクチン後遺症
posted by ZUKUNASHI at 23:10| Comment(0) | Covid19

日本人もデマ報道でうっぷん晴らし







日本の大手マスコミが伝える海外情報は、ずっと前からデマあるいは事実と異なるものばかりです。日本人は、そういう情報で満足してきた。

おかしいと思った人は、自分でネットで情報を探します。大手メディアではどこが正しい情報を流しているか。NO1はロシアトゥデイ RTです。


posted by ZUKUNASHI at 18:52| Comment(0) | ウクライナ

厚労省は完全にCDC東京センターの統括下に置かれる



posted by ZUKUNASHI at 14:12| Comment(0) | Covid19

ウクライナ軍がドネツクに砲撃継続

Zelensky vows to retake Donbass and Crimea
The Ukrainian president was speaking after his military bombarded civilian areas in Donetsk
Ukrainian President Volodymyr Zelensky has vowed to “liberate” the Russian territory of Crimea and the independent republics of Donetsk (DPR) and Lugansk (LPR). He was speaking just hours after reports of the Ukrainian military shelling residential buildings, a marketplace and a maternity hospital in the center of Donetsk.

“We will come to all our cities, to all our villages, which do not yet have our flag,” Zelensky boasted in a video address on Monday night, claiming that his army will defeat its Russian opponents in eastern Ukraine and recapture the cities of Mariupol, Kherson and Melitopol from Russian and DPR and LPR forces.

“And I ask everyone who has such an opportunity to communicate with people in the occupied south…say that there will be liberation,” he continued. “Say it to Gorlovka, Donetsk, Lugansk. Tell them that the Ukrainian army will definitely come.”

“Of course, we will liberate our Crimea as well. Let every Russian official who has seized precious land in Crimea remember: this is not the land where they will have peace,” he threatened.
ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、ロシア領クリミアとドネツク(DPR)、ルガンスク(LPR)の独立共和国を「解放」することを誓った。彼は、ウクライナ軍がドネツク中心部の住宅、市場、産科病院を砲撃したとの報道から数時間後に発言した。

「我々は、まだ我々の旗を持っていない全ての都市、全ての村に来る」とゼレンスキーは月曜日の夜にビデオ演説で自慢し、自軍がウクライナ東部のロシアの敵を倒し、マリウポリ、ケルソン、メリトポリの都市をロシアとDPR、LPR軍から奪還すると主張した。

"そして、そのような機会を持つすべての人に、占領された南部の人々とコミュニケーションを取るようお願いする...解放があると言ってくれ "と彼は続けた。「ゴロフカ、ドネツク、ルガンスクにそう言ってください。ウクライナ軍は必ず来ると言ってくれ "と。

"もちろん、我々のクリミアも解放する。クリミアの貴重な土地を押収しているロシアの役人には、ここは彼らが平和を得られる土地ではないことを思い出してもらおう」と脅した。

Ukraine has 'crossed all lines' – DPR
DPR has requested additional forces from Russia following heavy shelling of Donetsk's residential areas by Ukrainian troops

“The enemy has literally crossed all lines. Prohibited methods of warfare are being used. The residential areas and the central districts of the city of Donetsk are under artillery shelling, other cities and towns of the DPR are also under fire,” Pushilin stated.

Therefore, the republic is requesting Russia to deploy additional forces to help in the ongoing conflict, the official stated. “An understanding was reached that all the necessary additional forces of the allied troops, primarily of Russia, will be deployed,” he said.

Three killed in Ukrainian shelling of market – DPR
According to local officials, 18 people have been wounded

Maternity hospital hit amid Ukrainian shelling – DPR
Kiev's forces have attacked civilian areas across Donetsk with heavy artillery, local officials claim
posted by ZUKUNASHI at 11:56| Comment(0) | ウクライナ

日米の訓練の差 うずくまり頭を抱える⇔うずくまり防弾毛布


上の米国の学校の例は、学校での銃乱射事件が増えているので、それに備えた訓練とみられます。

日本ではミサイル飛来に備えた訓練です。

ウクライナ戦争の砲撃の跡を見ると、コンクリート造り中層住宅は、コンクリートが壊れて下の階に落ちるということはありますが、建物が上から下に押しつぶされるという例は少ないです。

日本では地下室がありませんが、ウクライナは集合住宅には地下室のあるところが多い。

木造戸建て住宅は、火災になり焼け落ちることが多いです。

ミサイルが飛んでくるときは、体育館などに集まって頭を抱えただけでは、身を守ることにはならない。屋根が吹き飛び、構造材が落下します。

ミサイル攻撃が主流の時代に敵基地を先制攻撃したら、報復で何倍ものミサイルが飛んできます。日本はそんな場合の備えは全くないといってよい。

敵基地攻撃などと言っている人たちが、どれほどの夢想家かわかります。

日本では飛来するミサイルを打ち落とす迎撃システムもないに等しいです。

posted by ZUKUNASHI at 10:31| Comment(0) | 国際・政治

#BA5 / #BA4による再感染







posted by ZUKUNASHI at 08:20| Comment(0) | Covid19

2022年06月13日

ロシアは満を持してウクライナに侵攻した



ウクライナのマイダンの虐殺、クーデターが2014年です。この直後からドンバスに対するウクライナ軍の攻撃が始まっています。

この時、ロシアはすぐにはドンバス解放には動きませんでした。そうではなくシリア内戦の政府側の支援に入ったのです。2015/9/30です。

管理人は、この動きに強い感銘を受け、その後シリア情勢を詳しく追ってきました。初期の記事を見直すと、ロシア軍の戦術、戦略に驚かされたことが書いてあります。

一つは高性能の巡航ミサイルを多用するようになっていたこと。

二つ目には衛星による地上監視の技術を実用化し、24時間連続監視によってテロリストの動きを把握し、弾薬庫や集会などを的確に爆撃していったことです。

それ以外にも戦闘機や軍艦が近代化されているのがわかりましたし、次々に新型機が送り込まれていました。

シリア戦争に参戦し、戦闘を継続しつつ、兵器の改良と備蓄に努めていたのだと思います。弾薬をフル生産しているのではないかと感じさせられることがありましたが、間違いなかったですね。

ですからウクライナでロケット主体の作戦に変更しても弾薬やミサイルが払底することはない。兵士は新しい兵器の扱い方の訓練を受けている。

ロシアがウクライナへの侵攻に踏み切ったのは、まさに満を持しての軍事行動であったことがわかります。そして、準備期間が長かったことから、食料支援や文民統治の面でも立ち上がりが早かったのですね。

経済制裁も予想して欧米の出方に応じた対策を用意していた、中国などとは決済通貨の検討を進めてきたというわけです。

ロシアの巡航ミサイル発射に驚く西側

地上から反撃すれば空から見つけられて攻撃される 世界の軍事関係者が固唾を呑むロシアの空爆作戦

兵士の犠牲はなんとも残念なことですが、戦争では必ず死ぬ人が出ます。ドンバスで日常的に人々が殺されていた。それをそのままにしておくことはできないという国民のコンセンサスもあったのですね。

シリアに派遣されたロシア軍の指揮官が今ウクライナに対する軍事作戦の指揮を執っています。

ロシアの資源生産体制も大きく変わっています。穀物にしても、石油ガスにしても、生産から保管、出荷、輸送までが近代化されています。ソ連時代は、ソ連は米国から穀物を輸入しなければならなかったのです。その原因の一つには、収穫、調製、保管のシステムがなっていなかったからです。

軍隊だけでなく、経済の多くの部門で近代化がせ進み、それが中央の統率の下で一斉に動く。

そういうことなんですね。ロシアが勝利するのは当然ともいえるのかもしれません。
posted by ZUKUNASHI at 20:58| Comment(0) | 国際・政治

ロシア、米国によるバイオラボのデータ隠蔽を非難

Russia accuses US of concealing data on biolabs
Attempts to “divert attention” raise questions regarding the Pentagon’s biological activity, the Russian Foreign Ministry said
The US has been concealing information about its “military biological activity” in the post-Soviet states, Russian Foreign Ministry spokeswoman Maria Zakharova said on Sunday. This, according to Zakharova, raises “serious questions” about Washington’s compliance with the Biological and Toxin Weapons Convention (BTWC).

In an interview with TASS published on Sunday, Zakharova said, “the United States prefers to remain silent about the ongoing work in the post-Soviet space and does not provide information within a framework of the BTWC confidence-building measures.”

“Assertions that the activity of the Pentagon and related structures is focused solely on health issues are not true. Clearly, health care assistance does not require the involvement of the US military,” Zakharova said.

She added that Washington’s claims that it is collecting biomaterial and monitoring the epidemiological situation “only reinforce and intensify” Russia’s fears over America’s compliance with the BTWC.

Moscow’s recently published evidence regarding the alleged sprawling network of US-funded biolabs across Ukraine only adds to the suspicions, Zakharova said.

In a series of briefings starting in March, the Russian military has presented evidence of the Pentagon’s involvement in funding laboratories in Ukraine. According to Russia’s Investigative Committee, the US poured more than $224 million into biological research in Ukraine between 2005 and early 2022. Western pharmaceutical giants, nonprofits, and even the US Democratic Party were involved in the scheme, Moscow claims.

The Pentagon has “significantly expanded its research potential not only in the field of creating biological weapons, but also obtaining information about antibiotic resistance and the presence of antibodies to certain diseases in populations of specific regions” while working in Ukraine, Lieutenant-General Igor Kirillov, the head of the Russian Radiation, Chemical and Biological Protection Force, said in May.

Zakharova also pointed out that the US has not yet withdrawn its reservation to the 1925 Geneva Protocol for the prohibition of biological and chemical weapons. The US was among the countries that declared the protocol would cease to be binding regarding enemy states that do not observe the prohibitions of the protocol.

In this regard, “the question quite reasonably arises about the real goals of the Pentagon’s international military biological activity,” Zakharova said.

Earlier this week, the Pentagon published the ‘Fact Sheet on WMD Threat Reduction Efforts with Ukraine, Russia and Other Former Soviet Union Countries’. In the document, the US military said that following the collapse of the Soviet Union, the US and its partners have led “cooperative efforts to reduce legacy threats from nuclear, chemical, and biological weapons left in the Soviet Union’s successor states, including Russia.”

According to the Pentagon, the US has “worked collaboratively to improve Ukraine’s biological safety, security, and disease surveillance for both human and animal health,” by providing support to “46 peaceful Ukrainian laboratories, health facilities, and disease diagnostic sites over the last two decades.” These programs have focused on “improving public health and agricultural safety measures at the nexus of nonproliferation.”

In the same paper, the US military accused Russia and China attempting “to undermine this work by spreading disinformation and sowing mistrust in the people and institutions all over the world that contribute to WMD threat reduction.”

According to Zakharova, Moscow considers this publication part of Washington’s “information campaign” aimed at justifying its military biological activities in the post-Soviet space and to “divert the attention of the international community from its true non-transparent and unseemly direction.”

「注意をそらす」試みは、ペンタゴンの生物学的活動に関する疑問を引き起こすとロシア外務省が発表した。
ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は日曜日、米国がポストソビエト諸国における「軍事生物学的活動」に関する情報を隠蔽していると述べた。ザハロワによれば、このことは、ワシントンの生物毒素兵器禁止条約(BTWC)の遵守について「深刻な疑問」を投げかけるものである。

日曜日に発表されたタス通信とのインタビューで、ザハロワは、"米国は、ポストソビエト空間で進行中の作業について沈黙することを好み、BTWC信頼醸成措置の枠組みの中で情報を提供しません。"と述べました。

"国防総省と関連機構の活動は、健康問題だけに集中しているという主張は、真実ではありません。明らかに、保健医療支援は米軍の関与を必要としない」とザハロワは述べた。

さらに、ワシントンが生体物質を収集し、疫学的状況を監視しているという主張は、アメリカのBTWC遵守に対するロシアの懸念を「補強し、強めるだけだ」とも述べた。

モスクワが最近発表した、ウクライナ全土に広がる米国出資のバイオラボのネットワークに関する証拠は、疑惑を深めるだけだと、ザハロワは述べた。

ロシア軍は3月からの一連のブリーフィングで、ウクライナの研究所への資金提供に米国防総省が関与している証拠を提示した。ロシアの調査委員会によると、米国は2005年から2022年初頭の間に、ウクライナの生物学的研究に2億2400万ドル以上を注ぎ込んでいる。欧米の製薬大手、非営利団体、さらには米民主党までもがこの計画に関与していたとモスクワは主張している。

ロシア放射線・化学・生物防護部隊の責任者であるイゴール・キリロフ中将は5月、ウクライナで活動しながら「生物兵器の作成分野だけでなく、抗生物質耐性や特定地域の住民の特定疾患に対する抗体の存在に関する情報を得るなど、研究の可能性を大幅に拡大させた」と述べている。

また、ザハロワは、米国が生物・化学兵器の禁止に関する1925年のジュネーブ議定書の留保をまだ撤回していないことも指摘した。米国は、議定書の禁止事項を守らない敵国に対しては議定書の拘束力をなくすと宣言した国の一つである。

この点から、「国防総省の国際的な軍事生物学的活動の本当の目的について、極めて合理的な疑問が生じる」とザハロワは言った。

今週初め、米国防総省は『ウクライナ、ロシア、その他の旧ソ連諸国との大量破壊兵器脅威削減努力に関するファクトシート』を発表した。この文書の中で米軍は、ソ連崩壊後、米国とそのパートナーは、"ロシアを含むソ連の後継国に残された核、化学、生物兵器によるレガシー脅威を減らすための協力的な取り組み "を主導してきたと述べている。

国防総省によると、米国は「過去20年間に46の平和的なウクライナの研究所、保健施設、疾病診断施設に支援を提供することにより、ウクライナの生物学的安全、セキュリティ、ヒトと動物の両方の健康のための疾病監視の改善に協力して取り組んできた」と述べている。これらのプログラムは、"核不拡散の結節点における公衆衛生と農業安全対策の改善 "に焦点を当てたものである。

同じ文書の中で、米軍はロシアと中国が、"偽情報を広め、大量破壊兵器の脅威軽減に貢献する世界中の人々や機関に不信感を植え付けることによって、この活動を弱体化させようとしている "と非難している。

ザハロワによると、モスクワはこの出版物を、ポストソビエト空間における軍事生物学的活動を正当化し、"その真の非透明で見苦しい方向から国際社会の注意をそらす "ことを目的としたワシントンの「情報キャンペーン」の一部と考えているという。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 11:49| Comment(0) | ウクライナ

アボット社の粉ミルクを与えられた乳児に死亡例

US looks into deaths linked to baby formula
The Food and Drug Administration has said it has investigated nine babies’ deaths possibly linked to Abbott Nutrition formula
US authorities have launched investigations into the deaths of at least nine infants since early 2021, all of whom had allegedly consumed Abbott Nutrition baby formula before becoming ill and eventually passing away, the Food and Drug Administration (FDA) revealed on Friday.

Until recently, the FDA had only acknowledged two fatal cases, and two more where infants had fallen ill after ingesting the formula manufactured at an Abbott Nutrition plant in Sturgis, Michigan. The watchdog believes the formula may have been contaminated with the cronobacter sakazakii bacterium.

However, the FDA was unable to pinpoint beyond a reasonable doubt the source of the infection that caused any of the nine deaths. According to a report by the Washington Post, in some cases there was not sufficient formula left over to conduct a test. In others, genomic sequencing revealed that the infants who had succumbed to cronobacter were infected with strains different from the one discovered at the Abbott Nutrition plant during an inspection this spring.

The first concerns related to the formula were reported by the website eFoodAlert and food safety expert Phyllis Entis, who obtained access to the complaints through a Freedom of Information Act request. A total of 128 consumer complaints were lodged with the FDA between December 2021 and March 2022.

Apart from the nine fatal cases, the complaints described 25 instances in which infants suffered “life-threatening illness/injury,” with 80 more babies sustaining “non-life-threatening illness/injury.” However, most of the complaints were not corroborated by medical professionals, as the Post reports.

With a lack of hard evidence pointing to a connection between consumption of the formula produced at the Sturgis plant and illness, the FDA said in a statement that based on its “thorough review and investigation of all 128 consumer complaints reported to the agency … only four complaints could be included in the case series associated with the Abbott Nutrition investigation.”

The company, meanwhile, insisted in its own statement on Friday that none of the reported deaths had to do with its products.

“Abbott conducts microbiological testing on products prior to distribution and no Abbott formula distributed to consumers tested positive for Cronobacter sakazakii or Salmonella. All retained product tested by Abbott and the FDA during the inspection of the facility came back negative for Cronobacter sakazakii and/or Salmonella. No Salmonella was found at the Sturgis facility,” the formula manufacturer said.

During testimony before Congress in late May, FDA Commissioner Robert Califf described the conditions at the company’s Sturgis plant as “egregiously unsanitary” and “shocking.”

The Abbott Nutrition production facility reopened on Saturday, after the FDA checked on the improvements made at the plant.

The facility was shut down by the watchdog back in February. Because Abbott Nutrition’s output accounted for about 40% of all baby formula sold in the US, the closure contributed to a shortage in the market, which has not yet been overcome.
食品医薬品局は、Abbott Nutritionの粉ミルクに関連する可能性のある9人の乳幼児の死亡について調査したと発表しました。
米国当局は、2021年初頭から少なくとも9人の乳児の死亡について調査を開始し、その全員がAbbott Nutrition社の粉ミルクを摂取した後に発病し、最終的に死亡したとされていることを、食品医薬品局(FDA)が金曜日に明らかにしました。

最近まで、FDAは2件の死亡例と、ミシガン州スタージスにあるアボット・ニュートリションの工場で製造された粉ミルクを摂取した乳児が病気になった2件を認めただけだった。同監視機関は、粉ミルクがクロノバクター・サカザキ菌に汚染されていた可能性があると見ている。

しかし、FDAは9人の死因となった感染源を合理的な疑いを超えて特定することができなかった。ワシントンポスト紙の報道によると、あるケースでは、検査を行うのに十分な量の粉ミルクが残っていなかったという。また、ゲノム解析の結果、クロノバクターに感染した乳児は、今年の春の検査でアボットニュートリション社の工場で発見された株とは異なる株に感染していることが判明した。

この粉ミルクに関する最初の懸念は、ウェブサイトeFoodAlertと食品安全専門家フィリス・エンティスが報告したもので、彼は情報公開法の要求を通じて苦情にアクセスすることができた。2021年12月から2022年3月までの間に、合計128件の消費者苦情がFDAに寄せられた。

苦情には、死亡した9件のほか、乳幼児が "生命を脅かす病気・怪我 "をした25件、"生命を脅かさない病気・怪我 "をした80件が記されていた。しかし、Post紙の報道によれば、苦情のほとんどは医療専門家による裏付けが取れていないとのことである。

スタージス工場で製造された粉ミルクの摂取と病気の関連性を示す確かな証拠がないため、FDAは声明の中で、「FDAに報告された128件の消費者からの苦情すべてを徹底的に検討・調査した結果、アボットニュートリションの調査に関連するケースシリーズに含めることができたのは4件だけだった」と述べている。

一方、同社は金曜日に発表した独自の声明で、報告された死亡例のどれもが同社の製品とは関係がないと主張した。

「アボット社は流通前に製品の微生物検査を実施しており、消費者に流通したアボット社の粉ミルクでクロノバクター・サカザキやサルモネラ菌が陽性となったものはありません。アボット社とFDAが施設の検査で検査したすべての残留製品は、クロノバクター・サカザキとサルモネラ菌の両方あるいはどちらか一方が陰性であった。スタージスの施設ではサルモネラ菌は検出されませんでした」と、粉ミルク製造会社は述べています。

5月下旬の議会証言で、FDA長官のロバート・カリフ氏は、同社のスタージス工場の状況を「ひどく不衛生」で「衝撃的」であると述べました。

アボットニュートリション社の生産施設は、FDAが工場で行われた改善を確認した後、土曜日に再開された。

この施設は、2月に監視局によって閉鎖された。アボットニュートリション社の生産量は、米国で販売される粉ミルクの約40%を占めていたため、閉鎖は市場での品不足を助長し、それはまだ克服されていない。

Deeplによる機械翻訳

Abbott Nutrition Announces Voluntary Baby Formula Recall
posted by ZUKUNASHI at 11:26| Comment(0) | 国際・政治

Google、知覚を持つAIの主張でエンジニアを停職に

Google suspends engineer over sentient AI claim
Blake Lamoine is convinced that Google’s LaMDA AI has the mind of a child, but the tech giant is skeptical
Blake Lamoine, an engineer and Google’s in-house ethicist, told the Washington Post on Saturday that the tech giant has created a “sentient” artificial intelligence. He’s been placed on leave for going public, and the company insists its robots haven’t developed consciousness.

Introduced in 2021, Google’s LaMDA (Language Model for Dialogue Applications) is a system that consumes trillions of words from all corners of the internet, learns how humans string these words together, and replicates our speech. Google envisions the system powering its chatbots, enabling users to search by voice or have a two-way conversation with Google Assistant.

Lamoine, a former priest and member of Google’s Responsible AI organization, thinks LaMDA has developed far beyond simply regurgitating text. According to the Washington Post, he chatted to LaMDA about religion and found the AI “talking about its rights and personhood.”

When Lamoine asked LaMDA whether it saw itself as a “mechanical slave,” the AI responded with a discussion about whether “a butler is a slave,” and compared itself to a butler that does not need payment, as it has no use for money.


posted by ZUKUNASHI at 10:59| Comment(0) | デジタル・インターネット

NATO事務総長 「和平交渉には領土を含む妥協が伴う」

Ukraine to decide how much territory it trades for peace – NATO
Alliance chief Jens Stoltenberg said that peace comes at a price, but insisted it’s up to Ukraine
NATO Secretary General Jens Stoltenberg said on Sunday that the US-led alliance aims to strengthen Ukraine’s position at the negotiating table, but added that any peace deal would involve compromises, including of territory.

Stoltenberg spoke at the Kultaranta Talks in Finland, following a meeting with Finnish President Sauli Niinisto. While the NATO chief said that the West was willing to “pay a price” to strengthen the Ukrainian military, Kiev will have to make some territorial concessions to Moscow in order to end the current conflict.

“Peace is possible,” he said. “The only question is what price are you willing to pay for peace? How much territory, how much independence, how much sovereignty…are you willing to sacrifice for peace?”

Stoltenberg did not suggest what terms Ukraine should accept, saying that “it’s for those who are paying the highest price to make that judgment,” while NATO and the West continue supplying arms to the Ukrainians to “strengthen their hand” when a settlement is eventually negotiated.

The secretary general did not directly endorse the ceding of Ukrainian territory, but he did bring up the example of Finland, which gave up Karelia to the Soviet Union as part of a peace deal during the Second World War. Stoltenberg described the Finnish-Soviet settlement as “one of the reasons Finland was able to come out of the Second World War as an independent sovereign nation.”

Stoltenberg’s statement comes amid growing sentiment that Ukraine may soon be pressed into a peace deal by its Western backers. While US and British officials publicly insist that Ukraine “can win” its war with Russia, a recent CNN report suggests that officials in Washington, London and Brussels are meeting without their Ukrainian counterparts in an effort to plan a ceasefire and peace settlement.

Ukrainian President Volodymyr Zelensky has also claimed that unnamed foreign parties have been trying to “push us a little” toward a deal, as the public in countries backing Ukraine grows “war weary.”

French President Emmanuel Macron has publicly denied urging Zelensky to give up some territory in exchange for an end to hostilities, as former US Secretary of State Henry Kissinger suggested last month he should do.

同盟のイェンス・ストルテンベルグ事務局長は、平和には代償が伴うとしながらも、それはウクライナ次第であると主張した。
NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は日曜日、米国主導の同盟は交渉の席でウクライナの立場を強化することを目指しているが、和平交渉には領土を含む妥協が伴うと付け加えた。

ストルテンベルグ氏は、フィンランドのニイニスト大統領との会談の後、フィンランドで開催されたクルタランタ・トークで語った。NATO総裁は、西側諸国はウクライナ軍を強化するために「代償を支払う」ことをいとわないとしながらも、キエフは現在の紛争を終わらせるためにモスクワに領土を譲歩しなければならないだろうと述べた。

「平和は可能だ」と彼は言った。「ただ問題は、平和のためにどのような代償を払うかだ。平和のためにどれだけの領土、独立、主権を犠牲にできるかだ」。

ストルテンベルグ氏は、ウクライナがどのような条件を受け入れるべきかを示唆せず、「その判断は最も高い代償を払っている人たちがすることだ」と述べた。一方、NATOと西側は、最終的に和解が交渉される際に「手を固める」ためにウクライナに武器を供給し続ける。

事務総長はウクライナの領土を譲り渡すことを直接的には支持しなかったが、第二次世界大戦中の和平交渉の一環としてソ連にカレリアを譲り渡したフィンランドの例を持ち出した。ストルテンベルグ氏は、フィンランドとソ連の和解を「フィンランドが独立した主権国家として第二次世界大戦から抜け出すことができた理由の1つ」と表現した。

ストルテンベルグ氏の発言は、ウクライナが近いうちに欧米の支持者に和平交渉を迫られるかもしれないとの見方が強まっている中で飛び出したものだ。米国と英国の当局者は、ウクライナはロシアとの戦争に「勝つことができる」と公言しているが、最近のCNNの報道によると、ワシントン、ロンドン、ブリュッセルの当局者は、停戦と和平調停を計画するために、ウクライナの当局者抜きで会談しているという。

ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領も、ウクライナを支援する国々の国民が "戦争疲れ "しているため、無名の外国政党が取引に向けて「少し後押し」しようとしていると主張している。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、キッシンジャー元米国務長官が先月示唆したように、敵対行為の終了と引き換えに一部の領土を譲り渡すようゼレンスキー氏に促すことを公に否定している。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 08:53| Comment(0) | ウクライナ

2022年06月12日

エプスタインの死は「殺人」

Epstein was murdered – Chelsea Manning
The pedophile’s prison guards were likely involved, Manning said on a recent podcast

US Army whistleblower Chelsea Manning told podcast host Ethan Klein that Jeffrey Epstein’s apparent suicide in a Manhattan jail cell was likely a “prison murder” that correctional officers allowed to happen.

Arrested in 2019 and charged with sex trafficking of minors, Epstein was found hanging in his cell in Manhattan’s Metropolitan Correctional Center a month later. His death was ruled a suicide. However, video cameras covering Epstein’s cell malfunctioned and two guards falsified records stating that they had monitored the sex offender on the night of his death, generating public skepticism about the ‘suicide’ story.

Epstein’s death was “murder,” Manning said on an episode of Klein’s H3 Podcast on Friday. “That’s how a prison murder happens. I know when it happens.”

“You wanna get rid of someone in prison? That’s how you do it,” she added, referring to the apparent switching off of the security cameras covering Epstein’s cell.

Manning, who was born a man, served in the US Army as an intelligence analyst until her arrest in 2010 for leaking classified material to WikiLeaks. Some of this material depicted possible US war crimes in Afghanistan and Iraq. Charged with espionage, she was locked up at a Marine Corps brig in Virginia that year. Manning was later transferred to a military correctional facility in Fort Leavenworth, Kansas, and was sentenced in 2013 to 35 years there.

Manning’s sentence was commuted in 2017 by outgoing President Barack Obama. However, she served another stint in jail in Virginia between 2019 and 2020 for refusing to testify to a grand jury against WikiLeaks founder Julian Assange.

Manning has spoken extensively about her time behind bars, and told Klein that in her experience, prison guards were responsible for most of the violence in correctional facilities.

“They f**k with people,” she said. “Imagine you’re sitting there and your job is to watch inmates for 12 hours. Of course you’re gonna screw with us.”

“Time and time again, the most violent and dangerous people in prison are the prison guards,” Manning said. “Just endless amounts of fear and anxiety of…what a [Correctional Officer] or prison guard of any variety was going to do. It haunts me to think, I don’t associate someone in a prison uniform with a threat, but I see the CO uniform and it’s different.”

Epstein was a well-connected financier whose frequent contacts included former US Presidents Bill Clinton and Donald Trump, Microsoft CEO Bill Gates, and British royal Prince Andrew. While his death ensured that some details of these relationships would never be brought to light, it also resulted in the prosecution of Prince Andrew and of Epstein’s long-term girlfriend and ‘madam’ Ghislaine Maxwell. Andrew paid a settlement to a woman accusing him of sexual assault in March, and Maxwell was found guilty on five counts of sex trafficking involving a minor in December 2021.

米軍の内部告発者チェルシー・マニングはポッドキャストのホスト、イーサン・クラインに、ジェフリー・エプスタインがマンハッタンの刑務所の独房で明らかに自殺したのは、矯正官が許した「刑務所殺人」である可能性が高いと語った。

2019年に逮捕され、未成年者の性的人身売買で起訴されたエプスタインは、その1カ月後にマンハッタンのメトロポリタン矯正センターの独房で首を吊っているのが発見された。彼の死は自殺と断定された。しかし、エプスタインの房を覆うビデオカメラが故障し、2人の看守が死亡当夜に性犯罪者を監視していたとする記録を改ざんし、「自殺」の話に世間が懐疑的な見方をするようになった。

エプスタインの死は「殺人」だと、マニングは金曜日に行われたクラインのH3ポッドキャストのエピソードで述べた。"刑務所の殺人はこうして起こる。私はそれが起こるときを知っています。"

「あなたは刑務所にいる誰かを追い出したいですか? それがあなたのやり方です」と、エプスタインの独房を監視していた監視カメラのスイッチが明らかに切られたことについて、彼女は付け加えました。

男性として生まれたマニングは、2010年にウィキリークスに機密資料を流出させた罪で逮捕されるまで、情報分析官として米陸軍に所属していました。この資料の中には、アフガニスタンとイラクにおける米国の戦争犯罪の可能性が描かれているものもありました。スパイ容疑で告発された彼女は、その年、バージニア州の海兵隊営倉に収監された。マニングはその後、カンザス州フォート・レブンワースの軍事矯正施設に移送され、2013年にそこで35年の刑を言い渡されました。

マニングの刑期は2017年、退任するバラク・オバマ大統領によって減刑された。しかし、ウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジに対する大陪審での証言を拒否したため、2019年から2020年にかけてバージニア州の刑務所に再び服役した。

マニングは獄中生活について幅広く語っており、彼女の経験では、矯正施設での暴力の大半は刑務官が担っているとクラインに語った。

「彼らは人々を愚弄する 」と彼女は言った。「あなたの仕事は、12時間受刑者を監視することだと想像してみてください。もちろん、私たちをいじめるでしょう。」

「何度も言いますが、刑務所で最も暴力的で危険なのは刑務官です。」マニングは言いました。「矯正官や刑務官が何をするかわからないという恐怖と不安は、尽きることがありません。囚人服を着ている人を脅威とは関連付けないけど、COの制服は違うんだ、と思うと胸が痛むんだ。」

エプスタインは、ビル・クリントン元米大統領やドナルド・トランプ元米大統領、マイクロソフトのビル・ゲイツCEO、英国王室のアンドリュー王子らと頻繁に連絡を取っていた人脈の広い金融業者であった。彼の死によって、これらの関係の詳細が明るみに出ることはなかったが、アンドリュー王子とエプスタインの長年のガールフレンドで「マダム」のギスレーヌ・マックスウェルの起訴という結果にもなった。アンドリューは3月に性的暴行で告発した女性に和解金を支払い、マックスウェルは2021年12月に未成年者を含む5件の性的人身売買で有罪判決を受けた。
posted by ZUKUNASHI at 23:40| Comment(0) | 国際・政治

木々と知り合う ティーツリー メラレウカ

ブラシノキの仲間で葉の付き方も似ている。こちらの方が葉が細い。2011/6/26撮影。



メラレウカと呼ばれるらしいが、種類が多く、この木の花もまだ見ていないので、はっきりとした品種名は分からない。

豪州原産の木は、ユーカリにしても、ブラシの木にしても、グレヴィレアにしても葉が細い。降水量か少ないところで生き残るための適応なのだろう。





10年ぶりの更新
posted by ZUKUNASHI at 22:42| Comment(0) | 木々と知り合う

木々と知り合う シナアブラギリ




桐の仲間ではないそうです。唐笠に塗られた油はこれから採ったのだそうです。
posted by ZUKUNASHI at 21:34| Comment(0) | 木々と知り合う

Huaweiが量子コンピュータチップの新しい特許を申請


Huaweiが量子コンピュータチップの新しい特許を申請した

posted by ZUKUNASHI at 20:56| Comment(0) | デジタル・インターネット